輪行袋おすすめランキングTOP22!ロードバイクを手軽に持ち運べる必需品!

輪行袋はロードバイクを手軽に持ち運ぶことが出来、おしゃれなデザインで輪行が楽しくなる便利なアイテムです。輪行袋おすすめランキングではそんな輪行袋のおすすめ商品をランキングにしました。ランキングでは人気商品の詳細、購入者の感想、更に選び方、必須アイテム、移動機関の規定、補修の仕方などを紹介するので、これを見れば輪行袋のことが丸わかりです。特に初心者の方は輪行袋おすすめランキングを参考にしてみてください。

目次

  1. 輪行袋おすすめランキング!初心者でも簡単に持ち運べるのは?
  2. 輪行袋のおすすめランキング22位~11位
  3. 輪行袋のおすすめランキング10位~7位
  4. 輪行袋のおすすめランキング6位~4位
  5. 輪行袋のおすすめランキング3位~1位
  6. パーツを保護する他のアイテムについて
  7. 利用する交通機関の定めた規定を守る
  8. 破れやすい輪行袋の簡単補修!
  9. 輪行袋おすすめランキングTOP22のまとめ

輪行袋おすすめランキング!初心者でも簡単に持ち運べるのは?

ロードバイクを手軽に持ち運ぶ輪行袋のご紹介

青い輪行袋

ランキング形式で紹介

輪行袋はロードバイクを手軽に待ち運ぶ際にとても便利なアイテムです。輪行袋おすすめランキングではそんな輪行袋のおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。

 

ランキングの前にまずは輪行、タイプ、選び方について紹介します。

輪行とは

輪行袋と男性

公共交通機関を利用して運ぶ行為

輪行とはバスや電車など公共交通機関を利用してロードバイクなど自転車を分解や折りたたみ目的地まで運ぶことです。

 

公共交通機関を利用しない自走以外の移動は輪行と言いません。

輪行袋の3つのタイプについて

前輪だけ外して袋に入れるタイプ

前輪だけ外して袋に入れるタイプの輪行袋

前輪だけ外して袋に入れるタイプとは

輪行袋には3つのタイプがあります。1つ目は前輪だけ外して袋に入れるタイプです。

 

これは汚れやすい後輪の取り外しを省けて手が汚れにくいです。デメリットは小柄の女性には扱いづらいところです

横型タイプ

横型タイプの輪行袋

横型タイプとは

輪行袋のタイプ2つ目は横型タイプです。このタイプは自転車を横にして輪行袋に収納します。前輪だけ外すタイプと縦型タイプの中間と言えます。

 

横型タイプは縦型と比較して手間がかかりませんが、若干かさばります。また前輪だけ外すタイプよりもコンパクトです。

縦型タイプ

赤い輪行袋

縦型タイプとは

輪行袋のタイプ3つ目は縦型タイプです。このタイプは自転車を横にして輪行袋に収納します。

 

縦に収納することでコンパクトにすることが可能で、最小限のスペースで持ち運びをすることが出来ます。デメリットはエンド金具を付ける必要があるなど、手間がかかるところです。

輪行袋の選び方・ポイント

移動手段に合わせてサイズを選ぶ

自転車と輪行袋

選び方のポイント1つ目は移動手段

選び方のポイント1つ目は移動手段です。車で移動する場合はコンパクトさよりも組み立てが素早くできて手間がかからないタイプがおすすめです。

 

車で移動する場合は電車よりも他の乗客を気にしなくても済むからです。前輪だけ外すタイプが良いでしょう。

価格で選ぶ選び方

シルバーの輪行袋

選び方のポイント2つ目は価格

選び方のポイント2つ目は価格です。値段が高いほど質が高い場合が多いですが、安くても質が伴っている場合もあります。

 

初心者の場合、上手く扱えず破く可能性が高いので、慣れるまで価格が安いものがおすすめです。

デザインで選ぶ選び方

和柄の輪行袋

選び方のポイント3つ目はデザイン

選び方のポイント3つ目はデザインです。輪行袋のデザインがおしゃれなものを使えば輪行する時に気分が上がります。デザインにも注目してみてください。

重量・サイズで選ぶ選び方

折りたたんだ輪行袋

選び方4つ目は重量・サイズ

選び方のポイント4つ目は重量・サイズです。重量・サイズが小さいものならば自転車を入れていない時に小さくまとめて収納・持ち運びをするときに便利です。

 

しかし小さすぎると自転車を入れるときに大変なので、注意が必要です。

おすすめランキングで輪行袋のサイズや人気デザインもチェック!

色とりどりの輪行袋

初心者も必見

輪行袋おすすめランキングではおすすめの人気商品の価格、ブランド、サイズなどの詳細、購入者の感想などを紹介していきます。

 

初心者にも分かりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

輪行袋のおすすめランキング22位~11位

黒い輪行袋

22位以降をご紹介!

まずはランキングの22位から見ていきましょう。22位から11位にはおしゃれな商品がたくさん登場します。

22位:縦置き・輪行袋

和柄がおしゃれな商品

縦置き・輪行袋

カラータイプが3種類の輪行袋

・価格:5,940円

・ブランド:BIKOT

・サイズ:920×1180×280mm

・重量:370g

・輪行袋のタイプ:縦置きタイプ

・カラー:マゼンタ、アイスグリーン、ネイビー

・付属品:ホイール固定ベルト3本、ショルダーベルト1本

輪行袋おすすめランキング22位はBIKOTの縦置き・輪行袋です。この縦置きタイプの輪行袋の特徴はなんと言っても和柄のデザインで、他の輪行袋にはない特別なデザインになっています。またカラーが、マゼンタ、アイスグリーン、ネイビーの3種類あるので、ファッションに合わせやすいです。

21位:SLIP・BAG・XL

タイヤが出る心配がないところが魅力

SLIP・BAG・XL

ショルダーベルトが運びやすい一品

・価格:4,800円

・ブランド:DAHON

・サイズ:240×150×55mm

・重量:410g

・輪行袋のタイプ:???

・カラー:ブラック

・付属品:ショルダーベルト付き

輪行袋おすすめランキング21位はDAHON のSLIP・BAG・XLです。そこの部分が開いているため、折りたたんでいる自転車を収納することが出来ます。自転車全体を包んでファスナを閉じるタイプなので、タイヤが出る心配がないです。他にはショルダーベルト付きなので、持ち運ぶ時に使いやすくなっています。

20位:GX-Ca1のキャリングバッグ

カラータイプが豊富なところが特徴

GX-Ca1のキャリングバッグ

クッション付きの商品

・価格:11,000円

・ブランド:GX-Ca1

・サイズ:1350×820×210

・重量:2.4kg

・輪行袋のタイプ:???

・カラー:オレンジ、ピンク、グレーなど

・付属品:???

輪行袋おすすめランキング20位はGX-Ca1のキャリングバッグです。特徴はなんと言ってもカラータイプが豊富なところで、オレンジ、ピンク、グレーなど7種類あります。また厚さ10mmのクッションが付いていて、全体を優しく保護してくれるところも特徴です。他には内側にポケットが付いているので、工具やヘルメットなどを入れられます。

19位:輪行袋・縦タイプ

ロードバイクを楽しく輪行できるデザイン

GORIXの輪行袋・縦タイプ

固定ベルトで安定感がある輪行袋

・価格:2,100円

・ブランド:GORIX

・サイズ:95×100cm

・重量:430g

・輪行袋のタイプ:縦タイプ

・カラー:チェレステ、ピンク、ホワイト

・付属品:専用収納袋、ショルダーベルト、ホーイル固定用細めベルト×4

輪行袋おすすめランキング19位はGORIXの輪行袋・縦タイプです。ホイール固定ベルトが付いているため、中で暴れることがなく、持ち運ぶときに安定感があります。またデザインが可愛らしいところも特徴で、輪行が楽しくなること間違いなしです。そして輪行袋の中でも価格が安いので、コスパが高くなっています。

18位:B-Wオーキャリ

縦型でも縦型でもロードバイクを収納出来る一品

B-W オーキャリー

縦型に収納することも可能な商品

・価格:9,890円

・ブランド:B-Weaver

・サイズ:1180×870×180mm

・重量:505g

・輪行袋のタイプ:横型タイプ

・カラー:ブラック

・付属品:固定ストラップ、ショルダーストラップ×2

輪行袋おすすめランキング18位はB-Weaver のB-W オーキャリーで、これは小柄な女性向けの商品であるキャリーを男性や身長が高い人向けに作っています。横型タイプですが、別売りの縦型キットを使用すれば、縦型に収納することも可能で、電車に乗るときなどシチュエーションによって変えられるので、扱いやすくなっています。

17位:輪行袋SL-10

コンパクトなところが人気の商品

OSTRICHの輪行袋SL-100

最軽量の輪行袋

・価格:5,730円

・ブランド:OSTRICH

・サイズ:1100×950×250mm

・重量:200g

・輪行袋のタイプ:???

・カラー:ブラック

・付属品:ショルダーベルト、中締ベルト

輪行袋おすすめランキング17位はOSTRICHの輪行袋SL-100です。特徴ですが、OSTRICHの中で、最軽量の輪行袋になっていて扱いやすくなっています。またコンパクトでサドルバッグに入れることが出来るので、持ち運びやすいです。更に丈夫なので、長く使うことが出来ます。デザインと機能性が高いので、初心者にもおすすめの一品です。

16位:L-100グリーンカモフラ-ジュMIX

デザイン重視の人におすすめの一品

L-100グリーンカモフラ-ジュMIX

迷彩柄の輪行袋

・価格:5,725円

・ブランド:オーストリッチ

・サイズ:1100mm×950mm×250mm

・重量:235g

・輪行袋のタイプ:???

・カラー:グリーンカモフラ-

・付属品:1100mm×950mm×250mm

輪行袋おすすめランキング16位はオーストリッチのL-100グリーンカモフラ-ジュMIXです。特徴はなんと言ってもそのデザインで、迷彩柄がおしゃれなので、輪行が楽しくなります。またロードバイクだけでなく、マウンテンバイクにも使用可能です。デザインがおしゃれなので、デザイン重視の初心者におすすめの輪行袋です。

15位:超軽量縦型輪行袋

簡単に固定できるところが魅力

超軽量縦型輪行袋

収納しやすい輪行袋

・価格:6,620円

・ブランド:R250

・サイズ:1100×950×250mm

・重量:311g

・輪行袋のタイプ:縦型タイプ

・カラー:ブルー

・付属品:90mm対応リアエンド金具、フレームカバーなど

輪行袋おすすめランキング15位はR250の超軽量縦型輪行袋です。この輪行袋の特徴ですが、縦型タイプで、内側にサドル位置とエンド位置を示すイラストが描かれているため、収納しやすくなっています。またワンタッチバックルなので、簡単に固定することが出来ます。他にはリアエンド金具など付属品がたくさんついています。

14位:ツアーバッグSMART

耐久性が人気の輪行袋

ツアーバッグSMART

付属品が豊富な商品

・価格:4500円

・ブランド:MARUTO

・サイズ:1000×1300mm

・重量:321g

・輪行袋のタイプ:横置き

・カラー:ブラック

・付属品:ショルダーベルト、車輪固定フック×3など

輪行袋おすすめランキング14位はMARUTOのツアーバッグSMARTです。この輪行袋の特徴ですが、前後の車輪を外して横置きで収納するタイプで、ショルダーベルト、車輪固定フック×3など付属品がたくさん付いています。生地はしっかりしていて、耐久性が高いところも特徴です。そしてコンパクトに出来るので、持ち運びが楽です。

13位:輪行袋RB007-Y

肩パットでロードバイクを運びやすい一品

大人気商品である輪行袋RB007-Y

肩パット付きの商品

・価格:3580円

・ブランド:pochitt

・サイズ:1100×1400×60mm

・重量:470g

・輪行袋のタイプ:横置き

・カラー:ブラック

・付属品:肩パッド

輪行袋おすすめランキング13位はpochitt の大人気商品である輪行袋RB007-Yです。この輪行袋のタイプですが、前後のタイヤを取り外して横置きで収納するタイプです。付属品に肩パットが付いているため、肩に担ぐ時に便利です。他には価格がリーズナブルなので、コスパが高く、初心者におすすめの輪行袋です。

12位:800-BYBAG002

初心者におすすめの商品

サンワダイレクトの800-BYBAG002

撥水加工の輪行袋

・価格:4,580円

・ブランド:サンワダイレクト

・サイズ:1100×800mm

・重量:472g

・輪行袋のタイプ:横置きタイプ

・カラー:ブラック

・付属品:???

輪行袋おすすめランキング12位はサンワダイレクトの800-BYBAG002です。前後のタイヤを外して横置き収納するタイプですが、縦置きすることも可能で、使いやすくなっています。また軽量なので、初心者にも扱いやすいです。他には撥水加工なので、雨水などの侵入を防いでくれます。使いやすく初心者におすすめの一品です。

11位:輪行袋・超速FIVE

OSTRICHの人気商品

輪行袋・超速FIVE

ホイールカバー付きの商品

・価格:5,951円

・ブランド:OSTRICH

・サイズ:800×1380×220mm

・重量:600g

・輪行袋のタイプ:横置き

・カラー:ネイビーブルー

・付属品:ショルダーベルト、中締ベルト

輪行袋おすすめランキング11位はOSTRICHの輪行袋・超速FIVEです。この輪行袋は前輪を外して横置きで収納するタイプです。外したホイールを入れるホイールカバーが付いているので、ホイールが擦れる心配が少なくなっています。また付属品にショルダーベルト、中締ベルトが付いているため便利です。

輪行袋のおすすめランキング10位~7位

カラフルな輪行袋

10位以降をチェック

10位以降はどんなロードバイクを入れる輪行袋がランクインしているのでしょうか。10位以降には便利な商品がたくさんランクインしています。

10位:かんたん輪行袋

丈夫で安心してロードバイクを入れられる一品

premierのかんたん輪行袋

内側ホイールポケット付きの輪行袋

・価格:4,752円

・ブランド:premier

・サイズ:800×1050×200mm

・重量:700g

・輪行袋のタイプ:横置きタイプ

・カラー:ブラック

・付属品:???

輪行袋おすすめランキング10位はpremierのかんたん輪行袋です。この輪行袋の特徴ですが、まず前後のホイールを取り外してから収納するタイプで、内側にポケットが付いています。また丈夫な素材を使用しているため、破れる心配が少ないです。他にはデザインがシンプルなので、流行廃りに影響されず使いやすくなっています。

9位:輪行袋800-BYBAG001

タイヤで傷つけず収納しやすい輪行袋

輪行袋800-BYBAG001

タイヤを内側に入れるタイプの商品

・価格:5,980円

・ブランド:サンワダイレクト

・サイズ:1100×800mm

・重量:472g

・輪行袋のタイプ:横型タイプ

・カラー:ホイールポケット収納

・付属品:???

輪行袋おすすめランキング9位はサンワダイレクトの輪行袋800-BYBAG001です。この商品は前後のタイヤを外して収納するタイプで、タイヤを内側のポケットに入れられるので、収納しやすく、またタイヤとぶつかって他のパーツを傷つける心配を減らせます。他には肩掛け紐の肩パットが大きくなっているため、肩に掛けやすいです。

8位:前後輪行バッグ

カラフルなデザインが特徴

rinprojectの前後輪行バッグ

耐久性が高い輪行袋

・価格:6,480円

・ブランド:rinproject

・サイズ:1150×840×220mm

・重量:???

・輪行袋のタイプ:横置きタイプ

・カラー:ブラック+レッド+イエロー

・付属品:ショルダーベルト、収納袋など

輪行袋おすすめランキング8位はrinprojectの前後輪行バッグです。特徴は素材に210デニールのナイロンを使用しているところで、耐久性が高くなっています。デザインがカラフルで、おしゃれなので、輪行も楽しくなること間違いなしです。他にはショルダーベルト、収納袋など付属品が付いているため、使いやすくなっています。

7位:フレックスポッド輪行袋

簡単に収納出来るところが人気

フレックスポッド輪行袋

伸縮性のある生地を採用した輪行袋

・価格:4,492円

・ブランド:TIOGA

・サイズ:900×1300mm

・重量:270g

・輪行袋のタイプ:縦置きタイプ

・カラー:ブラック+グリーン、ブラック+ダークグレー、ブラック+レッド

・付属品:固定用ストラップ×3、収納ポーチなど

輪行袋おすすめランキング7位はTIOGAのフレックスポッド輪行袋です。前後の車輪を外してから、自転車に被せて、ジッパーを引き上げるだけで簡単に収納出来ます。また伸縮性のある生地を採用しているため、収納がしやすいです。他にはカラータイプがブラック+グリーンなど3種類あるため、お好みのカラーを選べます。

輪行袋のおすすめランキング6位~4位

黒い輪行袋

ランキング6位以降をチェック!

ランキング6位以降はどうなのでしょうか。それではランキング6位以降をチェックしてください。

6位:超軽量輪行袋PI-1

コンパクトで持ち運びに便利な商品

超軽量輪行袋PI-1

ボトルケージにも収まる輪行袋

・価格:4,980円

・ブランド:Pocket・in

・サイズ:1350×950mm

・重量:200g

・輪行袋のタイプ:横置きタイプ

・カラー:ブラック

・付属品:肩掛けベルト、固定用結束バンド×3

輪行袋おすすめランキング6位はPocket・inの超軽量輪行袋PI-1です。特徴ですが、なんと言っても軽量なところで、重量が200gと他の輪行袋よりも更に軽量になっています。またコンパクトなので、ボトルケージにすっぽりと収めることが可能です。この商品は軽量さコンパクトさが強みでそうしたところを求める人におすすめです。

5位:キャリーライト輪行袋

雨の日でもロードバイクを運べる人気商品

キャリーライト輪行袋

キャリータイプの輪行袋

・価格:7,424円

・ブランド:grunge

・サイズ:700×1000×200mm

・重量:420g

・輪行袋のタイプ:縦置きタイプ

・カラー:ライトブルー

・付属品:???

輪行袋おすすめランキング5位はgrungeのキャリーライト輪行袋です。この輪行袋の特徴ですが、キャリータイプなので、肩に担いで持ち運ぶことが出来ます。また通常のキャリーよりも上質な生地を採用しているため、強度が高くなっているところも特徴です。他には生地に撥水加工が施されているので、雨の日でも安心して使えます。

4位:クイックキャリー

初心者にもってこいの人気輪行袋

モンベルのクイックキャリー

ボトルサイズに収納可能な輪行袋

・価格:5,050円

・ブランド:モンベル

・サイズ:850×1700 mm

・重量:305g

・輪行袋のタイプ:???

・カラー:グラファイト

・付属品:???

輪行袋おすすめランキング4位はモンベルのクイックキャリーです。この輪行袋は前輪を外し、筒状のシートを被せるだけで、簡単に素早く収納することが出来ます。またボトルサイズに収納出来るので、持ち運びに便利です。この商品は収納も持ち運びも便利なので、輪行袋に収納する操作に慣れていない初心者におすすめの一品です。

輪行袋のおすすめランキング3位~1位

黒い輪行袋

3位以降に注目!

ロードバイクを収納する輪行袋ランキングの3位以降はどのような商品がランクインしているのでしょうか。気になる3位から1位には注目の商品が並んでいます!

3位:コクーンポーチタイプ

コスパの高さが魅力の一品

TIOGAのコクーンポーチタイプ

簡単に運べる輪行袋

・価格:3,801円

・ブランド:TIOGA

・サイズ:630×870mm

・重量:270g(ブラック)、280g(シルバー)

・輪行袋のタイプ:???

・カラー:ブラック、シルバー

・付属品:固定用ストラップ4本付、ショルダーストラップ付、収納ポーチ付

輪行袋おすすめランキング3位はTIOGAのコクーンポーチタイプです。前輪を外すだけで、簡単に運ぶことが出来ます。またジッパーを開いて輪行袋の後部をベルクロで止めれば後輪で転がすことが可能です。他には撥水加工が施されているため、雨の日でもある程度なら雨を抑えてくれます。そして価格が安いため、コスパが高いです。

コスパの高さが人気

コクーンポーチタイプ

商品に対する反応を調査

そんなTIOGAのコクーンポーチタイプに対する評価についてネットレビューを調べてみると以下のようなコメントが投稿されていました。

軽量コンパクトでかつコスパは最高です。

軽量かつコンパクトでコスパが高いところが評価されています。軽量でコンパクトなので、持ち運びをする時に便利です。そしてコスパが高いので、コスパ重視の人におすすめの輪行袋です。

2位:マルチユースキャリングバッグ

DOPPELGANGERの人気商品

マルチユースキャリングバッグ

防水性も高い輪行袋

・価格:3,564円

・ブランド:DOPPELGANGER

・サイズ:1850×1100×440mm

・重量:628g

・輪行袋のタイプ:4WAY

・カラー:ブラック

・付属品:タイベルト×3、ショルダーストラップ

輪行袋おすすめランキング2位は人気商品であるマルチユースキャリングバッグです。特徴ですが、4WAYタイプなので、様々なシチュエーションに対応することが出来ます。また自転車に直接ショルダーストラップを装着するので、破れる心配が少ないです。他には防水性が高いので、雨の日でもある程度ならば雨を防ぐことが出来ます。

おしゃれにロードバイクを運べるところが大人気

マルチユースキャリングバッグ

商品に対する評価を調査

そんな商品に対する反応を調査するとデザインを評価するコメントが投稿されていました。

カラーリングがよく。おしゃれです。

デザインが良いと楽しくなりますが、紹介しているコメントにもある通り、この商品はカラーリングがおしゃれなので、外に持っていく時にモチベーションが上がること間違いなしです。この商品はおしゃれなデザインのものを探している人におすすめの一品です。

1位:輪行袋L-100

収納しやすい人気商品

OSTRICHの輪行袋L-100

輪行袋の定番

・価格:4,469円

・ブランド:OSTRICH

・サイズ:1100mm×950mm×250mm

・重量:235g

・輪行袋のタイプ:縦置き

・カラー:ブラック、レッド、ロイヤルブルー、チェレステ

・付属品:ショルダーベルト、中締ベルト

輪行袋おすすめランキング1位はOSTRICHの人気商品である輪行袋L-100です。特徴は軽量で、小さく折りたためるところで、持ち運びと収納がしやすくなっています。また軽量ですが、生地がしっかりしていて丈夫なので、長く使用することが可能です。他にはカラータイプがレッドなど4種類あって、お好みのカラーを選べます。

コンパクトさが大好評

OSTRICHの輪行袋L-100

商品の評価を調査

OSTRICHの輪行袋L-100に対する評価についてネットレビューを調べてみるとコンパクトに出来るところを評価するコメントが投稿されていました。

自転車に乗って携行もコンパクトでよかったです。

移動先で荷物がかさばると大変ですが、この商品はコンパクトに畳んで、ボトルケージなどに収納することが出来るので、持ち運ぶ時に便利です。コンパクトに畳んで収納出来るところがこの商品の強みと言えます。

パーツを保護する他のアイテムについて

輪行に必要なアイテム

スプロケットカバー

接触して傷つくのを防ぐ

輪行の時に前後輪を外して持ち運ぶ場合はパーツ同士が接触して傷つくのを防ぐ必要があります。

 

フレームとタイヤが接触する部分には緩衝材を、スプロケットにはスプロケットカバーを、チェーンにはチェーンカバーを取り付けておきましょう。

エンド金具

初心者はエンド金具が必須

エンド金具も必要なアイテムです。特に初心者にはエンド金具のリア用が必要で、初心者はこれがないとロードバイクを立てることが難しく、パッキングしづらいです。

利用する交通機関の定めた規定を守る

走る電車

交通機関の規定を紹介

輪行は交通機関の規定を知る必要があります。ここからはそれぞれの交通機関の規定について紹介して行きます。

交通機関の規定

鉄道の場合

走る電車

鉄道の場合は?

鉄道では携帯することが可能な荷物で、縦・横・高さの合計が250cm(長さは2mまで)以内で、重量は30kg以内のものを2個まで持ち込むことが可能です。

サイクリングやスポーツ大会などに使用する場合は、分解して専用の袋に収納したもの、または折りたたみ式自転車は折りたたみ専用袋にいれたものです。

バスの場合

走るバス

バスの場合は?

バスの場合、輪行できないことがあるので、事前に利用するバスの会社に問い合わせてみましょう。

飛行機の場合

青い空と飛行機雲

飛行機の場合は?

飛行機の場合、積み下ろしに多くの人手が介在します。そのため万一の場合に備えて段ボールケースや専用ケースなどが必要になります。

 

またボンベのCO2ボンベの持ち込み制限など飛行機によって規定が違う場合があるので確認しましょう。

輪行の際に守るべきマナー

上から見た線路

マナーとは

電車の場合、混雑する平日の通勤・帰宅ラッシュ、祝日の夕方は避けたほうが良いです。また始発駅や空いてる路線、乗換駅を使います。

 

乗るときは先頭車両か後方車両がおすすめです。指定席が指定できる場合は予約しておきましょう。

破れやすい輪行袋の簡単補修!

ナイロン用の補修シートを使う

ナイロン用の補修シート

使い方は?

輪行袋が少し破れてしまった場合はナイロン用の補修シートを使用します。補修の仕方はこれをハサミで切って張り付けるだけです。簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

輪行袋おすすめランキングTOP22のまとめ

レッドの輪行袋

選び方のポイントを要チェック!

輪行袋は自転車を簡単に持ち運ぶことが出来るので、ロードバイクを持っている人の必須アイテムです。

 

ぜひ輪行袋おすすめランキングの選び方、詳細を参考にしてお気に入りの輪行袋をゲットしてください。

特にランキング1位のOSTRICHの輪行袋L-100はコンパクトにすることが出来て持ち運ぶ時に便利なので、要チェックです。そして必須アイテム、交通の規定、補修の仕方もぜひ参考にしてみてください。

その他の自転車ランキングはこちら

自転車の鍵おすすめ最強ランキング11選!ロードバイクやクロスバイクに最適! | ランキングまとめメディア
サイクルポートおすすめランキングTOP17!自転車置き場がおしゃれに変身! | ランキングまとめメディア
クロスバイクのカゴおすすめベスト21!ワンタッチで取り外し可能なものも! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ