歯間ブラシおすすめアイテム20選!デンタルフロスとの違いや使い方は?

口内環境を整える方法として歯間ブラシの使用がおすすめです。歯間ブラシは正しい使い方と選び方、そして使う頻度で効果が変わってきます。そこで、ランキングでおすすめの歯間ブラシについて紹介します。ランキングではいろいろな種類の歯間ブラシをチェックできるので、自分にマッチする歯間ブラシを見つけることができるでしょう。また、デンタルフロスとの違いについても解説しています。

目次

  1. 歯間ブラシおすすめランキング20選!
  2. 歯間ブラシおすすめランキング20位〜11位
  3. 歯間ブラシおすすめランキング10位〜7位
  4. 歯間ブラシおすすめランキング6位〜4位
  5. 歯間ブラシおすすめランキング3位〜1位
  6. 歯間ブラシの正しい使い方!
  7. 歯間ブラシおすすめランキング20選!まとめ

歯間ブラシおすすめランキング20選!

歯間ブラシは必要?デンタルフロスとの違いは?

いろいろな歯ブラシグッズのヘッドの画像

落としきれない汚れを落とす

歯ブラシだけでは落とし切ることができない、歯の隙間などに入り込んでしまった汚れを落とすことができるのが、ここで紹介する歯間ブラシです。歯間ブラシはお口のケアに欠かせないグッズです。

歯間ブラシと聞くと、何か面倒で手間がかかるものだと感じる人もいるようです。しかし、歯間ブラシは習慣づけすることで、そこまで気にすることのない日常的な行いになります。また、習慣づけすると、歯間ブラシをしないと気持ち悪いといった感情になるはずです。ただし、間違った方法や自分に合わないブラシを選んでしまうと、快適どころかトラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。

歯ブラシだけでは汚れが落としきれない

歯ブラシだけでは、お口の中のケアとして不十分な場合がほとんどです。それは、歯の隙間など、歯ブラシだけではどうしても残ってしまう汚れがあるからです。こうした汚れが口臭の原因となるばかりでなく、虫歯の原因となってしまいます。歯間ブラシを歯ブラシ後に使用することで、こうしたお口のトラブルを未然に防ぐことができます。歯医者でも歯間ブラシをおすすめしているのは、こういった理由があるのです。

フロスって何?

フロスを使っている画像

フロスもデンタルケアにはおすすめ

歯間ブラシと似た役目を果たすデンタルケアグッズに、デンタルフロスというものがあります。

これは、いわゆる糸ようじで、歯の間に糸を入れて汚れを落としていくデンタルケアグッズになります。歯間ブラシでは入り切らない複雑な歯の形状にも対応するフロスは、歯垢をしっかりと取り除くケアグッズとなります。歯間ブラシとフロスは同じものだと考える人は少なくありません。しかしながら、歯間ブラシとフロスにはお互いの違う役目があります。どちらのグッズも使用する人がいるのは違いを把握しているからです。

歯間ブラシとフロスの違い

それでは歯間ブラシとフロスはどういった役目があるのでしょうか。簡単に解説すると、歯間ブラシは歯の汚れを取り除くだけではなく、歯茎をマッサージするという効果があります。そのため、歯槽膿漏や口臭予防の効果が期待できるなど、その役目はお口の中全体のケアを担っています。一方で、フロスは歯の間の汚れを取ることに長けています。そのため、フロスは歯茎などのケアを行うことができません。

フロスの頻度

ちなみに、フロスの使用頻度は毎日が理想だとされています。多い人の場合は朝昼晩の歯磨き後必ずフロスを使用する人もいますが、毎日一回のフロスだけでも十分に効果が期待できるはずです。また、フロスなどのデンタルケアは継続して続けることが非常に大切です。そのため、フロスを毎日使うのが大変な場合は、3日に一度など、定期的にフロスを使い、継続してフロスを使用し続けることを心がけるようにしましょう。

歯間ブラシの種類は?形状・素材など

歯ブラシや歯間ブラシが並べられている画像

形状や素材などさまざま

ランキングで紹介する歯間ブラシは、形状や素材が数種類存在します。形状や素材によって得意とする部位がことなるなどします。ここでは、形状や素材の特徴について簡単に解説します。

歯間ブラシのこうした特徴を知らずにただ闇雲に選ぶと、構内環境のケアにはつながらないばかりではなく、お口のトラブルの原因になってしまいます。そのため、歯間ブラシの特性や特徴などを知ることは、ブラシを使用する点から見れば非常に大切なことと言えるでしょう。

I字型とL字型

L字型の歯間ブラシの画像

持ちての形状が異なる

歯間ブラシの種類としてまず見られるのが、持ち手の形の違いです。持ち手が違うことで、それぞれの使い方も異なります。また、形状の種類によって価格も若干異なるようです。

形状の種類はLのように折れ曲がっているL字型と、持ち手からブラシまでストレートな形状となっているI字型が存在します。それぞれの種類によって使い方や得意とする部位が違います。また、L字型の方が値段が若干高い特徴もあるようです。使い方についてはランキングの後に詳しく解説しますが、ランキングではどちらの種類も紹介しています。

ソフトタイプとツイストタイプ

ツイストタイプの歯間ブラシ

使い始めはソフトで

ソフトタイプとツイストタイプのブラシとなるのですが、歯間ブラシを使い始めの人におすすめしたいのがソフトタイプです。

歯間ブラシは、ブラシの素材によって種類が異なります。ソフトタイプはブラシ部分が柔らかいゴムでできていて、初めて歯間ブラシを使う人でも、使い方が扱いやすく、歯茎などを傷めにくい素材となっています。一方でツイストタイプと呼ばれるワイヤータイプの歯間ブラシは、歯の汚れを取る能力には優れていますが、使い方によっては歯茎を痛めてしまうので、歯間ブラシに慣れた人が使うと良いでしょう。

歯間ブラシの選び方ポイント

歯間ブラシと歯ブラシがコップに入っている画像

選び方を確認

歯間ブラシを選ぶ時に重点を置くべきポイントが数点あります。特に注意して置きたいのが、歯間ブラシの形状の種類、素材の種類そしてサイズです。ここでは、それぞれについて簡単に解説します。

形状の種類で選ぶ

I字型の歯間ブラシの画像

I字かL字か

先にも紹介しましたが、歯間ブラシにはI字型とL字型という2つの種類の形状があります。前歯を集中して磨きたい時はI字型、奥歯もしっかりと磨きたい場合はL字型を使うのが一般的です。

持ち手の種類によって使い方が異なりますので、使い方に合わせた選び方を考えると良いでしょう。基本的には形状ごとの使い方で磨くのが歯間ブラシの使い方ですが、使いやすければどちらでも構わないはずです。例えば、I字型で前歯を磨くよりもL字型で前歯を磨くほうが楽だという人がいれば、それはそれで使い方としても間違いではありません。自分の使い方をよく考えた上で形状の種類を考える選び方を心がけましょう。

素材の種類で選ぶ

歯間ブラシのヘッドの画像

ブラシ部分の素材で選ぶ

素材についても先で解説した通り、一般的には歯間ブラシでは2種類の異なる素材のものがあります。それぞれに使い方は変わりませんが、使い心地に大きな違いがあります。

お口に入れるケアグッズのため、ブラシ部分の種類は好みが分かれるところです。歯間ブラシを初めて使う人でも長年使っている人でも、それぞれに好みや考え方があるはずです。この素材は初心者だからとか、この素材は慣れていないからなどといった固定概念を捨てることも大切です。自分のお口にマッチした素材の種類の選び方が、歯間ブラシを長く愛用できるポイントとなるでしょう。

サイズの種類で選ぶ

色々なサイズの歯間ブラシの画像

お口は人それぞれ

最後に選び方として紹介したいのがサイズです。歯ブラシと同様に歯間ブラシにもサイズがあります。自分のお口にあったサイズを選ぶことが、歯間ブラシの選び方としては大切なポイントです。

 

一般的には歯間ブラシには、大きい方からLLサイズ・Lサイズ・Mサイズ・Sサイズ・SSサイズ・3Sサイズ・4Sサイズというサイズの種類に分類されています。

自分のお口にあったサイズを使うのは言うまでもありません。無理してマッチしていないサイズの歯間ブラシを使っていると、歯周炎予防などの効果が働かなくなるばかりでなく、口内炎と言った口内トラブルを招く事態になりかねません。こうなってしまっては本末転倒です。無理をすることのないサイズを選ぶようにしましょう。もしわからない場合は、行きつけの歯科医などに相談するのも良い方法です。

歯間ブラシをランキングでチェック!

歯間ブラシを使っている人の画像

歯間ブラシをチェック!

歯間ブラシの種類や選び方についてここまで解説しました。歯間ブラシについて、ここからはランキングでそれぞれの特徴を紹介します。

ランキングでは、選び方の参考になるように価格やサイズなどの他にも、容量や形状などについても紹介します。ランキングを参考にして、自らの歯の健康についてもう一度見直してみると良いでしょう。そして、自分にマッチしそうな歯間ブラシについてチェックしていくと良いでしょう。それでは、歯間ブラシおすすめランキングスタートです!

歯間ブラシおすすめランキング20位〜11位

20位:HealthLand/Doctors Brush Picks 275's

HealthLand/Doctors Brush Picks 275'sの画像

とにかく安い

価格:180円から
サイズ:???
容量:???
形:I字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

歯間ブラシを購入しても使うかわからないとか、とにかく安いブラシを衛生的に使いたいという人に、最も最適なのがこちらのブラシです。驚きの価格となっているこちらの商品は、爪楊枝のように使うことを想定されて作られています。そのため、歯間ブラシの機能を持っているスティックの反対側には爪楊枝のような形状となっています。使い捨てなので、常に衛生的であるというところも、メリットと言えるポイントでうす。

19位:GC(ジーシー)/ルシェロ歯間ブラシSSS

GC(ジーシー)/ルシェロ歯間ブラシSSSの画像

ブラシが交換できる

価格:402円から
サイズ:10mmx25mmx130mm
容量:1本
形:L字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

ブラシを交換できるので、コストパフォーマンスにも優れているブラシがこちらです。歯医者さんでも使用している歯間ブラシの一つで、ブラシを交換することで常に衛生的に使用することができます。使い勝手もよく、無駄な力を入れることなく歯間のゴミをごっそりと取り出すことが可能です。また、力の分散も考えられているので、歯茎のマッサージも無駄な力が加わりにくいのも特徴となっているブラシです。

18位:ピュアクリーンシステムズ/お手軽歯間ブラシ

ピュアクリーンシステムズ/お手軽歯間ブラシ

業務用で衛生的

価格:2,800円から
サイズ:???
容量:1,000本
形:I字型
素材:ポリプロピレン
タイプ:ツイストタイプ

一つ一つ小分されている使い捨てが目的であれば、こちらの商品がおすすめです。1,000本ものブラシが入っている業務用のサイズで、使い捨てでバンバン使うことができます。常に綺麗なブラシを使うことが可能ですから、衛生的でお口にも安全です。やや固めなので、慣れていないと歯茎を痛めてしまうことがありますが、それを差し引いても、費用対効果は期待できるブラシと言えるのではないでしょうか。

17位:サンスター/GUM(ガム)アドバンスケア歯間ブラシL字型S

サンスター/GUM(ガム)アドバンスケア歯間ブラシL字型Sの画像

奥歯まで届く

価格:554円から
サイズ:75mm×123mm×23mm
容量:10本
形:L字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

やや太めでありながらも、歯の間に隠れている汚れやゴミを取り出してくれるのが、こちらのブラシとなっています。L字型なので奥歯をしっかりとケアしてくれるのが嬉しいところです。耐久性についても評判が高く、歯医者でも導入されている商品なので、安心して使うことができます。Sサイズはミドルレンジのタイプとなりますので、このタイプを試して、より細くするか太くするかを判断するのも良い方法かもしれません。

16位:デンタルプロ/歯間ブラシI字型SSSS

デンタルプロ/歯間ブラシI字型SSSSの画像

I字型で極細タイプ

価格:395円から
サイズ:74mm×15mm×177mm
容量:15本
形:I字型
素材:柄/ポリエチレン、毛/ナイロン、ワイヤー/ステンレススチール、キャップ/ポリプロピレン
タイプ:ツイストタイプ

SSSSタイプなので、入りにくい歯間の隙間でもしっかりとフィットするのが、こちらのブラシとなります。I字型なので奥歯までは届きいくいものの、前歯などの手前の歯にはしっかりとアプローチしてくれるのが嬉しいポイントです。先端が柔らかい植毛となっているので、歯間に入り込む際に歯茎を傷つけることはありません。持ち歩きに便利なキャップ付きなので、自宅だけではなく外出先でもデンタルケアを行えます。

15位:Dr.Denlist/歯間ブラシスマートインやわらかなゴムタイプ

Dr.Denlist/歯間ブラシスマートインやわらかなゴムタイプの画像

初めての人におすすめ

価格:698円から
サイズ:???
容量:60本
形:I字型
素材:ゴム
タイプ:ソフトタイプ

ゴムで作られているのでソフトなタッチが安心の、人気で評判の高い歯間ブラシがこちらです。これから歯間ケアを始めようとしている人には、こういった優しいタッチのブラシがおすすめです。力加減や使用頻度を把握できない状態でも、むやみに歯茎を傷めることがないので、初めて使うブラシには最適と言えるでしょう。歯茎をマッサージして、口臭のない快適なお口環境を作り上げ始めるのには、おすすめで最適な商品です。

14位:小林製薬/やわらか歯間ブラシL字型SS-Mサイズ

小林製薬/やわらか歯間ブラシL字型SS-Mサイズの画像

ワイヤーなしのソフトタイプ

価格:455円から
サイズ:92mm×7mm×175mm
容量:16本
形:L字型
素材:柄/ポリプロピレン、ブラシ/熱可塑性エラストマー
タイプ:ソフトタイプ

ワイヤーがないソフトタイプのこちらのブラシは、これから歯間ケアを始めようとしている人にはおすすめできる商品です。SSからMサイズと、ブラシとしてはミドルレンジのタイプです。コンパクトで持ち歩きにも便利なうえ、ソフトタイプのため出血も少ないのは人気です。外出先で出血を気にせずにブラッシングしたい人には、こういったソフトタイプのブラシがおすすめと言えるのではないでしょうか。

13位:Carejoy/歯間ブラシ型つまようじ

Carejoy/歯間ブラシ型つまようじの画像

気軽に歯間ケア

価格:750円から
サイズ:???
容量:150本
形:I字型
素材:プラスチック
タイプ:ツイストタイプ

爪楊枝を使うかのように、気軽に歯間マッサージができるのこちらの商品です。お口のケアは何かと面倒だけど、歯周病が気になるという人にはおすすめです。食事の後の爪楊枝のように、気軽に歯間マッサージをすることができます。ゴミもごっそりと取れますので、使い終わった後の爽快感は爪楊枝の比にはなりません。気軽に持ち歩いて、食事後に快適にお口のケアを心がけたい時には、最適と言える商品です。

12位:Dr.C-up/ふくみ爽快歯間ブラシピックリン

Dr.C-up/ふくみ爽快歯間ブラシピックリン

値段が安く使いやすい

価格:324円から
サイズ:???
容量:60本
形:I字型
素材:ポリプロピレン
タイプ:ツイストタイプ

こちらのブラシは、使い捨てを目的として開発されている商品です。そのため、安い価格が驚きの商品となっています。使い捨てなので常に衛生的に使えるのも嬉しいポイントです。また、使い心地もプラスチック製ということで、硬めに作られていて快適に使用することができます。とにかく衛生的に歯間ブラシを使いたいという考えの人には、おすすめしたい商品と言えるのではないでしょうか。

11位:デンタルプロ/歯間ブラシL字型SSS

デンタルプロ/歯間ブラシL字型SSSの画像

持ち手がしっかりで使いやすい

価格:400円から
サイズ:82mm×16mm×176mm
容量:10本
形:L字型
素材:柄/ポリエチレン、ブラシ/ナイロン、ワイヤー/ステンレススチール、キャップ/ポリプロピレン
タイプ:ツイストタイプ

持ち手がしっかりしているので使いやすいと評判なのが、こちらの人気となっている歯間ブラシです。L字型なので奥歯の奥までしっかりとフィットする作りとなっています。歯槽膿漏予防から歯間のゴミ取りまで、これ一本で全てをこなすことができるはずです。歯肉炎などのもケアできますので、習慣としてこの歯間ブラシを使うことで、お口のケアは完璧といえるでしょう。

歯間ブラシおすすめランキング10位〜7位

10位:サンスター/GUM(ガム)アドバンスケア歯間ブラシL字型(SSS)

サンスター/GUM(ガム)アドバンスケア歯間ブラシL字型(SSS)の画像

長持ちする

価格:560円から
サイズ:75mm×123mm×23mm
容量:10本
形:L字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

他の歯間ブラシより長持ちすると評判なのが、こちらの歯間ブラシです。持ち手が長いので、奥歯までしっかりと磨くことができるところも、評判となっている人気商品です。

旅先にも気軽に持ち歩くことができるので、口臭ケアをしっかりと行うことができます。これがないと気持ち悪いというほど習慣づけば、歯茎も丈夫になってきていることでしょう。安定して使いやすい商品として、人気でおすすめのブラシとなります。

9位:デンタルプロ/歯間ブラシSS

デンタルプロ/歯間ブラシSSの画像

耐久性も兼ね備えた一品

価格:390円から
サイズ:72mm×15mm×177mm
容量:15本
形:I字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

歯茎の健康維持に欠かせない歯間ブラシの中でも、耐久性があるといわれているのが、ランキング9位となったこちらの商品です。使い心地も気持ちよく、コストパフォーマンスに優れた商品と言えそうです。

歯間ブラシを選ぶ時に気を付けたいのが、サイズ表記だけで見極めないということです。メーカーにより若干サイズが違うようで、こちらの歯間ブラシのSSはピッタリだったのに他社だと合わないということもあります。使ってみて、使用感をしっかりと見定めると良いでしょう。

8位:クリエイト/スマートイン歯間ブラシ

クリエイト/スマートイン歯間ブラシの画像

しなやかで使いやすい

価格:850円から
サイズ:???
容量:48本
形:I字型
素材:柄/ポリプロピレン、ブラシ/エラストマー
タイプ:ツイストタイプ

ランキング8位となったのは、しなやかなので折れにくく使いやすいと評判の、こちらの歯間ブラシが選ばれました。少し固めなブラシですが、それが気持ち良いと評判です。

こちらの歯間ブラシは、その使い心地から、愛用している人も数多くいます。他社の歯間ブラシではしっくり来なかったという人でも、こちらの歯間ブラシだとピッタリだという声もよく聞こえます。いろいろな歯間ブラシと比べて、自分にあった歯間ブラシを選ぶようにしましょう。

7位:ライオン/DENT.EX歯間ブラシSS

ライオン/DENT.EX歯間ブラシSSの画像

歯科医衛生士もおすすめする歯間ブラシ

価格:475円から
サイズ:52mm×9mm×100mm
容量:4本
形:L字型
素材:超合金SAワイヤー
タイプ:ツイストタイプ

歯科衛生士もおすすめする歯間ブラシがこちらの商品です。サイズはSSサイズなので、細さは三番目に細い種類になります。歯間にしっかりと入り込むので人気があり評判となっています。

大きさもおすすめの大きさで、汚れがごっそりと取れると評判です。こちらのサイズで大きすぎる場合は、もう少し小さいの人気商品と使い比べて見ると良いでしょう。

歯間ブラシおすすめランキング6位〜4位

6位:サンスター/GUM(ガム)アドバンスケア歯間ブラシL字型サイズ4(M)

サンスター/GUM(ガム)アドバンスケア歯間ブラシL字型サイズ4(M)の画像

持ち手が長いロングハンドル

価格:569円から
サイズ:75mm×123mm×23mm
容量:10本
形:L字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

持ち手が長いので、余計な力を必要としない使いやすいブラシが、ランキング6位となったこちらの歯間ブラシです。ワイヤーの強度も申し分なく、ブラシもしなやかに対応してくれるので、歯茎を的確にケアしてくれます。

知名度もバツグンのブランドなので、使用する時も安心感があります。初めての歯間ブラシを考えているのであれば、実績のある歯間ブラシから試してみることをおすすめします。

5位:ライオン/システマ歯間用デンタルブラシSSS

ライオン/システマ歯間用デンタルブラシSSSの画像

コンパクトなヘッドが使いやすい

価格:338円から
サイズ:75mm×177mm×17mm
容量:8本
形:L字型
素材:柄/ポリプロピレン、ブラシ/ナイロン、キャップ/ポリプロピレン
タイプ:ツイストタイプ

ランキング5位となったのは、SSSタイプの中でもコンパクトなヘッドが使いやすい、こちらの歯間ブラシとなりました。コンパクトに取り回せるので、お口のケアも負担なく行うことが可能でおすすめです。

こちらの歯間ブラシは、その使いやすさから長く愛用するユーザーが数多く存在します。他の歯間ブラシでは感じることのできない、コンパクトで取り回しの良さが、この歯間ブラシの特徴で人気のポイントです。

4位:デンタルプロ/歯間ブラシ4S

デンタルプロ/歯間ブラシの画像

多彩な色がかわいい

価格:400円から
サイズ:82mm×19mm×178mm
容量:10本
形:L字型
素材:???
タイプ:ツイストタイプ

デンタルプロが手がけている歯間ブラシシリーズでは初となる、L字型の歯間ブラシがこちらのタイプになります。狭い歯間部にも入り込む頼もしい歯間ブラシです。愛用者も多く、デンタルケアグッズでも人気の歯間ブラシでおすすめです。

カラーバリエーションも多く、見た目もかわいらしいのが特徴の一つです。また、こちらの歯間ブラシは、使用頻度に対して耐久性があります。頻度が高くなればなるほど、コストパフォーマンスに優れた歯間ブラシとして活躍することでしょう。

歯間ブラシおすすめランキング3位〜1位

3位:ライオン/DENT.EX歯間ブラシ

ライオン/DENT.EX歯間ブラシの画像

細さが人気

価格:475円から
サイズ:5.2mm×0.9mm×10mm
容量:4本
形:L字型
素材:超合金SAワイヤー

タイプ:ツイストタイプ

他のL字型歯間ブラシに比べても細さが人気なのが、ランキング3位となったこちらの歯間ブラシです。サイズがピッタリと合えば、最高な使い心地が味わえると評判になっています。歯医者さんも勧めているL字型ブラシで、ワイヤーが頑丈なためしっかりと歯間の汚れをかき出し、そして歯茎を鍛えてくれます。奥歯まで届くL字型ならではの爽快感も、こちらの歯間ブラシであれば感じることができるのではないでしょうか。

こちらの歯間ブラシは4Sタイプの歯間ブラシですが、強度は安心感があるといいます。細い歯間ブラシを探しているのであれば、おすすめしたい一品となります。使用頻度が増えても、確かな強度を誇っていますので、すぐにへたることはありません。もちろん、使用頻度が増えれば交換時期は早くなります。しかし、他の歯間ブラシと比べてみると、使用頻度と交換頻度の割合が、少なくなっていくことが分かるはずです。

2位:小林製薬/やわらか歯間ブラシ極細タイプ

小林製薬/やわらか歯間ブラシ極細タイプの画像

耐久性に優れたタイプ

価格:719円から
サイズ:92mm×7mm×175mm
容量:40本
形:I字型
素材:柄/ポリプロピレン、ブラシ/熱可塑性エラストマー
タイプ:ソフトタイプ

折れにくく丈夫でありながらも、ソフトな歯ざわりが安心感を与えてくれる、こちらの歯間ブラシがランキング2位となりました。プラスチック製で作られているので、簡単に折れてしまうと言った心配もありません。歯間ブラシはどうしても力を入れてしまう頻度が多くなってしまいます。そのため、折れにくいこちらのブラシは人気が高く、安定してブラッシングできると評判になっており、おすすめできるブラシとなります。

また、使用頻度を考えた時に、耐久性があるこちらのブラシはコストパフォーマンスにも優れている一品だと言えます。毎日使う人は特に、持ちての材質と歯間ブラシのヘッド部分の材質は重要なポイントです。こちらの歯間ブラシであれば、頻度の高いユーザーであっても、しっかりと納得できるブラッシングを手に入れられます。歯の隙間までしっかりと磨き上げて、歯茎を鍛え、健康なお口を手に入れる手助けになるはずです。

1位:サンスター/GUM(ガム)歯周プロケアソフトピック

GUM(ガム)/歯周プロケアソフトピックの画像

コスパも魅力

価格:309円
サイズ:85mm×14mm×175mm
容量:40本
形:I字型
素材:???
タイプ:ソフトタイプ

ランキング1位となったのは、ソフトタイプが使いやすいこちらの歯間ブラシとなりました。歯ブラシだけでは落ちにくい汚れをしっかりと落とせると評判で、歯科衛生士もおすすめしているという歯間ブラシとなります。ソフトタイプですから、歯間ブラシを使い始める人にもおすすめしたい歯間ブラシで、その使い心地はすっきりすること間違いありません。デンタルケアの決定版とも言えるグッズとなっています。

ランキング1位となったこちらの歯間ブラシであれば、ソフトタイプなので歯茎を傷つけないのでおすすめです。価格的にも1本十円以下とリーズナブルで、まずは歯間ブラシを体験してみたいという人には、選び方としておすすめしたい歯間ブラシとも言えます。サイズもお手軽サイズになっているので、歯間ブラシをパックに入れて爪楊枝代わりに使用している人もいます。歯間ブラシランキングで最もおすすめの一つです。

歯間ブラシの正しい使い方!

正しいサイズと形状を選んでケアしよう

先でも形状について触れていますが、歯間ブラシの形状の種類には、I字型とL字型が存在します。それぞれに得意とする部位があります。もちろん、使いやすさや価格の違いなどもあるのですが、そういった意味合いでの違いではなく、しっかりと種類によって使い方の違いがあるのです。使い方の違いを把握していないと、せっかくの歯間ブラシが能力を発揮できない場合があります。

I字型ブラシは前歯、L字型ブラシは奥歯のケアを得意としています。それぞれについて得意不得意がありますので、できるのであればそれぞれの歯間ブラシを併用するのが一番です。また、歯間ブラシのサイズについても小さなサイズのほうが歯茎などに負担がないとされています。歯間ブラシを使用していてトラブルの気配があった場合は、小さなサイズの歯間ブラシへと変更していくことも大切です。

歯間ブラシの使用頻度は?

歯間ブラシの使用頻度については、理想は一日一回以上が目安となっています。歯磨きが終了した後に、歯磨きでは取り切れなかった歯の間のゴミと、歯茎のケアを目的として歯間ブラシを使用します。歯間ブラシは少し手間に感じる作業であるのは確かです。歯間ブラシを続けることは、歯の健康を維持し続けるのに非常に有用です。毎日の使用が難しそうであれば、数日に1回の頻度でも良いので続けるようにしましょう。

歯間ブラシの交換目安は?

歯間ブラシの交換時期は、この期間という期間指定はありません。それは、使い方や使う頻度によって歯間ブラシの消耗度合いが違うからです。歯間ブラシの交換サインは、ブラシに弾力がなくなったりコーティングが剥がれたりなどの場合があります。また、ブラシが不潔になっていては、お口のトラブルに繋がりますので、本来であれば使う頻度などに関係なく、歯間ブラシはこまめに定期的に交換すると良いでしょう。

歯ブラシも気を使う必要がある

歯間ブラシについて色々と説明をしていますが、それと同様に大切なのが歯ブラシです。歯ブラシも選び方を間違っていると、歯ブラシ効果が薄れてしまいます。歯ブラシの選び方は柔らかさやヘッドの大きさそして、歯への当たり方などがあります。個人差のあるお口の形ですから、自分で何を選んだら迷ってしまったら、歯ブラシについても歯医者などの意見を聞いてみると良いでしょう。

口内環境を整えることはエチケット

そしていちばん大切なことは、自分の歯の健康を保つとともに、周りへの不快な思いを解消させることです。自分の臭いというのは気が付かないことがほとんどです。特にタバコを吸うなど、口内環境があまり良くない状態の人の場合は、気が付かずに周りに不愉快な思いをさせていることもあります。お口のケアはエチケットの基本です。歯間ブラシなどを活用して、口内環境を整えることは大切なことと言えるでしょう。

歯間ブラシおすすめランキング20選!まとめ

歯間ブラシを奥歯に使っている画像

ランキングを選び方の参考に

ランキングでおすすめの歯間ブラシについて紹介しました。歯間ブラシの選び方の参考になったはずです。また、自分にマッチしそうな歯間ブラシの選び方が見えてきた人もいるでしょう。

歯間ブラシは、歯磨きをより効果的にしてくれるおすすめグッズです。歯間ブラシの選び方はランキングだけでは見えてこない部分もあります。選び方の参考としてランキングをチェックし、実際に歯間ブラシを手にして自分で使い心地を確かめましょう。そして、歯間ブラシは継続して使用する事が大切です。使用頻度も大切ですが、使用頻度を気にするよりも、まずは継続して使用できる環境を心がけましょう。

合わせて読みたい記事はこちら

デンタルフロスおすすめランキングTOP17!選び方と正しい使い方は? | ランキングまとめメディア
2018歯ブラシおすすめランキングTOP30!選び方の4つのポイントを紹介 | ランキングまとめメディア
歯磨き粉ランキングTOP15!歯周病・口臭予防におすすめの市販品を比較 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ