動物に好かれる人に共通する特徴13選!動物を引き寄せる人は霊感が無い?

動物が好きで動物にも好かれる人、動物が好きでもないのに動物に好かれる人、動物が好きなのに避けられてしまう人とさまざまタイプがいます。では一体どういう人が動物に好かれる人なのか、特徴をランキング形式ででまとめてみました。人には分からないものも動物は見て感じ取っているかもしれません。動物に好かれるスピリチュアルな理由や動物を引き寄せる方法などもまとめてランキングしています。

目次

  1. 動物に好かれる人の特徴ランキング13選!
  2. 動物に好かれる人の特徴ランキング13位~7位
  3. 動物に好かれる人の特徴ランキング6位~4位
  4. 動物に好かれる人の特徴ランキング3位:優しい
  5. 動物に好かれる人の特徴ランキング2位:動物と同じ目線で接する
  6. 動物に好かれる人の特徴ランキング1位:基本的に動物が好き
  7. なぜか動物に嫌われてしまう人の特徴とは?
  8. どうすれば動物に好かれるようになれる?
  9. 動物に好かれる人の特徴ランキング13選まとめ

動物に好かれる人の特徴ランキング13選!

動物を引き寄せる人は霊感が無い?

水晶玉

霊感とは

一番分かりやすい例では、幽霊が見えるかどうかで霊感のあり・なしを判断することが多いです。ですが、実は霊感は全ての人に備わっています。

人には性格の違いや好み、得意分野などあらゆる面で個人差があるように、霊感の強さも個々によって異なります。霊感が強い人もいれば、弱い人もいるのです。霊感はある種特殊な能力のように捉えられることが多いので、もしかすると「自分には霊感が全くない」と思い込んでいるだけかもしれません。

ヨガ

霊感が強い人の特徴

・観光地や初めて訪れた場所等で妙に落ち着かない気分になる

・音や匂いに対して非常に敏感である

・金縛りによく遭う

・体調の良い悪いに関わらず急に頭痛や吐き気に襲われる

・寒くもないのに鳥肌が立つことがある

・見た夢が現実になることがよくある(もしくは予知夢を見る)

・人と会った後ぐったりするほど疲れることがある

これらの項目に多く該当する人は、かなり霊感が強い方だと言えます。幽霊が見えたり交流できる人は特に霊感が強く、オカルトやスピリチュアルな世界の住人のように感じられがちですが、日常生活を送る上でこのような現象にたびたび見舞われる人も、霊感が強い人となります。また霊感が強い人は、代々家系的にも霊感が強い人が多くいるという傾向があります。

自然

霊感は鍛えられる?

スピリチュアルな言い方をすると、霊感=目に見えない力です。幽霊等の怖いものが見えたりするので忌避されがちですが、霊感が強いと、危険を察知して回避しやすくなるといった良い面もあります。

瞑想や精神統一をする習慣を身に着ける、平常心を保つようにする、自分の心の声に耳を傾ける等、感覚を研ぎ澄ませる訓練をするといった方法が霊感を強めるのによいと言われています。逆にテレビやスマホ、ゲームが手放せない、ジャンクフードばかり食べているといった生活習慣の人は、霊感が弱くなっていきます。

動物を引き寄せるのはどっち?

猫とひよこ

動物は霊が見える?

犬や猫はとても霊感の強い動物です。よくペットの動物が、部屋の何もない空間を凝視していたり、突然落ち着きなくウロウロし始めることがあります。

霊感が強い人は、たとえ自分には見えていなくても知らず知らず霊を引き寄せる力を持っています。霊の中には良くないものも多いです。動物側からすると、そのような人には近づきたくないのは当然で、霊感が強い人に対して警戒心をあらわにします。逆の理由で霊感が弱い人をあまり警戒しないため、動物を引き寄せるのは霊感が弱い人(無い人)と言えるでしょう。

スピリチュアルなど動物に好かれる特徴を理由とともに解説

こどもとハリネズミ

動物に好かれる人とは

動物に警戒される人がいる一方、やたらと動物に好かれる人もいます。中にはより警戒心の強い野良や野生の動物にまで懐かれる人もいます。その差は一体どこにあるのでしょうか。

動物に好かれる人の特徴を、スピリチュアルな理由なども加えながらランキング形式でまとめました。いくつの項目が当てはまるのか、自分自身で振り返りながらランキングを楽しんでください。いつも動物に逃げられて悲しい思いをしている人、動物と仲良くなりたい人も必見です。では、ランキングスタートです。

動物に好かれる人の特徴ランキング13位~7位

13位:ペットを飼ったことがある世話好きな人

ペットの犬

距離感を知っている

動物に好かれる人の特徴ランキング13位は、ペットを飼ったことがある世話好きな人です。

 

動物と一緒に暮らす経験をすることで自然と動物との適切な距離感を掴んでいくので、動物に好かれる人になります。

ペットを飼っていると、その動物のお世話は欠かせません。日々動物とのコミュニケーションをとることで信頼感を得られるのが、動物に好かれる理由です。世話好きだとより愛情たっぷりに密接に関係を築くことができるので、動物を引き寄せることに繋がります。

動物に与える印象や反応

愛情を持って接してくれる人を、動物もきちんと見分けています。ただ一緒に暮らしているだけより、きちんとお世話をして可愛がってくれる人の方が動物に好かれるのは当然です。動物にも感情はあります。何もせずに、ただ動物に好かれたいというのは都合が良すぎです。

12位:高めの声をもっている

女性の後ろ姿

女性が有利

動物に好かれる人の特徴ランキング12位は、高めの声を持っているです。一般的に男性より女性の方が、動物に好かれる傾向があります。

動物にとって聞き取りやすい高音の声だからという理由によります。人よりも聴覚が優れていることが多い動物ですが、聞き取りやすい音域と聞き取りにくい音域があります。低い音よりも高い音の方が聞きやすいため、女性の高い声に安心感を覚え、そちらへ引き寄せられると言われています。よって男性でも比較的高い声の人は、動物に好かれやすい傾向にあると言えるでしょう。

動物に与える印象や反応

動物病院で働く人は、嫌われてしまっては仕事になりませんから、動物に好かれる人でもあります。男性も意識して高めの声で優しく話しかけることで、動物の警戒心を和らげることが可能です。性別や容姿より、声の高低の方が動物にとって大事だと分かるエピソードです。低い声の男性にとっては少々不利な特徴ですが、きちんと対策できる方法もありますので安心です。

11位:我慢強い

我慢する猫

段階を踏んで

動物に好かれる人の特徴ランキング11位は、我慢強い人です。じっと静かに動物から近づいてくるのを待つという方法をとれることが、動物に好かれている人の特徴の一つです。

動物を追いかけると相手の警戒心を強めてしまうだけで、決して良い方法とはいえません。我慢強く、動物が経過心を解いて興味を持って近づいてくるのを待てなければ、動物に好かれる人にはなれないでしょう。特になわばり意識が強い動物に対しては、動物側の距離感を尊重する必要があります。

猫が見ている

動物に与える印象や反応

野良や野生の動物だけでなく、ペットを初めて飼う時も、いきなりぐいぐいと近づいてはいけません。

 

この人には近づいても大丈夫だと動物が安心してくれるまで、我慢して待ち続ける姿勢をとります。動物に信頼されるのがポイントです。

10位:動物が好むオーラを持っている

ハリネズミとサボテン

目には見えないけど

動物に好かれる人の特徴ランキング10位は、動物が好むオーラを持っているです。動物にはオーラを感じ取る力があり、動物が好きなオーラを発している人に引き寄せられると言われています。

スピリチュアルな特徴になりますが、動物によっては人の放つオーラを認識できるアンテナのようなものが備わっていると言われています。「動物が好むオーラ」と「動物が好まないオーラ」があり、好むオーラの持ち主が動物に好かれる人の特徴になります。第一印象で決まるので怖い気もする特徴ですが、オーラを変える方法もあるようなので、本人の努力次第で動物に好かれる人になれます。

動物に与える印象や反応

少なくとも犬は、オーラを見分けている動物のようです。一般的に人に対して好意的であるとされる犬でも、嫌なオーラを発している人には近づきたくないでしょう。発している言葉は理解できなくても、オーラで人となりを判断しているのかもしれません。

9位:匂いに気を付けている

たばこ

危険を察知

動物に好かれる人の特徴ランキング9位は、匂いに気を付けているです。動物の嫌いな匂いをさせていない人は、当然動物に好かれることになります。

たばこ、香水など人間にとっても好き嫌いが激しく分かれる匂いは、嗅覚が優れている動物にとっては更に重要な問題です。生命の危険の度合いを匂いによって察知することもあるからです。最近では香り付き柔軟剤が数多く出ていますが、匂いだけでなく成分も動物にとっては有害なので避けたいところです。

動物に与える印象や反応

人間にとっては何てことない匂いでも、動物にとっては命にかかわる場合もあります。ペット愛好家などの動物に好かれる人は、人工的な匂いや動物にとって危険な匂いがどんなものなのかを知り、きちんと遠ざけています。自然に生きる動物にとっては、余計な匂いは警戒すべき対象となるのです。

8位:動物の考えていることが分かる

アライグマ

スピリチュアルな能力

動物に好かれる人の特徴ランキング8位は、動物の考えていることが分かるです。実際に動物と会話できる能力を持つ人の中には、その力を仕事として活かしている人もいます。

表情や仕草をつぶさに観察して、動物の気持ちを読み取る能力に長けている人がいます。もちろんそのような観察力をもって動物の考えをくみ取ることができれば、動物に好かれる人としての特徴を備えていると言えます。しかし更にその上の、動物と意思疎通ができるというスピリチュアルな力を持った人も存在しています。

動物に与える印象や反応

アニマルコミュニケーターという職業の人は、動物と交流できると言われています。テレビの動物番組などで、すれ違う飼い主とペットの仲を取り持って良好な関係を築く手伝いをする姿を目にすることもあるでしょう。動物の声を聴く様子は、とてもスピリチュアルな出来事のように映ります。意思疎通できれば動物も安心するので、スピリチュアルな力を持った人は動物に好かれる人でもあります。

7位:リーダーシップがある

ライオン

強いものに従う

動物に好かれる人の特徴ランキング7位は、リーダーシップがあるです。弱肉強食の動物の世界では、より強い個体に従う習性があります。

動物を引き寄せる方法はいくつかありますが、その一つがリーダーシップを発揮することです。ペンギンなどのように上下関係がない動物もいますが、群れをなし、その中でリーダーを作っていく方法が生き延びる術だった動物もいます。リーダーシップといっても、周囲に対して高圧的な態度でいるという意味ではありません。人の輪の中心にいるような人は、人間だけでなく動物をも引き寄せるという特徴を持っています。

動物に与える印象や反応

家庭内の人間関係が、動物にまで影響を及ぼします。上下関係に厳しいといわれる犬ならではの特性かもしれません。

人間社会でも見習いたいくらいのリーダーシップを発揮している動物もいます。仲間を引き寄せる力というのは、厳しさも優しさも持ち合わせたリーダーシップがあってこそです。

動物に好かれる人の特徴ランキング6位~4位

6位:魅力的な雰囲気を持っている

向日葵と女性

ポジティブさが特徴

動物に好かれる人の特徴ランキング6位は、魅力的な雰囲気を持っているです。明るくポジティブな人は周囲の人に好かれやすいですが、同様に動物に好かれる人の特徴も持ち合わせています。

ポジティブというのは、つまりは心に余裕があって前向きな人です。スピリチュアルな側面から言うと、生命力に溢れた人とも言えます。生命力に満ち溢れた人が動物は大好きです。生命力に溢れた人の側にいると生き残る確率が増え、安心するのが理由です。なので、自然と動物を引き寄せる力を持つという特徴を備えていることになります。

動物に与える印象や反応

いつも笑顔で明るい人というのは、それだけで異性も同性も引き寄せる力の持ち主です。人にはもてないけれど動物には好かれるというのは、どこかでスピリチュアルな力が働いているのかもしれませんが、本人の思い込みということも往々にしてあります。動物に好かれる人は、きっと周囲の人にも好かれています。

5位:物腰が柔らかい

ひよこ

心も穏やか

動物に好かれる人の特徴ランキング5位は、物腰が柔らかいです。言葉が通じない動物にとって、人の言動が判断基準の一つなので、物腰が穏やかだと安心して動物に好かれる人になります。

テンションが高い人は周囲を盛り上げることもありますが、動物の目にはどう映るでしょうか。人間の言葉が分からないので、テンションが高い人の言葉は奇声として受け止められる恐れがあります。奇声をあげる人の側は怖くて近寄れないという理由で、動物に避けられます。動物に好かれる人は、常に物腰が柔らかく心も穏やかです。

動物に与える印象や反応

物腰が柔らかいということは、人にも動物にも警戒心を抱かせにくくします。元気に走り回る子どもより、大人の女性の方が動物に好かれる傾向があることからも、話す時の口調や身のこなしを穏やかにすることで、誰もが動物に好かれる人に近づいていきます。

4位:落ち着いている

人と犬

周囲にも伝染

動物に好かれる人の特徴ランキング4位は、落ち着いているです。落ち着いた雰囲気は周囲にも伝わり、動物も安心感を覚えます。動物に好かれる人の多くは、落ち着きのある人物です。

バタバタとした賑やかな動作は、威嚇されていると受け止められ、動物に逃げられてしまいます。気持ちを落ち着け、静かな行動をすることで動物に好かれる人になります。またスピリチュアルな理由を付け加えるならば、落ち着きのある人からは動物にとって好ましいオーラが出ているため、自然と動物を引き寄せるのかもしれません。

動物に与える印象や反応

犬を飼っている人あるあるの一つです。自分自身が落ち着いた言動を心がけることで、ペットにも安心感を与えます。そわそわと落ち着きのない人、よく慌てて物音を立てる人は、それだけで動物に警戒されてしまいます。そんな時は、深呼吸をして一旦気持ちを落ち着かせるのも、一つの方法です。

動物に好かれる人の特徴ランキング3位:優しい

手のひらサイズのトリ

気を許される

動物に好かれる人の特徴ランキング3位は、優しいです。優しい人は大抵の人に好ましく映ります。動物に好かれる人は、性別や年齢を問わず、優しい人が多いという特徴を持っています。

イライラしている時に、動物は近づいてきてくれません。スピリチュアルな言い方をすると、「近づくのは危険」というオーラを発しているのでしょう。動物にとって、危害を加えられないことは重要です。動物に好かれる人は優しい雰囲気を出しているので、動物も安心して警戒心を解いてくれます。

優しい人がよくしている行動

カップルの会話

共感性が高い

「どんな曲が好き?」「今度どこ行こう?」「顔色良くないけど大丈夫?」など、優しい人は共感性が高い会話をよくします。相手の気持ちを汲み取ろうとし、コミュニケーション力が高いです。

やぎ

自己受容感が高い

ありのままの自分を認めて受け入れられる人は、他人もまたありのまま受け入れることができます。優しい人は動物もありのまま受け入れようとします。

動物に与える印象や反応

動物にとっても、優しい人のそばは心地良いことです。動物の本能として、愛情過多に飛びついてしまうのも仕方ないのかもしれません。動物に好かれる人は、知らず知らずのうちに動物を引き寄せる空気を持っているのでしょう。

優しい人のメリット

握手

人間関係も円滑になる

優しい人は周囲からの評価も高いので、公私を問わず人間関係が穏やかになります。人とうまくいっているから、動物に対してもより優しく接することができます。

動物に好かれる人の特徴ランキング2位:動物と同じ目線で接する

海辺の猫

目の位置を低く

動物に好かれる人の特徴ランキング2位は、動物と同じ目線で接するです。動物に好かれる人は、動物と接する時、無意識に動物と同じ目線になるよう腰を落とします。

上から見下ろされれば、人でも動物でも恐怖心を抱き警戒します。そのまま逃げてしまう場合もあります。動物に好かれる人は、気持ちの上でも動物に寄り添おうとしますし、実際に腰をかがめたりしゃがみ込んだりといった態勢を取ることが多いです。意識せずとも、動物に警戒されない方法を選んでいるのです。

動物と同じ目線で接する人がよくしている行動

獣医師

優しく話しかける

病院やペットショップなど、動物相手の仕事をしている人の多くが、動物目線で優しく話しかけています。動物に嫌われない方法を知っているからです。

寝転ぶ猫

同化する

ペットを可愛がるあまり、寝転んでいる動物と同じように寝転んで話しかける人もいます。これもまた、動物と同じ目線になってコミュニケーションを取ろうとしているとも言えます。

動物に与える印象や反応

動物の写真をよく撮る人は、動物の心理を理解し、無駄に警戒させるような行動をあまりとりません。警戒されないということは動物に好かれる確率もあがるので、動物の目線に立った言動を心がけたいものです。

動物と同じ目線で接するメリット

クッキーの輪

同士ができやすい

目線を下げて動物と接する姿は、遠くから見ている人にも動物好きだと分かります。言葉はなくとも、仲間意識が生まれてきます。

動物に好かれる人の特徴ランキング1位:基本的に動物が好き

猫を飼う

毎日でも接していたい

動物に好かれる人の特徴ランキング1位は、基本的に動物が好きです。基本中の基本といって過言ではないですが、動物に好かれる人は、動物好きな人が多いです。

 

動物が好きということは、表情や態度、行動となって表れます。

 

動物が大好きという気持ちが前面に溢れているので、スピリチュアルな言い方をすると、動物もそのオーラを感じて安心して好きを返すことができるのです。

動物好きな人がよくしている行動

猫をなでる

コミュニケーションをとる

人と話している時でもつい動物へと目線が行きがちです。近所の野良と仲良くなろうと努力したり、動物と触れ合えるカフェへ足を運んだりします。

福山市立動物園

動物好きが高じた結果

獣医やペットショップ店員、動物園の飼育員、動物専門のカメラマンなど、動物と関わる職業に就く人もいます。動物が好きで、動物にも好かれるという良好な関係が築けると幸せです。

動物に与える印象や反応

可愛らしいキタリスの写真を撮ることで有名なフォトグラファーのインスタです。4年間、野生のリスを追い続けた結果、とうとうリスの方から寄ってくるようになり、リスに撮影してもらうことに成功しました。動物に好かれる人の多くが抱くだろう夢を実現しています。

動物好きな人のところには、動物の方から寄ってくることが多いので、意思疎通が難しそうな動物にも懐かれることがあるようです。動物好き冥利に尽きる光景です。

動物好きのメリット

手をつなぐ

恋愛でも好印象

動物が好きな人は、立ち居振る舞いが優しく穏やかな傾向が強く、動物を含め他者とのコミュニケーションの取り方も上手なので、恋愛面でもうまくいく人が多いでしょう。

なぜか動物に嫌われてしまう人の特徴とは?

観察する猫

逆に嫌われる人は?

動物に好かれる人の特徴を、ランキング形式で順番に見ていきました。では逆に、動物に警戒される人・嫌われがちな人というのはどういう人なのでしょうか。

動物に嫌われてしまう理由をチェックしよう

警戒する猫

良かれと思っていても

動物に好かれる人になりたいと思っていても、動物に避けられてしまう人もいます。自分では気づかないうちに、動物にとってのNG行為をしている場合があります。

人の基準がすべての生き物に適用されるわけではありません。動物には、その動物にとっての基準や距離感があります。どんな言動が動物に苦手とされているのかを、具体例を挙げながら見ていきます。動物に嫌われる理由を知り、改善することで、動物に好かれる人を目指しましょう。

いきなり大声を出している

驚く猫

繊細な生き物

可愛い動物を見かけた時、「キャー、可愛い!」と思わず大声を上げて近寄る人がいます。反応は動物にもよりますが、大抵は大声をあげられる行為を苦手としています。

人より聴覚が優れている動物は数多く存在します。いきなり大声を出されたら、人間でもびっくりします。ましてや耳の良い動物にとって、近くで大声を出されることは一体どれほどの恐怖となるでしょうか。大声は動物に嫌われる理由になります。小さな動物に対しては、より音量に気を付けなけばなりません。

急に近づいている

びくびくする猫

敵だと認定

いきなり近づいて体を撫でようとしたり抱き上げようとする人は、人に慣れていない動物にとってはNGです。動物に好かれるどころか、敵として認定されます。

人間でも、自分より大きな人や動物などが近づいてきたら、それが見知らぬ顔だったり正体の分からない場合、反射的に警戒したり恐怖を感じたりします。動物にも当然のように同じ本能が備わっています。どんなに好意的であろうとも、不用意に近づくことは、相手である動物にとっては警戒すべき敵でしかないというのが、嫌われる理由です。

目を合わせている

目が合う猫

人とは逆

人間同士の場合、視線を合わせるのは信頼関係の構築にも繋がるため、一般的に良いとされています。ですが動物に対してだと「威嚇のサイン」という意味になります。

可愛いからとつい動物を凝視したくなる気持ちは分かります。ですが動物にとっては、目が合ったり見つめ合ったりすることは「睨まれている」として受け止められ、緊張させ警戒される理由になります。人と動物とでは、仲良くなる方法が異なるのです。

香水をつけている

香水

柑橘系は特に苦手

動物は強い匂いを放つ人が苦手です。自分自身や周囲の人間にとっては癒される香りであっても、動物にとっては警戒心を強くする理由になります。

特に柑橘系の香水を好む人は注意が必要です。みかんやグレープフルーツに代表される柑橘系の香りは、動物にとっては食べ物、特に肉が腐った時に出る匂いと同類のものとして受け取られるのがその理由です。野生の本能として、腐ったものには近づきません。お洒落好きな人はうっかり使ってしまわないよう気を付けたいものです。

どうすれば動物に好かれるようになれる?

動物に好かれるためにおすすめの方法

ウサギを撫でる猫

ランキングの特徴を真似する

その動物にとってのNG行為、不愉快に感じる振る舞いがなければ、近づいても安心できる人物として認められ、動物の方から距離を縮めてきてくれます。

動物に合わせて視線を低くする

立っている人と動物とを比べると、体格差によりどうしても動物を見下ろす格好になる時があります。

同じ目線

圧力をかけない

目の前に大きな生き物が立ちはだかっていると「襲い掛かられるかも」と動物の方は恐怖を感じています。

物理的な体格差は仕方ありませんので、こちら側に敵意がないことを示す必要があります。しゃがみ込んだりして動物と同じ位置にまで目線を落とすことで、あなたを攻撃するつもりはないと態度で動物側に伝えましょう。動物の方も恐怖心を和らげてくれます。ただし唐突な動きをすると驚かれてしまいますので、ゆっくりとした動作を心がけます。

目を合わせない

目をそらす犬

敵ではないですよアピールを

動物と目を合わせる行為は、相手に敵として認定され、好かれません。気になる動物がいても、なるべく目を合わせないよう注意を払いましょう。

近所にいる仲良くなりたい猫とついうっかり目を合わせてしまった。そんな時は慌てず、ゆっくりとまばたきをしてみてください。猫にとって目を合わせる相手は敵ですが、まばたきは「あなたのことが大好きです」という愛情のサインになるからです。くれぐれも目をそらす猫をしつこく追い回さないようにしましょう。

近づいてくるのを待つ

群がる鳩

とにかく待つ

動物側が人との距離感を計っている時に不用意に近づいては、仲良くなりたい気持ちも空回りです。ここは辛抱強く動物の方から近づいてくるのを待ちます。

動物に好かれる人は、この「待つ」という姿勢が出来ている人が多いです。動物にはそれぞれテリトリーがあります。テリトリーに勝手に侵入してくる人はどう思われるのか、少し考えれば分かることです。動物側に興味を持ってもらって、向こうから近づいてくるのを待つ。これが大事です。

匂いの強いものをつけない

香水

我慢する

警察犬のように、嗅覚の鋭さを生かして仕事をしている動物もいます。強い匂いを苦手とする動物は数多くいますので、動物に避けられる方法をわざわざとるのは、控えたいところです。

香水だけでなく、煙草やアルコールの匂いを嫌っている動物は多いです。ヘビースモーカーの人などは、自分では大丈夫と思っていても、人には嗅ぎ取れない匂いも分かってしまう動物にとっては不愉快な匂いを発している人になっているので、気を付けましょう。つけないに越したことはありませんが、どうしても香水をつけたいという人は、比較的動物に好かれるムスク系にします。

動物に好かれる人の特徴ランキング13選まとめ

仲の良い犬

人間的な魅力が高い

人間のとる行動に対する反応は、動物によってさまざまです。ただランキングで分かることは、動物に好かれる人は、人としての魅力が高いということです。

ランキングに挙がった動物に好かれる人の特徴は、そのまま人に好かれる人の特徴にも当てはまります。周囲から好ましく思われている人は、自然と動物をも引き寄せるような魅力的な何かを発しているのかもしれません。スピリチュアルな表現をすると、人の目に見えない力を動物たちは見て、感じ取っているのです。

双子の猫

動物好きに悪い人はいない

よく聞かれる言葉ですが真理です。動物との関係がうまくいっている人は、周囲との関係も良好である傾向が強いです。つまりはコミュニケーション巧者な人です。

コミュニケーションの取り方は、相手によって柔軟に変えていく必要があります。コミュニケーション能力が高い人のそばには、人も大勢集まります。動物相手でも同じです。動物好きな人で動物に好かれる人は、ごく自然に動物を引き寄せる方法を体得しています。ランキングを参考に、動物たちと円滑なコミュニケーションをとる方法を知り、ぜひ動物に好かれる人になってください。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ