韓国の辛いインスタント麺ランキング11選!辛カップラーメン以外にもこんなに!

様々な食文化を生み出している韓国ですが、そんな韓国ではインスタントラーメンがとても人気です。その中で特に辛いカップラーメンが人気なので、韓国の辛いカップラーメンのおすすめ人気ランキングを紹介します。お土産にもおすすめな激辛インスタントの種類とともに、日本でも購入できる種類の激辛カップラーメンをランキングで楽しみましょう。韓国の辛いカップラーメンは一度食べると辛いけどクセになる旨さがあるので、思い切って挑戦してみましょう。

目次

  1. 辛い韓国カップラーメンランキング11選!
  2. 辛い韓国カップラーメンランキング11位~7位
  3. 辛い韓国カップラーメンランキング6位~4位
  4. 辛い韓国カップラーメンランキング3位:ヘッブルダック
  5. 辛い韓国カップラーメンランキング2位:安城湯麺
  6. 辛い韓国カップラーメンランキング1位:辛ラーメン
  7. 韓国の辛いインスタントラーメンは専用鍋で味わおう
  8. 辛い韓国カップラーメンランキング11選のまとめ

辛い韓国カップラーメンランキング11選!

辛ラーメン以外にもこんなにも種類があるの!?

辛そうなカップラーメン

辛さもいろいろ

激辛といっても実際に、その辛さの種類はいろいろあります。韓国の激辛カップラーメンの辛さも様々です。

激辛なカップラーメンの種類は様々存在していますが、その辛さも様々です。インスタント食品として日本で誕生したカップラーメン類は、世界的に人気の商品となり膨大な種類が販売されています。その中で激辛系のインスタントラーメンもとても人気です。

定番の辛ラーメン

韓国インスタントの定番

お隣の韓国でもそういったインスタント食品が大人気で、特に「辛ラーメン」が激辛インスタントラーメンとして人気です。

日本以上のインスタント食品を愛用している韓国では、やはり激辛系のインスタントラーメンが人気です。その中でも特に辛ラーメンが有名で人気です。もちろん、日本でも辛ラーメンは激辛系のインスタントラーメンとして有名で好んで食べる人も多いです。

辛ラーメンとは

どんぶりに入った辛ラーメン

韓国でメジャーなインスタント

辛ラーメンは辛味を好む韓国人向けに、韓国インスタントラーメン市場に辛味旋風を起こした激辛インスタントラーメンです。

辛ラーメンが発売されたのは1986年10月のことで、添付された粉末スープは、唐辛子調味粉とビーフシーズニングが調和したすっきりした辛味が特徴です。また、フリーズドライのしいたけやネギ、にんにくが添付されています。

お鍋と辛ラーメン

様々なアレンジレシピも人気

おすすめ人気ランキングのあと辛いカップラーメンのアレンジレシピも紹介します。

麺は強力粉配合で弾力があり滑らかで柔らかい触感となっており、袋タイプとカップラーメンタイプの2種類が存在しています。韓国のインスタントラーメン市場の72%を占有しており世界70カ国以上に輸出される定番のインスタントラーメンとなっています。

うまからな辛ラーメン

生麺は少ない

韓国では、日本のような生麺タイプはあまり普及しておらず、インスタントラーメンタイプが一般的です。

辛ラーメンのメーカーの調査によれば、3回に1回の割合で消費者は辛ラーメンを再度購入しているそうです。ただし、日本人が辛ラーメンを食べた際には、韓国の出汁による概念が弱いため、辛ラーメンのスープには味の深みが無いと感じる場合もあるそうです。そういった違いも楽しみ方の一つと言えます。

激辛のインスタント・カップラーメンなどお土産にもおすすめ

ひよことカップラーメン

辛ラーメン以外も注目

こちらのランキングでは、韓国の辛いカップラーメンやインスタントラーメンを紹介します。

辛ラーメンが人気の韓国の辛いカップラーメンですが、辛ラーメン以外にも非常におすすめで注目のものがたくさんランキングで登場します。お土産としてもおすすめなので、韓国に旅行に行った際は韓国のカップラーメンをお土産として購入してみるのもおすすめです。

有名な辛ラーメン

韓国の辛いカップラーメンに注目

お土産にもおすすめな韓国の辛いカップラーメンの種類にも驚かされます。

いろいろな辛い食べ物が人気の韓国ですが、辛いカップラーメンの種類もとても豊富です。韓国のお土産として購入したくなるようなものをランキングの中から探してみましょう。辛い韓国カップラーメンのランキングのスタートです!

辛い韓国カップラーメンランキング11位~7位

いろいろな韓国お土産が喜ばれますが、話のネタにもなる辛いカップラーメンも、お土産としておすすめです。ランキングの中で登場する韓国の辛いカップラーメンは、なかなか刺激的なものがたくさん登場します。

11位:熱ラーメン(ヨルラーメン)

じわじわとくる辛さが魅力

ヨルラーメン

唐辛子が激辛

メーカー:オットゥギ

価格:78円

内容量:105g

原材料:唐辛子、ネギなど

韓国の辛いカップラーメンですが、基本的には日本のカップラーメンと作り方は同じです。しかし、この熱ラーメンは、開けるためのツメが3つあるのが特徴的です。これは開け方に関わるのではなく、開けたあとに蓋を閉じるときに3つのツメがしっかりと蓋がめくれないようにしてくれるのが、ポイントになっています。

韓国はカップラーメンよりも、袋麺のほうがメジャーです。そのため多くのカップラーメンが袋麺としても販売されています。熱ラーメンは軽く縮れた麺が特徴的でもちもちとした麺になっています。一口、二口と食べている間にヒリヒリとして辛さが襲ってくる激辛系です。

10位:キムチチゲカップラーメン

キムチチゲとラーメンのミックス

キムチチゲのカップラーメン

辛いキムチチゲの旨みがたっぷり

メーカー:八道

価格:130円

内容量:150g

原材料:キムチチゲ、キムチチゲソースなど

こちらのカップラーメンは、韓国のコンビニの「GS25」の限定商品となっているので、韓国に旅行に行ったときにおすすめしたいお土産です。韓国のコンビニでは日本とはまた違った商品が多く、お土産として激辛カップラーメンを購入してお土産にするのもおすすめです。

韓国で購入して美味しくて探していました。
コンビニ限定なので諦めてましたが、購入できてよかったです。

口コミでも韓国で食べて美味しかったので、日本に帰ってからも食べたいという口コミが見られました。そういった商品の多くは通販サイトなどを使うことで購入できるので、Amazonなどをチェックしてみるのがおすすめです。

9位:チンチャチンチャラーメン

「ホントにホントに辛い」という意味

ホントに辛いラーメン

スパイシーで刺激的

メーカー:農心

価格:130円

内容量:116g

原材料:ねぎ、赤とうがらし、たまごフレーク、ゴマ

濃厚に煮込んだ豚肉の香ばしいダシ汁と、激辛唐辛子をプラスしたとてもスパイシーで刺激的なインスタントラーメンです。もちもちの細麺が特徴的で、その名前の通りホントに辛いラーメンとして人気です。

韓国で放送されているCMでは、軽快なリズムとともに「辛い、辛い」というフレーズを入れながら二人の男性が食べているのが印象的です。ある程度辛いものでも大丈夫という人でも、このラーメンはかなり激辛と感じるようなので韓国のラーメンの辛さを味わいたい人におすすめです。

8位:三養ラーメン

韓国の老舗ラーメン

三養ラーメン

韓国初のインスタントラーメン

メーカー:株式会社ボリジャパン

価格:502円(5個パック)

内容量:120g

原材料:唐辛子、乾燥ネギ、ソーセージなど

韓国で初めて作られたカップラーメンと言われており、韓国でもとても有名で日本でも韓国系食品を扱っているお店でよく見かける商品です。激辛タイプとは違って、ほどよい辛いタイプとなっているので、日本人にも食べやすいものとなっています。

スープの見た目も、韓国系の辛いラーメンの定番である真っ赤な感じとは違って、どちらかというと味噌ラーメン的な色のスープです。また、色から比べると味はあっさりめとなっているので、食べやすくとても庶民的な韓国のカップラーメンとなっています。

7位:ハバネロチャンポン

ハバネロだけど食べやすい

ハバネロチャンポン

コラボグッズのラーメン

メーカー:SUM x emart

価格:1,000円(5個入り)

内容量:115g

原材料:肉、人参、しいたけ、ほうれん草など

この商品は、スーパージュニアという韓国の男性アイドルグループのグッズとして販売されるようになった商品です。ノーマルのハバネロだけのラーメンも販売されていますが、こちらはチャンポン系の種類となっており、お土産としてもおすすめで食べやすい味です。

ノーマルを試す前にこちらから

ファンのお土産としてとても人気で、日本人に合うタイプの麺となっています。スープがチャンポン系の種類なので、少し甘みが混ざっているためか、ハバネロとうまく絡み合ってちょうどいい辛さになっています。スーパージュニアのことを知らない人でもおすすめしたいもので、お土産としてもおすすめです。

もう一つのハバネロラーメンと比べると、まだ辛いものが苦手な人でも食べれる辛さとなっています。そのため、まずはこちらを食べて大丈夫そうならハバネロラーメンに挑むのがおすすめです。しっかりと準備をしてから食べましょう。

辛い韓国カップラーメンランキング6位~4位

韓国カップラーメンやインスタントラーメンの人気ランキングでは、驚くような辛さのものが人気です。とはいえ、ランキングでは辛すぎない、ちょうど良い辛さのものもランキングで選んでいるので、そういった韓国のカップラーメンやインスタントラーメンをランキングで参考にしてみましょう。

6位:ハバネロラーメン

激辛を超えて痛さすらある

ハバネロラーメン

タバスコソースの2倍の辛さ

メーカー:SUM x emart

価格:150円

内容量:65g

原材料:肉、人参、しいたけなど

こちらも先程紹介したものと同じく、韓国の人気男性アイドルグループのスーパージュニアのものです。さきほどはチャンポンタイプで、ほどよい甘さを感じることが出来ましたが、こちらはハバネロラーメンとしてしっかりとした辛いラーメンとなっています。

韓国旅行で手に入れたい

韓国のアイドルファンとして食べないわけにはいかないという感じの人も多かったようですが、やはりかなり辛いです。ハバネロラーメンの場合は、食べていなくてもそのスープの香りや湯気のようなものだけでも、目が痛くなるような辛さがあります。

韓国にある大型ディスカウントストアのeマートで購入することが出来るので、韓国旅行でお土産をまとめ買いするときに覚えておきたいインスタントラーメンといえます。他にもさまざまなオリジナル商品を販売しているので、旅行の中で時間を作ってのんびりとまわるのがおすすめです。

5位:プルダックポックンタンミョン

うどんのような麺が特徴

キャラクターも有名

辛さが絡みつく麺

メーカー:SAMYANG

価格:130円

内容量:120g

原材料:コチュジャン、唐辛子粉、いりごまなど

韓国の辛い系のカップラーメンやインスタントラーメンの種類として有名なのが「プルタックポックンミョン」という種類です。韓国では非常にポピュラーで種類が豊富なため、韓国のお土産としてもランキングでおすすめです。

スープの色がすごい

韓国では汁なし系のものが人気なこともあり、この商品の基本は汁なし系となっています。その中で唯一汁ありとなっているのがこの種類です。麺はどん兵衛や赤いきつねのような太いうどん麺のようなものになっており、辛いスープが絡みつくようなものとなっています。麺だけならそこまで辛くないのでスープを飲みながらがおすすめです。

辛いものが好きな人からの評価が高く、画像のスープの色を見るだけでも辛さが伝わってくるものになっています。あくまで麺は辛味成分が入っていないので、スープの辛さが基本となっています。辛すぎた!と感じた人はできるだけスープを飲まないように麺だけ楽しむという方法も選択肢です。

4位:ノグリ

日本でも手に入れやすく細めのうどんに近い

農心のノグリ

海鮮風のダシがおいしい

メーカー:農心

価格:200円

内容量:118g

原材料:唐辛子、貝、いか、えび、わかめなど

韓国ではとても有名なインスタントラーメンでしたが、日本で手軽に購入できるようになったのはここ数年のようです。とはいえ、最近は業務スーパーを始めネットでは簡単に購入できるうえに、日本人好みのうどんに近い麺と海鮮系のスープでおすすめです。

スープの旨みが日本人向けかも

わかめなどの海藻系が入っていることもあり、日本人としては親しみやすいスープになっているといえます。ノグリに入っているわかめが好きという声も多く、韓国のインスタントラーメンでは袋麺でもかやくがついているのが定番となっています。

ノグリというのは韓国語で「タヌキ」という意味ですが、なぜ商品名にそういった名前がついているのかは不明です。パッケケージには「ピリピリする」という言葉が書かれているなど、ほどよい辛さが韓国でも人気です。細めのうどんタイプの麺になっており、海鮮系のほどよいピリ辛を求めている人にランキングでおすすめです。

辛い韓国カップラーメンランキング3位:ヘッブルダック

激辛すぎて韓国でも話題に

火を噴く辛さ

辛いもの好きでもびびる辛さ

メーカー:農心

価格:954円(5食分)

内容量:80g

原材料:唐辛子など

辛い韓国カップラーメンランキングの中でも、その辛さに関してはデスソースやハバネロなどを超えた辛さです。口コミでも空腹時にはおすすめしないという意見や、普段から辛いものを食べていて訓練出来ている人ではないとだめという意見まであります。

口コミの多くでは、辛すぎて具合が悪くなった系やいままでありがとうございました系など、ぶっ倒れるような辛さが話題となっていました。カップラーメンというよりは、混ぜそばのようなタイプなのでダイレクトに辛さが来るという部分が激辛な理由だと言えます。韓国でも食べれる人は多いのでしょうか?

残りの分を作りたくないぐらい辛い

辛さの変化のポイントには、どれだけ煮詰めるかというのも関係があるようです。しっかりと煮詰めてしまうと辛さが倍増になるようなので、初めて食べるときは煮詰めないように作るのがおすすめかもしれません。

日本ではペヤングの激辛が辛いものとして有名ですが、その辛さを超えるものとしてこの韓国のインスタントラーメンが有名です。食べたあとのトイレに関してもかなりお尻が痛いそうなので、ランキングでも気をつけたい商品です。そして韓国でもやはり激辛として、食べられる人は韓国でも少ないようです。

辛い韓国カップラーメンランキング2位:安城湯麺

辛ラーメンと人気を二分する

農心の安城湯麺

韓国味噌と唐辛子がスープの味に

メーカー:農心

価格:113円

内容量:125g

原材料:牛骨、韓国味噌など

韓国では先程のノグリと安城湯麺、そして辛ラーメンの3つが有名な韓国のラーメンとして人気です。ビーフスープとなっており、旨みがぎっしりと詰まっている中でさっぱりとした辛さが特徴的です。牛骨と肉が溶け出した深い味わいが韓国で人気のポイントです。

韓国の辛いラーメンの中では、日本人にも食べやすい辛さとなっており、韓国でもこれぐらいの辛さが好きという人も多いそうです。そのため、辛ラーメンのような辛いタイプと比べると少し辛さが足りないと感じるかも知れません。

韓国三大ラーメンの食べ比べがおすすめ

韓国では辛ラーメンとどちらが好き?という感じで意見が分かれるラーメンとなっており、野菜などを足して日本の味噌ラーメンのような食べ方をするのがおすすめです。韓国系のカップラーメンやインスタントラーメンのスタートとしておすすめしたい韓国のインスタントラーメン系です。

口コミでも鍋ラーメンのような形にして、たっぷりとお野菜を入れる食べ方が人気でした。これにキムチをつまみながら食べるというのもおすすめで、自分で辛さを調整しやすい点が韓国のラーメンとして注目したい点です。

辛い韓国カップラーメンランキング1位:辛ラーメン

抜群の知名度と手に入りやすいのがポイント

定番の辛ラーメン

一度食べるとまた食べたくなる

メーカー:農心

価格:115円

内容量:68g

原材料:牛肉味ベース、炒めヤンニョム粉など

韓国の辛いカップラーメンのおすすめ人気ランキング1位は、やはり辛ラーメンです。日本でも手軽に購入できることや、一度食べたらまた食べたくなる美味しさがポイントだといえます。じっくりと煮込んだビーフスープの旨みと厳選された唐辛子のバランスがとてもいいです。

寒い冬に辛いものを食べると身体が温まりますし、夏では汗を思いっきりかいてパワーを出すのにおすすめです。コシのある太麺がスープととてもよく絡むので、辛いものが好きな人にも満足な味となっています。

クセになる辛さが人気

辛ラーメンはその人気も合わさって、さまざまなアレンジレシピがあるのもランキングで注目のポイントです。辛すぎたという人は、チーズ系を足すことでマイルドな辛味になるのでおすすめです。

また、口コミからの情報をまとめると日本版の辛ラーメンと韓国で売られている辛ラーメンは、少し味が違うようです。辛さに関しては韓国版のほうが辛いという意見が多く、通販サイトなどを利用して食べ比べするのがおすすめです。

韓国の辛いインスタントラーメンは専用鍋で味わおう

ぜひ作り方や食べ方も韓国スタイルで!

インスタントラーメンにおすすめな鍋

直接鍋のままで食べるのが韓国式

韓国の番組を見ていると、鍋で煮たインスタントラーメンをそのまま食べるシーンがとても多い事に気づきます。

韓国ではインスタントラーメンの中で、特に袋麺が人気です。アルミ系の鍋で煮てそのまま食べるのが基本で、場合によっては鍋の蓋を皿代わりにして冷ましながら食べる人もいます。また、食べやすいように深さが少し浅くなっているものが人気でチゲ鍋などにも使われるのがおすすめです。

アルミ鍋

日本のアルミ鍋でもOK

昔は日本の家庭で当たり前のようにあったアルミ系の鍋でも、同じように楽しむことが出来ます。

少しずつ廃れてしまった感のあるアルミ鍋ですが、安価で購入できて一人前のお鍋を作るのにもおすすめです。韓国のインスタントラーメンを購入して、ことこと煮込んで食べるのにも最適です。安いものでは1,000円ほどで購入することが出来るので一つ買っておいて間違いありません。

ステンレス製の箸とスプーン

ステンレス製の箸とスプーンもおすすめ

さらに韓国風の食べ方をしたいという人には、ステンレス製の箸とスプーンがおすすめです。

日本では馴染みの少ないステンレス製のお箸ですが、韓国系のお店に行くと出て来ます。少し好みの分かれる道具といえますが、本場の韓国の食べ方を完全に楽しみたい場合はステンレス製の箸とスプーンを用意すれば完璧です。そこに韓国産のキムチを合わせると、韓国の美味しいインスタントラーメンを完全再現となります。

アレンジしてさらに美味しく食べてみよう

アレンジレシピとして日本でも人気なのが、チーズを入れることです。チーズを入れることでまろやかな辛味になり旨みも増すのでとても人気です。鍋を食べるような感じで野菜類をたくさん入れて食べるのがおすすめですし、キムチを足してキムチチゲ風にするアレンジもおすすめです。

スープの辛さや味がしっかりとしているので、お鍋として食べたりおじやのようにして食べるのもおすすめです。トマトジュースとチーズを足してイタリアン風にしたり、ひき肉を入れることで担々麺のような形にするのもおすすめです。

辛味が足りないという猛者は香辛料を足してみよう

いろんな辛い調味料

コチュジャンやテェンジャン

韓国の調味料には、辛い調味料の種類も豊富なので、ラーメンを食べるときにさらに足すのもおすすめです。

唐辛子ともち米などから作られるコチュジャンは、辛くてしょっぱさがあるのが特徴です。ビビンバやナムルなどを合わせることが多いですが、チゲを作るためにも使われるのでインスタントラーメンにちょい足しするのが人気です。

辛そうな調味料

少しずつ足す

辛さを足すときは、少しずつ足すことがおすすめです。一口目では大丈夫でも、そこから一気に辛くなることがあります。

テェンジャンの場合は、大豆を発酵させて作るものとなっており、スープを煮るときに使われます。醤油を作った残りの大豆で作られるものとなっており、少しずつ足すのが基本です。韓国系の食品を扱っているお店で、いろいろな韓国調味料を購入して試しながらインスタントラーメンをアレンジするのを楽しみましょう。

辛い韓国カップラーメンランキング11選のまとめ

たくさんの袋麺

日本人以上にラーメン好き?

韓国では本当に多くのインスタントラーメンが販売されており、袋麺は必須食品となっています。

韓国の旅番組や共同生活をするようなバラエティ番組では、必ずといっていいほど袋麺を使って食べるシーンが出てきます。それほど、韓国はインスタントラーメンが一般的になっており大衆食品となっています。様々な種類が存在しており、日本人同様に麺類がとても好きなようです。

うどんのような麺

麺の違いも興味深い

同じインスタントラーメンでも、日本と韓国では麺の雰囲気も少し違うのが興味深いポイントです。

ランキングで紹介した種類の、ブルダック麺はうどんのような細麺が印象的です。同じインスタントラーメンでも日本と韓国では、どのように違うかというのを楽しんで見るのがおすすめです。同じ辛いラーメンでも韓国で売られているものは、なかなかパンチが効いていてお土産にもおすすめです。

味が想像出来ないラーメン

お土産としてもおすすめ

韓国のインスタントラーメンは、個性的なものも多いのでお土産として買って帰る人も多いのだとか。

このまとめではインスタントラーメンやカップラーメンがメインだったので数は少なかったですが、韓国では炒め麺も人気です。日本で言うまぜそば的な商品ですが、辛さはかなりのものとなっているので、通販などを利用したり、コリアタウンなどを訪れて購入してみましょう。

お鍋と辛ラーメン

鍋から食べるのが一番

やはり韓国系のラーメンを楽しむなら、お鍋を使って食べるのがおすすめです。日本の雪平鍋なども使ってみましょう。

ランキングで紹介されているものはどれもおすすめです。韓国に旅行に行った際は、ぜひお土産として購入してみるのがおすすめです。日本と同じようでまた少し違ったインスタントラーメンの文化を楽しんで見ることができます。辛いものが得意だ!という人は、韓国の激辛ラーメンを堪能してみてください。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

辛いカップ麺の激辛ランキングTOP25!クセになる美味しさ最強決定戦! | ランキングまとめメディア
市販キムチ鍋の素おすすめランキングTOP15!辛さチェックや簡単アレンジも! | ランキングまとめメディア
レトルトカレーおすすめ人気TOP33!おいしい辛さのコスパ良し商品はコレ! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ