羽生結弦の名言ランキング95選!努力や生き方を考えさせられる格言とは?

人気フィギュアスケーターの羽生結弦さんは、若くして数々のメダルを獲得し表彰台に上がっています。近年では、平昌オリンピックが記憶に新しいことでしょう。彼は、記者からのインタビューで、独自の考えや価値観を語ってきました。そこには、視聴者も胸を打つ名言がたくさんあります。この記事では、羽生結弦さんの生き方や、並々ならぬ努力がわかる彼の格言、名言ランキング95を取り上げました。お気に入りの名言は、ランキングに入っているのでしょうか。

目次

  1. 羽生結弦さんの名言ランキング95選!
  2. 羽生結弦さんの名言ランキング95位~61位
  3. 羽生結弦さんの名言ランキング60位~41位
  4. 羽生結弦さんの名言ランキング40位~21位
  5. 羽生結弦さんの名言ランキング20位~11位
  6. 羽生結弦さんの名言ランキング10位~4位
  7. 羽生結弦さんの名言ランキング3位~1位
  8. 羽生結弦さんの秘密を徹底リサーチ
  9. 羽生結弦さんの名言ランキング95選のまとめ

羽生結弦さんの名言ランキング95選!

努力や生き方を考えさせられる格言とは?

フィギュアスケーターである羽生結弦さんは、数々の名言を残しています。このランキングでは、そんな羽生結弦さんがインタビューなどで語った名言などを紹介していきます。

羽生結弦さんとは

羽生結弦さんは、平昌オリンピックなど数多くの表彰台に君臨するフィギュアスケート界の王者です。近年では、ケガで挑んだにも関わらず平昌オリンピックで高得点を出し、見事金メダルを獲得しました。高い技術とファンサービスの良さから、絶大な人気を誇ります。

平昌オリンピックでの発言や数々の名言をピックアップ!

この記事では、平昌オリンピックや、その他の試合のインタビューで語った羽生結弦さんの名言を紹介していきます。

良い名言との出会いは、人の生き方や考え方を変えてくれます。お気に入りのものが見つかるかもしれません。では、早速ランキング95位から取り上げてまいります。それではランキングスタートです!

羽生結弦さんの名言ランキング95位~61位

95位:練習のメニューは

羽生結弦さんは、練習でも決して妥協せず、己に厳しくしているようです。練習メニューもハードなものを取り入れ、本番にしっかり備えています。

きつい練習がしたい

あえてつらい課題を己に課すことが、彼の強さの秘訣なのかもしれません。自身の技術を伸ばしたいという人に教えてあげたい名言になります。きっと背中を押してあげられることでしょう。

94位:感謝の言葉

羽生結弦さんは、自分を支えてくれた周囲の人やファンへの感謝を忘れません。メダリストになって、人気がでても天狗にならず、他者への配慮や感謝を常にしています。

たくさんの方々に育てていただいたことを本当に感謝しています

己の力をひけらかすことなく、周囲で支え、技術を磨いていくことに協力してくれた人たちへの感謝をすることで、さらに彼を応援してあげたいと考える人もいるでしょう。人柄も強さの一つであることがわかる名言になります。

93位:オリンピック中演技に集中していた時の名言

ランキング93位になったのは、プレッシャーを感じないくらい演技に集中していた時の名言です。

このTwitterは羽生結弦さんのコメントになりますが、いかに羽生結弦さんがスケート中に集中しているかということもわかり、集中力の高さがうかがえる名言になります。

92位:上達するなら

羽生結弦さんは、技術を高めることを何よりも大切に考えているようです。そのためなら、どんなことでもする覚悟はあると言います。彼の演技へのストイックさがわかる名言になります。

上手くなるためなら何だってします

上手くなる努力というのは、時につらく苦しいものです。そんなつらさも受け入れる精神性の高さがうかがえます。彼のような強さを持つことが、成功に繋がるとわかる名言です。

91位:プレッシャーを感じた時

メダリストという傍ら、多くのファンの期待を背負っています。しかし、彼はそんな押しつぶされそうなプレッシャーも乗り越えられる強さを持っています。

問題を乗り越えることの大切さがわかる名言になります。今後は、プレッシャーと向き合おうと前向きに考えることができます。

90位:モチベーションを保つ

モチベーションを高めるために、自分自身に強く言い聞かせているようです。自分を奮い立たせることも大切だとわかる格言になります。

まだ力が残っているのだと自分自身に言い聞かせることで、さらなる力を発揮できることもあります。自分の限界を乗り越え、善い結果を出せそうな名言です。

89位:成長した姿

点数よりも、応援してくれるすべての人たちに、自身が成長した姿を見せることができたことが嬉しいと語ります。

ファンや応援者を大切にする羽生結弦さんらしい名言です。羽生結弦さんは、地元のことをとても大切に考えている発言が多くあります。生まれた場所を大切にできることから、愛着があることがわかります。

88位:負けた時

勝てない試合が楽しいわけがない

羽生結弦さんは、かなりの負けず嫌いなようです。負けてしまった試合は、くやしくてたまらないと語ります。こうした心持も、彼がオリンピック表彰台に君臨し続ける理由なのでしょう。

87位:トラブルに対する心構え

一般的に、人はトラブルは悪いだけのものと考えがちです。しかし、トラブルがきっかけで物事がよい方向へ向くことも多々あります。あらゆる苦難を乗り越えてきた羽生結弦さんの説得力のある格言です。

86位:記録を塗り替えていく

羽生結弦さんは、新しい頂点を目指すことが好きなようです。次々と記録を塗り替え、留まることを知らない成長をみせてくれる彼らしい発言になります。まだしたことのない新しいことに取組む勇気をもらえる名言です。

85位:あきらめる前にやること

羽生結弦さんは、あきらめるという概念がないようです。壁にあたったら、今の自分には何ができるのか必死に考えると言います。

今何をしなくてはいけないのか諦める諦めないの前に考える

諦めてしまえば、そこまでで何も達成することはできません。彼の選択肢に「諦める」というものはないのでしょう。精神性の強さと粘り強さを感じさせる名言です。

84位:一生懸命に関する考え

羽生結弦さんは、現在自身ができる最高の演技をみせることができるように努めているそうです。常に全力で誠実さを忘れない、彼らしい格言になります。どんな時も、出し惜しみをせず全力でものごとに取り組んでいこうと思える前向きな名言です。

83位:自己分析も怠らない

自身の演技を振り返り、冷静に分析して今後の課題を決めて練習に取り組んでいるようです。今までの自分を冷静に分析し、反省点や褒められるポイントを見つけることで、次の計画も練りやすいものとなります。観察眼や自己分析も大切だとわかります。

82位:自身の力量をはかる

ランキング82位は、こちらの名言になります。世界的なメダリストであるにもかかわらず、表彰台に上がれたのは自分だけの力ではないと謙虚な考えを示しています。自身の力量を知り、他者への感謝を忘れません。

81位:羽生結弦の原点

メダリスト・羽生結弦さんの原点がここにあるようです。メダリスト・羽生結弦さんの原点がここにあるようです。平昌オリンピックなど、数々の試合において練習で磨いた技術で、本番で達成感を得ることができました。練習の大切さを噛みしめた、幼き日の羽生さんの名言になります。

80位:練習と本番

ランキング80位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、練習と本番は別物であるという考えがあるようです。練習と本番を分けて考え、演じることに彼の強さの秘訣があるのかもしれません。

79位:怒りの感情も大事

羽生結弦さんは、怒りや悔しさも表彰台に上がる際に必要な感情であると語ります。負の感情はネがティブで、排除したいと思われがちですが、こうした感情をバネにする精神の強さも必要だということが分かる名言と言えるのではないでしょうか。

78位:演技にたいする姿勢

ランキング78位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、周囲が褒めてくれる演技ではなく、自分自身が納得できる演技を求めているようです。シビアな自己評価を下すことが多いため、自身が納得いく演技はかなりレベルが高いものであると考えられます。

77位:継続することの大切さがわかる名言

一年間やってきたことは一か月くらいじゃなくならない

技術を日々磨いていくことは、決して無駄な経験ではないと語ります。着実にそれは自身の身につくというのです。がんばっている人に勇気を与える格言になります。

76位:メダルを意識しすぎない

ランキング76位は、こちらの名言です。羽生結弦さんは、メダル獲得ばかりを意識しないようにしていると語ります。しかし、まったく意識しないのもダメと主張します。目標のバランスを考えながら行動することの大切さがわかる格言になります。

75位:弱さを認める

羽生結弦さんは、ジュニアからシニアに上がった際、フィギュアスケートの厳しさを目の当たりにし、己の弱さを痛感したといいます。

現状の弱い自分を認め、自身に厳しい課題を突き付け、成長しようとしたと語ります。弱さを受け入れることの大切さがわかる名言です。

74位:明確な目標

ランキング74位は、こちらの名言です。羽生結弦さんは、目標を明確にしているようです。思い描いた目標に向かって、ひたすら努力し、成功を掴みとってきました。

73位:課題をクリアした後の心構え

羽生結弦さんは、表彰台に上がってからもその先を見据えています。メダルをとってそこで終わりではなく、今後の課題や目標を明確にし、更なる努力を惜しみません。

またその上がある

72位:いつでも集中する

常に集中することの意味を考えさせられる名言です。羽生結弦さんは、回をこなす内にさらに集中力が高まったと語ります。一流のアスリートは、努力だけでなく人一倍の集中力も持ち合わせていることがわかる名言です。

71位:どうしても勝ちたい

羽生結弦さんの、負けず嫌いな性格がわかる名言です。羽生結弦さんの「絶対負けたくない」という強い気持ちがつたわってくる名言になります。メダリストの意地と意気込みが見られる名言です。反対に、これくらい強い意志がなければメダル獲得は難しいのかもしれません。

70位:道具も大切に

羽生結弦さんは、ファンや周りの人だけでなく、氷に対しても感謝の言葉を述べています。プロのアスリートは、道具をとても大切にすると言います。

氷にもすごく感謝

氷も羽生結弦さんにとっては大切な道具なのかもしれません。道具も大切にしようと思える格言になります。習い事をしている人や、スポーツをしている人は、道具に感謝することでさらに上達が見込めるかもしれません。

69位:母親への想い

羽生結弦さんのお母様は、もっとも身近で彼を支えてきた人物の一人です。羽生結弦さんは、お母様に対する感謝の気持ちを常に抱いていると言います。

母親の愛情を感じながら滑っている

家族を大切に考える羽生結弦さんの優しい人柄がわかる名言です。身近な人からの支えを得、かつその人たちへの感謝の気持ちをわすれないことが、成功の秘訣の一つなのかもしれません。

68位:短い時間でも

人間の集中力は、一般的にあまり長くは続かないと言われています。羽生さんは、そんな人間の特性を知っているためか、短時間で集中したいと語ります。

短時間の練習で集中したい

または、オリンピックや平壌での試合など、短いスパンで試合は続きます。彼は、演習時間があまり確保できない時を考慮して、こうした発言をしたのかもしれません。いずれにしても、短時間で物事に集中して取り組むことはとても大切だと思わせてくれる名言です。

67位:批判的な意見に関しては

羽生結弦さんは、批判的な意見もきちんと受け止める姿勢を取ります。批判意見は、精神に重くのしかかります。しかし、その中にも建設的な見解が隠されていることもあります。彼は、批判の中から建設的な見解を見出し、自身の成長につなげているようです。

66位:身体を痛めても

羽生結弦さんは、どれだけ身体を酷使してもフィギュアスケートを続けたいと語ります。フィギュアスケートへの情熱と愛がわかる名言です。

腰が砕けるまでやります

フィギュアスケート選手にとってケガはつきものです。羽生結弦さんも何度もケガをされています。しかし、どれだけ身体を酷使しても続けていきたいとプロ根性をみせてくれました。

65位:ケガをしてしまっても

こちらは、羽生結弦さんのケガに対する見解になります。ケガをしてしまったら、元も子もありません。万全としたコンディションで挑めないのはもちろんのこと、ひどい場合は試合にでることすらできません。しかし、羽生結弦さんは、それを恐れて演技に支障をきたすのはよくないと語ります。

64位:苦しいことに対する意識

逆境は、一般的にとてもつらいものであり、避けたいと考える人も多くいます。しかし、羽生結弦さんは、それすらも自身が成長できるチャンスであると言います。

逆境は嫌いじゃない

逆境をネガティブにとらえないとは、前向きで努力家な彼らしい名言です。ついつい目を背けてしまいがちな人の心に響くであろう名言になります。

63位:弱さも受け入れる

羽生結弦さんは、「弱い自分が嫌い」と発言しています。目を背けたい気持ちにかられることもあるようですが、きちんと向き合い、そんな自分すらばねにして成長していく強さを持ち合わせています。

62位:好きなものを正直に語る

ランキング62位は、好きなものへの愛情を表現したこちらの名言になります。羽生結弦さんの演技後は、たくさんのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれます。というのも、ご本人が「プーさんが大好き」公言しているためです。好きなものを素直に語る姿勢も好感が持たれています。

61位:視覚で記憶

イメージを記憶

羽生結弦さんは、目で見てイメージをとらえ、実践に生かすと語ります。現状の自分の技術では追いつけない場合、羽生結弦さんはイメージだけでも取り入れるようにしていたようです。技術を磨くことの意識の高さがうかがえる名言になります。

羽生結弦さんの名言ランキング60位~41位

60位:試合に向かう時の姿勢

失敗することを考えて考えて挑戦したことは一度もない

羽生結弦さんは、基本的に失敗することなど考えていないと語ります。ランキング60位は、こちらに名言です。イメージ力の大切さがわかります。また、自信をきちんと持てるだけ努力と練習をこなしてきたともいえる名言です。物事には、下準備をしっかり整えてから挑むべきと伝わってくる名言になります。

59位:前にいる人を追いかける

ランキング59位は、目標を明確にしたこちらの名言になります。羽生結弦さんは、前にいる先輩スケーターの存在を意識しているといいます。目標とする人物がいることで、さらに成長できるようです。目標を設定することの大切さがわかる格言になります。

58位:一番の敵

羽生結弦さんは、自分自身が敵であると発言しています。自身が持つ誘惑や弱さなどのことと思われます。

一番の敵は自分自身

自身を一番の敵に設定することで、さらなる高みを目指そうとしておられるようです。ついつい自分に甘くなってしまいがちな人の心に響く名言になります。

57位:選手として

どんな時でも全力を出す

羽生結弦さんは、どんな時でも誠心誠意をこめて試合に臨んでいると語ります。ランキング57位は、こちらの名言です。時と場合で気を抜いてしまうことは、誰しも多少あることです。しかし、彼はどんな時も全力でフィギュアスケートに挑みます。シンプルな名言ですが心に響きます。

56位:ソチでの大会で

羽生結弦さんは、ソチで行われた大会で全力をつくしたと語っています。そして、それからも努力は惜しまないと語っています。プロのアスリートらしいストイックで前向きな発言になります。努力を続けたメダリストならではの名言です。

55位:恐怖について

ランキング55位は、こちらです。羽生結弦さんは、恐怖についてこのように語っています。恐怖を感じないほど演技に集中できるということかもしれません。不安を抱えやすい性分の人からしたら、非常にうらやましい特性です。

54位:王者として

羽生結弦さんは、フィギュアスケートの王者に君臨し続けています。王者の名に見合った演技をすることを常に心がけていると語ります。今後もファンの期待に沿った演技をみせてくれそうな名言になります。

53位:意気込み

ランキング53位は、彼の意気込みの強さがわかるこちらになります。絶対に負けたくないという信念を持ち続けていたようです。こうした信念の強さが、長い間フィギュアスケートのメダリストとして活躍できる秘訣でもあるのでしょう。

52位:勝つことは当たり前

優勝するしかないのなら優勝すればいい

羽生結弦さんは、勝つことを常に意識しているようです。練習で磨き上げられた技術と、羽生結弦さんのメンタルの強さがわかります。優勝すると強く目標を定め、練習を積み重ねていくといいます。

51位:コンディションも磨く

羽生結弦さんは、コンディションを磨く気配りもおこたりません。試合に挑むにあたっての名言になります。羽生結弦さんは、ベストなコンディションで試合に臨めるよう努めていきたいと語ります。プロのアスリートならではの名言です。

50位:自身の脚への評価

この足で良かった

羽生結弦さんは、自身が持つ足に対しても満足しているようです。自信の強さと、磨き上げてきた技術への信頼がわかります。自信を鍛えるために、まずその下地を作っていくことの大切さがわかります。

49位:成長のためにしていること

いつも心を開いている

羽生結弦さんは、心を開くことを常に意識していると語ります。心を閉じていたら、得られる支援も得ることができません。たくさんの応援者を大切にする成功者ならではの格言になります。

48位:内面を見つめる

羽生結弦さんは、自身の内面を見つめ答えを見つけるようにしているといいます。そして、自分が出した疑問は自分自身にしかわからないというのです。色々考えさせられる格言になります。

47位:全力で挑む姿勢

プライドにかけて全力で飛びたい

羽生結弦さんは、メダリストとしてのプライドがあると言います。そのため、自身のプライドをかけてジャンプを飛びたいと語っていました平昌オリンピックでも見事メダルを獲得したのは、こうした意識の高さからと考えられます。

46位:最初に言葉から

まず口に出して自分の言葉に追いつけばいい

羽生結弦さんは、まず宣言をするといいます。そして、自身の技術を努力で磨き、宣言通りの結果を出すと語ります。言葉に出して宣言してしまうことは、自分自身にプレッシャーをかけることでもあります。羽生結弦さんは、そうして追い込むことで、自身を振いたたせています。

45位:結果を見て練習量を振り返る

試合での結果を見て、練習量をはかるそうです。練習量は、結果に直結すると考えての発言と思われます。そして、さらなる課題を自分に課すといいます。王者であり続けられる理由は、ここにあるようです。

44位:自分に何ができるか

羽生結弦さんは、自分をコントロールし高みに立つ術を常に考えていると語ります。そして、試合で力を発揮できるよう務めています。上昇志向がわかる成功者ならではの格言になります。

43位:滑りたい

僕はただ滑りたいだけ

羽生結弦さんは、「滑りたい」という純粋な思いを持っています。平昌オリンピックや、その他多くの試合の表彰台に立ち続ける彼の原点のようです。「好き」という気持ちも大切なことがわかる名言です。

42位:スポーツ以外で大切にしていること

礼儀を大切にしたい

羽生結弦さんは、幼いころから家族に礼儀に関してしっかりしつけをされたようです。礼儀は人とのつながりをより良いものにしてくれます。礼儀を重んじることで、つかめるチャンスもめぐってくるかもしれません。羽生結弦さんの人柄がわかる名言です。

41位:言い訳をしない

羽生結弦さんは、試合で失敗しても決して言い訳はしません。そして、他者のせいにすることもなくすべて自己責任と捉えて、次の行動を考えるようです。成功者らしい、ストイックな格言です。

羽生結弦さんの名言ランキング40位~21位

40位:表彰台に立つ立場を意識

ランキング40位は、表彰台に昇る自身の立場に対する考えがわかる名言です。羽生結弦さんは、オリンピックのメダリストとして、己の感情だけで動いてはいけないと自身を抑制しています。その時その場で適切な判断をし、責任ある行動をとれる方とわかる名言です。

39位:今できることに対する意識

羽生結弦さんは、現在自分にできる努力を考え、目標に向かって突き進む生き方をされています。

今しかできないことを全力でやる

今しかできないことを全身全霊をかけて行うことで、成功に近づくことができるのかもしれないと思わせてくれます。

38位:結果論を重視

一般人である私たちは、努力したら「偉い」と褒めてもらえるケースは多々あります。しかし、国の代表としてスケートリンクに上がる彼は、そんなことはありません。常に、結果を残すことを意識して試合の臨んでいると語ります。プロ意識の高さがわかる格言です。

37位:壁にあたった時

羽生結弦さんは、厳しい練習や試合を重ねていく中で、やはり苦しいと思うことがあるようです。プロフェッショナルらしい名言です。

妥協しきれない

どんなに苦しくても、妥協しない粘り強さと根性が、彼が表彰台に上り続ける理由のようです。あきらめない強さをもらえる名言です。

36位:本番と練習

羽生結弦さんは、本番と練習は別物であると語ります。決して言い訳はせず、己に負けたと表現しています。平昌オリンピックでメダルと獲得できた強さもここにあるようです。

35位:どれだけ身体が悲鳴をあげても

どれだけ身体を酷使しても、やりきるという意気込みを表した格言になります。メダリストとしての意地とパワーが感じられます。粘り強い心を持つことは、勝うえでとても大切であることがわかります。

34位:挑戦とは

モチベーションをあげるためのもの

挑戦し続ける大切さを説いた名言になります。物事に挑む勇気をもらえる名言です。挑戦し続ける度に、新たな目標ができてくるものです。そして、その目標の数々に向かってどんどん努力していくことができるのです。

33位:王者の風格

羽生結弦さんは、先代の王者のすべりを追うことにも務めていたといいます。アスリートは、成功法としてイメージトレーニングを取り入れる人も多くいます。彼は、平昌オリンピックなど数多くの試合でメダルを獲得してきました。イメージトレーニングの大切さがわかる名言です。

32位:従来のやり方だけじゃだめ

いつも通りやろうとしたら僕の負け

羽生結弦さんは、いつもと違う挑戦をすることを意識していると語ります。常に進化し続けることは、己を高めることです。オリンピックという厳しい舞台では、なおさらこうした意識が必要なのかもしれません。

31位:目標を書きだす

ランキング31位は、こちらです。「目標を書きだすことで成功率が上がる」という理論を持ち出す人は、多くいます。

羽生結弦さんもその一人です。目標を書き出し、明確にした上でやるべきことを考え練習しているようです。彼に倣って、紙に目標を書き、成功をつかみとりましょう。

30位:ジャンプのコツ

羽生結弦さんは、先輩スケーターの浅田真央さんのアクセルを見てイメージがわかり、飛べるようになったと語ります。

先人の技をマネ、更に技術を磨き高みを目指しました。平昌オリンピックでも、見事なアクセルを披露してくれました。

29位:頂点に立っても

金メダルをとって表彰台に上がっても、くやしい思いをすることがあると言います。満足いく演技を披露することで、満足感を得られるのでしょう。プロフェッショナル顔負けのストイックな格言になります。

28位:怒りの感情

怒りの感情が原動力になる

羽生結弦さんは、怒りの感情があるからこそ挑戦し続ける努力ができると語ります。怒りは、とてもエネルギーが強い感情です。これを利用しない手は、ありません。怒りからも学ぶことがあるとわかる名言です。

27位:褒めたい部分

羽生結弦さんは、努力を怠らなかった自分をほめることもしています。自身の現状を冷静に観察し、褒めれる部分はきちんと褒めるといいます。アメとムチを自身にも使い分けているようです。

26位:信じる

『信じること』そのものが大きな力になる

羽生結弦さんは、信じることの大切さを説きます。平昌オリンピックをはじめ、数々の試合に出場する彼が言うからこそ説得力があります。

25位:人はそれぞれ個性的

羽生結弦さんは、自分は自分、人はそれぞれ個性があると語ります。当たり前のことかもしれませんが、意外と忘れてしまっている人も多くいます。それぞれ自分に見合った生き方をすべきということかもしれません。自身の得意分野を伸ばし活躍する彼らしい格言になります。

24位:ミスをした時

羽生結弦さんは、ミスさええも前向きにとらえる生き方をされています。ミスは、やらかしてしまうととても精神的に重くのしかかるものです。一方で、自身の至らない部分がわかり改善に努めるきっかけにもなります。彼は、そんなミスさえも己の成長につなげていくといいます。

23位:記者に対して

かまいません、全部書いてください

どんなことも、すべて書いていいと記者に告げます。ここまで、自身のある発言はメダリストならではでしょう。彼の自身と懐の深さが垣間見える名言です。

22位:強い好敵手の中で

羽生結弦さんは、強い選手たちと競えることに喜びを感じているといいます。強い選手たちと競うことで、己の技術を磨くことができます。平昌オリンピックなど、数多くの試合で表彰台に上がった彼らしい格言です。

21位:成長できるところ

羽生結弦さんは、試合が好きだと語ります。試合があるからこそ、成長でき成長できた自分自身を確かめることができます。メダリストらしいかっこいい名言です。

羽生結弦さんの名言ランキング20位~11位

20位:プレッシャーに対する心構え

乗り越えることができれば自分が強くなれる

羽生結弦さんは、乗り越えることで、自身の精神を鍛えることができると言います。困難や、苦しみの先には成長があります。乗り越えられた人にしかわからない世界があるのだとわかる名言です。

19位:震災をきっかけに

ランキング19位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、東日本大震災で考え方が少し変わったといいます。そして、色んな人に支えられ、応援されていることを実感したといいます。

18位:大事にしているもの

一生懸命さが大事

一生懸命努力する生き方を心がけているようです。練習も、試合もその他のことも、何でも一生懸命取り組んでいるといいます。成功者ならではの名言になります。

17位:遅れを取り戻す

ランキング17位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、練習時間をあまり確保できない状況下であっても、きちんと追いつこうとする努力をおこたりません。計画性の高い生き方も、成功の秘訣とわかる格言です。

16位:周囲の人への感謝

僕がみんなを支えるなんて間違った考えでした。僕の方がみんなに支えられていたんだ

羽生結弦さんは、自身を支えてくれている人たちへの感謝もしています。当初は、自身が周囲を支えているのだと考えていました。しかし、滑って行く中で考えが変わったといいます。周囲にも気を配る生き方がわかる名言です。

15位:勝敗ではなく

自分が今高みに立とうとしているかが大事

羽生結弦さんは、どれだけ前にすすめたかが大事だと語ります。高みを目指すこと、己が成長することを優先するといいます。成長のため努力を惜しまない生き方をする彼らしい名言です。

14位:悔しさ

ランキング14位は、こちらの名言になります。自身を決して心が広いわけではないと分析しています。負けてしまった時、くやしくてたまらないという思いを抱えるといいます。そして、次回は勝つと心に強く決めるといいます。

13位:勝ちたいという思い

羽生結弦さんは、欲があるから勝つことを強く意識して努力を続ける生き方をしているようです。

特に自分は謙虚と思っていない。貪欲だし、勝ちにこだわる

貪欲さがあるために、勝ち進んでいくことができるようです。貪欲さは、ネガティブなものではないとわかる名言です。

12位:スケーターとしての喜び

ランキング12位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、こころからフィギュアスケートが好きだと度々語っています。しかし、プロのスケーターとして活躍する中、楽しいことばかりではありません。しかし、そんな時でもスケートが好きな思いを捨てない心構えを持っています。

11位:痛感したこと

ランキング11位は、こちらの名言になります。きちんと終わった後の演技を振り返り、適切な評価をくだしています。そして、この時は自分がうわべだけの演技をしていたと語っています。

羽生結弦さんの名言ランキング10位~4位

10位:時間に対する考え

その時、その時、一秒でも時間を大切にしていると語ります。一般的に、多くの人は時間を無駄に使ってしまいがちです。

一分一秒を大切にする

しかし、彼は少ない時間で何ができるか常に考え、行動する合理的な思考を持っています。普段、ぼやっと過ごしている人の心に響く名言です。

9位:今を楽しむ

ランキング9位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、今日、明日できることを精一杯楽しむようにしていると語ります。そして、その時その場でやるべきことをきちんと把握する生き方をしています。

8位:絶対に勝つ

絶対に勝ちたい、こんなんで負けてたまるか

人一倍負けん気が強いことがわかる名言になります。「負けたくない」という信念の強さで、試合に挑んできたことがわかります。彼の生き方やこだわりが伝わってきます。

7位:何でもするという心構え

ランキング7位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、スケートの技術を磨く努力は惜しまないと語ります。上手くなることへの熱意と意志の強さが感じ取れます。メダリストとしての生き方がわかる格言です。

6位:イメージ力

イメージだけでもみんなに追いつこう

羽生結弦さんは、イメージだけでもできた自分を想像するよう心掛けていると語ります。実際にできないなら、イメージからでも取り入れることで、体がついていくかもしれないと考えてのことだったようです。

5位:目立ちたい

ランキング5位は、こちらに名言がランクインしました。自身を「目立ちたがり屋」と分析しています。そして、そんな自分だからこそ力を出し切れるようです。フィギュアスケーターの生き方が現れた名言になります。

4位:満足はしない

4位は、こちらの名言になります。羽生結弦さんは、過去に満足しません。自身の改善点を見つけ、向き合い、成長する努力を続けます。そうした熱心な努力によって平昌オリンピックではメダルを獲得しました。今後開催されるオリンピックにも期待したい名言になります。

羽生結弦さんの名言ランキング3位~1位

3位:2014年3月のインタビュー

羽生結弦さんは、逆境にいることでモチベーションが上がるようです。多くの人は、逆境に押しつぶされ、逃げ出したくなってしまうことがあります。しかし、彼はそんな逆境すらも己の武器として利用します。

逆境にいればいるほど勝ちたくなります

常人の意識では到底及ばない、強い精神性が垣間見える名言になります。彼くらい強い意識で、世の中渡っていきたいという意見も見られます。

羽生結弦さんは、普通の人なら目を背けて逃げ出したくなる逆境にも真摯に向き合います。そして、自身に足りない技術を磨き、努力をする生き方をします。「彼の強さがわかる」との意見も見られます。

逆境もファンの期待も背負い、数々の表彰台に上がり続ける彼は、多くの人に勇気を与えてくれます。近年の平昌オリンピックでも、ファンの期待を背負って活躍してくれました。羽生結弦さんのファンが多い理由の一つもここにあるのでしょう。

2位:フィギアスケートを芸術に例えた名言

芸術は絶対的技術に基づいたもの

羽生結弦さんは、フィギュアスケートを芸術に例えました。芸術は、技術が高くなければ世間から認めてもらえません。そして、スケートも技術、つまり積み重ねた努力が必要であると語ります。努力の大切さを説く羽生結弦さんの名言になります。

これはまったく実績がない人が言っても、説得力がない名言です。平昌オリンピックなど、多数の表彰台に上がり続ける羽生結弦さんならではなの名言であるとの意見も多く見られます。

芸術、フィギュアスケートに限らず、色んな物事に当てはまるとの意見も多くあります。勉学や仕事など、自身が抱える問題と重ね合せた人もいました。

1位:努力に関する名言

努力は嘘をつく。でも無駄にはならない

金メダリストの羽生結弦さんが語る努力についての名言が1位にランクインしました。努力は、時にいくら積み重ねても本番で役に立たないことも多々あります。しかし、羽生結弦さんは、どんな努力も意味はあると語ります。その場で役に立たなくても、いつかその努力が実を結ぶ日が来るかもしれません。平昌オリンピックなど、数多くの表彰台に上がった彼が言う勇気がもらえる名言です。

若くして数々のオリンピックに出場してきた羽生結弦さんが言うから説得力があるという意見が多く見られます。メダリストとして数多くの努力を積み重ねた生き方をしてきた彼らしい名言です。

努力する生き方に疲れてしまった人は、現実多くいます。しかし、平昌オリンピックなど数多くの試合に出場し、努力を積み重ねてきた羽生結弦さんが言うから、勇気をもらえたとの意見も見られます。生き方そのものを変えてくれそうな名言です。以上が、羽生結弦さんの名言ランキング95選になります。

羽生結弦さんの秘密を徹底リサーチ

ファン必見の見逃せないネタもたっぷり!

ここでは、羽生結弦さんの名言以外の情報を紹介していきます。好きな食べ物には、鍋や焼肉などの大勢で食べるものをあげています。その他、とんかつや寿司も好きだと語ります。

しかし、細い体からお察しの通り、あまりたくさん食べはしないと関係者は語ります。また、寒色系や中間色の多い衣装が多い羽生結弦さんですが、好きな色には赤を挙げています。

羽生結弦さんの名言ランキング95選のまとめ

ここまで、羽生結弦さんの名言を取り上げてきました。お気に入りの名言は、見つかりましたか。

平昌オリンピックでも、ファン期待通りの活躍を見せてくれました。羽生結弦さんは、まだまだ現役のスケーターでもあります。今後の活躍にも期待していきたいところです。

他にも名言を紹介した記事はまだまだあります!

レディー・ガガの名言ランキングTOP15!かっこいい生き方の信念の言葉! | ランキングまとめメディア
【深い】映画の名言100連発!たった一言が人生を変える? | ランキングまとめメディア
心に響く失恋の名言30選。失恋したての人は必読の言葉を厳選 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ