腰痛ベルトおすすめ人気ランキングTOP11!選び方や巻き方・寝るときは?

普段から腰が痛いとお悩みではありませんか?恒常的に痛みがあるようでしたら腰痛ベルトやコルセットを試してみましょう。日本人に多い腰痛に対応するため腰痛ベルトはおすすめなタイプが豊富に登場しています。そこでこの記事では各種タイプ別での人気おすすめな腰痛ベルトのランキングをご紹介します。また選び方のコツや寝るときの処方、価格と見合った商品などをランキング形式で取り揃えてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 腰痛ベルトおすすめランキングTOP11!
  2. 腰痛ベルトおすすめランキング5位~4位【一般向け】
  3. 腰痛ベルトおすすめランキング3位~1位【一般向け】
  4. 腰痛ベルトおすすめランキング3位~1位【スポーツ向け】
  5. 腰痛ベルトおすすめランキング3位~1位【妊婦向け】
  6. 腰痛ベルトの使い方を解説!
  7. 根本的に腰痛を改善することも考えよう!
  8. 腰痛ベルトおすすめランキングTOP11のまとめ

腰痛ベルトおすすめランキングTOP11!

腰痛は治らないけど痛みはラクになる

標準的な腰痛ベルトやコルセットの画像

腰痛緩和に活躍する腰痛ベルトやコルセット

日頃から腰痛に悩んでいる日本人は相当数いると言われています。そこで痛みを緩和させる効果がある「腰痛ベルト」や医療用コルセットがおすすめです。今売れ筋な腰痛ベルトやコルセットは何でしょうか?

残念ながら、腰痛ベルトやコルセットには痛みの原因を根本的に治癒させる働きなどありません。腰痛ベルトやコルセットをしてれば腰痛が完治するというのは誤解です。しかし、日頃から悩ませている痛みや辛さを緩和させたり、無駄な衝撃を防ぐことで患部を安置させてくれるため、治癒に至る促進をしてくれる役目を果たしてくれます。

腰痛ベルトやコルセットの効果について

腰痛ベルトを締めた男性の画像

腰痛の痛みから解放させるのが役目

腰痛ベルトやコルセットを巻きつけると、痛みが一時的に緩和します。これは完治したわけではなく、痛みの症状をうまく患部から分散させていることになります。

なぜ腰痛ベルトやコルセットを巻くと痛みが緩和するのでしょうか?これは「フットボール理論」と呼ばれている現象を応用しています。腰に腰痛ベルトやコルセットを巻くと、その箇所は圧迫され縦方向に筋肉が変形します。すると腰回りは均一になり圧力はが上昇し縦方向に伸びようとします。やがて腰への負担が減って痛みが和らぎます。

精神的な安心感が最も大きい

腰が痛い人の画像

腰痛はいつも不安に陥る

腰痛持ちの方にとっては、ある日突然痛みが走るという恐怖に苛まれ、ややストレス気味になってしまう懸念があります。

ちょっとでも腰回りが重くてだるいなどの症状があるようなら、腰痛ベルトを締めておくと精神的に楽です。また、さほど痛みを感じない時は巻かなくてもいいのですが、一個常備しているだけで安心材料にもなります。もし荷物の運搬や作業を予定しているような場合には、事前に腰痛ベルトを締めておくことをおすすめします。

腰痛ベルトやコルセットの選び方

腰痛ベルトの全体の画像

腰痛ベルトは正しく選ぶこと

腰痛ベルトやコルセットを選び方について、まずどのような点に注意したら良いのでしょうか?ここでは、いざという時に最適な腰痛ベルトやコルセットの正しい選び方をご紹介します。

症状によって選ぶ

腰痛ベルトを巻きつける画像

症状の程度を見極めてから選ぶ

腰痛ベルトやコルセットの選び方として考慮すべき点は、どのような症状に悩まされているのでしょうか?その観点から選択するという方法です。

腰痛にも色々な原因が考えられます。特に多いのはぎっくり腰やヘルニア、打ち身による痛みなどがあります。その症状の程度は重度なのか軽度なのかにもよって腰痛ベルトの選び方も違ってきます。もし軽度なら、標準的な医療用コルセットでも十分ですが、重度な痛みならば腰が動かないように強く固定するタイプを選ぶ必要性もあります。

価格帯で選ぶ

腰痛のイラスト画像

相場は1000円台から1万円くらいまで

腰痛ベルトやコルセットを選ぶ際には、価格を比較するという方法もあります。一般的な普及版のコルセットならば、薬局などで簡単に入手することが可能です。

腰痛ベルトやコルセットの価格の相場はさほど高額ではありませんが、1000円台から始まって、一万円弱くらいのところが相場となっています。医療用の凡庸型なコルセットなら1000円台で購入ができますが、耐久度や作りはそれなりだと思っておくといいでしょう、やはり機能面を考慮するのなら五千円代以上のものが人気でおすすめです。

人気の腰痛ベルトの機能性や価格などチェック!

腰痛ベルトのNURSALの画像

価格や条件の見合った商品を選ぶ

腰痛ベルトやコルセットは様々なタイプや機能の商品が販売されています。その中から自分に最適な条件の腰痛ベルトやコルセットを選びましょう。

腰痛ベルトは機能面や素材、作りによって価格帯も変わってきます。また医療用のものからスポーツ向け、あるいは妊婦向けなどの種類もありますので、どのような状況や条件の中で使用するのかによって、選び方も変わってきます。以降、各種タイプ別による腰痛ベルトやコルセットのおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。

腰痛ベルトおすすめランキング5位~4位【一般向け】

腰痛ベルトを付ける女性の画像

一般向け腰痛ベルトのランキング4位5位

腰痛ベルトの人気おすすめランキングをご紹介します。まずは普及型タイプの腰痛ベルトやコルセットの5位と4位です。

5位:中山式ボディフレーム/腰用ハードLサイズ

中山式ボディフレームの画像

スリムながらガッチリ固定する設計

価格:¥2709

メーカー:中山式

対象年齢:すべての年代

対象性別:男女共用

材質:ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、ポリプロピレン、ポリアセタール

フィット感が持続して快適さのあるタイプ

ランキング5位の製品です。独自メッシュ織による通気性や安定性が人気のサポーターです。弾性ボーンとナイロンメッシュによって姿勢を正して保ってくれます。滑車タイプ補助ベルトで力をさほど掛けなくても固定できるのがおすすめな点です。樹脂成型薄型マジックテープとスリム設計によって毎日の生活で着用しやすさを演出しています。

4位:お医者さんのコルセット/プレミアム仕様L-LL

お医者さんのコルセットの画像

2重構造Wクロスベルトがガードする

価格:¥5546

メーカー:アルファックス

対象年齢:すべての年代

対象性別:男女共用

材質:ポリエステル、合成ゴム素材、ナイロン

個人差もあるでしょうが、このコルセットは私には合ってます。これで二つめですが、腰のしっかり感は安心します。医療用の本格的なコルセットも持ってますが、日常使いに重宝してます。

ランキング4位は、上部ベルトによって腰椎を、下部ベルトによって骨盤を、幅広ベルトと一緒に締める3段式の人気腰痛コルセットです。2重構造にしたことで、締め込みの強弱が3ヶ所調節可能なフリースタイルです。腰全体をしっかりガードできます。ズレを防いで圧迫感も感じないのが魅力です。 悩みの度合いを考えて調節できます。

腰痛ベルトおすすめランキング3位~1位【一般向け】

FINALIST腰痛ベルトの画像

一般向け腰痛ベルトのランキング4位5位

一般向けな腰痛ベルトとコルセットの人気おすすめランキングです。ここでは普及型タイプの腰痛ベルトやコルセットのベスト3をご紹介します。

3位:日本シグマックス/マックスベルトme2

マックスベルトme2に画像

医療用コルセットとして最も普及されているタイプ

価格:¥1836

メーカー:日本シグマックス

対象年齢:すべての年代

対象性別:男女共用

材質:???

整形外科医がすすめる扱いやすいコルセット

一般向け腰痛ベルトのランキング3位は、薄くでかさばらない医療用のコルセットです。服の下に装着しても支障がない目立たないタイプです。背部に2本のS字軽量ステーを採用し、2種類のメッシュ素材によって通気性も向上させています。価格も安く、どなたにでもオールラウンドに使用可能なタイプとして人気がありおすすめです。

仕事や家事をするときは欠かせない

補助ベルトの連結ゴムと前合わせ部のループで装着しやすい設計を実現させています。巻きこむように装着しマジックテープ方式のベルトで固定するだけの簡単な方法です。背当ての丈は約20㎝、装着していても動きやすいコンパクト設計です。ぎっくり腰をした時に整形外科に受診すると、この商品を提供してくれることが多いと聞きます。

オールラウンドに使用可能なタイプ

me2パッケージの画像

簡単に取り付けたい方へおすすめ

腰痛ベルトと聞かされると、とても仰々しく思えるという方にこそ向いているタイプです。取り外しが簡単にできるので、全く手間いらずです。服と下着の間に装着しておけば全く目立ちません。

この腰痛コルセットの場合は、比較的に凡庸型な医療用のものなので、外見や見栄えという意味での工夫は何も施されていませんが、原則、腰痛ベルトやコルセットの場合、服の下や下着の上という目立たない個所に巻いて使うのが一般的です。派手な装飾がないという分だけ、意外と目立たず安心して使い続けることができます。

2位:World Bridge/腰暖ベルト

World Bridge腰暖ベルトの画像

巻くだけで腰が温かく肌触りの良さが人気

価格:¥1270

メーカー:World Bridge

対象年齢:すべての年代

対象性別:男女共用

材質:???

ヘルニアで冷えると痛みが増すため購入。オレンジの部分は7×40cm程で広範囲を覆ってくれ、ポカポカと温かいです。ステーなどは入っていないため柔らかく動きにくさはないと思います。面ファスナーで調整できるので大きめを購入しましたが、記載サイズ通り購入した方が良いと思います。

腰部を暖め血行を良くしてくれるコルセットです。腰痛やヘルニア、生理痛などの要因である冷えを防ぎます。またお腹を温められる腹巻仕様にもなる2WAY方式です。体温で暖める保温性の高さもあり寝るときにも安心して使えます。 マジック留めの簡単な使用方法、通気性・伸縮性があり洗濯も可能な人気のコルセットでおすすめです。

冬場に患部を温めるには最適

WorldBridge腰暖ベルト中面の画像

年間通じて最適温度にします

裏起毛の温かさとともに、湿気にも強い通気性のある生地を採用しています。問題なく一年間通じて使用することを想定していますので安心でおすすめです。

腰痛が慢性化してくると、いつも季節の移り変わる頃にしくしくと痛みやけだるさを生じてきます。特に秋から冬にかけての寒くなる頃は、徐々に気温も寒くなり腰痛再発を引き起こしやすい時期です。そのような気温が低い日には、十分なケアをする意味でこのベルトをしておくと自然な保温機能によって患部を最適化させます。

慢性のお悩みに対応することも可能

腰あったか腰暖ベルトの画像

寝るときの冷え防止対策としておすすめ

腰痛ベルトやコルセットとしての使い方とは別に、特に女性におすすめなのが、冷え性対策用に使う方法です。おなか周りを温めることで、免疫力UPにもなります。

ランキング2位のこのベルト、腰痛ベルトやコルセットとしての使い方以外に、寝るまえに装着して就寝中のお腹の冷え防止にも役立つという評判があっておすすめです。デザインも可愛らしく愛着が湧きます。そのため、腰痛とは別に毎日の習慣となっている人もいます。作りもしっかりしていて比較的に長持ちするタイプの人気商品です。

1位:バンテリンサポーター「腰用」しっかり加圧タイプ

バンテリンサポーターの画像

クロステーピング構造で加圧してサポートする

価格:¥3000

メーカー:バンテリンサポーター

対象年齢:すべての年代

対象性別:男女共用

材質:???

クロステーピング構造が腰上部から下腹部に加圧して支える

ランキング1位のこの製品は、クロステーピング構造で腰椎から骨盤にかけサポートします。腰の曲線にフィットした特殊形状で、V字型装着形状とアジャスタブル補助ベルトで快適さを実現しています。補助ベルトが腰部を締め付け固定しズレを防ぎます。サイズの選び方は胴囲を測って選んでください。また寝るときの使用は避けてください。

V字型装着形状で腰痛の症状緩和に役立つ

着用をしてしばらくすると驚くほど痛みが軽減し、屈伸や中腰の姿勢でも何なくできるようになったという声もあります。しっかり幅広な形状でサポートするのが特徴ですが、外した時はシンプルに小さくなります。腰痛に普段からお悩みの方は、明らかに症状緩和が実感できる人気商品です。ワンランク上の腰痛ベルトとしておすすめです。

毎日使い続けることを想定している

バンテリンの製品画像

汚れてきたら丸洗いも可能

腰痛ベルトやコルセットは、結構連続で使う機会も多く、数日掛けて外出時などの巻くようになれば、多少なりとも汚れてきます。バンテリンのサポーターは、丸洗いをしても大丈夫です。

湿布薬でも有名なバンテリンなので、その作りも結構こだわりがあり頑丈です。特に腰痛やヘルニアの際は症状が和らぐまでに日数が掛かります。一週間かそれ以上の日々、毎日装着することも考えられるので、徐々に汚れていくことも想定されます。もし汚れが目立ってきたら、そのまま丸洗いが可能ですので安心です。

腰痛ベルトおすすめランキング3位~1位【スポーツ向け】

健康サポーターベルトの画像

スポーツ向け腰痛ベルトのランキングトップ3

ここではスポーツタイプの腰痛ベルトとコルセットの人気おすすめランキングです。普段つかいや運動時のスポーツ向け腰痛ベルトのベスト3をご紹介します。

3位:yamasaki/腰用サポーター「スポーツタイプ」

yamasaki腰用サポーターの画像

ダブルベルト&ワイド幅デザインのスポーツ用タイプ

価格:¥2862

メーカー:yamasaki

対象年齢:制限なし

対象性別:男女兼用

材質:ネオプレン

コスパの高さが魅力なスポーツタイプ

スポーツ用の腰痛ベルトランキング3位はこの商品です。スポーツや力仕事での腰固定をしけが対策に向いています。腰への負担や体幹の安定が可能となり、日常生活でのあらゆるシーンで腰の保護やサポートをしてくれます。価格が安価ながら、その機能面が優れていることでコストパフォーマンスも高いと評判でおすすめな人気商品です。

耐久性に優れた素材を活かした構造

ネオプレーン素材の画像

強さのあるネオプレーンを採用

素材はネオプレーンで、普通のミシンでも縫えて加工できます。厚みや硬さもさまざまにあってサーフィン用のウェットスーツの生地として一般的に普及しています。

素材は「ネオプレーン」と呼ばれているゴムです。強度と耐熱性、耐寒性にも優れている合成ゴムです。用途としてはダイビング用のウェットスーツ、PCやタブレットなどの保護ケースなどに使用されてます。とにかく軽量さが魅力で柔らかいことから、装着時のストレスをほとんど感じません。しかも丈夫で長持ちします。

装着していない時も便利

yamazaki男女兼用サポーターの画像

新開発の素材のみ使用

完全新素材による構造なので、金属や固形物などが一切使われていません。使用時も余計なストレスを感じず、また外している時にも持ち運びが便利です。

この材質と作り、しかもお値段もコスパ抜群という非の打ちどころがないおすすめ製品、その秘密は6本のステー(支柱)が内蔵されていて、ガッチリと腰回りを保護するような設計です。金属などの固形物は一切使用していないのに驚異的なガードを誇ります。

2位:GREENLIFE/腰用サポートベルト

GREENLIFEベルトの画像

ドライバーや介護スタッフも御用達

価格:¥1280

メーカー:GREENLIFE

対象年齢:制限なし

対象性別:男女兼用

材質:ネオプレン

長時間のデスク仕事で、腰の痛みが徐々に大きくなっているような気がしたので購入しました。しっかりと装着するだけで腰の痛みが緩和されました。

デスクワーク中心な方や荷物搬送の多いドライバー、介護職の方々から好評を得ているおすすめな腰用サポーターベルトです。状況による選び方に制限がないことが人気です。金属パーツは一切使用せず安心して利用できます。その秘密は4本の高弾性ステーにより腰椎をサポートすることで、腰椎を正しい位置に固定します。

伸縮性ある素材がフィットし安全性を生む

作業用コルセットの画像

生活と密着した悩みに対応するコルセット

毎日の仕事や習慣によって蓄積されていった疲労が、知らず知らずに溜まることでぎっくり腰や椎間板ヘルニアの原因となります。普段からの予防策として使用をおすすめします。

腰椎への圧力を軽減させて腰の疲れや痛みを緩和させる働きがあります。また、ずれにくい構造で調整にも便利です。耐久性や弾力性に優れた二重ベルトを採用し、マジックテープによる強力保持をして締め付けますので、激しい運動や作業でも違和感なく使えます。

腰痛ベルトランキング上位に輝く別な理由

GREENLIFEの腰用サポートベルトを持つ画像

実は腰痛防止以外の効果も期待できる

腰痛ベルトとしての機能もさることながら、このベルトには思わぬ効果があるとされています。ダイエットなどを考えている方におすすめです。

GREENLIFEの腰用サポートベルトは腰痛防止などの効果の他にも、腹筋に力を入れることによる脂肪燃焼の効果も得られるとされています。腰部を適度に締め付けて運動や作業を習慣的に行っていると、ウエスト周りの脂肪を燃やして細くする効果も期待できます。

1位:ザムスト/腰サポーター「ZWシリーズ」

ザムストの腰痛ベルトの画像

バドミントンの松友選手愛用のサポーター

価格:¥2762

メーカー:ZAMST

対象年齢:制限なし

対象性別:男女兼用

材質:ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル、EVA

 

スポーツを行う人向けに作られた腰痛ベルト

スポーツ用腰痛ベルトのランキング第一位はこの腰用サポーターです。運動時以外での使用も十分対応できてがっちり固定する非伸縮性が特徴です。お腹の圧力を上げることで安定させ、長時間姿勢を維持する筋肉への負担を軽減させます。ただし完全固定式なので時折は外しながら続けることをおすすめします。寝るときの着用は控えましょう。

腰痛ベルトも選び方は様々

ZWシリーズはあえて装着している意識を持たせることがポイントです。装着したことで動きが制限され、無理な姿勢をとらないように自制することに意味があります。スポーツの最中に無理や無駄な動きをさせないようにがっちりと患部や気になる腰回りを固定しておくことが、最善の安全策と見なしています。

ZWシリーズは7段階まであり

ZWシリーズを付ける画像

シリーズが数種類ある

ザムストZWシリーズのサポーターは、スポーツでの使用を前提としていることもあり、その強度が7段階まで分かれています。また各種特性も違っていてその中からお好みが選べます。

例えばZW-3は、シリーズ中もっとも軽量なタイプを売りにし、ZW―5は、背面にある3Dバックパネルによって立体的に固定することができることで、より高い固定感と装着時の快適さを追求しています。どのようなタイプが自分に合うのかを、よく吟味してから選ぶことをおすすめします。

腰痛ベルトおすすめランキング3位~1位【妊婦向け】

妊婦の腰痛ベルトの画像

妊婦向けの腰痛ベルトランキングトップ3

妊娠されている妊婦の方向けな腰痛ベルトとコルセットの人気おすすめランキングです。負担の掛からない扱いやすい腰痛ベルトのベスト3をご紹介します。

3位:AQshop/妊婦帯「マタニティベルト」

AQshop妊婦帯の画像

妊婦さんへの負担を軽減

価格:¥1680

メーカー:AQshop

対象期間:妊娠5~10ヶ月、産後0~3ヶ月

対象性別:女性

材質:???

 

二重のベルトで締め付けを調節できるのでお腹の大きさに合わせられて助かります!マジックテープもバリバリ大きな音がしないし、ゴミも付きにくくて、とてもいいと思います。

妊婦向け腰痛ベルトランキングの3位はこの商品です。妊娠5ヶ月を過ぎたあたりからお腹が大きくなり、ホルモン分泌の影響によって腰や背中に負担が掛かり腰痛を起こすこともあります。この妊婦帯はお腹を圧迫しないよう下から持ち上げるように支えることで、妊婦さんの家事や外出時の負担を軽減します。

AQshop腰痛ベルトの画像

産前産後の双方に対応

妊娠中はおへその下あたりからお腹支えるように装着し、産後には骨盤ベルトとして、骨盤の位置に合わせて装着することができます。

本体はフリーサイズなので誰でも体型に合わせられ、大きさや形も気にしなくても大丈夫です。また、腹部は起毛素材により保温性があり、弾力部分はメッシュ状で通気性があります。オールシーズン使用できます。マジックテープはT型タイプを使用し、剥がれにくくしっかりと付着します。 薄型タイプでシルエットも気になりません。

90日間の返品返金対応をしている

AQSHOP妊婦帯の画像

フィットしないなどの万が一にも対応

マタニティ用のベルトということもあり、特殊な状況を考慮してサポートも充実しています。一度購入してみたが、どうもお腹にフィットしないという問題があれば相談してみてください。

AQshopの妊婦用サポーターは、ご購入者向けにしっかりとした保証も行っています。購入後90日間であれば、使用後だとして返品や返金の対応しています。もしサイズが合わなかったりフィットしない場合、あるいはマジックテープが脆くて利かなくなっているなどの不良品の場合は、90日以内に申し出れば対応可能です。

2位:Canbeiso/腹帯「マタニティベルト」

Canbeiso妊婦帯の画像

簡単3ステップ着用により婦さんの負担軽減

価格:¥1490

メーカー:Canbeiso

対象期間:妊娠5~10ヶ月(妊婦帯、腹帯として)、産後0~3ヶ月(骨盤ベルトとして)

対象性別:女性

材質:???

妊娠8ヶ月はいって、背中痛に悩まされ、購入。着脱が簡単で、きつさの調整がしやすい。安いし、あと数ヶ月だし、と思って、気休めがてらつけて仕事します。骨盤周りの守られてる感はあるので、背中痛に効いたら嬉しいです。

通気性、快適性、保温性の3つにしっかり対応した便利なマタニティベルトです。腹部には起毛素材によりお腹の保温、弾力部分をメッシュ状にして通気性を良くし、無弾力部分は通気の編み方を使用し蒸し暑さを防ぐという構造です。オールシーズン使えるので、いざという時に所持していると重宝します。

産中産後に続けて使える安心設計

妊婦の腰痛の画像

妊娠中に無理をしないように安心設計

妊娠中でもつい頑張ってしまうという方におすすめな腰痛ベルトです。取り付けけたも簡単で、下腹を支えながら背中にストラップを包み、ベルトを平置き状態に伸ばしながら下腹につければ完了です。

妊娠中の方の場合は、背中への負担やバランスの取りにくい状態を和らげてくれます。妊娠中のSPDやPGPを和らげるようにサポートしてくれる特徴があります。また、出産後でもベルトを着用しながら運動や日々の生活で筋肉を伸ばしてくれるので安全にサポートしてくれます。

人間工学に基いた設計

8つの機能がある妊婦帯の画像

妊娠中の不安に対処

妊娠中は期待とともに不安も付きものです。特に妊婦さんに考えられるお悩みに対しても、このベルトが安心感を与えてくれるのでおすすめです。

妊婦用ベルトのランキング上位に入るだけあり、人間工学設計による8大機能が自慢です。各々「腰痛」「背中痛対策」「胎児の位置固定」「子宮脱予防」「保温」「保護」「妊娠線予防」「産前妊婦帯」「産後骨盤帯」という8つです。妊娠中に毎日着用できることを考えて設計され、産後もしばらくそのまま使えます。

1位:HighUP/妊婦帯「フィットシリーズ」

HighUP妊婦帯の画像

安心のメーカー1ヶ月保証も付いている

価格:¥2000

メーカー:HighUP

対象期間:妊娠5~10ヶ月、産後0~3ヶ月

対象性別:女性

材質:ポリエステル、ポリウレタン

急に腰痛が出始め、戌の日のお参りのためだけに買ったつもりの本製品(スミマセン...笑)をタンスから引っ張り出して着用しました。すると、骨盤が安定するのか、辛かった腰痛が少し軽減されるような気がしました。付け方も1回目(妊娠5ヶ月目)は難しく感じましたが、2回目以降はお腹も出てきたこともあり、意外と簡単です。

妊婦向け腰痛ベルトのランキング第1位はこの商品です。人気の秘密は何と言っても保証があることです。妊婦さん用のベルトということもあって、一度購入したがどうも自分にフィットしないなどの恐れがある場合は、メーカー保証が付いてるので一カ月以内に返品が利きます。良心的なサービスを心がけていることが功を奏しています。

人間工学に基づく設計

HighUPマタニティの画像

マジックテープはT型タイプの歯を使用

ダブルベルトで調整出来るので、腰にしっかりフィットします。その秘密はT型タイプの歯を使用したマジックテープの確実な固定にあります。人間工学に基づいた設計のおすすめコルセットです。

HighUPの妊婦帯「フィットシリーズ」の特徴は、こだわりを持った「ダブルベルト」を採用しているところです。マジックテープによってしっかり装着しつつもつけ心地が心地よいので、締め付け感がなく調整もフリーにできます。 2つのベルトによって夜寝るときまで快適です。調整しやすく弾力性があることが魅力です。

口コミ評価の高さが魅力

妊婦帯パッケージの画像

多くの方々にフィットする魅力

このベルトは、そのフィット感が人気となっています。誰が使用しても安心して妊娠期間を乗り越えられるような安全設計が施され、それがとても高い評判になっています。

HighUPの妊婦帯「フィットシリーズ」は、特にレヴュー評価が高いことがランキング1位の理由です。妊娠5ヶ月の妊婦さんの痛みがかなり改善されました、友達から勧められ買ってみたら腰が楽になりました、腹帯とは全然違いますダブルベルトでフィットして良いですなど、実際に使用されている方々から熱い支持を得ています。

腰痛ベルトの使い方を解説!

腰痛ベルトの効果的な巻き方・手順

bonbone腰コルセットの画像

適した選び方と規則正しい使い方が重要

腰痛ベルトやコルセット、その他サポーター類は、正しい選び方と装着方法を覚えてこそ効果を発揮します。その付け方のポイントを知って装着しましょう。

腰部に腰痛ベルトを当てる

装着方法の画像

左右対称になるよう均等に充てる

腰痛ベルトやコルセットを装着する際の基本は、左右を均等にするような位置で背面の場所を心がけます。しっかりバランスよく保てる位置決めをしましょう。

腰痛ベルトの正しい巻き方の基本、最初は本体の背面を腰の後ろ側にまわしたら、支柱や中心の位置をしっかりと合わせます。中央にある背当て部の中心と背骨の中心とが一致するように当てることがポイントです。

本体で腰部を覆い体の正面で留める

腰痛ベルトが骨盤に掛かっている画像

ポイントは骨盤を基準にすること

腰痛ベルトをはめる際のポイントは、ズバリ「骨盤」です。骨盤に掛かるように自分なりに調節しながらしっかり包み込みます。

腰痛ベルトの高さは、半分を骨盤、残りの半分をウエスト部分(へそのあたりを基準)にかかるような感じに当てます。そして本体側面の伸縮部から十分に伸びた状態にして両端部を引っ張りながら、体の正面でマジックテープをとめます。

補強ベルトを本体に留める

補強ベルトの両端を両手で持ちながら左右同時に適度に引っ張ります。前合わせ部にてファスナーをとめます。ようつベルトやコルセットを固定する際の注意点は、腰というよりも「骨盤」であること、骨盤の関節を固定して腰を反らし正しい姿勢にしていくのが目的です。 おへその下をマジックテープで固定するようなイメージです。

寝るときには絶対に腰痛ベルトを外そう

yamasaki腰用サポーターの画像

なぜ寝る時には外すのか?

日常では常に固定している腰痛ベルトですが、寝るときなどは必ず外しておくのが基本です。ではなぜ夜寝るときには外さなくてはならないのでしょうか?その理由をご紹介します。

なぜ寝るときは外さないといけないのか?

腰痛ベルトをはずす画像

寝るときは体をあまり動かさないから

腰痛ベルトやコルセット、サポーターといった類は、患部を安置させる意味があり着用した際の圧迫状態によって血流を妨げます。

普段起きているときは体を動かしているため筋肉のポンプ作用が働き、血流の障害に心配はありません。 ところが寝るときは話が別です。就寝状態では寝返り程度しか動いていないため、血行不良を起こして逆効果になります。寝るときは必ず腰痛ベルトもコルセットも体から外しておきましょう。

夜寝るときの対応方法について

薄型ウエストベルトDXの画像

寝るときの環境の選び方を考える

まず腰痛でお悩みの方の夜寝るときの寝床やベッドの状態は、ある程度気になるところです。ベッドや布団の硬さについては必ずこうでなければという決まりはありません。

寝るときの環境は、体重や背骨の状態によって個人差があり一概には言えません。ただし目安として言えることは、「仰向けに寝るとき、腰の下に手が入らない程度に身体が沈む」「お尻(骨盤)と背中の2点に均等に圧がかかっている」という感触の2点をチェックして、寝る状態の最適な選び方を試みましょう。

寝るときの負担を楽にする方法

腰痛で寝るときの画像

膝の下にクッションを敷いてみよう

寝転がった姿勢というのは腰に体重が掛かりません、ところが腰痛持ちの方からの寝るときの痛みの訴えは結構多いものです。特に仰向けで脚を伸ばしていると痛みがあります。

仰向けで就寝して痛みがひかないという場合の原因、それは、普通に仰向けに寝転がった状態では、足を伸ばすことになり骨盤が引っ張られて腰に力が伝わります。それが痛みになって返ってきます。寝るときには膝の下にクッションなどを入れ脚を立てるような姿勢にしたり、横向きになって少し背筋を丸くして寝ると楽になります。

根本的に腰痛を改善することも考えよう!

劇的に腰痛が改善するおすすめストレッチ

腰痛体操の画像

様々な因果関係がある

腰痛を引き起こすメカニズムは、さまざまな要因が絡み合ってのことなので、簡単には説明ができないのですが、日ごろから予防策や改善する方法、環境の選び方を知っておくことは大切です。

腰痛体操やストレッチを習慣化しよう

ストレッチ腰の画像

簡単なストレッチは仰向けひねり

上体の向きを変えないまま腰から下だけを左右にひねる方法です。その際は左右を同じ回数分だけ交互に行っていくことを心得ておきましょう。寝るときや起床時などにおすすめです。

このストレッチ運動での注意点は、「両肩を浮かさない」ことです。脚をクロスさせて体のひねりを大きくするので、その反動で片方の方が上がってしまいます。クロスさせた脚と反対方向へ顔を向けると良いでしょう。ストレッチの度合いは、膝や太ももを手で引き寄せたり、床に押し付けるなどで無理のないところで調整していきます。

椅子に座ったままのストレッチ

椅子ストレッチの画像

椅子でツイストエクササイズ

日中の仕事の合間などにできます。上半身をねじることで背骨周りの緊張をほぐし腰痛改善や予防になります。

仕事の合間などに取り入れることができる簡単ストレッチです。椅子の背もたれからやや離れた先端に座ります。背すじをのばし足の裏やお尻を浮かさず、片方の手で背もたれを掴みもう片方の手は太ももに置きます。手の力で体を捻ってそのままストレッチします。注意点は、足の裏とお尻を浮かさないことです。筋肉が十分に伸びないので注意しましょう。

立った状態でのストレッチ方法

立ったままのストレッチの画像

誰でも可能で場所の選び方も関係なし

もし立ち仕事などが多い方でしたら、たった状態でのストレッチ方法がおすすめです。たった3秒で腰痛撃退に効果的とされている腰痛体操です。誰でもできるとてもシンプルな体操です。

おすすめな腰痛体操の一つで、器具も場所の選び方も一切必要のないシンプルな体操です。まず、足を肩幅よりやや広めに開きます。お尻に両手を当て息を吐きゆっくり上体を反らしていきます。無理なくこれ以上反らないところでストップし、両手でしっかり骨盤を押した状態で3秒間キープします。そしてゆっくり元に戻るという方法です。

腰痛ベルトおすすめランキングTOP11のまとめ

サポートジャケットの画像

現代病の腰痛と向き合うこと

もはや日本人が抱える慢性病の一種としてその比率も高く、職場で発生する色々な病気やケガの中でも全体の約60%を占めると言われているのが腰痛です。

単なる疲労による痛みなら回復しますが、放置するとぎっくり腰や椎間板ヘルニアへと悪化します。十分なケアを日頃から心がけ、腰痛体操やストレッチを生活に取り入れつつ、無理な姿勢をしないように心がけましょう。もしそれでも痛みやだるさが生じるようなら、ぜひ自分の症状やサイズに合った腰痛ベルトを締めるようおすすめします。

その他の関連ランキングはこちら!

腰痛を緩和してくれるマットレスおすすめ商品15選!選ぶならどのタイプ? | ランキングまとめメディア
オフィスチェアのおすすめランキングTOP27!腰痛にもいい仕事がはかどる商品 | ランキングまとめメディア
座椅子おしゃれデザイン・おすすめランキングTOP32!腰痛対策にもなる | ランキングまとめメディア
ワーキングチェアおすすめランキング31選!腰痛に優しくコスパのいい人気商品 | ランキングまとめメディア
外反母趾サポーターおすすめランキングTOP13!種類や選び方・寝るときは? | ランキングまとめメディア
人気のマッサージチェアおすすめランキング17選!口コミ評価の高いモデルを厳選 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ