声が大きい人の心理的特徴ランキング15選!苦手な人が多い理由や直し方は?

話し方や声の大きさには人それぞれ個性がありますが、仕事場や学校などで周りに比べて声が大きい人は、男性でも女性でも注目を集めやすいです。声が大きい人には、どのような心理的特徴があるのでしょうか。声が大きい人の心理的特徴をランキング15選で解説します。また、声が大きい人はいい意味で注目されることもありますが、苦手に思われたり悪い意味で目立つこともあります。ランキングの最後には、声が大きい人が苦手に思われやすい理由や、対策もご紹介します。

目次

  1. 声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴15選!
  2. 声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴15位~11位
  3. 声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴10位~7位
  4. 声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴6位~4位
  5. 声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴3位~1位
  6. 苦手な人が多い理由や直し方は?
  7. 面白い!声が大きい人あるあるを紹介!
  8. 声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴15選まとめ

声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴15選!

仕事では役立つ?声が大きい男性・女性の心理的特徴を紹介!

アフロヘアの男性

なぜ声が大きいの?

仕事場や学校などで声が大きい人が居る時、ちょっと苦手だなと思ったり、なぜそんなに大きい声で話すのかと疑問に思うことがあります。

大きい声で話しているのには様々な理由があり、男性も女性も声が大きい人にはいくつかの共通した心理的特徴があるようです。そこで、声が大きい人の心理的特徴ランキング15選をご紹介し、それぞれの心理についてどのような特徴があるのか解説します。このランキングを見れば、身近なあの人の声が大きい理由が分かるかもしれません。それではランキングスタートです。

声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴15位~11位

書類を持って話す男性

身近な人に当てはめてみよう

早速、声が大きい人の心理的特徴ランキングを見ていきましょう。まずは、第15位から11位です。身の回りに居る人にも、もしかすると当てはまる特徴があるかもしれません。

15位:日頃の習慣からの影響

なぜ声が大きいの?

ラグビーをする人

仕事や趣味の影響

声が大きい人は、仕事や趣味など日頃からの習慣が影響しているという場合があります。例えば、学校の先生など大きな声を出すことが多い仕事をしていると、普段からつい声が大きくなりがちです。

 

また、チームプレーをするようなスポーツをしている人だと、仲間に伝わるよう大きな声を出すことに慣れているので、つい日常の会話でも大きな声を出してしまうことがあります。

このように、仕事や趣味などで普段から声量が鍛えられている人は、普通に話しているつもりでも他の人より声が大きいことが多いです。ハキハキしていて好印象に思われることもありますが、TPOによってはうるさいと思われてしまうこともあります。身に付いた習慣なのでコントロールが難しいかもしれませんが、少し意識して注意すると良いでしょう。

14位:大雑把な心理

なぜ声が大きいの?

机が散らかっている人

小さなことは気にしない

ランキング第14位は、大雑把な性格です。声が大きい人には、豪快でマイペースで細かいことを気にしない大雑把な人が多い傾向があります。

 

小さなことは気にしないおおらかな性格は長所でもありますが、時には周りが見えずに大きな声で話して迷惑がられることもあります。

周りを明るくするというメリットもあるのですが、人の迷惑にはならないように気を付けましょう。仕事場の机や学校のロッカーなど、個人のスペースが整理整頓出来ずに散らかっている人は、大雑把な傾向がありますので、声の大きさについても振り返ってみましょう。

13位:お喋りが好きな心理

なぜ声が大きいの?

お喋りをする女性たち

お喋りでストレス発散

お喋りすることによってストレスを発散しているようなタイプの人は、声が大きくなりがちです。特に女性同士のお喋りが盛り上がると、声のトーンも高くて騒がしくなりやすいです。

楽しく明るくお喋りする女性は周りのことも明るくしてくれますし、基本的には人気ものです。お喋りをする場所や時間によっては、あまり大きな声で盛り上がっていると迷惑になる場合もありますので、TPOに合わせてお喋りを楽しみましょう。

12位:信念が強い心理

なぜ声が大きいの?

横に向かって拡声器で話す人

伝えたいという気持ちが強い

自分の主張や信念を人に伝えたい、分かってほしいという気持ちが強い人は、声が大きい傾向があります。

 

自己主張が強く、はっきりと相手に対して自分の考えをアピールできるタイプです。

自分の信念を持っていることや、相手に対してその考えをしっかり伝えることが出来ることは、とても良いことです。男性も女性も、同じ内容を話していても、声が小さいと気持ちが伝わらないこともあります。大切なのは、相手が聞きやすい声の大きさで、相手の気持ちに合わせて語り掛けることでしょう。

11位:明るく楽しい心理

なぜ声が大きいの?

一緒にテレビを見る女性たち

人と関わるのが好き

ランキング第11位は、人とコミュニケーションするのが好きな社交的な人です。明るく楽しく色々な人と関わることが出来るので、多くの人から好かれます。

男性でも女性でも、人懐っこく話好きの人は、声も大きくてはっきりと話します。人との交流がストレス解消になっているという人もいるでしょう。おおらかな性格の人が多く、気さくに思ったことを話して誰とでも盛り上がれるタイプです。

声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴10位~7位

赤いリップの女性

TOP10スタート

ここからは、声が大きい人の心理的特徴ランキングのTOP10です。男性女性共に、プラスの面もマイナスの面も解説してきましたが、次はどんな特徴が登場するでしょうか。

10位:開放的な心理

なぜ声が大きいの?

思い切り叫ぶ赤毛の女性

何にも縛られないタイプ

ランキング第10位は、開放的で奔放な性格です。男性でも女性でも、ポジティブで外向的で自由な気風だと声が大きい人が多いです。何かに縛られるというタイプではないので、自由に話をします。

このような性格の人は、裏表がなくて一緒に居て楽しいので人に好かれやすいです。ただ、自由奔放な性格は時として人の迷惑になることもあります。常識的な範囲でTPOを守れば、大きな声で明るく人と話をすることはとても良いことです。

声が大きい人への反応

陽気で開放的な性格は人から好かれますが、このように人に迷惑をかけるのはよくありません。特に、お酒の席で酔って気が大きくなってしまって、自由勝手に振舞ってしまうのは迷惑です。男性も女性も、お酒に酔った時は、特に声の大きさがコントロールできず大声になる人が多いので注意が必要です。

9位:感情的になりやすい心理

なぜ声が大きいの?

怒っている女性

感情に任せて大声に

感情の振れ幅が大きくてヒステリックになりやすいタイプは、声が大きい人が多いです。自分の主張の正しさを疑わず、すぐに相手が悪いと決めて責めてしまいます。

ランキング第9位のこのタイプは、プライドが高く自分の間違いを認めないタイプなので、友人関係でも扱いに困りますし、仕事の関係でもかなり迷惑します。相手が感情的になって大きな声で話しているときこそ、こちらは冷静になって、大声で張り合わないようにしましょう。そうすることで、相手にも冷静な空気が伝わります。

声が大きい人への反応

人の性格や考えていることは、声に表れるという意見です。このランキングで解説しているように、声が大きい人には、やはりその原因になる性格があります。男性も女性も、相手に自分の主張を伝える時には、短絡的に大きい声を出すのではなく、きちんと気持ちを込めて美しい言葉を使いたいものです。

8位:気持ちに余裕が無い心理

なぜ声が大きいの?

電話に向かって怒る人

ついつい大きい声に

気持ちに余裕が無い人ほど、つい大きな声を出してしまうことがあります。とっさの返事が刺々しく大きい声になってしまったり、相手への説明が段々ヒートアップしてしまうというケースです。

落ち着いて後から思い返して、自分が大きい声で騒いでしまったと反省したことがある人もいるでしょう。気持ちに余裕の無い時は、周りからの助言や気遣いの言葉も、攻撃や批判のように感じてしまうかもしれません。そのような様子の人を見かけたら、本人が落ち着くまで少し待ってから話しかけるというのも一つの手です。

声が大きい人への反応

こちらの意見は、まさに自分に余裕がない人ほど大きな声で主張するという内容です。本人は自分のことを守ろうと必死になっているのかもしれませんが、周りからすると少し滑稽に見えることもあるようです。

7位:調子の良い心理

なぜ声が大きいの?

ビル街に立つビジネスマン

ビジネスシーンで顕著

声が大きくて社交的なタイプは、世渡りが上手で調子が良い人が多いので、ランキング第7位です。特に仕事の場面では、男性でも女性でも声が大きいことが有利に働きます。

会議などでしっかりと自分の意見を主張できますし、人に好かれるコミュニケーションが上手いので営業なども得意です。豪快に笑うタイプの男性や、適度なボディータッチが出来る女性なども、同じようなタイプで世渡りが上手いでしょう。人から頼られやすく、自分から頼るのも得意なので、仕事がスムーズに進みます。

声が大きい人への反応

実際にサラリーマンとして働いている人も、声が大きい人は仕事の場面で有利だということを実感しているようです。調子が良く人と簡単に親しくなれる人は、人間関係を作るのが上手いので仕事も順調です。

声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴6位~4位

口に手を当てる女性

理由と共に特徴を知ろう

続いて、声が大きい人の心理的特徴ランキング第6位から第4位です。TOP3には入らなかった特徴ですが、これらも興味深くとても面白いです。

声が大きくなってしまう理由を知ると、その人のことをより理解することが出来ます。単純にうるさいと思うだけでなく、人間関係を作る上での対応方法のヒントになるでしょう。

6位:思い込みが激しい心理

なぜ声が大きいの?

ロングヘアの女性

思い込んで突っ走ってしまう

声が大きい人には、激しい思い込みで突っ走りがちなタイプが多いようです。何か思い込んでしまうと、周りが見えなくなって気持ちが先走ってしまいます。

そのような気持ちの表れとして、声もつい大きくなってしまうのです。落ち着いて考えられる人であれば、話す声のトーンも落ち着くはずですが、このような思い込みの激しい性格の人は思ったまま突っ走ってしまうので、深く考えずに突発的な発言をしてしまい、声も大きくなりがちです。このようなタイプの男性は、女性に気が無いことに気付かずに迷惑をかけてしまうこともあります。

声が大きい人への反応

こちらはなかなか厳しい意見ですが、思い込みが激しくて突っ走ってしまうタイプの人は、冷静な人から見ればおかしいと思われてしまうのでしょう。こちらの方は、声が大きい人ほどそのような性格の傾向が強いと感じているようです。

5位:空気が読めない心理

なぜ声が大きいの?

所沢の映画館

TPOを考えられない

声が大きい人の心理的特徴ランキング第5位は、空気が読めないことです。今までのランキングに登場した特徴にも関係することですが、声の適切な大きさは、その時々の状況によって変わります。

例えば、映画館や病院など本来静かにするべき場所で大きな声を出してしまう人は、かなり悪目立ちします。周りから声が大きい人と思われている人は、このようなTPOに合わせた振る舞いが苦手な人が多いです。また、場所だけでなく話題も問題です。あまり周りに知られたくないようなことを、デリカシーなく大きな声で言われたりすると、空気の読めない人だなと思われてしまいます。

声が大きい人への反応

こちらは、家族の中で空気の読めない人がいるというエピソードです。空気の読めない人は、自分が話したいと思った話を、好きなタイミングで話し始めたりします。声が大きいので、別の人がせっかく話していても話題を遮られてしまって、周りの人は迷惑に感じることが多いです。

4位:自分に自信が無い心理

なぜ声が大きいの?

考え込んでいる女性

本心の裏返し

自分に自信がない人も、意外と声が大きいというケースがあります。それは、自信が無いからこそ声の大きさによって本心を隠そうとするからです。

自分が人より劣っているかもしれないと思って自尊感情が低い人は、実際よりも自分を大きく強く見せたいと意識するので、声を大きくすることによって周りを威圧しようとします。しかし、このようなタイプの人は、声が大きいわりに話している内容は大したことが無かったり、筋が通っていないということもあります。

黒いTシャツの男性

自分の立場を守りたい

男性でも女性でも、職場の先輩や上司から大きな声で威圧された経験がある人がいるでしょう。もしかすると、それも本当は自分に自信が無いことの表れかもしれません。

上司や先輩という立場があるものの、自分の実力に自信がない場合、声の大きさや態度によって自分の方が上だとアピールする人が居ます。本当に力があって深い考えが出来る人なら、表面的な声の大きさや威圧感に頼らなくても、上司や先輩としての威厳を保つことが出来るはずです。

声が大きい人への反応

自分に自信があるかどうかで声の大きさが変わる人は多いです。同じ人でも、仲間内で話しているときと、会社の会議で話しているときなど、その場での自分の立場が変わることによって内心での自信が変わり、声の大きさが変化してしまう人もいます。

声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴3位~1位

頭を抱える女性

第1位はどんな心理?

声が大きい人の心理的特徴ランキングは、いよいよTOP3です。男性女性どちらとも、様々な特徴が出てきましたが、第1位はどんな特徴なのでしょうか。

3位:自分に自信がある心理

なぜ声が大きいの?

ジャケットの男性

自信が声に表れる

自分に自信がある人は、男性でも女性でも声が大きくなりやすい傾向にあります。仕事の会議などでも、自分の意見が正しいという確信があれば、大きな声で堂々と話せるものです。

また、声が大きい人はただ話しているだけで自信があってしっかり者に見えます。自信を持って大きな声で話すことは、それによってさらに堂々として見えるという良い循環になるようです。これは、実力が伴って本当に周りから頼りにされていれば好印象になりますし、独りよがりな自信だとあまり良い印象にはなりません。

笑顔のツーショット

友達同士でも

この心理的特徴は、仕事場だけでなく友達同士の場合にも当てはまります。お喋りをしている時でも、自分の考えに自信のある人は大きい声ではっきりと話す傾向があります。

声が大きい人への反応

社会に出ると、自分の意見や考えを言わなければいけない場面が増えてきます。声が大きい人は、自信を持ってはっきり主張できる人が多いので、内向的なタイプの人から見ると、羨ましかったり異質なものに見えたりするようです。

2位:注目されたい心理

なぜ声が大きいの?

緑色の服の女性

承認欲求の表れ

ランキング第2位は、とにかく人から注目されたいという心理です。誰かに何かを自慢したかったり、認めたり褒めてもらいたいという気持ちから、声がつい大きくなってしまいます。

自分にとって頑張ったことや、誇らしいと思ったことは、誰かに聞いてもらいたくなるものです。それは誰にでも共通する心理ですが、特に承認欲求が強いタイプの人だと、その話をする時についつい声が大きくなってしまうようです。人からすごいと思われたり、羨ましく思われたりすることに快感を感じるタイプの性格です。

綿あめを持つ女性

自慢話によって自信がつく

そのような心理から声が大きい人は、大きな声で自慢話をすることによって自分の自信を確かめ、向上させています。また、特によく思われたい相手がその場に居る時の方が、この特徴は顕著です。

声が大きい人への反応

この口コミは、まさに自分が赤ちゃんを可愛いと発言したことを周りにアピールしたいという気持ちで、声が大きくなっている人のケースです。本人は特別に意識していないかもしれませんが、自分の発言を目立たせたいという心理によって、声が大きくなっています。

1位:相手を従わせたい心理

なぜ声が大きいの?

威嚇する男性

自己中心的な考え

声が大きい人の中には、大きい声で威圧的に話すことによって相手を威嚇して、自分の思い通りにコントロールしようとする人が多いので、ランキング第1位です。

男性でも女性でも、周りが自分の思い通りに動いてくれることが当然だという自己中心的な考えを持っていると、自然と大きい声で強い口調で話すようになります。そして、思い通りに相手が動いてくれない時には、不機嫌になったり怒りを露わにしたりします。仕事場などでこういった人がいると、周囲はとても迷惑します。

大声で電話する人

怒りによって解決しようとする

相手を従わせようとして声が大きい人は、怒りの感情によって自分の考えを通すことが出来ると勘違いしています。

 

感情的になって大きい声で話している人には、つられて感情的になることなく、冷静に話を聞いて対処するのが有効です。

声が大きい人への反応

実際に、大きい声で起こることによって自分の意見や考えを押し付けようとするケースがあるようです。家族間でそのような人がいると、受ける影響が大きくて大変です。相手に自己中心的な心理があるのだと理解するだけで、こちらは冷静な対処がしやすくなるでしょう。

苦手な人が多い理由や直し方は?

声が大きい人の心理的特徴をランキングで解説してきました。ランキングに登場した心理的特徴は、どちらかというと印象の悪い特徴が多かったようです。声が苦手な人に対しては、マイナスな反応を示す人が多いようですが、その理由は何でしょうか。また、直し方も考えていきましょう。

声が大きい人に対する周りの反応とは

マイナスの反応

耳を塞ぐ男性

うるさくて邪魔になる

声が大きい人に対するマイナスの反応は、騒々しいと感じたり、ウザったいと感じたりと、声が大きいことによってイライラさせられたりストレスを感じるというものです。

自分が何かに集中したい時に大きい声を出されると邪魔ですし、公共の場など大きい声がふさわしくないような場所で、構わず大きい声で話すような人には、誰でもいい印象を持ちません。人の声も、TPOに合わなかったり相手にとって迷惑に感じられると、立派な騒音になります。

プラスの反応

口に手を当てて叫ぶ女性

リーダーシップの表れ

逆に、声が大きい人に対するプラスの反応もあります。しっかりと大きい声で話が出来る人は、頼りになってリーダーシップが強い印象になります。

また、きちんと皆に聞こえるように話をしてくれるということで、周囲をよく見ていて気づかいが出来る人だと思われることもあります。声が小さいと、話し合いなどがスムーズに進まず困ることもあります。話をしている時の状況によって、大きい声で話すことがプラスの反応に繋がるか、マイナスの反応に繋がるかが分かれると考えられます。

大きい声のおすすめの対策・直し方

拡声器で話す女の子と聞く男の子

声が大きい人が注意すべきこと

もし、つい大きい声で話してしまう癖を直したいなら、まずは話をする時にゆっくりと丁寧に言葉を選ぶことを心がけましょう。勢いのままに話を展開していくと、無意識に声が大きくなりがちです。

ゆっくり丁寧に言葉を選ぶようにすれば、自然と落ち着いて話が出来るようになるので、声のボリュームもコントロールしやすくなります。また、話が盛り上がったり自分の感情が高ぶってきた時には、特に気を付けましょう。感情に任せて話し続けるのではなく、一旦落ち着いて、相手にとって分かりやすい話し方を心がけることで、声の大きさも適切に保つことが出来ます。

耳鼻科の診察

耳の調子が悪いことも

声が大きい人の中には、耳の調子が悪くてよく聞こえていないから、ついつい大きい声で話しているという人もいます。耳の遠くなったお年寄りが、大きい声で話すのと同じです。

生活の中で音が聞こえづらかったり、何か体の不調や変化に心当たりがある場合には、ぜひ病院で診てもらいましょう。性格的な問題ではなく、身体的な問題なら、出来るだけ早く発見して悪化する前に治療することが大切です。また、耳の病気ではなく、耳掃除をすることで聞こえが良くなる場合もありますから、こまめなケアにも気を付けましょう。

面白い!声が大きい人あるあるを紹介!

拡声器で話す男性

声が大きい人が続々共感

普段から声が大きい人々には、共通のあるあるネタがあるようです。例えば、声が大きい人にとっては自分が話している声の大きさが普通の感覚です。

 

そのため、自分では大きい声ではなく普通に話しているだけなのに静かにしてと怒られることがよくあるようです。

逆に、普段声が大きい人は、少しの間静かに黙っていただけで、具合が悪いのかと心配されてしまったりもするそうです。話をしたらうるさいと言われ、黙っていたら心配をされ、声が大きい人には声が大きい人の悩みがあるようです。

声が大きい人ランキング!大きい声の心理的特徴15選まとめ

ピンクのシャツの女性

裏側に隠された心理

声が大きい人の心理的特徴を、ランキング15選で解説してきました。第1位は「相手を従わせたい心理」でした。声の大きさによって相手を威嚇し、コントロールしたい欲求があるようです。

そして、第2位は「注目されたい心理」、第3位は「自分に自信がある心理」でした。ランキングの上位に登場した心理的特徴は、どれも自己中心的で周囲の人々への意識が薄い傾向があるようです。声が大きいという特徴が人を困らせるケースはとても多いようなので、もし自分の声の大きさが気になるという人は、ランキングの後にご紹介した対処法を試してみて下さい。

吹き出しを持っている女性

良い面にも目を向けよう

もちろん、声が大きい人にはとても良い面もあります。多くの人に声が伝わって話が分かりやすいですし、明るく頼りになってしっかり者のイメージが強いです。

良い面にも良くない面にも目を向けながら、声が大きい人の心理的特徴を理解してみましょう。このランキングを参考にして、ぜひ声が大きい人とのコミュニケーションに役立ててみて下さい。声が大きくなっている理由が分かれば、接し方が分かりやすくなるかもしれません。また、自分の声の大きさについても振り返ってみると良いでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら

気が利く人の特徴ランキング13選!気が利く人になるために必要なのは想像力? | ランキングまとめメディア
面白い人のモテる特徴ランキング21選!面白い人になるにはテクニックが必要? | ランキングまとめメディア
変わってる人の特徴27選!変わった人向きな仕事や面白いエピソードも紹介! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ