関数電卓おすすめランキング人気機種TOP14!目的別の機能や選び方も紹介!

普通の電卓よりも複雑な計算が可能な関数電卓には、大学での初めての使用におすすめのもの、グラフが描けるもの、PCとの接続が可能なもの、土木関係者に人気のものなど、さまざまなものがあります。ランキング上位に入る機種でも、機能に応じて価格にかなりの幅があり、自分に合ったものを探すのは簡単ではありません。もちろん、表示桁数や入力方法にも注意を払う必要があります。いろいろな関数電卓の中から、おすすめの機種を人気ランキング形式で紹介いたします。

目次

  1. 関数電卓人気おすすめランキング【人気機種】
  2. 関数電卓人気おすすめランキング14位~7位 
  3. 関数電卓人気おすすめランキング6位~4位 
  4. 関数電卓人気おすすめランキング3位:Canon F-789SG
  5. 関数電卓人気おすすめランキング2位:SHARP EL-509T  
  6. 関数電卓人気おすすめランキング1位:CASIO fx-JP900
  7. スマホに標準搭載されている電卓も関数電卓になる
  8. 関数電卓人気おすすめランキングのまとめ 

関数電卓人気おすすめランキング【人気機種】

関数電卓とは?一般的な電卓となにが違う?

関数電卓とは?

関数電卓とは?

大学の授業シラバスに、「関数電卓を用意すること」などと書いてあるのを見て、「関数電卓とはどんなもの?」と思った人もあるでしょう。

そもそも、関数電卓は、一般的な電卓とどこが違うのでしょうか。そして、一体どんな場面でどのように使われるものなのでしょうか。

一般的な電卓は

一般的な電卓は

一般的な電卓は、足し算、引き算、掛け算、割り算のいわゆる加減乗除の四則演算、それに百分率(%)や平方根の計算程度しかできません。

関数電卓になると、一般の電卓の機能に加え、三角関数や指数・対数、累乗根、逆数など、多くの関数に対応しています。上位機種になると、複素数や微積分、行列が扱えるものも存在します。大学の授業で使われることもあるほか、電気、土木、建築など複雑な計算が必要とされる分野では、実際の業務現場で使用されています。

目的別の機能や選び方

一口に関数電卓といっても

一口に関数電卓といっても

関数電卓にもいろいろな種類があります。搭載されている関数・機能もさまざまです。

関数電卓にはどのような種類があるのか、まずは使われる目的や機能からまとめてみます。その上で、関数電卓を選ぶにはどのような点に気をつければよいのか、分野別に必要とされる機能や、表示桁数、入力方式といった観点から概説します。

大学授業に最適なスタンダードタイプ

大学で使う関数電卓

大学でよく使われる関数電卓

理系あるいは経済系の大学生が授業で使うのが目的であれば、スタンダードタイプがおすすめです。

スタンダードタイプの関数電卓には、機種によって多少その数は異なりますが、三角関数や指数・対数など、基本的な関数が搭載されています。初めての人でも操作しやすい日本語対応機種も多く出ているので、大学の授業用に最初に購入する関数電卓は、スタンダードタイプがよいでしょう。

グラフ作成・統計計算が可能なタイプ

グラフが表示できる

グラフが表示できる

関数電卓もどんどん進化しています。棒グラフや散布図など、グラフを描くことのできる関数電卓もあります。

電卓というとモノクロ画面のイメージがありますが、グラフ表示に特化したタイプの関数電卓には、グラフが見やすいよう、カラー液晶画面が使われている機種が多くあります。また、連立方程式や、変数を利用した演算など高度な機能を備えています。もちろんそれなりの価格になりますので、どの程度の機能が必要かをよく考えて選びましょう。

複雑な計算向きのプログラムタイプ

関数電卓でプログラムを

関数電卓でプログラムを

かつてのポケコン(ポケットコンピュータ)のように、自分でプログラムを組むことができる関数電卓もあります。

プログラムを組むことができるタイプの関数電卓は、計算式を記憶させておいて繰り返し使うことができます。複雑な計算を頻繁に行うような場合は、プログラム機能付きのタイプがおすすめです。基本操作はスタンダードタイプとそれほど変わりません。基本的な関数電卓の機能を最大限使いたいと思う人は、最初からこのプログラムタイプを選ぶ手もあります。

プログラミングが好きなら

プログラムを組むのが好きなら

プログラムを組むことで、複雑な処理も電卓に任せることができます。プログラミングが得意な人におすすめです。

ただし、条件分岐などを含んだ複雑なプログラムを組むことのできる機種から、よく使う計算などを登録することができる程度の機種まで、同じようにプログラム関数電卓と名前はついていても、さまざまな種類があります。自分の欲しい機能を備えているかどうか、仕様をよく確認してみましょう。

電気や物理・土木など分野に必要な関数を

分野に応じた選択

分野に応じた選択

一口に「関数電卓が必要」といわれる分野でも、必要な関数・機能はそれぞれ変わってきます。

関数電卓に入っている基本関数として、例えばCASIOの関数電卓であれば「三角関数・逆三角関数、対数・指数、ベキ乗・ベキ乗根、平方根、2乗、立方根、逆数、乱数、階乗、円周率」があげられています。これらの関数で充分ならどの関数電卓でもOKですが、これ以外の関数が必要であれば、それを搭載した機種を選ばなければなりません。 

応用的な関数が必要なら

応用的な関数が必要なら

関数電卓の基本関数にない、応用的な関数を扱う分野であれば、必要な関数・機能が搭載されているかどうかの確認が必要になります。

建築・土木関係であれば、三角関数、双曲線関数、指数・対数関数、座標変換などが必要とされるでしょう。電気・電子系になると、複素数計算ができるものをおすすめします。情報処理の分野には、論理式が扱える関数電卓がよいでしょう。数学の分野でも、ベクトル計算や行列計算が必要か否かで選ぶ関数電卓も変わってきます。化学分野の方なら、科学定数や原子量が入力できるタイプが便利でしょう。

表示桁数の確認は大切 

関数電卓の画面はいろいろ

関数電卓の画面はいろいろ

普通の電卓は表示は1行のみですが、この関数電卓では上の行の式に対して下の行に答えの数値10桁が出ています。

このように、1行目に計算式、2行目にその答えが表示できるタイプの関数電卓もあります。この場合、数式を1行に収めるために、独特の表記がされることになります。一方、分数式などがそのまま表示されるタイプもあります。こちらの方が数式が見やすいのでおすすめです。表示桁数とともに画面の表示方法をよく確認することをおすすめします。また、表示桁数の他に、内部演算桁数も確認するといいでしょう。

入力方式にも注目

関数電卓の入力方式は大きく二つあります。一つは引数を入力してから関数を入力するタイプです。例えばsin 30を計算したい場合、「30」「sin」と入力します。このようなものは「標準入力タイプ」と呼ばれます。一方、数式の順番通り、「sin」「30」のように入力するタイプもあります。こちらは「数式通り入力タイプ」などと呼ばれます。

教科書通りの数式が表示できるものも

教科書通りの数式が表示できるものも

数式通り入力タイプの関数電卓には、教科書と同じように数式が表示できるものもあります。

「数式通り入力タイプ」も、画面の表示方法は上で説明した通り、数式を1行で表示するライン表示方式と、上の画像のように分数式などを見たとおりに表示する自然表示方式とがあります。「数式通り入力タイプ」は、間違って入力した場合の修正も直感的にできるものが多く、初めて関数電卓を使う人にはこちらがおすすめです。

人気モデルの関数電卓の機能・価格などチェックしよう!

関数電卓の人気モデルをランキング形式で紹介します。いろいろなタイプの関数電卓が持つ機能を比較してみて、自分に合った関数電卓を見つけましょう。

自分に合った関数電卓を

自分に合った関数電卓を

おすすめポイントとなる機能や価格、大きさや重さなどを比較して、自分に最適なものを選んでください。

メーカーがオープン価格としている機種は、一般的な販売価格を記載しました。「メモリ」の数字は記憶させておくことのできる定数の数です。これが多いほど、計算結果のメモを取る必要がなくなります。なお、土地家屋調査士試験に対応している機種にはその旨を記載していますが、受験時に持ち込み可能かどうかは、法務省のWEBページなどでご確認ください。

関数電卓人気おすすめランキング14位~7位 

人気ランキングを見てみましょう

人気ランキングを見てみましょう

人気ランキング14位~7位を見ていきましょう。シンプルな入門機から、グラフ関数電卓など高機能なものまで、具体的なおすすめポイントを紹介します。

14位:CASIO fx-JP500

日本語表示対応のスタンダードタイプ

CASIO fx-JP500

500以上の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:3,000円
・表示桁数:10
・メモリ:9

・サイズ:165.5×77×11.1mm

・重量:約90g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:対応

日本語表示に対応し、高精細フルドット液晶を持っています。数学の書式通りに入力することができる数式通り入力タイプで、画面も自然表示方式です。統計計算、微分・積分、素因数分解など、関数電卓の一通りの機能を持ったスタンダードモデルということができます。人気ランキングは14位ですが、大学の授業で初めて関数電卓を使う場合などにはおすすめのモデルです。

13位:TI-84 Plus CE

アメリカの大学で使用される関数電卓

Texas Instruments社のグラフ関数電卓

Texas Instruments社のグラフ関数電卓

・価格:18,000円

・表示桁数:???(320×240pixels)

・メモリ:???

・サイズ:190×82×15.5mm

・重量:約200g

・電源:充電式内蔵バッテリー

・土地家屋調査士試験:-

人気ランキング第13位は、アメリカの学校教育で使われているグラフ関数電卓、TI-84シリーズの最新機です。統計、商業、財務、生物、物理などの分野に向いています。USBポートがついており、パソコンとのデータのやりとりをスムーズに行うことができます。画面をプレゼンテーションツールで映し出すことができるのも、大学などの教育現場で使いやすい理由でしょう。ただし、当然ながら日本語には対応していません。

12位:SHARP EL-501J-X

1行表示のシンプルな関数電卓

SHARP EL-501J-X

68の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:700円

・表示桁数:10

・メモリ:1

・サイズ:75×144×10mm

・重量:約73g

・電源:ボタン電池×2

・土地家屋調査士試験:対応

コンパクトなボディーに、統計計算、N進計算、複素数計算など、必要最低限の機能が入ったシンプルな関数電卓です。従来の標準入力と、数式通り入力とを切り替えて使用することができます。表示画面は1行なので、関数電卓独特の数式の表記に慣れる必要があります。人気ランキングは12位ですが、価格も安く、定評のあるおすすめ入門機種です。

11位:Canon F-715SA

2行表示のスタンダード関数電卓

Canon F-715SA

189の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:4,000円(税別)

・表示桁数:10桁×2行

・メモリ:17

・サイズ:80×165×14mm

・重量:約89g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:対応

こちらも大学生におすすめのモデルです。一度使った式を呼び出すマルチリプレイ機能を持ち、シミュレーション計算も可能です。初めての人が使う入門機として手頃なこのスタンダード関数電卓が、人気ランキング第11位となりました。使いやすいとはいえ、画面はライン表示方式を使った2行表示なので、関数電卓独特の表示に慣れる必要があります。

10位:CASIO fx-375ES

手頃なスタンダード関数電卓

CASIO  fx-375ES

394の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:2,000円
・表示桁数:10
・メモリ:9

・サイズ:162×80×11.1mm

・重量:約95g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:対応

人気ランキング第10位は、自然表示方式の画面を持つスタンダードな関数電卓です。同じシリーズにfx-290という機種がありますが、そちらよりは高スペックで、論理計算、複素数計算、方程式の解、微分・積分計算などの機能を持っています。日本語表示に対応していないので、その点は注意が必要です。

9位:CASIO fx-FD10 Pro

屋外作業に適した仕様

土木測量専業電卓

土木測量専業関数電卓

・価格:18,000円

・表示桁数:10桁

・メモリ:28

・サイズ:177.5×88.5×21mm

・重量:約250g

・電源:単4電池×4

・土地家屋調査士試験:-

IP54に準拠した防沫・防塵性能を持った、屋外作業用のプログラム関数電卓です。バックライト機能や耐衝撃性能も備えた土木系の方向けのこの機種が、人気ランキング第9位です。USB端子がついており、パソコンで作ったプログラムを転送したり、計測機器で測定したデータを取り込むことも可能です。また、方位角計算や座標面積計算など、土木・測量に役立つ21種類の公式プログラムをあらかじめ搭載しています。

8位:CASIO fx-5800P

高度なプログラム関数電卓

CASIO  fx-5800P

407の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:12,800円(税別)
・表示桁数:10
・メモリ:26~2,398

・サイズ:163×82×15mm

・重量:約150g

・電源:単4電池×1

・土地家屋調査士試験:-

数学、物理、化学、土木などでよく使われる128の公式を最初から内蔵しており、加えて自作の公式を5本まで登録することが可能です。プログラムコマンドを用いて複雑なプログラムも書くことができ、複雑な繰り返し計算もスピーディーに行うことができます。土木、電気工学関係の方のみならず、高度な情報・統計処理が必要な方にも充分なスペックを持っているといえるでしょう。人気ランキング第8位です。

7位:CASIO fx-CG50

カラーのグラフ関数電卓

CASIO  fx-CG50

1200以上の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:20,000円

・表示桁数:10

・メモリ:28

・サイズ:188.5×89×18.6mm

・重量:約230g

・電源:単4電池×4

・土地家屋調査士試験:-

65,536色のカラー液晶画面を持つグラフ関数電卓です。2Dグラフだけでなく、3Dグラフも内蔵テンプレートで描くことができます。また、USBケーブルでパソコンとデータをやりとりすることも可能です。さらには、試験モードを使い、ベクトル計算やプログラムなどの一部機能を制限することができます。人気ランキング第7位の本機種は、高機能なだけにそれなりの価格です。

関数電卓人気おすすめランキング6位~4位 

ランキングの4位~6位です。ハイスペックなスタンダード関数電卓や、プログラム関数電卓、また土木関係に特化した個性的な機種がランクインしてきています。

6位:SHARP EL-5160T-X

SHARP EL-5160T-X

710の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:4,000円

・表示桁数:10(16桁×4行)

・メモリ:9

・サイズ:80×166×15mm

・重量:約108g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:-

高機能なプログラム関数電卓

日本語表示が便利

日本語表示が便利

メニューやガイダンスが日本語で表示されるのが使いやすいポイントです。

高度な計算に対応するプログラム関数電卓です。よく使う計算や式を、フォーミュラメモリーに記憶させておくことができます。入力した式の変数にいろいろな値を代入してシミュレーション計算をできる機能は、実験や分析時に値のみを変えて繰り返し計算をする時に便利です。物理定数や原子量も入力でき、日本語表示にも対応したこの機種が、人気ランキング第6位となりました。

5位:CASIO fx-JP700

CASIO fx-JP700

600以上の関数・機能

・価格:4,000円
・表示桁数:10
・メモリ:9

・サイズ:165.5×77×11.1mm

・重量:約900g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:対応 

ハイスペックなスタンダード関数電卓

いろいろな表示ができる

いろいろな表示ができる

数学自然表示、ライン表示のどちらもできるのに加え、計算結果を分数で表すことも、小数で表すことも、簡単に切り替えが可能です。

人気ランキング14位で紹介したfx-JP500と同じく、日本語表示、数式通り入力、高精細液晶、自然表示方式を備えているのに加えて、行列計算、ベクトル計算、周期表など、かなり多くの機能が盛り込まれています。建築・土木分野の方や、電気工学を専門とする方にもおすすめできるハイスペックな関数電卓です。大学でこの機種を推薦される人も多くあります。

4位:マイゾックス 電卓君5800

マイゾックス 電卓君5800

現場で役立つプログラム内蔵

・価格:39,000円(税別)

・表示桁数:???

・メモリ:???

・サイズ:163×81.5×15.1mm

・重量:約150g

・電源:単4電池×1

・土地家屋調査士試験:-

測量・土木の現場で使えるプログラム関数電卓

現場で使いやすい

現場で使いやすい

測量現場などでも使いやすい操作性を備えています。電源を入れ直しても、切った時の状態からすぐにスタートできるレジューム機能付きです。

優れた操作性で測量・土木の現場での実績が認められ、人気ランキング第4位です。S(測量)、D(土木)、Jr.の3機種があります。Sは73種類、Dは76種類、Jr.は53種類のオリジナルプログラムを搭載しており、現場ですぐに使うことができます。また、100点までの座標を記憶し、計算結果を登録することができるので、メモを取る必要がなくなります。

関数電卓人気おすすめランキング3位:Canon F-789SG

Canon F-789SG

445の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:6,500円(税別)

・表示桁数・10桁

・メモリ:19

・サイズ:80×168×13mm

・重量:約88g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:対応

見やすく使いやすいスタンダード関数電卓

表示形式は自然表示の「教科書ビュー」と従来の2行表示とを切り替えることができます。一度実行した式を呼び出して確認することができるマルチリプレイ機能もついています。また、79の科学定数も収録されています。

便利なAppsキー

便利なAppsキー

Appsキーを押すと、関数機能のリストが表示されるので、使いたい機能を簡単に選択することができます。

残念ながら日本語対応ではありませんが、その見やすさと使いやすさで、人気ランキング第3位となりました。回帰分析機能を搭載しているので、経済学・統計学の分野の方にもおすすめです。いくつかのレビューを紹介します。

このCanon製品はメモリが19もあり、こと調査士試験においては対応力がある一品と言えるのではないでしょうか。

土地家屋調査士試験に力を発揮

土地家屋調査士試験に力を発揮

土地家屋調査士試験用にこの関数電卓を購入したという人が多くあります。

土地家屋調査士受験用に購入しました。前機種F-788DXは,虚数部の表示は切り替えが必要であったが本機は,実数部と虚数部が一度に表示され,確認が容易である。メモリーは788DXと同じ19個。これだけあれば本試験に対応できる。

土地家屋調査士試験に対応しているこの関数電卓、メモリ数の多さを魅力にあげる人が多くあります。メモリが少ないと、数字を答案用紙などに転記してまた入力し直さなければなりません。そういった無駄な作業やミスを防ぐためにも、メモリ数の多いこの機種が力を発揮します。

購入前にはサイズの確認も

購入前にはサイズの確認も

少々サイズが大きいという声もありました。機能が多い分、やむを得ないことではあります。

機能・使い勝手は良いです。価格も安くてお得でした。実物を見て、思っていたよりサイズが大きかったのがマイナスポイントです。

カバンに入れて持ち歩く分には問題ないでしょうが、ポケットに入れて携帯することを想定している場合は、注意が必要かもしれません。

画面が見やすく多機能なのは良いのですが、大きい分携帯性は劣ります。

関数電卓人気おすすめランキング2位:SHARP EL-509T  

SHARP EL-509T

559の機能・関数を持つ関数電卓

・価格:2,000円

・表示桁数:10(16桁×4行)

・メモリ:9

・サイズ:80×166×15mm

・重量:約108g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:-

使いやすいスタンダード関数電卓

日本語表示対応で、メニュー画面も見やすく、操作も簡単です。統計データなどは表形式での入力も可能です。よく使う関数・機能を登録しておいて、簡単に呼び出すこともできます。他にも多くの便利な機能がついており、使いやすいスタンダード電卓です。

シミュレーション計算

シミュレーション計算

一度入力した式の変数にいろいろな値を代入するシミュレーション計算が簡単にできます。値のみを変えて繰り返し同じ計算を行うような実験や分析に役立つ機能です。

よく使われる物理定数52も収録されています。人気ランキング第3位の機種と同じく、電気・電子分野から、土木・測量、そして経済学や統計学と、幅広い分野の方の需要に応えてくれる関数電卓です。

マルチラインプレイバック機能

マルチラインプレイバック機能

前に計算した式をさかのぼって確認することができます。計算でエラーが起きたときなどにも、どこで間違いが起きたのかを効率よく調べることが可能になります。

大学で電気学や無機化学等で使って、初めは説明書とにらめっこしたり、ひたすら必要な数式を探したり大変でしたが、慣れるととても使いやすくて気に入っています。

カラーも3種類

ホワイト、ブルー、レッドの3色があり、どちらかといえば無骨な印象のある関数電卓にしてはスタイリッシュな外観です。おしゃれな大学生からも人気を集めていることが、人気ランキング第2位の要因かもしれません。価格が手頃な点も、おすすめポイントです。

レッドの機種

レッドの機種

ちなみにこの機種のレッドはこのようなイメージです。「目立つ色なので、なくしにくい」という人もありました。

本機を選んだ大きな理由はHOMEボタンの実装と日本語表示対応です。実際に店頭で触ってみて、取説無しで設定画面を呼び出した際に日本語表示されるのは、とても分かり易いと実感。また、計算途中でよく分からなくなった際にHOMEボタンで初期画面に一発で戻れるのも何気に便利です。

日本語表示で使いやすいという声が多く聞かれます。とはいえ、画面の解像度が低いので日本語表示は少し見づらいという人もあるようです。その点では、人気ランキング1位の機種にはかなわないようです。HOMEキーが便利だという声もありますが、一方で次のような意見も出ていました。

HOMEキーで計算履歴が消えてしまう(矢印キーが近いので押し間違え)

HOMEキーは、この機種が持つ5つのモード(一般、統計、数表、複素数、連立・高次方程式)のどれを使っていても、一瞬で一般モードに戻ることができるキーです。便利ではありますが、切り替え前のモードの記憶を消去してしまうので、その点には充分注意しましょう。 

関数電卓人気おすすめランキング1位:CASIO fx-JP900

CASIO fx-JP900

700以上の関数・機能を持つ関数電卓

・価格:5,000円
・表示桁数:10
・メモリ:9

・サイズ:165.5×77×11.1mm

・重量:約90g

・電源:太陽電池とボタン電池併用

・土地家屋調査士試験:対応

高機能な関数電卓

人気ランキング第5位で紹介したfx-JP700よりもさらにハイスペックな、最上位スタンダード関数電卓です。日本語表示対応、数式通り入力タイプ、高精細フルドット画面による自然表示方式なのはもちろん、不等式計算、表計算などの多彩な機能を搭載しています。

高機能で使いやすい

高機能で使いやすい

人気ランキング第1位のこの機種は、スタンダード電卓ながらさまざまな機能を持ち、しかも使いやすいということで幅広い分野から人気です。

建築・土木から電気工学、また情報・統計の分野まで、とにかく幅広い需要に応えてくれる機能を備えているので、どんな方にもおすすめできます。また、とにかく使いやすいという声が多くあります。

こちらの電卓を使い始めてから使いやすさが一変した。日本語表示のため、予めいろいろな機能を覚えていなくてもすぐに欲しい機能が使える。なにより数字が美しい。

多くの人が、高精細フルドット画面の見やすさと、日本語表示の分かりやすさをポイントとしています。直感的にいろいろな機能が使えるのが、初心者にとっても使い慣れた人にとっても、有り難い点のようです。

特に高解像度液晶画面による表示の親切さに驚きました。従来の関数電卓の記号的な表示ではなく、漢字とアイコンが表示できます。これは画期的です。従来の関数電卓だと説明書がないと操作方法が分からないことが多かったのですが、fx-JP900だと表示だけで操作方法を推測できることがあります。液晶の解像度が高いので、文字も読みやすくなっています。

幅広い分野の方に

人気ランキング1位の機種だけあって、レビューにはいろいろな分野の人がコメントをしています。建築や電気など、オールラウンドに活躍してくれる機種であることがよく分かります。

建築現場で使っています。重さといい、質感といい大変すばらしい製品です。
特に表計算は重宝しています。

この機種にしかない機能が人気

この機種にしかない機能が人気

表計算機能、エンジニアリング記号は、CASIO fx-JPシリーズでもこの機種にしかない機能です。

「エンジニアリング記号」が使えるとは思ってもみませんでした。ちなみにこれが使える機種は「fx-JP900」のこの機種のみに限られるみたいでこれを選択して良かったと思っています。電気をやっているのでこの機能が使えるのは至極重宝です。

同シリーズの最上位機種

同シリーズの最上位機種

同シリーズの最上位機種だけあって、高い人気を得ています。理系の専門的な大学ではこの機種を勧めるところもあるようです。

 

キーに入っている模様のために印字された文字が見づらいという人もあるようです。気になるかどうか、実際に手に取って確かめてみるとよいでしょう。

 

それでも多くの人が支持するのは、機能が充実しているからだと言えます。特に、次に紹介するQRコード拡張機能は特徴的です。

QRコード拡張機能

QRコード拡張機能

QRコード拡張機能

入力した式やデータをQRコード化して電卓の画面に表示させることができます。

 

スマートフォンやタブレットなどのアプリでそのQRコードを読み取ると、スマートフォンやタブレット上に数式やグラフを表示させることができます。

このQRコード機能とCASIOの専用アプリケーションとを組み合わせると、グラフや数式を複数のメンバーで共有することが可能になります。大学の授業などで、複数の学生が入力した統計データを一つにまとめてグラフにし、掲示したりもできます。入力した式やデータが簡単に共有できるのは、この機種の大きな特徴といえます。

入力データの共有が可能

入力データの共有が可能

QRコードを使ったオンラインシェアリングのイメージです。

 

それぞれが打ち込んだデータをグラフ化して比較するなど、大学の授業でも有効に使われます。

スマホに標準搭載されている電卓も関数電卓になる

たった1秒でスマホの電卓アプリを関数電卓にする方法

関数電卓を使ってみたいけれど、購入してまでは……という方のために、スマートフォンに入っている電卓アプリを一瞬で関数電卓にする方法を紹介します。

androidスマートフォンの電卓

androidスマートフォンの電卓

スマートフォンには、最初から電卓のアプリが入っています。

 

画面を縦にした状態では、いわゆる加減乗除用の簡単な(それでも2行表示になっている)電卓ですが……。

 

画面を横にすると、関数電卓になります。下の画像はandroidスマートフォンのキャプチャ画像です。

 

見ていただくと分かるとおり、三角関数、対数などが計算できることが分かります。しかも、数式通り入力で2行表示です。表示桁数は11のようです。

画面を横にしたandroidスマートフォンの電卓

画面を横にしたandroidスマートフォンの電卓

かなりすっきりとした見やすい画面です。

iPhoneでも、androidスマートフォンと同じように、電卓アプリを立ち上げた状態で画面を横向きにすると、関数電卓にすることができます。

iPhoneの関数電卓

iPhoneの関数電卓

androidよりも使える関数が多くあることが分かります。

ここで例としているandroidスマートフォンでは、画面を縦にしたままでも、右端の矢印をスワイプすると、関数ボタンが現れます(機種によって動作が異なる可能性があります)。

縦画面のままで関数ボタンを表示

縦画面のままで関数ボタンを表示

関数ボタンを出した状態では数字が打てないので、関数ボタンを出したり引っ込めたりしながら計算することになります。

 

キーはこちらの方が大きいのですが、画面を横にして使用した方が明らかに使いやすいです。

 

三角関数の計算などはスマートフォンでもできることを知っておくと、何かの時に役に立つでしょう。うっかり関数電卓を忘れてしまった時にも、この機能を思い出してください。

複雑で専門的な関数計算をこなせるアプリもいっぱい 

関数電卓のアプリ

関数電卓のアプリを探してみよう

スマートフォンには、関数電卓アプリもたくさんあります。いつも持ち歩くスマートフォンで関数電卓の機能が使えるのは魅力的といえます。

関数電卓機能を持つスマートフォン用アプリもいろいろと出ています。その中から人気の高いもの3点を紹介します(android用のアプリです)。

関数電卓 Panecal

優れたユーザインターフェイス

優れたユーザインターフェイス

見た目はスタンダードな関数電卓そのものです。画面をタッチしてカーソルを移動させたり、スワイプでのスクロールなどができます。

 

一般の関数電卓が持つ機能を一通り備え、情報工学や機械工学、また測量・建築・土木などの分野で使うことができます。もちろん、大学の授業にも対応できます。

長押しによるコピー&ペーストなど、スマートフォンを使い慣れている方なら直感的に操作できるユーザインターフェイスがおすすめポイントです。無料版には広告表示があります。

関数電卓HiEdu・Fx-570vnPlus

CASIOの関数電卓の機能に対応

CASIOの関数電卓の機能に対応

実在の関数電卓の機能に対応しており、CASIOの関数電卓を使ったことがある人にはおすすめです。

スタンダード関数電卓、グラフ関数電卓、プログラム関数電卓としての機能を備え、分数や関数を筆記する感覚で入力することができます。このアプリも、無料版には広告が表示されます。大学でも使える数学や物理の公式が多く収録されており、すばやく参照できる点が特徴といえます。

公式を確認できる

公式を確認できる

三角形に関する公式、クーロンの法則に関する公式など、いろいろな公式がアプリの中に入っていて、簡単に確認することができます。

科学用グラフ関数電卓 - Mathlab

学習ツールとして使える

学習ツールとして使える

数式やグラフを見ながら数学の概念を理解することができます。子供に数学的な考え方を学ばせたい場合などにおすすめです。

 

一番上に関数電卓特有のライン表示、下の方に数式通りの自然表示がされています。教師や保護者、大学生に、学習ツールとして広く使われている関数電卓アプリです。

 

多価関数のグラフを描いたり、行列計算、ベクトル計算を行うことが可能です。無料版はインターネット接続が必要で、広告が表示されます。

グラフを描くことができる

グラフを描くことができる

関数のグラフを描いて、画像として保存することができます。

 

視覚的に数学の概念を理解することが可能になります。

関数電卓人気おすすめランキングのまとめ 

関数電卓の人気ランキング、スタンダードタイプが上位に入りました。今は、スタンダードタイプでも使いやすく高機能なものが多く出ています。大学生へのおすすめ機種とされるものでも、さまざまな分野の方から人気を得ているようです。一方で、土木・測量などの専門領域で使われる関数電卓も、変わらぬ需要があることが分かります。

関数電卓もいろいろ

関数電卓もいろいろ

関数電卓にもいろいろな種類があることが分かりました。スタンダード関数電卓の他にも、グラフ関数電卓、プログラム関数電卓など、自分に合ったものを探してみましょう。

スマートフォンでも関数電卓を使えるので、興味のある方はまずそこから触れてみてもいいでしょう。関数電卓も非常に奥の深いものです。長く使える関数電卓、そして自分に合った関数電卓を選ぶのに、この人気ランキングで紹介したおすすめポイントをせひ参考にしてください。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ