スノボ初心者用の板おすすめランキング15選!初めてでも後悔しない選び方は?

寒い冬には、欠かせないのかウィンタースポーツです。ただウィンタースポーツは、種類が豊富で中でも若者に人気があるのが「スノボ」です。一見スノボは、初心者にとって難しいスポーツだと思われがちですが、板の選び方さえ合っていれば問題ありません。そこでこちらでは、スノボ初心者におすすめしたいスノボ板をランキングにてご紹介いたします。おすすめランキングでは、ブランドや価格の比較も行いますので、安いだけでなく質のいいスノボ板を見つける事が出来るでしょう。

目次

  1. スノボ初心者用の板おすすめランキング!
  2. スノボ初心者用の板おすすめランキング15位~11位
  3. スノボ初心者用の板おすすめランキング10位~7位
  4. スノボ初心者用の板おすすめランキング6位~4位
  5. スノボ初心者用の板おすすめランキング3位~1位
  6. スノーボード初心者が困ることの解決方法
  7. スノボ初心者用の板おすすめランキング!のまとめ

スノボ初心者用の板おすすめランキング!

スノボですべる様子

初心者におすすめしたいスノボ板ランキング

ウィンタースポーツの一種である「スノボ」ですが、世間的には初心者には難しいといったマイナスのイメージがあるようです。

しかし実際は、そんなことはありません。スノボは板の選び方によって、初心者でも簡単にスノボが楽しめます。そこでランクベストでは、初心者でも扱いやすいおすすめのスノボ板をランキングにてご紹介いたします。

価格が安いものから有名ブランド品まで徹底比較!

雪山に刺さったスノボ板

スノボ板はブランドや価格を比較して購入しよう

スノボ板は、初心者向けからプロ向けまで色々ありますが価格が安いものから価格が少し高めのブランド物まで種類は様々です。

お金のタワー

初心者向けスノボ板は価格やブランドが様々

ただ初心者の方がスノボを始めるにあたって、安い価格のスノボ板かブランド物のスノボ板かというのは、意外とあまり関係ないようです。

それはなぜかと言うと初心者向けのスノボ板は、種類がほうふで価格が安いものからブランド物まで揃っているからです。ですからスノボ板を選ぶ時は、ブランドや価格も一緒に比較して選び方の参考にしてみてください。

スノボ初心者用の板の選び方

笑顔で手を上げる人

スノボ板の選び方について

さっそくランキングにて初心者向けのおすすめスノボ板をご紹介したいところですが、スノボ板の選び方と言うのをご存知でしょうか。

初心者の方がスノボ板を初めて購入するにあたって、この選び方を知っていて購入するのと知らずに購入するのでは、怪我やトラブルを避けられる可能性が全然違うのです。ですからスノボ板を初心者が購入する時は、まずスノボ板の選び方を知りましょう。そこでまずは、スノボ板の選び方を解説いたします。

スノボ板の選び方①柔らかい板を選ぶ

スノボでジャンプしている様子

初心者や子供には柔らかい板がおすすめ

スノボ板には、硬いものから柔らかい物まで種類が様々です。その硬さによって滑りやすさやコントロールのしやすさが、かなり異なってきます。

中でもスノボ初心者の方におすすめしたいのが、コントロールがしやすい「柔らかいスノボ板」です。もちろん硬めのスノボ板には、スピードが出やすく大きな動きやしやすいというメリットがあります。しかしスノボを始めたばかりの初心者では、コントロールが難しいので怪我やトラブルの原因になりかねません。ですから、柔らかい板がおすすめなのです。

スノボ板の選び方②自分の慎重に合った物を選ぶ

指を指している人形

身長に合ったスノボ板の基準と比較

・180cm前後の人 自分の身長-20cm
・170cm前後の人 自分の身長-15cm
・150cm前後の人 自分の身長-10cm

スノボ板と一口に言っても、長さがメーカーやブランドによって異なっています。例えば、短いボードならば安定感があり一方で長めのボードであれば、安全性が高まります。こうなってくると「どっちを選んだらいいの?」と迷う方もいらっしゃる事でしょう。そんな時初心者の方がスノボ板を購入する時は、自分の慎重に合わせて板を選んでみてください。

スノボ板の選び方③セット品を選ぶとお得

スノボ3点セットの例

セットで購入すると安い

スノボを行うにあたって必要なのは、スノボ板だけではありません。ブーツや板と足を固定する「ビンディング」と呼ばれるものも必要です。

 

しかしこういったものを揃えるにあたって、別々に購入してしまうと10万円以上かかってしまう事もあります。そんな時に役立つのが、3点セットです。

3点セット以外にもメーカーやブランドによっては、パーカーや帽子やサングラスまでセットになっているものもあります。そのセットであれば、5万円以下というかなり安い価格で入手できるのでおすすめです。なるべく安い値段でスノボアイテムを揃えたい方は、選び方としてセットがおすすめです。

スノボ板の選び方④デザインをチェック

カラフルなスノボ

メーカーやブランドごとのデザインを比較

最後の選び方として、ブランドごとのデザインを比較してみましょう。スノボ板のデザインは、メンズ向けとレディース向けと主に書かれています。

 

価格や板の機能性やサイズなど自分に合った物が見つかったら、自分好みのデザインを探してみてください。人によっては、オリジナルデザインを使う人もいらっしゃるようです。

スノボ初心者用の板おすすめランキング15位~11位

複数のスノボ板

スノボ板のおすすめランキング15位~11位

スノボ板を初心者が選ぶ時のポイントについては、ある程度お分かり頂けたことでしょう。そこを踏まえてさっそく、おすすめランキングを見てみましょう。

ランキングによって、スノボ板の種類が豊富だということがよくわかってくるはずです。初心者じゃなくても新しいスノボ板を探している人も是非、参考にしてみてください。まずは、おすすめランキングの第15位から11位までです。

15位:ヨネックス「スタイル」

様々なスポーツ用品で培ったカーボン採用

YONEX(ヨネックス) スノーボード 板 メンズ STYLE スタイル フリースタイル イージーライド キャンバー

ハイレベルなパフォーマンスを実現

・販売メーカー:ヨネックス

・価格:60,000円

・サイズ:149・152㎝

・カラー:1種類

初心者向けのおすすめスノボ板ランキング第15位は、様々なスポーツ用品を作っていることで知られているヨネックスより登場した「スタイル」でした。スタイルは、これまで培ってきたスポーツ用品の知識を総動員して作られており初心者でも手軽にハイレベルなパフォーマンスが出来る設計になっています。ただ少々高額なため、このランキング順位になりました。

14位:オガサカ「シーティーリミテッド」

国産ブランドで高品質

 OGASAKA (オガサカ) スノーボード 板 CT-L シーティー リミテッド フリースタイル

サイズが豊富

・販売メーカー:オガサカ

・価格:78,700円

・サイズ:150・152・154・156・158・161㎝

・カラー:2種類

使用中のトラブルをすぐに解決できるのは、やはり信頼がおける国産ブランドです。数ある国産ブランドの中でも特に品質が高くサイズの種類が多いと言われているのが、オガサカの「シーティーリミテッド」です。シーティーリミテッドは、強度が高いカーボン使っていますが、同時に軽量化も実現しています。ただこちらも少々高額で、初心者には少し勇気がいる商品かもしれません。

13位:ナイトロ「キャンアウト」

ギャングなイメージのデザインが印象的

NITRO(ナイトロ) DEMAND LTD CamOut スノーボード

プロ仕様の高品質

・販売メーカー:ナイトロ

・価格:60,700円

・サイズ:146㎝

・カラー:1種類

初心者におすすめしたいスノボ板をランキング第13位は、盗んだスノーボードでプロデビューしたとの噂があるマークフランクモントーヤ選手が、使っていたナイトロの「キャンアウト」です。一見マイナスなイメージがある板ですが、実際使ってみると高品質でプロが使っていたことが納得できる商品です。

12位:ゼロワンワン「アーティスティックダブルスピン」

北海道の純国産ブランド

ゼロワンワンのアーティスティックダブルスピン

オーリーの反発と着地の粘りが可能

・販売メーカー:ゼロワンワン

・価格:82,400円

・サイズ:148.5・151・152・153・154㎝

・カラー:4種類

初心者におすすめしたいスノボ板をランキング12位は、北国の聖地北海道の人気ブランドであるゼロワンワンの「アーティスティックダブルスピン」でした。このスノボ板のおすすめポイントは、軽くて柔らかいカーボンです。これによって、オーりーや着地の安定感が抜群です。

11位:グレイ「バンビーナ」

ボードの曲がり具合が理想的

GRAY SNOWBOARDS スノーボード BAMBINA Camber/PURPLE バンビーナ

谷周辺でのバランスがとりやすい

・販売メーカー:グレイ

・価格:26,700円

・サイズ:143・147㎝

・カラー:1種類

初心者におすすめしたいスノボ板をランキング第11位にランクインしたのは、グレイの「バンビーナ」と言うボードでした。このスノボ板のおすすめポイントは、なんと言ってもターンや谷などのカーブに強いところです。フレックスのバランスにこだわっているため、程よいしなり具合でそう簡単には折れません。

スノボ初心者用の板おすすめランキング10位~7位

横に並べられたスノボ板

スノボ板のおすすめランキング10位~7位

スノボ板は、プロや初心者問わず男性用と女性用では、大きさやデザインが異なってきます。そこも、選ぶポイントとなります。

そこで次のランキングでは、メンズ向けとレディース向けのスノーボード板を比較してみましょう。それでは、おすすめランキングをご覧ください。次は、ランキング10位から7位までです。

10位:ロキシー「シュガー」

南国から来たレディース向けのブランド

ロキシーのシュガー

ヤシの木デザインが特徴的

・販売メーカー:ロキシー

・価格:39,100円

・サイズ:138・142㎝

・カラー:1種類

初心者向けのおすすめスノボ板ランキング第10位は、ヤシの木のデザインが特徴的なレディース向けのブランド、ロキシーの「シュガー」でした。最近では、男性だけでなく女性のスノーボードプレイヤーが年々増えてきています。そのため、かなりのコンパクトサイズとなっています。しかし機能性は、抜群でイルドキャンバー機能により、アイスバーンでもしっかりコントロールばっちりです。

9位:キャピタ「インドアサバイバル」

ハイクオリティーボードがモットー

 CAPITA キャピタ INDOOR SURVIVAL インドア サバイバル

2000年に誕生

・販売メーカー:キャピタ

・価格:50,200円

・サイズ:154㎝

・カラー:3種類

初心者向けのおすすめスノボ板ランキング第9位は、2000年に誕生したハイクオリティーブランド、キャピタの「インドアサバイバル」です。このブランドのおすすめポイントは、なんと言っても絶妙なバランスで設定した柔らかめのツインチップボードです。様々な技をこなしたりハイスピードで滑ってみたい人におすすめなメンズボードとなっています。

8位:リブテック「アドバンスナイフ」

有害物質を一切使用しない製法

リブテックのアドバンスナイフ

日本人に適した軽量ボード

・販売メーカー:リブテック

・価格:48,600円

・サイズ:148・151・154㎝

・カラー:2種類

初心者向けのおすすめスノボ板ランキング第8位は、猫のデザインでインパクトがあるリブテックの「アドバンスナイフ」でした。アドバンスナイフは、サイズが小さいだけでなくかなり軽量設計になっているので小柄な日本人にピッタリのボードの一種です。また、リプルキャンバーを採用しているでどんな雪質でも安定して滑れるため初心者や女性に向いているようです。

7位:バートン「フェザー」

スノボに関する幅広いアイテムを用意

バートンのフェザー

・販売メーカー:バートン

・価格:29,000円

・サイズ:140・144・149㎝

・カラー:1種類

初心者向けのおすすめスノボ板ランキング第7位は、カラフルなデザインが女性に人気なバートンの「フェザー」と言うスノボ板でした。このブランドのおすすめポイントは、重さが800gをコアを採用しているからです。これによって女性でも持ち運びがしやすく、コントロールもしやすいと言うメリットがあります。またこのブランドは、女性のプロスノーボーダーも愛用者が多い人気メーカーでもあります。

スノボ初心者用の板おすすめランキング6位~4位

ジャンプしている様子

スノボ板のおすすめランキング6位~4位

スノボ板をなるべく安い値段で購入したいという人は、多いのではないでしょうか?そこで次は、安い値段でも高性能なスノボ板をご紹介します。

なるべく安い値段でスノボ板を探している人は、是非参考にしてみてください。きっと他のブランドと比較してみても、リーズナブルな値段の板が見つかる事でしょう。それでは、おすすめランキング第6位から4位を見てみましょう。

6位:ステップチャイルド 「カムナイフ」

企業への反抗精神から来たデザイン

ステップチャイルド カムナイフ

力強いライディングが可能

・販売メーカー:ステップチャイルド

・価格:29,400円

・サイズ:151・153㎝

・カラー:3種類

おすすめしたいスノボ板をランキング第6位は、アメリカのストリートに描かれたようなデザインが特徴的なステップチャイルドの「カムナイフ」です。このブランドは、自分達が最高にイケてると思う板に乗りたいというスノーボーダーの願いから出来たものです。力強いライディングと高さのあるオーリーを可能にし、初心者からステップアップさせてくれるでしょう。

5位:フォルクル「プラチナムイーアール」

プロも愛用者多数

フォルクルプラチナムイーアール

他の人と異なる個性を出したい人におすすめ

・販売メーカー:フォルクル

・価格:32,400円

・サイズ:159・166・173㎝

・カラー:3種類

初心者向けの安いスノボ板ならば、フォルクルの「プラチナムイーアール」もおすすめです。このスノボ板のおすすめポイントは、なんと言ってもこのボードの大きさです。日本人は、比較的に小柄な人が多いため小さいサイズが好まれますが、背が高い人にとっては扱いにくいでしょう。こちらは、カナダで愛用されておりサイズだけでなく大きな山をロングランするのに最適な板です。

4位:フロウ「ザ・チーム」

万人受けするスノーボード

フロウのザ・チーム

シンプルなデザインで人気

・販売メーカー:フロウ

・価格:16,900円

・サイズ:157㎝

・カラー:1種類

初心者向けのおすすめスノボ板ランキング第4位は、シンプルなデザインが万人受けすると好評の人気ブランド、フロウの「ザ・チーム」でした。このスノボ板のおすすめポイントは、もちろんデザインだけではありません。細かい動きにしっかりと対応してくれる機能性が備わっています。価格もかなり安いので、誰でも購入しやすいボードの1つだと言えるでしょう。

スノボ初心者用の板おすすめランキング3位~1位

雪山と日光

スノボのおすすめランキング3位~1位

これまで色々なメーカーのスノーボード板をご紹介してきましたが、これだけではありません。初心者に人気があるスノボ板は、まだまだあります。

こちらのランキングでは、通常の画像にくわえて実際に滑ってみた人の体験談を口コミとしてまとめてみました。さて、初心者向けのスノボ板のおすすめランキング第1位に輝くのは、どのメーカーなのでしょうか?それでは、おすすめランキング第3位~1位を見てみましょう。

3位:サロモン「ランブルフィッシュ」

どんな場所でも滑りやすいモデル

17-18 SALOMON/サロモン RUMBLE FISH ランブルフィッシュ レディース

フランスのスキーのビンディングメーカーが開発

・販売メーカー:サロモン

・価格:59,700円

・サイズ:140・144・148・152㎝

・カラー:3種類

初心者におすすめしたいスノボ板をランキング第3位は、フランスの人気ビンディングブランドが開発したサロモンの「ランブルフィッシュ」でした。ランブルフィッシュは、比較的にコンパクトサイズでレディース向けのボードの1つです。おすすめポイントは、軽量化されているのでハイスピードを出してもかなりの安定感を保てるところです。

ランブルフィッシュのカラーボード

カラー多サイズが自由に選べる

このブランドは、レディース向けのボードの中では比較的に高めのメーカーですが、サイズやカラーなどが豊富で細かく自由に選べるところが魅力です。

女性の中には、ただスノーボードのプレイを楽しむだけでなくウェアとのコーディネートにこだわっている人もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、ウェアやブーツに合わせてランブルフィッシュのボードを選んでみてはいかがでしょうか?そうすることで、より初めてのスノボが楽しくなることでしょう。

デザイン性とコントロールがピカイチ

やはり口コミによるとサロモンのランブルフィッシュは、コントロールがしやすいという評価が特に多かったようです。これによって初心者でも楽しくスノボができて、スノボの楽しさを知るきっかけになっているようでした。ここから徐々に、違うボードを試していくのも良いでしょう。

サロモンのランブルフィッシュは、やはりデザイン性も高く評価されているようです。またランブルフィッシュは、ボードだけでなくビンディングも取り扱っていますので、ボードと一緒にコーディネートを是非楽しんでみてください。

2位:サブリナ「クルーザー」

完全レディース向けブランド

サブリナクルーザー

日本の雪山に合わせた設計

・販売メーカー:サブリナ

・価格:63,200円

・サイズ:148㎝

・カラー:2種類

これまでランキングにていくつかの女性向けスノボ板をご紹介してきましたが、そのほとんどが海外製だったり男性向けのボードも取り扱っているブランドでした。しかしランキング第2位にランクインしたサブリナの「クルーザー」というボードは、レディース向けのスノボ板を専門に取り扱っている国内メーカーです。設計も日本の雪山に合った物になっており、初心者の女性でも扱いやすい商品です。

低身長でもスノボが楽しめると好評

人によっては、スノーボードをやってみたいけど身長が低くて合うボードが少ないと困っている方はいらっしゃいませんか?サブリナのボードであれば、上記画像のようにかなりコンパクトサイズとなっていますので、低身長でもスノボが楽しめます。また国内産のため、入手がしやすいのも魅力です。

私たち日本人は、海外の人と比べて男性でも身長が低い人も多いようです。なのでデザインもレディース向けのものだけでなく、男性が持っても違和感がない物も揃っています。ですから、小柄な男性や子供達と一緒にスノボを楽しむのであれば、このサブリナをプレゼントしてみても良いかも知れません。

1位:ライド「アジェンダ」

初心者向けの定番スノボ板

(ライド)RIDE 16年モデルアンジェンタ

低価格なのに高性能

・販売メーカー:ライド

・価格:20,000円

・サイズ:147・152・156・159㎝

・カラー:2種類

初心者向けのスノボ板のおすすめランキング堂々の第1位は、ライドの「アジェンダ」でした。ライドと言うブランドは、高機能のスノボ板を安い値段で提供してくれる所としてとても有名です。中でもアジェンダは、2016年に発売して以来20,000円という破格の値段で提供されると好評です。機能としては、風や雪の抵抗が少なくコントロール重視の設計です。

ボードの解説文

サイズが幅広く男女ともに人気

ライドは、アジェンダの他にも色々なスノボ板を提供しています。しかし他のボードを置いて、このアジェンダが1番人気です。これは、男女ともに適応可能なサイズがある事が大きな理由と言えそうです。

リーズナブルでグラトリにぴったり

ライドのアジェンダは、リーズナブルな値段のためブーツやビンディングなどを購入しても10万円になります。初めてのスノーボードで、あまりお金をかけられない人にもお手頃な商品と言えるでしょう。スノーボードを購入するにあたって迷った時は、ライドのアジェンダを手に取ってみてもいいかもしれません。

ライドのアジェンダは、グラトリ練習にとても適しています。グラトリとは、グランドトリックの略称で主に平地で行うボードの回転・プレス練習のことを言います。このグラトリは、スノボを行う上で欠かせない動作で十分な練習が必要です。ですからスノボ初心者にとってアジェンダは、人気があるのです。

スノーボード初心者が困ることの解決方法

案内している女性

解決策とは?

これまで初心者におすすめしたいスノボ板をランキングにて価格などを比較してご紹介しましたが、実際に滑ってみてすぐには上手く行かないこともあるでしょう。

いくら良いスノボ板を使っていても、うまく滑れないとやはり楽しくありません。また初心者がスノボを始めるにあたって、実際に滑ってみるといくつか困ってしまう事もあるようです。そこで次は、初心者がスノボを始めるにあたって困りがちなこととその解決方法をいくつかご紹介いたします。

立ち上がれない時

スノボ板を履いて座っている様子

立ち上がる時のコツ

スノボ板を履く時は、リフトやベンチあるいは雪の上に座る必要があります。しかし、スノボ板を履いたは良いけれど立ち上がれないという初心者は少なくありません。

スノボ初心者でなかなか立ち上がれない場合は、まず体をうつぶせにして、立ち上がるときに山側を向けましょう。そうしてから、ま先側のエッジに体重をかけると立ち上がりやすいのです。立つときの目線は、必ず雪山の頂上を見つめるように心がけてみてください。

ただ人によっては、うつぶせでは立てない方もいらっしゃるようです。そんな時は、上向きでも立てるコツを知っておくと良いでしょう。ポイントは、斜面に向かって腰を前に出して立ち上がることです。詳しい解説は、上記の動画を参考に実践してみてください。

転んでしまった時

スノボで転ぶ様子

転ぶ原因

初心者の方は、よくスノボで転んでしまう事があります。実はそれには、いくつか原因があるようで、その原因を改善出来れば転ぶ回数も減るでしょう。

すぐに転んでしまう原因としてまず考えられるのは、道具の設定が間違っている可能性があります。例えば、スタンス幅とバインの角度です。1メモリ3度で、最低でも前足は12度以上にし、両足の角度差は30度以内におさえられているか確認しましょう。また、ブーツのかかとやつま先が板からはみ出ていないかチェックしてみてください。これで転倒回数が、減るはずです。

ターンできない時

スノボを行う上でまっすぐすべるだけでなく、時にはターンも必要です。だだ初心者の方の中には、上手くターンできない人もいます。これにもいくつか原因があり例えば、基本姿勢や目線が間違っている事が考えられます。正しいフォームに直すには、なるべく端側に行き、ボードを装着したままボードをまっすぐな状態にし、周囲の人に確認してみましょう。また、動画で自分の姿勢を比較するのもおすすめです。

横に滑ってしまう時

スノボの横向き画像

縦向きに滑る練習方法

スノボは、横向きに滑るよりも縦向きに滑るとスピードがよく出ます。そのため、ついつい恐怖から横向きに滑ってしまう初心者も少なくありません。

 

そんな時は、縦向きに滑るためいくつか練習しておきましょう。その練習方法は、比較的に簡単です。

練習する時は、いきなり急斜面ではなく緩斜面で練習してみましょう。それでも怖い場合は、板を装着して雪の上に立つことと、安全に転ぶことになれるよう心がけてみてください。またそれから平らな地面で、両足でジャンプしてみるのも練習方法としておすすめです。

逆エッジになってしまった時

スノボの良くない滑り方の例

逆エッジは転倒の原因に

逆エッジとは、誤って滑走中に通常と逆のエッジを使用してしまう事を言います。逆エッジになってしまうと、転倒の原因に繋がりひどい場合は大けがを引き起こしてしまいます。

逆エッジによる転倒は、予期せぬものが多く通常以上の身体に負担がかかってしまいます。またスノボ初心者の方にとっては、恐怖感も植え付けてしまう原因になりかねません。ですから、逆エッジにならないように練習しておく事をおすすめいたします。対処法として、平らなところを滑る際も常にどちらかのエッジに乗る事を心がけてみましょう。

スノボ初心者用の板おすすめランキング!のまとめ

スノボをしているイラスト

ブランドや価格を比較してスノボを楽しもう

こちらでは、初心者でも楽しめるスノボ板のおすすめランキングをご紹介しました。初心者向けのスノボ板は、安い価格のものから人気ブランドまで様々です。

スノボ板は、安いか高級ブランドかだけでは選べません。安い価格のスノボでもブランドに負けないくらいのものもあり一方でブランドには、ブランドならではの魅力があります。これを機会にランキングを参考に比較して自分に合った物を選んでみてください。そうすることで、きっとスノボが初めてでも楽しめる事でしょう。

スノボ板以外の初心者向けアイテムのおすすめランキングはこちら

スノボ初心者に人気のスノーボードゴーグル30選!わかりやすい選び方解説付き! | ランキングまとめメディア
【初心者必見】スノボウェアおすすめ25選!メンズ・レディースおしゃれブランド | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ