ヘッドライトクリーナーおすすめランキング15選!黄ばみ解消!【口コミも調査】

ヘッドライトの黄ばみや曇りを綺麗にできるヘッドライトクリーナーは、洗車時に気軽に使用できるもの、本格的な業務用のものなど、様々な種類があります。そこで、この記事では、おすすめの人気ヘッドライトクリーナーをランキング形式でご紹介します。さらに、おすすめランキングとあわせて、ヘッドライトクリーナーの選び方のポイントや正しい使い方もまとめました。また、ランキングではそれぞれのアイテムの特徴や口コミ情報もご紹介しています。この記事を参考に、使いやすいヘッドライトクリーナーを見つけましょう。

目次

  1. ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!
  2. ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第15位~11位
  3. ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第10位~7位
  4. ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第6位~4位
  5. ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第3位~1位
  6. ヘッドライトクリーナーの正しい使い方
  7. ヘッドライトスチーマーってどうなの?クリーナーの方が…!?
  8. ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!まとめ

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!

業務用など綺麗にする人気のヘッドライトクリーナーのおすすめをご紹介!

車のヘッドライトを綺麗にできるヘッドライトクリーナーは、車のオーナーの必需品です。

車のヘッドライト

愛車のメンテナンスに必須のヘッドライトクリーナー

車は、長く乗っているうちに、徐々にヘッドライトに黄ばみや曇りが出て、古い印象を与えるようになります。

そんな愛車のメンテナンスにおすすめのアイテムが、ヘッドライトクリーナーです。この記事では、プロ向けの業務用や普段使いしやすいヘッドライトクリーナーなど、おすすめの人気ヘッドライトクリーナーをランキング形式でご紹介します。それぞれのヘッドライトクリーナーの価格などの特徴や口コミをまとめているので、愛車にぴったりのヘッドライトクリーナーを選ぶ参考にしてください。

黄ばみを取っている車のヘッドライト

お気に入りのヘッドライトクリーナーを見つけよう

さらに、人気ヘッドライトクリーナーのランキングとあわせて、ヘッドライトクリーナーの選び方のポイントや正しい使い方もご紹介します。

 

この記事を参考に、お気に入りのヘッドライトクリーナーを見つけましょう。

ヘッドライトクリーナーとはなんなの?その魅力は?

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ヘッドライトクリーナーはどんな時に使うアイテム?

ヘッドライトクリーナーのおすすめランキングを見ていく前に、まずはヘッドライトクリーナーとはなんなのか、その魅力についてご紹介します。

 

ヘッドライトクリーナーは、どのような時に使用するアイテムなのでしょうか。

車のヘッドライト専用のクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ヘッドライト専用のクリーナー

ヘッドライトクリーナーとは、その名前の通り、車のヘッドライト専用のクリーナーです。

 

車のボディなどと一緒に洗車しているだけでは、ヘッドライトの黄ばみや曇りはなかなか綺麗にできません。そんな場合に使用するアイテムがヘッドライトクリーナーです。

 

ヘッドライトクリーナーでヘッドライトをメンテナンスすることで、黄ばみ・曇りが綺麗になり、明るく透明感のあるヘッドライトになります。

ヘッドライトの光量がアップ

車のヘッドライト

ヘッドライトがより明るくなる

愛車のヘッドライトを綺麗な状態になると、黄ばみや曇りの影響で下がっていたヘッドライトの光量を復活させることができます。

ヘッドライトの光量が低い状態だと夜間に運転するリスクが高くなりますし、あまりにも光量が低い状態だと車検にも通りません。ヘッドライトの明るさが暗くなってきたと感じたら、ヘッドライトクリーナーでヘッドライトのメンテナンスをしてみましょう。

ヘッドライトの黄ばみの原因…洗車してるのに…

車のヘッドライト

洗車をしても起こる黄ばみの原因とは?

愛車のメンテナンスとして洗車を行なっていても、時間が経つにつれてヘッドライトは徐々に黄ばんでいきます。

なぜヘッドライトはこまめな洗車をしていても黄ばむのでしょうか。ここでは、ヘッドライトの黄ばみの原因をご紹介します。実は、洗車だけではヘッドライトの黄ばみは防げないようです。

紫外線や熱が黄ばみの原因

車のヘッドライト

紫外線で黄ばみが起こる

ヘッドライトに使用されている材質は、紫外線や熱で黄変劣化と呼ばれる黄ばみが起こります。ヘッドライトの黄ばみは、この現象によるものです。

購入直後はヘッドライトにコーティングがされているため黄ばみはありませんが、長く使用しているうちにコーティングが剥がれ、ヘッドライトの樹脂が黄ばみを起こします。陽の光による紫外線・熱だけでなく、ヘッドライト自体から発生している熱でも黄ばみが起こるため、車を長く使うのであれば、ヘッドライトの黄ばみは避けられません。

ヘッドライトクリーナーの選び方のポイント

棚に並んだヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーの選び方のポイントをチェック!

ヘッドライトクリーナーは様々な種類のものが販売されているため、何を購入すればいいのか悩むことも多いアイテムです。

 

そこで、ここではヘッドライトクリーナーの選び方のポイントをご紹介します。こちらの選び方のポイントを参考に、使いやすいヘッドライトクリーナーを見つけましょう。

ヘッドライトクリーナーの成分で選ぶ

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

有機溶剤は種類によってはヘッドライトに悪影響

ヘッドライトクリーナーの選び方のポイントの1つ目として、成分に注意しておきましょう。

 

プラスチック用のクリーナーなどは、黄ばみや汚れを除去する成分として有機溶剤が使用されていますが、実は、有機溶剤は種類によってはヘッドライトの樹脂を溶かしてしまいます。

 

そのため、磨いた直後は綺麗になっても、日が経つにつれて余計に曇りが発生したり、ヘッドライト内部にヒビが入ることがあります。

車用のヘッドライトクリーナーであれば基本的に問題はありませんが、購入前にクリーナーに配合されている成分をしっかりと確認し、心配な場合には有機溶剤が含まれているヘッドライトクリーナーは避けておきましょう。

コーティングができるものを選ぶ

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

選び方のポイント2つ目はコーティング

ヘッドライトクリーナーの選び方のポイント2つ目は、ヘッドライトを磨くだけでなく、コーティングができるヘッドライトクリーナーを選ぶことです。

ヘッドライトを磨いて綺麗にすれば、黄ばみや曇りは改善できます。しかし、磨いた上からコーティングを行うことで、ヘッドライトを保護して綺麗な状態を長持ちさせることが可能です。コーティングをしていない状態よりもその後のメンテナンスが楽になりますので、愛車を美しく維持したい人は、コーティングが可能なヘッドライトクリーナーを選びましょう。

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング…スタート!口コミもあるよ

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ヘッドライトクリーナーのおすすめランキングをチェック!

ここまではヘッドライトクリーナーの魅力やヘッドライトの黄ばみの原因、選び方のポイントについてご紹介しましたが、いよいよ次からはヘッドライトクリーナーのおすすめランキングをご紹介していきます。

業務用や手軽に使えるものなど、ヘッドライトクリーナーの特徴は様々です。それぞれのアイテムの特徴や口コミ情報を一気にチェックしていきましょう。それでは、おすすめランキングスタートです!

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第15位~11位

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング15位〜11位をチェック!

それではここからは、ヘッドライトクリーナーおすすめランキングの第15位から11位にランクインしたアイテムをご紹介します。

 

ランキングを参考に使いやすいヘッドライトクリーナーを見つけて、愛車のヘッドライトを綺麗にお手入れしましょう。

第15位:カーメイト「ヘッドライトレンズ・クリア復活剤」

レンズに撥水効果もプラスできる人気ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング15位!ヘッドライトの透明度を復活させるアイテム

価格:1,027円

成分:シリコン、研磨剤、石油系溶剤

容量:50mL

メーカー:カーメイト

製品内容:クリーナー×1本、ウェス×1枚

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第15位にランクインしたアイテムは、カーメイト「ヘッドライトレンズ・クリア復活剤」です。カーメイトは車用のアクセサリーなどを多く取り扱っているメーカーで、こちらのヘッドライトクリーナーも信頼性が高いアイテムです。施工することでヘッドライトの黄ばみなどを綺麗にするだけでなく、水を弾く撥水皮膜を作る効果があるおすすめの人気ヘッドライトクリーナーです。

第14位:axe「プラ磨きフルセット」

業務用の本格的なヘッドライトクリーナーセット

ヘッドライトクリーナーセットの中身

ランキング14位!業務用のアイテムが揃うセット

価格:16,200円

成分:???

容量:べースクリン液500cc、研磨剤Hard100cc、研磨剤Soft100ccなど

メーカー:axe

製品内容:ベースクリン液、研磨剤Hard、研磨剤Soft、プラスチック保護剤J、Jスーパー、♯1300プラ磨きペーパー10枚、♯2500プラ磨きペーパー10枚、ミニウールバフ2枚、ミニマジックパット、ジョイント、特殊パット、クリーニングスポンジ、塗り込み用フェルトスポンジ、ハーフピンクスポンジ、拭き取り用ファイバーウェス2枚、キャニオンガン、作業マニュアル

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第14位は、業務用カークリーニング用品を販売しているaxeの「プラ磨きフルセット」です。こちらのは業務用のヘッドライトクリーナーセットで、このセットでヘッドライトの黄ばみ・白濁の除去、磨き、コーティング作業まで行うことができます。業務用のアイテムでプロレベルの仕上がりにしたい人におすすめの人気ヘッドライトクリーナーです。

第13位:リンレイ「ProMiraXヘッドライトプラスチックカバー磨きコンパウンド」

多面体コンパウンド粒子の結合体がポイントの人気ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング13位!細かな粒子で透明感のあるヘッドライトに復元

価格:719円

成分:研磨剤、石油系溶剤(約20%)、界面活性剤(脂肪酸塩約2%)、シリコーン

容量:200mL

メーカー:リンレイ

製品内容:クリーナー、ネルクロス

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第13位は、リンレイ「ProMiraXヘッドライトプラスチックカバー磨きコンパウンド」です。こちらのヘッドライトクリーナーは2種類のサイズのコンパウンド粒子でヘッドライトの表面を綺麗にできることが特徴です。さらに、ヘッドライトを保護する効果もあるため、こちらのヘッドライトクリーナーを使用後は、ヘッドライトが汚れにくくなることも嬉しいポイントです。

第12位:CARALL「ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラス」

紫外線からヘッドライトを保護する人気アイテム

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング12位!クリア感を長持ちさせたい人におすすめ

価格:918円

成分:炭化水素系樹脂、ワックス、コンパウンド、石油系溶剤、オルガノポリシロキサン

容量:80g

メーカー:CARALL

製品内容:クリーナー、専用スポンジ

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第12位は、CARALL「ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラス」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、ヘッドライトの黄ばみを消すだけでなく、保護コート機能があることが特徴です。硬質クリアポリマーのコーティングにより、汚れや紫外線からヘッドライトを保護します。黄ばみの原因の1つである紫外線から保護できることで人気のヘッドライトクリーナーです。

第11位:springwood「ヘッドライトクリーナー90g入り研磨剤不使用」

プロ用の人気ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング11位!プロ向けの業務用アイテム

価格:1,261円

成分:石油系炭化水素、エチレングリコール

容量:90g

メーカー:springwood

製品内容:クリーナー

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第11位は、springwood「ヘッドライトクリーナー90g入り研磨剤不使用」です。メーカーのspringwoodは、業務用のアイテムを小分けにして販売しています。こちらのアイテムも、店舗で実際に使用されているプロ向けの業務用ヘッドライトクリーナーとして人気があります。本格的なヘッドライトのメンテナンスがしたい人におすすめです。

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第10位~7位

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング10位〜7位を口コミ情報と一緒に紹介

それでは、ここからは人気のヘッドライトクリーナーのおすすめランキング第10位から7位にランクインしたアイテムをご紹介します。

 

愛車を長年使用していると、ヘッドライトに黄ばみや曇りが起こることは避けられません。

 

この記事でご紹介する人気ヘッドライトクリーナーを参考に、愛車にぴったりのアイテムを選びましょう。

第10位:CARALL「ヘッドライトクリーナーパッド」

洗車時などに手軽にヘッドライトを綺麗にしたい人におすすめ

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング10位!手軽な使い切りタイプのヘッドライトクリーナー

価格:577円

成分:???

容量:2個

メーカー:CARALL

製品内容:クリーナーパッド×2

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第10位にランクインしたアイテムは、CARALL「ヘッドライトクリーナーパッド」です。こちらはクリーナーパッドで磨くだけと、洗車時などに手軽にヘッドライトのメンテナンスができることが魅力の人気ヘッドライトクリーナーです。超微粒子研磨剤が配合されているので、黄ばみなどの汚れをしっかり落とせます。

手軽に使えることが人気ポイント

車に乗せられたヘッドライトクリーナー

使い方は水で濡らすだけ

CARALL「ヘッドライトクリーナーパッド」の使い方は、クリーナーパッドを水に濡らして磨いた後、固く絞ったクロスで吹き上げるだけと簡単です。

すぐにくすむと思えば、手軽に使えるのが一番ですね。
気軽でOKです。

口コミでも、2ステップでヘッドライトを綺麗にできる手軽さが人気のポイントとなっているようです。ただし、気軽に使用できる分、黄ばみを落とす力は弱いとの口コミもありました。長年経過している黄ばみや曇りの場合には本格的なヘッドライトクリーナーを使用し、定期的なメンテナンスとしてこちらの「ヘッドライトクリーナーパッド」を使用するのがおすすめです。

第9位:MAT WORLD「ビッグ・ヘッドライトクリーナー研磨剤非配合タイプ」

業務用のヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング9位は中古車屋で使用されている業務用アイテム

価格:1,700円

成分:石油系炭化水素、エチレングリコール

容量:100ml

メーカー:MAT WORLD

製品内容:クリーナー

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第9位は、MAT WORLD「ビッグ・ヘッドライトクリーナー研磨剤非配合タイプ」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、中古車屋で使用されている業務用のアイテムで、施工することでヘッドライトの黄ばみを除去することができます。100mlで約5回施工できますが、大容量の500mlタイプも販売されているので、大量に使用したい人にもおすすめの人気クリーナーです。

研磨剤非配合タイプで簡単に施工可能

手に持ったヘッドライトクリーナー

あまり力が必要ないので女性にもおすすめ

MAT WORLD「ビッグ・ヘッドライトクリーナー研磨剤非配合タイプ」は、口コミでも綺麗に黄ばみが落とせると人気です。

 

研磨剤が入っていないタイプなので、あまり力をかけずに黄ばみが除去できます。そのため、女性にもおすすめのヘッドライトクリーナーです。

チョット黄ばみが気になる程度でしたら綺麗に落とせました。
すっかり黄ばんだライトでは3分の2位は落ちた気がしツヤが戻りました。
この位落ちれば大満足です

また、口コミではこちらのヘッドライトクリーナーを使用した後に、コーティング剤を使用する使い方も人気です。コーティングを行うことでヘッドライトを汚れや傷から保護できるので、長い間綺麗な状態を維持したい人におすすめです。

第8位:リンレイ「ReBirthヘッドライト磨きクリーナー」

ワックス配合で保護効果あり

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング8位!初心者にもおすすめのヘッドライトクリーナー

価格:551円

成分:石油系溶剤(約38%)、研磨剤、シリコーン、カルナバロウ

容量:80ml

メーカー:リンレイ

製品内容:ヘッドライト磨きクリーナー、専用タオル

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第8位のアイテムは、リンレイ「ReBirthヘッドライト磨きクリーナー」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、車用ワックスとして人気のカルバナワックスが配合されており、クリーナーを使用した後のヘッドライトを保護する効果があります。使用方法は、洗車後にクリーナーで磨き、乾いたクロスで拭き取るだけ。ヘッドライトクリーナーを初めて使う人にもおすすめです。

コスパの良さが口コミで人気

リンレイ「ReBirthヘッドライト磨きクリーナー」の口コミでは、ヘッドライトのくすみや黄ばみが綺麗になると好評です。配合されているカルバナワックスの効果により、磨いた後には光沢が感じられます。また、こちらのヘッドライトクリーナーはコスパが良いところも人気のポイントです。500円ほどでヘッドライトを綺麗にできるので、長年愛用している車のメンテナンスにおすすめのアイテムです。

第7位:プロスタッフ「魁磨き塾ヘッドライトガチコート」

長期間透明感が持続する人気ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング7位!コーティング剤がセットになっているアイテム

価格:1,270円

成分:下地クリーナー/陰イオン系界面活性剤、石油系溶剤、研磨剤、増粘剤・コート剤/ケイ素系化合物、アルコール

容量:下地クリーナー45ml、コート剤5ml

メーカー:プロスタッフ

製品内容:クロス×12、ヘルパー×1、マイクロファイバークロス×1、手袋×1、取扱説明書

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第7位にランクインしたアイテムは、プロスタッフ「魁磨き塾ヘッドライトガチコート」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、ヘッドライトの黄ばみを除去する下地クリーナーと、保護被膜を作るコート剤がセットになっています。ヘッドライトを磨くために必要な道具が揃っているので、ヘッドライトクリーナー初心者の人におすすめのアイテムです。

セットのコーティング剤が人気ポイント

手に持ったヘッドライトクリーナー

ガラス系コートでクリア感が長持ち

プロスタッフ「魁磨き塾ヘッドライトガチコート」の口コミでは、コーティング剤がセットになっていることが高評価のポイントとなっています。

コーティング剤はガラス系コーティングによる皮膜を作るため、磨いた後に施工することで、およそ1年間クリアなヘッドライトを維持できます。また、黒色の未塗装樹脂パーツにも使用することが可能なので、余ったクリーナーはそちらに使うこともおすすめです。

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第6位~4位

ヘッドライトクリーナーのボトル

6位〜4位のアイテムをチェック!

ここからはヘッドライトクリーナーおすすめランキングの6位から4位にランクインしたヘッドライトクリーナーをご紹介します。

 

ヘッドライトクリーナーには、洗車時にさっと使用できるものやマスキングテープでの保護が必要なものなど、色々なものがあります。

綺麗な透明感を復活させるためには、愛車のヘッドライトの状態に合ったヘッドライトクリーナーを選ぶことが重要です。ヘッドライトクリーナーの特徴をそれぞれ比較しながら、ぴったりのアイテムを見ていきましょう。

第6位:ヘッドライトキレイ.com「洗浄・下地処理・コーティングhkcom1」

アメリカで人気のヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング6位!簡単に使えるアイテム

価格:1,280円

成分:洗浄剤/酸化物除去剤、界面活性剤、下地剤・コーティング剤/有機溶剤、樹脂化合物、紫外線吸収剤

容量:洗浄シート×2パック、コーティングシート×1パック

メーカー:ヘッドライトキレイ.com

製品内容:洗浄シート×2、コーティングシート×1

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第6位にランクインしたアイテムは、ヘッドライトキレイ.comの「洗浄・下地処理・コーティングhkcom1」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、小分けにされたシートでヘッドライトのクリーニングを行うシートタイプのアイテムです。ペーパータオルを用意すれば、すぐに使用できるため、手軽にヘッドライトのメンテナンスをしたい人におすすめです。

簡単綺麗で手軽なヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

すぐに使えるのが魅力

ヘッドライトキレイ.com「洗浄・下地処理・コーティングhkcom1」は、使い方が簡単で、すぐに使用できる便利なヘッドライトクリーナーです。

 

洗車などでヘッドライトの汚れを落とした後に、洗浄シートで下地処理、ペーパータオルで乾拭き、コーティングシートでの仕上げを行います。

シートは全てパックに小分けされており、パックを開けるだけですぐに使用可能なので、手軽にヘッドライトのお手入れができます。口コミでも、簡単に黄ばみや汚れの除去ができると高評価のアイテムです。

第5位:シーシーアイ「スマートシャイン・ヘッドライトクリーナー&コート」

人気メーカーのヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング5位!UV吸収剤配合のヘッドライトクリーナー

価格:835円

成分:???

容量:70ml

メーカー:シーシーアイ

製品内容:クリーナー、マイクロファイバークロス

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第5位は、車用コーティング剤などで人気のメーカーであるシーシーアイから販売されている「スマートシャイン・ヘッドライトクリーナー&コート」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、UV吸収剤配合のポリマーにより、紫外線からヘッドライトを保護できることが特徴。黄ばみの原因となる紫外線から保護して、透明感を維持したい人におすすめのアイテムです。

クロスで磨くだけの簡単さが魅力

ヘッドライトクリーナーのボトル

マイクロファイバー付属ですぐに使える

シーシーアイ「スマートシャイン・ヘッドライトクリーナー&コート」は、2種類の特殊研磨剤が配合されており、ヘッドライトの黄ばみや曇りを綺麗に除去できます。

付属のクロスで磨くだけと施工方法が簡単なため、口コミでも磨き作業に慣れていない人から人気のアイテムです。使用する前にはヘッドライトの部分を洗車しておく必要がありますが、一度施工すればUVカット効果により透明感が持続するおすすめのアイテムです。

第4位:CarZoot「HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」

簡単施工のプロ仕様ヘッドライトクリーナーのセット

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング4位!業務用なのに簡単施工のアイテム

価格:5,980円

成分:???

容量:???

メーカー:CarZoot

製品内容:ヘッドライトクリーナー(専用研磨剤)、ヘッドライト専用コーティング、専用スポンジ、専門クロス2枚、施工マニュアル

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第4位は、CarZoot「HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、実際に店舗で使用されているプロ仕様のアイテムになっています。しかし、写真付きの施工マニュアルが付属しているため、業務用ながらも簡単に施工できる人気のヘッドライトクリーナーです。

簡単に施工できる工夫が嬉しいヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージの中身

色違いでの説明がわかりやすい

CarZoot「HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」の口コミをチェックすると、入手しやすい価格に加え、施工方法がわかりやすいことが人気のポイントとなっています。

 

クロスやスポンジなどの必要な道具もセットになっているため、こちらのアイテムだけでヘッドライトのメンテナンスが可能です。

年内に車を綺麗にしたいと主人に言われ色々と探していたところ、お手頃の価格のこちらを見つけ購入しました。
あまり知識が無いので付属の施工マニュアル通りにヘッドライトに使ってみました。
色違いのタオルが2枚付いていたので使い分けができて助かりました。
綺麗な仕上がりにとても満足しました。
主人も喜んでいます!

また、「HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション」は開発・製造がともに日本国内で行われてるところもポイント。高品質で安心して使用できる業務用ヘッドライトクリーナーを探している人におすすめです。

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!第3位~1位

ヘッドライトクリーナーのボトル

TOP3にランクインしたアイテムを一気にチェック

いよいよここからは、ヘッドライトクリーナーのおすすめランキングTOP3にランクインしたアイテムをご紹介していきます。

 

ここまで色々なタイプのヘッドライトクリーナーをご紹介しましたが、TOP3にはどのようなアイテムがランクインしているのでしょうか。

洗車をしても気になるヘッドライトの黄ばみ・曇りを綺麗にできるヘッドライトクリーナー。ランクインしたアイテムの特徴を比較しながら、お気に入りの1本を見つけましょう。

第3位:AQUADROP COATING FACTORY「AQUADROP HARD GLASS COAT、CLEANER BLUEスポンジセット」

ガラスコーティング剤がセットになったアイテム

ヘッドライトクリーナーのボトル

ランキング3位!AQUADROPのヘッドライトクリーナーセット

価格:2,160円

成分:コート剤成分/シロキサン・触媒、洗剤成分/非イオン系界面活性剤等

容量:コート剤内容量約30ml、洗浄剤内容量約60ml

メーカー:AQUADROP COATING FACTORY

製品内容:コート剤1本、施工マニュアル、洗浄剤1本

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第3位にランクインしたアイテムは、AQUADROP COATING FACTORY「AQUADROP HARD GLASS COAT、CLEANER BLUEスポンジセット」です。こちらのアイテムは、ヘッドライト・パーツ用のガラスコーティング剤が付属しています。ガラスコーティングの美しいツヤを楽しみたい人におすすめのヘッドライトクリーナーです。

ヘッドライトコートのボトル

施工難易度が高い点に注意

こちらのヘッドライトクリーナーは、洗車などでヘッドライト部分のゴミを落とした後、洗浄剤でヘッドライトの黄ばみを除去しますが、その際、洗浄剤が車のボディにつかないようにする必要があります。

また、コート剤の施工後には定着するまで触ることができないなど、一般的なヘッドライトクリーナーと比較すると施工の難易度が高めになっています。そのため、ヘッドライトクリーナーの使用に慣れている人におすすめです。

ガラスの美しさが人気ポイント

ヘッドライトクリーナーのボトル

洗浄剤は黄ばみ落としの効果抜群

「AQUADROP HARD GLASS COAT、CLEANER BLUEスポンジセット」は、ガラスコーティング剤によりヘッドライトが美しく仕上がるアイテムです。

黄ばみが良く落ちます。

出来れば、容量の多い商品も欲しいです。

また、口コミでは、洗浄剤の黄ばみを落とす効果が高く評価されています。しかし、施工方法が難しいとの声もありました。コーティング剤は薄く伸ばす必要があるため、慣れていない場合には難易度が高くなりがちです。仕上がりは非常に綺麗なので、コーティング作業やヘッドライトクリーナーに慣れている人にはおすすめの一品です。

第2位:ソフト99「LIGHT ONEヘッドライトリフレッシュ」

コスパ良しの人気ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのパッケージ

ランキング2位!6ヶ月の耐久性が嬉しいアイテム

価格:899円

成分:ベースクリーナー/研磨材・界面活性剤・石油系溶剤、ハードトップコート/ケイ素化合物、アルコール類

容量:ベースクリーナー50ml、ハードトップコート8ml

メーカー:ソフト99

製品内容:ベースクリーナー、ハードトップコート、専用クロス×2、専用スポンジ×2

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第2位は、ソフト99「LIGHT ONEヘッドライトリフレッシュ」です。こちらは、コスパの良い高品質なアイテムを取り扱っていることで人気の「ソフト99」から販売されているヘッドライトクリーナー。「LIGHT ONEヘッドライトリフレッシュ」も、コーティング剤付属で1000円以下とコスパに優れていることが嬉しいアイテムです。

ヘッドライトクリーナーのパッケージの中身

ベースクリーナーで黄ばみや曇りを除去

ソフト99「LIGHT ONEヘッドライトリフレッシュ」は、コスパの良さはもちろんのこと、本格的な2液使用であることもポイントです。

ベースクリーナーでヘッドライトの黄ばみ・曇りを除去し、ハードトップコートで保護することで、美しい光沢のあるクリアなヘッドライトを楽しめます。ただし、ベースクリーナーには研磨材が配合されているので、磨きすぎには注意しましょう。

施工前に下地処理をすることでさらに綺麗

ヘッドライトクリーナーのパッケージの中身

磨いて塗るだけの人気クリーナー

ソフト99「LIGHT ONEヘッドライトリフレッシュ」は、洗車でホコリやゴミを落とした後、ベースクリーナーで磨くことで黄ばみが除去できます。

 

磨いて塗るだけでコーティングまで簡単にできるところが口コミでも高評価です。

黄ばみ、コーティングの部分剥がれがあり、まず2000番の耐水ペーパーをかけ、ピカールでヤスリ傷をとりました。
さらに、LIGHT ONE のコンパウンドで磨いたところ、新品同様の輝きに…
クリアコーティングの耐久性は、施工1週間目なのでこれからの様子見です。

また、こちらの口コミのように、ベースクリーナーで磨きを行う前に、さらにした処理を行っておくことで、より美しいヘッドライトの透明感を感じられるようになります。黄ばみや曇りがひどい場合には、下処理をしてから「LIGHT ONEヘッドライトリフレッシュ」を使用するのがおすすめです。

第1位:キャリックス「ブライトフォーム」

ボディにも使える人気ヘッドライトクリーナー

ヘッドライトクリーナーのボトル

ランキング1位!泡で使いやすさ抜群のヘッドライトクリーナー

価格:2,700円

成分:フッ素樹脂、シリコンオイル、石油系溶剤、界面活性剤

容量:300ml

メーカー:キャリックス

製品内容:クリーナー

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング第1位は、キャリックス「ブライトフォーム」です。こちらのヘッドライトクリーナーは、樹脂製のヘッドライト、車のボディやホイールなど様々な箇所に使えることが特徴です。ボディなどを磨いて吹き上げておけば、色あせ防止の効果もあるため、1本用意しておけば便利に使用できるアイテムです。

ヘッドライトクリーナーのボトル

1本で3つの効果

また、キャリックス「ブライトフォーム」はヘッドライトの洗浄・ツヤ出し・コーティングの3つの効果があるアイテムです。

 

そのため、ヘッドライトの黄ばみ・曇りを落としつつ、ボディのコーティングも同時に行うなど、一気に車のメンテナンスをしたい人におすすめ。

 

ヘッドライト以外の部分にも使用できるため、洗車の後に気軽に使えるところも嬉しいポイントです。

手軽さと綺麗さが口コミで高評価

ヘッドライトクリーナーのボトル

泡タイプで直接かけられる

キャリックス「ブライトフォーム」は、泡タイプのヘッドライトクリーナーなので、ヘッドライトに直接かけてウエスで磨くだけで、簡単にヘッドライトの黄ばみを除去することが可能です。

もちろんヘッドライトも美しく仕上がるため、口コミでも簡単に綺麗になると人気があります。ヘッドライトクリーナーを初めて使う人にもおすすめのアイテムです。

ヘッドライトクリーナーの正しい使い方

ヘッドライトクリーナーのボトル

ヘッドライトの正しい使い方をご紹介

ヘッドライトクリーナーはきちんと使用すれば、ヘッドライトの透明度を上げ、美しく仕上げることができます。

しかし、間違った使い方をしてしまうと思ったよりも綺麗にならないことも。ここではヘッドライトクリーナーの正しい使い方をご紹介します。きちんと手順を踏んで、透明感を感じられるヘッドライトにしましょう。

まずは汚れを落とす

手洗いで洗車されている車

洗車をしてヘッドライトの汚れを落とす

ヘッドライトクリーナーを使用する前に、まずはヘッドライトに付着している汚れを綺麗に落としておきましょう。おすすめは、綺麗に洗車をしてからヘッドライトクリーナーを使用することです。

ホコリなどの汚れがついている状態でヘッドライトクリーナーを使用しても、綺麗に仕上げることができません。そのため、ヘッドライトクリーナーを使用する前に、しっかりとヘッドライト周辺を洗車しておきましょう。

ヘッドライトを磨く

車のヘッドライトを磨いたウエス

優しくヘッドライトを磨く

綺麗に汚れを落としたら、次はヘッドライトの表面を磨いていきましょう。ヘッドライトクリーナーに付属の説明書を読み、優しく磨いていきます。

ヘッドライトクリーナーにはコンパウンドなどのヘッドライトの表面を磨く成分が入っており、力を入れすぎるとヘッドライトに傷が入ります。そのため、傷が入らないように、優しく上下に磨いていくことがポイントです。長年の黄ばみ・曇りは完全には取りきれない場合もありますが、そんな場合は無理に自分で磨こうとせず、プロへ依頼するのがおすすめです。綺麗な柔らかい布で拭き上げたら、磨き作業は完了です。

コーティングを行う

ヘッドライトを磨いている男性

仕上げのコーティングを行う

最後に、磨いたヘッドライトを綺麗に保つため、コーティングを行います。コーティング剤がセットになっているヘッドライトクリーナーであれば、付属のコーティング剤を使用しましょう。

付属していない場合にも、ヘッドライト用のコーティング剤を用意して施工しておくのがおすすめです。コーティングを行うことで透明感がアップし、ヘッドライトが綺麗な状態が長持ちするようになります。

ヘッドライトスチーマーってどうなの?クリーナーの方が…!?

車のヘッドライト

ヘッドライトが綺麗になるとヘッドライトスチーマーが話題!

最近では、ヘッドライトクリーナーの代わりに使用できるヘッドライトスチーマーが話題になっています。

ヘッドライトクリーナーを使用して磨くよりも手軽で、美しく仕上がるとのことで注目を集めているヘッドライトスチーマーとはどのようなものなのでしょうか。ここではヘッドライトスチーマーについてご紹介します。

ヘッドライトスチーマーとは

ヘッドライトスチーマーのセット

ヘッドライトスチーマーが注目されている

ヘッドライトスチーマーとは、専用の薬剤をスチームにして、ヘッドライトを綺麗にする方法です。

 

コンパウンドのように研磨するのではなく、薬剤でヘッドライトの表面を溶かして、小傷や黄ばみ・曇りなどを綺麗にします。

サンドペーパーなどで磨いた後に使用することで、小傷をさっと消して美しい状態に施工できるとのことで注目を集めています。ヘッドライトクリーナーの代わりに施工をする人も増えています。

耐久性に不安がある

ヘッドライトスチーマーを施工されている車

ヘッドライトにクラックが入る場合もあり

ヘッドライトスチーマーは施工直後は美しく仕上がりますが、その後のヘッドライトの耐久性に問題が起きやすいという話があります。

 

ヘッドライトスチーマーは表面を溶かすため、ヘッドライトの樹脂にクラックと呼ばれるヒビが入ることがあるようです。

クラックが入るとヘッドライトに曇りができますし、場合によっては樹脂が割れてしまうことも。ヘッドライトスチーマーは新しい技術であるため、現時点では色々と問題も起こりやすくなっているようです。

ヘッドライトクリーナーおすすめランキング!まとめ

黄ばみを取った車のヘッドライト

愛車を美しく保つためにヘッドライトクリーナーを使おう

以上、この記事ではヘッドライトクリーナーのおすすめランキングをご紹介いたしました。使い勝手の良いアイテムや本格的な業務用アイテムなど、ヘッドライトクリーナーは様々なものが販売されています。

黄ばみや曇りがあるヘッドライトは愛車の見た目に影響を与えますし、夜間の安全性のためにもメンテナンスが必要です。この記事のランキングや選び方のポイント、口コミ情報などを参考に、お気に入りのヘッドライトクリーナーを見つけて、愛車のヘッドライトを美しく手入れしましょう。

その他続けて読みたいカー用品のランキングはこちら!

車用シートカバー人気おすすめTOP20!選び方を詳しく解説【最新】 | ランキングまとめメディア
ホイールクリーナーおすすめランキングTOP15!種類ごとの効果や選び方は? | ランキングまとめメディア
車用コーティング剤のおすすめランキングTOP17!効果的な商品や口コミも紹介 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ