SKE48シングル人気ランキングTOP22!歴代一位の売上曲やセンターを紹介

SKE48は名古屋を拠点にしながら中京地区を中心に活動しているアイドルグループで、2008年7月に結成されました。ここではAKB48初の姉妹グループとなるSKE48について、シングルCD歴代人気ランキングを一覧にまとめていきます。オリコンシングル売上ランキングで上位に入った曲の動画や、センターを含めた選抜メンバーもご紹介していきますのでSKE48の魅力を再発見してみてください。

目次

  1. SKE48のシングル人気ランキングTOP22!【動画あり】
  2. SKE48のシングル人気ランキング!22位〜11位
  3. SKE48のシングル人気ランキング!10位〜4位
  4. SKE48のシングル人気ランキング!3位〜1位
  5. SKE48の歴代センターランキングを紹介
  6. SKE48のシングル人気ランキングまとめ

SKE48のシングル人気ランキングTOP22!【動画あり】

SKE48はAKB48の選抜メンバーとしても活躍中

2009年8月、SKE48は1stシングル「強き者よ」でCDデビューを果たしました。ファンにとってはこのジャケット写真は懐かしい印象を受けるかもしれません。デビューシングル発表後のSKE48は中京地区を中心に人気を集めていきます。

この年の暮れには松井珠理奈と松井玲奈、矢神久美の3人がAKB48の選抜メンバーとして第60回NHK紅白歌合戦に出場しました。2018年のAKB48選抜総選挙では松井珠理奈と須田亜香里が選抜メンバーの1位と2位にランキング入りしました。SKE48のエース松井珠理奈がセンターを務める選抜シングルに期待しましょう。

SKE48のCD売上No.1は?オリコンの人気曲一覧を紹介!

SKE48にとって2018年は10周年を迎えるアニバーサリーイヤーです。そのためここからますますSKE48は勢いに乗っていくことでしょう。

7月には23rdシングル「いきなりパンチライン」を発売し、オリコン週間シングルランキングで首位を獲得しました。ここではそんな人気アイドルグループSKE48の人気曲を一覧にしながら、ランキング形式でまとめていきます。それではSKE48の歴史が詰まったシングルランキングがスタートです。

SKE48のシングル人気ランキング!22位〜11位

22位:青空片想い

SKE48シングル人気曲ランキング22位は、2010年3月にリリースされた「青空片想い」となりました。オリコン週間シングルランキングで3位を獲得したこの楽曲は、上記の動画でもお分かりいただける通り春らしさがイメージできる明るくキャッチーな応援歌です。SKE48ではこのCD発売から選抜メンバー制度が採用されるようになりました。

センターは松井珠理奈

SKE48として初めての選抜メンバー制度で選ばれたのは7人でした。そのセンターを松井珠理奈が堂々と務めています。

デビューシングルに続いて「青空片想い」でもセンターに選抜されたのは松井珠理奈でした。SKE48を初期から支え続けている松井珠理奈は、現在も不動のセンターとして活躍しています。そんな彼女がセンターで輝くCDが、SKE48の歴代売上ランキングと人気曲ランキングの22位でした。

21位:ごめんね、SUMMER

SKE48の3rdシングル「ごめんね、SUMMER」が人気シングルランキング21位に登場しました。この楽曲は夏を題材に男の子の恋心を表現したアップテンポなナンバーです。MV動画で視聴することができる可愛いダンスを披露するSKE48の姿が人気の理由となりました。オリコン週間売上ランキングでも3位を獲得した名曲です。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

「ごめんね、SUMMER」ではダブル松井がセンターを務め話題を集めました。ここからSKE48のダブル松井時代が到来したため、歴代シングル一覧の中でも価値あるCDとなっています。

小豆島で撮影されたPVの中で爽快感たっぷりな姿を披露したことも人気を集めた理由と言えるでしょう。SKE48はここから一気にCDの売上を伸ばしていき、スター街道を突き進んでいきます。初期のSKE48を代表する名曲が人気シングルランキング21位でした。

20位:無意識の色

前作から半年ぶりに発売された2018年最初のシングル「無意識の色」が、SKE48人気曲ランキングに早くも名を連ねました。10周年を記念したこのCDのMVでは、SKE48のメンバーが歴代のシングルで着用した衣装の一覧を使用しています。彼女たちが新たな歴史の扉を開け始めた楽曲は、オリコン月間シングルランキングで堂々の首位に輝きました。

センターは小畑優奈

「無意識の色」でSKE48のセンターになったのは小畑優奈でした。2015年から正規メンバーとして活動している彼女は、握手会で抜群の人気を誇っています。握手会での神対応が彼女をセンターに抜擢した理由かもしれません。

歴代の先輩からSKE48を継承していく次期エース候補は、これから幾度となくセンターを経験していくことでしょう。新しい風が吹き続けるSKE48の人気は揺るぐことがありません。CDの売上も順調なSKE48の未来には順風満帆な光景が広がっています。

19位:1!2!3!4!ヨロシク!

SKE48人気CDランキング19位は、4枚目のシングルとなった「1!2!3!4!ヨロシク!」です。1stシングル以来となった16人の選抜メンバーで構成されたため、この曲はファンの記憶に鮮明と残っていることでしょう。「1!2!3!4!ヨロシク!」は上記の動画でお分かりいただける通り、賑やかで元気をもらえる楽曲となっています。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

SKE48不動のダブルエースで、3rdシングルに続いて4thシングルもダブル松井がセンターポジションを獲得しました。

セリフを話す部分があるこの楽曲は、3パターン録音した中からメンバーの声を採用したそうです。セリフも人気を集めたこのCDはオリコン週間シングルランキングでも2位という好成績を収めました。休養中の松下唯を除きこのマキシシングルに含まれた曲にはSKE48全メンバーが参加しているので、ファンにとってはたまらない作品になっています。

18位:いきなりパンチライン

SKE48の10周年を記念した第2弾シングル「いきなりパンチライン」がシングル売上ランキングの18位に輝きました。発売されて間もないCDがこの位置にきたことは衝撃的な売上を証明しています。MV動画ではSKE48選抜メンバーがパッションを感じさせるダンスを披露し話題となりました。歴代シングル一覧の中でもSKE48の代表曲となるヒットソングです。

センターは松井珠理奈

松井珠理奈がセンターとなった「いきなりパンチライン」は、2018AKB48選抜総選挙の開票イベントで初めて披露されました。注目のイベントでお披露目されたこの楽曲はSKE48の勢いを象徴しています。

このCDが記録的な売上となる中、松井珠理奈は念願の選抜総選挙トップに輝きました。選抜メンバーも前作から入れ替わっているため、新たなSKE48の魅力を再発見してみてください。アニバーサリーイヤーを駆け抜けるSKE48の次なるシングルにも期待しましょう。

17位:バンザイVenus

SKE48として初のオリコン週間シングルランキングで首位を獲得した「バンザイVenus」は、歴代CD一覧の中でも彼女たちの明るいイメージを具現化した楽曲です。動画の中でキャッチーなメロディーに合わせて踊るメンバーたちの姿に、多くのファンが釘付けになったことでしょう。SKE48はこの楽曲から人気だけでなくCDの売上も飛躍的に向上させていきました。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

「バンザイVenus」は前作の「1!2!3!4!ヨロシク!」発売を記念した全国握手会の最終日に、サプライズ形式で発表されました。センターの松井珠理奈がSKE48を代表して挨拶すると、ファンは喜びの大歓声を上げたそうです。

色々な演出でファンを魅了するところも、SKE48が人気アイドルに成長した理由なのかもしれません。補足情報といたしましてオリコン上半期売上ランキングでも5位になったこのCD発売をラストに、SKE48のレーベルは日本クラウンからエイベックス・グループへ変更となりました。

16位:金の愛、銀の愛

記念すべき20作目のシングル「金の愛、銀の愛」が、SKE48歴代売上ランキングの16位を獲得しました。この曲はオルガンの音色が幻想的で、どこか神々しいイメージのバラードとなっています。オリコン週間シングルランキングで1位になった「金の愛、銀の愛」のMV動画は、現在の日本の姿を表現をコンセプトに制作されました。

センターは松井珠理奈

「金の愛、銀の愛」はセンターを務めた松井珠理奈の主演ドラマ「死幣-DEATH CASH-」の主題歌に採用されました。SKE48としてのテレビ番組のタイアップは「1!2!3!4!ヨロシク!」以来6年ぶりだったため、ファンはこの楽曲を心待ちにしていたようです。

歴代シングル一覧の中で20作目という節目を飾った「金の愛、銀の愛」は、高い人気と売上を誇りながらSKE48の歴史に名を刻みました。しかし圧倒的な人気に背中を押されながらSKE48はまだまだこれからも活躍を続けていきます。その姿を温かく見守っていきましょう。

15位:意外にマンゴ―

SKE48シングル売上ランキングで15位になったのは、2017年7月にリリースされた「意外にマンゴー」です。このシングルはSKE48が2017年に発売した唯一のものとなりました。小畑優奈、北野瑠華、矢作有紀奈の3名が初選抜となったこちらのシングルは、MV動画を見てお分かりいただけると通り夏にピッタリな楽曲です。

センターは小畑優奈

このシングルで初選抜された小畑優奈がセンターを務めたことで、「意外にマンゴー」は大きな話題を呼んだフレッシュさが印象的な楽曲です。

ファンが衝撃を受ける中、SKE48の人気は変わることなくこの曲もオリコン週間シングルランキングで首位を獲得しています。人気グループとしての地位を確立したSKE48は、これからもシングルの売上で圧倒的な数字を残すことは間違いありません。小畑優奈のような次世代のセンター候補の登場にも期待しましょう。

14位:チキンLINE

19枚目のシングルとなった「チキンLINE」は、SKE48としては初めてのアニメ映画のタイアップとなった楽曲です。もちろんこの曲もオリコン週間シングルランキングでトップを取りました。このCDには卒業を発表した宮澤佐江のため、SKE48以外にも大島優子などのAKB48卒業メンバーがカップリング曲に参加しています。

センターは松井珠理奈

2作ぶりに松井珠理奈がセンターを務めた「チキンLINE」は、アニメ映画の「プリパラ」の主題歌として大きな偉業を達成します。SKE48が主題歌を担当するとこれまでオリコン売上ランキングで首位を取ることのなかった「プリパラ」に関する楽曲が、念願だった首位を獲得しました。

まさにSKE48の実力と人気を示したシングルとなったのです。「チキンLINE」は歴代のシングル一覧の中で新たな歴史を築いたSKE48の代表曲になりました。この快挙を知った上でMV動画を視聴すると、よりSKE48の素晴らしさが伝わるはずです。

13位:12月のカンガルー

2014年12月にリリースされた「12月のカンガルー」は、SKE48歴代最多となる22人の選抜メンバーで構成されました。MV動画を見ていただくと分かる通り、ウィンターソングでありながら元気が出てくるノリノリな楽曲となっています。オリコン週間シングルランキングでトップを獲得した「12月のカンガルー」が、SKE48のシングル一覧に堂々のランクインを果たしました。

センターは北川綾巴と宮前杏実

16枚目のシングルでSKE48史上初、ダブル松井以外がセンターになり話題騒然となりました。さらに宮前杏実においてはAKB48グループの中で、所属グループシングル表題曲に初選抜で初センターに抜擢された初めてのメンバーだったんです。

SKE48歴代シングル一覧に名前を刻み込んだ「12月のカンガルー」は、サプライズの印象がとても強いシングルでした。これからも様々なサプライズでシングルを世に送り出すSKE48からますます目が離せません。

12位:前のめり

SKE48歴代人気シングルランキング12位は、2015年8月に発売された「前のめり」になりました。上記の動画でも分かるように卒業を発表した松井玲奈の背中を押すような応援ソングです。歌詞に注目しながら聴くとエネルギーを与えてくれるシングルは、オリコンデイリーランキング、週間ランキング共に首位を獲得しました。

センターは松井玲奈

松井珠理奈とのダブルセンターの経験が多い松井玲奈ですが、意外にも今作が初の単独センターでした。このシングルは彼女を応援するようなポジティブな歌詞と、疾走するようなアップテンポなメロディーが人気となっています。

SKE48のダブルエースとして活躍した松井玲奈の卒業シングルは、ファンの心にいつまでも残り続けるでしょう。人気シングル一覧の12位となった「前のめり」は、頑張りたいと思っている人に聴いてもらいたい名曲です。

11位:不器用太陽

上記の動画でMVを視聴できる「不器用太陽」が、SKE48歴代シングルランキング11位となりました。このシングルはAKB48グループの大組閣が行われた後に発売されたため、メンバーの異動が目まぐるしかったことでも印象に残った楽曲です。「不器用太陽」はこれまでのSKE48歴代シングルのパワフルなイメージを覆す、落ち着いたバラードだったこともありファンの記憶に強く刻まれました。

センターは松井珠理奈

松井珠理奈がセンターを務めたこのシングルは、第65回NHK紅白歌合戦に3回目の出場を果たしたSKE48の歌唱曲に選ばれました。そんな「不器用太陽」はチャーミングで元気なイメージのSKE48に落ち着いた魅力を加えています。

「不器用太陽」はオリコン週間シングルランキングでも首位を獲得しました。人気シングル一覧のトップ10入りはなりませんでしたが、SKE48の歴史を語る上でこのシングルを欠かすことはできません。ランキングをチャックしながら名曲をもう一度お聴きになってみてください。

SKE48のシングル人気ランキング!10位〜4位

10位:オキドキ

SKE48人気シングルランキングでベスト10にまず登場したのは7thシングル「オキドキ」です。ポジティブな歌詞と陽気なダンスナンバーは、MV動画を視聴していただくと体が勝手に動き出すかもしれません。元気になれる魔法の言葉がキャッチフレーズの「オキドキ」はSKE48を代表する元気ソングです。

センターは松井珠理奈

SKE48はこのシングルによって「バンザイVenus」から3作続いてオリコン週間シングルランキングで1位を獲得しました。ここまでセンターを務め続けている松井珠理奈は名実ともにSKE48のエースとなっています。

発売以来「オキドキ」は売上を伸ばしていき日本レコード協会のダブル・プラチナにも認定されました。元気になれる歌詞と踊りたくなる曲調はエネルギッシュで明るいSKE48を象徴しています。彼女たちの溢れる魅力を動画で実感してみてください。

9位:パレオはエメラルド

6thシングルの「パレオはエメラルド」がSKE48人気曲一覧の中で9位という結果になりました。このシングルはSKE48が単独として初出演した第63回NHK紅白歌合戦の歌唱曲です。色々な意味でファンの記憶に残る記念すべきシングルとなりました。

センターは松井珠理奈

松井珠理奈がセンターとなったこのシングルは、エイベックス・グループから発売された初めての作品です。

少女の成長を描いた歌詞と、バラードからアップテンポなメロディーに変調していく楽曲に多くのファンが夢中になりました。SKE48のシングル一覧の中では「ごめんね、SUMMER」に近いイメージの曲です。夏ソングランキングでは上位に入ってくることが間違いありません。動画を視聴しながら可愛らしく踊るSKE48のメンバーたちに魅了されてみてください。

8位:未来とは?

14thシングルの「未来とは?」はキャッチコピーを卒業にした爽快感のあるポップな楽曲です。卒業をテーマにしながらSKE48らしいポジティブなイメージが人気となり、このランキング結果となりました。補足情報になりますが劇場盤シングルに収録されている「僕らの絆」は、AKBグループの中で初めてメンバーが作詞作曲した曲になっています。

センターは松井珠理奈

松井珠理奈は次作の「不器用太陽」まで15作品連続でSKE48のセンターを務めました。「未来とは?」はストイックで前向きな彼女を具現化したと表現しても大げさではありません。

これからも松井珠理奈はSKE48の未来を託された存在です。彼女はそんな期待に後押しされながらグループを日本一に導いてくれることでしょう。新たな始まりを意味するこのシングルは、SKE48のイメージにピッタリなため人気一覧に名を刻みました。

7位:賛成カワイイ!

SKE48の人気シングルランキングで最初に神7入りしたのは「賛成カワイイ!」となりました。奥手な男の子の恋心を描いた「賛成カワイイ!」は、2回目の出場となったNHK紅白歌合戦で披露した楽曲です。オリコンチャートランキングでは、週間と月間の両方で首位を獲得しました。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

ダブル松井が6回目のセンターとなった「賛成カワイイ!」は、ロックテイストのあるノリがいいアッパーミュージックとなっています。

曲中にはメンバーとファンが声を掛け合うコール&レスポンスが用意されました。SKE48メンバーと一体になることができる点も、人気シングルランキングで神7入りした理由と言えるでしょう。前に進むためこの曲を聴いて、SKE48に背中を押してもらってみてください。

6位:アイシテラブル

2012年5月発売の「アイシテラブル」がSKE48人気シングルランキングの6位となりました。シングルタイトルの「アイシテラブル」は愛してるとアイラブユーを掛け合わせた造語です。当初は「アイラブシテル」だったのですが、「アイシテラブル」の方が耳に残るというメンバーの意見を尊重してタイトルが変更になりました。

センターは松井珠理奈

夏の恋をテンポの速いメロディーで表現した「アイシテラブル」のセンターを務めたのは松井珠理奈でした。これまでのSKE48の楽曲は片想いが多かったのですが、この曲では愛し合うカップルが作品の中で描かれています。歌詞の世界観が変化したことにはファンだけでなくメンバーも驚いたそうです。良い意味でSKE48の分岐点になったシングルと言えるのかもしれません。

5位:片想いFinally

SKE48の人気シングルランキング第5位の名誉は「片想いFinally」が獲得しました。前作のシングルから僅か2か月後にリリースされた「片想いFinally」は、オリコン週間シングルランキングで1位となり、その後ダブル・プラチナに認定されています。王道のアイドルソングとなったこのシングルは、昭和歌謡の雰囲気をどことなく漂わせるレトロ感が多くのファンから支持されました。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

SKE48らしく片想いを表現したこのシングルでセンターとなったのはダブル松井でした。この2人がセンターだからこそSKE48の特徴が前面に押し出すことができたのかもしれません。

片想いをテーマにしながら歌詞の中で強い気持ちを表した世界観を、ダブル松井の存在感が際立たせています。「片想いFinally」はSKE48のダブルエースが真骨頂を発揮したシングルとなりました。そのため人気シングルランキング第5位は当然の結果かもしれません。

4位:キスだって左利き

SKE48の記念すべき10枚目のシングル「キスだって左利き」が人気ランキング4位に選出されました。「キスだって左利き」は10作目を記念するかのようにオリコン週間シングルランキングで1位を獲得し、さらに初動売上が50万枚を突破した作品です。この売上記録はSKE48史上初となり、女性アイドルグループとしても史上4組目の快挙となりました。

センターは松井珠理奈

このシングルはタイトル通り左利きの男性に恋をするという内容で、可愛い乙女心を丁寧に表現しています。センターの松井珠理奈を含めたメンバー全員のチャーミングな表情に注目してください。

必ず「キスだって左利き」の動画を視聴した後はSKE48の虜になっているはずです。人気シングルランキング4位はファンを魅了する王道のアイドルソングとなりました。残念ながらベスト3入りはなりませんでしたが間違いなくSKE48を代表するシングルです。

SKE48のシングル人気ランキング!3位〜1位

3位:美しい稲妻

SKE48の人気シングルランキングでTOP3に入ったのは「美しい稲妻」でした。このシングルの特徴はSKE48の中で最も多いカップリング曲を収録した点です。カップリング曲の数は驚きの7曲となっていて、ファンにとってはSKE48の色々な表情を見ることができるお得なシングルと言えるでしょう。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

男性が彼女に対する気持ちを稲妻に打たれたと表現した「美しい稲妻」は、ダブル松井がセンターとしてSKE48を牽引しました。従来のSKE48は太陽のイメージが強かったのですが、この楽曲はMVを含め暗闇を印象付けたものになっています。

哀愁のある「美しい稲妻」はSKE48の新たな一面を引き出してくれました。そのため人気が爆発しランキングの3位を獲得です。大人っぽさを際立たせる衣装とダンスにファンの視線は釘付けとなっていることでしょう。

カップリング曲「JYURI-JYURI BABY」

「JYURI-JYURI BABY」のMVは千葉県のアクアマリンスタジオで撮影されました。カップリングも充実している「美しい稲妻」はSKE48のシングルの中で愛されている1曲となっています。是非この機会に個性豊かなカップリング曲にも注目してみてください。

2位:チョコの奴隷

2013年1月に発売された11thシングルの「チョコの奴隷」が、SKE48人気シングルランキング堂々の2位に輝きました。キャッチコピーが「義理でもいいから欲しかった」となっているこの曲は、SKE48らしさがぎっしりと詰まったバレンタインソングです。「チョコの奴隷」はオリコン週間、月間シングルランキングで1位となり、ダブル・プラチナにも認定されました。

センターは松井珠理奈

松井玲奈とのダブルセンターを含めると、松井珠理奈は11作品連続のセンターとなりました。彼女を中心としたMVでは愛知県体育館など、地元名古屋の施設が撮影場所に使用されています。

本拠地の活動を大切にしているSKE48らしいMVと言えるでしょう。地元愛の詰まったシングルはファンにとっても大事な作品になっています。名古屋市内の施設を探しながら視聴するとこの作品の新しい魅力が伝わってくるかもしれません。

カップリングは卒業ソング

カップリング曲の「それを青春と呼ぶ日」も多くのファンから支持されています。この曲を含めたカップリング5タイトルには、活動休止中のメンバーを除いたSKE48全員が参加しました。各メンバーの魅力を感じられるところも人気ランキング2位となった理由になっています。

1位:コケティッシュ渋滞中

見事にSKE48人気シングルランキングのトップに輝いたのは、17作品目となる「コケティッシュ渋滞中」です。このシングルはAKB48の姉妹グループとしては初のNMB48との同日発売となりました。メンバーたちが複雑なコメントを残す中、オリコン週間シングルランキングでは首位を獲得しています。リリース前日には選抜メンバー5人がヒット祈願のため、愛知県の羽豆岬を訪れました。

センターは松井珠理奈と松井玲奈

センターは2作品ぶりの松井珠理奈と、4作品ぶりの松井玲奈が務めました。ダブル松井がSKE48を牽引したこのシングルは、女性の粋な美しさを意味するコケティッシュを表現した爽やかな楽曲です。

大人っぽい女の子に恋をする男の子を描いた作品は、SKE48の魅力が満載のため人気ランキングのトップになりました。踊り出したくなるディスコナンバーは、いつの時代にもマッチする名曲となっています。

カップリングは映画の主題歌

「僕は知っている」は2015年に公開された映画「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」の主題歌に採用されました。カップリングを含め「コケティッシュ渋滞中」はまさにSKE48を象徴するシングルとなっています。SKE48の象徴曲が多くの人気曲を抑え栄えあるランキングトップに輝きました。

SKE48の歴代センターランキングを紹介

4位:宮前杏実、北川綾巴

16thシングルの「12月のカンガルー」で、ダブル松井以外としては初めてSKE48のセンターを務めたのが宮前杏実と北川綾巴です。2人のセンター回数は1回でランキングは4位となりました。

残念ながら宮前杏実は卒業してしまいましたが、北川綾巴は次世代のエースとしての活躍を期待するファンは少なくありません。彼女のセンター復帰を心待ちにしながら全力で応援していきましょう。

3位:小畑優奈

小畑優奈はダブル松井以外でソロのセンターを務めた唯一のSKE48メンバーです。すでに2回のセンター経験を持つ彼女は、これからのSKE48を背負っていく逸材として期待されています。

彼女の活躍次第ではSKE48の世代交代が進むかもしれません。このような切磋琢磨はグループの人気向上には欠かせない宿命となっています。小畑優奈のようなメンバーがSKE48の起爆剤になることを祈りましょう。

2位:松井玲奈

ダブルエースとして活躍した松井玲奈はセンターを8回経験しています。松井玲奈は一時期、SKE48とAKB48、そして公式ライバルの乃木坂46を兼任したこともありました。卒業後は女優とタレントとして活躍している彼女は、SKE48ファンから永遠に愛されている存在です。AKB48の選抜総選挙でも常に上位だった松井玲奈の名前を忘れる人はいないでしょう。

1位:松井珠理奈

SKE48の歴代センターランキングトップはもちろん松井珠理奈です。彼女は23thシングル中、ダブルセンターを含めると19回という圧倒的な数字を叩き出しました。

つまり上記でご紹介した宮前杏実と北川綾巴、そして小畑優奈がセンターだったシングル以外、全て松井珠理奈がSKE48の顔として活動してきたことになります。AKB48選抜総選挙でも首位を獲得した松井珠理奈は今後も不動のエースとして活躍していくことでしょう。ファンはいつまでも彼女の背中を後押ししていきます。

SKE48のシングル人気ランキングまとめ

SKE48は名古屋からスタートし、今では全国区の人気を誇るトップアイドルです。ここではそんなSKE48の歴代シングルについて人気ランキングをまとめてきました。数多くの人気シングルを発表し続けるSKE48は、これからも精力的にファンの期待に応えていくことでしょう。歴代センターランキングもチェックしながらSKE48の歴史を振り返ってみてください。

SKE48に関するまとめ記事はこちら!

SKE48卒業メンバーの現在衝撃ランキングTOP10!卒業生の現在の活動は? | ランキングまとめメディア
SKE48握手会人気順ランキング2018最新TOP10!神対応のメンバーは? | ランキングまとめメディア
SKE48メンバー人気順ランキング2018最新版TOP25!メンバー画像あり | ランキングまとめメディア

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ