コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキングTOP17!至福の一杯を!

コーヒードリッパーは、美味しいコーヒーを飲むための必須アイテムです。この記事では、コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキングと題して、人気のコーヒードリッパーをランキング形式でまとめました。さらに、コーヒードリッパーの選び方やコーヒーの淹れ方もあわせて紹介しています。有名メーカーのアイテムや、キャンプにおすすめのアイテム、便利なセットアイテムなどからお気に入りのおしゃれなコーヒードリッパーを見つけましょう。

目次

  1. コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキングTOP17!
  2. コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング17位~11位
  3. コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング10位~7位
  4. コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング6位~4位
  5. コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング3位~1位
  6. コーヒードリッパーで美味しいコーヒーを飲む方法・コツ
  7. 使えなくなったフィルターの有効活用方法とは?
  8. ドリッパーと一緒にあると便利なコーヒーアイテムとは?
  9. コーヒードリッパーのお手入れ方法!汚れはどう取る?
  10. たまにはお店もおすすめ!おいしいコーヒーが楽しめる有名店は?
  11. コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング!のまとめ

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキングTOP17!

キャンプ向け・セット商品・人気メーカー商品などを紹介!

おしゃれなコーヒードリッパー

おすすめのコーヒードリッパーをランキングでチェック!

自宅で美味しいコーヒーを飲みたいのであれば、用意しておきたいアイテムがコーヒードリッパーです。

 

しかし、コーヒードリッパーは種類が多く、どのコーヒードリッパーを選べば自分好みのコーヒーを淹れられるのか悩む人も多いようです。

そこでこの記事では、おすすめのコーヒードリッパーをランキング形式でまとめました。インテリアのようなおしゃれなデザインのものや、キャンプなどのアウトドアにぴったりなコーヒードリッパーもあるようです。

おしゃれなコーヒードリッパー

コーヒードリッパーを使うときに気になるポイントも紹介

さらに、コーヒードリッパーの選び方やコーヒードリッパーで美味しいコーヒーを飲むコツ、使わなくなったコーヒーフィルターの活用方法など、購入前に気になるポイントも一緒にまとめました。

また、ランキングでは、コーヒードリッパーが初めての人にもおすすめの人気メーカーのコーヒードリッパーや便利なセット商品など、様々なアイテムを紹介します。こちらの記事を参考に、お気に入りのコーヒードリッパーを見つけて、自宅でのコーヒータイムを楽しみましょう。

おすすめのコーヒードリッパーの選び方

おしゃれなコーヒードリッパー

コーヒードリッパーの選び方のポイントをチェック

コーヒードリッパーのランキングを見ていく前に、まずはコーヒードリッパーの選び方のポイントをご紹介します。

 

美味しいコーヒーを飲むためには、自分好みのコーヒーを淹れることのできるコーヒードリッパーを選ぶことが重要です。選び方のポイントを押さえて使いやすいコーヒードリッパーを選びましょう。

コーヒードリッパー本体の形状で選ぶ

コーヒードリッパーとコーヒーアイテム

選び方1つ目はドリッパーの形

コーヒードリッパーの選び方のポイント1つ目は、コーヒードリッパーの形状です。コーヒードリッパーは、大きく分けると台形タイプと円錐タイプの2種類があります。

 

形によって、同じ豆を使用してもコーヒーの味が変わるため、自分好みの味わいのコーヒーが淹れられるドリッパーを選びましょう。

コーヒードリッパーの形の1つ目は台形タイプ。こちらのタイプのコーヒードリッパーは、底部分にいくつかの小さな穴が空いている形状になっています。このタイプを販売しているメーカーではメリタやカリタが有名で、穴の数により「メリタ式」「カリタ式」と呼ばれています。

台形のコーヒードリッパー

台形タイプはまろやかなコクを味わいたい人におすすめ

台形タイプのコーヒードリッパーは、穴から少しずつコーヒーを抽出することができます。

これによりドリッパーの底部分にコーヒーが溜まるため、ドリップしたコーヒーはまろやかなコクを感じられる味わいになります。苦手な人も多いコーヒーの酸味も控えめとなるため、初めてコーヒードリッパーを使用する人におすすめのタイプです。

円錐型のコーヒードリッパー

円錐タイプはすっきりとした味が好きな人におすすめ

円錐タイプのコーヒードリッパーは、底部分に大きめの穴が空いています。ハリオやコーノから販売されているものが有名で、こちらも「ハリオ式」「コーノ式」と呼ばれています。

 

円錐タイプのコーヒードリッパーで淹れたコーヒーは、すっきりとした味わいが楽しめます。

また、台形タイプと異なり、底部分にコーヒーが溜まらないため、豆の特徴が目立ちやすくなっています。コーヒーの酸味・苦味などの味わいも強く感じやすいため、コーヒー豆の繊細な味を味わいたい人におすすめのタイプです。

リブの形で選ぶ

コーヒードリッパーのリブ

リブは空気の通り道になる

コーヒードリッパー内部についている溝のことを「リブ」と呼びます。このリブの形を、コーヒードリッパーの選び方のポイントの2つ目としてチェックしておきましょう。

リブはコーヒードリッパーとフィルターが密着しすぎないように、また、お湯を注いだときの空気の通り道となるように付いています。空気がリブを通ることで、コーヒー粉が膨らみ、コーヒーの旨みを抽出しやすくする働きもあるとされています。

コーヒードリッパーのリブ

リブが全体に入っていれば落ちる速度が速くなる

リブは空気の通り道となるため、リブの長さがあるほどコーヒーが落ちる速度が速くなります。そのため、リブが全体に入っているコーヒードリッパーなら、すっきりとした味わいのコーヒーとなります。

コーヒードリッパーの種類によっては底部分の近くにのみリブが入っているものもあり、こちらのタイプはゆっくりとコーヒーを抽出することができます。リブの形はメーカーによって様々なので、いろいろなコーヒードリッパーを試してみましょう。

コーヒードリッパーの材質で選ぶ

陶器のコーヒードリッパー

気に入った材質のドリッパーでコーヒーを淹れよう

コーヒードリッパーの選び方のポイントの3つ目として、コーヒードリッパーの材質をチェックしておきましょう。

 

コーヒードリッパーはプラスチック製のアイテムや、ガラス製のアイテムなど、様々な材質のアイテムが販売されています。

コーヒードリッパーの材質はコーヒーの味わいにはあまり関係してきません。しかし、材質によってデザインや使いやすさなどが異なるため、購入前にはどのような材質で出来ているのか確認しておくのがおすすめの選び方です。

陶器のコーヒードリッパー

保温性が高い陶器製コーヒードリッパーは定番のアイテム

陶器製のコーヒードリッパーは、定番のアイテムとして人気があります。陶器のつるりとした手触りとレトロな雰囲気が味わえるため、キッチンのインテリアとしてもぴったりです。

しかし、陶器は温まるまでに時間がかかるため、冷えた状態のままコーヒーを淹れると抽出したコーヒー液の温度が低くなってしまいます。より美味しいコーヒーを飲むには、使用前にお湯を通して温めておくとよいでしょう。保温性が高いため、先に温めておけば安定した湯温でコーヒーをドリップできます。

ガラス製のコーヒードリッパー

デザイン性が高いガラス製・金属製

デザイン性の高いコーヒードリッパーを探しているのであれば、ガラス製や金属製のコーヒードリッパーがおすすめです。

 

おしゃれなデザインのものが多いため、自宅でもカフェの雰囲気を楽しみたいという人に人気があります。

ガラス製のコーヒードリッパーは割れないように注意をする必要がありますが、金属製のものであれば丈夫なので扱いやすいところもポイント。さらに、金属製のコーヒードリッパーは熱伝導率が高いため、コーヒー液を美味しく抽出しやすいと言われています。コーヒーの味にこだわりたい人にもおすすめです。

プラスチック製のコーヒードリッパー

手軽に使いやすいプラスチック製・シリコン製はアウトドアにも便利

毎日手軽にコーヒーを淹れたいのであれば、プラスチックやシリコンで作られているコーヒードリッパーがおすすめです。

こちらのタイプは軽くて割れにくいため、陶器やガラス製のアイテムよりも取り扱いがしやすいことが特徴。強くぶつけたり落としたりしても割れる心配がないため、キャンプなどアウトドアに持って行くときに便利なアイテムです。

シリコン製のコーヒードリッパー

試しに使ってみたい人におすすめ

樹脂製のコーヒードリッパーのデメリットとして、長く使っていると、変色したりひびが入ったりと徐々に劣化が目立つことが挙げられます。

 

そのため、色々な形状のコーヒードリッパーを試しに使ってみたい場合や、買い替えを前提として使う人に向いている材質です。

使う場所に合わせて選ぶ

アウトドア用のケトル

自宅用かキャンプ用かでコーヒードリッパーを使い分けよう

コーヒードリッパーの選び方のポイント4つ目は、使用する際のシチュエーションです。自宅で使うのか、キャンプなどのアウトドアで使うのかでコーヒードリッパーの選び方が異なります。

自宅でのみコーヒードリッパーを使用する場合は、好みの味わいのコーヒーを淹れることのできるコーヒードリッパーを選びましょう。しかし、キャンプで使用する場合には、持ち運びがしやすいアイテムを選ぶことが選び方のポイントの中でも重要ポイントとなります。

金属製のコーヒードリッパー

小さく収納できるコーヒードリッパーが便利

キャンプなどのアウトドアに出かける際には、陶器やガラス製のコーヒードリッパーは割れやすいため持っていくことができません。

そのため、丈夫な金属やシリコンが素材に使われているコーヒードリッパーを用意しておきましょう。また、携帯しやすいように小さく収納できるかどうかも大切な選び方のポイントです。組み立てて使用するタイプであれば、移動中も邪魔にならないのでおすすめです。

セット商品を選ぶ

コーヒードリッパーのセット

初めてコーヒードリッパーを選ぶ人におすすめの選び方

コーヒードリッパーの選び方のポイント5つ目として、コーヒードリッパーに便利なコーヒー器具がセットになっているアイテムかチェックしておきましょう。

コーヒードリッパーでこだわって美味しいコーヒーを淹れるのであれば、コーヒーサーバーなど、コーヒードリッパー以外にもあると便利な器具がいくつかあります。そこで、初めてコーヒードリッパーを購入するのであれば、そのようなコーヒーアイテムがセットとなっているものを選ぶ選び方もおすすめです。

コーヒードリッパーとコーヒーサーバー

一気に便利な器具が揃えられて便利

セット商品となっているコーヒードリッパーであれば、便利なアイテムを一緒に揃えられるので、すぐにコーヒーを楽しむことができます。

 

例えば、メジャースプーンやコーヒーサーバーがセットになっていれば、コーヒーを淹れる際に便利なのでおすすめです。

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング17位~11位

おしゃれなコーヒードリッパー

おすすめのコーヒードリッパーをランキング形式で紹介!

それではここからは、おすすめのコーヒードリッパーをランキングでご紹介していきます。

 

自宅でじっくりドリップするアイテムや、キャンプに行く際におすすめのアイテムなど、様々なコーヒードリッパーがランクインしているようです。

それぞれのアイテムの価格やメーカー、形状のタイプなどの特徴もあわせて紹介するので、選び方のポイントを参考に、お気に入りのコーヒードリッパーを見つけましょう。それでは、ランキングスタートです!

17位:ceraCOFFEE「ペーパーレスコーヒーフィルター」

二重構造のステンレスフィルターでコクのあるコーヒーが楽しめる

ステンレスフィルターのコーヒードリッパー

ランキング17位!ペーパーフィルター不要のコーヒードリッパー

価格:1,950円

メーカー:ceraCOFFEE

タイプ:円錐タイプ

穴:無し

リブ:無し

フィルター:ステンレスフィルター

材質:フィルター/高品質ステンレスSUS304(18-8)、ホルダー/ポリプロピレン(PP)

サイズ:フィルター直径9.5cm(ホルダー直径9.8cm)x高さ8cm

抽出量:マグカップ2杯分(コーヒー豆約30gまで)

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第17位は、ceraCOFFEE「ペーパーレスコーヒーフィルター」です。こちらはステンレスフィルターを採用しており、ペーパーフィルターが必要ありません。細かなメッシュを二重に重ねた構造のフィルターなので、ペーパーレスのコーヒードリッパーにありがちな細かなコーヒー粉をカットできます。初めてステンレスフィルターのドリッパーを使う人におすすめです。

16位:OUTDOOR MAN「ポータブルコーヒーメーカーKK-00417」

キャンプでも挽きたてのコーヒーを楽しみたい人におすすめ

ポータブルのコーヒードリッパー

ランキング16位!ミルがセットになっているアイテム

価格:3,780円

メーカー:OUTDOOR MAN

タイプ:円錐タイプ

穴:1個

リブ:無し

フィルター:ステンレスフィルター

材質:PP+グラスファイバー、ABS、ステンレス、セラミック

サイズ:約W8×D8×H19cm(収納時)

抽出量:???

付属アイテム:手動ミル、ドリップフィルター、ドリップマグ、タンブラー、タンブラーキャップ、メジャーカップ

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング16位は、OUTDOOR MAN「ポータブルコーヒーメーカーKK-00417」です。こちらはキャンプなどのアウトドア時におすすめのアイテムです。コーヒードリッパーだけでなく手動ミルがセットになっているので、キャンプ場でも挽きたてのコーヒーを味わえます。サイズ感は大きめのタンブラーほどなので、携帯性の良いドリッパーを探している人におすすめです。

15位:HARIO「V60カパー/コーヒードリッパー&ドリップケトル&レンジサーバー&専用ペーパーフィルターセット」

美しくおしゃれなデザインの銅製コーヒードリッパー

金属製のコーヒードリッパー

ランキング15位はハリオの銅製セットアイテム

価格:16,168円

メーカー:HARIO

タイプ:円錐タイプ

穴:1個

リブ:スパイラルリブ

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:本体/銅、ハンドル/真鍮(コーヒードリッパー)

サイズ:幅13.5×奥行12×高さ9.2cm(コーヒードリッパー)

抽出量:1〜4杯用

付属アイテム:V60計量スプーン、ドリップケトル、サーバー、専用ペーパーフィルター

ランキング15位は、HARIO「V60カパー/コーヒードリッパー&ドリップケトル&レンジサーバー&専用ペーパーフィルターセット」です。こちらは、コーヒードリッパーにドリップケトルなど、美味しいコーヒーを淹れるために必要な物がセットになったアイテムです。ドリッパーとケトルは銅製で、デザイン性が高いだけでなく、熱伝導率が高くなっています。コーヒーの豊かな風味が味わえるおすすめのアイテムです。

14位:ワールドクリエイト「コーヒードリッパー/ラウンド2cup」

キャンプにおすすめのシリコン製ドリッパー

シリコン製のコーヒードリッパー

ランキング14位!グッドデザイン賞受賞の便利なドリッパー

価格:1,080円

メーカー:ワールドクリエイト

タイプ:円錐タイプ

穴:1個

リブ:ストレートリブ

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:シリコン

サイズ:幅10.8×奥行11.5×高さ7cm(折りたたんだ状態:高さ2.7cm)

抽出量:2杯

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第14位のアイテムは、ワールドクリエイト「コーヒードリッパー/ラウンド2cup」です。こちらのコーヒードリッパーはシリコン製のアイテムで、コンパクトに折りたたむことができます。持ち運び中に割れる心配がないため、キャンプなどアウトドアの際に人気があるアイテムです。同シリーズで4杯の抽出に対応しているサイズもあるので、使いやすい方を選びましょう。

13位:カリタ「コーヒードリッパーWDS-155」

ステンレス製のシンプルなデザイン

ステンレス製のコーヒードリッパー

ランキング13位!ウェーブフィルター専用のアイテム

価格:6,180円

メーカー:カリタ

タイプ:台形タイプ

穴:3個

リブ:無し

フィルター:ウェーブフィルター

材質:ステンレス

サイズ:7.6×11.3×11.3cm

抽出量:1〜2杯分

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング13位は、カリタ「コーヒードリッパーWDS-155」です。こちらは専用ペーパーフィルターであるウェーブフィルターを使用してコーヒーをドリップします。ウェーブフィルターにより、安定した味わいでドリップできるので、初めてのコーヒードリッパーとしておすすめです。また、3つの穴からスムーズにコーヒーが抽出されるので、すっきりとした口当たりが楽しめます。

12位:HARIO「カフェオールドリッパー02/CFOD-02B」

コーヒーの本来の香りが楽しめる

ステンレスフィルターのコーヒードリッパー

ランキング12位!食洗機で洗えるステンレス製ドリッパー

価格:1,050円

メーカー:HARIO

タイプ:円錐タイプ

穴:無し

リブ:無し

フィルター:ステンレスメッシュフィルター

材質:ドリッパーフレーム/ポリプロピレン、ドリッパーメッシュ部/ステンレス

サイズ:幅121×奥行135×高さ105mm

抽出量:1〜4杯用

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング12位のアイテムは、HARIO「カフェオールドリッパー02/CFOD-02B」です。ステンレスメッシュフィルターにより、ペーパーフィルターに吸収されやすいコーヒーオイルもドリップできます。そのため、コーヒーの香りをより楽しみたい人におすすめです。また、スタンド部分が取り外しできることに加え、食洗機での洗浄もできます。お手入れしやすい人気ドリッパーです。

11位:カリタ「コーヒードリッパー102-D」

コスパ良しの使いやすいドリッパー

プラスチック製のコーヒードリッパー

ランキング11位!入手しやすい人気アイテム

価格:291円

メーカー:カリタ

タイプ:台形タイプ

穴:3個

リブ:ストレートリブ

フィルター:台形型ペーパーフィルター

材質:AS(アクリロニトリルスチレン)樹脂

サイズ:約幅(取手含む)12.3×奥行10.5×高8.6cm

抽出量:2~4杯用

付属アイテム:メジャーカップ

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング11位のアイテムは、カリタ「コーヒードリッパー102-D」です。カリタ式の真っ直ぐなリブと3つ穴で、コーヒードリッパーからスムーズにコーヒー液が抽出されるので、すっきりとしたコーヒーの旨味が味わえます。500円以内の価格で購入できる良コスパのアイテムなので、カリタ式のドリッパーを初めて試す人におすすめのコーヒードリッパーです。

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング10位~7位

金属製のコーヒードリッパー

ランキング10位から7位のアイテムをチェック!

ここからはおすすめのコーヒードリッパーランキングの第10位から7位にランクインしたアイテムをご紹介します。

 

自宅でも美味しいコーヒーを楽しみたい人に人気のコーヒードリッパーですが、自分好みの味のコーヒーを淹れるためにはドリッパーの選び方が重要です。

先にご紹介した選び方のポイントを参考にランクインしたアイテムの特徴を比較しながら、自分にとってのお気に入りのコーヒードリッパーを探しましょう。

10位:メリタ「コーヒーフィルターSF-M1×2」

ドリップ方法が簡単な人気ドリッパー

プラスチック製のコーヒードリッパー

ランキング10位!お湯を一度に注いでドリップするアイテム

価格:449円

メーカー:メリタ

タイプ:台形タイプ

穴:1個

リブ:ストレートリブ(中程まで)

フィルター:台形型ペーパーフィルター

材質:AS樹脂(アクリロニトリルスチレン)

サイズ:幅135×奥行112×高さ82mm

抽出量:2~4杯用

付属アイテム:メジャースプーン

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第10位にランクインしたのは、メリタから販売されている「コーヒーフィルターSF-M1×2」です。こちらのコーヒードリッパーは、コーヒーを蒸らした後、飲みたい分量のお湯を一度に注いでドリップします。回数を分けてお湯を注ぐ必要がないため、時間がないときでも簡単に美味しいコーヒーを楽しめる人気コーヒードリッパーです。

初心者にもおすすめのドリッパー

台形のコーヒードリッパー

味が安定しやすいアイテム

メリタ「コーヒーフィルターSF-M1×2」の口コミでは、お湯を一気に注ぐことで美味しいコーヒーをドリップできることが人気のポイントとなっています。

今までカリタを使っていましたが、メリタの方が誰がいれても味がブレないと思いました。購入してからはこちらばかり使っています。

比較的簡単にドリップできるため、初心者の人におすすめのコーヒードリッパーです。また、1つ穴でコーヒーの成分もじっくりと抽出できるので、しっかりとした味わいのコーヒーがお好みの人からも人気があります。

9位:カリタ「ウェーブドリッパー155+300mlサーバーN+専用フィルターセット」

すぐにウェーブドリッパーを楽しみたい人におすすめ

ステンレス製のコーヒードリッパー

ランキング9位!ステンレスがおしゃれなカリタの人気ドリッパー

価格:3,652円

メーカー:カリタ

タイプ:台形タイプ

穴:3個

リブ:無し

フィルター:ウェーブフィルター

材質:本体/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂、取っ手枠/真鍮(ドリッパー)

サイズ:ツバ部直径/約105mm、高さ/約57mm(ドリッパー)

抽出量:1~2杯用

付属アイテム:サーバー、専用フィルター

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第9位は、カリタ「ウェーブドリッパー155+300mlサーバーN+専用フィルターセット」です。人気アイテム「ウェーブドリッパー155」で美味しいコーヒーを楽しむために必要なアイテムがセットになっています。ウェーブドリッパーに挑戦したい人におすすめのセットアイテムです。ドリッパーの側面は柔らかなウェーブの模様が入っており、おしゃれな印象です。

ステンレス製で扱いやすいアイテム

台形のコーヒードリッパー

使い勝手の良さも人気

カリタ「ウェーブドリッパー155+300mlサーバーN+専用フィルターセット」のコーヒードリッパーは、使い勝手の良いことが口コミで評価されています。

ステンレスの質感がとても良い。
取っ手の大きさや容量なども使い勝手が良くおススメできます。
カリタウェーブフィルター185がピッタリのサイズです。

こちらの口コミのように、おしゃれなデザインに加え、取っ手部分なども使いやすいように設計されていることが人気のポイント。また、えぐみが少ない味わいのコーヒーを淹れられるとの声も挙がっていました。味わいと使い勝手が両立された人気ドリッパーです。

8位:ZAFIELD「BaNeDripすぐに使えるペーパーフィルター付きセット」

キャンプにおすすめのワイヤードリッパー

ワイヤータイプのコーヒードリッパー

ランキング8位!キャンプのお供にぴったりのアイテム

価格:1,780円

メーカー:ZAFIELD

タイプ:ワイヤータイプ

穴:無し

リブ:無し

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:ステンレス(SUS304)

サイズ:使用時/15×65(高さ)mm、収納時/115×30(高さ)mm

抽出量:1~2杯用

付属アイテム:収納ケース、ペーパーフィルター10枚

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第8位は、ZAFIELD「BaNeDripすぐに使えるペーパーフィルター付きセット」です。こちらはワイヤードリッパーと呼ばれるタイプのコーヒードリッパーで、円錐型のワイヤーでペーパーフィルターを支えてドリップします。また、使わないときはバネのように縮めて収納できるため、キャンプなどのアウトドアのお供として人気のアイテムです。

自宅用としても使い勝手良し

ワイヤータイプのコーヒードリッパー

フィルター付きなのですぐに使用可能

ZAFIELD「BaNeDripすぐに使えるペーパーフィルター付きセット」は、円錐型のペーパーフィルターが付属しており、こちらのアイテムのみですぐにドリップコーヒーを楽しむことができます。

 

口コミでは、円錐型のフィルターが使えることで旨みが感じられるコーヒーがドリップできると高評価です。

1人でゆっくり、ドリップコーヒーを入れたくて購入。スタイリッシュ♪ 畳んで袋に入れることも出来、円錐形フィルターもお試しでついてきてすぐに使えて嬉しかったです。やっぱりフィルターの形が美味しさにとても影響することが分かりました。発送も早くて丁寧でよかったです。(^O^)/

また、収納しやすいことからオフィスや自宅でも使用しているとの声も挙がっていました。ステンレスのワイヤータイプのため、清潔に保ちやすいことも人気のようです。

7位:青芳「CASUAL PRODUCTカフェテリアコーヒードリッパー」

ゴージャスな雰囲気がおしゃれな人気ドリッパー

ステンレスフィルターのコーヒードリッパー

ランキング7位!ステンレスと金メッキの質感がゴージャス

価格:2,363円

メーカー:青芳

タイプ:台形タイプ

穴:10個

リブ:無し

フィルター:金メッキステンレスフィルター

材質:18-8ステンレス(フィルター部:金メッキ)

サイズ:W132xD132xH55mm

抽出量:1杯用

付属アイテム:ソーサー

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第7位は、株式会社青芳から販売されている「CASUAL PRODUCTカフェテリアコーヒードリッパー」です。こちらは、1杯分のコーヒーを丁寧にドリップできるアイテム。ステンレスの特殊メッシュ構造のフィルターに24金のゴールドメッキが施されています。コーヒー本来の香りが楽しめるので、華やかな雰囲気とコーヒーのアロマ感を感じたい人におすすめです。

ペーパーフィルターとは違う味わいが人気

ステンレス製のコーヒードリッパー

コーヒーの雑味が少ない味わいのアイテム

「CASUAL PRODUCTカフェテリアコーヒードリッパー」の口コミをチェックすると、使いやすいサイズ感のゴールドメッキフィルターのアイテムとして高く評価されています。

同じ珈琲でもペーパーフィルターで淹れた時とは、全然違う味わいになり、驚いた。抽出時間がかかる分、より、豆の味を引き出してる気がする。一杯に使う豆の量もペーパーフィルターより減らせるので経済的でもあるかな。

こちらの口コミのように、じっくりとドリップすることができ、抽出したコーヒーに雑味を感じにくいところが人気のポイントです。また、ベトナムコーヒーを淹れるためのアイテムとしての使い方も人気です。

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング6位~4位

おしゃれなコーヒードリッパー

おすすめのコーヒードリッパー6〜4位を紹介!

ここからは、ランキング6位から4位にランクインしたおすすめの人気コーヒードリッパーをご紹介します。

おいしいコーヒーを淹れられるだけでなく、デザイン性が高いアイテムも多いコーヒードリッパー。見た目や機能性などを比較しながら、お気に入りのアイテムを見つけましょう。

6位:ILCANA「MT.FUJI DRIPPER」

おしゃれなアイテムでコーヒーを飲みたい人におすすめ

ワイヤータイプのコーヒードリッパー

ランキング6位は美しいデザインが人気のアイテム

価格:3,240円

メーカー:ILCANA

タイプ:ワイヤータイプ

穴:無し

リブ:無し

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:18-8ステンレス(SUS304)

サイズ:114×76.3mm

抽出量:1〜4杯用

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第6位のアイテムは、コーヒーグッズメーカー「IFNi ROASTING&CO.」と「ILCANA」が共同開発した「MT.FUJI DRIPPER」です。美しい富士山のフォルムに加え、耐久性の高いステンレス製なので、長く使い続けることができます。こだわりのアイテムでおしゃれなコーヒータイムを楽しみたい人におすすめです。

手入れがしやすいワイヤータイプ

ワイヤータイプのコーヒードリッパー

使った後も簡単に洗いやすい

ILCANA「MT.FUJI DRIPPER」はワイヤータイプのコーヒードリッパーのため、手入れがしやすいことが特徴です。

 

見た目もおしゃれなので、オフィスなど人目につくところで使用するにもぴったりのアイテムになっています。

フィルターとの接触がほとんどないので、汚れがつきません。
水滴もつかないので、扱いが簡単になります。

おすすめです。

また、ペーパーフィルターではなく、ステンレス製のフィルターと組み合わせて使っているとの声も見られました。持ち手がついていないタイプのステンレスフィルターは、「MT.FUJI DRIPPER」と組み合わせることでフィルターの働きも邪魔されず、使い勝手が良くなるのでおすすめです。

5位:KINTO「SLOW COFFEE STYLEコーヒーカラフェセット/ステンレス300ml」

シンプルなおしゃれさが人気のコーヒードリッパー

ステンレスフィルターのコーヒードリッパー

ランキング5位!キッチンのインテリアにぴったりのアイテム

価格:3,780円

メーカー:KINTO

タイプ:円錐タイプ

穴:無し

リブ:無し

フィルター:ステンレスフィルター

材質:ステンレス・飽和ポリエステル樹脂(フィルター)

サイズ:径10×高さ15cm、幅12.5cm(本体)

抽出量:約2杯分

付属アイテム:カラフェ、ホルダー

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第5位は、KINTO「SLOW COFFEE STYLEコーヒーカラフェセット/ステンレス300ml」です。ステンレスフィルターでコーヒーの旨味成分を抽出できるので、コーヒー本来の美味しさを感じたい人におすすめです。フィルター・ホルダーは共にカラフェにぴったりと収めることができ、使わないときでもキッチンのおしゃれなインテリアとして人気のアイテムです。

デザインの美しさが人気

コーヒーを注いでいるカラフェ

ホルダーはメジャースプーン代わりに使用可能

KINTO「SLOW COFFEE STYLEコーヒーカラフェセット/ステンレス300ml」の口コミでは、シンプルで美しいデザインが人気となっています。

 

また、重量が軽いため、女性でも取り扱いがしやすいところも高評価のポイントです。

こちらの「SLOW COFFEE STYLEコーヒーカラフェセット/ステンレス300ml」に付属のホルダーは、ドリップ後のフィルターを立てておけるだけでなく、メジャースプーンの代わりとしても使用できます。高いデザイン性だけでなく、使い勝手の良さでもおすすめのアイテムです。

4位:KONO「名門2人用ドリッパーセットMDN-20/マイクロファイバークロス付き」

お店の味を自宅で楽しみたい人におすすめ

円錐型のコーヒードリッパー

ランキング4位!本格派に人気のドリッパーセット

価格:3,996円

メーカー:KONO

タイプ:円錐タイプ

穴:1個

リブ:ストレートリブ(下部のみ)

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:アクリル樹脂(ドリッパー)

サイズ:直径9.5×高さ6.5cm(ドリッパー)

抽出量:2杯用

付属アイテム:ポット・ペーパーフィルター40枚・計量スプーン・マイクロファイバークロス

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第4位は、KONO「名門2人用ドリッパーセットMDN-20/マイクロファイバークロス付き」です。こちらはコーノ式との言葉があるほどの定番の人気ドリッパーで、プロの愛用者もいるアイテムです。ドリッパー下部に入っているリブで、じっくりと抽出した深みのあるコーヒーを楽しめます。しっかりとした味わいのコーヒーが好きな人におすすめのセットアイテムです。

濃いめの味わいが人気

円錐型のコーヒードリッパー

コーヒーの香りを楽しみやすい

KONO「名門2人用ドリッパーセットMDN-20/マイクロファイバークロス付き」は、シンプルに使いやすいことが口コミで人気です。

円錐タイプのため、安定した味わいのコーヒーをドリップするには慣れが必要となりますが、コーヒーの深い香りを楽しめるアイテムです。また、ドリップ速度をコントロールしやすいため、じっくりとドリップすることでしっかりとした味わいを楽しめます。濃いめのコーヒーが好きな人におすすめです。

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング3位~1位

おしゃれなコーヒードリッパー

TOP3のアイテムをチェック!

いよいよここからは、コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキングの第3位から第1位にランクインしたアイテムをご紹介します。

台形タイプや円錐タイプ、自宅でじっくり使いたいアイテムやキャンプなどのアウトドアに便利な機能性の高いアイテムなど、コーヒードリッパーは色々なアイテムが販売されています。自分好みの味わいなのか、使い勝手が良いのかなど、1つ1つポイントを比較しながら、使いやすいお気に入りのコーヒードリッパーを選びましょう。

3位:月兎印「コーヒーフィルター」

セラミックのフィルターでまろやかな味わいに

セラミック製のコーヒードリッパー

ランキング3位!月兎印のコーヒードリッパー

価格:4,860円

メーカー:月兎印

タイプ:円錐タイプ

穴:無し

リブ:無し

フィルター:セラフィルター

材質:セラミック

サイズ:W12.5×H12.5×D9cm

抽出量:1〜2杯用

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第3位にランクインしたアイテムは、月兎印「コーヒーフィルター」です。こちらはセラミック製の「セラフィルター」を使用したドリッパー。セラミックの力で水のカルキ臭や不純物を取り除き、まろやかで優しい味わいのコーヒーをドリップできるおすすめのアイテムです。さらに、ペーパーフィルター不要で繰り返し利用できるので、フィルターを買い増す手間も不要です。

コーヒーポットとコーヒードリッパー

同じメーカーのコーヒーポットでレトロなおしゃれ感が楽しめる

また、こちらのコーヒードリッパーを販売しているメーカー「月兎印」は、ホーロー製のコーヒーポットが人気のメーカーです。

 

ホーロー特有のレトロなおしゃれ感と、こちらの月兎印「コーヒーフィルター」のセラミックの温かさは相性抜群。合わせて使うことで、非日常のおしゃれな雰囲気が楽しめます。

定期的なお手入れで長く使える

セラミック製のコーヒードリッパー

長く使いたい人におすすめのアイテム

月兎印「コーヒーフィルター」は、定期的にメンテナンスをすることで、長く使い続けられることが魅力のアイテムです。

とても美味しくコーヒーを飲めています。
使い始めて2ヶ月、1日1回でほぼ毎日使用しています。
まだ、直火での焼き切りは必要になっていません
(しっかりコーヒーが抽出出来ますし、抽出にかかる時間も使い始めと変わりません。)
コーヒー抽出後、すぐに逆さまにして下側から流水でコーヒー粉を流すようにしているのが良いのかもしれません。
いつまでも美味しいコーヒーが飲めるよう、大切に使っていきたいと思います。

こちらの口コミのように、使うたびに水やお湯で洗浄しておけば目詰まりは起こりにくいようです。また、1年に1度、フィルターを焼くことで目に詰まった細かなコーヒー粉などのゴミを落とすことができます。日常的なメンテナンスだけでもまろやかな風味が楽しめるので、セラミックフィルターを試してみたい人におすすです。

2位:MUNIEQ「Tetra Drip02S」

キャンプにおすすめの組み立て式コーヒードリッパー

ステンレス製のコーヒードリッパー

ランキング2位!シンプルさが美しいデザインのアイテム

価格:3,138円

メーカー:MUNIEQ

タイプ:円錐タイプ

穴:1個

リブ:無し

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:ステンレススチール

サイズ:132mm×90mm×0.9mm

抽出量:3.5杯用

付属アイテム:無し

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第2位は、アウトドア用品メーカーMUNIEQから販売されている「Tetra Drip02S」です。こちらのコーヒードリッパーは0.9mmという薄さが特徴のアイテムです。コンパクトで携帯性に優れているため、キャンプなどアウトドアに持っていくのにぴったり。重さも40gと軽量なので、楽々と持ち運ぶことができます。

ステンレス製のコーヒードリッパー

組み立て式なのに安定感抜群

MUNIEQ「Tetra Drip02S」は組み立て式のドリッパーで、組み立てた後は3点のスタンド部分でドリッパーを支えることができます。

 

組み立て式ながらもしっかりとしたスタンドなので、不安定になりがちなアウトドア時にも安心です。

さらに、メタリックの質感はクールでおしゃれな印象を与えます。そのため、キャンプはもちろんのこと、自宅でキッチンインテリアとして使用するのもおすすめです。

ドリップしたコーヒーが確認できて便利

ドリップしているコーヒードリッパー

スタンドの隙間からドリップ量を確認可能

MUNIEQ「Tetra Drip02S」の口コミでは、持ち運びのしやすさが非常に高く評価されています。ケースは付属していませんが、専用のレザーケースもおしゃれなのでセットで用意しておくのがおすすめです。

小さく収納できてステンレスの感じ、組み立ても慣れればすぐに出き良いですよ。
収納は百均で合うものを探しフィルターを数枚一緒に入れてます。
購入理由の一つに注ぎながらコップにどの程度お湯が入ってるか見えるというものがありました。もちろん見えます。これが案外重要でした。

また、こちらの口コミのように、どの程度のコーヒーがドリップされているのか確認できるところも高評価のポイントです。使い勝手にもこだわられているアイテムなので、キャンプ場でも快適なコーヒータイムが楽しめます。おしゃれで機能性の高いコーヒードリッパーを探している人におすすめのアイテムです。

1位:HARIO「V60セラミックドリッパー02セットXVDD-3012W」

人気のV60ドリッパーのセットアイテム

陶器製のコーヒードリッパー

ランキング1位!HARIOの陶器製V60ドリッパー

価格:2,582円

メーカー:HARIO

タイプ:円錐タイプ

穴:1個

リブ:スパイラルリブ

フィルター:円錐型ペーパーフィルター

材質:磁器(ドリッパー)

サイズ:幅140×奥行121×高210mm

抽出量:1〜4杯用

付属アイテム:ガラスサーバー・計量スプーン・V60用ペーパーフィルター02W(100枚)

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング第1位のアイテムは、HARIOの「V60セラミックドリッパー02セットXVDD-3012W」です。愛用者が多い「V60セラミックドリッパー」にサーバーやフィルターがセットになっているので、こちらのアイテムを用意すれば自宅ですぐにコーヒーのドリップを楽しめます。一気に必要なアイテムが揃うので、初めてコーヒードリッパーを使う人にぴったりなアイテムです。

陶器のコーヒードリッパー

スパイラルリブでネルドリップのような美味しさに

「V60セラミックドリッパー」の特徴は、円錐型のドリッパー全体に入ったスパイラルリブ。こちらのリブを通ってお湯が中央に集まるので、コーヒー粉全体からコーヒーの美味しさを抽出できます。

 

ペーパーフィルターを使用しながらも、ネルドリップのような味わいのコーヒーを淹れられると人気です。

注ぐお湯の量で味のコントロールが可能

セラミック製のコーヒードリッパー

V60ドリッパーは大きな1つの穴が特徴

HARIO「V60セラミックドリッパー02セットXVDD-3012W」のドリッパーは、大きな1つの穴からコーヒー液を抽出します。

 

そのため、注ぐお湯の量を調節することで、ドリップ速度をコントロールすることが可能です。

シンプルな形でインテリアの邪魔にならないのと、ドリップ部分の穴が大きいので、忙しい朝にたてる事が多い私たちの生活にはピッタリです。

ドリップ速度によってボディ感を感じる味わいか、クッキリとした味わいにするのかのコントールができるところも高ポイント。味わいはもちろん、陶器の温かみのある雰囲気が感じられる点も人気のアイテムです。

コーヒードリッパーで美味しいコーヒーを飲む方法・コツ

おしゃれなコーヒードリッパー

美味しいコーヒーの淹れ方を知ってコーヒータイムを豊かにしよう

ここではコーヒードリッパーでコーヒーを淹れる方法をご紹介します。ドリッパーでコーヒーを淹れる際は、いくつか手順を踏んで丁寧にドリップすることでコーヒーの味がより美味しくなります。

美味しいコーヒーを淹れる方法とあわせて、コーヒー豆の取り扱い方もご紹介するので、ドリップに挑戦する前にチェックしておきましょう。

コーヒー豆の取り扱い方法

器に入ったコーヒー豆

コーヒードリッパーを使用する際には中細挽きがおすすめ

美味しいコーヒーを楽しむためには、コーヒー豆にもこだわってみましょう。コーヒー豆は挽き方によって粒の大きさが変わり、粒が小さければ小さいほどコーヒー豆の味わいが抽出されやすくなります。

ペーパーフィルターを使用したコーヒードリッパーでコーヒーを淹れる際には、中細挽きにしたコーヒー豆がおすすめです。販売されている挽いたコーヒー豆は中細挽きのものが多いので、スーパーやコーヒー専門店で購入する場合にはあまり意識する必要はありません。

コーヒーミルに入ったコーヒー豆

豆は直前に挽く

また、コーヒーの本来の風味を味わうためには、コーヒーをドリップする直前に豆を挽くことが重要です。

 

コーヒー豆は挽いた状態で長く保存しておくと、空気や湿気に触れて酸化し、香りや味わいが変わってしまいます。

そのため、より美味しいコーヒーを飲むのなら、コーヒーを淹れる度に豆を挽くのがおすすめです。しかし、ミルを使用して自分で豆を挽く場合には、ちょうど良い粒の大きさに挽くように注意しましょう。

丁寧にドリップする

折り曲げられているペーパーフィルター

手順を踏んでドリップすると美味しくなる

コーヒードリッパーでは、きちんとした手順でドリップすることでグッと美味しいコーヒーを飲むことができます。まず、湯温を一定に保つため、ドリップの前に使用する器具をお湯で温めておきましょう。

次に、温めたコーヒードリッパーにぴったりのサイズのペーパーフィルターを選び、底部分と側面部分を折り曲げてセットします。ペーパーフィルターのサイズが合っていないと、コーヒードリッパーとの間に余計な隙間ができて上手く抽出できないので注意してください。

お湯を注いでいるコーヒードリッパー

お湯を注いでコーヒーを蒸らす

ペーパーフィルターをセットしたら、コーヒー粉を入れ、コーヒードリッパーを軽く揺らして表面を平らにします。台形タイプのコーヒードリッパーを使用する場合、1杯分にコーヒー粉10gほどが適量です。

続いて、コーヒーの中心に静かにお湯を注ぎ、コーヒー全体を湿らせます。そのまま20秒ほどおいて、コーヒーを蒸らしましょう。蒸らすことでコーヒーがお湯と馴染み、コーヒーの味わいが無駄なく抽出できるようになります。

お湯を注いでいるコーヒードリッパー

ペーパーフィルターに触れないようにお湯を注ぐ

蒸らしが終わったら、お湯を数回に分けて注いでいきます。メリタ式など、ドリッパーの種類によっては1度で必要な量のお湯を注ぐものもあるので、説明書などでチェックしておきましょう。

この際、ペーパーフィルターにお湯が触れないように注ぐと、余分な雑味のない美味しいコーヒーを淹れることができます。ここでご紹介したコーヒーの淹れ方は基本的なドリップ方法ですが、これだけでもドリップしたコーヒーの味が変わります。美味しいコーヒーを楽しむために、ドリップの際にはこれらのポイントを意識してみましょう。

使えなくなったフィルターの有効活用方法とは?

色々なペーパーフィルター

いらないペーパーフィルターの活用方法

湿気や他の食物の匂いがついてしまったり、コーヒードリッパーを買い替えたりなどで、使えなくなったペーパーフィルターをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実は、ちょっとした工夫で、コーヒードリッパー以外でもペーパーフィルターを利用することができます。ここで不要となったペーパーフィルターの活用方法をチェックしましょう。

お茶パックや出汁パックの代用品として使う

出汁をとっているコーヒードリッパー

お茶パックの代わりに使う

使わなくなったペーパーフィルターの活用法の1つ目として、お茶や出汁をとるのに利用してみましょう。

 

ペーパーフィルターの中にお茶の葉を入れ、コーヒードリッパーにセットして、コーヒーをドリップするのと同じようにお茶を淹れます。

 

使い終わったお茶の葉はペーパーフィルターと一緒に処理することができます。自宅に急須が無くともお茶を楽しむことができるので、人気の活用方法です。

さらに、和食を作る際に必須の出汁も同じように作ることが可能です。出汁をとるためのかつお節をコーヒーフィルターに入れて、熱湯を注ぎましょう。お湯を注ぐ方法では出汁が薄いようであれば、フィルターを熱湯につけておくのもおすすめです。

油濾し紙として活用する

油を超しているペーパーフィルター

ゴミを除去して綺麗な油に

揚げ物に使用した後の油には、揚げた物の衣などの揚げカスが残ってしまいます。そんな油を濾す油濾し紙としてペーパーフィルターを利用するのも、不要になったペーパーフィルターのおすすめの活用法です。

ペーパーフィルターの細かい目で余分なゴミを全て除去できるので、とてもきれいな状態に戻すことができます。油を濾した後のペーパーフィルターはそのまま捨てることができ、処理も簡単。揚げ物用の油は汚れていると痛みが早くなるので、使えなくなったペーパーフィルターを活用して、きれいな状態を保ちましょう。

おしゃれな加湿器として活用する

ペーパーフィルターで作られた加湿器

電気がいらないエコな加湿器に

寒い冬場はもちろん、エアコンを使用する夏場でも、空気の乾燥は気になるもの。そこで、乾燥が気になるときには、ペーパーフィルターを活用した加湿器を作りましょう。

 

水を吸い込みやすいペーパーフィルターは加湿器として利用するのにぴったりです。

作り方はシンプルで、ジャバラ状に折りたたんだペーパーフィルターを水を入れた器に挿すだけ。電気がいらないので、オフィスのデスクの上やリビングなど、好きなところに置いておくことができます。

ペーパーフィルターで作られた花飾り

お花風のアレンジがおしゃれ

また、ペーパーフィルターの上部をカットすることで、お花のようなおしゃれな加湿器を作ることができます。

 

まずはペーパーフィルターをジャバラに折りたたみましょう。

ペーパーフィルターが折れたら、折ったまま上部を花びらのような形に切り、扇型の底部分を輪ゴムで留めます。そのペーパーフィルターの上部を広げれば、キュートな花飾りの完成です。

ペーパーフィルターで作られた加湿器

作り方を変えるとバラ風にも

お気に入りのマグカップやガラスの器に挿しておけば、ペーパーフィルターとは思えないほど華やかな印象の加湿器になります。

 

また、カットの方法やペーパーフィルターのまとめ方を変えることで、より華やかなバラの花風の加湿器にアレンジすることも可能です。

 

使えなくなったペーパーフィルターがあるならチャレンジしたいおすすめの活用方法です。

料理に活用する

ヨーグルトを入れたコーヒードリッパー

話題の水切りヨーグルトが作れる

クリームチーズのような味わいになると話題の水切りヨーグルトを作る際にも、ペーパーフィルターが便利です。

 

コーヒードリッパーに入れたペーパーフィルターの中にヨーグルトを入れ、水を受ける器の上にセットします。

そのままラップをして、一晩冷蔵庫に入れておきましょう。翌朝にはヨーグルトから水分が抜け、クリームチーズのような水切りヨーグルトが完成します。水切りヨーグルトはチーズの代わりとして使用したり、スイーツ作りに使うのがおすすめです。

卵を入れたペーパーフィルター

ポーチドエッグ作りに活用

また、ペーパーフィルターに卵を割り入れ、お湯で茹でればポーチドエッグが簡単に作れます。

 

作ったポーチドエッグをハムと一緒にイングリッシュマフィンの上に乗せれば、朝食にぴったりのエッグベネディクトに。

ドリップしたコーヒーと一緒に食卓に並べれば、カフェのような雰囲気を味わえます。ペーパーフィルターを使うことですぐに作ることができるので、急な来客へのおもてなし料理としてもおすすめです。

ドリッパーと一緒にあると便利なコーヒーアイテムとは?

おしゃれなコーヒーサーバー

コーヒーアイテムがあればドリップに便利

コーヒーをドリップするだけであれば、コーヒードリッパーとペーパーフィルターがあれば十分だと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、コーヒードリッパーと一緒に準備しておくことで、より美味しいコーヒーを淹れられるようになる便利なアイテムがあります。ここでは、コーヒードリッパーと一緒に準備しておきたいコーヒーアイテムをご紹介します。

ドリップポット

野田琺瑯のドリップポット

ドリップポットは美味しいコーヒーの必需品

コーヒードリッパーでコーヒーを淹れるには、ドリップポットが必需品と言われています。

美味しいコーヒーを淹れるためには、ペーパーフィルターにお湯が触れないよう、コーヒー粉に静かにお湯を注ぐことが重要です。また、コーヒー粉にお湯を注ぐ際には、中心部分に渦巻きを描くように注ぐことでコーヒー粉全体にお湯を行き渡らせることができます。

注ぎ口が細くなっているドリップポット

お湯のコントロールがしやすくなるアイテム

通常のヤカンやケトルは、お湯が一気に出てきやすいため、繊細なお湯のコントロールをすることはなかなか難しいもの。そんな時に便利なアイテムがドリップポットです。

ドリップポットはお湯がコントロールしやすいように注ぎ口が細長く作られています。それによりコーヒードリッパーの真上から少しずつお湯を注ぐことができ、狙った場所にお湯を注ぐことが可能です。

ドリップポットを使用している男性

ドリッパー内の湯量の調整もしやすい

また、コーヒーの成分を無駄なく抽出するには、ドリッパー内の湯量を一定に保つようにお湯を注ぐことが重要です。

 

そんな場合も少しずつお湯を注ぐことのできるドリップポットを使うことで、湯量を調整することができます。

美味しいコーヒーをドリップするために必須のお湯のコントロールがしやすくなるドリップポットは、よりコーヒータイムを楽しむために必ず準備しておきたいコーヒーアイテムです。

コーヒーサーバー

カリタのコーヒーサーバー

抽出したコーヒーを受けるためのコーヒーサーバー

カップ1杯分のコーヒーであれば、カップの上にコーヒードリッパーをセットするだけでドリップすることができます。

しかし、一度に数杯分のコーヒーを淹れたい場合は、コーヒーサーバーを使用すると便利です。コーヒーサーバーは透明なので、ドリップしながらでもどのくらいのコーヒーが抽出できたのか把握しやすくなっています。

ドリッパーとコーヒーサーバー

複数杯でも安定した味わいを楽しめる

また、コーヒーサーバーを利用することで、数杯分のコーヒーが同じ味わいでドリップできることもメリットです。

 

アイテムによっては、コーヒーサーバーごと電子レンジやコンロで温めることができるため、時間が経ったコーヒーを飲む場合にも便利に使用できます。

メジャースプーン

おしゃれなメジャースプーン

コーヒー粉の計測に便利

メジャースプーンは、コーヒー粉を量るための専用のスプーンです。メジャーカップとも呼ばれます。毎回同量のコーヒーを計量することで、いつでも同じ味わいを楽しむためのアイテムです。

ドリップコーヒーは、使用するコーヒー粉の量が少しでも変わると、味わいが変わってしまいます。そのため、安定して自分好みの味わいのコーヒーを淹れるには、常に同じ量のコーヒー粉を量らなければいけません。ティースプーンや計量スプーンで量る方法もありますが、コーヒー専用のメジャースプーンを使うことでドリップにちょうど良い量のコーヒー粉を簡単に計量できます。

おしゃれなメジャースプーン

コーヒーをドリップするのにちょうど良い量が計量できる

ティースプーンや計量スプーンで量る方法もありますが、ドリップにちょうど良い量のコーヒー粉を計量することができるので、コーヒー専用のメジャースプーンがおすすめです。

また、メジャースプーンはアイテムによって、量ることのできる量が違います。ほとんどのアイテムは1杯分のドリップにちょうど良い8gから10gのコーヒー粉を計量できるサイズ感ですが、自分好みの味わいに合わせたサイズを選びましょう。

コーヒードリッパーのお手入れ方法!汚れはどう取る?

おしゃれなコーヒードリッパー

気になる着色汚れの落とし方

コーヒードリッパーを長く使用していると、いつの間にかコーヒーの色素の着色汚れが付着しています。気付いたときにはなかなか落ちない頑固な汚れとなっていることも多いようです。

そんなコーヒードリッパーの汚れはどうやって落とせば良いのでしょうか。ここでは、コーヒードリッパーのお手入れ方法をご紹介します。コーヒードリッパーの種類によってはお手入れ方法が違うので、取り扱い説明書などで確認しておきましょう。

浸け置き洗いでスッキリ落とす

汚れがついたコーヒードリッパー

重層とメラニンスポンジできれいに!

普段使っている台所用洗剤でも落ちない着色汚れがついたコーヒードリッパーは、浸け置き洗いをするのがおすすめです。

 

重曹を溶かした熱湯に、30分から1時間ほどコーヒードリッパーを浸けておきましょう。口に入るものなので、食品グレードの重層を選ぶと安心です。

 

浸け置きが終わったら再び台所用洗剤で洗いましょう。これだけで軽い着色汚れはすっきりします。

重曹につけただけでは落ちない着色汚れには、メラニンスポンジがおすすめです。汚れている部分をメラニンスポンジでやさしくこするように洗うと、すっきりと汚れが落ちます。

数本の綿棒

細い隙間は綿棒で掃除

しかし、リブの隙間や底部分の穴はメラニンスポンジではうまく汚れが落とせないことがあります。細かくてメラニンスポンジでは上手にこすれない部分は、綿棒を使って洗うと綺麗になります。

たまにはお店もおすすめ!おいしいコーヒーが楽しめる有名店は?

机の上のコーヒー

カフェでおしゃれにコーヒーを楽しもう

自宅で美味しいコーヒーを楽しんでいても、たまには専門店のコーヒーを楽しみたいもの。そこで、ここでは美味しいコーヒーを味わえるお店を紹介します。

モジョコーヒー

カフェの外観

ニュージーランド発のおしゃれカフェ

東京都内に数店舗展開しているモジョコーヒーは、ニュージーランド発の人気カフェです。おしゃれな雰囲気の店内で、美味しいコーヒーと軽食を楽しめます。

 

メニューが豊富にあるところも嬉しいポイント。また、モーニングも行なっているので、仕事の前に立ち寄っていくのもおすすめのカフェです。

アラビカ京都東山

ラテアートがされたカフェラテ

京都に行ったら立ち寄りたい人気カフェ

京都にあるアラビカ京都東山は、ラテアートの世界大会で優勝したバリスタが淹れるコーヒーが楽しめるカフェです。カップに入った「%」のマークが特徴で、コーヒーは苦味の少ない味わいです。

かわいいラテアートも楽しめるため、普段からコーヒーを飲み慣れていない人にもおすすめ。テイクアウトすれば、京都の町並みを散策しながら美味しいコーヒーを楽しめます。

コーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキング!のまとめ

おしゃれなコーヒードリッパー

自分にぴったりのコーヒードリッパーで毎日を楽しもう

以上、この記事ではコーヒードリッパーおしゃれなおすすめランキングと題して、おすすめのコーヒードリッパーをご紹介しました。

 

コーヒードリッパーはそれぞれドリップしたコーヒーの味わいが違うため、自分好みのアイテムを選ぶことが大切です。

また、キャンプなどのアウトドアで使いやすいコーヒードリッパーと自宅で使いやすいコーヒードリッパーなど、コーヒードリッパーの選び方も人それぞれです。この記事を参考に、自分にとってのお気に入りのドリッパーを見つけて、毎日のコーヒータイムを楽しみましょう。

その他続けて読みたいコーヒーアイテムのランキングはこちら!

コーヒープレスおすすめランキングTOP13!選び方や美味しい珈琲の淹れ方は? | ランキングまとめメディア
コーヒードリップポットおすすめランキング29選!毎日の珈琲が美味しくなる! | ランキングまとめメディア
コーヒーミルおすすめ人気26商品を比較!掃除やメンテナンスが簡単なのは? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ