バイクリアボックスおすすめランキングTOP15!排気量に合わせた容量の選び方

バイクリアボックスは荷物を持ち運ぶ時に便利なアイテムです。最近はイタリアやスペインのメーカーが原付もグレードアップしてくれるおしゃれなものや、かっこいいものを発表しているので使いやすくなっています。バイクリアボックスおすすめランキングではそんなリアボックスの人気商品をランキングにしました。ランキングではブランド、容量などの詳細、また選び方のポイントなどを紹介するので、ぜひバイクリアボックスおすすめランキングを参考にしてみてください。

目次

  1. バイクリアボックスおすすめランキング!
  2. バイクリアボックスのおすすめランキング15位~11位
  3. バイクリアボックスのおすすめランキング10位~7位
  4. バイクリアボックスのおすすめランキング6位~4位
  5. バイクリアボックスのおすすめランキング3位~1位
  6. 収納力をさらにアップ!バイク用バッグもおすすめ!
  7. バイクリアボックスおすすめランキングTOP15のまとめ

バイクリアボックスおすすめランキング!

かっこいいリアボックスをご紹介!原付に合うサイズも!

ヘルメットが入ったリアボックス

おすすめ商品を紹介

リアボックスはバイクに付けることが出来る収納ボックスで、ヘルメットやグローブなどを収納出来て、ツーリングの時に便利なアイテムです。

バイクリアボックスおすすめランキングではそんなリアボックスのおすすめ商品を紹介していきます。サイズなども紹介して人気商品のことがよく分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

バイクリアボックスについて

リアボックスが人気の理由

バイクに付いたリアボックス

原付もグレードアップ

リアボックスが人気の要因はやはり荷物を運べるからです。必要な荷物を入れて持ち運べます。

 

またデザインが不評でしたが、最近はおしゃれなものが出てきていて、原付でも格好良くしてくれるので、人気になっています。

バイクリアボックスの選び方・ポイント

排気量や使用シーンを考慮して容量で選ぶ

色とりどりリアボックス

選び方1つ目は排気量・使用シーン

選び方のポイント1つ目は排気量・使用シーンです。通勤・通学によく使われる原付の場合、27Lぐらいが推奨です。

 

1泊のツーリングなどに使う250ccの場合は33Lがおすすめです。2泊以上のツーリングに使われる600ccの場合は55Lぐらいがいいでしょう。

重量で選ぶ選び方

黒リアボックス

選び方のポイント2つ目は重量

選び方のポイント2つ目は重量です。重量が重すぎると運転するときにコントロールしづらくなります。

 

また取り外すときにも一苦労です。特に初心者は軽めのものを選びましょう。

ベース付きのものを選ぶ選び方

黒いリアボックス

選び方のポイント3つ目はベース

選び方のポイント3つ目はベース付きか否かです。バイクリアボックスはリアキャリアにベースを取り付けると安定します。

 

そのベースが付いていなくても別売りで変えますが、付属している方が楽ちんなので、ベース付きか否かについても注目です。

価格で選ぶ選び方

黒いリアボックス

選び方のポイント4つ目は価格

選び方のポイント4つ目は価格です。価格が高いものの方がやはりしっかりしていることが多く、長距離移動する場合は高いものを選んだ方が良いです。

 

しかし買い物に使う程度ならば安いものでもしっかりと固定すれば問題なく使えるので、軽く使いたいならば安いものをおすすめします。

デザインで選ぶ選び方

おしゃれなリアボックス

選び方のポイント5つ目はデザイン

選び方のポイント5つ目はデザインです。これまでのリアボックスは荷物を積んで運べるところは好評でしたが、デザインは野暮ったい、付けるとバイクがダサくなると不要でした。

しかし最近はイタリアやスペインなど外国のメーカーからおしゃれな商品がたくさん出ています。デザインが良いと街乗りも楽しくなるので、デザインにも注目です。

耐荷重量で選ぶ選び方

バイクとリアボックス

選び方のポイント6つ目は耐荷重量

選び方のポイント6つ目は耐荷重量で選ぶ選び方です。耐荷重量はリアボックスが積める荷物の重さの上限です。

 

上限を超えれば当然ながら問題が発生するので、運びたい荷物の重量と耐荷重量をチェックしてください。

バイクリアボックスのおすすめランキング15位~11位

黒いリアボックス

15位からチェック!

まずはバイクリアボックスのおすすめランキングの15位から見ていきましょう。ランキングにはどんなおしゃれなものや大容量のものがランクインしているのでしょうか。

 

それではバイクリアボックスのおすすめランキング15位からチェックしていきましょう。

15位:リアボックスK39N

イタリアメーカーの人気リアボックス

リアボックス K39N

フルフェイスも収納可能

・価格:6,980円

・ブランド:KAPPA

・サイズ:44×52×30cm

・容量:39L

・重量:3.3kg

・耐荷重量:3kg

・ベース:汎用ベースプレート付属

バイクリアボックスおすすめランキング15位はイタリアの人気ブランドであるKAPPAのリアボックス K39Nです。純正キャリアや市販キャリアに汎用ベースプレートを固定することで、本体を簡単に原付に付けられます。容量は39Lですが、フルフェイスと共に、ウェアやグローブも一緒に収納することが可能です。

14位:SH48トップケース

スタイリッシュなデザインが魅力

SHAD のSH48トップケース

格納式ハンドル付きの商品

・価格:20,000円

・ブランド:SHAD

・サイズ:31.1×61×46cm

・容量:48L

・重量:5.9kg

・耐荷重量:8kg

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング14位はスペインのブランドであるSHAD のSH48トップケースです。特徴ですが、スタイリッシュなデザインになっています。容量が48Lで、耐荷重量が8kgなので、余裕を持って荷物を積むことが出来ます。格納式ハンドルが付いているので、持ち運びするときに便利です。

13位:テールボックスPS-600

街乗りが楽しくなるかっこいいリアボックス

人気商品であるテールボックスPS-600

スターアローの人気商品

・価格:3,480円

・ブランド:スターアロー

・サイズ:???

・容量:28L

・重量:3.1kg

・耐荷重量:???

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング13位はスターアローの人気商品であるテールボックスPS-600です。容量は28Lですが、フルフェイスヘルメットを収納することが出来ます。また原付に付ける際の取り付け金具が一式付いているところも特徴です。デザインがシルバーでかっこいいところも特徴で、街乗りが楽しくなります。

12位:トップケースBOX706

かっこいいデザインでグレードアップ

トップケースBOX706

高級感のあるバイクリアボックス

・価格:2,780円

・ブランド:ノーブランド品

・サイズ:34×34×27cm

・容量:???

・重量:???

・耐荷重量:???

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング12位はトップケースBOX706です。この商品の特徴はまずデザインで、高級感があるので、原付をグレードアップしてくれます。デザイン性だけでなく、機能性も高く、しっかりと荷物を積み込むことが可能です。また本体には鍵が付いているため、防犯面も安心して使うことが出来ます。

11位:リアボックスV36ウィザード

好みのカラーを選べるリアボックス

リアボックスV36ウィザード

カラータイプが豊富でかっこいい一品

・価格:16,267円

・ブランド:クーケース

・サイズ:45×42×32cm

・容量:36L

・重量:4.0kg

・耐荷重量:???

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング11位はクーケースのリアボックスV36ウィザードです。この商品の最大の特徴はカラータイプが豊富なところで、メタリックレッド、メタリックシルバーなど7種類あります。またデザインがかっこいいところも特徴です。オプションのアタッチメントを使えば、ほとんどの市販のキャリアに装着可能です。

バイクリアボックスのおすすめランキング10位~7位

黒いリアボックス

10位以降をチェック!

バイクリアボックスおすすめランキング10位以降はどのようなリアボックスがランクインしているのでしょうか。10位から6位には気になる商品が登場しているので注目です。

10位:カスタム7リアボックス

原付にもぴったりのデザイン

明邦化学工業株式会社のカスタム7リアボックス

デザインがシンプルな商品

・価格:3,861円

・ブランド:明邦化学工業株式会社

・サイズ:42×31×28cm(外寸法)

・容量:???

・重量:2kg

・耐荷重量:???

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング10位は明邦化学工業株式会社のカスタム7リアボックスです。この商品の特徴ですが、まず耐衝撃性樹脂を採用しているため、耐久性が高くなっており、安心して使えます。またデザインがシンプルなので、原付バイクに合わせやすいところも特徴です。他にはデザインがシンプルなので、商品名の通りカスタムしやすくなっています。

簡単に取り付けられるところが魅力

カスタム7リアボックス

商品に対する反応を調査

そんな明邦化学工業株式会社のカスタム7リアボックスに対する評価についてネットレビューを調べてみると簡単に付けられるところを評価するコメントが投稿されていました。

リアキャリアに簡単に取り付けられました。

取り付けが難しいと骨が折れますが、この商品は取り付けが簡単なので、楽ちんです。取り付けが簡単なところも大きな魅力で、そうしたものを探している人におすすめです。

9位:トップボックス45L

フルフェイスを2固収納出来る一品

Hondaのトップボックス45L

ワンキーシステム搭載

・価格:49,680円

・ブランド:Honda

・サイズ:???

・容量:45L

・重量:???

・耐荷重量:4.0kg

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング9位はHondaのトップボックス45Lです。最大の特徴は45Lの容量で、形状によりますが、フルフェイスヘルメット2個も収納することが出来ます。また車両本体の鍵で、トップボックスを開け閉めすることが出来る「Hondaワン・キーシステム」を搭載していて便利なところも特徴です。デザインも洗練されていて、使いやすくなっています。

デザインも機能も人気

Hondaのトップボックス45L

商品の評価を調査

Hondaのトップボックス45Lに対する評価についてネットレビューを調べてみると以下のようなコメントが投稿されていました。

機能、デザインの全てが完璧!

紹介しているコメントをはじめネットレビューでは機能面もデザイン面も高く評価されています。機能面、デザイン面も間違いないようで、どちらも高い水準を求めるユーザーにおすすめの商品です。

8位:モノロックケースE340N

かっこいいデザインでコスパが良い商品

モノロックケースE340N

シックなデザインの商品

・価格:12,080円

・ブランド:GIVI

・サイズ:41.5×48.5×30.5cm 

・容量:34L

・重量:3.8kg

・耐荷重量:3kg

・ベース:汎用ベース付き

バイクリアボックスおすすめランキング8位はGIVI のモノロックケースE340Nです。純正リヤキャリアを装着したスクーターなどに、付属の汎用取付金具を使って取り付けます。デザインもこのメーカーらしくシックです。容量は34Lで、耐荷重量は3kgなので、ある程度余裕を持って入れることが出来ます。汎用ベース付きで、しっかりと固定できるので、走行中のがたつきの心配も少ないです。

がたつかないところが大人気

モノロックケースE340N

商品の評価を調査

そんなGIVI のモノロックケースE340Nに対する評価についてネットレビューを調べてみると以下のようなコメントが投稿されていました。

ベースとの固定もガタがなく簡単に取り付けられ走行中も全く安心です。

バイクリアボックスの中には走行中にがたつくものがあって、がたつくことで走行に集中できず、危険です。しかしこの商品はがたつきが抑えられるので、走行中も安心で、そこが強みと言えます。

7位:ainetバイクリアボックス

デザインがシンプルで合わせやすい一品

ainetバイクリアボックス

バックレスト標準装備

・価格:2,912円

・ブランド:ainet

・サイズ:43×42×33cm)

・容量:28L

・重量:???

・耐荷重量:???

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング7位はainetバイクリアボックスです。通常の製品はバックレストが別売りされていることが多いですが、この商品には標準装備されています。またデザインがシンプルで、カラータイプがシャスタホワイト、ピュアブラック、シャインシルバーの3種類なので、バイクに合わせやすいです。これだけデザインがおしゃれですが、価格が安くコスパが高くなっています。

ワンタッチ開閉が好評

ホワイトのainetバイクリアボックス

商品に対する評価を調査

そんなainetバイクリアボックスに対する評価についてネットレビューを調べてみるとワンタッチ開閉、サイズを評価するコメントが投稿されていました。

開閉もボタン一つでワンタッチ、大きさもちょうどいいサイズです。

ワンタッチで開閉することが出来るので便利です。またサイズも容量が少なめですが、ヘルメットを被ることが多いので丁度良いのではないでしょうか。ワンタッチ開閉、サイズがこの商品の魅力と言えます。

バイクリアボックスのおすすめランキング6位~4位

黒いリアボックス

6位以降を発表!

バイクリアボックスおすすめランキング6位以降を発表していきますが、6位以降にもおしゃれなものや大容量のものまでおすすめの商品が登場するので必見です。

6位:リアボックスV40NT

原付バイクを華やかにしてくれるデザイン

IVIのリアボックスV40NT

デザインがかっこいい商品

・価格:17,128円

・ブランド:GIVI

・サイズ:44×53×34cm

・容量:40L

・重量:3.3kg

・耐荷重量:10kg(3kg以下を推奨)

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング6位はイタリアの人気メーカーGIVIのリアボックスV40NTです。この商品の特徴ですが、まず他のGIVIが手がけるシリーズ同様にデザインがかっこいいので、スクーターなど原付バイクを華やかにしてくれます。また容量は40Lで、余裕をもって、ヘルメットを収納することが可能です。他にはレンズの部分がレッドのものとホワイトのものが2種類あります。

耐久性の高さも人気の要因

リアボックスV40NT

商品に対する評価を調査

そんなGIVIのリアボックスV40NTに対する評価についてネットレビューを調べてみると耐久性を評価するコメントが投稿されていました。

耐衝撃性も高い模様。立ちゴケやらかして箱側面を強かに打ち付けましたが、擦り傷がついた程度で歪むこともなく、またベースから外れることもなかったです。

デザインがかっこいいと言っても耐久性が低いとすぐに壊れて台無しです。しかしこの商品は耐久性の高さが評価されていて、耐久性も問題ないようです。デザイン性だけでなく、耐久性の高さも強みと言えます。

5位:モノロックケースB37シリーズ

大容量の人気リアボックス

モノロックケースB37シリーズ

カラータイプが豊富な商品

・価格:21,060円

・ブランド:GIVI

・サイズ:43×49.7×32cm

・容量:37L

・重量:3.7kg

・耐荷重量:3kg

・ベース:汎用ベース付き

バイクリアボックスおすすめランキング5位はGIVIのモノロックケースB37シリーズです。特徴はなんと言ってもカラータイプが豊富なところで、ブラック、パールホワイト、シルバーなど6種類あって、お好みのカラーを選べます。またイタリアのメーカーらしくデザインがかっこいいので、バイクをより華やかにしてくれるところも特徴です。他には容量は37Lで、大体のヘルメット1個+αを入れることが出来ます。

見た目が大好評

モノロックケースB37シリーズ

商品に対する反応を調査

そんなモノロックケースB37シリーズに対する評価についてネットレビューを調べてみると以下のようなコメントが投稿されていました。

大容量!だけど見た目も悪くない!

大容量で、デザインがなかなかだと評価されています。大容量なものはデザイン性が低いものがありますが、この商品は前述した通り、イタリアのメーカーらしくかっこいいです。容量とデザイン性を重視する人におすすめの商品です。

4位:SH33トップケース

原付バイクも高級に見せる優れもの

SHADのSH33トップケース

エアロデザインのバイクリアボックス

・価格:6,480円

・ブランド:SHAD

・サイズ:310×430×420mm

・容量:33L

・重量:3.4kg

・耐荷重量:???

・ベース:???

バイクリアボックスおすすめランキング4位はSHADのSH33トップケースです。この商品の特徴ですが、まずデザインがエアロデザインでかっこいいので、原付バイクでも高級になります。また容量は33Lで、深さ・横幅があるところも特徴で、余裕をもってフルフェイス1個を収納することが可能です。更に開閉はプッシュボタン一つで簡単に開けることが可能で、更に鍵を使う必要がありません。

トランクの開閉がしやすいと好評

SHADのSH33トップケース

商品の評価を調査

そんなSHADのSH33トップケースに対する評価についてネットレビューを調べてみると鍵を使わず開閉出来るところが評価されています。

やはりトランクの開閉に鍵を使わなくて済むのは ものすごく便利

紹介しているコメントをはじめ鍵を使わず開閉出来るところを高く評価するコメントが多いです。鍵を使わず開閉出来るところは他のバイクリアボックスにはない便利な機能で、この商品の強みと言えます。

バイクリアボックスのおすすめランキング3位~1位

黒いリアボックス

3位以降をチェック!

いよいよバイクリアボックスおすすめランキング3位まで来ましたが、3位以降はどうなっているのでしょうか。それではバイクリアボックスおすすめランキング3位以降をチェックしていきましょう。

3位:ブラックトップケース907901

防犯対策ばっちりなリアボックス

ブラックトップケース907901

コスパが高い商品

・価格:2,980円

・ブランド:バイクパーツセンター

・サイズ:29cm×39cm×35cm(外寸法)

・容量:28L

・重量:???

・耐荷重量:???

・ベース:どんなリアキャリアにも対応可

バイクリアボックスおすすめランキング3位は人気のブラックトップケース907901です。この商品の特徴ですが、まず容量は28Lで、フルフェイス、防寒具、雨合羽を収容することが出来ます。またロックがしっかりしているため、防犯対策ばっちりなところも特徴です。他にはどんなリアキャリアにも対応していて使いやすくなっています。そして価格が安く、コスパが高くなっています。

ブラックトップケース907901

商品の評価を調査

そんなブラックトップケース907901に対する評価についてネットレビューを調べてみると以下のようなコメントが投稿されていました。

50代の女性ですが、
取り付け簡単でした。

バイクリアボックスの中には取り付けが大変なものがあって、馴れていないと骨が折れます。しかしこの商品は紹介しているコメントにもある通り、取り付けが簡単なので、初心者にもおすすめです。

ブラックトップケース907901

コスパの高さも人気

またネットレビューにはコスパの高さを評価するコメントが投稿されていました。

値段を考えると充分な品質だと思います。

前述した通り、バイクリアボックスの中では価格が安く、コスパが高いです。コスパが高いので、すぐに変えることが出来るのではないでしょうか。コスパ重視の人はぜひこの商品をチェックしてみてください。

2位:リアボックス907906

バイクパーツセンターのリアボックス907906

ワンプッシュで取り外せる商品

・価格:3,356円

・ブランド:バイクパーツセンター

・サイズ:41×31×42cm(外寸法)

・容量:32L

・重量:???

・耐荷重量:???

・ベース:専用カバー付き

バイクリアボックスおすすめランキング2位はバイクパーツセンターのリアボックス907906です。特徴はなんと言ってもワンプッシュで、土台から取り外せるところで、荷物を運びやすくなっています。また容量が32Lで、グローブや雨合羽を入れることが可能です。カラータイプはブラック+レッド、ブラック+ホワイトがあって、お好みのカラーを選べます。そして価格がリーズナブルで、コスパが高いです。

荷物が入ったリアボックス907906

商品に対する反応を調査

そんなリアボックス907906に対する評価についてネットレビューを調査してみると以下のようなコメントが投稿されていました。

購入してからそろそろ1年経ちますが、ガタなどは特にありません。

1年経ってもガタが来ないと商品の耐久性を高く評価されています。リーズナブルな価格ですが、耐久性はなかなか高いようで、意外としっかりしているところがこの商品の強みと言えそうです。

リアボックス907906

コスパの高さも高評価

またネットレビューにはコスパの高さを評価するコメントが投稿されていました。

3000円そこそこで買えるとは本当にびっくりと同時にありがたいことです。

前述した通り価格はリーズナブルですが、造りはなかなかしっかりしています。また仮に壊してしまってもすぐに取り替えることが出来て便利です。この商品はコスパ重視の人におすすめの一品です。

1位:43NTL-ADVリアボックス

原付をかっこいいバイクにしてくれる商品

43NTL-ADVリアボックス

大容量のバイクリアボックス

・価格:20,700円

・ブランド:GIVI

・サイズ::45.5×54.5×31.8cm

・容量:43L

・重量:5kg

・耐荷重量:3kg

・ベース:専用の汎用WIDEベースを付属

バイクリアボックスおすすめランキング1位はGIVIEの人気商品である43NTL-ADVリアボックスです。特徴ですが、容量が43Lなの、B5サイズのアタッシュケースなども収納出来ます。また防水性が高く、ある程度ならば雨の侵入を防いでくれるところも特徴です。他にはデザインがかっこいいところも特徴で、原付もグレードアップしてくれます。他にはキーロックシステムを採用しているところも特徴です。

デザインがおすすめポイント

43NTL-ADVリアボックス

商品の評価を調査

そんな43NTL-ADVリアボックスに対する評価についてネットレビューを調べてみるとデザインを評価するコメントが投稿されていました。

良くある丸い反射板付きのモノに比べて四角くシックなデザインで、
意外にハーレーに付けても浮いている感じはありません。

この商品はデザインがおしゃれなので、紹介しているコメントにある通り、ハーレーに取り付けても似合います。43NTL-ADVリアボックスはハーレーに付けるなどデザイン性を重視する人にもおすすめの一品です。

43NTL-ADVリアボックス

大容量なところも好評

またネットレビューには容量を評価するコメントも投稿されていました。

思いのほか大きかったため、ためしにキャンプ道具を搭載してみました。
チェア、テーブル、コット、タープ、ペグやハンマーなど設営小物一式を搭載してもまだ半分近く容量に余裕があります。

容量が43Lなので、色々な荷物をしまうことが出来ます。キャンプは荷物が多くなりがちですが、この商品は大容量なので、紹介しているコメントにもあるようにキャンプに行くときにも活躍してくれます。購入者からの評判も良く、売り上げランキングでも上位ということで、この商品がバイクリアボックスおすすめランキングの1位にランクインです。

収納力をさらにアップ!バイク用バッグもおすすめ!

黒いデイパック

運ぶときに便利

バイク用バッグを持っていると更に収納力がアップして荷物を運ぶときに便利なのでおすすめです。

 

バイク用バッグにはウエストバッグ、ヒップバッグ、バックパック、デイパックなどがあります。

ウエストバッグはスマホや鍵など小さめの荷物を入れるのに便利です。ヒップバッグは中間のサイズで、タオルやデジカメなどを入れる時に使えます。バックパック、デイパックは大型のサイズで、ノートパソコンや衣類が入るので、泊まる時に使えるバッグです。

バイクリアボックスおすすめランキングTOP15のまとめ

バイクに付いた43NTL-ADVリアボックス

選び方のポイントを要チェック!

バイクリアボックスは荷物を積むことが出来るので、ツーリングの時に便利なアイテムです。

 

ぜひバイクリアボックスおすすめランキングの選び方、詳細、購入者の声を参考にしてお気に入りの商品をゲットしてください。

特にランキング1位のGIVIEの43NTL-ADVリアボックスはデザイン性が高く、大容量で、使いやすいので要チェックです。そしてバイク用バッグも使えるのでチェックしてみてください。

その他のバイクランキングはこちら

オンロードバイク人気車種ランキングTOP17!日本・海外メーカー比較 | ランキングまとめメディア
バイク用エンジンオイルおすすめ15選!乗り方やシーンに合わせた粘度と選び方 | ランキングまとめメディア
ツーリングバイクおすすめ人気ランキングTOP17!選び方や種類を紹介【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ