女性向けシークレットインソールおすすめ9選!身長アップ効果でスラリ美脚!

女性向けの身長をアップさせスタイルアップできると話題のシークレットインソールについて、シークレットインソールのおすすめの選び方のポイントやスニーカーのデザイン丈にあったインソールの選び方、人気のムートンブーツの丈にあったシークレットインソールの高さの選び方や自然に見せる見せ方のポイント、おすすめのシークレットインソールのランキングやランキング内では低反発素材やシリコン素材についてもご紹介しています。また、シークレットブーツとインソールの違い、自分にあった選び方のポイントなどもご紹介しています。

目次

  1. シークレットインソールおすすめランキング!身長アップ!【女性向け】
  2. 女性向けシークレットインソールのおすすめランキング9位~7位
  3. 女性向けシークレットインソールのおすすめランキング6位~4位
  4. 女性向けシークレットインソールのおすすめランキング3位:Fuloon/1ペア・インソール
  5. 女性向けシークレットインソールのおすすめランキング2位:Muiless/選べる高さ3サイズ・インソール
  6. 女性向けシークレットインソールのおすすめランキング1位:TOMOTOMI/2段・最大5cm・インソール(YG-10)
  7. シークレットインソールがバレない!使い方のコツ!
  8. シークレットブーツとシークレットインソールの違いは?
  9. シークレットインソールをハンドメイドする!
  10. 女性向けシークレットインソールおすすめランキングのまとめ

シークレットインソールおすすめランキング!身長アップ!【女性向け】

3段階調節機能のついたインソール

こっそり足長効果が人気

シークレットインソールを敷くと歩きやすくなったり、こっそり足長効果を狙うことができるのでおしゃれ女子に人気です。

意外と豊富なバリエーション!シークレットインソールのご紹介!

靴とヒールにシークレットインソール入れて履いた横から画像

スタイルアップや疲労軽減効果

シークレットインソールと一言だけ聞くと身長を盛るイメージが強いようですが、実はバリエーションも豊富で色々な利点があります。

最近はシークレットインソールが最初から入ったブーツも増えています。それは、季節的なトレンドではなく、シークレットインソールはこっそり身長をUPしスタイルアップや疲労軽減効果がある為です。ここからは人気のインソールについて、ムートンブーツやスニーカー別に選び方のポイントやおすすめの高さについてご紹介します。

女性向けシークレットインソールの選び方・ポイント【ムートンブーツ】

ムートンブーツに白のシークレットインソールを入れているところ

初心者にはムートンブーツ

ムートンブーツは冬に人気の定番となりつつあるアイテム、しかしそのまま履くと足が短く見えてしまいます。

しかし、おしゃれ上級者はシークレットインソールを入れ身長を高見せし、スタイルアップや足長効果を演出しているようです。また、足が靴の中で遊ばなくなる為歩きやすくなるので、シークレットインソール初心者の方にもムートンブーツにシークレットインソールを入れるのがおすすめです。

ムートンブーツの丈に合わせたシークレットインソールの選び方

歩いている足

ショートなどミニ丈は3.5cm

ここでは、ムートンブーツの丈別におすすめのインソールの選び方をご紹介します。ショートブーツやミニ丈のは膝下が自然な3.5cmの高さがおすすめです。

次にロング丈のムートンブーツの場合は、5cmがおすすめです。ロングのムートンブーツの場合はふくらはぎが隠れるため全体的に重くなり足が短く見えがちですが、シークレットインソールを入れて位置調整し膝を少し出すことで身長がアップし、足をスッキリと細く長く見せます。

ブーツにシークレットインソールを入れている白いセーターの女性

ワンサイズ上の物を選ぶ

さらに上記でおすすめの高さよりシークレットインソールを高くしてスタイルアップしたい場合についてご紹介します。

ポイントは、ワンサイズ上やそれ以上のサイズのムートンブーツを選び、シークレットインソールを履いた時自分の甲にムートンブーツの甲が当たる、擦れるなどのことがないように足を入れた際にゆとりのあるものを選ぶのが、ヒール高めや厚めのシークレットインソールに合わせたムートンブーツの選び方のポイントです。

女性向けシークレットインソールの選び方・ポイント【スニーカー】

黒のスニーカーの片方にだけシークレットインソールを入れた場合の膝の位置

踝出しがポイント

スニーカーでシークレットインソールを入れる場合、足長効果を狙うのであれば踝を出すのがポイントです。

 

スニーカーから少し踝や足首も出して見せると、シークレットインソールを履いて自然でスッキリとした印象を与え足長美脚効果が狙えます。

 

また、この場合、ズボンなどのロールアップも効果的です。

コンバーススニーカーなどハイカットスニーカーにエアークッション付きのインソールを入れたところ

スニーカーのデザインに合わせた高さ

また、スニーカーでのシークレットインソールの選び方で踏まえておきたいのが、それぞれのデザインに合わせた高さを選ぶことです。

足首が隠れるハイカットでは3.5cmのインソールの高さがおすすめ、さらにミドルカットのスニーカーのタイプは3cm、足首が少し見えるローカットの場合は2cmのシークレットインソールとそれぞれのスニーカーのカットタイプ別にインソールの高さを変えるのが窮屈にならず自然に見えるインソールの選び方のポイントです。

スニーカーメーカー別!ベストなシークレットインソールの選び方

グレーのニューバランスとシークレットインソール

ニューバランスとVANSにはこれ

ここでは、人気のスニーカーのインソールの特徴にあったおすすめのシークレットインソール、スニーカーに合わせた選び方などご紹介します。

ニューバランスのML574などクラッシックタイプのスニーカーは、踝が見えるカットで元のソールの厚さは2cmなため厚みのあるソールが入れられない為2cmの高さがベストです。次に男性にも人気のVANSのスリッポン、定番のキャンバス生地のものは生地の伸びがいいので、甲に当たりにくくインソールの高さ3cmでもOKです。

黒のハイカットのコンバースにインソールを入れるよう促す矢印

人気のキャンバスは紐で調整

ハイカットのスニーカーで人気のキャンバス、こちらのスニーカーは元々のインソールがフラットなために3.5cmの高さのインソールがおすすめです。

ただし、3.5cmのインソールは高めなので、スニーカーにインソールを入れた際甲の高さ調整をする為に、インソールを入れる際は一度紐を緩めてインソールを入れ紐を結ぶのがベストです。また、先がとがったタイプのデザインのキャンバスは、足の指が窮屈になる恐れがあるので、ハーフインソールを選ぶのが選び方のポイントです。

シークレットインソールの人気商品や好評のシリコン素材もチェック!

シークレットインソールのシリコン素材をかかとにあてた足の横画像

選び方ポイント!素材や機能性

ここまで、シークレットインソールのムートンブーツやスニーカーなどそれぞれ高さに注目してきましたが、インソールは素材や機能も選ぶポイントです。

最近では身長UPの他にシークレットインソールの機能の高い独自に開発した低反発素材の素材、ハニカム構造や銀イオンを練りこみ消臭効果の高いもの、エアークッションやジェルパックを入れた物、医療系シリコン素材を使った物もあるので、自分の求める機能に合わせてインソールをチェックするのがおすすめです。

女性向けシークレットインソールのおすすめランキング9位~7位

2cm~4cmのシークレットインソールをスニーカーに入れたそれぞれの横から見た身長が伸びたスタイルアップ画像

ランキング9位~7位紹介スタート

ここまで、ムートンブーツやスニーカーにおすすめのシークレットインソールに最適な選び方などについてご紹介してきました。

ここからはシークレットインソールの人気商品や好評のシリコン素材や低反発剤を使ったインソールについてランキング9位~7位まで、それぞれ消臭効果や足に優しい素材などを特徴とともにご紹介します。

9位:Bright・and・Sophia/7段4.4cm/シークレットインソール・シリコン製

Bright・and・Sophia/7段4.4cm/シークレットインソール・シリコン製

シリコンで踵をサポート

価格:1,050円(税込)
ソール高さ:3.2cm~4,4cm
対応足サイズ:フリーサイズ
素材:シリコン

ランキング9位は全長10cmの踵のみを高くするハーフアップのインソールで、シリコン製です。ソールは1枚0.6mmで全てシリコンで、全部で7枚あり高さ調整可能です。さらにシリコンが歩行時の衝撃を吸収し、デザインされたシリコンの突起が踵を刺激し歩行をスムーズにします。カットも不要で、手軽なシリコンインソールです。

8位:HUHKA/3タイプ・シークレットインソール

HUHKAの高さ選べる3タイプのシークレット インソール

クッション性を高める!4層構造

価格:759円~1,359円(税込)
ソール高さ:2cm、3cm、4cm
対応足サイズ:22.5cm~27.0cm
素材:ポリエステル、低反発ウレタンスポンジ、ラテックス(合成ゴム)、EVA(合成樹脂)

ランキング8位のシークレットインソールは1層目ポリエステル繊維、2層目低反発ウレタンスポンジ、3層目ラテックス(合成ゴム)4層目EVA(合成樹脂)の4層構造になっており、低反発素材やシリコン素材より柔らかくクッション性に優れたインソールとなっています。また、空気穴により通気性も高いシークレットインソールです。

7位:トゥルー・ハート/3段6cm・シークレットインソール

トゥルー・ハートの3段6cmのシークレットインソール

ジョイント凹凸がずれ防止

価格:1,280(税込)
ソール高さ:3cm、4,5cm、6cm
対応足サイズ:22.5cm~27cm
素材:ー

ランキング7位のシークレットインソールは3枚セットで1枚目は3cm、2枚目で4,5cmUPし3枚目重ねで6cmもUPします。ソールにジョイント用の凹凸がついており、それぞれのインソールを重ねてもずれにくく安全です。また、一枚目のインソール部分には厚みのあるエアークッションが入っており履き心地もUPしています。

女性向けシークレットインソールのおすすめランキング6位~4位

ハイカットのコンバーススニーカー白と黒いシークレットインソール

ランキング6位~4位を紹介

ここからは、スニーカーやムートンブーツにも最適なランキング6位~4位のシークレットインソールについてご紹介します

医療用シリコン素材よりクッション性の高い、低反発の樹脂やウレタンなどを使用した高機能で足に優しく、こっそり身長アップもできる高さ調整可能なシークレットインソールなど、特に人気の高い商品が6位~4位にラインナップしています。

6位:Fluckey/高さ3.5cm・シークレットインソール

Fluckeyの高さ3.5cmのシークレットインソール

ハニカム構造でしっかりホールド

価格:1,080円(税込)
ソール高さ:3.5cm
対応足サイズ:22.5cm~38cm(S、M、L)
素材:綿

ランキング6位のこちらのインソールは3層構造で、1層目は綿布で通気性があり滑りにくく、2層目は綿、3層目は発泡倍率の高い素材で足全体を滑りにくいようサポートします。また、ヒールカップ効果で足が中で遊ばないようデザインされています。全体はハニカム構造で通気性がよく、除菌・防臭効果を高めています。

5位:ChouChou・selection/3段・最大7cmシークレットインソール

ChouChou selection/3段・最大7cmシークレットインソール

カラーバリエーションが豊富

価格:1,350円(税込)
ソール高さ:3cm、5cm、7cm
対応足サイズ:フリーサイズ
素材:ウレタン

ランキング5位のこちらのインソールはChouChou・selectionの3段・最大7cmシークレットインソールはカラーバリエーションが豊富で、インソールのカラーは全部で5色あります。ソールは3段階の調節が可能で、ウレタンとヒール部分のエアークッションによって歩行時の足裏の衝撃を吸収し、抗菌&防臭効果も高い設計です。

4位:adelphos/高さ4サイズ・シークレットインソール

adelphos/高さ4サイズ・シークレットインソール

3点のクッションが足裏サポート

価格:1,300(税込)
ソール高さ:1.5cm、2.5cm、3.5cm、4.5cm
対応足サイズ:22cm~28.5cm
素材:ー

ランキング4位のこちらのインソールは3層構造になっており1層目はビロード生地、2層目はシリコンより柔らかいスポンジ生地、3層目は厚手のPU(ポリウレタン製合成皮革)で足裏の衝撃を吸収します。また、指先、アーチ部分(土踏まず)、踵の3点にクッション素材が入っており、歩きやすくサポートし、疲労を軽減します。

女性向けシークレットインソールのおすすめランキング3位:Fuloon/1ペア・インソール

Fuloon/1ペア・インソール

メッシュ素材で消臭力UP!

価格:1,145(税込)
ソール高さ:9cm
対応足サイズ:21.5cm~28.5cm
素材:PVC(ポリ塩化ビニール製合成皮革)、PU(ポリウレタン製合成皮革)

ランキング3位のFuloonのシークレットインソールはインソール上部がメッシュ素材になっており、抗菌&防臭効果を高めています。またインソールにデザインされたジョイントの凹凸によって4枚のインソールを結合させることができます。

ランキング3位の衝撃吸収エアークッションと4段階の高さが人気のインソール

Fuloon/1ペア・インソールのジョイント部分

エアークッションが衝撃を吸収

エアークッションの入った4段階の高さ調節が可能な人気のこちらのシークレットインソールの口コミをご紹介します。

かかとのエアキャップがなかなか秀逸。女性の履くような普通のハイヒールだと、かかとで思い切り踏み込むような歩き方はできず、ハイヒールの歩き方になってしまうが、この商品はかかとにエアキャップが施されていて弾力がある。

ヒール時のようなつま先立ち感をシークレットインソールのPVCやPUで作られた柔らかい素材と内蔵された1層目のエアークッション部分が歩行時の衝撃を吸収しする為、通常の歩行と同じように安心して歩くことができるようです。

女性向けシークレットインソールのおすすめランキング2位:Muiless/選べる高さ3サイズ・インソール

Muiless/選べる高さ3サイズ・インソール

ガイドに沿ってサイズ調整が可能

価格:880円~1,580円(税込)
ソール高さ:2cm、3cm、4cm
対応足サイズ:22.5cm~27.0cm
素材:スポンジ、EVA素材(合成樹脂)

ランキング2位のMuilessのインソールはヒール別に厚みが違い3サイズあり、それぞれ価格が異なります。また、サイズは22.5cm~27.0cmで、インソールのガイドによってハサミで切ることで自分にあったサイズ調整が可能です。

ランキング2位の蒸れない機能と衝撃を吸収する低反発素材で人気のインソール

Muilessの選べる高さ3サイズ・インソールの3サイズ高さがわかるインソール画像

空気孔が通気性をUP

最初から厚みがあり弾力性のあるインソールが衝撃を吸収し、インストールがずれないと人気のこちらのインソールの口コミをご紹介します。

長時間履いていても蒸れないし、
低反発素材でかかとへの衝撃も抑えられて足の疲れが
軽減されたような気がします。
品質も良く変形したり潰れたりすることはないです。

インソール裏側に空いた空気孔で通気性をUPさせ足が蒸れず、衝撃を吸収するシリコンより少し硬めの低反発のEVA素材(合成樹脂)により足に優しいシークレットインソールとなっているようです。

女性向けシークレットインソールのおすすめランキング1位:TOMOTOMI/2段・最大5cm・インソール(YG-10)

TOMOTOMIのインソール2段を重ねて最大値の5cmにしたところ

甲高の靴でのみ使用可能

価格:1,080(税込)
ソール高さ:3.5cm~5cm
対応足サイズ:22.5cm~28.5cm(小、大)
素材:メッシュ生地、ウレタン素材

ランキング1位のTOMOTOMIのソールは2枚で1枚目が3.5cm、2枚目をジョイントすると5cmになります。全体的にアーチ部分など傾斜がゆるく、ソールが低くても3.5cmと通常の靴では足の甲部分が当たる為、ムートンブーツやハイカットスニーカーのような靴の甲が高い靴や甲の位置を紐で調整できる靴でのみ使用が可能です。

ランキング1位の衝撃吸収エアークッションと優しい履き心地で人気のインソール

TOMOTOMIの2段・最大5cm・シークレットインソールのエアーパック部分とジョイント部分

低価格&機能高めのインソール

ジョイント時に最大5cmの高さになるランキング1位のこちらのシークレットインソールの口コミ等をご紹介します。

2段で5センチの高さに、普段あまりヒールの高い靴を履かない私は少し高過ぎ?と不安でしたが、ペタンコなムートンブーツに入れてみることでむしろ快適!足が疲れなくなりました。
クッション性がとにかく良くて大満足です。

エアークッションと表面のメッシュ生地、ウレタン素材で履き心地を柔らかくしており、足の衝撃を吸収するためインソール高による、甲の問題を除けば履き心地は快適なようです。また、他のシークレットインソールに比べ低価格で、歩きやすいためシークレットインソール初心者の方におすすめです。

シークレットインソールがバレない!使い方のコツ!

シークレットインソールを入れてスニーカーを履いているところ

バレないコツを紹介

ここまでランキングの9位~1位までご紹介してきました。ここからは、シークレットインソールをバレないように履くコツ等についてご紹介します。

シークレットインソールの使い方

スニーカーやビジネスシューズにインソールを入れたところ

ポイントは黒のインソール

シークレットインソールはそれぞれの靴とは違ったインソールの色や形をしており、座敷や料亭、居酒屋等で靴を脱いだ場合バレやすいのです。

そこで、シークレットインソールの色や高さで違和感を感じさせないようにするには、シークレットインソールの上に黒い模様の無いインソールをかぶせるがおすすめです。黒のインソールは黒いため見えにくくインソールの幅の狭さや色が靴の深さがカバーでき、のぞきこまない限りサッと見ただけではわかりにくくなります。

医療系シリコン素材のシークレットインソールのジョイント部分

自然な歩行ができるインソール!

シークレットインソールを履いた際に、不自然にならないように歩くこともポイントの1つです。

シークレットインソールは、いつもと違った足元であるため、いくら身長を高くしたいからと言って自然な歩行ができない足裏環境ではシークレットインソールだとすぐにバレてしまいます。各靴にあったシークレットインソールと高さを選び、安定感がありインソールがずれないものが自然な歩行にはベストです。

シークレットブーツとシークレットインソールの違いは?

薄茶色のブーツにシークレットインソールを入れているところ

ブーツとインソールの違いを紹介

ここまでシークレットインソールについて選び方や人気のランキングをご紹介してきましたが、シークレットブーツという商品も人気があります。

シークレットブーツとシークレットインソールは、それぞれ、身長をアップさせる点は同じなのですが、長所や短所などそれぞれ違います。ここでは、シークレットブーツとシークレットインソールの違いについて特徴を踏まえてご紹介します。

シークレットブーツの特徴

シークレットブーツのソール部分を赤く塗った画像

内側の見えないインソール

シークレットブーツの主な特徴は外側から見えないブーツの中、隠されたインソール部分にあります。

シークレットブーツの場合インソール部分が画像のようにブーツの中に組み込まれており、外のヒール部分とインソールによって外側からわからないように身長を伸ばすことができます。また、商品によってはこのような内側のインソールの傾斜がほとんどなく、フラットなインソールになっているシークレットブーツもあるようです。

シークレットブーツが人気の理由

14cm身長がアップする黒のレースアップのシークレットブーツ

10cm以上身長アップが可能

シークレットブーツが選ばれている人気の理由について、ここではご紹介していきます。

シークレットブーツが人気の理由に10cm以上も身長をアップさせるような商品がある点、また内側にシークレットインソールがあらかじめ内蔵されているためインソールがバレにくいという点があげられます。

赤のレディースのデッキシューズ型のシークレットブーツ

履きやすいデザイン

さらに最近ではシークレットブーツの専門店もあるので、シークレットブーツの種類もバリエーション豊富でお洒落に選ぶことができる点などです。

その他にもシークレットブーツは、最初からインソールが入っていても外側から見て不自然にならないよう甲の位置やヒール部分などを調整し、デザインされているため履きやすいことが人気の理由となっているようです。

シークレットブーツのおすすめできない点

レディースのムートンブーツのシークレットブーツタイプ・カラー4種類

靴を脱ぐとバレる

先の章を見ると、シークレットブーツがいいことばかりのようですが、もちろんデメリットもあります。

シークレットブーツがおすすめできない点は、まず全体的に価格が高いものが多いこと、次にシークレットブーツを脱ぐと実際の身長がわかってしまう点、さらに身長アップのために足に高い下駄を履いているようなものなので、慣れていないと歩きづらく歩行が不自然になる点です。

シークレットインソールの特徴

スカートを履いている足元

後から入れるインソール

シークレットインソールとブーツの大きな違いは、やはりシークレットインソールが靴に後から入れるインソールである点です。

シークレットインソールは、元々手元にある靴に入れることができるので、自分のお気に入りのメーカーの靴に入れることもでき、少しの身長アップであればシークレットインソールを入れてもバレずらいという特徴があります。

シークレットインソールが人気の理由

靴下にシークレットインソールを履いているところ

手ごろな価格

ここでは何故シークレットインソールが人気であるのかその理由について、シークレットブーツなどとも比較しながらご紹介します。

 

シークレットインソールがシークレットブーツより人気があるのは、まず価格がシークレットブーツより圧倒的に購入しやすく、販売店が多いので手に入れやすい点であることです。

身長を12cmもアップすることができるシークレットインソール

自分好みにカスタマイズ可能

今ある靴にシークレットインソールを合わせることもできる為、とても手軽に好みのものを試すことができる点です。

さらにシークレットインソールは、色々なカラーや機能性、インソールの高さや厚みがあるので自分の好みに合わせて高さや柔らかさなどを調整し、セレクトできる点です。このようにシークレットインソールはシークレットブーツより手軽で自由度が高い点が、シークレットブーツより人気な理由なようです。

シークレットインソールのおすすめできない点

低反発クッションのシークレットインソールとブーツに低反発インソールを入れているところ

フラットタイプの靴はNG

シークレットインソールにもシークレットブーツと比べるとおすすめできない点があるので、こちらではそうしたデメリットについてご紹介します。

シークレットインソールは、インソールであるためフラットタイプのつま先や踵の空いた靴に使用すると、踵やつま先でインソールが止まらず、インソールがずれて靴から出てしまうことがあります。

エアークッションがついたブラックのシークレットインソールを机に置いたところ

10cm以上身長UPするものが無い

また、シークレットインソールはインソールを入れた靴を脱ぐ際に一緒に外れてしまうことが多いのもデメリットです。

さらにシークレットインソールのヒールが高いものを使用する際にはインソールの厚みも考え新しい靴を購入する必要がある点、10cm以上アップして安定感があるインソールがなかなかないという点がシークレットインソールのデメリットとして考えられます。

シークレットブーツとシークレットインソールの違いから見えること

ブラックのスニーカーに空気孔の空いたシークレットインソールのブラックを入れているところ

女性はシークレットインソール

ここまでシークレットブーツとインソールの特徴とについてご紹介してきました。これらのことから見える決定的な違いは盛れる身長にあります。

自分がどれだけ身長をアップしたいかにはよりますが、5cm以上のアップであれば安定した自然な歩行が可能なシークレットブーツがおすすめですが、ちょっとしたスタイルアップや美脚効果が目的の女性の方であればそれほど高さは必要ないためシークレットインソールがおすすめです。

シークレットインソールをハンドメイドする!

コルクボードで自作インソールを作成しているところ

オリジナルのインソールを作成

足のサイズが小さい方や足の幅が大きい方は、市販のシークレットインソールを手に入れるのは困難です。

そんな場合、オリジナルのインソールを作るのもおすすめです。今回はそういった方のために簡単に手ごろな値段で作れる「自作のシークレットインソールを作る作り方」や作る際のポイントについてご紹介します。

100均のビーチサンダルを使用

ビーチサンダルでインソールを作るための材料・100均キャンドゥのビーサンダル青

ビーチサンダルインソール作成手順

足の小さい方などがオリジナルで厚みのあるシークレットインソールを自作するときは、100均のビーチサンダルのインソールを使うのがおすすめです。

作り方は簡単、まず足の大きさに合ったビーチサンダルを探し、ビーチサンダルの鼻緒をハサミやペンチで外します。次にビーチサンダルをインソールを入れるシューズをビーチサンダルの上に置き、靴の外側に合わせて鉛筆などで線を引き、線に合わせて余分な部分をカットすると完成です。

黒い革靴と中に入れるインソールを比べているところ

靴は少し大きめの物をチョイス

インソールを作る際のポイントは、インソールを入れる靴は先ほど測った靴のサイズより1~2cm大き目なものを選ぶと足の負担にならないのでおすすめです。

ビーチサンダルでインソールを作った際は、足の甲などが擦れる場合があります。ビーチサンダルはもともとそれのみで履いても痛くないよう作られているためインソールの厚みがあります。そのためインソールを靴に入れた際、ビーチサンダルインソールの厚みで靴が窮屈になるので靴選びは注意したいポイントです。

女性向けシークレットインソールおすすめランキングのまとめ

黒のスニーカーに白いシークレットインソールの2段を入れているところ

新しい靴の購入時におすすめ

ここまでムートンブーツなどにあうシークレットインソールの選び方や人気商品のランキング、オリジナルのインソールの作り方についてご紹介してきました。

シークレットインソールは機能や材質も年々進化し、ムートンブーツやスニーカーに入れ長時間使用しても痛くならない程になっています。また、シークレットインソールを入れることで疲労も軽減され、消臭効果もアップし、スタイルアップできるので新しいムートンブーツやスニーカーを買う際には検討してみていいかもしれません。

この記事に関連する記事はこちら

シークレットインソールおすすめ商品15選!靴に合った選び方でばれるのを防ぐ | ランキングまとめメディア
海外レディーススニーカーTOP21!セレブ愛用の人気ブランドを紹介 | ランキングまとめメディア
人気スニーカーレディース21選をランキング形式で紹介!コーデや魅力を徹底解説 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ