戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35!洋画・邦画の名作多数!【最新版】

今回のランキングはおすすめの人気戦争映画をランキング化していきます。最新の名作を洋画と邦画ともにリアルな予告動画の戦闘シーンとともに紹介していきます。第二次世界大戦や太平洋戦争を日本側から描いた作品やアメリカ側から描いた作品など、様々な人気のおすすめ作品の中からTOP35に絞ってお届けします。意外な戦場が舞台となっている映画もあるかもしれません。はたしてあなたの好きなあの戦争映画は何位にランキングされているでしょう?

目次

  1. 戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35!洋画・邦画の名作多数!【最新版】
  2. 戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35! 35位-15位
  3. 戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35! 15位-4位
  4. 戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35! 3位-1位
  5. 太平洋戦争や第二次世界大戦が舞台となった映画は?
  6. 戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35!洋画・邦画の名作多数!【最新版】まとめ

戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35!洋画・邦画の名作多数!【最新版】

リアルな戦闘シーンから戦場シーンが多彩!

激しい戦場

人気戦争映画ランキング

人気おすすめランキングはおすすめの人気戦争映画の人気順のランキングです。

人気の太平洋戦争や第二次世界大戦を描いた人気作品や少し変わった視点で描かれた人気のおすすめ人気戦争映画などをランキングで紹介していきます。人気ランキングの中にあなたが知ってる人気おすすめ戦争映画はいくつあるでしょうか?

戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35! 35位-15位

35位:親父たちの星条旗(2006年)

大日本帝国とアメリカの戦いをアメリカ側からの視点で描いた

映画のジャケットにもなっているアメリカ人兵士が星条旗をかかげる写真は「硫黄島の星条旗」と呼ばれるそのとしのピューリッツァー賞を受賞した有名な報道写真です。この写真を撮影した写真家のブラッドリーは帰国後英雄とされました。しかし、その後の人生において硫黄島で体験した事を彼の口から聞く事はありませんでした。そんなブラッドリーの息子が硫黄島で自分の親父たちが何を体験したのかを調べ始めるのでした。

硫黄島プロジェクトによる作品

硫黄島プロジェクトとして、太平洋戦争末期の戦いを日本側とアメリカ側双方から描こうと企画されたプロジェクトによるおすすめ洋画です。日本の領土である硫黄島でのアメリカ軍と日本軍との激闘をアメリカ側からの視点で描いたおすすめの人気がある名作で、同時期に公開された日本側の視点である硫黄島からの手紙と合わせて見るとより考え深いおすすめ人気作品です。

34位:ワンス・アンド・フォーエバー(2002年)

事実もとづいてリアルな戦場を描いた名作

ベトナム戦争で実際におこった戦場でのリアルな事を事実にもとづいて描かれた洋画です。「死の谷」とよばれるイア・ドランでの戦闘シーンをリアルに描いた名作です。アメリカ軍のハルムーア中佐が第七騎兵連隊を率いて任務を遂行するように降り立った場所は四千人ものベトナムコンバットが待ち構える戦場の最前線でした。

原作者は実際にベトナム戦争に従軍

この作品で監督をつとめたのはパール・ハーバーなどの戦争作品の監督もつとめたランドール・ウォレスで主演は肉体派の俳優メル・ギブソンです。原作者の一人であるハルムーアは実際にこの戦いに従事したリアルな軍人なので、戦闘シーンだけでなく当時の兵士の気持ちや戦場でのリアルな心理を描写している名作です。また、ベトナム側からの視点も描写しているのは敵国に対する原作者のリスペクトからなのかもしれません。

33位:日本のいちばん長い日(1967年)

太平洋戦争末期の日本の様子を描いたリアルな作品

太平洋戦争末期、戦況が不利になりポツダム宣言を受諾しようとしていた日本がこの邦画の舞台です。当時の内閣総理大臣であった鈴木総理大臣が緊急閣議を開き陸軍海軍を説得し日本の未来を決定していく様子を描いています。

日本の敗北がほぼ決定的となるなかで、少しでも有利な条件で終戦に持ちこもうとする当時の政治家を描いた第二次世界大戦での日本の政治家のリアルな行動を映画化した名作です。

軍人や民間人からの聞き取りを元にして制作された

1967年に公開された古い邦画作品です。当時はまだ健在だった元軍人や民間人から聞き取った史実を元にして作られた作品なので、歴史的な価値もある作品と言えるでしょう。監督は岡本喜八で撮影は村井博。まさに日本が次の時代の日本人に残して行かなければいけない事実がつまった戦争邦画と言えるでしょう。

32位:U-571(2000年)

太平洋戦争が一番激しかった時代を描いた作品

1942年の太平洋戦争の真っ只中です。当時アメリカも戦争に参戦しヨーロッパは激戦の舞台となっていました。ドイツ軍の兵器として恐れられていた潜水艦Uボートをアメリカ兵が奪う事に成功します。奪ったまではよかったのですが、彼らがUボートに乗っている間にドイツ軍に発見されてしまいます。そんな状況下でアメリカの保護下へともどっていく過程を描いた洋画おすすめ作品です。

実際に戦場で起こった話が元になっている

この洋画のもとになっている話は、連合軍がエニグマを奪還するためにUボートを捕獲し艦内に侵入したという実際の史実にもとづいてつくられています。本ランキングの中でもドイツ軍について描かれた作品は多数存在しますが、この作品はアメリカ軍からの視点で描かれた洋画で戦場でのリアルな戦闘シーンに期待する方にはおすすめの戦争映画といえるでしょう。

31位:13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年)

民間の軍事請負業者による領事館を奪還する洋画

戦争映画ランキングの13位にランキングされたのはベンガジの秘密の兵士です。アメリカ同時多発テロと同日である9月の11日の夜に武装集団によって領事館が襲撃されてしまいます。制圧され火まで放たれた領事館を救うために立ち上がったのがGRSチームでした。領事館を奪還するまでの死闘3時間を描いた人気のおすすめ作品です。

最新技術でつくられたリアルな戦闘シーンが魅力の戦争映画

この洋画は2012年に実際におきたアメリカ在外公館襲撃事件を描いた書籍を原作としてつくられた戦争映画です。監督はマイケル・ペイで撮影は2015年にマルタで始められ、2016年の初旬に公開されました。日本では劇場公開されることなく、はじめからレンタルDVDで公開されました。最新技術で作られたリアルな戦闘シーンは今回ランキングされた作品の中でも屈指のものと言えるでしょう。

30位:連合艦隊(1981年)

快進撃をしていた太平洋戦争から敗戦までを描いた作品

戦争映画ランキング30位にランキングされた戦争映画は、日本の戦争映画の普及の名作「連合艦隊」です。山本五十六好き太平洋戦争好きの戦争映画ファンには特におすすめできる名作で、日独伊の三国軍事同盟の締結から日本軍がハワイ真珠湾に奇襲攻撃をしかけた太平洋戦争の戦場も描かれています。破竹の勢いの日本軍からミッドウェー作戦まで第二次世界大戦の戦場が詰まっている名作です。

キャストは実力派揃いの戦争映画の名作

太平洋戦争や第二次世界大戦を描いた戦争映画好きの方には特におすすめできる名作です。キャストも本郷直樹役に森繁久彌、レイテ沖作戦での小沢治三郎役に丹波哲郎と、実力派の役者を揃えてつくられているようです。戦闘シーンも当時の日本の最新の映画技術が使われており、当時の最新映画技術がどんなものだったか?と考えて見るのもおすすめの名作戦争映画といえるでしょう。

29位:戦争のはらわた(1977年)

公開当時に西ドイツで大ヒットとなった戦争映画

戦争映画ランキングの29位にランキングされた名作は1977年にイギリスと当時の西ドイツが共同で制作した戦争映画です。監督のサム・ペキンパー監督はバイオレンスな描写を得意としている監督です。世界支配をもくろんだナチスによる戦争の非生産的な部分に焦点をあてて、戦争がどんなにおろかでくだらないものかを描いた監督のメッセージ性の強い戦争映画となっています。

スーパースローモーションで描かれた戦闘シーンに注目

この戦争映画のおすすめポイントはなんといっても戦闘シーンの銃撃や血しぶきといったシーンを当時はまだめずらしかった映画技術であるスーパースローモーションを使って描いている点ででしょう。この技術を戦争映画でつかった初めての作品なので、リアルで迫力のある戦闘シーンを期待している戦争映画ファンには今回のランキングの中でも特におすすめできる戦争映画といえるでしょう。

28位:エネミーライン(2001年)

公開から1周間で興行収入1870万ドルを稼ぎ出した大人気戦争映画

戦争映画ランキングの28位にランキングされた映画はエネミー・ラインです。この映画は戦闘中に追撃されたパイロットの逃亡劇を描いた戦争映画です。全米であのハリーポッターに続き2位に輝き大ヒットした人気の戦争映画です。戦闘シーンででてくる小物や衣装、リアルな戦闘シーンはミリタリーファンには特におすすめできるポイントと言えるでしょう。

実際にあったパイロットと逃亡劇がモデル?

戦争映画ランキングの中でも特にアグレッシブなストーリー展開のエネミー・ラインですが、この戦争映画には意外にも実際にあった出来事がモデルになっているようです。1995年に追撃された米軍パイロットのスコットFオグレディ大尉が仲間に救出されるまでの6日間の逃亡劇をモデルにしているようです。

27位:バルジ大作戦(1966年)

戦車部隊を使ったアメリカの映画としては現在でも最高の名作

人気戦争映画ランキングの27位にランキングされた人気戦争映画は第二次世界大戦でドイツ軍がアメリカ軍に対して大攻勢をしかけ、戦車をつかっての大激戦を描いたバルジの戦いを描いた名作です。バルジの戦いは第二次世界大戦の末期である1944年の12月にドイツ側の名称でいう「ラインの守り」作戦のの事です。第二次世界対戦好きの戦争映画ファンにはおすすめの人気映画です。

撮影はスペイン陸軍の協力のもとリアルな装備が使用された

ランキングの中で紹介している人気戦争映画でも珍しくアメリカとドイツ双方の動きを描いている作品です。戦車部隊を使ったアメリカ映画としては現在でも評価が高い名作です。撮影の際にはスペイン軍の協力をえてスペイン陸軍の装備を利用して撮影したため、実際のバルジ作戦で使われたドイツ軍の戦車とはずいぶん違うようです。本物の軍が実際に実践で使用した戦車はリアルで、まるで本物の戦場のようです。

26位:パットン大戦車軍団(1970年)

アメリカ議会図書館に文化的に重要な戦争映画と言わせた名作

人気戦争映画ランキングの26位にランキングされたおすすめ人気戦争映画は第二次世界大戦でのアメリカ軍に実在したジョージ・パットン将軍を描いた戦争映画です。映画は北アフリカでの司令官への着任からはじまって、シチリア島侵攻で兵士を殴った事で、解任されたシーンや、司令官として復帰するシーンなども再現されています。

本物の陸軍の装備を使用して撮影されている

この映画のロケーションはランキングで紹介して「バルジ大作戦」と同じくスペイン陸軍の協力を得て作られた映画なので、スペイン陸軍の戦闘車両が戦闘シーンでアメリカ軍の車両として登場する戦闘シーンがあるようです。戦争マニアには少し気になる戦闘シーンかもしれませんが、リアルな装備を使用しているため、まるでリアルな戦場のような臨場感がこの戦争映画のおすすめポイントでもあります。

25位:男たちの大和(2005年)

同年の邦画での興行収入1位となった人気戦争映画

人気のおすすめ戦争映画ランキングの25位にランキングされたおすすめの戦争映画は太平洋戦争末期の日本軍の菊水作戦における巨大戦艦「大和」の特攻と乗組員たちの生き様を描いた邦画です。第二次世界大戦の末期に大和にも特攻命令が下り、国の為に命を捧げる男たちの姿が乗組員の目線で描かれています。最新技術と大規模セットで描かれた甲板での戦闘シーンはリアルで迫力満点です。

総工費6億円の原寸大の大和に注目

太平洋戦争末期の大和を描いた作品は他にもありますが、ここまで大掛かりなセットで描かれた戦争映画はこれがはじめてです。日立造船の工場跡地に総工費6億円をかけて原寸大の大和が190メートル再現され、そこを使用して撮影されました。太平洋戦争好きの映画ファンにはぜひともおすすめしたい邦画と言っていいでしょう。今回のランキングに登場する戦争の邦画では一番大掛かりなセットが使われた名作です。

24位:太平洋奇跡の作戦(1965年)

盟友三船敏郎が主演する太平洋戦争での日本軍の戦いを描いた作品

おすすめ人気映画ランキングの24位にランキングされたおすすめ映画は日本軍によっておこなわれた太平洋戦争でのキスカ島撤退作戦に焦点をあてて作られた作品です。米軍の連日にわたる壮絶な爆撃に玉砕間近となった日本軍部隊の大将による決死の作戦がこの戦争映画の最大の見所。追い詰められた日本側の作戦とはなんだのでしょう?

艦隊のすすむシーンは円谷英二が撮影

本作品は実際にキスカ島に勤務し撤退作戦に参加していた近藤敏直がアドバイスして制作された邦画です。この映画が公開された時の試写会ではキスカ島からの生存者を招いて試写会が行われたようで、試写会にきた生存者からは拍手喝采が起きたんだとか。キスカ島を旋回して艦隊が進むシーンは、特撮映画で知られる円谷プロダクションの円谷英二が参加して行われたようです。映画史の中でも貴重な名作と言えるでしょう。

23位:プライベート・ライアン(1998年)

第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を描いたおすすめ作品

おすすめ人気戦争映画ランキングの第23位にランキングされたおすすめ映画はプライベート・ライアンです。第二次世界大戦を部隊に描かれた戦争映画です。太平洋戦争の中でも有名な作戦「ノルマンディー上陸作戦」で一人の兵士を救出するために敵軍へ立ち向かうアメリカ軍の兵士を描いたおすすめの洋画作品です。

人気ランキング中最短で撮影された長編映画

監督は巨匠、スティーブン・スピルバーグ、主演はトム・ハンクスという、豪華タッグで描かれた第二次世界大戦での物語を描いた洋画です。スティーブン・スピルバーグはいくつか第二次世界大戦を舞台にしていますが、本作品は4作目となる戦争映画です。3時間という長編映画にもかかわらず、わずか二ヶ月という超短期間で収録を終えた戦争映画としても有名です。

22位:トラ・トラ・トラ(1970年)

日本側が優位に描かれているので日本人に人気のおすすめ洋画

人気おすすめ戦争映画ランキングの22位にランキングされた戦争映画は1970年に公開され、第二次世界大戦の真珠湾攻撃を日本とアメリカの合同スタッフによって描いた作品です。第二次世界大戦の中でも真珠湾攻撃を描いた作品は特に多いですが、この作品の特徴として両国の立場にたち、両国の動きを忠実に再現しているところと言えるでしょう。

日本人におすすめの戦争映画はアメリカでは不人気

この作品は第二次世界大戦を描いた作品の中では特に、アメリカの危機管理の甘さが強調されている洋画で、日本側の指揮作戦の素晴らしさや太平洋戦争において、真珠湾奇襲攻撃は日本側が大成功を収めた戦場だったという事が強調されている作品です。日本の戦争映画ファンにはおすすめですが、アメリカ人からは不評の洋画です。日本側の監督として当初は巨匠黒沢明監督が名を連ねていましたが、途中降板しています。

21位:ヒトラー〜最後の12日間〜(2004年)

日独伊三国同盟があった時代の末期を描いたおすすめ作品

おすすめ人気映画ランキングの第21位にランキングされた洋画は、1945年の第二次世界大戦末期における大ドイツ帝国の独裁者ヒトラーの最後の日々を描いた人気映画です。終戦が近づきドイツの敗戦はもはや決定的となっていた時期、ドイツ帝国の総統地下壕の中でヒトラーの個人秘書を努めたトラウドゥル・ユンゲの証言と回想録を元に描いた戦争映画です。

建築物好きにもおすすめの戦争映画

2004年に公開されたこの映画はドイツ、イタリア、オーストリアという敗戦国と戦勝国双方の共同制作という形でつくられました。日本でのタイトルは「ヒトラー〜最後の12日間〜」となっていますが、原題はドイツ後で「失脚」や「没落」といった意味を示す単語にされたようです。撮影は敗戦時のドイツ帝国と似た雰囲気の様式を採用した建築物が多いという理由で、サンクトペテルブルクでおこなわれたようです。

20位:THE WINDS OF GOD(1988年)

涙あり笑いありのコミカルに描かれた戦争映画作品

人気おすすめ戦争映画ランキングの20位にランキングされた戦争映画は、今回のランキングの中では少し個性的な戦争映画といえます。SFと戦争の要素が合体した邦画がランキングです。売れないお笑い芸人の誠と金太が交通事故にあい、気がつくと太平洋戦争時の戦場にタイムスリップしてしまったというありそうで無かった設定で描かれる、コミカルでいて涙ありの名作邦画作品です。

実力派の俳優が主演脚本を手がけた戦争作品

この劇の特徴は木製の椅子と机といったムダなものを一切省いて、最大限にシンプルなスタイルで必要最小限のセットや小物しか使わないでおこなわれた事です。役者の力量が問われるスタイルで行なわれる元気に主演したのは、先日亡くなった実力派俳優の今井雅之です。劇中で使われる音楽ザ・ブルーハーツの楽曲「青空」が涙を誘います。

19位:マッカーサー(1978年)

ダグラス・マッカーサーの半生を描いたおすすめ戦争映画

人気おすすめ戦争映画ランキングの19位にランキングされたのは、日本でもお馴染みの軍人、ダグラスマッカーサーの半生を描いた作品がランキングです。太平洋戦争から日本当地までのマッカーサーだけでなく、日本統治の後に朝鮮戦争に出撃され、指揮官を解任されるまでのマッカーサーの様子が描かれている洋画です。

歴史好きの方にもおすすめできる戦争映画

ダグラス・マッカーサーといえば、もしかすると日本で一番有名なアメリカの軍人かもしれません。映画「マッカーサー」はアメリカで制作された洋画で、日本では1978年に公開されました。日本統治後に元帥ダグラス・マッカーサーがどのような人生を送ったかという事は意外と日本人には知られていないのではないでしょうか?そんな疑問をもつ歴史好きの方にもおすすめできる映画と言えるでしょう。

18位:永遠の0(2013年)

旧日本軍の日の丸特別攻撃隊にスポットをあてた作品

人気おすすめ戦争映画ランキングの18位にランキングされた映画は、太平洋戦争での日本軍ゼロ戦特攻部隊を描いた最新の戦争邦画です。

日本軍の特攻部隊とはいったいなんだったのか?その疑問を自分の祖父の足跡を孫が祖父の知り合いから聞き取る形で話はすすんでいきます。戦争体験者が90歳を超え、戦争の記憶が失われていくなか老人たちの口から語られた特攻の真実とはいったいなんだったのだろうかを世間に問いかけた邦画作品です。

ゼロ戦機を最新技術で再現した邦画作品

本作品に登場するゼロ戦機は旧日本海軍のゼロ戦21型の原寸大模型が最新技術で制作され使用されているので、迫力のある戦場でのゼロ戦をみたい方にはおすすめの最新作品です。また、ゼロ戦の音は唯一現存するオリジナルのゼロ戦機から収録された音源が使用されており、マニアにはたまらない軍事マニアにもおすすめできる邦画作品だといえるでしょう。

17位:大脱走(1963年)

第二次世界大戦中のイギリス人兵の収容所からの脱走を描いた作品

おすすめ戦争映画ランキングの17位にランキングされたおすすめ戦争映画は、ランキング中でも異色の戦争映画で、1963年に公開されたこの戦争映画は戦闘シーンのない戦争映画として知られています。第二次世界大戦のドイツが部隊で、当時脱走に捕虜の脱走に手をドイツ軍が脱走できない最強の収容所を作ります。その収容所から脱走し逃げるイギリス空軍の捕虜が主役の映画です。

スタント好きの映画ファンにもおすすめの映画

この映画は脱走する際にバイクを使用し、そのバイクでの派手なスタントがひとつの大きなおすすめポイントであるといえるでしょう。このバイクスタントは役者自身がおこなっていたと当初宣伝されていたようですが、あとになってスタントマンがやっていたことが分かっています。スタントが好きな映画ファンにはおすすめできる内容となっています。

16位:硫黄島からの手紙(2006年)

硫黄島プロジェクトによる日本側視点の戦争映画

人気おすすめ戦争映画ラキングの16位にランキングされた映画は、硫黄島プロジェクトで「親父たちの星条旗」と同時期に公開された日本側視点からみた硫黄島の戦いを描いた戦争映画です。硫黄島での僧院玉砕した日本側の指揮官である栗林中道と一等兵を中心に戦況が追い込まれ、総員が玉砕するまでの戦場を描いている戦争映画です。

日本人が主役で日本人が日本語で演技するアメリカ映画

この作品が他の映画と一線をかくす最新の部分はなんといっても洋画であるにもかかわらず、この映画は日本人が主人公で前編を日本語で話している点である。ラスト・サムライなどで日本人が日本語で演技する洋画は存在していましたが、前編を通してというの硫黄島からの手紙が初めてだったようです。嵐の二宮和也の演じる一等兵ははまり役だという声が多いようです。

戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35! 15位-4位

15位:ブラザーフッド(2004年)

現在もなお朝鮮半島を二分する戦争の物語

人気おすすめ戦争映画ランキングの15位にランキングされた映画は、今回のランキングで初の韓国映画からのランキングです。現代の韓国での遺骨発掘作業中におこった一本の万年筆から物語は展開していく事となります。現在もなお朝鮮民族を二分しつづけている朝鮮戦争のなかで運命を翻弄される兄弟を描いた戦争映画です。

豪華キャスト陣に注目韓流四天王が出演

当初公開された時の英語のタイトルは「Taefuk-ki」であったようです。しかし韓国人以外には読みづらいといった理由で「Brotherhood」に変更されたという経緯があったようです。キャストが豪華で韓国では韓流四天王とされる俳優のチャンドンゴンとウォンビンが出演しています。韓国好きにはおすすめの韓国映画としては人気の戦争映画です。

14位:ブラックホール・ダウン(2001年)

アメリカのソマリア派兵を描いた作品

人気おすすめ映画ランキングの14位にランキングされた映画はノンフィクション小説を元に描かれたアメリカ特殊戦闘部隊の戦闘記録を映画化したものがランキングです。ソマリア内戦にアメリカが介入していく様子を描いた作品で、100名あまりのアメリカ特殊部隊を首都のモガディッシュへ送り込む様子を映画化したものです。

おすすめはこだわりの墜落シーン!?

映画化する際に原作を書いたマーク・ボウデンが脚本に参加したようです。映画的な誇張も見られるものの、最新技術をつかって切らるな戦場を描いた戦争映画として戦争映画好きにおすすめの作品です。ブラックホールが墜落するシーンは当初の最新技術を投入して作成された実物大の模型が使用されたが、重量感を出すために最新技術のCGで作りなおされたのだとか。手のかかかった墜落シーンはおすすめポイントです。

13位:ライフ・イズ・ビューティフル(1997年)

ナチスドイツによるホロコーストをテーマにした戦争映画

人気戦争映画ランキングの13位にランキングされた戦争映画はライフ・イズ・ビューティフルです。1939年のイタリアを部隊に戦争を描いています。第二次世界大戦でおこなわれたドイツ軍にによるホロコーストをイタリア人の親子の視点から描いた作品です。親子が強制収容所に送られるシーンは手に汗握るシーンと言えるでしょう。

重いテーマをコミカルに演じる

作品のタイトルになっているライフ・イズ・ビューティフルという言葉はロシアの革命家トロツキーがロシアの独裁者であるスターリンからの暗殺に怯えながらも残した「人生は美しい」という言葉からきているようです。ナチスドイツによるホロコーストという暗く重たいテーマの映画ですが、コメディ俳優のベニーニの悲壮感を感じないコミカルさを盛り込んだ演技にも注目です。

12位:シンドラーのリスト(1993年)

ドイツ軍によるホロコーストを描いた作品

おすすめ人気戦争映画ランキングの12位にランキングされたのは、ドイツのホロコーストについて描いた人気戦争映画がランキングです。

この映画は第二次世界大戦時にドイツ軍によって占領されたポーランドが舞台です。ドイツ人の実業家だったシンドラー。彼の工場で働くユダヤ人たちがホロコーストによって殺されていきます。金儲け以外には興味のなかったシンドラーの胸に去来した心境の変化が描かれています。

シンドラーの心の葛藤を描いたおすすめ作品

監督はジュラシックパークの監督で知られる巨匠スティーブン・スピルバーグです。10年近くも構想を練り続けこの映画に着手したようです。脚本家曰く、シンドラーという男は善と悪を持ち合わせた男で、それゆえに人間としての葛藤が起こるという設定にしたんだとか?戦争映画ですが、激しい戦闘シーンなどはなく、人間の葛藤を描いたおすすめのヒューマン映画といえるでしょう。

11位:ワイルド・ギース(1978年)

第二次世界大戦後の世界で闘う傭兵と心境の変化を描いた作品

人気おすすめ映画ランキングの第11位にランキングした映画は第二次世界大戦が終わった世界のアフリカで、金のためだけに傭兵たちを描いた戦争作品がランキングです。主人公である傭兵のフォークナー大佐の戦闘を通しての変化していく気持ちを迫力のある当時の最新技術で作られた戦闘シーンとともに描いていく傑作です。

人気の傭兵もの戦争映画

ワイルド・ギースは1978年に公開されたイギリスの映画です。第二次世界大戦を舞台にした作品は戦争映画の中でも数多く存在しますが、この映画の舞台は大戦後の世界を舞台にしているところが特徴です。原作者はダニエル・カーニーで、傭兵ものの戦争映画としては現在でも戦争映画マニアや軍事マニアの間で大変人気のある作品です。

10位:史上最大の作戦(1962年)

超豪華キャストで描かれたノルマンディー上陸作戦

おすすめ人気戦争映画ランキングはここからベスト10です。人気ランキングの10位にランキングされた人気映画はモノクロで描かれたアメリカ映画です。第二次世界大戦でのノルマンディー上陸作戦を描いたノンフィクション作品で、数多くのスターが人気俳優がキャストに名を連ねたことで有名な作品です。

それぞれが国の母国語で演技

この映画の面白いエピソードとして主演級の人気俳優があまりにも多く出演しているせいで、最後のクレジットがアルファベット順に変更されたのだそうです。登場人物はそれぞれの母国語で演技することで映画の臨場感を高める工夫がされています。ドイツ軍のロンメル元帥を演じたヴェルナーヒンツは別の西ドイツの映画でも同じくロンメル元帥役を演じているようです。ヨーロッパ戦線好きな方におすすめの人気映画です。

9位:私は貝になりたい(2008年)

戦後まもない日本でおこったBC級戦争犯罪人をさばく裁判

人気戦争映画ランキングの第9位にランキングされた人気戦争映画は第二次世界大戦後の日本で戦争犯罪人をさばくための裁判を描いた作品です。気の弱い平凡な理髪師の清水豊松が主人公で、豊松は冤罪によって戦争犯罪人としてGHQの裁判で処刑されることになります。処刑まえ遺言にかかれた言葉は「わたしは貝になりたい」でした。

人気アイドルの役作りにも注目

制作費11億円を投じて作成された邦画です。この映画に出演するにあたって主演の人気アイドル中居正広はかなりハードなダイエットをしたんだとか?清水豊松のたよりない感じが出ていると評価が高いようで、この作品で人気アイドルから人気俳優として成長したとの声もあるようです。戦争映画ではありますが、派手な戦闘シーンもなく、心に何かが残るようなヒューマン映画すきにおすすめの作品と言えるでしょう。

8位:戦場のピアニスト(2003年)

戦線が拡大するヨーロッパでのピアニストの生涯を描いた作品

人気戦争映画ランキングの第8位にランキングされた人気戦争映画はカンヌ映画祭で最高賞になるパルムドールを受賞した大人気作品がランキングです。舞台となっているのは1930年代のポーランド、ユダヤ人のピアニストであるウワディスワフ・シュピルマンが主人公です。ドイツ軍とドイツ軍に交戦するポーランド軍との戦争の間での人間ドラマです。

数々の賞を総なめにした人気戦争映画

ワルシャワを舞台とした作品でフランス、ドイツ、ポーランド、イギリスの合作映画です。映画の中にでてくる美しい建築物にも注目のおすすめポイントです。主演のエイドリアン・ブロディはこの作品で主演男優賞を受賞し人気俳優の仲間入りをしました。興行収入は日本円で34億円を記録し、アカデミー賞では7部門にノミネートされ数々の賞を受賞したおすすめ人気映画です。

7位:アメリカン・スナイパー(2015年)

イラク戦争での凄腕狙撃兵の人生を描いた戦争映画

人気ランキングの7位にランキングされた人気戦争映画は、2014年にアメリカで作成された洋画で、イラク戦争での迎撃兵を映画化した大人気映画です。

イラク戦争で迎撃兵をしていたカイルは戦争により視力を失った親友や戦争に疑問を持ちながら戦場で帰らぬ人となった友を目の当たりにPTSDとなり苦しむ事になります。除隊して帰国したカイルをまっていたのは退役軍人の社会復帰プログラムで動向した男からの思わぬ攻撃でした。

アメリカの保守層からは人気の高いおすすめ戦争映画

ランキングですでに紹介したプライベート・ライアンの興行収入を超えて、アメリカ戦争映画史上最高の興行収入を記録したこの映画。映画のキャッチコピーは「米軍史上最多、160人を狙撃した、ひとりの優しい父」だったようです。監督はあのクリント・イーストウッド。アメリカ保守層からの評価が高い作品で、「愛国的で非常に良い作品」と評価される一方で、リベラルからは批判的な味方もあるおすすめ作品のようです。

6位:ロンメル 第3帝国最後の英雄(2012年)

天才的な指揮官で軍人でもあったロンメル元帥の生涯

おすすめ戦争映画ランキングの第6位にランキングされたおすすめの人気戦争映画はナチスドイツの元帥でヒトラーの重要な部下だったロンメルにスポットをあてた戦争映画がランキングです。ロンメルは天才的な軍人であり、指揮官で、敵国からもドイツ帝国にロンメルありと恐れられた軍人です。ドイツ帝国の敗戦が濃厚になる中でロンメルの悲劇の晩年を描いたおすすめ作品です。

ナチスドイツ帝国にありながら人気の元帥

ナチスドイツというとユダヤ人の大量虐殺などで、世界的にあまり良いイメージはありませんが、ロンメルは現在でも敬愛する人が多いようです。そんな人気の高いロンメル元帥にスポットを当てた作品です。2012年に公開されたこの作品はニキ・スティン監督によってつくられました。ロンメルという人物を知るための資料としても十分価値のあるおすすめ人気映画といえるでしょう。

5位:Uボート(1981年)

ナチス・ドイツ帝国の秘密兵器とその乗組員のドラマ

人気戦争映画ラキングの5位にランキングされた人気戦争映画は第二次世界大戦中のドイツ帝国で、ドイツ軍の兵器としてイギリスをはじめとする連合国から恐れられた兵器Uボートの作品がランキングです。今までも第二次世界大戦のUボートを描いた作品はありましたが、本作品はドイツ軍側の視点で描かれてる点といえるでしょう。Uボートの乗組員たちの生き残りを賭けた戦いの物語です。

2年の撮影でクルーは疲弊

1979年より二年の歳月をかけて制作された大作映画です。長期感におよぶ撮影で、出演者が疲弊し疲れた表情がUボート乗組員のリアリティにつながったという逸話があるほど、大変な撮影だったようです。映画の中にでてくる特撮シーンや特殊効果は模型をつかって撮影されたようです。この映画で作成されたUボートはのちに、アドベンチャー映画の「レイダース」でも使用されたんだとか。おすすめの戦争映画です。

4位:グローリー(1989年)

南北戦争時代を部隊に黒人部隊を描いた人気映画

おすすめ人気戦争映画ランキングの4位にランキングされた人気戦争映画はアメリカの南北戦争で実際に活躍したアメリカ合衆国初の黒人舞台を描いた人気戦争映画がランキングです。1862年、アンティータムの戦いを生き延びた若き陸軍大尉ロバート・グールド・ショーが主人公。黒人部隊が活躍し、リンカーン大統領に讃えられるまでを描いた感動人気作品です。

南北戦争を題材にした作品

この映画で黒人兵士を演じたデンゼル・ワシントンはアカデミー賞とゴールデングローブの助演男優賞を受賞し人気俳優の仲間入りをしています。日本人にはアメリカの南北戦争はあまり馴染みのない戦争ですが、当時のアメリカの人種差別などを知りたい歴史好きにもおすすめの人気作品といえるでしょう。

戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35! 3位-1位

3位:ジョニーは戦場へ行った(1971年)

第二次世界大戦が開戦する前に発表された反戦映画

いよいよランキングはベスト3ですが、人気おすすめ映画ランキングのベスト3にランキングされた人気の戦争映画はジョニーは戦場へいったがランキングです。この作品は第二次世界大戦がはじまった1939年に反戦の映画として発表された人気の戦争映画です。戦争で目も鼻も口も耳も両手も両足も失ったジョニーが主人公です。

すべてを失ったジョニーはそれでも自分は意識があるという事をアピールし生きていると伝えようとします。彼は「自分を殺してくれ」とモールス信号で伝えようとしました。

絶版と復刊を繰り返す問題作

第二次世界大戦が激化した1945年には一度絶版になった事もあるこの映画は、戦後になって復刊され、朝鮮戦争がおこると再び絶版に追いやられ、休戦後にまた復刊されるといった戦争のたびに絶版と復刊を繰り返してきた経緯がある人気おすすめ戦争映画です。面白い楽しいという映画ではありませんが、心に何かが残るという意味ではランキング中で随一の反戦おすすめ映画です。

2位:プライド・運命の瞬間(1998年)

日本人が知っておきたい日本の歴史がつまったおすすめの人気映画

人気おすすめ戦争映画ランキングの2位にランキングされた人気おすすめ戦争映画は戦後アメリカをはじめとした戦勝国によっておこなわれた日本を裁く裁判を描いた作品がランキングです。

極東国際軍事裁判での東條英機日本国元首相に焦点をあて、当時圧倒的に不利な状況で共実書を勾留所でかきあげ、天皇の免責と少しでも有利な条件を引き出すよう動く姿を描いています。まさに日本国軍人のプライを描いた作品は日本人が後の日本人ために残していく人気おすすめ戦争映画といえるでしょう。

事後法で裁かれた日本にも触れている

タブーとなっていたA級戦犯の東條英機元首相を描いた映画に、主演を演じた東条英機役の役者津川正彦が時代が変わったと発言しているようです。作品の中で日本が事後法で裁かれたことなどのそれまでのタブーにも触れられており、日本が後の日本人のために伝えていきたいおすすめ映画の一本といっていい人気映画といえるでしょう。近代史の勉強にも役立つおすすめ人気映画で、教育資料にもおすすめの人気戦争作品です。

1位:戦場のメリークリスマス(1983年)

太平洋戦争当時の日本の捕虜収容所でおこった人間ドラマを描いたおすすめ作品

人気戦争映画ランキング、ランキングの1位に輝いた作品は戦場のメリークリスマスです。戦場メリークリスマスが戦争映画は太平洋戦争当時のジャワ島が部隊になっています。

日本軍の捕虜収容所でおこる日本軍人と英国陸軍軍人との友情や、男同士の不思議な感情を描いた作品です。各国のキャストが非常に豪華で、今では考えられないような名前が名を連ねている点にも注目です。

豪華なキャスティングと豪華な制作費で作られたおすすめ人気映画

当初の配役は、ハラ軍曹役に緒形拳や勝新太郎がキャスティングされていたという逸話が残っているようです。スケジュールの都合や脚本の変更などで折り合いがつかず、たけしがキャスティングされたということのようです。デビット・ボウイはオファーを了承したあとに二年間体を空けてまっていたようです。制作費は16億円とも言われており、当時の日本の景気の良さを垣間見る事ができる映画ともいえるでしょう。

太平洋戦争や第二次世界大戦が舞台となった映画は?

ビルマの竪琴(1956年)

ランキング形式で作品を紹介してきましたが、ランキングされなかった太平洋戦争を題材にしたおすすめ人気映画を紹介していきます。

おすすめの作品はビルマの竪琴があげられます。この作品がおすすめの理由は、太平洋戦争で戦った日本がその後も東南アジアなどに残り戦ったという歴史が描かれている点でしょう。出家し現地で僧侶になった水島上等兵が竪琴を奏でる場面はこの作品の一番のみどころといってもいいおすすめの名場面といえるでしょう。

水島上等兵のモデルも存在する

この作品は架空の話ではありますが、モデルになった話があり、水島元上等兵のモデルはビルマで終戦を終え復員後僧侶になった、群馬県の中村一雄住職ではないかと言われているようです。上座部仏教の世界では音楽は禁止されているので、水島上等兵は音楽を捨ててまで、僧侶になりたいんだという設定に変更されたようです。

戦争映画おすすめ人気ランキングTOP35!洋画・邦画の名作多数!【最新版】まとめ

迎撃するスナイパー兵

ランキング形式でおすすめ作品を紹介

ランキング形式で人気のおすすめ戦争作品を紹介してきました。おすすめランキングの中には知ってる作品も数多くあったことでしょう。賞を総なめにしたような売れた作品を中心に紹介しました。

戦争の映画と一口にいっても戦闘シーンに重きをおいた作品から、ヒューマン・ドラマに重きをおいた作品や、戦争を風刺するようなコミカルな作品まで様々な戦争作品があるようです。人間の歴史の中で最も愚かな行為といってもいい戦争ですが、芸術作品の題材としては最高のものといえるかもしれません。

日本の平和の像

戦争映画を通して平和を考える

戦争映画のランキングで36作品を紹介してきましたが、その作品の中に戦争を賛美しているような作品はなく、皆おろかな行為である事に間違いはないとうたっています。

衝撃の戦闘シーンに興奮するだけでなく戦争映画を通してなぜ戦争になったのかをもう一度考え、平和な世の中をつくって次の時代を生きていく事が大切なのかもしれません。

他にも読みたい映画ランキングの記事はこちら

恋愛映画おすすめ名作ランキング55選!恋したくなる胸キュン映画!2018最新 | ランキングまとめメディア
韓国映画の恋愛ラブコメ人気おすすめランキングTOP25!2018最新版! | ランキングまとめメディア
アクション映画おすすめ邦画人気ランキングTOP55!気分爽快な名作多数! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ