軽キャンピングカーおすすめベスト31!ソロやカップルに大人気の軽キャンパー!

軽自動車をベースに製造された軽キャンピングカーは、軽キャンパーや軽キャンという愛称で親しまれています。寝泊りができるだけでなく普段使いにも便利な軽キャンピングカーは余計な駐車スペースが必要ありません。しかし価格や種類が豊富に存在しているため選び方でお悩みの方がいるのではないでしょうか。そんな方のためここでは軽キャンピングカーのおすすめ人気ランキングをまとめていきます。おすすめランキングの中からお気に入りの軽キャンパーを見つけて、楽しいアウトドアに出かけてみましょう。

目次

  1. 軽キャンピングカーおすすめランキング!人気車種の価格など
  2. 軽キャンピングカーおすすめランキング31位~11位
  3. 軽キャンピングカーおすすめランキング10位~7位
  4. 軽キャンピングカーおすすめランキング6位~4位
  5. 軽キャンピングカーおすすめランキング3位~1位
  6. 軽キャンピングカーの魅力やメリットは?
  7. 軽キャンピングカーのおすすめしたいおしゃれな内装
  8. 軽キャンピングカーおすすめランキング!のまとめ

軽キャンピングカーおすすめランキング!人気車種の価格など

キャンプなどで大活躍するおすすめの軽キャンパー

軽キャンピングカーを撮影している画像

人気の軽キャンパーベスト31

軽キャンピングカーは小回りが利くため、キャンプなどのアウトドアで大活躍する人気車種です。

 

そのため1人でアウトドアを楽しむ方から、デートに使いたい方など多くの人に選ばれてきました。

ここからは軽キャンバーの愛称で大人気の軽キャンピングカーの選び方や価格、そして種類などの詳細情報をまとめていきます。詳細情報と併せて軽キャンピングカーのおすすめランキングをご紹介していきますので、ご自分の環境にマッチする軽キャンパーを探していきましょう。それでは軽キャンピングカーおすすめランキング31選のスタートです!

おすすめの軽キャンピングカーの種類や選び方

軽キャンピングカーの概要

軽キャンバーを写している画像

コンパクトサイズが魅力

軽キャンピングカーは宿泊スペースを設置した軽自動車で、軽キャンパーや軽キャンと呼ばれています。

 

通常のキャンピングカーに比べると、日常的に使用できるため大人気の車種となりました。

また軽キャンピングカーは駐車場所に悩まされる心配もありません。あくまでも軽自動車の規格になりますので大人数での移動には適していませんが、現在は少人数でのアウトドアが流行しているため人気を集めています。そんな軽キャンピングカーの種類や選び方をお伝えしていきますので、軽キャンパーを購入してアウトドアデビューをしてみましょう。

軽キャンピングカーの側面を写している画像

軽キャンピングカーのメリット

軽キャンパーは車両購入価格がお求めやすい点が最大のメリットと言えるでしょう。

 

さらにコンパクトなサイズのため機動性が優れている点も人気の理由となっています。

もちろん軽自動車の規格になるため自動車税や保険料も安価なため、維持費に悩まされる心配もありません。また最新の軽自動車は燃費性能も向上しているため、家計に優しい点も高く評価されています。高速道路の料金も安価になるため、費用対効果を選び方で重視している人は軽キャンピングカーをセレクトしてアウトドアライフを充実させましょう。

3種類に分類される軽キャンバー

キャブコンを写している画像

人気を集めるキャブコン

軽キャンパーは3種類に分かれていて、最もメジャーなタイプが軽キャブコンになります。

 

こちらはキャブと呼ばれる運転席部分と居住空間が分かれている軽キャンパーです。

居住空間はシェルと呼ばれていて、屋根やベッドルームをお好みで設計できる点がメリットと言えるでしょう。軽自動車の規格ギリギリまでシェルを広げることができるので、ゆったりとした室内空間を楽しみたい人におすすめです。また様々な機能性を充実させることができるため、本格的なアウトドアを楽しみたい人はキャブコンを選択するようにしましょう。

バンコンを撮影している画像

低価格のため人気のバンコン

2種類目の軽バンコンと呼ばれる軽キャンパーは、1BOXタイプの軽自動車をベースに作られた軽キャンピングカーです。

この軽キャンパーは外見が軽自動車と変わらないため、日常的に使用したい人に最適と言えるでしょう。またキャブコンのようにシェルを作る必要がないため、購入価格を安価に抑えられる点がメリットになります。ただし寝泊りするためのスペースを広くしようとすると、別途費用がかかるポップアップルーフなどを取付けなければなりません。そのためバンコンは事前に計画を立ててから購入を検討するようにしましょう。

トラキャンを写している画像

脱着が簡単で人気のトラキャン

3種類目の軽キャンピングカーはトラキャンと呼ばれる車種になります。

 

こちらはアウトドアに使用する時だけ軽トラックの荷台に居住スペースとなるシェルを装着させるタイプです。

軽トラックをすでにお持ちの方はシェルを購入するだけなので、新たに自動車を購入する必要がありません。またシェルの脱着は専用のジャッキを使用すれば約30分で完了します。そのため車両の内装を改造したくない人や、選び方でお求めやすい価格を重視している人はトラキャンタイプの軽キャンピングカーをチョイスするようにしましょう。

軽キャンパーの選び方

ビルダーの工場を撮影している画像

ビルダーの特徴をチェックする選び方

軽キャンピングカーはビルダーと呼ばれる専門のメーカーが製造しています。

 

海外にもビルダーは存在しているのですが信頼性の高さから日本のビルダーを選択するようにしましょう。

日本のビルダーは国内の環境に合わせた軽キャンピングカーを製造してくれています。また自社工場での製造にこだわるビルダーや、デザイン性を追求しているビルダーなど様々な特徴がありますので、ビルダーの個性も選び方の重要なポイントと考えるようにしましょう。

乗車定員を紹介している画像

乗車定員に関する選び方

軽キャンピングカーの選び方で次に重要となるのが乗車定員になります。

 

基本的に軽キャンピングカーの乗車定員は4人までですが、定員だけでなく車内空間をしっかりと確認しておきましょう。

車内空間は2人でお出かけする人と家族4人で外出する人ではレイアウトが異なります。そのため軽キャンピングカーはご自分がアウトドアに出かける時の人数に合わせて車内空間を考慮しなければなりません。各ビルダーは使い方やおすすめする定員などを明示してくれています。こちらもしっかりとチェックしながら軽キャンピングカーを選ぶようにしましょう。

車内空間を写している画像

内装に関する選び方

軽キャンピングカーの選び方で続いて押さえておきたいポイントは内装設備になります。

 

アウトドアやキャンプにはテーブルや棚などの内装設備は欠かすことができません。

その他にも軽キャンピングカーは電子レンジやポータブル冷蔵庫などを設置できる車種もラインナップしています。またシャワーがセットされたシンクがあると料理や洗い物など多方面で活躍してくれることは間違いありません。内装の種類は基本設備とオプションに分かれていますので、ご自分の行動に合わせた内装を選んでアウトドアに利便性をプラスさせましょう。

収納スペースを撮影している画像

収納スペースに関する選び方

アウトドアやキャンプに出かけることが多い人は、収納スペースも選び方で重視しなけれないけません。

 

特にご家族で頻繁に出かける方は荷物が多くなるため収納スペースをしっかり確認しておきましょう。

例えばキャビンの上に棚が設置されているものや、床下などに収納スペースがある軽キャンパーは非常に重宝するはずです。ベースが軽自動車のため、どうしても軽キャンパーは車内空間が広々としている訳ではありません。そのため考えられた収納スペースが用意されている種類の軽キャンパーをセレクトするようにしましょう。

お金を表している画像

価格に関する選び方

人気の軽キャンピングカーは100万円台~500万円台と価格はグレードによって大きく異なります。

 

そのため使用する環境に合わせた価格も選び方で重要なポイントと言えるでしょう。

テレビや電源など車内設備が充実している軽キャンピングカーを必要としている人には、高級な価格の車種がおすすめとなっています。一方で必要最低限の設備で充分だと考える人は中古車市場で軽キャンピングカーを探すようにしましょう。軽キャンピングカーを購入する時は価格も考慮しなければなりません。おすすめランキングの中では価格相場もお伝えしていきますので、選び方の参考にしていきましょう。

軽キャンピングカーおすすめランキング31位~11位

軽キャンピングカーを写している画像

厳選したランキングTOP31

ここからいよいよ軽キャンピングカーのおすすめ人気ランキングベスト31をまとめていきます。

 

数多くの種類から選りすぐった人気の軽キャンパーをご紹介していきますので、ランキングの中からお気に入りの車種を見つけて楽しいキャンプに出かけましょう。

31位:エブリィキャンプ

使いやすさにこだわった軽キャンピングカー

エブリィキャンプを撮影している画像

レンタルも可能

価格帯:192万円~245.3万円

メーカー:株式会社レクビィ

タイプ:バンコン

ベース:エブリィワゴン

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:ハイルーフ、シンク等

軽キャンピングカーのおすすめ人気ランキング第31位はレクビィの「エブリィキャンプ」が獲得しました。レクビィは自社ブランドでオリジナルの軽キャンピングカーを製造している人気ビルダーです。リアシートに設置されたベッドは使いやすいよう折り畳み式を採用しました。駆動形式はFFと4WDの2種類がラインナップされていますので、利用状況に合わせた車種をチョイスしましょう。

車両を紹介する動画

こちらの軽キャンピングカーはリアの左右にキャビネットがあり、リアマットの下に収納スペースを設置しました。またFFヒーターと電動の蛇口付きのシンクも搭載していますので、どの季節でもキャンプを楽しむことが可能です。さらに夜間でも車内を明るく照らしてくれるLED照明も完備されています。ベースの車両はターボ搭載車なので、走行性能の優れた軽キャンピングカーをアウトドアのお供に選んでみましょう。

30位:HOLIDAY

外出先でモバイル機器を利用できる軽キャンピングカー

HOLIDAYを撮影している画像

電装系に特化した軽キャンパー

価格帯:156.9万円~

メーカー:オートワン

タイプ:バンコン

ベース:ハスラー(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:エネチャージ対応充電システム

車内で快適に宿泊するため電装系にこだわったオートワンの「HOLIDAY」がおすすめランキング第30位にランクインしました。こちらはエネチャージ対応充電システムと、車内でモバイル機器を使えるUSB端子付属のインバーターを搭載しています。さらに外部電源も標準装備させました。ハスラーの可愛い車体を活かした軽キャンピングカーは外出時のテンションを上げてくれる人気車種です。

展示しているHOLIDAY

豊富なオプションが人気の理由

「HOLIDAY」には外部100V電源だけでなく、LED証明や4連スイッチパネルが標準で装備されています。

 

このような充実した装備が搭載していれば充分すぎると感じてしまうかもしれません。

しかしこの軽キャンピングカーにはさらに豊富なオプションが用意されています。10L給水タンク&ポンプを装着すれば後片付けや水遊びが可能になりますし、バックドア用の防虫ネットがあれば虫刺されを心配する必要がありません。またFFヒーターもオプションで搭載できますので冬場もレジャーを楽しめます。また装着が簡単なサイドオーニングもありますので、ご自分なりのカスタムを満喫しましょう。

29位:ココスマート

ポップアップルーフを搭載した軽キャンピングカー

ココスマートを撮影している画像

車内を広く使える軽キャンパー

価格帯:191.8万円~222.1万円

メーカー:フィールドライフ

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:ポップアップルーフ

おすすめランキング第29位の「ココスマート」はポップアップルーフを装着した人気の軽キャンピングカーです。こちらはターボ車だけでなくNA車があり、さらにマニュアル車も用意しているため燃費性能にこだわる人から高く評価されていました。ボディカラーはホワイトにシルバー、ブラックとブルー、カーキとバイオレットの6種類から選べますので、お気に入りのカラーリングを選んでキャンプをエンジョイしましょう。

車内を写している画像

収納に使いたい多彩なオプション

「ココスマート」はオプションのフロアベッドを装着すると快適な車中泊ができます。

 

フロアベッドの下には大容量の収納スペースがありますので、大人数での移動も可能にしました。

またポップアップルーフのテントはベージュとワインレッドの2種類からチョイスできるため、おしゃれを楽しみたい人におすすめの軽キャンピングカーになっています。ルーフ部分は耐久性を向上させるためウレタン塗装を施しました。いつものキャンプを楽しくさせるため、おすすめランキング入りを果たした「ココスマート」をレジャーのパートナーに選んでみましょう。

28位:ディアラ

極上の居住空間を実現した軽キャンピングカー

ディアラを撮影している画像

心地良い就寝を追求した室内

価格帯:356万円~425.5万円

メーカー:マックレー

タイプ:キャブコン

ベース:ボンゴ(マツダ)

乗車定員:8人(就寝時8人)

装備:キャビネット、ステンレスシンク

マックレーが開発した「ディアラ」は横向きのシートを配置することで室内が広く感じられるようになりました。またフルフラットになるベッドからは、寝心地の良さを追求したメーカーのこだわりが伝わってきます。オプションで発電機やエアコン、FFヒーターが設置可能ですので本格的なキャンピングカーにも引けを取りません。おすすめランキング第28位に入った「ディアラ」に快適な旅をサポートしてもらいましょう。

ディアラの車内を写している画像

シンプルな室内空間

こちらは車両サイズが全長470cm×幅195cm×高さ264cmとなっています。

 

最大の特徴は車内を立って移動できる高さと、荷物を多く収納できる広々としたスペースです。

安眠できる空間がコンセプトの「ディアラ」の上位グレードには、上段ベッドを搭載したタイプもラインナップしました。軽キャンピングカーのキャブコンとしては、これ以上の広さを作ることはなかなかできません。豊富な種類のグレードを用意している点も人気となった理由です。外出先でも安心して睡眠をとりたい方は「ディアラ」を選んでおくと間違いありません。

27位:INDY108

リラックスできる軽キャンピングカー

INDY108を撮影している画像

豊富なカラーバリエーション

価格帯:279.5万円~316.9万円

メーカー:東和モータース販売

タイプ:キャブコン

ベース:ハイゼットトラック(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時4人)

装備:シャワー付きキッチン、テーブル等

「INDY108」はホワイト、レッド、ボストンブルー、アズールブルー、スチールブルーの5種類からパネルカラーを選ぶことができます。こちらは居住性を高めるため結露の予防と断熱効果に期待ができるアクリル製の2重窓を装備しました。また生活用水として充分すぎる量となる13Lの給水&排水タンクも完備しています。キャンプを楽しみたい人はおすすめランキング第27位の「INDY108」をチェックしておきましょう。

INDY108の車内を写している画像

おしゃれなインテリア

この軽キャンピングカーはカフェにいるような気分を味わえる美しいブラウンの家具を室内に設置しました。

 

またボディの左側にシャワーノズルを付けたキッチンを配置しています。

シャワーは外部に出せますので汚れを落とす時などにこのシャワー機能を有効活用させましょう。さらにキッチンの側面には外部の電源と接続することで使えるACコンセントを設置しています。リアシートとマットを組み合わせて完成するベッドは193×113×100cmというビッグサイズを採用しました。「INDY108」が完成させた心の底からくつろげる空間の中で、大切な人と極上のひと時を過ごしてみましょう。

26位:ミニチュアクルーズCOZY

家具にこだわった軽キャンピングカー

ミニチュアクルーズCOZYを撮影している画像

エレガンスな空間を演出

価格帯:208万円~256.1万円

メーカー:株式会社岡モータース

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:リクライニング機能付きベッド

軽キャンパーの人気シリーズから「ミニチュアクルーズCOZY」がおすすめランキング第26位にランクインしました。こちらはシリーズで初めて吊り下げ型のキャビネットを搭載しています。さらに家具のパーツが痛まないように接合する部分を溝工法を用いて作り上げました。軽キャンピングカーとは思えないエレガンスで上質な空間でゆっくりとくつろいでみましょう。

ミニチュアクルーズCOZYの車内を写している画像

充実した装備内容

「ミニチュアクルーズCOZY」はロゴをデザインしたアクリル製の2段ラックを装備しています。

 

さらにカップホルダーを2ヶ所設置したL型のテーブルは縦と横に向きを変えられるようにしました。

左側上部にはロングサイズのLED照明を装備していて、こちらは季節や時間帯に合わせて明るさと色をリモコンで変更することが可能です。間接照明としてLED照明を活用すると車内が落ち着いた雰囲気になりますので活用してみましょう。おすすめランキング第26位の「ミニチュアクルーズCOZY」は華やかな空間を演出してくれる軽キャンピングカーとなっています。

25位:J-cabinMini

グッドデザイン賞を獲得した軽キャンピングカー

J-cabin Miniを撮影している画像

機能性とデザイン性を両立

価格帯:160.6万円

メーカー:MYSミスティック

タイプ:トラキャン

適合車両:各種軽トラック

乗車定員:2人(就寝時2人)

装備:ソファーベッド、網戸付

おすすめランキング第25位の「J-cabinMini」優れたデザイン性と高い機能性が評価されグッドデザイン賞を獲得しました。こちらは脱着式のため各種軽トラックに適合していて、豊富なオプションによって無限の可能性を秘めているトラキャンです。快適に過ごしたい人は壁型エアコンやポータブルトイレ、大型インバーターを装備可能にした「J-cabinMini」を選んでオリジナルのカスタムにチェレンジしてみましょう。

内装を写している画像

内装にもこだわったトラキャン

「J-cabinMini」の内装は和風をモチーフに作られていて、日本人が落ち着く空間に仕上げています。

 

フラットタイプのベッドは快眠を提供するためゆったりしたサイズを採用しました。

また天井には荷物の収納と出し入れに便利なキャビネットを設置しています。こうした細かな心配りが「J-cabinMini」のおすすめランキング入りを後押ししました。そして枠組みに隙間をあけて平行に組んだルーバー式のサイドウィンドウがおしゃれ感を演出してくれています。サイドウィンドウはスライド式も用意されていますので、2種類の中からお好みのタイプを選びましょう。

24位:K-ai

水平に上がるルーフが特徴の軽キャンピングカー

K-aiを撮影している画像

ビジネス用に適したキャブコン

価格帯:283万円~

メーカー:オートショップアズマ

タイプ:キャブコン

ベース:スクラム(マツダ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:ポップアップルーフ

ポップアップルーフが水平に上がる「K-ai」がおすすめランキング第24位を獲得しました。こちらはシンプルな外観になっていますので移動販売などのビジネス用におすすめしたい軽キャンピングカーです。さらに軽キャンピングカーはアクリル製の窓を採用することが多いのですが、「K-ai」はガラス窓を装備しました。そのため傷が付きにくいというメリットがありますので「K-ai」を購入の候補リストに加えましょう。

K-aiの車内を写している画像

高い天井が魅力の軽キャンパー

「K-ai」の最大の魅力はルーフが水平に上がるため、天井の高さが均一になるところです。

 

この水平のポップアップルーフは車内で簡単に着替えができることを実現してくれました。

ポップアップルーフは天井に付いたハンドルを押し上げるだけで開きますので余計は力は必要ありません。シートはベンチタイプと対面式の2種類から選ぶことができ、カラーリングは8種類用意されています。その他にも吊り下げタイプのキャビネットや網戸を標準装備しました。内装の壁には起毛を施した柔らかな素材になっていますので、温かな雰囲気を感じながらキャンプを楽しむことができます。

23位:ロードセレクトコンパクト

収納スペースに重点を置いた軽キャンピングカー

ロードセレクトコンパクトを撮影している画像

アイデア満載の収納力

価格帯:199.4万円~269.7万円

メーカー:カスタムセレクト

タイプ:バンコン

ベース:エブリィ(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:ポップアップルーフ

おすすめランキング第23位は衣装ケースがそのまま収まる収納スペースを完備した「ロードセレクトコンパクト」でした。高さの調節を可能にしたロフトボードを採用したこちらの軽キャンピングカーは、広々とした就寝スペースを確保することができます。オプションの上段ベッドを追加することで4人が眠ることができるため、ご家族で出かける機会が多い方は「ロードセレクトコンパクト」をチョイスしてみましょう。
 

ロードセレクトコンパクトの車内を写している画像

充実した標準装備

6連集中スイッチやLED照明を標準装備した「ロードセレクトコンパクト」は使いやすさに定評があります。

 

左右にキャビネットを装備したことで収納性を心配する必要もありません。

さらに使いやすいようにメインとなるベッドマットは超軽量の素材を採用しました。FFヒーターや電子レンジ、ソーラーパネルなどオプションも豊富にラインナップしていますので、上級者のキャンパーも満足してくれるはずです。大きく開放するポップアップルーフを搭載した「ロードセレクトコンパクト」を選んで、アウトドアライフを充実させていきましょう。

22位:アトレーキャンプ

スタンダードな軽キャンピングカーのエントリーモデル

アトレーキャンプを撮影している画像

使いやすいシンプルな内装が魅力

価格帯:235.4万円~271.6万円

メーカー:株式会社レクビィ

タイプ:バンコン

ベース:アトレーワゴン(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:シンク、給排水タンク

「アトレーキャンプ」は使いやすさを追求した結果、シンプルな内装を採用しました。その上で見た目を美しくするため室内をモダンなカラーリングで統一しています。またソーラーパネルシステムやテレビシステムなどのオプションも充実しているため、世界で唯一の軽キャンピングカーをお探しの方は「アトレーキャンプ」を検索してみましょう。

アトレーキャンプの車内を写している画像

工夫をこらした収納スペース

こちらは運転席の上部に昇降式の収納スペースを設置し、リアシート上部にキャビネットを配置しました。

 

そしてベッド下にも収納スペースがあるため多くの荷物を積載することができます。

さらにベースとなるアトレーワゴンには、安全運転をサポートするスマートアシストⅢが搭載されています。家族でアウトドアに出かける人にとって安全性能の搭載は欠かすことができません。荷物をたっぷり積めて大切な家族の命を守ってくれる「アトレーキャンプ」を購入して、安全で安心なアウトドアライフを過ごしましょう。

21位:愛犬くん

愛犬専用の軽キャンピングカー

愛犬くんを撮影している画像

太陽光発電を標準装備

価格帯:169.9万円

メーカー:オートワン

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:30Wソーラーパネル

日本で初めてワンちゃんのために開発された軽キャンピングカーの「愛犬くん」がおすすめランキング第21位に入りました。こちらは家族である愛犬が快適に過ごせるようソーラーパネルと温度センサーが付いたベンチレーターを標準装備しています。愛犬の足を洗うスペースも完備していますのでペットを連れてキャンプに行きたい人は「愛犬くん」の購入を検討してみましょう。

愛犬くんを紹介する動画

「愛犬くん」はベースの車両をエブリィバンと日産NV100クリッパーバンハイルーフの2種類から選ぶことができます。標準装備も充実していて、走行充電システムや外部入出力コンセントが搭載されました。また愛犬の足を洗うスペースには床下収納が設置されているため、荷物の置き場に困ることもありません。愛犬とレジャーに出かけて幸せな時間を満喫してみましょう。

20位:ウェイク

軽自動車最大クラスの収納量

ウェイクを撮影している画像

14ヶ所の収納スペースを完備

価格帯:135万円~184.1万円

メーカー:ダイハツ

タイプ:バンコン

ベース:ウェイク

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:運転席シートヒーター(4WD)

おすすめランキング第20位は好調な販売台数をキープしているダイハツの「ウェイク」でした。こちらはビルダーが製造した軽キャンピングカーではありませんが、キャンプを楽しめる軽自動車として人気を集めています。その理由は豊富なアクセサリーがラインナップされているためで、セパレータ―ネット、バックドアターブなどを装着させると軽キャンピングカーに変身するためランキングに名を連ねました。

ウェイクTVCMキャンプ編

キャンプを楽しむためにはコンロやクーラーボックスなど大容量の荷物を積まなければなりません。「ウェイク」は軽自動車でありながら広いカーゴスペースを設けることでこの問題をクリアしました。またこちらのシートは撥水加工がされているため汚れが付着することを軽減してくれています。シートを倒せばロングソファーになりますので、「ウェイク」を選んでお手軽にキャンプを楽しみましょう。

19位:リゾートデュオバンビーノ

開放感のあるポップアップルーフ装備の軽キャンピングカー

リゾートデュオバンビーノを撮影している画像

本格的なクーラーシステムを完備

価格帯:307万円~330万円

メーカー:ステージ21

タイプ:キャブコン

ベース:ハイゼットトラック(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:省電力クーラーシステム

「リゾートデュオバンビーノ」は1年中快適に過ごしてもらうため、省エネタイプのクーラーシステムを搭載しました。静音設計のクーラーシステムはサブバッテリーを使うことで100時間の稼働を実現しています。消費電力は約1Aになっていますので、車内をいつでも快適な空間にすることを可能にしました。おすすめランキング第19位の軽キャンピングカーで酷暑を爽やかに乗り切りましょう。

リゾートデュオバンビーノ紹介動画

こちらはコンポジットパネルにアルミをベースにした6層構造を採用しました。アルミの間には断熱材を入れているため夏も冬も快適な車内空間を保つことができます。またアルミを使用したことによって一般的な軽キャンピングカーよりも車両重量を約300kg軽くすることに成功しました。軽量化によって走行性能が向上した「リゾートデュオバンビーノ」の乗り心地をご自身の手で実感してみましょう。

18位:コング

8ナンバー取得の軽キャンピングカー

コングを撮影している画像

NAとターボをラインナップ

価格帯:249.3万円~279.6万円

メーカー:フィールドライフ

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:ポップアップルーフ

「コング」は簡単操作でシートとソファ、そしてベッドになる3WAYのマルチシートを搭載しました。この機能によってベッドマットが必要ないため、余ったスペースを収納に使えることができます。ボディカラーはホワイト、シルバー、ブラック、ブルー、カーキ、バイオレットの6種類から選ぶことができますので、洋服とコーディネートした可愛い色をセレクトしてみましょう。

コングの車内を写している画像

8ナンバーならではの充実した装備

8ナンバーを取得した「コング」には10Lの給排水タンクが標準装備されています。

 

またカセットコンロも搭載していますので、温かな飲み物を気軽に味わえることも可能にしました。

さらにDCコンセントをサブバッテリーとして内蔵していますので、スマホなどの充電ができます。室内照明はLEDを採用していますのでバッテリーの消耗を最低限に抑えてくれています。耐水圧1000mm加工のポップアップルーフには網戸が付属されていますので、夏場でも快適な室内空間を維持する「コング」をキャンプの相棒に選んでみましょう。

17位:N-BOXキャンパーNeo

大人気車種を改造した軽キャンピングカー

N-BOXキャンパーNeoを撮影している画像

ドライブレコーダー搭載車

価格帯:176.8万円~301.1万円

メーカー:ホワイトハウスキャンパー

タイプ:バンコン

ベース:N-BOX(ホンダ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:全窓プライベートカーテン

おすすめランキング第17位にはドライブレコーダーを取り付けた「N-BOXキャンパーNeo」がランクインしました。こちらは自転車を積載できるリアキャリアを搭載した遊び心と、万が一の時に備えて動画を録画できる安心感をプラスしています。サイドオーニングやポップアップルーフなどのオプションも満載になっていますので、大人気車種のキャンパータイプでアウトドアを心ゆくまでエンジョイしましょう。

内装と外装を紹介している動画

大人気の「N-BOX」は2年連続国内販売台数No.1を記録しました。人気車種をベースにした「N-BOXキャンパーNeo」は燃費性能約20Km/Lとなっているため、遠出が多い人におすすめの軽キャンピングカーです。ボディカラーはホワイト、シルバー、ブラック、ブルー、ミストブルー、グリーン、ブラウンの7種類と、3パターンの2トーンカラーが用意されていますので、ポップな軽キャンパーをチェックしておきましょう。

16位:ハイゼットカーゴクルーズ楽旅

お手頃な価格の軽キャンピングカー

ハイゼットカーゴクルーズ楽旅を撮影している画像

マニュアル車もラインナップ

価格帯:45.9万円+車両価格

メーカー:ダイハツクラフト

タイプ:バンコン

ベース:ハイゼットカーゴ(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:収納キャビネット

「ハイゼットカーゴクルーズ楽旅」は選び方でコストパフォーマンスを重視している人におすすめの軽キャンピングカーになります。価格を抑えながらスライド式のテーブルや床下の収納スペースなど、車内の装備を充実させました。こちらは2WDと4WDを選択することができ、MT車とAT車を用意していますので幅広い用途で活躍してくれる「ハイゼットカーゴクルーズ楽旅」を選んでみましょう。

ハイゼットカーゴクルーズ楽旅の車内を写している画像

フラットベッドの組み立て方

ベッドの組み立て方はまずフロントシートを前面にスライドさせて背もたれを前に倒しましょう。

 

続いてヘッドレストを外したリアシートを折りたたんでいき、ベッドフレームを引き出します。

そして引き出したベッドフレームをフロントシートのレールに乗せていきましょう。枠組みが完成したら可動式の棚に収納しているベッドマッドを出してベッドフレームの上に乗せます。こうした簡単な工程でフラットベッドが完成しますので、気軽に車内泊を楽しみたい人は「ハイゼットカーゴクルーズ楽旅」の購入を検討してみましょう。

15位:オフタイムトラベラー2

日常使いにおすすめしたい軽キャンピングカー

オフタイムトラベラー2を撮影している画像

充実した電気設備

価格帯:165.7万円

メーカー:スマイルファクトリー

タイプ:バンコン

ベース:NEWエブリィ(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:収納庫、カーテン

おすすめランキング第15位はスマイルファクトリーの「オフタイムトラベラー2」が獲得しました。こちらはサブバッテリーと走行充電システム、そして500Wのインバーターを標準装備させています。さらにリアにエアサスペンションを搭載していますので、普段は軽自動車として使いながら休日は軽キャンパーとしてマルチに活躍させてみましょう。

車両を紹介している動画

「オフタイムトラベラー2」はフロアをフラットにした場合、186×120cmサイズのベッドになります。家庭用のセミダブルベッドと同様のサイズを実現した軽キャンピングカーはなかなかありません。またオプションで中2段ベッドを装着することもできますので、家族の移動に最適な車種です。ベッドサイズの大きな軽キャンピングカーを探している人はこちらの車種情報を確認しておきましょう。

14位:ちょいCam歩

軽キャンピングカーに変身させるキット型

ちょいCam歩を撮影している画像

プチ旅行に最適な装備

価格帯:29.7万円(取付工賃別)

メーカー:株式会社ルート

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:折り畳み式テーブル

「ちょいCam歩」はエブリィバンとダイハツのハイゼットカーゴに取り付けることができる専用のキットになります。もちろん「ちょいCam歩」を取付けた後もナンバーや自動車税が変更にはなりません。すでに2車種のどちらかをお持ちの方はお手頃な価格で軽キャンピングカーに変身させることができます。登山やプチ旅行が趣味の方は「ちょいCam歩」を取付けてアウトドアライフをグレードアップさせてみましょう。

ちょいCam歩を写している画像

材質にこだわった家具を設置

おすすめランキング第14位の「ちょいCam歩」はベッドの木枠を三河家具職人が仕上げました。

 

天然木材を使用した厚さ18mmの木枠は頑丈でありながら、木の温かみを感じさせてくれます。

さらに長時間座っていても疲れない技術を取り入れたベッドのマットには合成皮革を使用しました。汚れてもすぐに拭き取れる合成皮革のからーはアイボリーになっていて、天然木材との相性も抜群です。オプションもサイドオーニングやリアシート用網戸、サブバッテリーやソーラー充電システムなど充実していますのでご自分だけの特別な1台を完成させてみましょう。

13位:ピッコロキャンパープラス・ポップアップルーフ

4人で寝られる広々とした軽キャンピングカー

ピッコロキャンパープラス・ポップアップルーフを撮影している画像

シンプルなレイアウトを採用

価格帯:204.9万円

メーカー:オートワン

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時4人)

装備:カセットコンロ、脱着式テーブル

「ピッコロキャンパープラス・ポップアップルーフ」はメーカーがDIYのベースにして欲しいというコンセプトで開発しました。家具の配置をシンプルにしながらポップアップルーフを搭載したことで、車内空間が広くなっています。さらにフロント部分のキャビネットは増設を可能にしました。大きな荷物を積載したい人はこちらの軽キャンピングカーをセレクトしましょう。

収納スペースを撮影している動画

こちらはエブリィバンと日産のNV100クリッパーバンハイルーフモデルから車種を選ぶことができます。また2WDと4WD、AT車とMT車もラインナップしたため多くのドライバーに対応してくれています。広々とした室内空間に収納スペースを多く設置している点も魅力と言えるでしょう。オプションには走行充電システムや38Aのサブバッテリーなどが用意していますので、使用環境に合わせたアレンジを楽しみましょう。

12位:かるキャンデッキクルーザー

新発想で開発された軽キャンピングカー

かるキャンデッキクルーザーを撮影している画像

サンルーフを後付け

価格帯:218万円

メーカー:株式会社コイズミ

タイプ:キャブコン

ベース:ハイゼットデッキバン(ダイハツ)

乗車定員:2人(就寝時2人)

装備:ルーフテント

「かるキャンデッキクルーザー」はルーフテントとサンルーフをドッキングさせた独特な軽キャンピングカーです。仕組みはまずベースとなる軽自動車にサンルーフを追加して、車上にルーフテントを設置します。この仕組みによって車内から直接ルーフテントへ移動することを可能にしました。サンルーフは車検に適合していますので、安心して改造を行ってもらいましょう。

かるキャンデッキクルーザーを写している画像

リア部分ををウッドデッキに変更

車内とルーフテントを一体化させたこちらのモデルは、車外にはしごを設置する必要がありません。

 

またリアデッキをウッドデッキに変更することも可能になっています。

この場合は車両の後部をくり抜いてスライドドアを設置していき、車内とデッキを一体化させていきます。さらに車内とルーフテントを融合するサンルーフは、しっかりと隙間を埋めてくれますので虫が入る心配もありません。オリジナリティーが満載の軽キャンピングカーを購入して、独特の存在感を楽しんでみましょう。

11位:ココワゴン

2種類のルーフが選べる軽キャンピングカー

ココワゴンを撮影している画像

立体駐車場に対応したモデル

価格帯:227万円~261万円

メーカー:フィールドライフ

タイプ:バンコン

ベース:エブリイワゴン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:2種類のルーフ

「ココワゴン」の魅力は目的に合わせてルーフを選べる点になっていて、寝心地を優先したい人は斜めに上がるポップアップルーフをチョイスしましょう。荷物の収納を優先する方のためには水平に上がるエレベーティングルーフが用意されています。どちらのタイプも女性が扱いやすいように簡単な操作方法と軽量設計になっていますので、目的に合わせたルーフを選びましょう。

ココワゴンの車内を写している画像

乗り心地の良い車内空間

おすすめランキング第11位を獲得した「ココワゴン」は車内に長寿命のLED照明を装備しました。

 

LED照明は省エネのためバッテリーに余分な負荷がかかる心配もありません。

どうしても心配な方はオプションにサブバッテリーが用意されていますので購入を検討してみましょう。またシートはメーカーの純正を使用していて、チャイルドシートを装着することも可能です。そのため小さなお子様がいる人は安全と安心を追求した「ココワゴン」に家族の命を守ってもらいましょう。

軽キャンピングカーおすすめランキング10位~7位

軽キャンパーでキャンプに出かけている画像

人気モデルが出揃ったベスト10

ここから軽キャンピングカーのおすすめランキングはベスト10を発表していきます。

 

普段使いできるモデルから本格的なキャンパー向けのタイプなど、顔を揃えた人気車種の中からご自分にマッチする1台を見つけましょう。

10位:ラ・クーンⅡ

居住性を向上させた最新モデルの軽キャンピングカー

ラ・クーンⅡを撮影している画像

選べるレイアウトが人気の理由

価格帯:208.3万円~294.1万円

メーカー:オートショップアズマ

タイプ:キャブコン

ベース:スクラムT(マツダ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:シンク、給排水タンク

「ラ・クーンⅡ」は先代モデルより居住性を高めるため、190×140cmのダブルベッドを設置しました。またベースの車両をマツダのスクラムTにしたことで、燃費と走行性能が向上しています。室内のレイアウトはベンチタイプとリアベッドの2種類をラインナップしています。のんびりとした旅行を楽しみたい人は快適な空間を完成させた「ラ・クーンⅡ」をセレクトしましょう。

ラ・クーンⅡを紹介している動画

広い室内空間を実現した「ラ・クーンⅡ」は小回りの利く機動性も魅力的な車種です。コンパクトなボディとホイルベースが回転半径を小さくしているため、扱いやすい軽キャンパーと言えるでしょう。また運転席と助手席はリクライニング機能を搭載していますので、楽な姿勢で運転をすることができます。運転しやすい軽キャンピングカーで裏路地や市街地をスムーズに走行してみましょう。

9位:ミニチュアクルーズ

豊富なカラーバリエーションが人気の軽キャンピングカー

ミニチュアクルーズを撮影している画像

人気ビルダーのエントリーモデル

価格帯:169万円~217.1万円

メーカー:株式会社岡モータース

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:リクライニング機能付きベッド

「ミニチュアクルーズ」は快適に車内で過ごせるように21段階のリクライニング機能付きベッドを設置しました。この機能によって車中泊をする時に地面が傾いていても安眠することができます。また配置している家具は日本国内の工場で生産されていて、全てホルムアルデヒド検査をクリアしました。細部にまでユーザーへの心配りが満載の「ミニチュアクルーズ」で最高のレジャーをエンジョイしましょう。

プロモーション動画

「ミニチュアクルーズ」にはバイオレット、ブルー、カーキ、ホワイト、シルバー、ブラックのカラーリングが用意されています。収納は足下に約200Lのビッグスペースが設けられているため、荷物の置き場所で困ることがありません。さらに後部に設置されたベッドマットの下にも約100Lの収容スペースを配置しました。収納量にこだわっている人は「ミニチュアクルーズ」を検索して豊富な収納スペースに驚いてみましょう。

8位:レジストロ

5人乗りを可能にした軽キャンピングカー

レジストロを撮影している画像

山小屋を連想させるインテリア

価格帯:357.3万円~390.4万円

メーカー:MYSミスティック

タイプ:キャブコン

ベース:ピクシストラック(トヨタ)

乗車定員:5人(就寝時2人)

装備:ソファーベッド、サブバッテリー

「レジストロ」は室内空間の内装に木材のコンパネを使用しているため、山小屋の雰囲気を感じられる軽キャンピングカーです。木材の温かみを感じられるだけでなく、ボディの素材にアルミを採用したため軽量化にも成功しました。落ち着いた室内空間を追求している人には「レジストロ」がおすすめの軽キャンピングカーになります。ちなみにこちらは軽自動車ベースですが登録上は普通車扱いとなりますので気を付けましょう。

レジストロを紹介している映像

カラーバリエーションが9種類用意された「レジストロ」は頑丈なボディが魅力の車種になります。ミスティックはアルミフレームを細かく切りながらボディに溶接することで、優れた耐久性能を実現しました。これによって「レジストロ」は一般的な軽キャンパーでは不可能な屋根に上ることも可能にしています。またボディの強度が高い特徴は安定した走行性能にもつながるため「レジストロ」は高く評価されていました。

7位:ATRAI楽旅

自動車メーカーが立ち上げたブランドの軽キャンピングカー

ATRAI楽旅を撮影している画像

軽キャンパーデビューにおすすめ

価格帯:45.9万円+車両価格

メーカー:ダイハツクラフト

タイプ:バンコン

ベース:アトレー(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:スライド式テーブル、キャビネット

ダイハツクラフトは自動車メーカーのダイハツと、部品製造会社2012年に立ち上げたブランドになります。そのため「ATRAI楽旅」とランキング16位の「ハイゼットカーゴクルーズ楽旅」はダイハツのサービスを受けられるというメリットが人気を集めました。もしも軽キャンピングカーの購入と意地に不安を抱えている方は、自動車メーカーのサービスが付く「ATRAI楽旅」を選ぶようにしましょう。

ATRAI楽旅の車内を写している画像

収納スペースを数多く内蔵

「ATRAI楽旅」は軽自動車トップブランドのダイハツ車をベースに軽キャンピングカーの性能を搭載させました。

 

その上で「ATRAI楽旅」には異なるサイズの収納スペースを数多く配置してくれています。

ベッド下はもちろん天井にも収納スペースを設けていて、さらに小物の収納に便利なサイドキャビネットも設置しました。このような収納量とスペースの多さはキャンパーにとって重要なポイントです。ちなみに「ATRAI楽旅」と「ハイゼットカーゴクルーズ楽旅」は別に車両価格が必要となりますので注意するようにしましょう。

軽キャンピングカーおすすめランキング6位~4位

ポップアップルーフを搭載している軽キャンピングカー

名車が揃ったランキングTOP6

軽キャンピングカーのおすすめランキングは大詰めとなるTOP6を発表する時がやってきました。

 

ランキングTOP6に名を連ねた軽キャンパーはどれも甲乙つけがたい人気車種になりますので、最高の1台を見つけて上質なキャンプを楽しみましょう。

6位:INDY727

ヨーロッパ仕様の軽キャンピングカー

INDY727を撮影している画像

安全性を追求した軽量設計

価格帯:279.5万円~316万円

メーカー:INDIANA・RV

タイプ:キャブコン

ベース:ハイゼット(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時4人)

装備:ポップアップルーフ

「INDY727」はヨーロッパのキャンピングカーで主流になっているアルミボディをパネルに採用しました。アルミパネルは優れた断熱性能と軽量化を実現してくれます。さらにリサイクルにおいても無駄な廃棄物を生み出すことがありません。バキュームプレス工法によって美しい仕上がりとなった「INDY727」は多くのキャンパーにおすすめの車種となっています。

INDY727のプロモーション動画

「INDY727」はルビーレッド、ロイヤルブルー、ブルーメタリック、スチールブルー、ホワイトという5種類のカラーリングをラインナップしました。またアルミ製のパネルには22cmの硬質ウレタンを断熱材として使用しています。プッシュアウト式のアクリル二重窓には網戸とブラインドを搭載しました。使いやすさと快適さを追求した「INDY727」をアウトドアのパートナーに選んでみましょう。

自分仕様にアレンジしているユーザーのTwitter

上記はシャワー付きステンレス製シンクを設置した「INDY727」をオリジナルでアレンジしているユーザーのTwitterです。「INDY727」には収納に便利な4枚扉のキャビネットを右上部、2枚扉のキャビネットを左上部に配置しました。また2口のAC100Vコンセントも標準装備しています。軽キャンピングカーとして充実した装備内容になっているため、「INDY727」がおすすめランキング第6位を獲得しました。

5位:ディアラジュニア

室内空間の広さを追求した軽キャンピングカー

ディアラジュニアを撮影している画像

白色8ナンバー登録車

価格帯:285万円~

メーカー:マックレー

タイプ:キャブコン

ベース:スクラムT(マツダ)

乗車定員:4~5人(就寝時3人)

装備:エアロパーツ

「ディアラジュニア」はスクラムTとスズキのキャリーの2種類からベース車両を選ぶことができます。こちらは全車に共通して運転席と助手席にABSとエアバックを標準装備しました。ボディパネルの全面に断熱材を加工していますの四季を通して活躍できる車種になります。広い室内空間にこだわった8ナンバーの「ディアラジュニア」に快適な旅をサポートしてもらいましょう。

ディアラジュニアの車内を写している画像

立って歩ける室内空間

広々とした「ディアラジュニア」はたくさんの荷物を積載することができます。

 

また立って歩ける室内高は釣り竿やスキー板を収納することを可能にしました。

そしてスライド式のベッドとダイネットベッドを装備していますので、最大5人の宿泊ができる軽キャンピングカーです。ベッドとして使わない場合は大容量のキャビネットになるため少人数の利用でも無駄になることはありません。オプションで用意されている冷蔵庫や発電機なども、それぞれに収納スペースが確保されていますのでカスタムを楽しみながら「ディアラジュニア」を活用してみましょう。

ディアラジュニアを試乗している動画

「ディアラジュニア」の燃費性能は高速道路約11Km/L、市街地では約14Km/Lになっています。こちらは可変バルブタイミング付きVVTを搭載したエンジンになっていますので、低中速でも滑らかな走行性能を実現しました。さらに8ナンバーの車両のため普通乗用車よりも自動車税が優遇されています。軽キャンピングカーよりもさらに広い車種を探している人は「ディアラジュニア」をセレクトしましょう。

4位:ミニポップビー

空間を縦に広げた軽キャンピングカー

ミニポップビーを撮影している画像

軽キャンパーとは思えない広さ

価格帯:285.8万円~337万円

メーカー:MYSミスティック

タイプ:トラキャン

ベース:各種軽トラック

乗車定員:4人(就寝時4人)

装備:ポップアップルーフ、上段ベッド

おすすめランキング第4位の「ミニポップビー」はポップアップルーフを利用した広い室内空間が魅力の軽キャンピングカーです。多くの人が軽キャンピングカーは狭くてチープなものだと思っているかもしれません。MYSミスティックはその概念を覆すため「ミニポップビー」を開発しました。大人の隠れ家になる遊び心満載の軽キャンパーをご自身の目で確かめてみましょう。

ミニポップビーを紹介している動画

「ミニポップビー」には大人2人が快適に睡眠できる上段ベッドを搭載しました。通常のベッドは固定式となっているため、安定しながら快眠することができます。また日中はゆったりと過ごしてもらうため、対面式のシートを採用しました。上段ベッドを使用しない時は広々とした空間になるため、たくさんの荷物を収納していきましょう。

メーカーの対応に感謝しているTwitter

軽キャンピングカーに求めるものは性能や広い室内空間だけではありません。独自に製造された車種だからこそビルダーの手厚いアフターフォローが求められます。MYSミスティックは上記Twitterのようにサポート体制が充実している点が高く評価されていました。軽キャンピングカーに安心感を求める人は対応が素晴らしいMYSミスティックの「ミニポップビー」をチョイスするようにしましょう。

軽キャンピングカーおすすめランキング3位~1位

展示会に出品している軽キャンピングカー

個性的な名車が名を連ねたベスト3

ついに軽キャンピングカーのおすすめランキングはベスト3を残すだけとなりました。

 

まだお気に入りの軽キャンピングカーが見つかっていない人はベスト3の中に最適な車種があるはずです。

 

ベスト3にランクインした名車については詳細だけでなくユーザーのつぶやきもご紹介していきますので、参考にしながら購入を検討してみましょう。

3位:給電くん

蓄電設備を搭載した軽キャンピングカー

給電くんを撮影している画像

災害時の備えにおすすめ

価格帯:159.8万円~

メーカー:オートワン

タイプ:バンコン

ベース:エブリィバン(スズキ)

乗車定員:4人(就寝時2人)

装備:30Wソーラーパネル

オートワンが製造する「給電くん」は家電製品をアウトドアで活用してい人におすすめの軽キャンピングカーです。こちらは30Wの太陽光発電システムを搭載していて、サブバッテリーに充電することを可能にしました。ご自宅で使用している家電製品をキャンプで活用できると、活動内容が大幅に広がることは間違いありません。災害時にも活躍してくれる「給電くん」をマイカーに選んでみましょう。

給電くんの車内を写している画像

高級感が漂う内装

「給電くん」のインテリアに使用している家具は、ヨットの素材となっている軽量の木材を採用しました。

 

過酷な環境にも耐えられるヨットの素材は耐久性に優れていて歪むことがありません。

また就寝用のスペースは196×126cmのサイズになっていますので、ゆっくり身体を休ませることができます。オプションのカーテンを装着すれば私的な空間を覗かれる心配もありません。駆動方式が2WDと4WDから選択できる「給電くん」を実際にご覧いただき、軽キャンピングカーとは思えないラグジュアリー感に驚いてみましょう。

給電くんを紹介している動画

グレードアップモデルとして「給電くん」にはポップアップルーフ搭載車もラインナップしています。標準装備は走行充電システム、55Aのサブバッテリー、外部入出力コンセント、脱着式のセンターテーブルなど充実した内容を完備しました。ベースとなる車両はエブリィバンと日産のNV100クリッパーバンハイルーフモデルの2種類から選択することができます。

納車を心待ちにしていた購入者のTwitter

「給電くん」にはシャワーノズル付きのシンクが搭載されていて、伸縮性のあるホースは外部での使用を可能にしました。こちらはコンパクトに収納できるため置き場所に困ることがありません。また車外にAC100Vのコンセントを装備していますので、オーディオ機器や調理家電を自由に使うことができます。「給電くん」のオーナーになって至れり尽くせりのキャンプライフを満喫しましょう。

2位:テントむし

軽キャンピングカーブームの火付け役

テントむしを撮影している画像

2段ベッドを搭載

価格帯:254.8万円~355.9万円

メーカー:バンショップミカミ

タイプ:キャブコン

ベース:ハイゼット(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時4人)

装備:ポップアップルーフ

気軽に楽しめる軽キャンピングカー人気の火付け役となった「テントむし」がおすすめランキング第2位にランクインしました。こちらはポップアップルーフを開いて使用する183×110cmの2段ベッドを搭載しています。ポップアップルーフを収納すれば高さ2m以内の駐車場にも対応していますので、普段使いできる軽キャンピングカーを探している人は「テントむし」をチェックしてみましょう。

テントむしの車内を写している画像

シートが3種類から選択可能

「テントむし」は様々なユーザーに対応するため、タイプの異なる3種類のシートを用意しました。

 

1種類目はイタリア製のシートを採用した前後に向きを変えられるFタイプになります。

続いて横向きの座席でセカンドシートの下に収納スペースを配置したSタイプをラインナップしました。上記の2種類は8ナンバーとなっていて、3種類目は後部に大型の扉を設置した2人乗りタイプになっています。このようにユーザーが自由にシートを選べるため、スペースを無駄にすることがありません。利用環境に最適なシートを選んで室内空間を有効活用してみましょう。

テントむしを紹介している映像

「テントむし」のエンジン性能はAT車が最大出力53PS/7,200rpm、MT車が46PS/5,700rpmになります。最大トルクは6.1kgm/4,000rpmになっていますので、快適な走行性能を楽しむことができます。燃費性能は荷物の量などで変わってきますが平均12~15Km/Lを実現しました。「テントむし」は考え抜かれた居住空間と優れたエンジン性能を兼ね備えた軽キャンピングカーとなっています。

温泉に出かけているユーザーのTwitter

上記は「テントむし」を自分なりにアレンジしながらアウトドアを楽しんでいるユーザーのTwitterです。気軽に外出を楽しむことをコンセプトに「テントむし」は開発されました。可愛い軽キャンピングカーはテンションを上げてくれますので、「テントむし」に乗って様々な場所へお出かけしてみましょう。

1位:バロッコ

おもちゃ箱という車名の軽キャンピングカー

バロッコを撮影している画像

頑丈なボディが魅力

価格帯:315.6万円~347.6万円

メーカー:フィールドライフ

タイプ:キャブコン

ベース:ハイゼットトラック(ダイハツ)

乗車定員:4人(就寝時4人)

装備:バゲージドア、LED照明

軽キャンピングカーのおすすめランキングで堂々の首位に輝いたのは「バロッコ」でした。こちらは断熱性能が高く優れた強度のハイドロバックパネルを素材に採用しています。さらにフロア全体に断熱材を加工したためオールシーズン活躍してくれますので、長く軽キャンピングカーを愛用したい人は最高品質の「バロッコ」をマイカーに選びましょう。

バロッコの車内を写している画像

プレミアム感のある内装

気品のある内装にこだわった「バロッコ」のルーフテントは耐水圧1000mmとなっています。

 

しかし大雨の場合は縫い目から浸水してしまうため、「バロッコ」は熟練した職人が縫製を担当しました。

軽量キャンバス生地を使い職人が縫製したルーフテントは、フィールドライフの自社工場で全工程を管理しています。このように細部まで徹底的にこだわり抜いた結果、おすすめランキング第1位を獲得しました。「バロッコ」は最新モデルが販売されますます注目を集める存在になっています。軽キャンピングカー選びでお悩みの方は「バロッコ」を選べば間違いありません。

バロッコの外装と内装を撮影している動画

「バロッコ」を含めフィールドライフの製品は全て群馬県の自社工場で開発してきました。信頼と実績を積み重ねてきたビルダーが、電装系の配線や重量バランスなどを緻密に計算して製造しています。軽キャンピングカーは移動手段というよりもマイホームという意味合いが強いため、国産にこだわって作り上げられた最高クラスの安全性を備えた「バロッコ」にアウトドアライフを支えてもらいましょう。

カスタムを楽しんでいるユーザーのTwitter

「バロッコ」には-18℃まで冷やせるDC冷蔵庫と、各13Lの給排水タンクを標準装備しました。また冷蔵庫をスライドさせるとコンパクトサイズのカセット式コンロが顔を出します。エントランス部分にはキャビネットとしても活用できるシューズボックスを配置しました。軽キャンピングカーとしてこれ以上ない設備を搭載した「バロッコ」は全てのキャンパーにおすすめできる人気車種です。

軽キャンピングカーの魅力やメリットは?

充実した装備が魅力的な軽キャンピングカー

外車の軽キャンピングカーを写している画像

豊富なメリットがある軽キャンパー

普通のキャンピングカーと比較して軽キャンパーが引けを取ることはありません。

 

ポップアップルーフやサブバッテリーなどを装備すればキャンピングカーとして機能性は充分と言えるでしょう。

また自家用の軽自動車を低価格で軽キャンピングカーに改造できるタイプもあります。維持費が安くオリジナルのキャンピングカーを作れるため、軽キャンパーは大人気となりました。今ではキャンピングカーを凌ぐほど大ブームとなっているため、メリットが無数にある軽キャンピングカーをアウトドア用に購入してみましょう。

軽キャンピングカーのおすすめしたいおしゃれな内装

快適な空間を演出するおしゃれな内装

薪ストーブを設置している画像

車内に薪ストーブを設置

おしゃれなアイテムとして近年注目されている薪ストーブを設置してみましょう。薪ストーブは見た目がおしゃれなだけでなく実用性もあるためおすすめのアイテムです。

さらにバッテリーの負荷が心配になった時や、震災時に活躍してくれるため用意しておいて損をすることがありません。またキャンプの雰囲気を盛り上げてくれるアイテムとしても活躍してくれるはずです。ただし設置には費用がかかりますので、慎重に検討を進めるようにしましょう。

カーテンと照明を変えている画像

カーテンと照明を変える

軽キャンピングカーの内装はカーテンと照明をお好みのものに交換するだけで雰囲気が変わります。

 

シックな雰囲気や明るい雰囲気などお好きな空間に内装を変化させてみましょう。

また余裕のある方は壁紙を貼り替えることでご自分だけのインテリアを完成させることができます。軽キャンピングカーは居住性も大切になりますので、購入したままの状態で使用していては勿体ありません。予算に合わせたカスタマイズでキャンパーライフを充実させてみましょう。

軽キャンピングカーおすすめランキング!のまとめ

軽キャンピングカーの後部を写している画像

最適な1台が見つかるランキング31選

ここまで軽キャンピングカーのおすすめランキング31選をまとめてきました。

 

大流行している軽キャンパーはアウトドアが趣味の人にとっては憧れの存在です。

現在は各ビルダーが個性的な軽キャンピングカーを製造しているため、選び方でお悩みの方がいるかもしれません。そおためここではおすすめランキングと共に選び方のポイントもご紹介しました。おすすめランキング31選の中からお気に入りの軽キャンピングカーを見つけてみましょう。

バイク・自動車に関する他のまとめ記事はこちら!

国産高級車の人気ランキングTOP25!2018年のおすすめを紹介【最新】 | ランキングまとめメディア
2018軽自動車人気ランキングTOP15!女性におすすめのおしゃれな車種は? | ランキングまとめメディア
車用シートカバー人気おすすめTOP20!選び方を詳しく解説【最新】 | ランキングまとめメディア
ヘッドライトクリーナーおすすめランキング15選!黄ばみ解消!【口コミも調査】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ