ガンダムのかっこいいモビルスーツ101選!機体のデザインや強さを徹底比較!

世界的にも人気の高いロボットアニメ、ガンダムシリーズ。ガンダムをはじめ、その中に登場するモビルスーツはデザインがかっこいいものが多く、ガンプラも人気です。そこでこのまとめでは、ガンダムシリーズに登場する多くのモビルスーツの中からかっこいい機体101選をランキングにしてご紹介します。量産機から専用機、オリジナルの機体まで、その魅力や強さもランキングでご紹介しますので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

目次

  1. ガンダムかっこいい機体ランキング101選!
  2. ガンダムかっこいい機体ランキング101位~71位
  3. ガンダムかっこいい機体ランキング70位~41位
  4. ガンダムかっこいい機体ランキング40位~21位
  5. ガンダムかっこいい機体ランキング20位~11位
  6. ガンダムかっこいい機体ランキング10位~4位
  7. ガンダムかっこいい機体ランキング3位~1位
  8. 1970年代から歴史を刻み続けるガンダムシリーズ
  9. ガンダムかっこいい機体ランキング101選のまとめ

ガンダムかっこいい機体ランキング101選!

作中に登場するモビルスーツのデザインはかっこいい!

眼が光るモビルスーツ

世界的人気のガンダム!

ガンダムといえば日本のみならず世界的に人気のロボットアニメで、作中に登場するキャラクターやかっこいいモビルスーツが魅力です。

モビルスーツとはガンダム作品の中に登場する、パイロットが操縦するロボットのことです。ロボットアニメながら人間ドラマも濃く描かれたガンダムでは、デザインがかっこいいモビルスーツの機体が多数登場し、いわゆるガンプラも高い人気があります。主人公キャラクターたちが登場するガンダム系だけではなく、ジオングやザクといった敵勢力のモビルスーツも非常に魅力的でガンダムより好きという人も少なくありません。

人気の量産機やオリジナルの機体まで強さを徹底比較

武器を持つガンプラ

人気のかっこいいモビルスーツは?

ガンダムシリーズには多くのかっこいい機体が登場しますが、どのモビルスーツが人気なのでしょうか。

 

そこでこのまとめでは、アニメのガンダムシリーズやガンプラなどで人気のモビルスーツ101選をランキングにしてご紹介します。

量産機から専用機、オリジナルまで、かっこいいモビルスーツの機体の設定や強さもご紹介していきますので、ぜひチェックしてお気に入りのモビルスーツを見つけてみてください。

ガンダムかっこいい機体ランキング101位~71位

ガンダムの顔のアップ

さまざまな機体がランクイン!

では、ガンダムのモビルスーツランキングを見ていきましょう。まずは101位~71位の機体です。

101位:ガブスレイ

白兵戦から高機動戦闘まで対応!

攻撃するガブスレイ

MA形態も!試作型可変モビルスーツ

・型式名:RX-110
・サイズ:18.5m
・重量:32.6t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:フェダーイン・ライフル、メガ粒子砲×2、ビーム・サーベル×4、バルカン砲、拡散ビーム砲×2
・パイロット:ジェリド・メサ、マウアー・ファラオ

「Zガンダム」に登場する宇宙用の試作型可変モビルスーツです。パプテマス・シロッコがメッサーラに続いて設計しており、砲撃戦・格闘戦ともに優れ、また可変することで白兵戦から高機動戦闘に対応します。MA形態による一撃離脱戦法も可能です。意外と少ない茶色のカラーリングも渋くてかっこいいです。

100位:ハンブラビ

めまぐるしく変形!海ヘビという武器が特徴

武器を構えるハンブラビ

海洋生物のような可変MS

・型式名:RX-139
・サイズ:19.9m
・重量:34.6t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・ライフル×2、ビーム・サーベル×2、海ヘビ、クモの巣、フェダーイン・ライフル、腕部クロー×2、テールランス
・パイロット:ヤザン・ゲーブル、ラムサス・ハサ、ダンケル・クーパー 、サラ・ザビアロフ

「Zガンダム」に登場する可変MSで、MSは海洋生物、MA形態はエイのような外見が特徴です。海ヘビという武器が最大の特徴で、相手の電子機器を破壊します。運動性や格闘戦に優れ、めまぐるしく入れ替える変形によって相手を翻弄します。

99位:ズサ

高い機動性と火力!陸戦以外にも強襲や爆撃も可能

ズサの全身

陸戦での後方支援用MS

・型式名:AMX-102
・サイズ:15.85m
・重量:23.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ミサイル・ポッド、拡散ビーム砲、ビーム・サーベル×4、30mmバルカン砲×2、ビーム・ライフル(グレミー軍)、ビーム・マシンガン(袖付き)、ショットガン(袖付き)、シールド(袖付き)
・パイロット:マシュマー・セロ

「機動戦士ガンダムZZ」に登場するネオ・ジオンの量産機で、着脱式の背部ブースターや大量のミサイルを装備し、高い機動性と火力を持っています。陸戦での後方支援用に開発され重々しい見た目ですが、強力なブースター搭載で飛行もでき強襲や爆撃用としても運用され、ブースターを排除することで近接戦闘もできます。

98位:ゾック

地上戦は内装火器で砲撃!

ゾックの上半身

変わった外観のジオン軍の水陸両用MS

・型式名:MSM-10
・サイズ:23.9m
・重量:167.6t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:フォノンメーザー砲×1、メガ粒子砲(収束ビーム砲)×8
・パイロット:ボラスキニフ

「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍の水陸両用MSの試作機です。かなり特異な外観で短い脚は二足歩行できず大型ロケットエンジンになっています。超大型熱核反応炉を持つため大型で機動性が低く、陸戦では内装火器による砲撃が主な戦闘スタイルです。

97位:ドーベン・ウルフ

準サイコミュ兵器を搭載!

攻撃するドーベン・ウルフ

スペース・ウルフ隊の主力機

・型式名:AMX-014
・サイズ:25.9m
・重量:36.8t
・装甲材質:ガンダリウム・コンポジット
・武装:メガ・ランチャー兼ビーム・ライフル、胸部メガ粒子砲×2、肩部ビーム・キャノン×2、ビーム・ハンド×2、インコム×2、ビーム・サーベル×2、30mmバルカン砲×2、対艦ミサイル×2、ミサイル×24、隠し腕×2(指揮官機のみ)
・パイロット:ラカン・ダカラン、スペース・ウルフ隊、ワークラッハ・バナム

「ガンダムZZ」に登場するネオ・ジオン軍の量産機で、ニュータイプ以外でも使用できる準サイコミュ兵器を搭載した高性能MSです。多彩な武装を内蔵しているのも特徴で高い火力を持っています。作中ではスペース・ウルフ隊の主力として登場します。

96位:ドライセン

重装甲と高機動を両立!バランスの良い機体

ドライセンの上半身

ドムの最終型

・型式名:AMX-009
・サイズ:23.4m
・重量:36.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:3連装ビームガン×2、ビーム・ランサー、ビーム・トマホーク、トライブレード×3、ヒート・サーベル(「袖付き」)、ジャイアント・バズ(「袖付き」)
・パイロット:ラカン・ダカラン、オウギュスト・ギダン、グレミー・トト、バーン・フィクゼス、ザミュ・サミュ、テルス、レッダー

「ガンダムZZ」「ガンダムUC」に登場するネオ・ジオン軍の量産機で、近接戦闘に特化したドムの最終型です。カラーリングもドムに近いものになっています。重装甲と高機動を両立させたバランスの良い機体で、陸戦を重視した設計ですが宇宙でも十分性能を発揮できます。

95位:ズゴックE

外観もスタイリッシュになった水陸両用MS

爪を広げるズゴックE

ズゴックの改良型機体

・型式名:MSM-07E
・サイズ:18.4m
・重量:69.5t
・装甲材質:チタン・セラミック複合材
・武装:魚雷発射管×6、ビーム・カノン×2、バイス・クロウ×2
・パイロット:ハーディ・シュタイナー、テッセラ・マッセラ

「0080ポケットの中の戦争」に登場する水陸両用MSで、ズゴックの地上運用後に見つかった問題点をクリアした改良型機体です。ズゴックよりも肩部がごつくなり、爪も4本になり見た目もスタイリッシュになっています。作中ではサイクロプス隊が連邦軍の北極基地を殲滅していきます。

94位:トールギスIII

大型ビーム砲メガキャノンが主武装!

武器を持つトールギスIIIのガンプラ

トールギスの3号機

・型式名:OZ-00MS2B
・サイズ:17.4t
・重量:8.2t
・装甲材質:チタニュウム合金
・武装:メガキャノン、ビームサーベル×2、シールド(ヒートロッド)、バルカン×2
・パイロット:火消しのウィンド(ゼクス・マーキス)

「新機動戦記ガンダムW」に登場するトールギスの3号機で、機体の攻撃力と機動力を極限まで発揮できるようになりガンダムに匹敵する戦闘力を得ています。封印されていましたが諜報組織「プリベンター」によって封印を解かれ、「火消しの風・ウインド」ことゼクスの搭乗機として表舞台に登場します。

93位:G-セルフ

「Gのレコンギスタ」の主役機

両腕を挙げるG-セルフ

宇宙世紀に活躍したガンダムを彷彿とさせる

・型式名:YG-111
・サイズ:18m
・重量:31.1t
・装甲材質:インビジブル・チタニウム
・武装:頭部バルカン砲×2、ビーム・サーベル×2、アメリア製ビーム・ライフル×1、トワサンガ製ビーム・ライフル×1、アメリア製シールド×1、トワサンガ製シールド×1(バルカン砲×2)、フォトン装甲シールド×1(パーフェクトパック時)、各種バックパック
・パイロット:ベルリ・ゼナム

「Gのレコンギスタ」の主役機で、スペースコロニー国家「トワサンガ」のレイハントン領にて開発された試作MSです。レイハントン家の元家臣が、レイハントン家が持つ記録から製造したドレット軍用の機体です。外観は宇宙世紀のガンダムを彷彿とさせる要素が多いのも特徴です。

92位:ガンダムヴァーチェ

大型バズーカが似合う大型のMS

武器を持つガンダムヴァーチェ

強固で重武装の重砲撃型MS

・型式名:GN-005
・サイズ:18.4m
・重量:66.7t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNバズーカ×1、GNキャノン×2、GNビームサーベル×2
・パイロット:ティエリア・アーデ

「ガンダム00」に登場する大出力ビーム兵器を主体とした重砲撃型MSです。強固な装甲、重武装で大型の体が特徴ですが、GN粒子の重量軽減効果で見た目より軽量です。またGNフィールドの発生能力も持っています。緊急時には外装を排除してガンダムナドレに変化します。

91位:ガンダムヘビーアームズ改

ビームガトリングガンが両腕に!より射撃に特化

攻撃するガンダムヘビーアームズ改

ヘビーアームズの改修機

・型式名:XXXG-01H2

・サイズ:16.7m
・重量:8.2t
・装甲材質:ガンダニュウム合金
・武装:バルカン×2、マシンキャノン×2、胸部ガトリング砲×2(EW版は×4)、ホーミングミサイル×6(EW版は×32)、マイクロミサイル×24(EW版は×56)、2連装ビームガトリング(EW版はダブルガトリングガン×2)
・パイロット:トロワ・バートン

「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に登場する機体で、ヘビーアームズを改修したもので、宇宙空間での機動性がより強化されています。武装はビームガトリングガンが2連装化され両腕に装備されているため、より射撃戦に特化したMSとなっています。

90位:ザクI

シンプルなデザイン!ジオンMSのベースとなる機体

ザクIの全身

別名「旧」ザク

・型式名:MS-05B
・サイズ:17.5m
・重量:50.3t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:105㎜ザク・マシンガン、120㎜ザク・マシンガン、280mmザク・バズーカ、ガス弾銃、ヒート・ホーク、Sマイン
・パイロット:ガデム、ジオン公国軍一般兵

「機動戦士ガンダム」に登場する旧ザクと呼ばれるジオンの量産機で、のちのジオンMSのベースになった最初の機体です。カラーリングは主に藍色と濃緑色で、余計な装飾のないシンプルなデザインです。作中では後継機でジオン主力機となったザクⅡとともに「ザク」とよばれています。

89位:プロヴィデンスガンダム

遠隔操作式ビーム砲「ドラグーン」を多数装備

武器を持つプロヴィデンスガンダム

ザフト指揮官が搭乗した高性能機

・型式名:ZGMF-X13A
・サイズ:18.16m
・重量:90.68t
・装甲材質:フェイズシフト装甲

・武装:ピクウス76mm近接防御用機関砲×4、ユーディキウム・ビームライフル、複合兵装防盾システム、ドラグーン・システム(ビーム砲×43)、ニュートロンジャマーキャンセラー
・パイロット:ラウ・ル・クルーゼ

「ガンダムSEED」に登場するザフトが開発した試作機で、各エンジンを搭載した高性能機です。フリーダムやジャスティスとは兄弟機に当たり、遠隔操作式ビーム砲「ドラグーン」を多数装備しています。強力な兵器を搭載しており、その戦闘能力はこの年代の全MSの中でもトップです。作中ではザフト指揮官ラウ・ル・クルーゼが搭乗し、キラのフリーダムと死闘を繰り広げます。

88位:ジム・スナイパーII

のちの連邦軍MSにも影響を与えた高性能

武器を構えるジム・スナイパーII

ジムの遠距離狙撃型

・型式名:RGM-79SP
・サイズ:18.5m
・重量:45t
・装甲材質:チタン・セラミック複合材
・武装:大型ビーム・ライフル、スナイパー・ライフル、ビーム・サーベル×2、シールド、60mmバルカン砲(オプション)、ハンド・グレネード、ミドル・シールドほか
・パイロット:リド・ウォルフ、マスター・ピース・レイヤー、ラリー・ラドリーなど
 

「0080 ポケットの中の戦争」などに登場する地球連邦軍の量産型MSジムの遠距離狙撃型です。精密射撃用センサーと高倍率カメラで超長距離の狙撃を可能としています。性能は初代ガンダムを凌駕する水準でジオンのゲルググにも単機で対抗でき、のちのネモやジェガンにも大きな影響を与えた機体です。

87位:ガンダムキュリオス

飛行形態に変形可能な可変MS

ガンダムキュリオスの上半身

通称「羽付き」

・型式名:GN-003
・サイズ:18.9m
・重量:54.8t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNビームサブマシンガン×1、GNハンドミサイルユニット×2、GNビームサーベル×2、GNシールド(GNシールドニードル)×1、テールユニット
・パイロット:アレルヤ・ハプティズム

「ガンダム00」に登場する機体で、第2世代機アブルホールから発展した通称「羽付き」の可変MSです。飛行形態へ変形することができ、作中では上半身のみをMS形態に変形させて救助に当たるなどしています。可変性能とGN粒子による制御能力により高い機動性を持っています。

86位:ガンダムサバーニャ

「歩く武器庫」とよばれた重厚なMS

ガンダムサバーニャの全身

ライル専用の太陽炉搭載型MS

・型式名:GN-010
・サイズ:18m
・重量:86.8t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNホルスタービット×10(最終決戦時は×14)、GNピストルビット・GNライフルビットII×10(最終決戦時は×14)、GNミサイルポッド×多数
・パイロット:ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)

劇場版「ガンダム00」に登場するソレスタルビーイングが新たに開発した太陽炉搭載型MSで、ケルディムの後継機です。大量のビット兵器により火力を底上げし、戦闘能力を高めています。パイロットであるライル専用に設計され、ライルの早撃ちや弾丸ばら撒きといった戦闘スタイルに合わせた装備を持つ重厚な機体になっています。

85位:ギャプラン

強化人間専用機!火力や運動性が高い

ギャプランのガンプラ

ティターンズの可変機

・型式名:ORX-005
・サイズ:25.2m
・重量:50.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・ライフル×2、ビーム・サーベル×2
・パイロット:ロザミア・バダム、ヤザン・ゲーブルほか

「Zガンダム」に登場するアッシーマーに続くティターンズの可変機で、強化人間専用機です。アッシマーを上回る火力や運動性を誇り、変形は1秒以内と素早く変形します。作中では強化人間のロザミアや一般兵士のエース、ヤザンが搭乗してカミーユたち反地球連邦組織エゥーゴと戦います。

84位:アッシマー

サブフライトシステムなしで大気圏内を飛行できる

アッシマーの戦闘シーン

MAに変形できる連邦軍の可変機

・型式名:NRX-044
・サイズ:23.1m
・重量:41.1t
・装甲材質:チタン合金セラミック複合材
・武装:大型ビーム・ライフル
・パイロット:ブラン・ブルターク、アジス・アジバ、ガブリエル・ゾラ

「Zガンダム」に登場する連邦軍の可変機で、円盤のような形状のMAに変形します。MAの機動性とMSの汎用性の両立を目指して開発され、MA形態では戦闘機並みの航空性能を発揮し、空力性能はギャプランを超えるものがあります。

83位:ユニオンフラッグカスタム(グラハム機)

黒のカラーリングがかっこいいグラハム専用機

武器を持つユニオンフラッグカスタム(グラハム機)

ユニオンフラッグを改良!

・型式名:SVMS-01E
・サイズ:17.9m
・重量:66.6t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:20mm機銃×1、試作新型リニアライフル「XLR-04」×1、新型リニアライフル「トライデントストライカー」×1、ソニックブレイド(プラズマソード)×1、ミサイル×複数、ディフェンスロッド×1
・パイロット:グラハム・エーカー

「ガンダム00」の登場するユニオン軍の量産型MSのグラハム専用機です。ユニオンの最高水準の技術を投入した機体であり、軽量化が図られています。黒いグラハム機はハード面もソフト面もグラハム専用になっています。エンジンリミッターの解除によって、戦闘時の巡航速度が通常のフラッグの2倍のとなっています。

82位:ガンダムハルート

マルートモードで超兵の能力を最大限に生かす

武器を構えるガンダムハルート

アリオスガンダムの後継機

・型式名:GN-011
・サイズ:19m
・重量:77.1t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNソードライフル×2、GNキャノン×2、GNシザービット×20(最終決戦仕様)、GNミサイルコンテナ、GNバーニアユニット(最終決戦仕様)
・パイロット:アレルヤ・ハプティズム、マリー・パーファシー

劇場版「ガンダム00」に登場するアリオスガンダムの後継機で、ソレスタルビーイングの可変ガンダムの最終発展型です。マルートモードという形態が最大の特徴であり、超兵の能力を最大限に生かし限界以上の性能を発揮します。複座機になっており、アレルヤ・ハプティズムとマリー・パーファシーがそれぞれ機体操作と火器管制を分担しています。

81位:シャイニングガンダム

日本の甲冑のような外観が特徴!格闘戦が得意

ポーズをとるシャイニングガンダム

ネオジャパン代表モビルファイター

・型式名:GF13-017NJ
・サイズ:16.2m
・重量:6.8t
・装甲材質:ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材、レアメタル・ハイブリッド多層材
・武装:ビームソード×2、バルカン砲×2、マシンキャノン×2、シャイニングショット×4
煙幕弾
・パイロット:ドモン・カッシュ

「機動武闘伝Gガンダム」に登場するネオジャパン代表モビルファイターで、主人公機です。日本の甲冑のような外観が特徴で、機動性を重視し攻守のバランスに優れた機体です。格闘戦が得意なため固定武装は少なく、また搭乗者の感情や状態が機体性能に反映され、3段階のモードに変形・進化するという機構が導入されています。

80位:ガンダム・ヴィダール

機動性と突撃がコンセプト!

武器を持つガンダム・ヴィダール

北欧神話の神の名を由来に持つギャラルホルンのMS

・型式名:ASW-G-XX
・サイズ:18.5m
・重量:30.9t
・装甲材質:ナノラミネートアーマー
・武装:バーストサーベル×1(予備刀身×6)、110mmライフル×1、ハンドガン×2、足部ハンターエッジ×4
・パイロット:ヴィダール(ガエリオ・ボードウィン)

「鉄血のオルフェンズ」に登場するギャラルホルンのMSで、機体名は北欧神話に登場する神「ヴィダール」に由来します。エドモントンの戦いで大破したガンダム・キマリストルーパーを機動性、突撃を主体としたコンセプトに基づいて改修したものです。作中ではパイロットであるヴィダールの能力もあいまって高い戦闘力を発揮しています。

79位:ジャスティスガンダム

赤の機体カラーがかっこいいザフトの試作機

武器を構えるジャスティスガンダム

「ガンダムSEED」後半の主役機

・型式名:ZGMF-X09A
・サイズ:18.56m
・重量:75.4t
・装甲材質:フェイズシフト装甲
・武装:サジットゥス 20mm近接防御機関砲×4、バッセル ビームブーメラン×2、ラケルタ ビームサーベル×2、ルプス ビームライフル、ラミネートアンチビームシールド、ファトゥム-00、フォルクリス 機関砲×4、ケルフス 旋回砲塔機関砲×2、フォルティス ビーム砲×2
・パイロット:アスラン・ザラ

「ガンダムSEED」シリーズに登場するザフトの試作機で、作品の後期の新主役機です。核エンジン搭載の高性能機であり、フリーダムやプロヴィデンスは兄弟機です。赤のカラーやトサカ上の頭部センサー、背中の大型バックパックが特徴で、作中ではアスラン・ザラが搭乗しキラやその仲間たちと共同戦線を張ります。

78位:ガンダムNT-1(ガンダム・エヌティー・ワン)

アムロのために新開発されたニュータイプ専用機

攻撃するガンダムNT-1

初代ガンダムの発展型

・型式名:RX-78NT-1
・サイズ:18m
・重量:40t
・装甲材質:ルナチタニウム合金
・武装:60mmバルカン砲×2、90mmガトリング砲×2、ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル×1、ハイパー・バズーカ×1、シールド×1
・パイロット:クリスチーナ・マッケンジー、コテヅ

「0080 ポケットの中の戦争」に登場する連邦軍の試作機で、初代ガンダムの発展型として開発されていますがカラーリングは白と青のツートンになっています。ニュータイプ専用としてアムロのために新開発されています。アレックスともよばれ作中ではキーとなる存在ですが主人公が搭乗しないという珍しい機体です。

77位:スタークジェガン

指揮官用の特務仕様機!クシャトリヤのファンネルを無効化

スタークジェガンの全身

ジムの発展型MS

・型式名:RGM-89S
・サイズ:19.2m
・重量:28.4t
・装甲材質:チタン合金セラミック複合材
・武装:バルカン・ポッド・システム×1、胸部ダミー弾発射口×2、ビーム・ライフル×1、ビーム・サーベル×4、グレネード・ランチャー×4、3連装ミサイル・ポッド×2、ハイパー・バズーカ×1
・パイロット:ロンド・ベル隊

「ガンダムUC」に登場する連邦軍の主力量産機で、ジムの発展型です。ジェガンD型をベースにした指揮官用の特務仕様機として登場し、ノーマル機に追加武装・装甲を施した対艦仕様になっています。作中ではハイパー・バズーカの散弾による攪乱でクシャトリヤのファンネルを無力化するなど善戦しています。

76位:ガンダム・フラウロス

四代目流星号!シノらしいピンクの機体

ガンダム・フラウロスの戦闘シーン

発掘されたガンダム・フレーム

・型式名:ASW-G-64
・サイズ:17.8m
・重量:29.9t
・装甲材質:ナノラミネートアーマー
・武装:背部レールガン×2、120mmマシンガン×2、アサルトナイフ×2、ダインスレイヴ×1
・パイロット:ノルバ・シノ

「鉄血のオルフェンズ」に登場するMSで、ハーフメタル採掘場でハシュマルやプルーマ共に発掘されたガンダム・フレームのうちの1体です。パイロットであるシノの要望で白い機体をピンクに塗装しノーズアートを施しており、四代目流星号として完成しています。2基のリアクターの出力を遠距離砲撃に特化させています。

75位:アカツキ

最大限の防御力!装甲はビームを屈折・反射する

アカツキの上半身

オーブ連合の首長が娘に遺したMS

・型式名:ORB-01
・サイズ:18.74m
・重量:69.6t、87.82t(オオワシ装備時)、90.00t(シラヌイ装備時)
・装甲材質:対ビーム防御・反射システム「ヤタノカガミ」
・武装:12.5mm自動近接防御火器×2、73J2式試製双刀型ビームサーベル、72D5式ビームライフル ヒャクライ、試製71式防盾、大気圏内航空戦闘装備“オオワシ”、、宇宙戦闘装備“シラヌイ”
・パイロット:カガリ・ユラ・アスハ、ネオ・ロアノーク(ムウ・ラ・フラガ)

「ガンダムSEED DESTINY」に登城するMSで、オーブ連合首長国元代表首長ウズミ・ナラ・アスハが、愛娘カガリ・ユラ・アスハに遺した機体です。オーブ軍のフラッグシップとして防御力を重視した設計になっており、さらに各種兵装も充実して連合・ザフト軍とも互角に戦闘できる性能を持っています。装甲は黄金に輝く「ヤタノカガミ」という鏡面素材でビームを屈折・反射する特徴があります。

74位:リ・ガズィ

Zガンダムの簡易変形モデル!他の量産機を圧倒する高性能

武器を構えるリ・ガズィのガンプラ

地球連邦軍の攻撃型試作機

・型式名:RGZ-91
・サイズ:21.5m
・重量:24.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、2連装グレネード・ランチャー×4、バルカン砲×2、ハンド・グレネード×3、大口径ビーム・キャノン (BWS)、ビーム・キャノン×2 (BWS)
・パイロット:アムロ・レイ、ケーラ・スゥ、チェーン・アギ他

「逆襲のシャア」に登場する地球連邦軍の攻撃型試作機で、正式名称はリファイン・ガンダム・ゼータです。Zガンダムの量産化を目指して簡易変形モデルとして開発されています。他の量産機を圧倒する高性能ではあったもののサイコミュ兵装がないため、敵勢のニュータイプ専用機には苦戦しており、作中でもサザビーとの性能差からアムロはνガンダムに乗り換え、その後は部下が搭乗しています。

73位:ブレイヴ指揮用試験機

ブレイヴの指揮官用MS!グラハム専用に仕様変更

武器を持って立つブレイヴ指揮用試験機

地球連邦軍の擬似太陽炉搭載型MS

・型式名:GNX-Y903VW
・サイズ:20.2m
・重量:65.2t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNビームライフル「ドレイクハウリング」×1、GNキャノン×2、トライパニッシャー×1、GNビームサーベル×2、GNビームマシンガン×2、GNミサイル×複数、チャクラムグレネード×2、30mm機関砲×2、GNディフェンスロッド×1
・パイロット:グラハム・エーカー

劇場版「ガンダム00」に登場する地球連邦軍の擬似太陽炉搭載型MSで、ブレイヴの指揮官用上位機種です。パイロットのグラハムに合わせて左利き仕様に変更され、また緑の一般機と違いカラーリングはブルーになっており、性能も高いがより高い操縦技量を必要とします。左右のサイドバインダーに擬似太陽炉を計2基内蔵しているのも特徴です。

72位:クイン・マンサ

最大にして最強!多数のメガ粒子砲やファンネルを装備

クイン・マンサの上半身

ネオ・ジオン軍のニュータイプ専用機

・型式名:NZ-000
・サイズ:42.1m
・重量:143.2t
・装甲材質:ガンダリウム
・武装:メガ粒子砲×7、ファンネル×30、ビーム・サーベル×2、メガ粒子偏向器
・パイロット:プルツー、グレミー・トト(サブ)、アンネローゼ・ローゼンハイン

「ガンダムZZ」に登場するネオ・ジオン軍のニュータイプ専用機です。当時最大にして最強の機体で、各部に多数のメガ粒子砲やファンネルなどの強力な武装を多く備えた高火力の強さが魅力です。防御力も他機の追随を許さず、スラスターも大出力を確保し大型機としては機動性も高くなっています。

71位:ストライクノワール

黒の機体がかっこいい!対艦刀やレールガンを搭載

武器を構えるストライクノワール

ストライクEにノワールストライカーを装備

・型式名:GAT-X105E
・サイズ:17.72m
・重量:90.51t
・装甲材質:ヴァリアブルフェイズシフト装甲
・武装:トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器×2、アンカーランチャー×6、ノワールストライカー、ビームライフルショーティー×2、57mm高エネルギービームライフル、175mmグレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル
・パイロット:スウェン・カル・バヤン

「ガンダムSEED」に登場する地球連合軍の試作型MSで、ストライクEにノワールストライカーを装備させた機体です。「黒」を意味する機体名通り黒のカラーリングがかっこいいです。I.W.S.P.をベースに万能性を生かしつつ、装備は近接戦闘を重視したものになっており対艦刀やレールガンを搭載し、装甲はシールドがなくても防御力が高くなっています。

ガンダムかっこいい機体ランキング70位~41位

モビルスーツの戦闘シーン

新旧織り交ぜたさまざまな機体!

次に、ガンダムのかっこいいモビルスーツのランキング70位~41位のご紹介です。ガンダム系からモノアイ系まで、人気の機体をチェックしてみてください。

70位:サイコ・ザク

パイロットの体のように操縦できる!艦隊を相手に戦うことも

多くの武器を持つサイコ・ザク

多数の武器を搭載した実験機

・型式名:MS-06R
・サイズ:???
・重量:???
・装甲材質:???
・武装:280mmザク・バズーカ×3、360mmジャイアント・バズ×2、120mmザクマシンガン、ヒート・ホーク、ビーム・バズーカ
・パイロット:ダリル・ローレンツ

漫画「機動戦士ガンダム サンダーボルト」に登場する機体で、正式名称は「リユース・P・デバイス装備 高機動型ザク」です。パイロットの身体の延長のように機体を操縦できるリユース・サイコ・デバイスを搭載した実験機です。多数の武器を搭載しているのが外見の特徴で、単機で艦隊を相手にするなど神業的な活躍を見せています。

69位:ガンダムエピオン

竜のような飛行形態にもなる!騎士のような機体

ガンダムエピオンのガンプラ

格闘戦用ガンダムタイプMS

・型式名:OZ-13MS
・サイズ:17.5m
・重量:8.5t
・装甲材質:ガンダニュウム合金
・武装:ビームソード×1、エピオンシールド(ヒートロッド)×1、エピオンクロー×2、シュトゥルム・ウント・ドラング×2
・パイロット:ヒイロ・ユイ、ゼクス・マーキス

「新機動戦記ガンダムW」に登場するOZの一派閥によってひそかに開発された格闘戦用ガンダムタイプMSです。双頭の竜のような飛行形態に変形することができます。開発したトレーズの騎士道精神を体現した機体で、銃器は装備せず武装はビームソードとシールド、内臓ヒートロッドのみです。

68位:バイアラン・カスタム

バイアランの残存機体をベースにした連邦軍MS

バイアラン・カスタムの戦闘シーン

「ガンダムUC」の連邦軍試作機

・型式名:RX-160S
・サイズ:20.6m
・重量:38.9t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・サーベル、メガ粒子砲、クロー・アーム
・パイロット:ディエス・ロビン(ドナ・スター)、ビア・キャトリエム

アニメ「機動戦士ガンダムUC」に登場する地球連邦軍の試作型MSです。廃棄予定だったバイアランの残存機体をもとに、既存の技術のみで滞空能力を向上させて完成しています。頭部のセンサーは原形機のモノアイから連邦系のバイザータイプの複合式に変更されています。

67位:ガンダム試作1号機フルバーニアン

大きな弱点がない!圧倒的加速・機動性

ガンダム試作1号機フルバーニアンのガンプラ

別名「GP01」の初代ガンダム後継機

・型式名:RX-78GP01Fb
・サイズ:19.5m
・重量:43.2t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:60mmバルカン砲×2、ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル×1、試作大型ビーム・ライフル×1、シールド×1
・パイロット:コウ・ウラキ

「機動戦士ガンダム0083」に登場した機体で別名「GP01」ともよばれ、アムロが搭乗したガンダムの後継機として製造されています。汎用人型兵器としての性能を極限まで高めており大きな弱点がなく、Zガンダムをも上回るジェネレーター出力や総推力を持ち圧倒的な加速性能や機動性があります。

66位:ガンダムX

コロニー殲滅用の戦略兵器を装備!どんな環境でも高い戦闘力

ガンダムXの戦闘シーン

地球連邦軍のニュータイプ専用MS

・型式名:GX-9900
・サイズ:17.1m
・重量:7.5t
・装甲材質:ルナチタニウム合金
・武装:サテライトキャノン×1、大型ビームソード×1、シールドバスターライフル×1、ブレストバルカン×4、ショルダーバルカン×4、Gビット×12
・パイロット:ガロード・ラン、ジャミル・ニート

「機動新世紀ガンダムX」に登場する通称GX(ジーエックス)という地球連邦軍のニュータイプ専用MSです。無線外部エネルギー供給機構「サテライトシステム」を搭載、コロニー殲滅用の戦略兵器サテライトキャノンなど強力な兵器を持っており、戦中最強のニュータイプ専用機とされています。汎用性も高く宇宙、地上、水中、空中すべてでトップクラスの戦闘力です。

65位:トールギス

普通の人間には操縦できない最強兵器

武器を持って立つトールギス

A.C.年代史上初の戦闘用MS

・型式名:OZ-00MS
・サイズ:17.4m
・重量:8.8t
・装甲材質:チタニュウム合金
・武装:ドーバーガン、シールド、ビームサーベル×2、ライフル、ミサイルポッド、ヒートランス(EW版)
・パイロット:ゼクス・マーキス

「新機動戦記ガンダムW」に登場するA.C.年代史上初の戦闘用MSであり、この年代のすべての戦闘用MSの原型機です。防御力・機動性・攻撃力を兼ね備えた最強兵器というコンセプトで作られた高性能機ですが、普通の人間では操縦できません。作中では主人公のライバル、ゼクス・マーキスの搭乗機として登場し、終盤には2号機も登場します。

64位:ガンダム・バエル

悪魔の名を持つガンダムでも天使のような見た目!

ガンダム・バエルの戦闘シーン

ガンダム・フレームの初号機

・型式名:ASW-G-01
・サイズ:18m
・重量:30t
・装甲材質:ナノラミネートアーマー 
・武装:バエル・ソード×2、電磁砲×2
・パイロット:マクギリス・ファリド、アグニカ・カイエル

「鉄血のオルフェンズ」に登場するガンダム・フレームの初号機です。ギャラルホルンの創設者アグニカ・カイエルがかつて搭乗していた機体で、純白の機体色、背部の可変式スラスターウィング、左肩の角笛のエンブレムが特徴です。悪魔の名を冠しながらも天使のような外観をもっています。ソードは特殊技法で精錬された希少金属が使用され、MSをフレームごと切断することができる切れ味です。

63位:リック・ディアス

量産機でも高性能・高機動

空を飛ぶリック・ディアス

別名γガンダムのエゥーゴ機体

・型式名:RMS-099 / MSA-099
・サイズ:21.6m
・重量:32.2t
・装甲材質:ガンダリウムγ
・武装:クレイ・バズーカ、ビーム・ピストル、ビーム・サーベル、バルカン・ファランクス、トリモチ・ランチャー
・パイロット:クワトロ・バジーナ、アムロ・レイ、エマ・シーン、アポリー・ベイ、ロベルトなど

「Zガンダム」に登場する反地球連邦組織「エゥーゴ」の量産機で、別名γガンダム(ガンマガンダム)です。ジオンのドム系をベースにした体型やモノアイが特徴で、クワトロ・バジーナことシャアなどが搭乗しています。軽量・高強度の新素材を使用しており高性能・高機動のMSです。

62位:ターンX

月光蝶を装備!∀ガンダムの兄弟機

ターンXの全身

「∀ガンダム」のラスボス

・型式名:Concept-X 6-1-2
・サイズ:20.5m
・重量:50.6t
・装甲材質: ???
・武装:背部ウェポンプラットホーム"キャラパス"、、3連装ビーム投射システム、溶断破砕マニピュレーター、脚部メガ粒子砲×2、オールレンジ攻撃用内蔵武装、月光蝶
・パイロット:ギム・ギンガナム

「∀ガンダム」に登場する月面国家「ムーンレィス」のギンガナム艦隊のMSで、一文明を滅ぼすほどの圧倒的な力を持っています。主人公の登場する∀ガンダムの兄弟機に当たり、同様に凄まじい出力の月光蝶を装備しています。作中では総司令のギム・ギンガナムが自ら搭乗し∀ガンダムと死闘を繰り広げます。

61位:ジオング

5連装メガ粒子砲2基を搭載!シャアが搭乗

ジオングの全身

ジオン軍の最終型MS

・型式名:MSN-02 / MS-16X
・サイズ:17.3m
・重量 :151.2t
・装甲材質:超硬張力鋼
・武装:腕部5連装メガ粒子砲×2、頭部メガ粒子砲×1、腰部メガ粒子砲×2
・パイロット:シャア・アズナブル

「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍試作機で、最終型MSという位置づけの機体です。ニュータイプに対応したサイコミュを装備し、大型の推進器を内蔵しています。主兵装はオールレンジ攻撃ができる5連装メガ粒子砲2基です。作中終盤にはシャアが搭乗しアムロのガンダムと死闘を繰り広げ、「足なんて飾りですよ」というセリフでもおなじみです。

60位:陸戦型ガンダム

多様な武装が魅力!落ち着いたデザインもかっこいい

武器を構える陸戦型ガンダム

陸戦専用の量産機MS

・型式名:RX-79[G] 
・サイズ:18m
・重量:52.8t
・装甲材質:ルナ・チタニウム合金
・武装:ビーム・サーベル×2、胸部バルカン砲、マルチランチャー、ビーム・ライフル、100mmマシンガン、180mmキャノン、ショート・シールド、バズーカ、ミサイルランチャー、ネットガン、ガンダム・ハンマー 他
・パイロット:シロー・アマダ、カレン・ジョシュワ、テリー・サンダースJr.、ミケル・ニノリッチ 他

「第08MS小隊」に登場する機体で、ガンダムの型落ち品から作られた陸戦専用の量産機です。陸戦に特化することでガンダムと同等の性能を持ち、武装のバリエーションの多さが魅力です。ガンダムよりも落ち着いたカラーリングが兵器らしくかっこいいです。

59位:ガンダムデュナメス

射撃や長距離狙撃に優れた機体!ハロが同乗してサポート

武器を構えるガンダムデュナメス

ソレスタルビーイングの遠距離戦闘用MS

・型式名:GN-002
・サイズ:18.2m
・重量:59.1t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNスナイパーライフル×1、GNビームピストル×2、GNビームサーベル×2、GNミサイル×24、GNシールド×1、GNフルシールド×1、高高度狙撃銃×1
・パイロット:ロックオン・ストラトス(ニール・ディランディ)

「ガンダム00」に登場するソレスタルビーイングの第3世代ガンダムのうちの1つです。遠距離戦用MSであり、射撃や長距離狙撃を得意とし、シールドで守りながらさまざまな銃器を使い分ける戦闘スタイルです。狙撃に専念するためハロがサブパイロットとして同乗し、回避やシールド制御などサポートを行います。作中では刹那のガンダムエクシアとコンビを組んでいます。

58位:ハイゴッグ

水陸両用MSの傑作機!長い腕や爪が魅力

ハイゴッグの全身

ジオン軍の水陸両用MS

・型式名:MSM-03C
・サイズ:15.4m
・重量:54.5t
・装甲材質:チタン・セラミック複合材、超硬スチール合金
・武装:ビーム・カノン×2、魚雷発射管×4、バイス・クロー×2、120mmマシンキャノン×2、ハンド・ミサイル・ユニット×2
・パイロット:アンディ・ストロース、ミハイル・カミンスキー、ガブリエル・ラミレス・ガルシア

「0080ポケットの中の戦争」に登場するジオン軍の水陸両用MSです。すっきりしたコックピット周り、長い腕や爪の独特なフォルムが素敵でジオンの水陸両用機の中でも傑作機といえます。のちのネオ・ジオンの地球侵攻の際にはカプール開発の参考にもなった機体です。

57位:ガンダムデスサイズ

死神みたいなかっこいい機体!

ガンダムデスサイズのガンプラ

コロニー連合の隠密戦用MS

・型式名:XXXG-01D
・サイズ:16.3m
・重量:7.2t
・装甲材質:ガンダニュウム合金
・武装:バルカン×2、マシンキャノン×2、ビームサイズ×1、バスターシールド×1、ハイパージャマー×2
・パイロット:デュオ・マックスウェル

「新機動戦記ガンダムW」に登場するコロニー連合の隠密戦用MSです。死神のような見た目が特徴でステルス性を重視した機体で、電磁波を吸収するというガンダニュウム合金の特性もありどんなセンサーにも映らないため、察知されることなく敵を追撃できます。

56位:ジ・O(ジ・オー)

超大型でも高機動!シンプルな武装もかっこいい

正面を向くジ・Oのガンプラ

ティターンズのシロッコ専用機

・型式名:PMX-003
・サイズ:28.4m
・重量:57.3t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・ライフル、ビーム・ソード×4
・パイロット:パプテマス・シロッコ

「Zガンダム」に登場する超大型MSで、敵勢力であるティターンズのシロッコ専用機です。ずんぐりしているが全身の推進器で機動力は高く、作中ではZガンダムやキュベレイと渡り合う強さがあります。武装がビームライフルとビームサーベルのみというシンプルで男らしいMSです。

55位:マスターガンダム

デビルガンダム四天王のリーダー格!近接戦闘が得意

ポーズをとるマスターガンダム

「機動武闘伝Gガンダム」主人公の師匠が搭乗

・型式名:GF13-001NHII
・サイズ:16.7m
・重量:7.2t
・装甲材質:ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材、レアメタル・ハイブリッド多層材、DG細胞
・武装:マスタークロス、ディスタントクラッシャー、ニアクラッシャー
・パイロット:東方不敗

「機動武闘伝Gガンダム」で主人公ドモンの師匠が搭乗するネオホンコン代表の機体です。DG細胞製のモビルファイターであり、デビルガンダム四天王のリーダー格です。武術を極めた東方はマスターガンダム搭乗時にも近接戦闘で強さを見せています。

54位:ガンダムEz-8(イージーエイト)

グフカスタムやアプサラスIIIを撃破する強さ!

ガンダムEz-8のガンプラ

第08MS小隊のシロー・アマダ少尉の機体

・型式名:RX-79[G]Ez-8
・サイズ:18.0m
・重量:51.5t
・装甲材質:ルナ・チタニウム合金、超硬スチール合金他
・武装:ビーム・サーベル×2、35mm頭部バルカン砲×2、12.7mm対歩兵用旋回式バルカン、ビーム・ライフル、100mmマシンガン、180mmキャノン、シールド 他
・パイロット:シロー・アマダ、カレン・ジョシュワ、テリー・サンダースJr.、ミケル・ニノリッチ 他

「第08MS小隊」に登場する機体で、アプサラスIIとの戦闘により中破したシロー・アマダ少尉の機体を大規模改修したMSです。少尉の戦闘データや意向を反映し、より地上戦に適した改修がされ、ジオン公国軍秘密基地攻略作戦に参加した際にはグフカスタムとアプサラスIIIを撃破するという活躍を見せています。

53位:∀ガンダム(ターンエーガンダム)

ヒゲが特徴のガンダム!

武器を向ける∀ガンダム

「∀ガンダム」主役機体

・型式名:System-∀99(本来)、WD-M01(ミリシャ内)
・サイズ:20m
・重量:28.6t
・装甲材質:FE型
・武装:胸部マルチパーパスサイロ、腹部ビームキャノン×2、ビームライフル、ビームサーベル×2、ハンマー、シールド、月光蝶
・パイロット:ロラン・セアック、ソシエ・ハイム、ジョゼフ・ヨット、メリーベル・ガジット

アニメ「∀ガンダム」に登場する主役機体で、イングレッサ・ミリシャなどで使用された発掘モビルスーツの1つです。さまざまな機能を持っておりすさまじいスペックを持っています。顔のヒゲが特徴で賛否両論あるものの、味のあるデザインのガンダムです。

52位:キュベレイMk-II(キュベレイ・マーク・ツー)

ハマーンのキュベレイのマイナーチェンジ機

キュベレイMk-IIのガンプラ

ネオ・ジオンのニュータイプ専用試作機

・型式名:AMX-004-2、AMX-004-3
・サイズ:18.9m
・重量:35.2t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ファンネル×10、ビーム・ガン/ ビーム・サーベル×2、大型ビーム・サーベル×2
・パイロット:エルピー・プル(2号機)、プルツー(3号機)

「機動戦士ガンダムZZ」に登場するネオ・ジオンのニュータイプ専用試作機で、ハマーンのキュベレイのマイナーチェンジ機です。濃紺の2号機とサイコミュ・コントローラー搭載機である朱色の3号機があります。ハマーンのキュベレイよりカラーリングやデザインが好きという人もいる人気のMSです。

51位:ザクⅢ-改

ボリューミーなデザインがかっこいい

武器を持つザクⅢ 改のガンプラ

ザクⅢの改造機

・型式名:AMX-011S
・サイズ:25.3m
・重量:44.3t
・装甲材質:ガンダリウム・コンポジット
・武装:ビーム・サーベル兼用ビーム・キャノン×2、30mmバルカン砲×2、ハイド・ボンブ投下機(レイヤー)、ビーム・ライフル、ビーム・マシンガン
・パイロット:マシュマー・セロ

「機動戦士ガンダムZZ」に登場する機体で、マシュマー・カスタムともよばれます。ザクⅢを改修しており、ボリュームのある見た目が特徴です。背中についている2機のプロペラントタンクも魅力で、原型機の8倍にも及ぶ容量で稼働時間の延長、数倍の加速性能を実現しています。

50位:バウ

モノアイ系の中でも屈指のスタイリッシュさ!

武器を構えるバウのガンプラ

上半身と下半身が分離する!可変分離式MS

・型式名:AMX-107
・サイズ:22.05m
・重量:34.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・ライフル、メガ粒子砲付シールド、ビーム・サーベル×2、4連装グレネード・ランチャー×2、ミサイル×6
・パイロット:グレミー・トト、クレイユ・オーイ、ゴットン・ゴー、ビーチャ・オーレグ

「機動戦士ガンダムZZ」に登場する可変分離式MSで、上半身と下半身が分離する特殊な機構を持っています。モノアイ系MSの中でもスタイリッシュな見た目がかっこいい機体で、「龍飛(バウ)」のマーキングもポイントです。シールドには5門のメガ粒子砲を内蔵しています。

49位:フルアーマー・ガンダム(サンダーボルト版)

多数の兵器を搭載して高火力!4枚のシールドも特徴

フルアーマー・ガンダムのガンプラ

サンダーボルトの連邦軍MS

・型式名:FA-78
・サイズ:18m
・重量:62.5t
・装甲材質:ルナ・チタニウム合金
・武装:2連ビーム・ライフル、ロケット・ランチャー、大型ビーム砲、6連装ミサイル・ポッド、ビーム・サーベル、増加装甲内ミサイル、ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ
・パイロット:イオ・フレミング

OVA「機動戦士ガンダムサンダーボルト」に登場した地球連邦軍の機体です。従来のガンダムにビームライフル、ロケットランチャー、シールドなどを搭載し高火力となり、運動性能も向上したことで作中で多くの活躍を見せています。ミサイルを中心とした実弾兵器や4枚のシールドがかっこいいMSです。

48位:ドム・トローペン

重々しいデザインがかっこいい!ホバー移動も健在

武器を持って移動するドム・トローペン

砂漠・熱帯用のドム

・型式名:MS-09F/TROP
・サイズ:18.5m
・重量:44.8t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:90mmマシンガン、ラケーテン・バズ、ザク・バズーカ、ヒート・サーベル、ザク・マシンガン、シュツルムファウスト
・パイロット:アダムスキー、ゲイリー、ヤス、ジオン軍残党一般兵

「0083 STARDUST MEMORY」に登場する機体で、砂漠・熱帯での運用を想定したドムの改良版です。ドムならではのホバー移動は健在で、砂漠でのホバリングがかっこいいです。また更に重々しくなったデザインもどっしりしていて魅力です。

47位:イフリート改

騎士がコンセプト!両手にサーベルの二刀流

武器を持つイフリート改のガンプラ

ゲームに登場するジオンの試作機

・型式名:MS-08TX[EXAM]
・サイズ:17.2m
・重量:59.4t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:ヒート・サーベル×2、脚部6連装ミサイルポッド×2、腕部2連装グレネードランチャー×2、EXAMシステム
・パイロット:ニムバス・シュターゼン

ゲーム「機動戦士ガンダム外伝THE BLUE DESTINY」に登場する機体で、ジオンの試作機です。騎士をコンセプトとした二刀流の戦闘スタイルがかっこいいです。グフとドムの特徴を兼ね備えており、近接格闘に特化した高性能のMSです。

46位:ゲーマルク

鈍重な外見がかっこいい!死角なしのメガ粒子砲が強力

武器で攻撃するゲーマルク

ネオ・ジオンの火力特化ニュータイプ専用MS

・型式名:AMX-015
・サイズ:25.5m
・重量:46.3t
・装甲材質:ガンダリウム
・武装:2連装ビーム・ランチャー×2、ハイパー・メガ粒子砲、2連装メガ粒子砲×2、メガ粒子砲、3連装メガ粒子砲×2、ビーム・ライフル×2、3連装グレネード・ランチャー×2、ビーム・サーベル×2、メガ・ビーム・カノン×2、マザー・ファンネル×2、チルド・ファンネル×28
・パイロット:キャラ・スーン

「機動戦士ガンダムZZ」登場するネオ・ジオンのニュータイプ専用の重MSで、ドーベン・ウルフとともに第4世代MSの代表格とされています。全身に装備されたメガ粒子砲が特徴で死角を持たず、あらゆる方向に発射しながら敵をせん滅する様はかっこいいです。高度なシステムにより長距離のファンネル攻撃も可能で、強化人間となったキャラ・スーンが搭乗しています。

45位:ガンダム・バルバトス

敵機から得たパーツや武装で戦闘力アップ!

武器を振るガンダム・バルバトス

「鉄血のオルフェンズ」主人公機

・型式名:ASW-G-08
・サイズ:18.0m
・重量:28.5t
・装甲材質:ナノラミネートアーマー
・武装:メイス×1、ガントレット×1、、300mm滑腔砲(60mmマシンガン)×1、、GR-Es02 ワイヤークロー×1、太刀×1、、迫撃砲×2、170mm機関砲×2、レンチメイス×1
・パイロット:三日月・オーガス

「鉄血のオルフェンズ」に登場する機体で、厄災戦という大昔の戦争で作られた72機のガンダムフレーム機のうちの1体です。作中の主人公機ですが少し悪そうな顔つきのデザインがかっこいいMSです。鉄華団の主戦力であり、敵機から得たパーツや武装を追加・換装しながら戦闘能力を高めていくのが特徴で、実弾や実態兵器を多く持つ武装も魅力です。

44位:ダブルオークアンタ

刹那のためのイノベイター専用機!

武器を持つダブルオークアンタ

ソレスタルビーイングの太陽炉搭載型モビルスーツ

・型式名:GNT-0000
・サイズ:18.3m
・重量:63.5t
・装甲材質:Eカーボン
・武装:GNソードV、GNソードビット、ライザーソード、GNシールド、GNビームガン
・パイロット:刹那・F・セイエイ

劇場版「機動戦士ガンダム00」に登場する主人公機で、戦闘を行うためではなく戦いを止めることを目的としたMSです。刹那専用に開発されており、イノベイターとしての彼の能力に対応できるよう最新技術で設計され基本性能も戦闘能力も非常に高くなっています。ガンダムエクシアとダブルオーガンダム両者の特徴を併せ持った機体デザインも特徴です。

43位:ガンダム

ガンダムといえばこれ!一年戦争で大活躍した主役機

ガンダムの立ち姿

ガンダム系MSの基本となった機体

・型式名:RX-78-2
・サイズ:18m
・重量:43.4t
・装甲材質:超硬合金ルナ・チタニウム、ガンダリウム・アルファ
・武装:60mmバルカン砲×2、ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、ビーム・サーベル / ビーム・ジャベリン×2、シールド、スーパー・ナパーム、ガンダム・ハンマー、ハイパー・ハンマー
・パイロット:アムロ・レイ、セイラ・マス

「機動戦士ガンダム」の言わずと知れた初代ガンダムです。地球連邦軍の試作機の1つで、白・赤・青のトリコロールカラー、額のV字型ブレードアンテナ、人間の目のような複眼式のセンサーカメラが特徴です。以降のガンダム系MSの基本となった機体でもあり、作中では多くのジオン軍MSを凌駕する強さで伝説的な戦果をあげたモビルスーツです。

42位:ギャン

中世の騎士のようなモビルスーツ!

ギャンの上半身

マ・クベ大佐の愛機

・型式名:YMS-15
・サイズ:19.9m
・重量:52.7t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:専用ビームサーベル、ミサイルシールド、ニードル・ミサイル、ハイドボンブ
・パイロット:マ・クベ

「機動戦士ガンダム」に登場したジオン軍のマ・クベ大佐の愛機で、騎士のようなデザインが特徴の近接戦闘特化型MSです。白兵戦専用のモビルスーツとして開発され、高出力のビームサーベルと威嚇・牽制用のニードルミサイルを内蔵した円盤状のシールドを主武装としています。

41位:エールストライクガンダム

ストライクガンダムにエールストライカーを装備

エールストライクガンダムのガンプラ

「ガンダムSEED」でキラが搭乗した機体のひとつ

・型式名:GAT-X105+AQM/E-X01
・サイズ:17.72m
・重量:85.10t
・装甲材質:フェイズシフト装甲
・武装:75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」、コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」、57mm高エネルギービームライフル、対ビームシールド、ビームサーベル
・パイロット:キラ・ヤマト、ムウ・ラ・フラガ

「機動戦士ガンダムSEED」に登場する地球連合軍の試作型モビルスーツで、ストライクガンダムに高機動戦闘用ストライカーパック「エールストライカー」を装備したかっこいい機体です。宇宙用の装備ではありますが、重力下でも高々度のジャンプや短時間の飛行ができます。大型可変翼と4基の高出力スラスターも特徴で、アスランたちが搭乗する4機のガンダムの追撃をかわし続けるなど作中で多く活躍しています。

ガンダムかっこいい機体ランキング40位~21位

ポーズをとるシャアズゴックのガンプラ

敵側の機体にも注目!

次に、ランキング40位~21位のガンダムのモビルスーツを見ていきましょう。人気のガンダムシリーズから、主役機だけでなく敵勢力の機体も多くランクインしています。

40位:ZZガンダム(ダブルゼータガンダム)

機体が3機の戦闘機に変形できる可変MS!屈指の攻撃力

武器を構えるZZガンダム

Zガンダムの後継機

・型式名:MSΖ-010
・サイズ:21.11m
・重量:32.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ダブルバルカン、ハイ・メガ・キャノン、ハイパー・ビーム・サーベル、21連装ミサイルランチャー×2、ウイング・シールド×2、2連装メガ・ビーム・ライフル
・パイロット:ジュドー・アーシタ

「機動戦士ZZガンダム」仁藤序する機体で、エゥーゴの試作型可変MSです。前作であるZガンダムの後継機であり、機体が3機の戦闘機に分離・変形するのが最大の特徴です。1機の大型戦闘機に変形することもでき、ハイ・メガ・キャノンをはじめとする強力な武器を多く装備している高い攻撃力を持つモビルスーツです。

39位:インフィニットジャスティスガンダム

ジャスティスガンダムの数倍の戦闘力

インフィニットジャスティスガンダムの戦闘シーン

ジャスティスガンダムの後継機

・型式名:ZGMF-X19A
・サイズ:18.90m
・重量:79.67t
・装甲材質:ヴァリアブルフェイズシフト装甲
・武装:14mm2連装近接防御機関砲×2、17.5mmCIWS×4、高エネルギービームライフル、シュペールラケルタ ビームサーベル×2、グリフォン ビームブレイド×2、ビームキャリーシールド、シャイニングエッジ ビームブーメラン、グラップルスティンガー、、MS埋め込み式戦術強襲機「ミーティア」(08号機)ほか
・パイロット:アスラン・ザラ

「機動戦士ガンダムSEED/DESTINY」に登場したジャスティスガンダムの後継機で、ストライクフリーダムの兄弟機です。ジャスティスガンダムの数倍の戦闘力を持ち、高い運動性能で回避能力も高いです。また核エネルギーを利用しているためエネルギー切れをほとんど起こしません。アスランの戦闘データから、近接戦闘用兵装が増やされているのも特徴です。

38位:アッガイ

偵察機としても活躍!独特のフォルムがかわいいと人気

ポーズをとるアッガイのガンプラ

ジオン軍の水陸両用MSの量産機

・型式名:MSM-04
・サイズ:19.2m
・重量:91.6t    
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:105mmバルカン砲×4、6連装ロケット弾ランチャー、アイアンネイル、メガ粒子砲(バルカン砲)
・パイロット:アカハナ、イワノフ、クラフト、マジソン、ラムジ、ジオン公国軍一般兵

「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍の量産機で、水陸両用MSの1つです。他のMSよりも大型の頭部や丸みのある体型、両腕の爪や火器が特徴です。その独特なデザインが可愛い癒し系として人気が高いMSです。運動性が高く、また排熱量の低さから熱センサーに感知されにくく、水陸両用の偵察機としての側面もあります。

37位:ギラ・ドーガ

武骨感のあるデザイン!その後のMSのベースになった機体

ギラ・ドーガのガンプラ

新生ネオ・ジオン軍の量産機

・型式名:AMS-119
・サイズ:20m
・重量:23t
・装甲材質:チタン合金セラミック複合材
・武装:ビーム・マシンガン×1、(グレネード・ランチャー×1)、シールド×1、(シュツルム・ファウスト×4、グレネード・ランチャー×4)、ビーム・ソード・アックス×1 ほか
・パイロット:レズン・シュナイダー、レイラ・ラギオール、ヴィンセント・グライスナー、ネオ・ジオン兵

「逆襲のシャア」に登場する新生ネオ・ジオン軍の量産機で、ザクと同じく緑を基調としたカラーですが武骨感が強くなっています。ニュータイプ専用機であるヤクト・ドーガのベースとなった機体で、その後発展型としてギラ・ズールが開発され、ネオ・ジオン残党「袖付き」の主力機となっています。パーソナルカラーに塗装された機体が少数あり、レズン・シュナイダーの専用機である青い指揮官機が作中に登場します。

36位:ローゼン・ズール

アンジェロ専用ギラ・ズールを改修したサイコミュ搭載機

ローゼン・ズールの戦闘シーン

アンジェロ・ザウパー専用機

・型式名:YAMS-132 
・サイズ:25.2m
・重量:25.8t
・装甲材質:チタン合金セラミック複合材 
・武装:3連メガ粒子砲×2 、シールド内蔵ビーム×1 、サイコジャマー 
・パイロット:アンジェロ・ザウパー

「機動戦士ガンダムUC」の「袖付き」が開発した試作型モビルスーツで、フル・フロンタルに陶酔するアンジェロ・ザウパーの専用機です。破損したアンジェロ専用ギラ・ズールにシナンジュの予備パーツを組み込んで改修された機体で、腕部は三つ又のクローを備えた巨大な物に変わっています。コクピット周辺にサイコフレームを搭載したサイコミュ搭載機となっています。

35位:ヤクト・ドーガ

デザインがとにかくかっこいい!武装も充実

ヤクト・ドーガのガンプラ

「逆襲のシャア」の準ライバル的な機体

・型式名:MSN-03
・サイズ:21m
・重量:28t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・アサルトライフル(ギュネイ機)、メガ・ガトリングガン(クェス機)、ビーム・マシンガン(「袖付き」仕様)、ヒート・ナイフ付ビーム・サーベル、ファンネル×6 / 2または3(「袖付き」仕様)、ミサイル×6、メガ粒子砲内蔵シールド
・パイロット:ギュネイ・ガス、クェス・エア(クェス・パラヤ)、ジェダ・ジェスカリオト、ゼクスト・アーデ(「袖付き」仕様)

OVA「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場する準ライバル機的モビルスーツで、とにかくかっこいいデザインが人気の機体です。赤の赤のクェス機、緑とゴールドの派手なギュネイ機などがあり、メガ粒子砲を内蔵した円盾、6機のファンネルなど充実した武装も魅力です。

34位:ユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン

バンシィの改修機!敵ニュータイプに反応し武装を強化

武器を構えるバンシィ・ノルン

ユニコーンガンダムの兄弟機

・型式名:RX-0[N]
・サイズ:19.7m
・重量:27.3t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:60mmバルカン砲、ビームマグナム、リボルビング・ランチャー、ビームサーベル、シールド、アームド・アーマーDE、アームド・アーマーXC
・パイロット:リディ・マーセナス

「機動戦士ガンダムUC」に登場した機体で、ユニコーンガンダムの兄弟機です。黒を基調としたデザインがかっこいいモビルスーツです。ユニコーンガンダム2号機バンシィを総合性能向上のために改修されており、敵ニュータイプに反応して「NT-D」というシステムが発動し、武装を強化するという特徴があります。パイロットは新たにリディ・マーセナス少尉が務めています。

33位:ガンダム・バルバトスルプス

太刀やメイスを駆使した近接戦闘に強い

ガンダム・バルバトスルプスの宇宙での戦闘シーン

野性味あふれるデザイン

・型式名:ASW-G-08
・サイズ:19m
・重量:31.2t
・装甲材質:ナノラミネートアーマー
・武装:ソードメイス×1、200mm砲 / ロケット砲×2、ツインメイス×2、太刀×1
・パイロット:三日月・オーガス

「機動戦士ガンダム/鉄血のオルフェンズ」に登場した機体で、作中で最終的に三日月が搭乗したMSです。太刀やメイスなどの武器を使用した近接戦闘を得意としています。三日月に合わせてベルバトスを改修しており、「狼」を意味する機体名通り野性味あふれるかっこいいモビルスーツです。

32位:ゲルググ

ビーム・ナギナタや大きな盾が魅力!シャア専用機も

ゲルググのガンプラ

スタイリッシュなジオンの量産機

・型式名:MS-14A
・サイズ:19.6m
・重量:42.1t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:ビーム・ライフル、ジャイアント・バズ、ビーム・ナギナタ、シールド、ビーム・マシンガン(「袖付き」仕様)
・パイロット:シャア・アズナブル、ジオン公国軍一般兵、マサイ・ンガバ、ディドー・カルトハ、エロ・メロエなど

「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍の量産機で、ザクにスタイリッシュさを加えたデザインがかっこいい機体です。一年戦争後期の汎用高性能MSで、大きな盾とビーム・ナギナタを駆使した近接距離での格闘を得意とし、ガンダムに勝るとも劣らない性能を持っています。量産機は緑とグレーですが、作中には赤いシャア専用機も先行で登場します。

31位:ヅダ

宇宙での戦闘を重視したジオン試作機

ヅダのガンプラ

ザクⅠと主力機の座を争う

・型式名:EMS-10
・サイズ:17.3m

・重量:61t
・装甲材質:超硬スチール合金

・武装:120mmザクマシンガン、240mmザクバズーカ、シュツルム・ファウスト、ヒートホーク、135mm対艦ライフル、ザメル砲、シールド

・パイロット:ジャン・リュック・デュバル(1番機)、ヒデト・ワシヤ(2番機)、オッチナン・シェル(3番機)、モニク・キャディラック(予備機)、ウォルフガング少佐

「機動戦士ガンダムMS IGLOO」に登場する機体で、青を基調としたカラーのジオン軍の試作機です。ザクⅠと主力機の座を争った機体で性能はザクを上回っていましたがコストと故障の面で不採用になりました。その後改良され、宇宙空間での機動性と推力を重視して設計・開発されたモビルスーツです。

30位:V2アサルトバスターガンダム

すべての能力を兼ね備えた圧倒的高レベルのモビルスーツ!

V2アサルトバスターガンダムのガンプラ

すべてのオプション兵装を装備

・型式名:LM314V23/24
・サイズ:15.5m

・重量:13.8t
・装甲材質:ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材

・武装:バルカン砲×2、ビーム・サーベル×2、ビーム・シールド×2、ビーム・ライフル(大型マルチプルランチャー装備)、メガ・ビーム・ライフル、メガ・ビーム・シールド、ヴェスバー×2、Iフィールド発生器×2、メガ・ビーム・キャノン、スプレー・ビーム・ポッド、マイクロミサイルポッド×6

・パイロット:ウッソ・エヴィン

「機動戦士Vガンダム」に登場する機体で、V2ガンダムが全オプション兵装を装備した形態です。アサルトパーツ、バスターパーツは当初から同時に装備できるよう設計されています。高機動、強襲、重砲撃などすべての能力を兼ね備えた強力なモビルスーツで、機動兵器史において圧倒的なレベルのスペックです。

29位:ガンダムDX(ダブルエックス)

Xのシルエットが特徴!単機で究極の攻撃力

武器を構えるガンダムDX

新地球連邦軍の力の象徴

・型式名:GX-9901-DX
・サイズ:17m

・重量:7.8t
・装甲材質:ルナ・チタニウム合金

・武装:ツインサテライトキャノン×1、ハイパービームソード×2、DX専用バスターライフル×1
ブレストランチャー×2、マシンキャノン×2(文字設定では非記載)、ヘッドバルカン×2、Gビット×12、ディフェンスプレート×1、ロケットランチャーガン×1、G-ハンマー×1、ツインビームソード×1、ビームジャベリン×1

・パイロット:ガロード・ラン

「機動新世紀ガンダムX」に登場する主役機で、新地球連邦軍の力の象徴として開発された新型ガンダムタイプです。通常の状態でもX字型の意匠を備え、他の部分にもXシルエットが形成されています。白とミッドナイトブルーを基調としたカラーリングもかっこいいです。MS単機としては過剰なほどの攻撃力を持った機体です。

28位:ズゴック

独特のデザインが魅力!赤いシャア専用機も

ズゴックの全身

ジオンの水陸両用MS

・型式名:MSM-07
・サイズ:18.4m

・重量:65.1t
・装甲材質:チタン・セラミック複合材、超硬スチール合金

・武装:6連装24cmロケット弾発射器、メガ粒子砲×2、アイアン・ネイル×2

・パイロット:カラハ、リー・ホアン、ゴダール、ジッタル、シャア・アズナブル、ジオン公国軍一般兵

「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍量産機で、水中行動もできる水陸両用MSです。他モビルスーツとは違いずんぐりした体型、蛇腹のような手足、鋭い爪といったデザインが独特です。量産機は青を基調としていますが、指揮官であるシャア専用機は赤を基調とし、ジャブロー攻略などに参加しています。

27位:フルアーマーユニコーンガンダム

17もの武装を搭載!最大級の火力を持つ

重装備のフルアーマーユニコーンガンダム

「ガンダムUC」最終決戦仕様の主人公機

・型式名:RX-0
・サイズ:ユニコーンモード時19.7m、デストロイモード時21.7m

・重量:45.1t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:60ミリバルカン砲×2、ビーム・マグナム×1、ハイパー・バズーカ×2、ビーム・サーベル×4、シールド×3、ビーム・ガトリングガン×6、3連装ハンド・グレネード・ユニット×8、3連装対艦ミサイル・ランチャー×2、グレネード・ランチャー×2

・パイロット:バナージ・リンクス

「機動戦士ガンダムUC」の主人公機で、最終決戦に向けてバナージの友人タクヤが考案した最終武装仕様です。ユニコーンガンダムに多種多様な武器を装備しており、機種を問わずネェル・アーガマに保管されていた武装を可能な限り搭載し、モビルスーツ単機としては最大級の大火力を得ています。

26位:ガンダムデスサイズヘル

地獄からの使者!ウィングシリーズの大人気モビルスーツ

武器を構えるガンダムデスサイズヘル

コウモリの翼のようなデザイン

・型式名:XXXG-01D2
・サイズ:16.3m

・重量:7.4t
・装甲材質:ガンダニュウム合金

・武装:バルカン×2、ツインビームサイズ×1(EW版はビームシザーズ)、バスターシールド×1(EW版はなし)、ハイパージャマー×2、アクティブクローク×1

・パイロット:デュオ・マックスウェル

「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に登場した機体で、ウィングシリーズの中でも人気の高いモビルスーツです。アクティブクロークはよりコウモリの翼に近いフォルムになっていてかっこいいデザインです。デスサイズを極秘に修復・強化したもので、宇宙戦に対応した機動性の強化やステルス性能の向上が図られ、デスサイズがよみがえった地獄からの使者とも評されます。

25位:デスティニーガンダム

単機で強敵を次々と撃破する強さ

武器を構えるディスティニーガンダム

ザフトの最新鋭モビルスーツ

・型式名:ZGMF-X42S
・サイズ:18.08m

・重量:79.44t
・装甲材質:ヴァリアブルフェイズシフト装甲

・武装:17.5mmCIWS×2、高エネルギービームライフル、アンチビームシールド、ソリドゥス・フルゴール ビームシールド発生装置×2、パルマフィオキーナ掌部ビーム砲×2、フラッシュエッジ2 ビームブーメラン×2、アロンダイト ビームソード、高エネルギー長射程ビーム砲

・パイロット:シン・アスカ

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する主役機体の1つです。ザフトの最新鋭技術が惜しみなく投入されたモビルスーツで、作中ではシン・アスカの能力の急上昇とともに性能をいかんなく発揮しています。インパルスやフリーダムが苦戦したデストロイを単機で複数機撃墜したり、オーブ沖会戦ではアカツキを撃墜寸前まで追い込み、ストライクフリーダムガンダムと互角の攻防を行うなど作中での活躍も注目です。

24位:ドム

「黒い三連星」の連携技が有名!

武器を構えるドムのガンプラ

どっしりした重量感が魅力

・型式名:MS-09
・サイズ:18.6m

・重量:62.6t
・装甲材質:超硬スチール合金

・武装:胸部拡散ビーム砲、ヒート・サーベル、360mmジャイアント・バズ、120mmザクマシンガン

・パイロット:ガイア、オルテガ、マッシュ、ジオン公国軍一般兵

「機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍の陸戦用量産機です。黒・紫・グレーの機体色が特徴です。ザクなどより重量感があり、ホバー推進装置により地表を高速滑走できます。作中では「黒い三連星」が連携技でホワイトベース隊を苦しめます。そののち量産機がジャブロー攻略などに多勢で登場し、また宇宙仕様のリック・ドムも登場します。

23位:シナンジュ

「赤い彗星の再来」といわれたかっこいい機体デザイン

ポーズをとるシナンジュのガンプラ

「袖付き」フル・フロンタル専用機

・型式名:MSN-06S
・サイズ:22.6m

・重量:25.2t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:60mmバルカン砲×2、ビーム・ライフル×1、ビーム・サーベル×2、ビーム・アックス×2、グレネード・ランチャー×1、ロケット・バズーカ×1、シールド×1

・パイロット:フル・フロンタル

「機動戦士ガンダムUC」に登場する機体で、ネオ・ジオン軍残党「袖付き」のフル・フロンタル専用機です。ニュータイプの操縦を前提とした高性能機で、連邦軍から驚異の対象とされていました。赤い彗星を思わせる機体カラーに金の装飾、背中の翼状の推進器が魅力です。作中の最終決戦にはシナンジュをコア・ユニットとした巨大モビルアーマー「ネオ・ジオング」が登場します。

22位:クシャトリヤ

シナンジュに次ぐ強さ!破格の高性能モビルスーツ

クシャトリヤの正面

「袖付き」のニュータイプ専用機

・型式名:NZ-666
・サイズ:22.3m

・重量:29.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:胸部メガ粒子砲×4、マシン・キャノン×2、ビーム・サーベル×2、バインダー部メガ粒子砲×8、バインダー部ビーム・サーベル×4、ファンネル×24

・パイロット:マリーダ・クルス

「ガンダムUC」に登場する機体で、「袖付き」所属のニュータイプ専用モビルスーツです。機体名は古代インドの階級第2位の王族・武人層からきており、ネオ・ジオン残党軍ではシナンジュに次ぐ強さの機体です。ファンネルとのコンビネーションや対複数の格闘戦もこなし、宇宙世紀0096年のMSとして破格の高性能を持ち、インダストリアル7を強襲した際には多数のネェル・アーガマMS隊を次々と撃破しています。

21位:ガンダムエクシア

剣に特化した武装がかっこいい!

ガンダムエクシアのガンプラ

「ガンダム00」の主役機体

・型式名:GN-001
・サイズ:18.3m

・重量:57.2t
・装甲材質:Eカーボン

・武装:GNソード、GNロングブレイド・GNショートブレイド、GNビームサーベル・GNビームダガー、GNバルカン、GNシールド

・パイロット:刹那・F・セイエイ

「機動戦士ガンダム00」に登場する主役機体の1つで、細身なボディにシンプルが武装が特徴です。作中での活躍もかっこよく、アニメ2期のラストで再登場しラスボスを撃破しています。サーベルなどの剣に特化した装備が多いのも魅力です。

ガンダムかっこいい機体ランキング20位~11位

モビルスーツの戦闘シーン

懐かしいあの機体も!

次に、ランキング20位~11位のガンダムの機体を見ていきましょう。根強いファンが多いかっこいいモビルスーツがランクインしています。

20位:ゴッドガンダム

仏像のようなデザイン!強力なハイパーモードに進化

ゴッドガンダムのガンプラ

神の名を持つガンダム

・型式名:GF13-017NJ II
・サイズ:16.6m

・重量:7.5t
・装甲材質:ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材、レアメタル・ハイブリッド多層材

・武装:ゴッドスラッシュ(ビームソード)×2、バルカン砲×4、マシンキャノン×2

・パイロット:ドモン・カッシュ

TVアニメ「機動武闘伝Gガンダム」に登場する主役モビルファイターで、神の名を持つガンダムです。仏像を思わせるような外見が特徴で、シャイニングガンダムより強化された性能や必殺技による強さが魅力です。パイロットが修行で体得した明鏡止水の境地の心により、強力なハイパーモードへ進化できます。

19位:グフ

格闘に強い!ムチ型の武器もかっこいい

武器を構えるグフ

ザクの後継機モビルスーツ!

・型式名:MS-07B
・サイズ:18.7m

・重量:58.5t
・装甲材質:超硬スチール合金

・武装:ヒート・ロッド、5連装75mmマシンガン、ヒート・サーベル、グフ・シールド

・パイロット:ランバ・ラル

「機動戦士ガンダム」に登場する機体で、ザクの後継機です。ザクはグリーンでしたがグフはブルーのカラーリングになり、格闘力が大幅にアップしており近・中距離戦闘用の武装が充実しています。高熱でガンダムの装甲を切り裂いたムチ型武器、ヒート・ロッドをはじめ、渋くてかっこいい武装が魅力です。グフは根強いファンが多く、パイロットであるランバ・ラルも人気キャラクターです。

18位:ザクⅡ

ガンダムといえばザク!ジオンの代表的モビルスーツ

ザクⅡのガンプラ

ジオン軍の主力量産機

・型式名:MS-06
・サイズ:17.5m

・重量:56.2t
・装甲材質:超硬スチール合金

・武装:120mmライフル 弾数100、280mmバズーカ、ヒートホーク

・パイロット:ジオン公国軍一般兵士

「機動戦士ガンダム」に登場した機体で、敵側勢力であるジオン軍の主力量産機です。ガンダムといえばザク、というほど有名なモビルスーツで、その後のジオンのモビルスーツにも見られるモノアイや左肩のスパイク、右肩のシールドが特徴です。量産機であるザクⅡの強さはガンダムにはかないませんが、アーミーグリーンノカラーや多種な武装がかっこいい、モビルスーツの原点といえる機体です。

17位:ガンダム・バルバトスルプスレクス

野性的な外観がかっこいい!

ガンダム・バルバトスルプスレクスの全身

「狼の王」という機体名

・型式名:ASW-G-08
・サイズ:19m

・重量:32.1t
・装甲材質:ナノラミネートアーマー

・武装:超大型メイス×1、レクスネイル×2、腕部200mm砲×2、テイルブレード×1、ヒールバンカー×2、対艦ランスメイス×1

・パイロット:三日月・オーガス

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場する機体で、MAハシュマルとの戦闘で大破したガンダム・バルバトスルプスを全面改修したモビルスーツです。「狼の王」という意味の機体名のとおり、両腕をフレームから改修して大型化した事で獰猛な獣のような外観になっていてかっこいいです。単にハイスペックなだけではなく、パイロットである三日月の戦闘スタイルに合わせた反応速度や挙動による強さが魅力です。

16位:ダブルオーライザー

ガンダムを超越したモビルスーツ

ダブルオーライザーのガンプラ

支援機と合体したモビルスーツ

・型式名:GN-0000(ダブルオー)
・サイズ:18.3m、17.6m(オーライザー)

・重量:75.1t
・装甲材質:Eカーボン

・武装:GNソードⅡ×2、GNビームサーベル×2、GNシールド、GNソードⅢ 、GNバルカン、GNビームマシンガン、GNマイクロミサイル

・パイロット:刹那・F・セイエイ、沙慈・クロスロード、赤ハロ

「機動戦士ガンダム00」に登場した機体で、ソレスタルビーイングの太陽炉搭載型モビルスーツです。ダブルオーガンダムをベースとし支援機オーライザーがドッキングした形態です。トランザムを起動させると通常時の7倍以上の粒子放出量となり、目視できないほど運動性能が向上します。超大型ビームサーベル「ライザーソード」も持ち、ガンダムを超越したMSであることから名前にガンダムとついていません。

15位:ガンダムMK-Ⅱ(ガンダム・マークツー)

Zガンダムでエゥーゴの主戦力となった機体!

ガンダムMK-Ⅱのガンプラ

初代ガンダムを発展させたモビルスーツ

・型式名:RX-178
・サイズ:19.6m

・重量:33.4t
・装甲材質:チタン合金セラミック複合材

・武装:ビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、ハイパー・バズーカ、バルカン・ポッド・システム、シールド、拳部マルチプル・ディスチャージャー×2

・パイロット:カミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ

「機動戦士Zガンダム」及び続編の「機動戦士ガンダムZZ」に登場する機体で、作中の敵勢力であるティターンズの試作機です。ガンダムをベースとして発展させ、外装と内部フレーム(骨格)を独立させた画期的な構造を採用しています。作中では3機が反地球連邦組織エゥーゴに奪われ、うち1機が主人公カミーユ・ビダンの搭乗機となり、その後エマがパイロットとなりエゥーゴの主戦力となったモビルスーツです。

14位:フリーダムガンダム

攻撃も守りも優れた性能を持つ最強モビルスーツ

フリーダムガンダムのガンプラ

殲滅型の超高機動モビルスーツ

・型式名:ZGMF-X10A
・サイズ:18.03m

・重量:71.5t
・装甲材質:フェイズシフト装甲

・武装:ピクウス76mm近接防御機関砲×2、ルプスビームライフル、ラケルタビームサーベル×2、対ビームシールド、クスィフィアスレール砲×2、バラエーナプラズマ収束ビーム砲×2

・パイロット:キラ・ヤマト

「機動戦士ガンダムSEED」シリーズに登場する主役機の一体で、ザフト軍が開発した新型のモビルスーツです。戦闘中複数の敵を殲滅することを目的とした超高機動モビルスーツで、機動力と射撃に重点を置いています。強力な火力がありながら多様な武器を持ち適応能力も優れており、攻防ともに突出した性能を持つ強さがある最強モビルスーツです。

13位:ガンダム試作3号機

モビルスーツ一個大隊に匹敵する戦闘力!

宇宙を飛ぶガンダム試作3号機

MSとMAの能力を併せ持つ

・型式名:RX-78GP03
・サイズ:全高38.5m、全長140.0m

・重量:226.4t
・装甲材質:ルナ・チタニウム合金

・武装:メガ・ビーム砲×1、大型ビーム・サーベル×2、Iフィールド・ジェネレーター、武装コンテナ×16

・パイロット:コウ・ウラキ

「機動戦士ガンダム0083」に登場する地球連邦軍の試作型宇宙拠点防衛戦用モビルスーツです。モビルスーツとモビルアーマーの能力を併せ持ち、MSステイメンは巨大アームドベース「オーキス」とドッキングします。戦闘力はモビルスーツ一個大隊にも匹敵するといわれ、ジオンのモビルアーマーに拮抗しうるものです。高機動・高火力で敵を殲滅する強さは「機動弾薬庫」ともよばれます。

12位:ケンプファー

機体デザインも装備もスタイリッシュ!

武器を構えるケンプファー

作中での活躍ぶりも印象的

・型式名: MS-18E
・サイズ:17.7m

・重量:43.5t
・装甲材質:チタン合金セラミック複合材

・武装:専用ショットガン×2、ジャイアント・バズII×2、シュツルム・ファウスト×2、ビーム・サーベル×2、60mm頭部バルカン砲×2、チェーンマイン、シールド

・パイロット:ミハイル・カミンスキー、ファビアン・フリシュクネヒト、リリア・フローベール

「機動戦士ガンダム0080/ポケットの中の戦争」で初登場したジオン軍の機体です。機体デザインやカラー、装備がスタイリッシュでかっこいいモビルスーツで、主役機以上に人気があります。強襲に特化したスタイルのため防御力が低いのですが、作中での低空飛行で滑空する姿や連邦軍を次々と強襲していく活躍ぶりにも注目です。

11位:ユニコーンガンダム

強力なライフルの強さが魅力!変形シーンもかっこいい

ユニコーンガンダムのガンプラ

デストロイモードに変形する

・型式名: RX-0
・サイズ:ユニコーンモード時19.7m、デストロイモード時21.7m

・重量:23.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:60ミリバルカン砲×2、ビーム・マグナム×1、ハイパー・バズーカ×1、ビーム・サーベル×4、シールド×1、ビーム・ガトリングガン×2

・パイロット:バナージ・リンクス

「機動戦士ガンダムUC」に登場する主役機体で、通常はユニコーンモードですがニュータイプを感知しリミッターが解除されるとデストロイモードが発動し変形します。その変形シーンが非常にかっこいい人気のモビルスーツで、戦艦の主砲を超える威力のビームマグナムの強さ、発射音も魅力です。

ガンダムかっこいい機体ランキング10位~4位

武器を持って飛ぶモビルスーツ

外せない機体達がランクイン!

ではここから、いよいよかっこいいガンダムの機体ランキングTOP10のご紹介です。

10位:シャア専用ザクⅡ

赤い彗星と呼ばれたガンダム最大の敵シャアの愛機

シャア専用ザクのガンプラ

「シャアザク」としておなじみ

・型式名: MS-06S
・サイズ:17.5m

・重量:56.2t
・装甲材質:超硬スチール合金

・武装:120mmマシンガン、280mmバズーカ、ヒート・ホーク、シュツルム・ファウスト

・パイロット:シャア・アズナブル

「機動戦士ガンダム」に登場したシャア専用ザクⅡです。ザクといえばガンダムの敵としておなじみの量産機ですが、これは「赤い彗星」とよばれるシャア専用機体です。シャア専用ザクは量産機のザクの3倍のスピードで動くことができます。シャアのパーソナルカラーである赤のデザインと、指揮官機を意味するマルチ・ブレード・アンテナが特徴です。

9位:ガンダムF91

超高速・分身できる小型ガンダム!強力な武器も

ガンダムF91のガンプラ

最新技術を搭載した強さのガンダム

・型式名:F91
・サイズ:15.2m

・重量:7.8t
・装甲材質:ガンダリウム合金セラミック複合材

・武装:バルカン砲×2、メガマシンキャノン×2、ヴェスバー×2、ビームシールド×1、予備ビームシールド×1、ビームサーベル×2、ビームライフル、ビームランチャー

・パイロット:シーブック・アノー

劇場版「機動戦士ガンダムF91」に登場する連邦軍の汎用小型MSの試作型機体です。従来より小ぶりなデザインですが、超高速、分身といった戦闘スタイルがかっこいいです。その小柄なボディに戦艦の主砲クラスの威力を持つヴェスバーという武器を搭載するなど最新技術が導入された強さも魅力です。バイオコンピュータを搭載し、バイオリズムの合うパイロットと組み合わせることで最大限の性能を発揮できます。

8位:キュベレイ

洗練された美しいデザイン!ファンネルも装備

キュベレイのガンプラ

ハマーン・カーン専用機

・型式名:AMX-004
・サイズ:18.9m

・重量:35.2t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:ファンネル×10、ビーム・ガン、ビーム・サーベル×2、大型ビーム・サーベル×2

・パイロット:ハマーン・カーン

キュベレイは「機動戦士ガンダムZ」に登場した機体で、軍事勢力アクシズの指導者ハマーン・カーンの専用機です。白のボディデザインが美しく、無駄がなく洗練されシンプルな武器がかっこいいです。最大の特徴は4枚羽のような大型の肩部アーマーとニュータイプ専用兵器ファンネルを装備している点で、作中ではZガンダムや百式を圧倒する強さを見せています。「ガンダムZZ」にはキュベレイの量産機も登場しています。

7位:百式

クワトロ・バジーナことシャアが搭乗

百式の立ち姿

全身が金色に輝くモビルスーツ

・型式名:MSN-00100
・サイズ:21.6m

・重量:31.5t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:ビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、60mmバルカン砲×2、クレイ・バズーカ、メガ・バズーカ・ランチャー、トリモチ・ランチャー

・パイロット:クワトロ・バジーナ

ランキング7位は「機動戦士Zガンダム」に登場した百式です。反地球連邦組織「エゥーゴ」の試作機であり、開発コード100番目のMSであることからこの名前が付けられています。全身の金色の特殊塗料と、肩の「百」マーキングデザインが特徴の存在感ある機体です。作中ではクワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴに参加している、元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルが登場し、高い機動性と運動性を発揮しています。

6位:Zガンダム

1980年代のガンダムでもかっこいいデザイン!

Zガンダムのガンプラ

パイロットは最強ニュータイプのカミーユ

・型式名:MSZ-006
・サイズ:19.85m
・重量:28.7t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:60mmバルカン砲×2、2連装グレネード・ランチャー×2、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、シールド、シールド裏ミサイル(劇場版)、ハイパー・メガ・ランチャー

・パイロット:カミーユ・ビダン

「機動戦士Zガンダム」に登場する主役機Zガンダムです。初の変形ガンダムであり、顔のスタイリッシュなデザインが今見てもかっこよく、人気のモビルスーツです。パイロットは歴代最強のニュータイプといわれるカミーユで、このキャラクターとともに根強いファンが多い機体で、ハイパーメガランチャーによる高火力、高い機動力に加え、思念をエネルギーに変えるハイパービームサーベルといった強さを持っています。

5位:サザビー

歴代ジオン系モビルスーツの集大成!重装備がかっこいいシャア専用機

サザビーのガンプラ

劇場版「逆襲のシャア」に登場

・型式名:MSN-04
・サイズ:25.6m
・重量:30.5t
・装甲材質:ガンダリウム合金

・武装:ビーム・ショット・ライフル、ビームトマホーク、ビーム・サーベル×2、ミサイル×3、ファンネル×6、メガ粒子砲

・パイロット:シャア・アズナブル

ランキング5位はサザビーで、ネオ・ジオン総帥のシャア・アズナブルがパイロットで、作中ではνガンダムと互角の勝負を繰り広げています。ニュータイプ用に開発され歴代のジオン系モビルスーツの集大成とされ、最高峰の高性能を持つシャアの専用機です。シャアならではの赤い機体カラーデザイン、装備している遠隔誘導ビーム砲台ファンネルをはじめとした重装備がかっこいいモビルスーツです。

4位:グフ・カスタム

シンプルながらかっこいい装備とデザイン!

グフ・カスタムのガンプラ

パイロットの生きざまも人気

・型式名:MS-07B3
・サイズ:18.2m
・重量:77.6t
・装甲材質:超硬スチール合金
・武装:3連装35mmガトリング砲、ガトリングシールド、ヒートロード、ヒートサーベル
・パイロット:ノリス・パッカード

ランキング4位は「第08MS小隊」に登場する機体、グフ・カスタムです。装備は渋いヒートサーベル、左腕のガトリングシールドとシンプルながら魅力的で、ヒートワイヤーを用いた空中戦がかっこいいです。パイロットであるノリス・パッカードはジオンのベテラン軍人で、ガンダムファンの中でも高い人気を誇るキャラクターです。機体のデザインはもちろん、このパイロットの生きざまも含めてかっこいいモビルスーツです。

ガンダムかっこいい機体ランキング3位~1位

モビルスーツの戦闘シーン

TOP3に選ばれたのは!

では、いよいよガンダムのかっこいい機体ランキングの上位3つのご紹介です。ガンプラも人気の魅力的なモビルスーツをチェックしてみてください。

3位:ウィングガンダムゼロ

最も美しいデザインのガンダム!ツインバスターライフルがかっこいい

ウィングガンダムゼロのガンプラ

天使のような羽を持つモビルスーツ

・型式名:XXXG-00W0
・サイズ:16.7m
・重量:8.0t 
・装甲材質:ガンダニュウム合金 
・武装:ツインバスターライフル×1、ビームサーベル×2、マシンキャノン×2、ウイングバルカン×2(テレビ版)、ウイングシールド×1(テレビ版)
・パイロット:ヒイロ・ユイ

ランキング3位はウィングガンダムゼロです。テレビ版とは多少外観や武装が違いますが、特にOVA&劇場版作品「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に登場するEW版が人気で、天使のような羽を持ち、最も美しくかっこいいガンダムといわれています。ウィングガンダムゼロの代名詞といえる武装は2丁のツインバスターライフルで、この武器を構えて照射する姿は有名で、他にはなく非常にかっこいいです。

数々のパイロットに乗り継がれたガンダム!AC暦最強の機体

ウィングガンダムゼロはアフターコロニー(A.C.暦)における最強のモビルスーツであり、運動性能を強制的に向上させる強力武装「ゼロシステム」を搭載しています。ツインバスターライフルは高い威力と射程を持ち、連射することもできる強さを持つ兵器です。ウィングガンダムゼロは作中では多くの主要人物に乗り継がれていますが、最終的には主人公のヒイロ・ユイがパイロットとなっています。

2位:ストライクフリーダムガンダム

高火力の攻撃と機動力の高さが魅力!

武器を構えるストライクフリーダムガンダム

フリーダムガンダムの後継機

・型式名:ZGMF-X20A
・サイズ:18.88m 
・重量:80.09t
・装甲材質:ヴァリアブルフェイズシフト装甲
・武装:近接防御機関砲×2、高エネルギービームライフル×2、シュペールラケルタビームサーベル×2、ビームシールド×2、クスィフィアス3レール砲×2、スーパードラグーン 機動兵装ウイング、スーパードラグーン ビーム突撃砲×8、カリドゥス複相ビーム砲、MS埋め込み式戦術強襲機「ミーティア」 
・パイロット:キラ・ヤマト 

ランキング2位は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するストライクフリーダムガンダムです。フリーダムガンダムの後継機であり、多くの性能でフリーダムを凌駕しています。

ストライクフリーダムガンダムのガンプラ

高い攻撃力が魅力のモビルスーツ!

核エネルギーを使用し高火力の攻撃を実現させ、スーパードラグーン搭載で宇宙空間で無類の戦闘力を誇ります。また、新たにビームシールドが実装され両手にライフルを持てるようになっています。

 

コーディネーターであるキラ専用機として設計された機体で、機動力が非常に高いのが特徴です。

作中では、ストライクフリーダムガンダムがたったの2分で25機ものザクとグフを全滅させるというシーンもあり、その強さから全作中最強のモビルスーツともいわれています。

広げた8枚の翼がかっこいいキラ専用機

ストライクフリーダムガンダムは広げた翼のデザインがかっこよく、黄金フレームも新鮮で外観からも強さがうかがえます。装甲を極限まで薄くすることで機動力をあげ、高速戦闘とフルバーストというキラの戦い方の合わせています。高い空間認識力と反射速度を持つキラが搭乗することで、高い運動性能がかっこいい機体です。

1位:νガンダム(ニューガンダム)

奇跡を起こした最強モビルスーツ!

νガンダムのガンプラ

ガンダムの集大成!

・型式名:RX-93 
・サイズ:23.0m
・重量:27.9t
・装甲材質:ガンダリウム合金
・武装:ビーム・ライフル、グレネードランチャー、ビーム・サーベル×2、バルカン砲×2、ニュー・ハイパー・バズーカ、シールド(ビーム・キャノン、ミサイル×4)、フィン・ファンネル×6 
・パイロット:アムロ・レイ

ランキング1位はνガンダムです。1988年公開の劇場版アニメ「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」に登場するモビルスーツで、ファーストガンダムにも登場するアムロ・レイが搭乗しています。

武器を持つνガンダム

アムロ・レイのための専用ガンダム

ランキング1位のνガンダムは、機体の設計にもパイロットであるアムロ・レイが参加しています。νガンダムはアムロのために作られたニュータイプ専用のモビルスーツです。

地球連邦軍が改良を重ねた集大成ともいえるガンダムで、従来のガンダムよりも重装備になっています。ニュータイプ専用兵器であるフィンファンネルを装備し圧倒的火力を持つモビルスーツで、宇宙世紀史上、最大の奇跡を起こしたマシーンといわれています。

攻守の強さとモノトーンデザインがかっこいい!

初代ガンダムと違い白と黒を基調としたカラーリングやマントのように左背に装備されたフィンファンネルがかっこいいデザインで、歴代モビルスーツの中でも非常に人気の高い機体です。作中ではライバルである新生ネオ・ジオン軍総帥シャア・アズナブルが搭乗する、サザビーと死闘を繰り広げています。最強兵器と言えるフィンファンネルによる攻撃力の高さに加え、バリアも可能で攻守ともに強さが魅力です。

1970年代から歴史を刻み続けるガンダムシリーズ

眼が光るモビルスーツの顔

30年以上たっても人気のガンダムシリーズ

ガンダムシリーズは「機動戦士ガンダム」が発表されてから30年以上たった今でも高い人気を誇っています。

TVシリーズだけではなくマルチメディア展開している!

小説や漫画でもガンダムを楽しめる

雷の中立ちはだかるグフ

テレビアニメだけじゃない!ガンダムシリーズ作品

ガンダムのかっこいいモビルスーツ機体ランキングをご紹介してきました。1979年に「機動戦士ガンダム」いわゆるファーストガンダムが始まり、現在までさまざまなシリーズ作品が発表されています。

 

ガンダムというとテレビアニメやプラモデルのイメージが強いかもしれませんが、テレビシリーズ以外にもさまざまなメディアで作品が展開されています。

テレビアニメのほか映画やOVA作品もありますし、アニメではなく小説や漫画で展開しているガンダムシリーズもあります。テレビやOVA、映画になっている作品の小説や漫画は、アニメをより深く理解することができます。

ガンダムの世界を体験できるメディアも!

ガンダムゲームの画面

ゲームやCDドラマも!

ガンダムシリーズは、ゲームやCDドラマ、ゲームブックと多岐にわたってメディア展開をしています。

2000年にはシミュレーションライド型アトラクション「GUNDAM THE RIDE ‐A BAOA QU‐」や、2001年にはプラネタリウムCGシアター「ガンダム新体験‐0087‐グリーンダイバーズ」と体験型メディアでの展開もされています。テレビアニメやOVA化されていないガンダムシリーズ作品も、小説や漫画といった他メディアで多数の作品がありますので手に取ってみてはいかがでしょうか。

全てのシリーズが視聴可能な動画配信サービスは?

動画配信サービスでガンダムアニメを楽しもう

ポーズをとるシャア

過去のガンダム作品が見たい!

ガンダムシリーズは1970年代からの歴史があり、過去の作品を見てみたい、気になったモビルスーツが登場する作品を見てみたいという人もいるのではないでしょうか。

過去のガンダムシリーズを振り返ったり、名場面をもう一度見たいときには動画配信サービスが便利でおすすめです。特に定額見放題のサービスは、一定料金で見たい作品を見たいだけ楽しめます。ガンダム作品を視聴できる定額見放題の動画配信サービスには、dアニメストア、バンダイチャンネル、Netflix、Amazonプライムがあり、それぞれ見放題の料金には差があり、それぞれ432円、1080円、702円、400円です。

どのガンダムシリーズが見たいかよって選ぼう

モビルスーツの戦闘シーン

サービスによって見られるシリーズが違う

ガンダムシリーズが見られるサービスはいくつもありますが、それぞれの動画配信サービスによって、見ることができるガンダムシリーズが異なります。

ガンダム作品がバンダイとサンライズによるものというだけあって、バンダイチャンネルでは多くのガンダムシリーズを見ることができ、ファーストガンダムをはじめテレビアニメシリーズ作品はほぼ見ることができます。ただそOVAや劇場版作品は見放題になっておらず、スターダストメモリーや第08MS小隊などのOVAや劇場版作品はNetflixで多く配信されているようです。

戦うモビルスーツ

dアニメストアはアニメ配信数が多い

dアニメストアはアニメ作品の配信数が非常に多いサービスで、ガンダムシリーズの中でも新作を観たいという人におすすめのサービスです。

このようにサービスによって見ることができる作品が異なりますので、どのがんダム作品を見たいかによってサービスを選ぶと良いでしょう。また、バンダイチャンネル以外は初回登録で1カ月無料期間がありますので、登録していないという人は無料期間を存分に活用しましょう。

ガンダムかっこいい機体ランキング101選のまとめ

宇宙を飛ぶモビルスーツ

かっこいいガンダム機体ランキング!

ガンダムのかっこいいモビルスーツの機体101選を、強さや魅力とともにランキングでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

機体のデザインがかっこいいモビルスーツや、強さが魅力のモビルスーツなど、ガンダムは登場するモビルスーツも魅力のひとつです。専用機やオリジナルの機体はもちろん、量産機でもかっこいいものが多くあり、ガンダム系だけではなくザクをはじめとしたモノアイ系など敵のモビルスーツも人気が高いです。

眼が光るサザビー

モビルアーマーなど他にもかっこいい機体はある!

このランキングに登場しなかったモビルスーツや、モビルアーマーにもかっこいい機体はまだあります。

ガンダムシリーズは戦闘シーンだけではなく濃厚な人間ドラマも見ごたえがあります。動画配信サービスで過去作品を視聴でき、またテレビアニメ以外にもさまざまなメディアで展開もされていますので、ぜひガンダムシリーズを楽しんでみてください。

その他のガンダムについてはこちら

【ガンダムシリーズ】おすすめアニメランキング40選!初心者向けの人気作品は? | ランキングまとめメディア
歴代ガンダムの主人公機最強ランキング27選!大きさなどの基本スペックも比較! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ