最新版・洋楽ヒップホップアーティストおすすめランキングTOP19!名曲も紹介

最新の洋楽ヒップホップアーティストをランキング形式で紹介します。CMで起用された曲や不動の名曲もランキングの中で紹介しますので、洋楽ヒップホップをあまり知らないという方にもおすすめの内容となっています。これをきっかけに少しでも洋楽ヒップホップに興味を持っていただき、ジャンルの幅が広がると音楽好きの人とも会話が弾むかもしれません。また、ランキング入りするアーティストは、ヒップホップ界にとどまらず世界的に認められるような有名な方もいるので、知識として覚えておくのも良いでしょう。

目次

  1. 洋楽ヒップホップアーティストおすすめランキング!【最新版】
  2. 洋楽ヒップホップアーティストランキング19位~11位
  3. 洋楽ヒップホップアーティストランキング10位~7位
  4. 洋楽ヒップホップアーティストランキング6位~4位
  5. 洋楽ヒップホップアーティストランキング3位~1位
  6. ヒップホップ用語を知ってもっとヒップホップを楽しもう!
  7. 洋楽ヒップホップアーティストおすすめランキング!のまとめ

洋楽ヒップホップアーティストおすすめランキング!【最新版】

有名曲・名曲を生み出すヒップホップアーティストを紹介!

ワイヤレスヘッドホンで音楽を聴く女性

偉大なアーティストを曲とともに知る

次世代の最新のアーティストから名曲を残す有名なアーティストまで幅広くランキングで紹介していきます。その中で曲も併せて紹介していきます。

有名な最新曲から誰もが知る名曲まで紹介しますので、洋楽ヒップホップを知らない方でも楽しめる内容になっています。洋楽全般が好きという方も詳しいジャンルの幅が広がれば、今よりもっと洋楽が楽しめるようになります。

洋楽ヒップホップアーティストランキング19位~11位

レコード

最新ランキングスタート!!

最新ランキングは降順で紹介していきますが、下位ランキングから有名なアーティストで名曲や最新のムーブメントを生み出している方ばかりです。

 

それでは最新ランキングスタートです!!

19位:MC Hammer(エムシー・ハマー)

MC Hammerのプロフィール

・愛称:???
・本名:Stanley Kirk Burrell(スタンリー・カーク・バレル)
・生年月日:1962年3月30日
・現在年齢:57歳
・出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州・オークランド
・血液型:???
・身長:182cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、牧師、俳優、実業家、ダンサー
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):FullBlast Digital Music Group
・家族構成:父、妻、息子、娘

1990年前後に一世を風靡

1980年代後半から1990前半にかけてヒップホップ界でムーブメントを起こしたアーティストです。彼と言えば、ラップもさることながら、軽快なダンスも魅力的です。2ndアルバム「Please Hammer, Don't Hurt 'Em(プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム)」は世界で累計1000万枚以上のセールスを記録しました。

おすすめの曲

1000万枚以上のセールスを記録した「Please Hammer, Don't Hurt 'Em(プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム)の中の有名な一曲です。日本でも広く知れ渡った名曲で、洋楽ヒップホップを知らない今の人たちでもどこかで聴いたことがあるのではないでしょうか?ヘアスタイルや服装などを真似た「ハマ男」と呼ばれる人達が現れ、日本でもムーブメントが起こりました。

18位:Rich the Kid(リッチ・ザ・キッド)

Rich the Kidのプロフィール

・愛称:???
・本名:Dimitri Roger(ディミトリ・ロジャース)
・生年月日:1992年7月13日
・現在年齢:26歳
・出身地:アメリカ合衆国・ニューヨーク州・ニューヨーク クイーンズ
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:ラッパー、ソングライター
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):インタースコープ・レコード
・家族構成:???

ネクストブレイク!若きラッパー

わずか26歳にして、音楽においてだけではなく、自らのレーベルも立ち上げています。レーベルでの仕事では現在の音楽業界への影響力を常に考えているそうで、ビジネスに対しても真面目な一面を持つヒップホップラッパーとして有名です。ネクストブレイク必至の若手アーティストなのでぜひ名前を覚えておきましょう。

おすすめの曲

彼のデビューアルバム「The World Is Yours(ザ・ワールド・イズ・ユアーズ)」の中に収録されている一曲です。全米シングルチャート100においてはランキング18位を記録し、彼のリリースしている曲の中でも一番のヒット曲となっています。今後もさらなるブレイクが期待されるヒップホップアーティストなので、ぜひ一度聴いてきてみましょう!

17位:Juice WRLD(ジュース・ワールド)

Juice WRLDのプロフィール

・愛称:???
・本名:Jarad Higgins(ジャラド・ヒギンス)
・生年月日:1998年12月2日
・現在年齢:20歳
・出身地:アメリカ合衆国・イリノイ州・シカゴ
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:ラッパー、歌手、ソングライター
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Grade A Productions
・家族構成:???

世界が注目する20歳のラッパー

シーンやジャンルに捉われないというモットーが彼のヒップホップスタイルです。レコーディング音源のみならず、フリースタイルのラップスキルも世界で評価されているレベルの高い有名アーティストです。まだ20歳という若さなので、縛られない彼のスタイルとスキルの高いラップで、今後どのような変化をみせてくれるのか楽しみです。

おすすめの曲

2017年6月に発表したEP「999」に収録されていたこの曲で、彼の名がヒップホップラッパーとして世に知れ渡りました。ジャン・レノ主演映画「レオン」の主題歌としても知られるSting(ストリング)の名曲「Shape of My Heart(シェイプ・オブ・ハート)」を使用していることでも話題となりました。Sting本人も「美しい解釈の仕方」と評価しているようです。

16位:Quavo(クエイヴォ)

Quavoのプロフィール

・愛称:HUNCHO(ハンチョ)
・本名:Quavious Keyate Marshall(クエイヴィアス・キエート・マーシャル)
・生年月日:1991年4月2日
・現在年齢:27歳
・出身地:アメリカ合衆国・ジョージア州・グイネット
・血液型:???
・身長:179cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、歌手、ソングライター、音楽プロデューサー
・所属グループ:Migos(ミーゴス)
・事務所(レーベル):Quality Control
・家族構成:母

人気ヒップホップグループMigosの一員

人気ヒップホップグループMigos(ミーゴス)の一員でラッパーとして有名であるほか、シンガーソングライター、レコードプロデューサーとしても活躍しています。彼の作品は、アメリカ南部発祥のサザン・ラップの独特なリズムが特徴です。Migosとしての活動以外にも、他アーティストとのコラボレーティブアルバムや自身のソロアルバムにも挑戦しており、個人の活動にも注目したいアーティストの一人です。

おすすめの曲

DJ Khaled(ディージェー・キャレド)にQuavoがフィーチャリングされた曲で、ビルボードホット100でもランキング1位となった有名な曲です。他にもJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)などの世界的に有名なアーティストも参加している豪華な作品です。ヒップホップラップやMigosの曲に馴染みのない方は、この曲から入ってみてはいかがでしょう?

15位:Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)

Childish Gambinoのプロフィール

・愛称:???
・本名:Donald Glover(ドナルド・グローヴァー)
・生年月日:1983年9月25日
・現在年齢:35歳
・出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州・エドワーズ空軍基地
・血液型:???
・身長:175cm
・体重:???
・活動内容:俳優、コメディアン、ラッパー
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):グラスノート・レコード
・家族構成:父、母、弟(ステファン・グローバー)

マルチな活動で知られるラッパー

2010年代に登場したヒップホップラッパーで、インパクトの強いパンチラインが特徴です。マルチな活動でも知られており、ヒップホップラッパ―以外にも、俳優、映画・ドラマプロデューサー、脚本家、コメディアンとしても活躍しています。また、2017年にはアメリカの雑誌「タイムス」で発表している「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれ、社会的にも影響力を持つアーティストです。

おすすめの曲

2011年にリリースされた「Camp(キャンプ)」に収録されている一曲です。綺麗なピアノリフが印象的ですが、中盤からざらついたEDM調のトラックを入れ、曲全体の緩急の変化がかっこいい仕上がりになっています。彼のスムースラップも心地よく入っていおり、魅力が伝わる作品です。

14位:J Cole(ジェイ・コール)

J Coleのプロフィール

・愛称:the 2-6
・本名:Jermaine Lamarr Cole(ジャーメイン・ラマー・コール)
・生年月日:1985年1月28日
・現在年齢:34歳
・出身地:アメリカ合衆国・ノースキャロライナ州・ファイエットビル
・血液型:???
・身長:188cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、音楽プロデューサー
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Roc Nation
・家族構成:母、兄、弟

ヒップホップシーン屈指のリリシスト

洋楽ヒップホップ好きの方にとっては認知度が高いアーティストですが、日本ではあまり知られていないかもしれません。しかし、実績は相当なもので、デビューして5枚のアルバムをリリースしていますが、その全てが全米ヒットチャートでランキング1位となっています。彼の魅力は、何と言っても描写力のあるリリックとどこか温かみのあるビートです。

おすすめの曲

思春期の初体験をリアルに描いた一曲です。洋楽のヒップホップラップというと少し闇っぽい内容の曲が多いイメージかもしれません。しかし、J Coleが作ったこの曲は、非常に真っ直ぐで純粋な想いをリリックに乗せ、彼の人柄が素敵に出ている作品だと分かるでしょう。あまりヒップホップラップに馴染みのない方がこの曲を聴いたら、彼の曲がもっと知りたくなるかもしれません。

13位:Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)

Nicki Minajのプロフィール

・愛称:Barbz(バーブズ)
・本名:Onika Tanya Maraj(オニーカ・タニア・マラージ)
・生年月日:1982年12月8日
・現在年齢:36歳
・出身地:トリニダード・トバゴ・ポートオブスペインセントジェーム
・血液型:???
・身長:157cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、シンガーソングライター
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Young Money
・家族構成:父、母、兄、弟

超人気!女性ヒップホップ・クイーン

ここで女性ラッパーのランキング入りです。彼女は奇抜な衣装や髪型が印象的で、「第二のLady Gaga(レディ・ガガ)」と称されています。曲はパーティで流れそうなアップチューンで、まさにギャルのカリスマといった雰囲気を感じます。ヒップホップでありながらも柔軟な音楽性を持ち合わせている個性派アーティストです。また、コラボ楽曲も多く、様々な引き出しを持っています。

おすすめの曲

ビルボード200で初登場ランキング2位を記録したデビューアルバム「Pink Friday(ピンク・フライデー)」に収録されていて、ファンからは名曲と言われる一曲です。エレクトロ・ポップの曲調に彼女の独特なラップを乗せた曲です。ラップというと単調な曲調のイメージが強いかもしれませんが、変化のある曲の構成が洋楽ヒップホップを普段聴かない人にとっても受け入れやすいでしょう。

12位:Silento(サイレント)

Silentoのプロフィール

・愛称:???
・本名:Ricky Lamar Hawk(リッキー・ラマー・ホーク)
・生年月日:1998年1月22日
・現在年齢:21歳
・出身地:アメリカ合衆国・ジョージア州・コンヤーズ
・血液型:???
・身長:168cm
・体重:58kg
・活動内容:ラッパー
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Capitol Records
・家族構成:???

17歳での衝撃デビュー!!

ブラックなビートの中でダンスを踊るような音楽でサウス系ヒップホップが特徴のアーティストです。デビューはなんと若干17歳で、2016年のビルボード・ミュージック・アワードでは、最優秀新人賞にノミネートされ、突如として現れた超新星です。衝撃的なデビューを果たし、現在21歳、今後の作品が楽しみなアーティストです。

おすすめの曲

彼のデビュー作でYouTube動画は、1週間でなんと250万再生となり、現在の累計再生回数は16億再生を記録しています。アメリカのテレビ番組「GOOD MORNING AMERICA(グッド・モーニング・アメリカ)」でもパフォーマンスされ、このダンスが流行しました。曲の構成は過去のサウス系ヒップホップのヒットソングを寄せ集めており、もともとのヒップホップファンも存分に楽しめる一曲となっています。

11位:Jay-Z(ジェイ・ズィー)

Jay-Zのプロフィール

・愛称:Jigga(ジガ)、Jay-Hova(ジェイ・ホヴァ)
・本名:Shawn Corey Carter(ショーン・コーリー・カーター)
・生年月日:1969年12月4日
・現在年齢:49歳
・出身地:アメリカ合衆国・ニューヨーク州・ブルックリン
・血液型:???
・身長:188cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー、起業家
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):ロック・ネイション
・家族構成:母(グロリア・カーター)、妻(ビヨンセ)、兄、姉、妹、息子、娘

史上最も評価の高いラッパー

史上最も高く評価されているアーティストとして知られ、ビルボード200ではソロアーティストによる最多首位記録を保持しています。また、ビルボードは2000年代最大のアーティストとしてランキング付けしています。第60回グラミー賞では「グラミー賞アイコン・アワード」をラッパーとして初の受賞を果たすなど、素晴らしい功績を残しています。

おすすめの曲

アメリカのヒップホップラッパーであるKanye West(カニエ・ウェスト)とのコラボレーション作品です。ビデオゲームのようなサウンドが特徴的です。サウンドを作ったのは、音楽プロデューサー兼ヒップホップアーティストであるHit-Boy(ヒットボーイ)で、他のアーティストにオファーしたところ、この独特なサウンドが受け入れられず、Jay-ZとKanye Westに白羽の矢が立ったという経緯がある曲です。

洋楽ヒップホップアーティストランキング10位~7位

ターンテーブル

さらにランキング見てみよう

洋楽ヒップホップアーティストに興味が沸いてきましたか?ここからは有名な女性ラッパーも登場します。それでは引き続き最新ランキング見ていきましょう!

10位:Lil Wayne(リル・ウェイン)

Lil Waynのプロフィール

・愛称:Weezy(ウィージー)
・本名:Dwayne Michael Carter, Jr(ドウェイン・マイケル・カーター・ジュニア)
・生年月日:1982年9月27日
・現在年齢:36歳
・出身地:アメリカ合衆国・ルイジアナ州・ニューオーリンズ
・血液型:???
・身長:165cm
・体重:58.3kg
・活動内容:ラッパー
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Young Money
・家族構成:父、母、兄、娘

創造性豊かなヒップホップラッパー

ヒップホップラップ好きにとっては、何度聞いても味がある曲と思えるアーティストがLil Waynです。ラップの中でもギャングスタ・ラップ好きな方におすすめです。遊び心豊かな曲作りでファンを魅了してきました。客観的な視点で、ユーモラスに描くスタイルがファンの心を掴んできたのではないでしょうか。

おすすめの曲

ラッパーStatic Major(スタティック・メジャー)とのコラボ作品で、テクノサウンドがかっこよく際立った曲です。この曲でグラミー賞では、最優秀ラップソング賞にも輝きました。Static Majorがリリースの2週間前に亡くなってしまい、この曲が遺作となってしまったこともあり、900万以上のダウンロードセールスを記録し、この年の最も売れたデジタル・シングルとなりました。

9位:Ludacris(リュダクリス)

Ludacrisのプロフィール

・愛称:Luda(リュダ)
・本名:Christopher Brian Bridges(クリストファー・ブライアン・ブリッジス)
・生年月日:1977年9月11日
・現在年齢:41歳
・出身地:アメリカ合衆国・ジョージア州・アトランタ
・血液型:???
・身長:173cm
・体重:76kg
・活動内容:ラッパー、俳優、ソングライター
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Disturbing tha Peace、Def Jam
・家族構成:父、母、妻、娘

テクニックと勢いが魅力的

映画好きな方なら知っているかもしれません。映画「ワイルドスピード」でデス役として出演しています。俳優業では知っている方が多いかもしれませんが、ヒップホップラッパーとしても活躍しているアーティストです。数々のアーティストとも客演を果たしており、技巧派として名高いラッパーです。

おすすめの曲

映画「ワイルドスピード EURO MISSION」の中でも使用された曲です。洋楽やヒップホップに馴染みはないけど、映画は知ってる!という方は、ぜひこの曲からLudacrisを知ってもらえると、興味が沸いてくるかもしれません。アップテンポなダンスミュージックで、元気が出るような前向きな曲です。

8位:Drake(ドレイク)

Drakeのプロフィール

・愛称:Drizzy(ドリジー
・本名:Aubrey Drake Graham(オーブリー・ドレイク・グラハム)
・生年月日:1986年10月24日
・現在年齢:32歳
・出身地:カナダ・オンタリオ州・トロント
・血液型:???
・身長:182cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、俳優
・所属グループ:なし
・事務所(レーベル):Young Money、Cash Money、Republic
・家族構成:父(デニース・グラハム)、母、息子

キャッチ―でポップな世界観

デビューアルバムをリリースして7作連続で全米ヒットチャートでランキング1位を獲得するほどの圧倒的な人気を誇るヒップホップラッパーです。そのキャッチーでポップな音楽センスで幅広いファンを持ちます。また、PVから伝わるメッセージ性も魅力的なので、ぜひチェックしてみましょう。

おすすめの曲

Drakeの元カノとの話をリリックに乗せた曲です。恥ずかしげもなく、こういうのを曲にできるところも、少し可愛らしいアーティストで愛されているのだと分かります。少し寂しさ漂う曲調ですが、夜にかけると少し黄昏れてしまうようなメロディーです。ゆったりしていて、ラップ感も薄いので、ヒップホップ初心者の方でも聴きやすいでしょう。

7位:Macklemore(マックルモアー)

Macklemoreのプロフィール

・愛称:Professor Macklemore(プロフェッサー・マックルモア
・本名:Ben Haggerty(ベン・ハガティ)
・生年月日:1983年6月19日
・現在年齢:35歳
・出身地:アメリカ合衆国・ワシントン州・シアトル
・血液型:???
・身長:179cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー
・所属グループ:Macklemore & Ryan Lewis(マックルモア&ライアン・ルイス)
・事務所(レーベル):Macklemore LLC
・家族構成:父、母、妻(トリシア・デイビス)、娘、息子

独自の世界観と変幻自在の表現者

2000年から長きに渡り、アンダーグラウンドで活動し、2012年に音楽プロデューサーのRyan Lewis(ライアン・ルイス)とタッグを組み、デビューアルバム「The Heist(ザ・ヘイスト)」の中の「Thrift Shop(スリフト・ショップ)」で全米チャートでランキング1位を獲得しました。ソロ名義でも独自の世界観を見せてくれる魅力的なアーティストです。

おすすめの曲

子供たちが楽しそうにリズムに乗りながら車に乗って出かけている映像がとてもワクワクするような印象を受ける作品です。ゆったりなビートにラップがメロディックに乗っている感じで、非常に聴きやすいです。この曲をかけて、心地よいリズムに体を揺らしながらドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。

洋楽ヒップホップアーティストランキング6位~4位

ヘッドホンをつけた男性

ここからランキング上位!!

ここから最新ランキング上位の紹介です。上位も洋楽ヒップホップ界にとどまらず、名曲を数々残し世界的歴史に名を刻んでいる有名アーティストが登場します。

 

では最新ランキング6位から4位です!!

6位:Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)

Chance The Rapperのプロフィール

・愛称:Chano(チャノ)
・本名:Chancelor Bennett(チャンセラー・ベネット)
・生年月日:1993年4月16日
・現在年齢:26歳
・出身地:アメリカ合衆国・イリノイ州・シカゴ
・血液型:???
・身長:178cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー
・所属グループ:Savemoney(セイブマネー)
・事務所(レーベル):なし
・家族構成:父、母、弟

フレッシュさと個性が光るラッパー

彼の魅力は、正統派なイメージとは裏腹に、サイケデリックなトラックや、個性に溢れたパフォーマンスです。引き出しの多い音楽センスを感じさせる美しい和音にも定評があります。よく引き合いに出されるのがゴスペル感です。また、彼は、レーベルと契約しない・音源を有料販売しない活動の仕方をとっている中でもグラミー賞を受賞しています。今後も光り輝く個性に目が離せないアーティストです。

おすすめの曲

彼名義として3作目となるアルバム「Coloring Book(カラーリング・ブック)」に収録されている一曲です。アルバムはApple Music限定公開で、全米ヒットチャートでランキング8位を記録しました。この曲の特徴は、アップリフティングな曲調で、これまでにないタフなサウンドを打ち出している彼の名曲と言われています。

5位:Cardi B(カーディ・ビー)

Cardi Bのプロフィール

・愛称:Bacardi(バカルディ)
・本名:Belcalis Almanzar(ベルカリス・アルマンザー)
・生年月日:1992年10月11日
・現在年齢:26歳
・出身地:アメリカ合衆国・ニューヨーク州・ブロンクス区
・血液型:???
・身長:160cm
・体重:53kg
・活動内容:ラッパー、ソングライター、テレビパーソナリティ、女優
・所属グループ:Savemoney(セイブマネー)
・事務所(レーベル):Atlantic
・家族構成:夫(オフセット)、姉(ヘネシー・キャロライナ)、娘

奔放キャラクターで世界を魅了

女性ラッパー2人目のランキング入りです。彼女の特徴は曲に乗る痛快なリリックと、見た目からも感じられる奔放なキャラクターで世界を魅了しています。小柄な体から発せられる反逆的なリリックに加え、音楽業界に媚びていない自然体な姿はこれまでにない唯一無二の存在であり、洋楽ヒップホップ好きにとっては新鮮に映るアーティストでしょう。

おすすめの曲

彼女のメジャーデビュー曲で歴史的快挙を遂げた曲です。通常、ヒップホップ界では女性ラッパーは男性アーティストとコラボするのが必須となっている中、単独制作で全米ヒットチャートでランニング1位を獲得しました。彼女らしい独特なアクセントに加え、挑発的なリリックが、ヒップホップファンの心を掴んだ一曲となりました。

4位:Big Boi(ビッグ・ボーイ)

Big Boiのプロフィール

・愛称:Antwan Patton(アントワン・パットン)
・本名:Antwan Andre Patton(アントワン・アンドレ・パットン)
・生年月日:1975年2月1日
・現在年齢:44歳
・出身地:アメリカ合衆国・ジョージア州・アトランタ
・血液型:???
・身長:168cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー
・所属グループ:OutKast(アウトキャスト)
・事務所(レーベル):Epic
・家族構成:父、母、妻、弟、息子、娘

OutKastの天才ラッパー

人気ヒップホップデュオ「OutKast(アウトキャスト)」の一員として人気を博しています。現在、OutKastの活動は休止し、ソロ活動に専念しています。彼の作品は、エレクトロニックなサウンドと早口で紡ぎ出すラップが特徴です。その表現力の高さは天才的で、グラミー賞を計6回も受賞しているだけあります。

おすすめの曲

彼の大きな体と怖そうな見た目からは想像できないような、可愛らしいピアノのメロディーラインが印象的な曲です。実は、iPhone XのCMソングとしても起用されているので、どこかで聴いたことあるかも?となるかもしれません。洋楽ヒップホップに馴染みのない方にもぜひ聴いてみていただきたい一曲です。

洋楽ヒップホップアーティストランキング3位~1位

光るマイク

最新ランキングトップ3!!

ここまででも、偉人と言われるような洋楽ヒップホップの有名人を紹介してきました。

最新ランキングトップ3も、名曲を生み続けているこの有名人を知らなきゃ洋楽ヒップホップは語れないというアーティストが登場します。では最新の洋楽ヒップホップアーティストのランキング上位3位から1位の紹介にいきましょう!

3位:Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)

Kendrick Lamarのプロフィール

・愛称:K-Dot(ケー・ドット)
・本名:Kendrick Lamar Duckworth(ケンドリック・ラマー・ダックワーズ)
・生年月日:1987年6月17日
・現在年齢:31歳
・出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州・コンプトン
・血液型:???
・身長:168cm
・体重:???
・活動内容:ラッパー、ソングライター
・所属グループ:Black Hippy(ブラック・ヒッピー)
・事務所(レーベル):Top Dawg、Aftermath、Interscope
・家族構成:父、母、妹

圧倒的なスキルとメッセージ性の高いリリック

2010年代よりヒップホップ界を牽引してきたラッパーの一人です。2017年にリリースしたアルバム「DAMN.(ダム)」も大ヒットし、グラミー賞ではラップ部門を受賞しました。今や「ヒップホップ界の新王者」とも称されるほどの名高いラッパーです。彼は治安の悪い環境で育ち、犯罪が目の前で繰り広げられている状況を目の当たりにしてきています。そんな苦しい経験がもととなったリリックが特徴的です。

おすすめの曲

プロフィールでも紹介したアルバム「DAMN.(ダム)」に収録されている一曲です。Kendrick Lamarが法衣に身を包んでいる姿や大勢の黒いスーツを着た黒人男性に囲まれている中で一人白いスーツを着ている姿など、意味深なメッセージが込められた作品だとファンからは言われています。ヒップホップ好きの方も、このPVを改めて見てみて自分なりの解釈をしてみるのはいかがでしょう。

2位:Kanye West(カニエ・ウェスト)

Kanye Westのプロフィール

・愛称:Ye(イェ)
・本名:Kanye Omari West(カニエ・オマリ・ウェスト)
・生年月日:1977年6月8日
・現在年齢:41歳
・出身地:アメリカ合衆国・ジョージア州・アトランタ
・血液型:???
・身長:173cm
・体重:???
・活動内容:音楽プロデューサー、ラッパーシンガーソングライター、MC、ファッションデザイナー
・所属グループ:Kids See Ghosts(キッズ・シー・ゴースツ)、The Throne(ザ・スローン)
・事務所(レーベル):GOOD Music、Def Jam
・家族構成:父、妻(キム・カーダシアン)、息子、娘

幅広い才能のカリスマアーティスト

ヒップホップ界の中でも最も人を惹きつけるアーティストだと言われています。当初、雇われプロデューサーとして、音楽活動をはじめました。プロデューサーとして、さらに、いちアーティストとしても革新的にヒップホップの可能性を広げてきました。そのキャリアを通して、ジャンルの境界線を広げてきたカリスマアーティストと言われています。斬新な歌詞、曲作りで今なお第一線を走り続けています。

おすすめの曲

PVの中に出てくるカタカナは歌詞の日本語訳のようですが、順番がバラバラになっており、なんともユニークなPVです。曲自体は、PVにも出演しているDaft Punk(ドラフト・パンク)の「Harder Better Faster Stronger(ハーダー・ベター・ファースター・ストロンガー)」という曲がサンプリングとして使われています。各方面から大絶賛を受けたKanye Westの名曲です。

1位:Eminem(エミネム)

Eminemのプロフィール

・愛称:Stan(スタン)
・本名:Marshall Bruce Mathers III(マーシャル・ブルース・マザーズ3世)
・生年月日:1972年10月17日
・現在年齢:46歳
・出身地:アメリカ合衆国・ミズーリ州・セントジョセフ
・血液型:O型
・身長:173cm
・体重:67.6kg
・活動内容:ラッパー、音楽プロデューサー、シンガーソングライター、俳優
・所属グループ:D12(ディー12)、Bad Meets Evil(バッド・ミーツ・イーヴィル)
・事務所(レーベル):Shady
・家族構成:父、母、弟、娘

音楽シーンを揺さぶり続ける天才ラッパー

ランキング1位は、洋楽もヒップホップも知らない人でも一度は耳にしたことがあるであろうEminemです。全世界で驚異の2億2000枚以上のアルバムとシングルのセールスを打ち立てています。2002年に公開された彼の自伝映画である「8 Mile(エイト・マイル)」で主演を果たし、さらに主題歌「Loose Yourself(ルーズユアセルフ)」でアカデミー賞を受賞したことで、日本でもさらに有名となりました。

おすすめの曲

世界的人気を誇るシンガーソングライターEd Sheeran(エド・シーラン)とのコラボ曲で話題となりました。ヒップホップを知らない方でもこの曲でEminemを知ったという方もいるのではないでしょうか。

Ed SheeranはもともとEminemを尊敬するアーティストの一人としており、夢の共演をこの曲で果たしています。現代のスーパースターからも尊敬されるEminemがどれだけ偉大であるかが分かる作品です。曲は不幸な三角関係を描いており、とてもエモーショナルを感じる作品に仕上がっています。

ヒップホップ用語を知ってもっとヒップホップを楽しもう!

リリック

黒板の文字

歌詞を意味する

主にヒップホップでは歌詞のことを「リリック」と呼びます。他のジャンルでも良く使われることがあり、音楽雑誌などでも普通に使われているので覚えておきましょう。

ライム

マイクを持つ男性のシルエット

韻を踏む

ヒップホップでラップと言えば、「韻を踏む」というのは重要な要素です。言葉の子音を抜かした母音を合わせるという意味になります。

例えば「ベスト・アルバム」と「ヘクト・パスカル」は、母音は同じ「euo・auau」となっており、韻を踏んでいます。これを言葉巧みに並べるのがヒップホップの醍醐味と言えるでしょう。

フロウ

盛り上がる観客

歌い回しや歌い方

ヒップホップラップは韻を踏んでいるだけではだめで、どう言葉を並べていくのか、歌い方は強くするのか、弱くするのかなどが重要になります。

洋楽ヒップホップアーティストおすすめランキング!のまとめ

笑顔で音楽を聴く女性

奥が深い洋楽ヒップホップ

最新の洋楽ヒップホップアーティストおすすめランキングで、19人もの素晴らしいアーティストの人気の最新作や名曲を紹介してきました。

洋楽ヒップホップは非常に奥深いです。最新の次世代アーティストや歴史的な名曲を残してきているアーティストはまだまだたくさんいます。もっと深掘りしていくと、他の最新の有名なアーティストを見つけたり、どのアーティストに影響を受けているのかなど、発見できることがあるでしょう。周りの人にもぜひ洋楽ヒップホップの素晴らしさを教えてあげましょう。

ラップ好きの方にはこちらの記事もおすすめ

最新版・ラッパーランキングTOP41!ラップバトル(MC)最強は誰? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ