【料理に役立つ】菜箸おすすめランキング17選!おしゃれで使いやすい商品厳選!

食材を茹でたり揚げたりする時に役立つ調理器具が菜箸です。毎日の調理に必要不可欠な菜箸だからこそ使いやすいものを選ばなければなりません。しかしシリコンやステンレスなど種類が豊富なため選び方でお悩みの方がいるのではないでしょうか。そのためここでは日本製を中心とした菜箸のおすすめランキングをまとめていきます。おすすめランキングをチェックしながらおしゃれな菜箸を見つけていきましょう。

目次

  1. 菜箸おすすめランキング!【料理に役立つ】
  2. 菜箸おすすめランキング!第17位~11位
  3. 菜箸おすすめランキング!第10位~7位
  4. 菜箸おすすめランキング!第6位~4位
  5. 菜箸おすすめランキング!第3位~1位
  6. 菜箸の収納方法と洗い方・お手入れの仕方
  7. 菜箸の意外な使い方・裏技をご紹介!
  8. 菜箸おすすめランキング【料理に役立つ】のまとめ

菜箸おすすめランキング!【料理に役立つ】

安心の日本製やおしゃれで使いやすい菜箸などおすすめ商品をご紹介!

菜箸を撮影している画像

使いやすい菜箸が出揃ったTOP17

ここからは日本製の安全で安心な菜箸や、おしゃれでどんな人にも使いやすい菜箸をおすすめランキング形式にしながらご紹介していきます。

お気に入りの菜箸を見つけるためにはシリコンやステンレスなど素材の特徴を知っておかなければなりません。そのためおすすめランキングと併せて素材の特徴もお伝えしていきます。菜箸の種類と機能性を確認しながらご自分にとって使いやすい商品をセレクトしてみましょう。

シリコンやステンレス製など菜箸の種類とその特徴

材質の種類と特徴

竹の菜箸を撮影している画像

竹で作られた菜箸の特徴

一般的な菜箸の素材で最もポピュラーなものが軽くて滑りにくく使いやすい竹になります。

 

こちらはお手頃な価格の商品が多くなっていて、100円ショップなどでも数多く販売されてきました。

デメリットは焦げや傷に対する加工がされていないものが多いため、お手入れを怠るとすぐに傷んでしまう点です。もちろん漆塗りなどの高級品もあるのですが、竹製の菜箸は消耗品と考えるようにして、定期的に買い替えながら日常的に清潔感を保つようにしましょう。

シリコンの菜箸を写している画像

シリコン製菜箸の特徴

シリコン製の菜箸はとても柔らかいため、焦げ付きにくいフッ素樹脂加工の鍋に適した素材となっています。

 

竹と同様シリコン製は滑りにくく使いやすいだけでなく、熱が伝わりにくい特性があります。

ただしシリコン製の菜箸には揚げ物に使えないものなどがありますので、耐熱温度の確認は欠かすことができません。さらに金属にシリコンをコーティングしている菜箸はどうしても重くなってしまいます。そのためシリコン製の菜箸は使いやすい重さをチェックするようにしましょう。

ステンレスの菜箸を撮影している画像

ステンレス製菜箸の特徴

ステンレス製の菜箸は焦げたりカビが生える恐れがないため、衛生的に長く使えるメリットがあります。

 

耐熱性も優れていますので頻繁に買い替えたくない人はステンレス製を選ぶようにしましょう。

デメリットは竹やシリコンに比べると重量がある点で、さらに滑りやすいため使いやすいとは言えないかもしれません。また鍋やフライパンを傷つける可能性があるため、フッ素樹脂加工のキッチンウェアをお使いの方は注意が必要となります。ステンレス製の菜箸は使いやすい重さと、ご自宅のキッチンウェアに合わせてチョイスするようにしましょう。

プラスチックの菜箸を写している画像

プラスチック製菜箸の特徴

プラスチック素材はナイロン製のものが多くなっていて、シリコンと同じように調理器具を傷つける恐れがありません。

 

またナイロンは耐熱性が高くなっているため、高温調理にも適したおすすめの素材と言えるでしょう。

さらに重量が軽いため使いやすい点がプラスチックを素材にした菜箸のメリットになります。ただし外国産だと安価なプラスチックを使う場合があるため、日本製かどうかを確認することが欠かせません。おすすめなのは日本製の中でもグラスファイバー繊維を使った菜箸になっていますので、購入する前にしっかりとチェックするようにしましょう。

菜箸の選び方のポイント

用途に合わせた菜箸の選び方

長さが異なる菜箸を撮影している画像

使いやすい長さが重要

食事に使用する箸が20cm前後という長さに対して、一般的な菜箸の長さは30cm前後となっています。

 

菜箸の長さはどのような料理を頻繁に行うかを考慮しながらセレクトするようにしましょう。

まず揚げ物などの調理が多い方には一般的なサイズよりも長めの菜箸がおすすめとなります。長めのサイズであれば調理器具から距離を取ることができるため、油ハネなどで火傷をする危険性が軽減されます。しかし長めの菜箸は使いやすいとは言えませんので、盛り付けや簡単な調理が多い人は30cmよりも短い菜箸を選ぶようにしましょう。

ペアになっている菜箸

男女で異なる使いやすい長さ

日頃の食事に使う箸のベストな長さは男性が23cm前後、女性が21cmと言われています。

 

これは手の大きさから算出していて、親指と人差し指を直角に広げた長さの約1.5倍が最適だと判明しました。

一般的な箸に対して菜箸は親指と人差し指を広げた長さの約2倍がベストなサイズとなっています。そのためより使いやすい菜箸を探すためには、ご自分の手がどのくらいのサイズか確認しておきましょう。菜箸の長さは調理に合わせたものと、ご自分の手にマッチする使いやすいものを選ぶことがおすすめのポイントになります。

菜箸の先端を写している画像

取り分け用の菜箸

菜箸は揚げ物や炒め物、そして蒸し料理などの調理中にだけ使用するものではありません。

 

出来上がった料理を器に取り分ける時にも使いやすい菜箸を活用するようにしましょう。

取り分け用の菜箸は先端部分と持ち手に溝が加工されている商品が多くなっています。この加工は食材をしっかり掴むことと、手と菜箸が密着するように考えられた構造です。細かな部分になりますがこうした特徴も頭に入れながら使いやすい菜箸を探すようにしましょう。

麺類ようの菜箸を撮影している画像

麺類用に特化した菜箸

茹で上がった麺類を菜箸ですくおうとした時、滑ってしまい苦労した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

このような苦労を経験してきた人には少し変わった形状の菜箸を使うことをおすすめします。

上記画像の菜箸は麺類をすくうことに特化した商品となっていて、滑ってしまうことによるストレスを感じることがありません。特にそばやうどん、パスタなどを頻繁に調理する方は、こちらの使いやすい菜箸をチェックしておきましょう。

スプーンが付いている菜箸

便利な機能が付いた菜箸

日本製の菜箸には便利な機能が付加されたアイデア商品が数多く販売されてきました。

 

例を挙げると菜箸の持ち手部分が味見用のスプーン形状になっているものがあります。

さらにトングと一体型のものや、先端部分がヘラになっていてジャムなどをすくう際に便利な商品も登場しました。そして最新の菜箸にはスマホの操作ができる商品も開発されています。こうしたアイデアが満載な菜箸を選んで料理の時間に楽しみをプラスしてみましょう。

カラフルな菜箸を撮影している画像

おしゃれなデザインで選ぶ

機能性の次に菜箸の選び方で重要なのがおしゃれなデザインをチェックするという点になります。

 

毎日の調理に必要不可欠な菜箸だからこそお好みのデザインを選ばなければなりません。

菜箸などの調理器具はキッチンを華やかにしてくれるアイテムですのでデザインにもこだわってみましょう。和風のキッチンウェアが多い方には竹製の菜箸、洋風のキッチンにはシリコンやステンレスがおすすめとなっています。この菜箸おすすめランキングをチェックしながら、ご自分の趣味に合ったおしゃれなものを見つけていきましょう。

気になる長さや価格などの情報あり!菜箸おすすめランキング…スタート!

4本セットになっている菜箸

おしゃれな菜箸を厳選したTOP17

いよいよここから日本製を中心としたおしゃれな菜箸のおすすめランキングをご紹介していきます。

 

菜箸は料理の頻度に関わらず一家に一膳準備しておきたいマストアイテムと言えるでしょう。

そんな菜箸のおすすめランキングをまとめていきながら、使いやすい長さや価格などの詳細情報もお伝えしていきます。シリコンやステンレスなど素材にも注目しながらおしゃれな菜箸を探していきましょう。それでは菜箸おすすめランキングTOP17のスタートです!

菜箸おすすめランキング!第17位~11位

菜箸を持っている画像

人気商品が集まったランキング17選

まずはおすすめランキング第17位~11位に入った菜箸をご紹介していきます。

 

どれもおしゃれなデザインで使いやすい菜箸になっていますので、ランキングの中からキッチンにマッチする素敵な商品を選んでみましょう。

第17位:ステン菜箸・工房アイザワ

耐久性に優れたステンレス製の菜箸

ステン菜箸」を撮影している画像

おしゃれなデザインを採用

価格:2850円

サイズ:30.5cm

素材:ステンレス

重量:34g

生産地:日本製

新潟県燕市で生産されている工房アイザワの「ステン菜箸」がおすすめランキング第17位を獲得しました。こちらは腐食することのないステンレス製の菜箸で、揚げ物などにおすすめの商品となっています。塗料が油に溶けることがありませんし、菜箸に油が染みることもありません。「ステン菜箸」は一般的なサイズとなっていますので、マルチに活躍してくれる菜箸です。

先端の溝を写している画像

使いやすい溝を加工

この菜箸は食材を掴みやすいよう先端部分にギザギザ形状の細かな溝を加工しました。

 

そして菜箸の中身を空洞化することによって熱の伝導率が低くなっているため熱くなるのを防いでくれます。

料理をする人に対する心遣いが満載の菜箸は、安全性を重視している人におすすめと言えるでしょう。さらに34gという軽量設計になっていますので、手にかかる負担を軽減してくれています。長く愛用したい人はおすすめランキング第17位の「ステン菜箸」をチョイスしてみましょう。

第16位:竹箸30cm・無印良品

四角形をした使いやすい菜箸

竹箸30cmを撮影している画像

コスパ重視の人におすすめ

価格:180円

サイズ:30cm

素材:天然竹

重量:17g

生産地:日本製

おすすめランキング第16位に入ったのは無印良品の「竹箸30cm」となりました。こちらは天然の竹を使用したスタンダートな菜箸で、使いやすさを重視したため形状を四角形にしています。丸型の菜箸では滑りやすいと感じる人は「竹箸30cm」を選んで、盛り付けや調理をスピーディーに進めていきましょう。

竹箸30cmを写している画像

使用上の注意点

「竹箸30cm」は表面にウレタン加工を施していますので、タワシや歯磨き粉で磨かないようにしましょう。

 

そして素材に使用している天然の竹は高温や直射日光で変形しやすくなっています。

そのため優しく洗った後は保管場所にも気を配るようにしましょう。また「竹箸30cm」は食器洗浄機には対応していません。抜群のコストパフォーマンスを誇るこの菜箸は注意事項を守ることで長く愛用することができます。天然の竹が持っている温もりを感じながら料理を楽しみましょう。

第15位:シーズナルチョイスシリコン菜箸・パール金属

優れた耐熱温度を実現した菜箸

シーズナルチョイスシリコン菜箸

先端にシリコンを装備

価格:371円

サイズ:31cm

素材:ナイロン&シリコン

重量:35g

生産地:日本製

「シーズナルチョイスシリコン菜箸」の本体に使用したナイロンは耐熱温度が150℃となっています。さらに先端部分の素材となっているシリコンは耐熱温度250℃をクリアしました。シリコンは先端の約10cmをカバーしていますので、しっかりと食材を掴むことができます。滑りにくい菜箸を探している人はシリコン製の商品をチェックしておきましょう。

シーズナルチョイスシリコン菜箸を写している画像

3種類のカラーリングを用意

こちらはシリコンのカラーリングがオレンジとグリーン、そしてブラックから選ぶことができます。

 

また使いやすさを追求した結果、転がりにくい角型の形状を採用しました。

「シーズナルチョイスシリコン菜箸」は根元部分に紐を通せる穴がありますので、片方だけを紛失する心配もありません。食器洗浄機にも対応していますので洗う手間を省くこともできます。衛生面を意識する人はおすすめランキング第15位のおしゃれな菜箸をチョイスしましょう。

第14位:ステンレス菜箸30cm・杉安製作所

軽量設計したステンレス製の菜箸

ステンレス菜箸30cmを撮影している画像

長く愛用したい人におすすめ

価格:1728円

サイズ:30cm

素材:ステンレス

重量:35g

生産地:日本製

おすすめランキング第14位には杉安製作所の「ステンレス菜箸30cm」がランクインしました。この菜箸は持ち手に滑り止め加工を施していますので非常に使いやすくなっています。またステンレスの中身を空洞化することで軽量化を実現していて、さらに熱を伝わりにくくする機能を搭載させました。

ステンレス菜箸30cmを写している画像

酸化しにくい素材を採用

おしゃれなデザインの「ステンレス菜箸30cm」は18-8ステンレスという素材で製造されました。

 

この素材は鋼に18%以上のクロムと8%以上のニッケルを添加したステンレス素材です。

特徴はクロムを含有させたことにより酸化皮膜が頑強になった点と、ニッケルの耐蝕性と耐久性がプラスされています。そのため丁寧にメンテナンスを行えば一生モノの菜箸と言っても過言ではありません。菜箸としてはお値段が高めになっていますのでしっかりとしたお手入れを心がけましょう。

第13位:とんぐばし・ArnestGlant

斬新な発想で開発された菜箸

とんぐばしを撮影している画像

豊富な使い道で家事をサポート

価格:1980円

サイズ:30cm

素材:ステンレス鋼

重量:50g

生産地:日本製

ArnestGlantの「とんぐばし」は商品名の通り菜箸とトングの良い所を併せ持った製品になります。小さな食材を掴むときにも対応するため、先端部分には滑りにくい目立てという加工を施しました。さらにトングの形状となっているのでバラバラになることがありません。今までに無かった斬新なアイデアで作られた「とんぐばし」を今すぐチェックしておきましょう。

とんぐばしを紹介している画像

細かな盛り付けに適した菜箸

アーネストはこれまで30年以上、調理器具を中心に独自のアイデアで斬新な商品を開発してきました。

この企業と新潟県燕市の金属加工技術が一体となったキッチンブランドがArnestGlantです。1500点以上もの便利な商品を開発してきたアイデアと、日本の伝統技術が融合したキッチンブランドはなかなかお目にかかることができません。伝統と最先端のテクノロジーがミックスした「とんぐばし」の使いやすさをご自宅のキッチンで体感してみましょう。

第12位:ウッドツールさいばし・BRUNO

おしゃれを楽しみたい人におすすめの菜箸

ウッドツールさいばしを撮影している画像

ブランドロコが魅力的

価格:800円

サイズ:29cm

素材:天然木

重量:20g

生産地:日本製

天然木材の自然な風合いを生かした「ウッドツールさいばし」がおすすめランキング第12位に名を連ねました。菜箸の先端には滑り止めが加工されていますので、食材をしっかりと掴むことができます。ブランドのロゴをワンポイントにしたおしゃれな菜箸を色々な料理に活用させてみましょう。

ウッドツールさいばしを写している画像

BRUNOの人気シリーズ

ホットプレートが有名なBRUNOの中で、ウッドツールは大人気シリーズとして注目を浴びています。

 

天然の木材が醸し出す温かみと柔らかな手触りは、他の素材ではなかなか味わうことができません。

その中でも「ウッドツールさいばし」は転がらないように角型の構造を採用しました。このように使い勝手も考慮しているため大人気となっています。おしゃれなだけでなく機能性も優れた菜箸に日々の調理を手助けしてもらいましょう。

第11位:すべらずつかめるシリコーン菜ばし・マーナ

食器洗浄機に対応した菜箸

すべらずつかめるシリコーン菜ばしを撮影している画像

揚げ物作りにおすすめ

価格:734円

サイズ:30cm

素材:ナイロン&シリコン

重量:33g

生産地:中国製

「すべらずつかめるシリコーン菜ばし」はフッ素樹脂加工の調理器具を傷つけず調理ができる菜箸です。こちらのナイロン素材は耐熱温度200℃、シリコン素材は230℃の耐熱温度をクリアしました。そのため揚げ物を作る機会が多い方におすすめです。滑りにくく熱に強いシリコンが先端についている菜箸で調理をスムーズに行っていきましょう。

すべらずつかめるシリコーン菜ばしを写している画像

音が気にならない菜箸

柔らかいシリコンを素材にしているこの菜箸は、金属製の鍋やフライパンで使用しても音がうるさくありません。

 

またボウルの中で食材を混ぜ合わせる時も滑らかに行うことができるため重宝します。

これまでカチャカチャした音にストレスを感じていた人は「すべらずつかめるシリコーン菜ばし」を選んでおくと間違いありません。カラーリングはイエローとレッドがラインナップされていますので、ご自宅のキッチンウェアに合わせたものをセレクトしましょう。

菜箸おすすめランキング!第10位~7位

菜箸を使って調理している画像

逸品揃いのランキングTOP10

ここからおしゃれな菜箸のおすすめランキングはTOP10を発表していくことになります。

 

調理に役立つだけでなくキッチンを華やかに彩ってくれる菜箸を選んで、毎日の献立作りに楽しさをプラスしていきましょう。

第10位:UCHICOOKワンクリック菜箸・AUX

片手で使えるワンタッチ菜箸

UCHICOOKワンクリック菜箸

調理器具に優しいナイロン製

価格:1600円

サイズ:28cm

素材:ステンレス&ナイロン

重量:65g

生産地:日本製

おすすめランキングTOP10にまずランクインしたのは「UCHICOOKワンクリック菜箸」でした。こちらはトングタイプの菜箸となっていてロックと解除がワンタッチで操作できる優れものです。熱に強くしっかりと食材を掴めるナイロンを先端に加工してありますので、揚げ物や炒め物など様々な調理に活用してみましょう。

UCHICOOKワンクリック菜箸を写している画像

先端が台に付かない構造

「UCHICOOKワンクリック菜箸」は先端が浮くため調理スペースを汚すことがありません。

 

さらに2本の開きを小さくしているため、力があまりない女性や年配の方におすすめです。

また余計な力を入れず食材を掴めるようにするため、先端にギザギザの加工を施しました。この一膳があれば食材を混ぜ合わせたり盛り付けたりと、ご家庭での調理に充分過ぎるほど活躍してくれるはずです。考え抜かれた充実した機能性をご自身の手で確かめてみましょう。

第9位:シリコン菜箸GF-20B・サンクラフト

味見用のスプーン付き菜箸

シリコン菜箸GF-20Bを撮影している画像

スタイリッシュなデザインが人気

価格:600円

サイズ:35cm

素材:ナイロン&シリコン

重量:28g

生産地:中国製

「シリコン菜箸GF-20B」は先端に溝を加工したシリコンを装備しました。そのため麺類などを茹でる時に滑ってしまうといったお悩みを抱えている人におすすめの菜箸です。熱にも強く本体のナイロンは耐熱温度230℃、先端のシリコンは220℃まだ対応するように設計されました。軽量で扱いやすい「シリコン菜箸GF-20B」を料理のパートナーに選んでみましょう。

スプーンの機能を紹介している画像

調味料の追加に役立つスプーン

持ち手側に加工されたスプーンは味見だけでなく調味料を少し追加したい時にも役立ちます。

 

こちらはフライパンや鍋を傷つけにくいだけでなく、転がりにくい角型の形状を採用しました。

さらに嬉しいポイントとして食器洗浄機と乾燥機に対応しています。「シリコン菜箸GF-20B」は刃物とキッチンウェアのトップブランドが企画、開発しました。どのようなご家庭のキッチンにもマッチするスタイリッシュな菜箸の購入を検討してみましょう。

第8位:菜箸日本製桧33cm・市原木工所

国産の桧を使用した菜箸

菜箸日本製桧33cmを写している画像

火傷の恐れが少ないロングサイズ

価格:605円

サイズ:33cm

素材:桧

重量:18g

生産地:日本製

おすすめランキング第8位は国産の桧を贅沢に使用した「菜箸日本製桧33cm」が獲得しました。こちらは長めのサイズになっていますので、揚げ物や炒め物の際に火傷をする恐れがほとんどありません。さらに菜箸の根元部分には紛失を防ぐため紐を取付けてあります。手に馴染みやすい桧の菜箸を使って安心しながら調理を進めていきましょう。

使いやすいと絶賛する口コミ

菜箸日本製桧33cmを撮影している画像

五つ星の最高評価

Amazonの口コミでは自然由来の材質を探していた購入者が使いやすさに五つ星の最高評価を付けていました。

とにかく使いやすいです。火を通しても化学物質が発生しない木の菜箸を探していましたが、本当に大満足です。

国産の桧は耐水性に優れているため、昔から調理場やお風呂周り道具の素材に使われてきました。天然木材だからこそ化学物質など健康面や環境面の心配が必要ありません。また桧を素材にしながら1000円を切っているためコストパフォーマンスも優れた菜箸になっています。お子様がいる方は安全面を考慮した「菜箸日本製桧33cm」をセレクトするようにしましょう。

第7位:シリコン菜ばしダイ・ニトリ

熱に強いステンレス製の菜箸

シリコン菜ばしダイを撮影している画像

嬉しい1年保証付き

価格:380円

サイズ:30cm

素材:ステンレス&シリコン

重量:70g

生産地:日本製

ニトリの「シリコン菜ばしダイ」は高温で調理をする時に安心して使ってもらうため耐熱温度260℃をクリアしました。また耐冷温度は-30℃まで対応していますのでアイスクリームやジェラート作りにも使える菜箸です。カラーリングはレッドとブラックがラインナップしてありますので、お持ちのキッチンウェアや食器に合わせたコーディネートを楽しみましょう。

丈夫そうだと評価するユーザーのTwitter

持ちやすくて使いやすい「シリコン菜ばしダイ」は、しっかりとした重量があるため耐久性でもユーザーを満足させています。さらにこちらの菜箸は食器洗浄機にも対応するように開発されました。30cmが大きいと感じる人向けに24cmのコンパクトサイズもラインナップしています。1年間のメーカー保証が付いた安心感のある菜箸をニトリのホームページでチェックしてみましょう。

菜箸おすすめランキング!第6位~4位

色違いの菜箸を写している画像

高く評価されていたTOP6

菜箸のおすすめランキングTOP6に入った製品は、ユーザーからの評価が特に高かったものばかりです。

 

実際に使っている人の意見を参考にしながら、おすすめランキングTOPのハイスペックな特徴をじっくりと確認していきましょう。

第6位:菜箸-32・やまご箸店

職人が1本ずつ手作りした高級な菜箸

菜箸-32を撮影している画像

和風のキッチンにベストマッチ

価格:1807円

サイズ:32cm

素材:竹

重量:12g

生産地:日本製

箸の先まで真っ直ぐに削られた美しいフォルムの「菜箸-32」がおすすめランキング第6位に輝きました。こちらは塗料などを使用せずに竹が本来持っている特性を最大限に引き出しています。和食を頻繁に作る方は、持ち手部分になる頭部の裏側にブランドの屋号が刻印された高級感が漂う菜箸で、いつもの調理にプレミアムな風を吹かせましょう。

お気に入りの菜箸に出会えた購入者の口コミ

菜箸-32を写している画像

節を残した天削ぎ工法で製造

「菜箸-32」は頭部に節を残す天削ぎという工法で製造された貴重な菜箸です。

 

細い箸先は使いやすい四角形になっていて、実際の購入者はだし巻き玉子を作る時に重宝していました。

細くて軽くて、ずーっと探していた菜箸が見つかって、とても嬉しいです。だし巻き玉子を巻くときは、特に買って良かったと感じます。

先端が1.8mm角になっているこの菜箸は、魚の小骨や小さな豆など滑りやすい食材をしっかり掴むことができます。そして1本ずつ熟練した職人が手作りしていますので、素材の自然な美しさを全く損なっていません。料理の美しさを際立たせる上品で使いやすい高級な菜箸を調理の相棒に選んでみましょう。

第5位:さいばしインジニオキッチンツール・ティファール

人気ブランドティファールの菜箸

さいばしインジニオキッチンツールを撮影している画像

機能性とデザイン性を追求

価格:972円

サイズ:30cm

素材:ステンレス&シリコン

重量:40g

生産地:中国製

ティファールのインジニオキッチンツールはスタイリッシュでありながら優れた機能を持ち合わせた大人気シリーズです。この最高級シリーズから「さいばしインジニオキッチンツール」がおすすめランキング第5位を獲得しました。見栄えの良いブラックとレッドでデザインされた菜箸はキッチンに彩りを加えてくれます。また食器洗浄機に対応していますので、清潔さを保ちながら調理を進めていきましょう。

最高だと絶賛しているユーザーレビュー

箸置きを写している画像

箸置きになる収納パーツ

「さいばしインジニオキッチンツール」には箸置きとして活用できる収納パーツが付属されています。

 

この便利な機能を実際のユーザーが最高に使いやすいとAmazonのレビューに投稿していました。

もともと使っていたので使いやすいし箸置きも付いてて便利。

こちらは箸の先端にシリコンを加工してありますので食材が滑ることもありません。さらに収納パーツをキッチンに置いておけば、菜箸の先端が台に付くことがないため清潔に使うことができます。箸の根元には紐を通せる穴もありますので、紛失が心配な人は紐を結んでから使うようにしましょう。

第4位:Mother's Selection菜箸・ヤクセル

主婦のアイデアが詰まった菜箸

Mother's Selection菜箸を撮影している画像

しなやかな動きを実現

価格:702円

サイズ:30cm

素材:シリコン&ナイロン

重量:35g

生産地:中国製

「Mother's Selection菜箸」はステンレスの芯にシリコンとナイロンをコーティングしました。熱に強い2つの素材を融合させたことにより、先端のシリコンは耐熱温度280℃まで対応することができます。炒め物や混ぜ物など様々シーンで使いやすくするため、シリコン部分をしなやかに動くよう設計しました。プロの料理研究家と共同開発した万能型の菜箸をご自宅のキッチンで試してみましょう。

シックな色合いを気に入った購入者の口コミ

Mother's Selection菜箸を写している画像

カラーリングは4種類

「Mother's Selection菜箸」は先端以外を軽くて耐熱温度が優れているナイロン加工を施しました。

 

またカラーリングが豊富に用意されている点も実際のユーザーが高く評価していたのでご紹介します。

シリコンのお箸は使いやすいのですがシックなお色がなかなか無いのでこちらの薄いブラウンは上品で素敵です。シリコンも固めで長さも丁度よく使いやすいです。

こちらのカラーリングはパプリカレッド、ベイビーブルー、アボカドグリーン、ココアブラウンとなっています。上記の口コミにも書かれている通りシックな色合いの菜箸はなかなかありません。そのためカラーバリエーションが豊富なおしゃれな菜箸を探している人は、「Mother's Selection菜箸」をチェックしてみましょう。

菜箸おすすめランキング!第3位~1位

黒の菜箸を写している画像

個性的な魅力を放つTOP3

ここまでおしゃれで機能的な菜箸をご紹介してきたおすすめランキングはTOP3を残すのみとなりました。

 

上位にランクインした菜箸は甲乙つけがたい魅力的な製品になっていますので、購入を迷っている人はランキングTOP3の中からお気に入りの菜箸を見つけましょう。

第3位:SUNAO菜箸・燕振興工業株式会社

特殊形状の菜箸

SUNAO菜箸を撮影している画像

新潟県燕市で製造

価格:594円

サイズ:33cm

素材:孟宗竹

重量:12g

生産地:日本製

「SUNAO菜箸」は持ち手が三角の形状で、箸先は四角という斬新な形状を採用しました。この形状は一般的な菜箸と比べ手に馴染みやすくなっているため、食材を滑らずに調理することができます。昔から三角箸は抜群の使い勝手と言われてきました。伝統的な工法をアレンジした「SUNAO菜箸」の使いやすさをご自身の手で感じてみましょう。

SUNAO菜箸を写している画像

日本人向けの菜箸

大阪のデザイナーグループが設計した「SUNAO菜箸」はコンパクトなサイズになっています。

 

これは日本人の手に合わせた菜箸を作りたいというコンセプトの元で考えられました。

また孟宗竹という優れた弾力性と軽さが特徴的な天然の素材を使用しています。「SUNAO菜箸」は普通の竹よりも滑りにくい孟宗竹の特性を活かしました。日本人のために作られた使いやすい菜箸をチョイスしてスムーズな調理を手助けしてもらいましょう。

頻繁に使っているユーザーのTwitter

上記のはショップで実際に販売している方がご自宅で「SUNAO菜箸」を愛用していることを紹介したTwitterになります。プロがご自宅用に購入したことで「SUNAO菜箸」が優れた製品であることを証明していることは間違いありません。実際のユーザーが大満足している機能的な菜箸を、ご自宅のキッチンウェアに加えてみましょう。

第2位:セレクト100ステンレス菜箸・貝印

プロの意見を取り入れた菜箸

セレクト100ステンレス菜箸を撮影している画像

貝印の人気シリーズ

価格:1620円

サイズ:33cm

素材:ステンレススチール

重量:40g

生産地:日本製

「セレクト100ステンレス菜箸」はプロの料理人からアドバイスを頂きながら製造された菜箸です。耐久性に優れた18-8ステンレススチールを素材にしていますので、お手入れをしっかり行えば買い替えの必要がありません。さらに長めのサイズとなっていますので揚げ物なども安全に調理することができます。使いやすさを追求した「セレクト100ステンレス菜箸」の購入を検討してみましょう。

先端を写している画像

滑りにくいブラスト加工

こちらは箸先にブラスト加工を施したことによって、食材をしっかり掴むことを可能にしました。

 

またハンドル部分は手にフィットしやすい六角形になっていますので、握りやすさも抜群に高くなっています。

持ち手を六角形にしたことで菜箸がキッチンで転がってしまう心配もありません。この持ち手に採用したポリアセタール樹脂は耐熱温度が140℃に設定されています。オールマイティーに活躍してくれる「セレクト100ステンレス菜箸」を使って様々なレシピにチャレンジしていきましょう。

2膳買ったユーザーの口コミ

機能を紹介している画像

揚げ物と炒め物におすすめ

「セレクト100ステンレス菜箸」は扱いやすさとスタイリッシュな美しさを追い求めました。

 

楽天市場では使いやすさに満足している愛用者の口コミが投稿されていましたのでご紹介します。

とても使いやすいです。滑り止めもあり、揚げ物にも使えるので便利です。2つ購入しました。

おすすめランキング第2位に輝いたこの製品は菜箸として求められる機能を余すことなく搭載しました。そのためご家庭での調理を幅広くサポートしてくれるキッチンウェアです。扱いやすい菜箸を探している人は「セレクト100ステンレス菜箸」を選んでおくと間違いありません。

第1位:OXOシリコン菜箸・OXO

カラフルなデザインが魅力的な菜箸

OXOシリコン菜箸を撮影している画像

お好みで選べる3色展開

価格:1296円

サイズ:30cm

素材:ステンレス&シリコン

重量:37g

生産地:日本製

見事におすすめランキングを制したのは「OXOシリコン菜箸」となりました。こちらは男性でも女性でも手に取りやすいようブラック、グリーン、ラズベリーの3色がラインナップされています。また揚げ物を安心して作れるように先端のシリコンは280℃まで対応できるようにしました。柔らかいシリコンは調理器具を傷つける心配もありませんので、気楽に調理を行うことが可能になっています。

OXOシリコン菜箸を写している画像

考え抜かれた形状

「OXOシリコン菜箸」は調理中に転がってしまうことを防止するため四角い形状を採用しました。

 

この形状によって握りやすさもプラスされているため、丸型のタイプより使いやすさが向上しています。

さらにナイロン製の収納ホルダーも付属されていますので、片方だけ紛失してしまう恐れがありません。収納ホルダーは調理中の箸置きとしても活用することができるようになっています。こうした機能性はアジア向けに開発された製品ならではの特徴と言えるでしょう。使い込むほど利便性が分かっていく「OXOシリコン菜箸」は調理が楽しくなるキッチンウェアです。

OXOファンのユーザーレビュー

ラズベリーカラーを写している画像

おしゃれなものが多いOXO製品

OXOのキッチンアイテムはハイスペックなだけでなく、見た目が美しい製品が多くなっています。

 

Amazonの口コミではOXO製品を買い揃えているファンの口コミが紹介されていました。

キッチン用品をOXOで揃えているので菜箸も購入。いらないかな?と思っていたキャップが意外と便利です。料理をしている時には箸置きとして活躍、普段使わない時はこちらをつけるとお箸がバラバラにならないので、助かります。OXOは使いやすくておしゃれなので、ついつい色々買ってしまいます。

キッチンを華やかに彩りたい人にはOXOの製品で統一することをおすすめします。しかしいきなり調理器具を全て交換することは不可能かもしれません。そんな方はまずお手頃な「OXOシリコン菜箸」を購入してみましょう。必ず別の調理器具もOXOにしてみたくなるはずです。

菜箸の収納方法と洗い方・お手入れの仕方

菜箸のお手入れ方法

スポンジを泡立てている画像

黒ずみには漂白がおすすめ

竹や木を素材にしている菜箸は、使っていくうちにどうしても汚れや匂いが染み付いてしまいます。

 

もしも匂いが残っていた場合は調理する前に菜箸を水で濡らすようにしましょう。

 

こうすることで食品の匂いが菜箸に移ることを防いでくれます。

また調理が終わった後にどうしても汚れが落ちない時は中性洗剤を使って念入りに洗ってあげましょう。漆器製品でなければ一般的に菜箸は漂白することが可能ですので、黒ずみが気になる場合は取り扱い説明書を確認してから漂白することをおすすめします。

菜箸の収納方法

菜箸を収納している画像

取り出しやすいスペースに収納する

毎日の料理に欠かせない菜箸は引き出しなどの取り出しやすい位置に収納することがベストです。

 

そのためなるべく手の届く引き出しの上段に菜箸を収納するスペースを作るようにしましょう。

しかし収納スペースを用意しても菜箸がバラバラになってしまっては探す手間が増えてしまいます。こうした手間を増やさないためにも収納ホルダーが付属されていない菜箸は、輪ゴムや紐でまとめておきましょう。せっかく菜箸を購入しても片方を紛失してしまっては意味がありません。ご自分なりに紛失しないアイデアで菜箸を収納するようにしておきましょう。

菜箸を立てて収納している画像

専用の箸置きを活用する

長さのある菜箸はどうしても引き出しに入らないといったケースを想定することができます。

 

もしもキッチンの引き出しに菜箸が入らなかった場合は専用の箸置きを活用してみましょう。

専用の箸置き使ってをキッチン周りに菜箸を立てておけば取り出しやすいですし、場所を取ることもありません。箸置きが無い場合は細い花瓶のような物でも代用することができます。おしゃれに菜箸を収納することでキッチンを美しくさせてみましょう。

菜箸の意外な使い方・裏技をご紹介!

意外と知られていない菜箸を使った裏技

鍋に菜箸を置いている画像

吹きこぼれを防ぐ裏技

ここからは調理だけでなく様々なシーンで活用できる菜箸の裏技テクニックをご紹介していきます。

 

パスタなどの麺類を鍋で茹でる時、お湯が吹きこぼれたことは誰もが経験していることでしょう。

実は上記画像のように菜箸を鍋に置くだけで、吹きこぼれることなく沸騰した状態を保つことが可能です。これは沸騰したお湯から出てくる泡を木製の菜箸がはじく特性を持っているからと言われています。そのため同じ木製のものであればヘラなどで代用することもできますので試してみましょう。注意事項といたしまして浅い鍋を使う場合は菜箸が焦げてしまう可能性があります。そのため深い鍋を使うようにしましょう。

菜箸を使って茶碗蒸しを作っている画像

茶碗蒸しを上手に作る裏技

ご自宅で茶碗蒸しを作る時にスが立ってしまって美味しくできなかった経験をお持ちの方は少なくありません。

 

ここでも大活躍してくれるのが菜箸となっていますので、上手に蒸す方法をご紹介します。

 

まずいつもご自分が作っているレシピ通りに茶碗蒸しの具材を下ごしらえしていきましょう。

準備が完了したら蒸し器に水を入れてから茶碗蒸しに火をかけていきます。お湯が沸騰してきたら中火にして、蒸し器と蓋の間に菜箸をかませて蒸気が逃げるスペースを作りましょう。この状態で15分程度蒸すとスが立っていない綺麗な茶碗蒸しが完成します。菜箸を使えばお店で出てくるような茶碗蒸しをご自宅で味わうことができますので、プルンプルンの食感を楽しんでみましょう。

ドレス・ド・オムライスを作っている画像

オムライスを綺麗に仕上げる裏技

SNS映えするという理由からドレス・ド・オムライスが注目を集めていることは多くの人がご存知だと思います。

 

菜箸を使えば玉子が花びらのように美しいドレス・ド・オムライスを作ることができるので試してみましょう。

 

まずフライパンに玉子を入れ、半分ほど火が通ったら奥と手前を前後させながら玉子を薄くしていきます。

そして玉子にシワができたところで、菜箸を使ってこのシワを持ち上げながらフライパンを回転させましょう。この際、菜箸の先端ではなく持ち手部分を使うと玉子が綺麗に動いてくれます。ポイントは玉子を菜箸で固定させるという点になりますので、ご自宅でチャレンジしてみましょう。

菜箸おすすめランキング【料理に役立つ】のまとめ

箸置きに置いている菜箸

調理に欠かすことができない菜箸

ここまで料理に役立つ菜箸のおすすめランキングTOP17をまとめてきました。菜箸は普段の料理で何気なく使っている人が多いかもしれません。

しかしご紹介してきた通り、菜箸は様々な種類があるだけでなくおしゃれなデザインの製品が豊富にラインナップされています。その中から各ブランドの主力製品を選りすぐりました。おすすめランキングの中から使いやすい菜箸をチョイスして、毎日の料理を力強くサポートしてもらいましょう。

生活・雑貨に関する他のまとめ記事はこちら!

保温弁当箱おすすめ人気27選!洗いやすく持ち運びも簡単【レンジ可】 | ランキングまとめメディア
ふきんおすすめ人気15選!用途別の選び方や抗菌効果あり・速乾で洗濯も簡単に | ランキングまとめメディア
圧力鍋のおすすめ人気ランキングTOP15!失敗しない選び方 | ランキングまとめメディア
カセットコンロおすすめランキングTOP17!アウトドアや卓上焼き肉で人気! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ