座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109選!前向きになれる言葉の意味も!

皆さんは座右の銘を持っていますか?座右の銘は、自分が好きな言葉でもありますが、座右の銘と一言で言ってもさまざまな言葉があります。ここでは、座右の銘の中でも四字熟語に注目してランキングにしてみました。努力や笑顔、感謝に関する言葉などかっこいい意味のある四字熟語ランキングをお届けしていきます。座右の銘がある方も気になる方も是非、チェックしながらその意味合いを知っていきましょう。

目次

  1. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109選
  2. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109位〜71位
  3. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング70位〜41位
  4. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング40位〜21位
  5. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング20位〜11位
  6. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング10位〜4位
  7. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング3位〜1位
  8. 座右の銘はどんなときに使う?
  9. 座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109選まとめ

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109選

努力や笑顔・感謝を表すものも!座右の銘にしたい四字熟語を紹介!

かっこいい四字熟語

かっこいい!座右の銘にピッタリの四字熟語ランキングまとめ!

ここでご紹介していくのは、自分の人生の力にもなる座右の銘にピッタリの四字熟語のランキングをご紹介します。

 

まずは、座右の銘とは何なのかという点からお話ししていきましょう。

そもそも座右の銘ってどういう意味?

かっこいい座右の銘

座右の銘は「人生の糧にしたい言葉」

座右の銘とは、シンプルに言うと自分の人生の中で「糧にしたい言葉」や「そばに置いておきたい言葉」を指します。

 

それがここでご紹介するような四字熟語の場合もあれば、ことわざのような名言の場合もあります。

座右の銘の語源は?

書道

座右の銘は「戒めで書いた文章」!?

昔、崔瑗という人物が兄の仇を討ったことで罪に問われてしまいます。数年間逃亡をして、罪は許されましたが、その行為を後悔し、戒めのために文章を作りました。

それを「座右の銘」と名付け、いくつも綴られています。さらに、座右の銘には、もう1つの意味合いがあります。「座右」という言葉の意味の中には、昔皇帝が自分の右側に有能な人物を置いていたことから自分にとっての大切な人や場所を意味にするようになったそうです。

座右の銘のメリットって?

どっちの道

自分の人生の指針となる

座右の銘の1つめのメリットは、「自分が進む人生の基準になること」です。

 

目標などがないと自分がどの道に向かっていいのかわからなくなくなる時があります。

さらに、苦難が来た時にもすぐ諦めたり逃げ出したくなったりします。しかし、座右の銘を持っているとその言葉を思い出して、人生の指針として基準にしながら目標や夢、やりたいことへと向かうことが出来ます。

ゆれる炎

苦しい時の力になる

座右の銘を持つ2つめのメリットは、「力の源になってくれること」です。時には、力を失って落ち込んだり、疲れ果てる時もあります。

 

そんな時に、座右の銘を思い出すとそれが原動力となり、また頑張ろうというパワーを与えてくれることがあります。

不思議ですが、その四字熟語や意味を思い出すと心が引き締まるような感覚になることもあります。もちろん、価値観によってそれぞれですが、自分で決めたゴールを成し遂げるためにも座右の銘を活用してみましょう。

分かれ道

自分の道に引き戻してくれる

3つめの座右の銘のメリットは、「迷った時に元の道を教えてくれること」です。迷った時は、自分が今歩いている道がわからなくなることがあります。

笑顔も失い追いつめられてしまっているかもしれません。そんな時、座右の銘を見返すことで、ふと我に返り、歩くべき道へと戻れることがあります。自分のやりたいという純粋な気持ちを思い出しながら再び目標に突き進むことが出来るのです。

座右の銘にぴったりなかっこいい四字熟語をランキングで紹介!

座右の銘の四字熟語

チェック!かっこいい座右の銘が盛りだくさん!

座右の銘には、さまざまな言葉があります。1つ1つに意味合いがあり、それぞれに努力や感謝、笑顔などのテーマがある言葉もあります。

 

ここでは、そんなおすすめの四字熟語をランキング形式でご紹介していきます。

 

今まで座右の銘を知っていた方も知らなかった方も是非、参考にしながらお気に入りの座右の銘を見つけてみましょう。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109位〜71位

砂浜の文字

覚えておきたい!座右の銘の四字熟語ランキング!

まずご紹介していくのは、座右の銘の四字熟語ランキング109位〜71位です。さまざまな四字熟語がありますが、どんな言葉がランクインしているのでしょうか?

109位:困知勉行

意味や特徴をチェック!

山登り

苦労しながらも学ぼう!

「困知勉行」の読み方は、「こんちべんこう」と読みます。この四字熟語の意味は、苦労しながらも努力を重ねて実際にやり遂げることを指します。

「困知」とは、苦労しても知ることが出来るという意味があり、「勉行」は、努力を積み重ねていくことを示します。登山などもそうですが、苦しい時にも諦めずに努力を重ねて行くことでそれが実り、結果が現れます。

108位:発憤興起

意味や特徴をチェック!

飛び跳ねる人

やる気を持って立ち上がろう!

「発憤興起」の読み方は、「はっぷんこうき」と読みます。意味は、やる気を奮い立たせて立ち上がり、力を尽くすことを指します。

「発憤」が、気持ちを奮い立たせるという意味があり、「興起」には、励むことや何かをやるために立ち上がるという意味があるそうです。何かを始める時や行う時、気持ちを高めてることで、力が沸き、行動に移すことが出来ます。

107位:意気自若

意味や特徴をチェック!

コーヒーを飲む女性

心を落ち着けていよう!

「意気自若」の読み方は、「いきじじゃく」と読みます。意味合いは、いつでも心を落ち着けて冷静な状態でいることを指します。

「意気」の意味は、気力などを示す言葉で、「自若」が何事にも動じないという意味合いを現しているそうです。何が起きても心が揺るがずに落ち着いたさまを表現しています。何が起きても動じずに対応している人は、それだけでかっこいい雰囲気があります。

106位:栄枯盛衰

意味や特徴をチェック!

緑の木

繁栄があれば衰退もあり!

「栄枯盛衰」の読み方は、「えいこせいすい」と読みます。意味は、栄えることもあれば衰えることもあるというこの世の儚さを意味しています。

「栄枯」の意味は、草木が茂ったり枯れたりする様子を表現していて、「盛衰」もまた盛んであり、衰えることがあるという意味があります。これは、この世の儚さを表現していると共に、栄えている時だけでなく、衰えることもあることを教えてくれているようです。

105位:胡蝶之夢

意味や特徴をチェック!

美しい蝶

全てが一体に!

「胡蝶之夢」の読み方は、「こちょうのゆめ」と読みます。言葉の意味は、全てのものが1つとなり、区別が出来なくなる様子を表現しています。

 

 

この四字熟語は、故事から生まれた言葉です。荘子が胡蝶になって遊ぶ夢を見ましたが、自分が胡蝶になっていたのか、胡蝶が夢を見て自分になったのかがわからなくなったことから夢と現実が区別出来なくなることを意味しています。

104位:雲煙過眼

意味や由来をチェック!

独り占めする猫

物事に執着しすぎないことがポイント!

「雲煙過眼」は、「うんえんかがん」と読みます。雲や煙が素早く空に上っていくように、1つのことに執着し過ぎずにさっぱりしていることを指しています。

 

人も物も1つの物に執着しすぎてしまうと逆にうまく行かなくなることがあります。「過眼」は、目の前を通り過ぎることを意味しています。

103位:松柏之操

意味や由来をチェック!

階段を上る人

信念を曲げずに突き進もう!

「松柏之操」の読み方は、「しょうはくのみさお」と読みます。自分が持った信念を曲げずに最後まで突き進むことを指しています。

「松柏」とは、「松」と「このてがしわ」のことを指しており、2種類とも常緑樹でどんなに寒い季節にも青々としていることから、どれだけ苦しい時でも信念を曲げずにやり遂げる意味があります。

102位:烈士洵名

意味や由来をチェック!

義理堅い人

義理堅い人を表現!

「烈士洵名」の読み方は、「れっしじゅんめい」と読みます。義理を大切にする人は、命を賭けることを意味しています。

「烈士」が、物事の正しい道理を大切にする義理堅い人を現しており、「洵」という漢字が1つのことに身を捧げることを示しているそうです。

101位:不抜之志

意味や由来をチェック!

トンネルの先

何があっても諦めない!

「不抜之志」の読み方は、「ふばつのこころざし」と読みます。「不抜」とは、どんなことをしても抜けないという意味で、このことから諦めないことを意味します。

失敗を繰り返してしまうと時に、諦めたくなるのが人間の気持ちです。しかし、どんな時でも志を貫いて結果が出るまでやり続けることを教えてくれます。

100位:一心一意

意味や由来をチェック!

手を取り合う2人

手を取り合って協力しよう!

「一心一意」の読み方は、「いっしんいちい」と読みます。心を1つにして一途に思うことを意味しています。

 

どちらの言葉も集中して1つことをひたむきに思うことや貫くことを示しています。

99位:真実一路

意味や由来をチェック!

どこまでも続く道

真実だけを信じて進もう!

「真実一路」の読み方は、そのまま「しんじついちろ」と読みます。真実のみを信じてひたすら突き進むことを意味しています。

 

どんな真実であったとしてもそこから目をそらさずに貫き通す潔い姿が浮かびます。

98位:刻苦勉励

意味や由来をチェック!

勉強する女性

苦労してもやり遂げる!

「刻苦勉励」の読み方は「こっくべんれい」と読みます。この四字熟語の意味は、苦労をしながらも仕事や勉強にひたすら励むという意味があります。

時に苦しく辛いことでも仕事や勉強に励むことで必ず自分にプラスになる事があります。これは、仕事や便曲だけに限らず、ひたすら努力を重ねることでその努力が自分に返ってきます。

97位:忘己利他

意味や由来をチェック!

少女を助ける人

自分のためでなく他人のために!

「忘己利他」の読み方は、「もうこりた」と読みます。自分のことを忘れて、人のために尽くすという意味があります。

最澄という人物が「自分のことを忘れて、他の人の利益を助けてあげることこそが究極の慈悲である」と謳っています。私たちは、どうしても自分のことばかりを考えてしまって他の人に目が行きにくくなっています。そのことに気づき、他人に尽くすことで、それが何故か自分のプラスにもなるのです。

96位:捲土重来

意味や由来をチェック!

立ち上がる人

失敗しても立ち上がる!

「捲土重来」の読み方は、「けんどちょうらい」と読みます。この四字熟語には、どんなに失敗しても落ちても、再び立ち上がるという意味合いがあります。

人は、失敗したり、落ち込んだりすることがあります。しかし、そこで落ち込んだままではなく、勢いを取り戻して再起出来るかが重要です。この四字熟語は、諦めずに立ち上がるというかっこいい意味が込められた言葉です。

95位:疾風迅雷

意味や由来をチェック!

激しい雷

風や雷のごとく早く!

「疾風迅雷」の読み方は、「しっぷうじんらい」と読みます。この四字熟語の意味は、まるで早い風や凄まじい雷のごとく早く激しくという意味があります。

94位:雄心勃勃

意味や由来をチェック!

子供ヒーロー

じわじわと勇気が沸き出す!

「雄心勃勃」の読み方は、「ゆうしんぼつぼつ」と読みます。この四文字熟語の意味は、雄々しい勇気が湧き上がってくるさまが表現されている言葉だそうです。

普段は勇気がなくても時に人は、考えられないような力を発揮します。今まで沸いたことないような勇気と心が湧き上がると自信と確信が生まれて、水が沸騰するようにふつふつと勇気という名の力がみなぎってきます。

93位:完全燃焼

意味や由来をチェック!

激しい炎

完全に燃え尽きよう!

「完全燃焼」の読み方は、そのまま「かんぜんねんしょう」と読みます。良く聞くかっこいい四字熟語の1つであり、力を出し尽くすことという意味合いがあります。

自分の力を精一杯出し切ってやり抜くことを現しています。勉強や仕事、目標に向かう時に、精一杯努力をして力を出し切ることで、どんな結果であれ、達成感が生まれます。

92位:聡明剛毅

意味や由来をチェック!

踏ん張る

何事にも屈しない心!

「聡明剛毅」の読み方は、「そうめいごうき」と読みます。「聡明」が道理に通じ合うことを意味しており、「剛毅」は、意志が強いことを現しています。

 

どんな時も道理を重んじ、心が揺らぐことなく意志を貫く強さを意味しています。

この四字熟語は、とてもかっこいい座右の銘の1つです。1つのことに向かっていく強い意志と道理を崩さず、進もうとする誠実さが感じられます。目標を目指す男性にピッタリの座右の銘です。

91位:教学相長

意味や由来をチェック!

教えて学び合うこと

教え合い学び合おう!

「教学相長」の読み方は、「きょうがくあいちょうず」と読みます。中国の古事に通ずる故事成語で、古来から伝わった四字熟語です。

人に教えることで、相手だけでなく、自分も学ぶことが出来るという意味があります。これは、勉強だけでなく、仕事にも言えることです。率先して自分から誰かに教えることによって、自分も学びながら新しい発見や気づきが生まれます。

90位:永却回帰

意味や由来をチェック!

手の中のハート

この一瞬を大切にしよう!

「永却回帰」の読み方は「えいごうかいき」と読みます。漢字だけの意味合いは、「永劫」が終わりのない時間、「回帰」は、また帰ってくるという意味です。

その中に含まれている意味は、この世は永遠に循環を繰り返しているため、同じところに帰ってきます。人生を繰り返していたとしても、同じ一瞬は二度となく、そのひと時ひと時を大切にしていくという深い意味が隠れているそうです。

89位:愚公移山

意味や由来をチェック!

ボルダリングをする人

根気よく努力しよう!

「愚公移山」の読み方は、「ぐこういざん」と読みます。この言葉は、故事から来ている四字熟語です。

老人の家の前には2つの大きな山があり、迂回しなくてはどこにも辿り着けませんでした。そのため、その山を崩そうとしたところ笑う者もいたが、どれだけ架かってもやり続ければ出来ると信じて切り崩し始めたことが始まりです。そのため、大きなことでも根気よく努力し続ければ出来ないことはないという意味があります。

88位:勇猛果敢

意味や由来をチェック!

リングのグローブ

果敢に立ち向かおう!

「勇猛果敢」の読み方は、「ゆうもうかかん」と読みます。一度は、耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

意味合いは、危険を恐れずに勇敢に立ち向かうことを意味しているかっこいい四字熟語です。

危険があると思わず逃げてしまったり、行くのをためらってしまいがちです。しかし、危険を恐れないくらいの覚悟で物事に取り組めば、何が起きてもクリアしようとする思いが固められます。目標を成し遂げようとする時は、この思いを強く持つことが大事です。

87位:心頭滅却

意味や由来をチェック!

瞑想をする女性

心をまっさらな状態にしよう!

「心頭滅却」の読み方は、「しんとうめっきゃく」と読みます。「心頭」が心の中を示す漢字で、「滅却」が何もかも全て無くすことを意味しています。

この四字熟語は、ある故事から来た言葉を短くした四字熟語だそうです。禅僧である快川が寺を焼き討ちされた時に、燃え尽きる炎の中で、「心頭を滅却すれば火もまた涼し」という言葉を唱えたいたと言われていることから生まれました。心にあるものを全て無くせば、苦しさも感じないという意味があります。

86位:一飯之恩

意味や由来をチェック!

一滴の水

ほんの少しの恩義も忘れない!

「一飯之恩」の読み方は、「いっぱんのおん」と読みます。ほんの少しの恩だとしても忘れずに感謝しなくてはいけないという意味があります。

相手が自分にかけてくれた恩義は、大きい小さいに関係なく、感謝して受け取ることが大切です。この四字熟語には、そんなほんのわずかな恩義だったとしても忘れてしまってはいけないという戒めのような意味合いも込められているそうです。

85位:報本反始

意味や由来をチェック!

手を合わせる

根本の恩に報いよう!

「報本反始」の読み方は、「ほうはんはんし」と読みます。「本に報い、始めにかえる」という意味合いがあります。

 

この始めは、自分たちのルーツでもある人や天地、ご先祖様のことを指しています。私たちの始めでもある人たちに思いを馳せて、感謝することです。

私たちが今この場所にいるのは、両親のおかげでもありますが、元を辿れば、ご先祖様や天と地のおかげとも言えます。その根本への恩を忘れずに常に感謝の気持ちを持ちながら過ごすことの大切さを教えてくれています。

84位:一得一失

意味や由来をチェック!

お金を貯金する

得ることがあれば失うこともある!

「一得一失」の読み方は、「いっとくいっしつ」と読みます。この四字熟語は、見た目の漢字通り、一つ得るものがあれば、一つ失うものもあるという意味があります。

「得ること」と「失うこと」は、表裏一体で、何かを得れば、何かを失います。得るだけは、出来なくて失うことでバランスが取られています。それを知ることの重要性がこの四字熟語には隠れています。

83位:呵呵大笑

意味や由来をチェック!

思いっきり笑う女性

思いっきり笑おう!

「呵呵大笑」の読み方は、「かかたいしょう」と読みます。漢字の意味合い自体も大きな笑顔でいることを意味しています。思いっきり笑った笑顔でいるとストレスがなくなったり、幸せに思えることがあります。

大きな笑顔の周りには、同じように笑顔の人だけでなく、人がたくさん集まってきます。たまには、大声をあげて笑うことで、ふと心が軽くなって前向きな気持ちになれるかもしれません。笑顔は、人を幸せにする不思議な力を持っています。

82位:言笑自若

意味や由来をチェック!

にこにこしている女性

何があっても落ち着いて!

「言笑自若」の読み方は、「げんしょうじじゃく」と読みます。「言笑」は、話すことや笑うこと、「自若」は、落ち着いた心を持ち、慌てないという意味があります。

中国の故事から生まれた四字熟語で、毒矢を肘に受けて、諸将との宴会の最中に手術する中でも笑ってお酒を飲んでいたそうです。どんなことがあっても落ち着いていることを例えています。

81位:臨機応変

意味や由来をチェック!

キーボード

柔軟性が大切!

「臨機応変」の読み方は、「りんきおうへん」と読みます。よく耳にする四字熟語になっています。「臨機」は、その事態に臨むことを示しています。

そして、「応変」は、急な変化にも対応することです。人生は、何が起こるかわかりません。そんな時でも状態に合わせて、どんなことがあっても柔軟に対応することを意味しています。

80位:万里一空

意味や由来をチェック!

ビーチフラッグ

自分の目標を見失わずに努力しよう!

「万里一空」の読み方は、「ばんりいっくう」と読みます。意味は、目指している目標や夢を見失うことなく、努力していくことを現しています。

 

この四字熟語の由来は、宮本武蔵の著書にあるそうです。その中のワンフレーズから今の意味になっているそうです。

 

目標や夢を思い続けることや努力し続けることは、簡単ではありませんが、この座右の銘を胸に頑張り続けたいものです。

79位:一念通天

意味や由来をチェック!

願う女性

一心に思い願い続けよう!

「一念通天」の読み方は、「いちねんつうてん」と読み、その漢字通り、一心に念じて努力し続ければ、叶うという意味が込められています。

78位:射石飲羽

意味や由来をチェック!

ピアノを弾く手元

必死の思いで困難も乗り越えられる!

「射石飲羽」の読み方は、「しゃせきいんう」と読み、「射石」は、石を射るという意味があり、「飲羽」は、矢の羽根の部分まで深く刺さるという意味だそうです。

これは、昔暗闇でうずくまる虎を狙って思いっきり矢を放ちました。確認しにいってみると、それは虎ではなく、大きな石で矢の羽根の部分まで石にしっかりと矢が突き刺さっていたということから生まれました。どんな困難なことでも努力を続ければ、必ず叶う日が来るとう前向きな座右の銘です。

77位:心願成就

意味や由来をチェック!

「心願成就」の読み方は、「心願成就」と読み、この漢字通り、神様や仏様に心から願えば、願いは叶えられるという意味があります。

天使の像

本気で願えば叶う!?

「心願」は、心の中で神様などに願う願いのことを指し、「成就」は、願いが叶えられるということを意味しています。

偉大なことを成し遂げるためには、99%の努力と1%の閃きや運が必要だと言う言葉もあるように、時には、雲に協力してもらう事も必要です。人間の力には、限界がありますが、神様には限界がありません。時には、神様を信じて願ってみるのもいいかもしれません。

76位:一心不乱

意味や由来をチェック!

勉強する手元

心を奪われず真剣に!

「一心不乱」の読み方は、「いっしんふらん」と読み、「一心」は、心を1つに集中することを指し、「不乱」は、他のことなどに心を乱さないことを指しているそうです。

そのため、他のことに心を奪われることなく、1つのことに集中して物事を行うことを意味する四字熟語であり、座右の銘です。人は、何かに興味を持ち、集中すると思いがけないほどの集中力を発揮して夢中になることがあります。一心不乱になれるほどのものが見つかることは幸せなことです。

75位:水滴石穿

意味や由来をチェック!

滴が集まる

小さなことの積み重ねが大切!

「水滴石穿」の読み方は、「すいてきせきせん」と読み、「水滴」は一滴の水を現し、「石穿」は、石に穴をあけることを意味します。

このことから小さなことも努力をしながら積み重ねれば、大きな力になることを意味している四字熟語の座右の銘です。小さいことは、どうしても無視しがちですが、良いことも悪いことも小さなことの積み重ねがいつしか何かを生み出します。

74位:大胆不敵

意味や由来をチェック!

良いか悪いか

物怖じしないところが魅力!

「大胆不敵」の読みか方は、「だいたんふてき」と読みます。その意味は、度胸が据わっていて、怖がることなく振る舞うことを指します。

この四字熟語も良く耳にする言葉の1つです。どんなことにも恐れずに、勇気を持って思い切った選択をすることは、並大抵の覚悟では、難しいことです。しかし、いざという時や絶対これは成し遂げたいと思った時に、覚悟を決めて決断することも時には必要です。

73位:気骨稜稜

意味や由来をチェック!

的の矢

信念を貫き通す!

「気骨稜稜」の読み方は、「きこつりょうりょう」と読みます。「気骨」とは、信念を何があっても貫き通そうとし、「稜稜」とは、威勢があることを意味しています。

この四字熟語の座右の銘は、何があっても自分の信念を曲げずに厳正に突き通そうとする思いや状態を表現しているかっこいい言葉になっています。

72位:率先垂範

意味や由来をチェック!

腕を組む男性

周りを束ねていく気量!

「率先垂範」の読み方は、「そっせんすいはん」と読み、みんなの先頭に立って自分が模範となり、引っ張っていく人のことを意味しています。

学校や会社の中でも、リーダー的存在の方のことを指しています。手早く人をまとめて、自分が先頭に立って周りの状況を見ながら強い決断力とリーダーシップ力で、それぞれの仲をまとめてくれます。最近は、男性だけでなく、女性の中にもリーダシップ力のある方が増えています。

71位:風林火山

意味や由来をチェック!

どっしりした山

戦いにおける心構え!

「風林火山」の読み方は、「ふうりんかざん」と読みます。この四字熟語は、座右の銘にしている方も多い言葉の1つです。

 

由来は、武田信玄が戦いに置ける4つの心構えを述べたことから始まっています。

この四字熟語には、「風のように素早く、林のように静かに、火のように激しく、山のようにどっしりとして構えること」という意味が込められています。有名な武将の武田信玄が残した言葉でもあるので、かっこいいと人気となっています。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング70位〜41位

メモに書く

かっこいい四字熟語の座右の銘ランキング70位〜41位を発表!

次は、四字熟語の座右の銘ランキング70位〜41位をお届けしていきます。これまでも感謝や努力、笑顔に関する言葉がいくつか登場しましたが、まだまだ続きます。

70位:笑門来福

意味や由来をチェック!

ニコニコしている女性

笑顔のパワーはスゴイ!

「笑門来福」の読み方は、「しょうもんらいふく」と読み、日本でも有名な「笑う門には福来る」から来ているそうです。

 

笑顔が絶えない家系や場所には、福が来ると言われています。そのため、笑顔でいれば、幸せなことが舞い込んでくるという意味があります。

 

「笑う門には福来る」ということわざは、昔から知られている言葉ですし、笑顔が幸せを呼ぶことは、知られています。

しかし、時には、苦しくて笑顔を忘れてしまったりすることもあるでしょう。そんな時に思い出したい四字熟語です。

69位:夢幻泡影

意味や由来をチェック!

水の泡

儚くも壊れやすい繊細なもの!

「夢幻泡影」の読み方は、「むげんほうよう」と読みます。この四字熟語は、全て儚気で壊れやすいものを現す漢字から成り立っています。

 

人生や世の中を表現するものがなく、とても儚いものだということを示しています。

人生だけでなく、時間などもとても儚くて大切なものです。全ての人へ平等に与えられた24時間という時間洞過ごすかは自分次第です。そんな時間や人生の儚さに気付き、感謝し、自分の目標や夢に向かって歩いていけるような言葉です。

68位:一粒万倍

意味や由来をチェック!

お米の粒

一粒は小さいけれど大切に!

「一粒万倍」の読み方は、「いちりゅうまんばい」と読み、少しのものから大きくプラスにすることの他にも、小さなことも大切にしなくてはいけないという意味です。

ことわざの中には、「チリも積もれば山となる」という言葉があるように、小さなことに気付いて感謝するくせをつけておけば、それがいつしか自分に返ってきます。後に、似たような言葉も出てきますが、行いだけでなく、努力も同じです。焦らずコツコツと努力しながら進むことも重要です。

67位:感恩報謝

意味や由来をチェック!

ありがとうの文字

受けた恩に報いよう!

「感恩報謝」の読み方は、「かんおうほうしゃ」と読み、恩を感じた人へ最高の感謝の気持ちを持って報いることを意味しています。

この四字熟語は、感謝の語源にもなっていると言われています。相手への感謝の気持ちを忘れずに過ごしていくことがポイントです。どんな小さなことでも感謝の気持ちを持つようにしましょう。

66位:慈烏反哺

意味や由来をチェック!

幸せそうな家族たち

自分の両親に感謝しよう!

「慈烏反哺」の読み方は、「じうはんぽ」と読み、「慈烏」とは、烏の別名です。成長した烏は、置いた両親に口移しでエサを与え、育ててもらった恩を返すと言われています。

この四字熟語の意味は、自分をここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちを示し、恩返しをするという意味が込められています。自分が生まれてから今まで、常に自分の味方でいてくれて、そばにいてくれた両親に対して、返しても返しきれないかもしれませんが、感謝の気持ちを少しずつ伝えていきましょう。

65位:独立不羈

意味や由来をチェック!

ビジネスをする人

自分で判断して行動!

「独立不羈」は、「どくりつふき」と読み、「不羈」には、何にもつなぎ止められない意味があります。

 

誰にも頼らずに、自分の力だけで独立するというかっこいい座右の銘です。

64位:意気軒昂

意味や由来をチェック!

両手を大きく広げる女性

強い元気が溢れ出す!

「意気軒昂」の読み方は、「いきけんこう」で、勢いがあって盛んだったり、勢いがあってやる気をみなぎらせることを意味しています。

やる気をみなぎらせている人には、パワーがあります。その勢いのまま突き進むことができますし、集中しているので、ひたすら進むことが出来ます。時には、つまずくこともあるかもしれませんが、そこから学ぶくらいの心持ちを持ちましょう。

63位:鞭笞策進

意味や由来をチェック!

読書をする人

自分の目標に励もう!

「鞭笞策進」の読み方は、「べんちさくしん」と読み、苦しい時もありますが、自分のやりたいことを叶えるために、必死に取り組むことを意味しています。

目標や夢、自分を変えたい時、今まで自分が感じなかったことや失敗、苦しみが来ることがあります。そんな時でもやりたいことのために、必死に絶えて乗り越えていくことが大切です。恐怖を覚えることもありますが、それでも前に進んで、自分のやりたいことを現実にしていきましょう。

62位:神色自若

意味や由来をチェック!

振り向く女性

顔色を変えず落ち着いた女性!

「神色自若」の読み方は、「しんしょくじじゃく」と読まれます。「神色」は、精神と顔色を指し、「自若」は、心が乱れていないことを意味します。

顔色を一つ変えずに落ち着いている様を表現しており、先ほどご紹介した「言笑自若」と類義語にあたるそうです。何があっても落ち着いている人は、男性から見ても女性から見てもかっこいい人に見えます。

61位:一意攻苦

意味や由来をチェック!

考える力

苦しみながらもひたすら考える!

「一意攻苦」の読み方は、「いちいこうく」と読み、苦しい中でもひたすら考え抜くことを意味しています。類義語には、「一心不乱」や「一心一意」があります。

この四字熟語は、ひたすら考えることがポイントになっています。その考えがヒラメキで訪れることもあります。ヒラメキが来たら、動けの合図です。自分が出来ることから一歩ずつ始めてみましょう。

60位:剛毅果断

意味や由来をチェック!

やる気満々

思い切った決断力!

「剛毅果断」の読み方は「ごうきかだん」と読み、「剛毅」は、気性や意志が強い事を指し、「果断」は、思い切った行動を起こすことを意味します。

そのため、決断力に富んでいて思い切った決断が出来ることを指しています。何かを決断する時、どれだけ思い切りがあって決断量があるかで、変わります。是非、決断力と思い切りのある人になっていきたいものです。

59位:一念不動

意味や由来をチェック!

大きな迷路

何にも左右されない強い心!

「一念不動」の読み方は、「いちねんふどう」と読み、心が左右されることないことを意味します。「一念」という言葉は、心などの瞬間的なものを指すそうです。

私たちの心は、大きく揺れたり小さく揺れたりすることがあります。その揺れを少しでも少なくしていくことが、目標を達成するポイントの1つでもあります。しっかりとした目標を設定する強さと、一念不動の精神で、どんな時にでもぶれることのない心を養うことが大切です。

58位:破顔一笑

意味や由来をチェック!

ニコニコしている女性

幸せを呼ぶはにかみの笑顔!

「破顔一笑」の読み方は、「はがんいっしょう」と読み、表情を崩して笑うことを意味しています。

大笑いというよりもはにかんで、表情が変わるような笑顔のことです。怒りや不愉快な心の時の表情から笑顔に変わる瞬間を指します。

57位:一視同仁

意味や由来をチェック!

仲間たち

全ての人が平等!

「一視同仁」の読み方は、「いっしどうじん」と読み、この意味は、全ての人に分け隔てなく接するという意味合いがあります。

人と人は、性別、国籍など問わず、全ての人と平等に接することを指すと共に、その大切さを教えてくれています。人は、肌の色や言語などが違うだけで、自分とは違うと思ってしまうことがありますが、根本は一緒です。どんなことでも関係なく、平等に接することが出来る人がやはり素敵です。

56位:虚心坦懐

意味や由来をチェック!

平らな水平線

平らでまっさらな心でいたい!

「虚心坦懐」の読み方は、「きょしんたんかい」と読み、何事にもとらわれることなく、平坦でまっさらな心持ちのことを意味しています。

 

さらに、わだかまりのないさっぱりとした心境も現しているそうです。

感情や思考は、時に判断を鈍らせたり、進んでいた道を進めなくさせたりします。それがなくて、平坦でまっさらな心でいれば、穏やかな気持ちを保つことが出来ます。

55位:面壁九年

意味や由来をチェック!

座禅を組む人たち

忍耐強く我慢して成し遂げる!

「面壁九年」の読み方は、「めんぺきくねん」と読み、一つのことに忍耐強く専念してやり遂げることを意味しています。長い間わき目も振らずに努力し続けることも指しています。

失敗ばかりが続くと心が折れそうになったり、諦めてしまいそうになります。そんな時もどんなに長くかかったとしても諦めずに継続して努力をし続けることでその思いが実り、結果に繋がることがあります。今、出来なかったとしても出来るまで忍耐強くやれば良いのです。

54位:一往直前

意味や由来をチェック!

直進の道

前だけを見て進もう!

「一往直前」の読み方は、「いちおうちょくぜん」と読み、何があっても動じずに、怖がらずにひたすらまっすぐ進むことを意味します。

 

「一往」は、ひたむきに「直前」は、突き進むことを指しています。

四字熟語の中には、前向きでひたすら前に突き進むというような言葉が多く存在します。この四字熟語も同じで、どんな状況になったとしても、自分の道を忘れることなく突き進むことを教えてくれています。

53位:胆勇無双

意味や由来をチェック!

スニーカーを履いた靴

大胆で勇気がある様子!

「胆勇無双」の読み方は、「たんゆうむそう」と読み、大胆で勇気があり、何事にも動じることなく行動を起こすことを指します。

 

何にも動じない心は、誰にでもあるものではありません。この四字熟語は、男性というイメージですが、女性の座右の銘にもおすすめのかっこいい言葉です。

52位:徳高望重

意味や由来をチェック!

握手を交わす2人

人から信頼される人望が厚い人!

「徳高望重」の読み方は、「とくこうぼうじゅう」と読み、高い人徳があって人から信望がある人のことを意味します。

この四字熟語は、徳が高いことは、多くの人たちからの信頼を多く集め、誰からも愛される人のことを指します。徳は、目に見えるものではありませんが、それがさまざまな形で自分にもたらされると言われています。徳が高い人は、人望が厚いというのも納得出来ます。

51位:懸崖撒手

意味や由来をチェック!

矢印の画像

勇気を出して一歩を踏み出そう!

「懸崖撒手」の読み方は、「けんがいさっしゅ」と読み、「懸崖」は険しい崖を示し、「撒手」は、掴んでいるものを放す意味があります。勇気を出して思い切って行うことを意味しています。

勇気を出すことは、怖かったり、一歩が踏み出せなかったりします。しかし、勇気を出して思いっきり行うことで、新しい世界が見えることがあります。大きなことからではなく、まずは小さなことから冒険していくこともおすすめです。

50位:光風霽月

意味や由来をチェック!

綺麗な青い海

澄み切った清々しい心持ち!

「光風霽月」の読み方は、「こうふうせいげつ」と読みます。心に不信などがなく、すっきりと澄みわたっていることです。

「光風」は、太陽の光が抜けるように澄んでいることを指し、そして、「霽月」は、澄んだ空に浮かぶ月を意味しています。私たちは、色々な経験を経て情報を心や脳にインプットされます。必要な情報もあれば、不必要な情報もあります。この四字熟語は、そういった不信感やわだかまりを捨てて、まっさらな心の状態でいることを謳っています。

49位:万死一生

意味や由来をチェック!

崖にいる人

死ぬ覚悟で努力しよう!

「万死一生」の読み方は、「ばんしいっせい」と読みます。この四字熟語には、2つの意味合いがあります。

非常に危険な状態からなんとか助かるという意味と、死ぬ覚悟で物事に当たって努力することを意味します。死ぬ覚悟で物事に取り組むことは、生半可な気持ちでは、なかなか出来ません。それくらいの覚悟で何かに取り組むというかっこいい座右の銘です。

48位:心堅石穿

意味や由来をチェック!

石の穴

意志を貫き通そう!

「心堅石穿」の読み方は、「しんけんせきせん」と読み、どんなに困難なことでも意志を貫き通せば、解決することが出来るという意味があります。

47位:開心見誠

意味や由来をチェック!

手の中のハート

心を開くと世界が広がる!

「開心見誠」の読み方は、「かいしんけんせい」と読み、心を開いて隠し事せずに誠意を持ちながら相手と接することを意味し、座右の銘におすすめの言葉です。

46位:一徹無垢

意味や由来をチェック!

赤ちゃんの笑顔

純粋な心を持とう!

「一徹無垢」の読み方は、「いってつむく」と読み、「一徹」は、1つのことを貫き通すこと、そして「無垢」は、純粋なことを意味します。

 

そのため、純粋な目で物事を判断し、意志を貫き通すことです。

45位:一心精進

意味や由来をチェック!

右か左か迷う人

何事にも左右されない精神!

「一心精進」の読み方は、「いっしんしょうじん」と読み、何事にも左右されることなく、自らの信念に基づいて努力、精進することを意味しているシンプルですが、かっこいい四字熟語です。

44位:良薬苦口

意味や由来をチェック!

苦い薬

いい薬は苦いもの!

「良薬苦口」の読み方は、「りょうやくくこう」と読み、皆さんも一度は耳にしたことのある「良い薬は苦いけれど病気には、効果抜群である」という意味があります。

43位:孜孜不倦

意味や由来をチェック!

走り続ける人

止まることなく走り続けよう!

「孜孜不倦」の読み方は、「ししふけん」と読み、止まることなく、途中で辞めることなく努力を続けることを意味しています。

42位:天真爛漫

意味や由来をチェック!

花の香りを嗅ぐ人

自然体で飾りのない立ち振る舞い!

「天真爛漫」の読み方は、「てんしんらんまん」と読み、純粋な心を持った飾り気のない自然体でいることを意味します。明るくて素直、無邪気な様子がこの四字熟語から感じられます。

41位:不惜身命

意味や由来をチェック!

全力で走る人

命を惜しむことなく全力疾走!

「不惜身命」の読み方は、「ふしゃくしんみょう」と読みます。命や身体を惜しむことなく、全力で努力し、物事に当たるという意味があります。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング40位〜21位

メモをする人

まだまだ!座右の銘におすすめの四字熟語ランキング40位〜21位!

次は、座右の銘におすすめの四字熟語ランキング40位〜21位の言葉をご紹介していきます。

 

是非、メモにしたり、手帳に書き留めながら残しておきたい言葉ばかりです。

40位:可惜身命

意味や由来をチェック!

子供を抱きしめる母親

かけがえのない命の尊さ!

「可惜身命」の読み方は、「あたらしんみょう」と読みます。これは、命を尊く、大切に思うという意味があります。

 

この四字熟語を聞くと、自分の命はもちろん、大切な人の命に感謝したくなります。

39位:明鏡止水

意味や由来をチェック!

壁掛けの鏡

澄み切った心模様!

「明鏡止水」の読み方は、「めいきょうしすい」と読みます。「明鏡」は、一点の曇りのない鏡のことで、「止水」は、静かに讃えている水のことです。

 

まるでそんな澄み切った鏡のような水のような落ちついた心模様を表現しています。

38位:一言芳恩

意味や由来をチェック!

ありがとうの旗

少しの感謝も忘れない!

「一言芳恩」の読み方は、「いちごんほうおん」と読み、一言声をかけられただけでも恩や感謝の気持ちを忘れないようにという意味があります。

37位:百錬成鋼

意味や由来をチェック!

包丁を作る

鍛え上げて立派な人へ!

「百錬成鋼」の読み方は、「ひゃくれんせいこう」と読みます。何度も繰り返しながら心や身体を鍛えることによって、素敵な人になっていくという意味です。

36位:質実剛健

意味や由来をチェック!

真面目な人

心を強くたくましく!

「質実剛健」の読み方は、「しつじつごうけん」と読みます。心から充実していて、なおかつ自然体の飾り気のない様子を意味しています。

35位:大器晩成

意味や由来をチェック!

たくさんのビル

自分の実力を重ねよう!

「大器晩成」の読み方は、「たいきばんせい」と読み、良く耳にする四字熟語の1つです。

 

若い頃は芽が出なくても、年を重ねて実力を重ねることで成功するという意味があります。

34位:国士無双

意味や由来をチェック!

仕事に励む人

真面目で最も優れている人!

「国土無双」の読み方は、「こくどむそう」読み、真面目で堅実ですが、国の中で最も優れている人のことを意味します。

 

この四字熟語を目標に、目指してくのも座右の銘の活用方法です。

33位:磨穿鉄硯

意味や由来をチェック!

ゴールネット

達成するまで揺るぎない!

「磨穿鉄硯」の読み方は、「ませんてっけん」と読みます。鉄の硯に穴が開くほど学問に励むことを意味します。

 

強い意志を持ちながら達成するまで揺るぎなく努力し続けていくことを指します。

32位:疾風勁草

意味や由来をチェック!

空を飛ぶ飛行機

苦しい中に真実が見える!?

「疾風勁草」の読み方は、「しっぷうけいそう」と読みます。「疾風」は、激しく勢いのある風のことで、苦しい状況の中から真価がわかるという意味があります。

31位:一意専心

意味や由来をチェック!

ハート形のチョコ

1つのことにひたすら邁進!

「一意専心」の読み方は、「いちいせんしん」と読み、類義語に「一心不乱」などの四字熟語があります。

 

他のことに心が動かされず、何も考えず1つのことにひたむきに取り組む意味があります。

30位:試行錯誤

意味や由来をチェック!

失敗から学ぶ

失敗を重ねて成長!

「試行錯誤」の読み方は、「しこうさくご」と読み、失敗を何度も繰り返しながらも、段々と目的に迫っていくという意味がある前向きになれる座右の銘です。

29位:合縁奇縁

意味や由来をチェック!

手をつなぐ2人

縁はとても不思議なもの

「合縁奇縁」の読み方は、「あいえんきえん」と読みます。縁は、不思議なもので人との縁や巡り合わせは不思議なもので、心が通じ合うのにも力が働いているという意味があります。

28位:報恩謝徳

意味や由来をチェック!

砂浜のありがとう

見合ったお返しをしよう!

「報恩謝徳」の読み方は、「ほうおんしゃとく」と読み、私たちは生きていると時に、感謝の気持ちを忘れてしまったりします。

普段から得られる恩や徳に対して、見合った感謝の気持ちを表現しようと言う意味があります。小さな幸せや毎日の中で、1つ1つ感謝出来ることを見つけて過ごしてみましょう。

27位:堅忍可決

意味や由来をチェック!

飛び込む人

強い意志を持とう!

「堅忍可決」の読み方は、「けんにんかけつ」と読み、何が起こっても辛抱強く待ちながら、一度決めると思いっきりやるという意味があります。

 

勇気がいることではありますが、また新しい道が広がります。

26位:粉骨砕身

意味や由来をチェック!

パソコンとコーヒー

身を砕くほど頑張る!

「粉骨砕身」の読み方は、「ふんこつさいしん」と読み、骨を砕くほど身を粉にして働くという意味があります。

 

これは、仕事だけでなく、目標や夢にもピッタリの座右の銘です。

25位:粒粒辛苦

意味や由来をチェック!

多くの米粒

コツコツ努力することの大切さ!

「粒粒辛苦」の読み方は、「りゅうりゅうしんく」と読み、お米の1粒1粒は、農民の方が大切に育てた貴重な結晶です。

 

米粒のような小さなことをコツコツ積み重ねて努力していくという意味があります。

24位:起死回生

意味や由来をチェック!

過去と未来を変える

危機的な状況を一転させよう!

「起死回生」の読み方は、「きしかいせい」を読みます。よく聞く四字熟語の1つで、危機的な状況から一気に好転することを意味します。

23位:勇気凜凜

意味や由来をチェック!

王様のライオン

危険を恐れずチャレンジしよう!

「勇気凜凜」の読み方は、「ゆうきりんりん」と読みます。人は、失敗や危険を恐れて中々一歩を踏み出せないことがあります。

 

この四字熟語は、失敗や危険を恐れずに勇気を持って向かう意味があります。

22位:日進月歩

意味や由来をチェック!

階段を上がる人

毎日コツコツとステップアップ!

「日進月歩」の読み方は、「にっしんげっぽ」と読みます。日ごと月ごとにコツコツと努力を重ねることで進歩していくという意味があります。

21位:誠心誠意

意味や由来をチェック!

誠意という文字

真心を持ちながら!

「誠心誠意」の読み方は、「せいしんせいい」と読みます。仕事の現場などでよく使われる四字熟語ですが、真心を持って人や出来事と向き合うという意味があります。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング20位〜11位

筆と墨

後半戦!座右の銘の四文字熟語ランキング20位〜11位をチェック!

それでは、ランキングの後半戦をご紹介します。今からは、座右の銘の四文字熟語ランキング20位〜11位をお届けしましょう。

20位:一所懸命

意味や由来をチェック!

綺麗な森林

命がけで土地を守る!

「一所懸命」の読み方は、「いっしょけんめい」と読みますが、もう1つ「一生懸命」という四字熟語もあります。

 

この2つは、同じ意味を持っていて、どちらも命がけで土地や何かを守るという意味があります。

昔は、武士が自分たちの領土や土地を守ることに命をかけていました。最初に「一所懸命」という言葉が生まれて、次に「一生懸命」が誕生しました。最近では、一生懸命の方がよく使われる四字熟語になっていて、座右の銘としてもシンプルで人気です。

19位:温良恭倹

意味や由来をチェック!

乾杯している人たち

素直で穏やかに生きよう!

「温良恭倹」の読み方は、「おんりょうきょうけん」と読みます。人に対して礼儀正しく、人としても信頼関係があり、温和で素直なことを意味します。

温厚な人は、常に穏やかで落ち着いた雰囲気があります。そういう雰囲気の方は、人が集まりやすくて信頼関係も芽生えます。さらに、礼儀正しいという意味もあるので、目標にしたい人物像の1つとなりそうです。

18位:雲外蒼天

意味や由来をチェック!

澄み切った青空

開けない夜はない!

「雲外蒼天」の読み方は、「うんがいそうてん」と読みます。努力を積み重ねていきながら続ければ、乗り越えた先に蒼井そらが広がっているという意味があります。

どんなに曇った空でも真っ暗な夜でも開けないことはなく、開けた時には、スッキリと澄み切った空が広がります。このように、どんな苦しいことがあってもそれを乗り越えたら成功が待っているという前向きな四字熟語の座右の銘です。

17位:泰然自若

意味や由来をチェック!

正面を見ている女性

物事に動じない不屈の心!

「泰然自若」の読み方は、「たいぜんじじゃく」と読みます。ゆったりと落ち着いていて平常心と変わらない穏やかな精神状態を意味しています。

この四字熟語の「泰」とうい字は、大らかでゆったりとしている意味があり、「然」は、承認と肯定という意味があると言われています。さらに、「自若」は、自ら従うという意味が隠れているそうです。

16位:温和怜悧

意味や由来をチェック!

温かい飲み物

穏やかで優しくいよう!

「温和怜悧」の読み方は、「おんわれいり」と読み、穏やかで賢いことを意味します。「温和」は、穏やかで優しいことを意味し、「怜悧」は賢いことを指します。

心が穏やかで温かくある人は、誰からも愛されてそばにいるだけで、同じように落ち着いた気持ちになれます。目標としてこの四字熟語を座右の銘にする方もいれば、自分の好きな言葉として活用してる方もいます。

15位:不言実行

意味や由来をチェック!

ノートとボールペン

何も言わず実践し続ける!

「不言実行」の読み方は、「ふげんじっこう」と読みます。その言葉通り、何も言わずにひたすら実践している様子を意味します。「不言」が何も言わず、「実行」が動くことになります。

一見、マイナスのように感じられる四字熟語ですが、その逆です。理屈や言い訳をせずに、成すべきことを実践していくという意味になります。無駄なことは一切口にせず、自分の目標や夢にひたむきに向き合う姿がかっこいい、座右の銘でも人気の言葉です。

14位:旗幟鮮明

意味や由来をチェック!

目標に向かう

自分をしっかり持とう!

「旗幟鮮明」の読み方は、「きしせんめい」と読みます。「旗幟」は、旗という意味があり、主義や持論などを例えた言葉です。

そして、「鮮明」は、区別することが出来るという意味です。自分の主義や持論などを持って、しっかりとした区別が出来る人のことを指すそうです。

13位:切磋琢磨

意味や由来をチェック!

勉強する人

共に向上し合おう!

「切磋琢磨」の読み方は、「せっさたくま」と読みますが、一度は耳にしたことがある四字熟語です。

 

学問や人徳を磨き上げて、友達同士で共に励まし合いながら向上していく前向きな座右の銘になっています。

「琢磨」は、学問をして徳を修めるために努力をしていくことを意味しています。何かに向かってひたむきに頑張る時や目標に向かっている時に励みになる座右の銘の四字熟語になっています。

12位:確乎不抜

意味や由来をチェック!

決める

しっかりとした意志の持ち主!

「確乎不抜」の読み方は、「かっこふばつ」と読み、意志がしっかりしていて何があっても揺るぎない強固な意志があることを意味しています。

「確乎」には、しっかりと定まっていることという意味合いがあり、「不抜」には、硬くて抜くことが出来ないという意味や動揺しないことという意味が込められています。四字熟語は、意味合いのある2つの言葉などで構成されていることが多くあります。

11位:猪突猛進

意味や由来をチェック!

大きな猪

一心不乱に突き進もう!

「猪突猛進」の読み方は、「ちょとつもうしん」と読みます。この四字熟語の意味は、脇目も振らず、その目標に向かって、向こう見ずに突き進むことを意味します。

何か目標を見つけて突き進む時、さまざまな苦しいことや困難が襲ってきます。そんな時もまるで猪のごとく、前だけを向いて突き進むという強い意志が感じられます。勢いをつけて目標だけを見据えて突き進むことで、力が沸いてきます。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング10位〜4位

ノートに書く

座右の銘におすすめの四文字熟語ランキング10位〜4位は?

ここまで、四文字熟語ランキング109位〜11位までをご紹介しました。次は、座右の銘におすすめの四文字熟語ランキング10位〜4位を見ていきましょう。

10位:気宇壮大

意味や由来をチェック!

閃いた女性

心の広い人になろう!

「気宇壮大」の読み方は、「きうそうだい」と読みます。「気宇」とは、心の広さや大きさを意味し、「壮大」は、大きくて立派なことを指しています。

この四字熟語には、心持ちや考えが並外れて立派なことを指しています。四字熟語は、歴史上のさまざまな人物の言葉を短くしたものが多くあります。色々な方の思いがこの4つの漢字の中にギュッと詰まっています。

9位:七転八起

意味や由来をチェック!

おきあがりこぼし

何度転んでもまた立ち上がる!

「七転八起」の読み方は、「しちてんはっき」と読みます。ご存知のように「七転び八起き」から来ている四字熟語になっています。

 

何度困難や失敗が訪れてもまた立ち上がるという前向きな意味合いがあります。

人は、失敗を恐れて何も出来ないことがあります。しかし、このおきあがりごぼしのように何度転んでも失敗してもまた起き上がればいいのです。すぐに起き上がれない時は、時間がかかってでも起き上がればいい、失敗は怖くて二度としたくないものですが、その中から学べるものもあります。

8位:陰徳陽報

意味や由来をチェック!

広げる手

誰にも知られない善い行い!

「陰徳陽報」の読み方は、「いんとくようほう」と読みます。「陰徳」とは、誰にも知られない見えない徳のことで、「陽報」は、一目で分かるような良い報いのことを意味します。

誰にも知られない陰徳を積むことで、必ず良いことがあることを教えてくれてます。徳は、見える徳だけでなく、陰徳という見えない徳もあります。自分が誰かを助けてそれが誰かに見られておらず、喪失感を感じる時でも、陰徳という形で後にいいことが帰ってくるという意味です。

7位:一期一会

意味や由来をチェック!

家族の笑顔

家族も友達もみんな一期一会!

「一期一会」の読み方は、「いちごいちえ」と読みます。意味は、一瞬一瞬の出会いがとても大切で尊い出会いであることを意味しています。

しかし、この一期一会という四字熟語は、井伊直弼の自信の著書の中で初めて使われた言葉だと言われています。その中で、何度も同じお茶会に参加しているとしても、この時間は一生に一度の出会いだと言っています。例え、毎日顔を合わせる家族であっても友達であってもその時間は、一生に一度きりの出会いになるのです。

6位:勇往邁進

意味や由来をチェック!

ノートとペンの画像

前向きにひたむきに進む!

「勇往邁進」の読み方は、「ゆうおうまいしん」と読みます。この四字熟語は、座右の銘の中でもかっこいい目標や夢に向かっている方におすすめの言葉です。

「勇往」は、勇気を持って勇ましく前進することを指していて、「邁進」は、振り向かずひたすら突き進むことを意味しています。2つのの言葉は似ていますが、これを1つにして組み合わせると、何があってもぶれることなく、果敢に突き進むという力強いメッセージ性のある四字熟語になっています。

5位:因果応報

意味や由来をチェック!

プレゼントをもらう人

いいことをすればいいことが!

「因果応報」の読み方は、「いんがおうほう」と読み、知っている方も知らない方もいると思います。

 

簡単に言うと自分の行いは、後々に同じ形で自分に返ってくるという意味です。

「因果」とは、原因と結果を表現しており、「応報」は、原因に応じた報いのことを意味しています。つまり、良い行いをしたら、良い形で返ってきますし、悪い行いをしたら悪い形で自分に報いが返ってきます。し例えば、植物もトマトの種を蒔いたらトマトが成るように、トマトの種からはかぼちゃなどは実らないのと同じです。

4位:人事天命

意味や由来をチェック!

後光の光

結果は天に任せる!

「人事天命」の読み方は、「じんじてんめい」と読みます。これは、人事を尽くした上で、結果は天に委ねるということを指しています。「人事」とは、人として出来ることという意味があります。

人間として、最大の力を尽くした上で、結果は、天に委ねますという意味合いがあります。自分の力を出し尽くしたり、人に尽くしたりした後の結果は、天にお任せするくらいの心境でいることを現しています。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング3位〜1位

エンディングノート

最後!座右の銘の四字熟語ランキング3位〜1位をご紹介!

ランキングの最後にご紹介するのは、座右の銘の四字熟語ランキングTOP3です。このランキングの上位には、どんな四字熟語がランクインしているのでしょうか?

3位:有言実行

意味や由来をチェック!

メガホン

発言したことを成し遂げる!

ランキング3位にランクインした四字熟語は、「有言実行」です。読み方は、「ゆうげんじっこう」を読み、スタンダードな座右の銘になっています。

 

この四字熟語の意味は、自分が発言した目標や夢などを何が何でも必ず実行するという意味があります。シンプルですが、とてもかっこよく、いさぎの良い言葉です。

良く耳にする言葉で、座右の銘にしている方も多くいます。「有言実行」の「有言」とは、口に出して自分の言葉で言うことです。そして、「実行」は、実際に行動に移すことを指します。これを文字って後に出来たのが、先ほどご紹介した「不言実行」だそうです。

「有言実行」に関する口コミをチェック!

有言実行に関する口コミをチェックしてみると、この四字熟語を座右の銘にしている方が多くいました。これは、男性、女性問わずです。どんな目標であれ、叶えたいと思うのは、誰も同じです。どんなシチュエーションでも活用出来るこの言葉は、大人気の四字熟語の1つです。

2位:臥薪嘗胆

意味や由来をチェック!

耐えて待つ犬

苦難に耐えよう!

ランキング2位にランクインした四字熟語は、「臥薪嘗胆」です。読み方は、「がしんしょうたん」と読みます。

 

意味は、目的を果たすために苦難を耐えて待つことを指しています。

「臥薪」とは、固い薪の上で寝ることを指し、「嘗胆」は、苦い肝をなめることを指しています。この四字熟語は、故事が元になっており、ある時代に、固い薪の上で寝ることで、自分の父親を殺した仇への思いを忘れないようにしました。彼はその戦いで勝利を収めます。

馬と弓矢

四字熟語の由来を故事にあり!

一方で、戦いに敗北した王は、寝室に苦い肝を置いて目覚めるたびに舐めることで敗北した時の思いを忘れないように、思い返していました。

 

最終的には、再び勝利を収めたという話しからこの四字熟語が生まれたそうです。

「臥薪嘗胆」に関する口コミをチェック!

「臥薪嘗胆」の口コミをチェックしてみると、この四字熟語を座右の銘にしている方も多くいました。どんなに苦難があったとしても、それにもめげずに最後まで諦めずに突き通した方が自分の目的を達成することが出来るということを教えてくれています。

1位:初志貫徹

意味や由来をチェック!

3つの目標

最初の思いや志を忘れない!

座右の銘のおすすめの四字熟語ランキング1位に輝いたのは、「初志貫徹」という四字熟語です。

 

この意味は、最初に決めた志や思いを諦めずに最後まで貫き通すことです。

「初志」は、漢字通り初めの志や心持ちという意味があり、「貫徹」は、最後まで方針や考えていることを貫き通すことを意味しています。初めて心に決めた目標は、苦労や失敗などを重ねて、時間が経つとどうしても忘れがちになってしまいます。

黄昏れる人

初心忘るべからず!

そんな時でも、一度立ち止まり、初めに決めた志を思い返すことも大切です。

 

努力している道のりで、忘れそうになった時は、最初に決めたことを思い出すことで心が引き締まります。

 

この「初志貫徹」という言葉は、四字熟語の中でも人気の座右の銘になっています。

「初志貫徹」に関する口コミをチェック!

「初志貫徹」の口コミをチェックしてみると、座右の銘にしている方も多いですし、自分を変えるために座右の銘にしようとしている方も多くいます。どんなことをするにも、やはり初心はとても大事です。その気持ちを忘れないためにも、この四字熟語を座右の銘にしたいものです。

座右の銘はどんなときに使う?

紙を空にかざす

ここで活用出来る座右の銘!

ここまで座右の銘におすすめの四字熟語ランキングをご紹介してきました。最後にご紹介するのは、そんな座右の銘を活用出来る場所です。決めた座右の銘は、どんな時に活用出来るのでしょうか?

座右の銘を活用する機会はココ!

面接する人

会社の面接などで活用しよう!

座右の銘が使用出来る場面の1つめは、「面接」です。座右の銘は、基本的に誰かに話すためのものではなく、自分の近くに置いておくための言葉です。

しかし、座右の銘には、色々な意味合いが込められています。目標になったり、自分がどんな人物であるかが表現出来ることもあります。面接時に座右の銘を述べることで、面接官にもおおよそ自分がどんなことを考え、どんな目標を持っているのかを伝えることが出来ます。

面接の時

面接官

そうである必要はない!?

座右の銘は、何度もお伝えしている通り、目標であり、自分が持っている志です。そのため、その時に自分がそうである必要はありません。

 

将来自分はこういう人になりたい、そのために努力していきたいという前向きな気持ちや印象を伝えることが出来ます。

そのため、面接で座右の銘を活用するからといって、変に緊張しすぎずに、ありのままの自分で前向きな希望を持ち、臨むようにしましょう。座右の銘は、色んな主旨に別れています。そこも参考にしながら、自分の座右の銘を設定してみましょう。

新年などの気持ちを新たにしたい時

初詣

新たなスタートを座右の銘と共に切ろう!

座右の銘を使用出来る2つめのシチュエーションは、「新たな年のスタートを切る時」です。

座右の銘を設定する方は、多くの方が新年や入学、卒業など新たな場所に行く時が多いようです。今までをサッとリニューアルして新たな気持ちで進むためにも、座右の銘を自分の心の中に置いておくことで、気分や雰囲気もまた新しい自分に生まれ変われるような気がします。

賑わう街並

前向きな四字熟語が人気!

やはり新年などの新たなステージに行く前には、前に突き進むというような前向きな言葉が人気です。例えば、初志貫徹、日進月歩、直往邁進などが挙げられます。

新しい何かに挑戦する時

新たなスタート

何かに挑戦する前に設定しよう!

座右の銘を使用したり設定したりする場面の3つめは、「何かを始める時」です。

 

例えば、新しい目標を設定したり、やりたいことを見つけたりした時などに、自分の志や信念を固めるために設定する方が多くいます。

具体的に箇条書きのような目標を設定する方もいますが、座右の銘をシンプルに決めることで、いつでも持ち運びも出来ますし、そばに置いておくことも出来ます。心の中に、四文字熟語とその意味を覚えておくだけで大丈夫です。

勉強する子供

自分のパワーにもなる!

座右の銘があるとくじけそうになった時に、思い出すことで自分のパワーにもなります。

 

最初に設定した座右の銘を思い出しながら初めの気持ちを思い出すことも出来ます。

そういった意味でも座右の銘は、4つの漢字から成り立つ四字熟語ですが、それ以上に大きな意味合いや思いを持っている不思議な言葉とも言えます。忘れそうなら、自分の目が届くところに紙に書いて貼っておくのもおすすめの方法です。

座右の銘にぴったりな四字熟語ランキング109選まとめ

四字熟語を書く

座右の銘は自分の人生を彩ってくれる!

座右の銘のおすすめランキング109位から一気に1位までお届けしていきました。お気に入りの言葉は見つかりましたか?

 

ここでご紹介している四字熟語以外にも多くの言葉があります。色々探してみて、是非自分の信念や目標にあった言葉をチョイスしてみましょう。

もっと言葉について知りたいアナタへ!コチラもチェック!

心に響く失恋の名言30選。失恋したての人は必読の言葉を厳選 | ランキングまとめメディア
【深い】映画の名言100連発!たった一言が人生を変える? | ランキングまとめメディア
【町田樹語録】なんだか凄い名言ランキング30選!フィギュア解説もおもしろい? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ