肉が無性に食べたい時の心理&原因11選!栄養不足やストレス過多も理由の1つ?

ストレスを感じたり疲れを感じた時に、肉が異様に食べたいと感じることがあります。肉が食べたいという心理の原因はどういったことなのでしょうか。ランキングで肉が食べたいと感じる心理について紹介します。ランキングでは、疲れやストレスなどのほかにも栄養などに着眼点を置いて紹介しています。ランキングを見て肉を食べたい理由を知ることは、食について真剣に考える良い機会になるのでおすすめです。

目次

  1. 肉が食べたい心理ランキング!ストレスが原因かも?
  2. 肉が食べたい心理ランキング11位~7位
  3. 肉が食べたい心理ランキング6位~4位
  4. 肉が食べたい心理ランキング3位:ストレス
  5. 肉が食べたい心理ランキング2位:タンパク質不足
  6. 肉が食べたい心理ランキング1位:頑張る時
  7. 肉が食べたいと思ったときは本当に食べるべき!
  8. 肉を食べたいならどのような肉料理がおすすめ?
  9. 肉が食べたい心理ランキング!ストレスが原因かも?まとめ

肉が食べたい心理ランキング!ストレスが原因かも?

栄養不足や疲れなど心理&原因を徹底リサーチ

生肉が並べられている画像

肉はいろいろと効果がある

肉を無性に食べたい時があります。肉を食べたいと感じる時はいろいろな要素が原因となっているようです。無性に肉が食べたい時というのは、どういった心理や原因があるのでしょうか。

肉を食べたくなる心理は、日常茶飯事にあるはずがありません。肉が食べたいと思うことが多い人もいるかもしれませんが、朝起きて寝る瞬間まで常に食べたいとは考えないはずです。衝動的に肉を欲する時、それが肉を本心から食べたいと感じている時です。こういった時には、肉を食べたいと考えてしまう心理に対しての、理由や原因が必ずあると言われているわけです。

肉が食べたくなる心理をランキング形式でご紹介

肉や野菜などが盛られているお皿の画像

ランキングで肉を食べたい心理を紹介

肉を食べたいと感じる時、その心理はどういった理由が働くのでしょうか。理由を知ることによって、肉に対する考え方はもちろんのこと、食に対する見え方も変わってくるはずです。

ランキングで肉を食べたいという心理について、何が原因なのか紹介します。ランキングの中には当然と感じることから、意外な理由までいろいろです。また、その心理に陥った理由や要因などについても、簡単にですが紹介しています。肉を異様に食べたくなる時に、不安にならずにまずはランキングに書いてあることを思い出すと良いでしょう。それでは、肉が食べたい心理ランキングスタートです!

肉が食べたい心理ランキング11位~7位

ハムが切られている画像

肉を欲する心理に迫る

それでは肉を欲してしまう心理についてランキング12位から7位までについて紹介していきます。

11位:好きだから

肉をナイフとフォークで切っている画像

好きだから食べたい

まずランキングで紹介したい肉を食べたい理由は好きだからです。非常に単純でわかりやすい理由ですが、肉好きな人は少なくありません。

肉好きと言っても、肉だけを食べているという人は少ないはずです。肉好きは、選ぶのであれば肉ですが、全てにおいて肉というわけではないのです。肉か魚かといえば肉、肉か野菜かといえば肉といった感じで肉を選びます。肉好きと言っても肉の味わいにこだわる人やボリュームにこだわる人など、その趣向はさまざまです。一概に肉好きと言っても、いろいろな肉好きがいることを理解しなければいけません。

そして、肉には牛や豚など種類もいろいろです。肉好きの中には、牛肉は好きだけど豚肉はイマイチなどといった人もいます。また、豚肉は好きだけど豚の油肉は嫌いだと言う人もいます。本当の肉好きは油肉が好きだという言葉がありますが、それは、油が肉の醍醐味だからという理由です。しかし、個人それぞれの好みがありますので、どの部分が好きであろうとも、肉好きには変わりないのです。

10位:栄養不足

いろいろな野菜が置かれている画像

肉だけではない

単純に栄養不足という場合もあります。どの栄養が足りていないとかではなく、全体的に栄養が足りないために、肉を食べたいという心理になります。

ランキング10位の理由の場合、肉だけを欲するのではなく、野菜や果物など、あらゆる食材を食べたいと感じているはずです。栄養素が全体的に足りていないため、全ての食材を欲しているはずです。その場合は、肉だけではなくバランスよく食べるように心がけましょう。ダイエットなどで栄養不足となっている場合は、肉を敬遠してしまいがちですが、体のためにも極力油分も取るように心がけましょう。

今までは栄養不足などはなかったのに、一人暮らしを始めたら栄養不足になってしまったという人も少なくありません。バランスよくいろいろな食物を取る必要があるのは理解していますが、一人暮らしでそれを実現するのはなかなか難しいものです。意識して自分から栄養をバランスよく摂取しない限り、栄養不足は解消されません。もし簡易的に栄養不足を解消したいのであれば、サプリメントなどを利用すると良いでしょう。

9位:妊娠して食べ物の趣味が変わった

お腹が膨らんでいる女性の画像

コッテリ派の女性も少なくない

女性限定の話になりますが、妊娠したことにより食の好みが変わることはよくあることです。ランキング9位では、そういった女性の特性が選ばれました。

今までは肉がそこまで好きではなかったのに、妊娠したことにより、なぜか肉好きになる人もいます。妊娠初期の頃は肉の匂いだけではなく、お米が炊けた匂いなどでも吐きそうになっていた妊婦が、安定期に入ると肉を異様に食べたくなるということも少なくありません。この味覚が変わるというのは、今でも原因がはっきりとしていないようですが、妊娠によるホルモンバランスの崩れが原因ではと言われています。

栄養バランスが崩れるほどでなければ、むしろ栄養がつくので肉を食べても問題ないはずです。また、出産が終わってもその趣向が変わらない場合もあります。そうした場合もやはり、栄養バランスに気を付けながら、肉を摂取していくと良いでしょう。妊娠後や赤ちゃんが母乳を卒業した後は太りやすかったりしますから、体調の変化に気を付けながら、ストレスなく栄養をバランスを考えて肉を食べると良いでしょう。

8位:落ち込んでいる時

破れているラグビーボールの画像

凹んだ時こそ肉

落ち込んで何もやる気がなかったり、どうしても元気が出ない時に、元気を出すために肉料理を食べる時があります。肉料理は落ち込んでいる時にはおすすめです。

普段の生活や仕事での失敗など、人は落ち込むことが少なくありません。また、疲れが溜まっていたり、ストレスが重なるなどの理由で落ち込みが激しい時があります。そういった時に肉料理を食べることで、元気を出すという人も多いはずです。肉料理は落ち込んでいる気持ちを元気にさせてくれます。それは、肉を食べるとパワーが出ることと、肉を食べると幸せな気分になるためです。

肉料理を食べることにより、明日への元気を取り戻せる事ができるでしょう。また、落ち込んでいる人を見ると、焼き肉に誘ったりステーキを食べに連れて行ったりと、何かと肉料理を進めてくる場合もあります。その理由は、肉料理を食べると元気が出るからです。疲れを癒やし、元気を取り戻させてくれる肉料理は、落ち込んでいる時に誰もがおすすめするパワーアップ食材と言えるでしょう。

7位:運動の後

バーベルを持ち上げようとしている画像

肉は酸性

運動の後というのは、タンパク質が不足することによりしょっぱいものが食べたい心理になります。そのしょっぱい物というのが、肉を欲する心理になります。

肉がしょっぱいものという感覚がない人もいるかもしれません。しかし、肉は酸性食品として分類されています。そうした理由により、運動で疲れた体をカバーしてくれる食べ物としては、おすすめしたい食材なのです。しかも、しょっぱいだけではなく、疲れた体にパワーも与えてくれるので、運動後に適した食材と言えるのではないでしょうか。もちろん、運動した直後に肉を食べるよりは、少し時間を置いて食べましょう。

ダイエットを行っているのであれば、脂肪分の少ない鶏のささみ肉あたりをチョイスすると良いでしょう。ダイエット効果のある食材を選べば、肉を食べたいという心理に答えながらも、無駄な栄養素を取ることがないのでおすすめです。また、疲れを取るためにも肉というのは必要になりますので、ダイエットでストレスがたまっている状態で肉を食べたくなった時には、特におすすめしたい食材だと言えるのではないでしょうか。

肉が食べたい心理ランキング6位~4位

ハンバーガーの画像

ランキング上位を紹介!

新鮮な生肉が好きという人もいるなど、肉の食べ方は千差万別です。それでは、ランキング上位となる6位から4位を紹介した後に、TOP3となるランキング3位から1位を詳しく紹介します。

6位:自分へのごほうび

箱を抱きしめている女性の画像

肉は最高のご褒美

ランキング6位となったのは、自分へのごほうびとして肉が食べたいという心理が選ばれました。肉は自分へのご褒美としては最適です。

非常に困難な業務を見事達成したり、受験勉強で頑張って見事に合格したりなど、自分が苦しかったり目標にしていたことを成し遂げた時、ごほうびとして肉を食べたいという心理になる事があります。その理由としては、普段では美味しい肉を食べることができないので、自分が何かを成し遂げた時ぐらいは美味しいお肉を食べたいという心理になるのです。成し遂げた自分へのご褒美に肉は最高のプレゼントになるでしょう。

特にご褒美としておすすめしたいのは、高級な鉄板焼きです。牛肉を美味しく食べられるだけではなく、魚介類なども最高の味わいで楽しめます。せっかくの自分へのご褒美ですから、普段では味わうことができない肉料理を楽しむと良いでしょう。こうして、何かしら理由をつけて、普段と違う肉料理を楽しむことは、ストレス発散にも繋がります。頑張ってストレスを貯めたのですから、ご褒美は贅沢な肉料理を楽しみましょう。

5位:依存症

タバコの箱が置かれている画像

依存には理由がある

依存症と聞くと、なにか重大な病気のような気がしますが、実は結構簡単なことで依存するのが人間です。ランキング5位には、そんな人間の依存性にスポットライトが当たりました。

ランキング5位で紹介する依存症は、例えばギャンブル依存症やタバコなど、数多くの依存症を耳にしたことがあるはずです。それと同様に依存してしまうのが焼き肉です。焼き肉を食べた時に、幸せを感じたことがあるはずです。もしかしたら、焼き肉を食べる時にしか幸せを感じていない人もいるかもしれません。その状態こそが依存しているということです。食べている時だけに安心感があるという状態です。

肉を食べることによりアナンダマイドが脳内に分泌されます。この成分は幸福を感じるという効果があるので、肉を食べると幸せを感じるのです。さらには、トリプトファンという精神を落ち着かせる成分も分泌されているので、なお一層安心感が増します。そのため、肉が食べたいと頻繁に心理に訴えかけてしまうわけです。なかなか認められない依存症ですが、確実に肉を食べたい理由の原因の一つと言えるでしょう。

4位:美味しかったから

ひまわりと肉が置かれている画像

思い出の味

非常に単純な理由がランキング4位となりました。肉を食べたいと思うのは以前食べた肉料理が美味しかったからというのもあるのではないでしょうか。

肉料理は美味しいものです。しかし、その美味しい肉がさらに味わったことのない味わいだったり、インパクトのある味わいだったりしたと時に、ふと食べたいという心理になります。食べたいと感じた時に、肉料理は食べ時なのですが、美味しかった肉料理というのは、簡単に食べられなかったりして、さらに食べたいという心理をかりたてます。美味しい肉料理を食べたのですから、また食べたいと思うのは自然な理由です。

普段では食べることができない料理や、普段食べている肉料理の中でもダントツに美味しい肉料理は印象に残るものです。そして、定期的に食べたいという心理になります。その食べたいという気持ちは、栄養や健康のバランスを考えたときには我慢しなければいけない時もあります。

しかし、健康面などの理由がないのであれば、食べたいと思い出してしまうほどの肉料理は、素直に食べに行くのがストレスなく生活できるのではないでしょうか。我慢は大切ですが我慢し過ぎは禁物です。

肉が食べたい心理ランキング3位:ストレス

パソコンを触りながら頭を抱えている画像

ストレス解消には肉

肉が食べたいという心理になる時には、ストレスが原因となっている場合が多くあります。ストレスが原因とした食べたいという欲求がランキング3位となりました。

ストレスから自然と肉を食べたいという心理になるのは、多くの人が抱えている感情と言えるでしょう。「食べる」と行為自体がストレス解消と言われる中、食べて満足度が高い肉は特にストレス解消なはずです。焼き肉をガツガツと食べたり、分厚いステーキを思い切りかぶりつくなどで発散します。また、バーベキューなどで気心知れた仲間と肉を思う存分食べるのも、ストレス解消におすすめしたい方法です。

低脂肪で低コレステロールの羊肉もおすすめ

肉というと牛肉や豚肉が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、ストレス発散におすすめしたいのがジンギスカンなどで食べることができる羊肉です。それはストレスから大量の肉を食べてしまう時に、体重増加のリスクがあるからです。しかし、羊肉は低脂肪で低コレステロールですから、体にストレスを与えずに心理的ストレスを取り除けます。このように、栄養バランスを考えながら肉を食べる方法もおすすめです。

食べ過ぎには注意

先にも少し触れましたが、ストレスから肉を食べたいと感じ食べ始めると、ついつい食べ過ぎてしまいます。ましてや、強いストレスを連日味わっていると、食べ過ぎが重なり太ってしまいます。

ちなみに、ストレスが原因で食べたいという気持ちが湧くのは、コルチゾールという分泌ホルモンが原因だといいます。強いストレスを感じるとこのホルモンの分泌がさらに増えてしまいますので、上手に肉を摂取しましょう。

肉が食べたい心理ランキング2位:タンパク質不足

いろいろな肉が焼かれている画像

大切な栄養素

ランキング2位で紹介する肉を食べたいという心理になる理由は、タンパク質不足を原因とした欲求です。タンパク質は人間に必要な3大栄養素の一つです。

タンパク質を取るには、卵などの他に鶏肉などから補充することが望ましいとされています。そのため、タンパク質不足から体がストレスを感じその結果、肉を食べたいという心理が現れるわけです。栄養素としてタンパク質は非常に大切な要素です。栄養素不足は体のバランスを崩す原因になるばかりでなく、いろいろなストレスや心理バランスの崩れの要因となります。肉を食べたいと思ったら、遠慮することなく食べましょう。

女性の疲れやすい原因の場合も

女性にとって肉は非常に重要な食べ物です。ランキング2位となったタンパク質不足と鉄分を理由にして疲れやすい体になってしまうからです。疲れやすい体を修正したいのであればまずは肉を食べるべきです。タンパク質と鉄分を一気に補充されるので、疲れを取り除き、栄養を体中に運ぶことができるでしょう。ダイエット中であっても赤身肉は太りにくいとされているので、疲れやすいときにはおすすめです。

タンパク質不足は睡眠障害の原因にも

タンパク質不足は疲れやすい体を作るだけではありません。良質な睡眠を取ることができなくなる原因ともなっているようです。そのため、こうした生活のトラブルを解消するためにも肉を食べることは大切なことです。

肉を食べられない人もいるかもしれません。その場合は、肉に変わる食べ物もあるので、そちらを食べると良いでしょう。肉を食べることで、疲れや睡眠不足が解消される可能性があるのは覚えておきましょう。

肉が食べたい心理ランキング1位:頑張る時

バンテージをしている画像

頑張るパワーを得る

ランキング1位となったのは、頑張る前に肉を食べるという心理です。体にパワーをつけようとして肉を食べたいと考えてたり、食べておこうと考えたりします。

心理的な側面だけではなく、肉を食べておけば体に力が湧いてくることがあります。肉を食べるという行動は、自分へのこれからの頑張りへの意欲の表れとして食べるという心理もあります。頑張らなくてはという時に、肉を食べたいと考えるのは、自然なことと言えるかもしれません。そのぐらい、肉というのは踏ん張りを与える要因となっているのです。頑張る時は肉と決めている人もいるほどです。

意外に多い頑張る時の肉

実際に頑張る時に肉を食べると、肉の栄養がこれからの英気を養います。ランキングでも紹介されているように、今までの疲れやストレスを取り除いてくれるのも、頑張る前に肉を食べたくなる原因ともなっています。特に、頑張るときには牛肉が良いかもしれません。もっともパワーを与えてくれます。一説によると、夜に頑張る時にはより牛肉が良いと言われているようです。ひと仕事する前に肉をかっこみましょう。

出産前の恒例にしている人も

また、意外に多いのが出産に向けて焼き肉を食べるのを習慣にしている女性です。妊娠などで食の趣味が変わることもありますが、ランキング1位の理由で肉を食べる時は、こうした食べ物の趣向が変わったとかは関係ありません。出産には多くのスタミナを使います。そのため、出産で頑張る前に肉を取るというわけです。一方で、出産で疲れた体に栄養とパワーを与えるために、産後の焼き肉を定番にしている人もいます。

試合前のゲン担ぎも肉

部活などの試合前にカツを食べる人をよく聞きます。ゲン担ぎとして食べられるカツですが、これも頑張るパワーをもらうための要素も含まれているはずです。カツを食べて元気を出して試合に勝つという心理が働いているからこそ、カツを試合前に選択するのでしょう。このように、元気を出したい時に肉料理を食べるというのは、気が付かないところでも意外に常習化しているというわけです。

肉が食べたいと思ったときは本当に食べるべき!

肉を食べるのを我慢すべきではない理由とは

ランキングにもあるように、肉を食べたいという心理は、ストレスであったり疲れを取るといった意味合いがあったりなど、心理的効果が大きいことがわかります。そのため、肉を食べたいと感じたら、あまり我慢しすぎるのはよくありません。もちろん、食べすぎると言った行動は褒められてものではありませんが、食べたいのを押さえつけるのも、ストレスを溜めるだけでおすすめできる行動ではありません。

肉を食べたいならどのような肉料理がおすすめ?

お肉が食べたいときにおすすめの肉料理

肉を思う存分食べたい時に、焼き肉食べ放題などを利用する人が多いはずです。しかし、ここは最近流行りのシュラスコがおすすめです。シュラスコは、串に刺さった肉を削ぎ落として食べるグルメです。次から次へと店員が持ってくる各部位の肉は、肉といえども味わいが違って面白さを感じるはずです。どんどんと持ってくるので、食べ過ぎもよくありますが、肉を食べた満足感は間違いなく味わえることでしょう。

体にいいお肉と食べ合わせがいい食品とは

肉を食べる時に、相性の良い付け合せというのは大切なテーマです。ステーキなどで添えられている付け合せとしてよく見るのが、ポテトやスパゲティそして人参などです。そこでおすすめしたい肉料理の付け合せは梅干しです。その理由は、ステーキなどの肉料理は酸性なのに対して梅干しはアルカリ性です。酸性の食べ物とアルカリ性の食べ物を一緒に取ることで、体内で中和が取れバランスが整います。

お肉が食べれないときに代用になる食べ物

大豆

最初におすすめしたいのが、肉の代用品として有名な大豆です。大豆を加工して食べることで肉のような食感や醍醐味を味わうことができます。納豆や豆腐などのステーキも大豆が素材だからこその食感を味わえるのです。大豆を使った時に注意したいのが油分です。ステーキにあるような油分を出しにくいので、よりリアルな肉の代用を目指すのであれば、油分を加えるような調理方法を考えましょう。

きのこ

ここでもう一つ紹介したいのがきのこです。特にしいたけは肉のような食感と深い旨みがあって最高です。さすがに肉の味わいはないものの、しいたけの内部から流れ出るジューシーな味わいは、まるで肉汁を味わっているかのような旨さが広がります。肉の代用として使っているうちに、きのこの方が好きになってしまう人といるほどで、その味わいは肉に決して負けていないと言えるでしょう。

車麩

そして最後に紹介したいのが車麩です。まるで本物の豚肉のような見た目が車麩の醍醐味だと言えます。もちろん、食感などもそこそこ肉に似ていますので、見た目と食感を近づけたいのであれば車麩は最適です。豚の角煮の代用としてはもちろんのこと、カツの代用や肉じゃがの肉の代用など、その汎用性は幅広いです。インターネットなどで多くのレシピがあるので、参考にすると良いでしょう。

肉が食べたい心理ランキング!ストレスが原因かも?まとめ

生ハムやサラミがある画像

お肉を楽しく食べよう

ランキングで肉を食べたくなる心理について紹介しました。色々と肉を食べたくなる心理はあるものの、美味しく食べるのが一番の方法です。ランキングの心理を踏まえた上で肉料理を楽しむと良いでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら

肉食系男子の特徴と芸能人TOP16!ランキング形式で紹介【最新】 | ランキングまとめメディア
無煙ロースターおすすめランキングTOP12!自宅で美味しい焼肉が楽しめる! | ランキングまとめメディア
バーベキュー用の食材おすすめ人気TOP50!子供が喜ぶ定番メニューも紹介 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ