いじめっ子の特徴9選!いじめる心理と撃退方・将来のために親ができることは?

学校や会社でも厄介な存在として知られるいじめっ子の特徴や心理をランキングにして紹介していきます。いじめっ子ができあがってしまう元々の原因や、細かい心理についても紹介していくので周りの人がいじめっ子の特徴に当てはまるかチェックしてみてください。またいじめっ子に育てないために親ができることや、いじめっ子の将来はどうなるか、いじめっ子の撃退法なども特徴ランキングと一緒に紹介していきます。

目次

  1. いじめっ子の特徴ランキング9選
  2. いじめっ子の特徴ランキング9位〜7位
  3. いじめっ子の特徴ランキング6位〜4位
  4. いじめっ子の特徴ランキング第3位:愛情不足
  5. いじめっ子の特徴ランキング第2位:プライドが高い
  6. いじめっ子の特徴ランキング第1位:嫉妬しやすい
  7. いじめっ子の撃退法は?
  8. いじめっ子への対処法でやってはいけないこと
  9. いじめっ子は将来的に不幸になる?
  10. 自分の子をいじめっ子にしないために親ができること
  11. いじめっ子の特徴ランキング9選まとめ

いじめっ子の特徴ランキング9選

いじめっ子になる原因は?特徴やその心理を紹介!

こちらを見ている女性の画像

自然に起きるわけではないいじめ

人間関係の中で、自然と人間は役割ができてしまいます。集団だと起きるいじめの関係もいじめっ子といじめられっ子の関係に分かれます。

いじめを引繰り返す、いじめっ子になってしまう人には原因があります。いじめっ子の特徴や、なぜいじめをしてしまうかの心理について紹介していきます。周りのいじめっ子と比べて見て、特徴に当てはまっているかどうかをチェックしてみてください。また心理を理解することで、いじめを対処することができるかもしれません。

どこからがいじめ?いじめの定義・判断基準は?

落ち込んでいる男性の画像

いじめは受ける側の感じ方によって決まる

いじめといえば、暴力や暴言、モノを隠したりなどが浮かびます。ですが仲間外れにしたり嘘の噂話を流したりなど、小さなことでも受ける側が不快ならばいじめになります。

 

暴力など肉体的に傷ついていなくても、言葉や周りの態度で精神的に相手が傷ついてしまった場合はいじめと判断されます。

 

人によって傷つくものさしは変わるので、知らないうちにいじめの加害者になっていることもあります。

いじめを起こさないためには相手に言葉をかける時は表情をしっかり見て、嫌なことを言ってしまっていないか、知らないうちに仲間外れにしていないかを気にする必要があります。最近の若い世代では、SNSを使ったいじめも増えているので、若い世代にはいろんな種類のいじめが増えていて判断基準が難しいとされています。

いじめっ子の特徴・心理とその対処法をランキングで!

うなだれている女性の画像

いじめっ子の特徴・心理をランキングで紹介!

周りを不快な気分にする、いじめを繰り返して人を傷つけるいじめっ子の特徴といじめっ子の心理をランキングで紹介していきます。

ただ面白いから、相手を陥れたいからという理由でいじめをしている人は少なく、いじめっ子はそれぞれ過去にトラウマや闇を抱えていることが多いです。特徴や心理をすることで、いじめっ子と和解できたり、撃退法として使うことが出来るので覚えておくと便利です。それでは、いじめっ子の特徴・心理ランキングスタートです。

いじめっ子の特徴ランキング9位〜7位

第9位:意見を押し通す

唇が特徴的な女性の画像

集団の中での意見が強い

いじめっ子は、集団の中でも自己主張が強く、意見が大きい特徴があります。

 

たとえ意見が間違っていても意見を押し通すことで、周りの意見を変えさせるということも多いです。

意見が大きいので「あの人がなんか気に入らない」という言葉がキッカケで、いじめの原因になってしまうこともあります。ランキングの中でもタチが悪く、自分の意見の大きさをわかった上で周りを支配しているタイプになります。いじめっ子に逆らうといじめられるのが怖いから、周りの人も意見に賛同する場合が多いです。

人の話を聞かないいじめっ子も多い

小さい頃から親や教師に何かを言われても、話を聴かずに自分の意見を押し通す特徴があります。将来的には損をするタイプの特徴になります。このタイプは、周りの意見に押されて気持ちが大きくなりいじめをするというタイプになっているので、撃退法としてはみんなでいじめっ子の意見を否定するのがおすすめになります。

第8位:共感力が低い

胸に手を当てて考えている女性の画像

人の気持ちがわからない

いじめっ子は、自分が行った行動や言葉を相手に送ることによって、相手がどのような気持ちになるかを考えることができません。

人の気持ちがわからないので、いじめをしたことで被害者が傷ついていても特に知らないそぶりを見せることも多いです。過去にいじめをしていたとしても、共感能力が低いので特に罪悪感なども抱かないのが特徴になります。自分で見た、聞いた体験しか共感することができないので悪気をなくいじめをすることもあります。

被害者の立場に回ることで気が付く場合もある

人の気持ちがわからなくても、同じ経験をした場合は共感することができるので、過去にいじめをしていても被害者に回ることで相手の気持ちがわかる場合もあります。ランキングの中でもこのタイプのいじめっ子は、撃退法が難しく、いじめの辛さを経験するしか方法はありません。あまり関わらないようにするのがおすすめです。

第7位:情緒不安定なことが多い

ベッドに伏せている女性の画像

気分の浮き沈みが起きやすい

一見、いじめっ子は強そうにふるまって見えても情緒不安定になっている場合が多く、常に気分の浮き沈みに悩まされているという特徴があります。

大勢の前では大きい顔でいじめをしていても、1人になると罪悪感で不安で押しつぶされそうになっていることもあります。ランキングの中でもこのタイプのいじめっ子は、いじめを悪いとわかっていながら寂しさや嫉妬心を埋めるためにやっていることが多いです。原因としては自分の感情をコントロールできないことにあります。

親が情緒不安定な場合も多い

いじめっ子が情緒不安定になる原因としては、育てる親自身が情緒不安定なことも多いです。親の感情がグラグラしていることによって、子供は振り回されることが多くそれが原因となっていじめをしてしまうこともあります。心理としては、いじめをすることで自分の気持ちを落ち着かせているというところがあります。

いじめっ子の特徴ランキング6位〜4位

第6位:自己評価が低い

外を見て落ち込んでいる女性の画像

自分のことを好きでいられない

いつも周りの上に立ち決定権を持っているいじめっ子ですが、内面的には自分の自己評価がかなり低く悩んでいることも多いです。

いじめっ子は自分が1人では何もできないと思っていたり、何をしてもうまくいかないと自己評価がかなり低いことで、他人をいじめて気持ちを落ち着かせていることもあります。ランキングの中でも、このタイプのいじめっ子は何か自分に誇れるものができたり、他人から人格が評価された時にいじめから足を洗うこともあります。

自分のことを貶すような一面もある

いじめっ子の特徴ランキングの中でもこのタイプのいじめっ子は人のことをいじめるだけでなく、自分自身も自虐的に貶すことで精神的に追い詰めてしまうことが多いです。周りには決して弱音を吐かないのも特徴的で、小さい頃から親に頼らずに生きていたり、人生でうまく人に評価されたことがない人も多いです。

第5位:周りに劣等感を感じている

他人と比べて落ち込んでいる画像

劣等感からいじめをすることもある

人より劣っているという感覚が常にあるタイプのいじめっ子は、他人の容姿や能力と比べて劣等感にかられることもとても多いです。

同じ土俵で戦っても勝てないということが分かっているので、ズルをしたりいじめることによって人よりも優れているように見せようという心理があります。このタイプは、自分が負けたくないと思っている分野で優れている人をいじめのターゲットにするという特徴があります。撃退法としてはスルーすることが大切です。

気づかないうちに負けを認めている

最初から勝てずにいじめることで、勝利を狙うこのタイプのいじめっ子は、本人は気づいていなくても無意識に負けを認めてしまっていることになります。努力せずにいじめて、勝利を得ることで将来的にも何も成長を得られないことも多いです。いじめている間にもどんどん差は広がっていくので、将来的に損するタイプになります。

第4位:素直に気持ちを表現できない

ハートが割れている画像

愛されたい気持ちが特に強い

本当は誰かに愛されたい、かまって欲しいという気持ちが誰よりも強いです。

 

ですが、素直に言うことができずいじめるといういじめっ子も多いです。

本当は仲間に入れて欲しかったり、自分の方に気持ちを向けて欲しいということがいえないので、かえってひどいことを言ってみたり、悲しませることによって気を引く傾向にあります。このタイプのいじめっ子の撃退法は、いじめをスルーして愛情を注いであげることで解決しますが見分けにくいので注意が必要になります。

人の上に立つことで満たされる人もいる

ランキングの中でもこのタイプのいじめっ子は、素直に気持ちを伝えて、心を通わせることができないので人の上に立つことで人と心を通わせた気になっている人が多いです。人を恐怖で押さえつけることによって、一致団結したように見えますが恐怖で支配されたものはいくつかは崩れてしまうので将来的に不幸になることも多いです。

いじめっ子の特徴ランキング第3位:愛情不足

親からの愛情不足が原因なことも多い

遠くを見ている子供の画像

幼少期にも原因はある

共働きで両親が家にいなかったり、親の愛情を十分に受けてこないことで愛情不足が起きいじめを引き起こす原因にもなります。

幼少期に、感情的に怒られて育った子供や兄弟で能力を比べて育てられた子供は特に愛情に飢えていることが多いです。愛情いっぱい育てられた人に対して、劣等感や嫉妬の感情を抱くことでいじめを繰り返すという心理がおきます。ランキングの中でもこのタイプは、親の育て方や幼少期に原因があることがとても多いです。

手をつないでいる子供と親の画像

愛情に気づくことが大事

両親からの愛情が受けられなくても、祖父母や親しい友達から愛情を受けている場合はいじめを起こさないという人も多いです。

いじめっ子の特徴ランキングの中でも、トラウマを抱えている人も多くカウンセリングが必要になる人も多いです。愛情が伝わりにくいのも特徴の一つで、愛情を持って叱ってくれている教師の言葉も耳に入らずに聞き流してしまう場合も多いです。小さい頃から愛情をかけることで、いじめっ子になる確率を減らすことができます。

家庭の問題に目が向けられることが多い

ランキングの中でもこのタイプのいじめっ子は、いじめが起きた時に幼少期の親の育て方に対して目が向く場合が多いです。小さい頃から、人の気持ちがわからない、相手を悲しませても気づかないなど、人に対して気が使えないなどのサインが出ていることも多いです。親が小さい時にしっかり見てあげることが大切です。

愛情不足だけでなく、親に過度な期待をかけられて育った場合はプレッシャーに押しつぶされそうになりいじめを引き起こす場合もあります。この場合も家庭や幼少期の親の育て方に原因があることが多いです。ランキングの中でもこのタイプのいじめっ子は、原因がわかりにくいので解決に苦労する場合もあります。

いじめっ子の特徴ランキング第2位:プライドが高い

人の上に立ちたいと常に思っている

腕を組んでいるサングラスの女性の画像

誰かの下につくのが嫌い

いじめっ子は、とにかくプライドが高く誰かの下につくということを何より嫌います。常に人の上に立つことを考えていることが多いです。

スクールカーストの中でも上位に入る人たちと仲良くすることも多く、人の上に立つためなら誰かを蹴落とすこともあります。上下関係や、権力によって支配されることを何より嫌います。逆に誰かを力で支配することに長けているので、いじめのリーダーになることもあります。ランキングの中でもこのタイプはタチが悪いです。

対立している男女の画像

意見をしっかり言う人が多い

ランキングの中でもこのタイプは隠れてわからないようにいじめをするのではなく、正面から意見をしっかり言うタイプのいじめっ子が多いです。

気に入らないことがあれば上司や先輩でも言葉を選ばずに言うので、精神的に相手をいじめに追い込む場合もあります。このタイプの撃退法としては、相手のプライドを傷つけないようにそっとしておくのが一番になります。相手が言われたら嫌な言葉をかけるといじめが悪化してしまう場合があるので、絶対に避けましょう。

自分より下の人がいると安心する

プライドが高いので、些細なことで怒りやすいのもこのタイプの特徴になります。器が小さいので、誰かがミスした時にミスした相手だけを責め立てることも多いです。誰かを許すことができないことが多いので、小さなことからいじめに発展する場合もあります。関わらなくてもいい場合はあまり関わらないように避けましょう。

ランキングの中でもプライドが高いこのタイプのいじめっ子は、常にグループの中心や話題の中心にいないと気がすまないタイプの人も多いです。自分以外にチヤホヤされてしまう人がいると、その人の粗探しして陥れることも多いです。わがままを聞いて毎回中心にしてあげているとますますいじめが悪化するので気をつけましょう。

いじめっ子の特徴ランキング第1位:嫉妬しやすい

うまくいっている人が羨ましい

窓に手をあてて泣いている女性の画像

嫉妬によるいじめが一番多い

いじめが起きる原因して一番多いのが、嫉妬によるいじめになります。

 

いじめの標的としている人が自分より愛されている、優れている成績を持っているなど、嫉妬する要素に執着していじめを繰り返すいじめっ子がとても多いです。

特にいじめが置きやすい女性同士の場合は、男性にちやほやされているモテている女性や自分より容姿が優れている可愛い女性に対していじめが起きるので、理不尽なものが多いです。嫉妬が原因でいじめが起きている場合は、撃退法が難しくいじめのターゲットが変わることをじっと待つ必要があります。

めを塞いでいる男性の画像

将来的に支障が出ることも

このタイプのいじめっ子は嫉妬するたびにいじめを行っているので、将来的に何もできずに能力の高い人を僻むだけの大人になってしまいます。

このいじめっ子のタイプの撃退法としては、いじめっ子の周りの人が常に嫉妬によっていじめをしているということを気づかせてあげる必要があります。指摘をする時に図星を突かれたことで、いじめっ子が怒る場合がありますが、しっかり向き合うことで考え方を改めることができるのでおすすめのいじめっ子撃退法になります。

嫉妬が原因で起こるいじめは社会でもよく起こる

ランキングの中でも、このタイプのいじめっ子は大人になっても数が多く些細なことで嫉妬していじめを繰り返す傾向にあります。努力して上にあがるのではなく、人を落とした上で自分が上にいるという気分を味わっている場合が多いです。ただ嫉妬しているだけでなく、自分の力で努力することを親が教えることも大事になります。

いじめが起きた場合に、いじめっ子にいじめた理由を聞くと「ムカつく」や「気に入らない」など、嫉妬とは少し違う意見を出すことがあります。自分では嫉妬していることに気づいていないので、無意識にいじめを繰り返すというタチの悪い行動に出ます。このタイプは相手が潰せないほど、立派に出世することが撃退法になります。

いじめっ子の撃退法は?

もう悩まない!いじめっ子の撃退法を紹介!

女性がパンチをしている画像

撃退法を知っておくと便利

学校や会社など、どの場所にいってもいじめは発生しています。自分がいじめの標的にされた時に撃退法を知っておけば悩まずに済みます。

いじめの状況や特徴ランキングで紹介したいじめっ子の特徴によって変わりますが、いじめの撃退法を覚えておくと自分だけでなく、いじめられている人を助けることもできます。いくつか、使える撃退法をまとめているので周りでいじめが起きていると思ったら、紹介するいじめっ子の撃退法を是非参考にしてみてください。

いじめっ子は相手にしない

男性をスルーしている女性の画像

リアクションをしない

いじめっ子は自分より弱い立場にいじめを行うことで、いじめらっ子に泣いたり落ち込んだりといった、何かのリアクションを求めていることが多いです。

いじめに対して感情が揺さぶられているのを感じると、いじめっ子はもっといじめを繰り返す可能性が高いです。撃退法としては何をされても一切スルーするというスキルを身に付けることが大事です。いじめっ子に対して集団で立ち向かえる場合はいじめっ子を孤立させることができるので、より効果の高いいじめ撃退法になっています。

相談できる友達を見つける

仲の良い友達同士の画像

味方を増やすことも大事

いじめられている場合は、一人で塞ぎこんでしまうことによってよりいじめによる精神的に辛い思いをすることが多いです。

心から信頼できる友達がいる場合は、いじめられていることを相談して精神的に味方になって貰うことが大事です。女性のいじめや子供のいじめは特に孤立させることを目的で行われるいじめも多いので、一人でも友達が側にいてくれればいじめ自体をなくすことができる撃退法になります。相談する相手はしっかり見極めましょう。

親にはカミングアウトする

親に相談する子供の画像

親身になって聴いてもらえる

いじめっ子のいじめに耐えられなくなる前に、親身になって相談に乗ってくれる可能性が高いので、親には相談することをおすすめします。

相談する前に学校に乗り込んだり、いじめっ子に直接文句を言いにいきそうな親の場合は避けて、祖父や祖母など身内の家族に相談するのをおすすめします。過去に同じ経験をしている人がいる場合は、自分では思いつかない撃退法を教えて貰えるかもしれません。味方がいるということを時間できるので相談はかなりおすすめです。

いじめっ子への対処法でやってはいけないこと

いじめが悪化する場合もあるので対処法には注意

屋上で落ち込んでいる女性の画像

大人が配慮することが大事

実際に自分の周りでいじめが起きてしまった場合、親や教師など大人が対処しますが対処法を間違うと返っていじめを悪化させる原因にもなります。

将来的にいじめっ子のいじめが慢性化してしまわないためには、いじめを起こしてしまったいじめっ子に対しての心理や対処法をしっかり覚えておく必要があります。中でもいじめっ子に対してやってはいけないことについて紹介していくので、いじめっ子に関わる機会がある親が大人はしっかりチェックしておきましょう。

大人が無理やりいじめに介入する

NOと手を出している女性の画像

大人の介入で悪化することもある

いじめを繰り返すいじめっ子と弱い立場にあるいじめられっ子の間に対して無理やり、親や教師が介入するのは一番NGになります。

いじめっ子に対して、いじめはもうしないというように口約束させたり作文を書かせたりなど、無理やり表面だけ解決しようとするとよりいじめが悪化することもあります。内面の部分から対処しないと、標的を変えていじめを繰り返すという悪循環が起こるので、大人が介入する時のタイミングはしっかり図るようにしましょう。

親や教師に告げ口したとして、いじめられっ子がもっといじめにあってしまうこともあります。親や教師の力に対しては、ズルいという認識を持っているいじめっ子もいるので、あくまで大人がいじめに気づいたという風にさりげなく間に入るのがおすすめになります。大人はあくまで客観的に原因や心理を探るようにしましょう。

頭ごなしに怒る

怒鳴っている男性の画像

いじめっ子にも心はある

いじめはもちろん悪いことですが、いじめっ子に対して頭ごなしに話を聴かずに怒鳴りつけるのは絶対にやめましょう。

教師や親から頭ごなしに怒鳴られることによって、なぜいじめを起こしたかの原因や心理についていじめっ子が話す機会を失ってしまいます。いじめられっ子だけでなく将来的に、いじめっ子も心を閉ざした子供になってしまうので、怒鳴らずにしっかり話し合いをして、いじめを解決に向かわせるように意識しましょう。

自己評価が極端に低かったり、心の孤独に耐え切れられずにいじめを行っていることが多いので、SOSを無視して大人が敵に回ってしまうといじめが悪化する場合もあります。また大人に対して不信感を抱くこともあるので、対処法としては対等に向き合うことが大切になります。人格の否定は絶対に避けるようにしましょう。

親が見放してしまう

親と距離をとっている子供の画像

最後に救えるのは親だけ

いじめをするのはもちろん悪いことですが、いじめが明るみになった時に周りから強いバッシングを受けることがあります。

 

バッシングを受けた時に最後に頼ることができるのは、親の元になります。親もいじめっ子を見放してしまうと、いじめっ子は誰にも報われません。

 

いじめをしたことに対しては悪いことなので怒ってもいいですが、親は最終的にいじめっ子を見放さないようにすることが大事です。

子供を見放さないようにするからといって、見て見ぬフリをするのもいじめを悪化させてしまうのでNGです。自分の子供が普段学校でどのような行動をしているか、他人に対してどんな言葉や態度で接しているかなどを理解しておくと、自分の子供がいじめっ子になってしまった時に原因がわかりやすいのでいじめに対して対処しやすいです。

いじめっ子のいじめが明るみに出たときに「こんな子だとは思わなかった」や「うちの子はやっていない」など、真実を信じずに頭ごなしに実の子供を拒否してしまうことは、子供を最終的に傷つけてしまいます。外から入ってくる事実の部分、いじめをしてしまった自分の子供の意見を照らし合わせて向き合うことが大切になります。

いじめっ子は将来的に不幸になる?

いじめっ子は不幸になる確率の方が高い

花を見て落ち込んでいる女性の画像

元々の性格は治らない

いじめっ子は、元々親や周りからの愛情不足だったり、自分の容姿や能力の自己評価が低かったりと性格が原因でいじめを繰り返している人が多いです。

子供頃からの元々の性格は治らないので、その性格が原因で将来的に大人になってもうまくいかないことが多いです。そこで、いじめっ子が将来大人になった時に、不幸になりやすい原因について紹介していきます。稀にうまく世渡りをしていくいじめっ子もいますが、大抵は将来不幸になるいじめっ子が多いです。

自分がやったことは返ってくる

泣いている女性の画像

いじめが返ってくる人も多い

悪いことをすると自分に返ってくるという言葉があるように、子供の頃行っていたいじめは自分に返ってくる場合が多いです。

将来大人になり社会に出ると、いじめっ子よりもより上手をいく大人がたくさんいるので、子供の頃ほどうまく立ち回れずに将来的にいじめられる側に回ってしまったことで不幸になるいじめっ子もとても多いです。過去にいじめをして、人の上に立つことで人に歩み寄れなかったことを後悔するいじめっ子も多いです。

周りからの信用をなくすこともある

パソコンを見ている女性の画像

社会で孤立してしまうこともある

過去にいじめをしていたことがバレたり、現在隠れていじめをしていることがバレると、周りからの信頼を失ってしまうこともあります。

間違っていても意見を押し通したり、周りを蹴落としたりすることで、上にあがっていくいじめっ子はいつか本性がバレてしまいます。信頼を失うことで、何をいっても信じてもらえなかったり、逆に嫌がらせやいじめの標的になってしまうということもあります。信頼をなくした大人は将来的に社会では、生きづらいです。

罪の意識は消えない

手を出している男性の画像

一生悩むことになる

小さい頃にいじめをすることで、人を傷つけてしまったという過去は消えません。ふとした時に思い出して罪の意識に苛まれることも多々あります。

いじめっ子は将来親になり、自分の子供がいじめられてしまった時や、過去にいじめていた人と出会った時など、消すことができない罪の意識で押しつぶされそうになっている人もいます。精神的には一生罪の意識に縛られることになるので、将来的には不幸になるいじめっ子も多いです。

稀にうまくいじめっ子もいる

エレベーター係をする女性の画像

世渡りがうまい人もいる

いじめっ子は、教師や親からいじめをしていることを隠すために小さい頃から周りの大人の表情を見ることが多いです。

将来社会に出た時に、上司の顔色を見ながらうまく立ち回ることでうまく出世するいじめっ子もいます。いじめを隠しながら上司にはいい顔をするという技を持っているいじめっ子は、将来的にも得をする人も多いです。心理的にはあまり幸せとは言えませんが、社会の立ち位置をうまくゲットするいじめっ子もいます。

自分の子をいじめっ子にしないために親ができること

いじめっ子にしないためには小さい時の育て方が大事になる

おんぶをする親子の画像

子供としっかり向き合う

いじめっ子がいじめをする原因としては、小さい時の家庭環境や親の育て方で決まると言われています。

そこで自分の子供を将来的にいじめっ子にしないために、親が子供の頃からできることについて紹介していきます。子供と正面から向き合い、しっかり育てることによっていじめとなる原因を減らすことができます。今子供としっかり向き合えていない人もこれを機会に子供と向き合うように心がけましょう。

子供に愛情を持って接する

抱きしめている親子の画像

愛情を与えて自己評価をあげる

いじめっ子は、親や周りからの愛情不足によりいじめを引き起こすことが多いです。たっぷり愛情を持って接することが大事になります。

親からの愛情をたくさん与えることで、愛されているという安心がつくので子供自身の自己評価が高くなります。自信を持つことで、人に対して嫉妬心を起こすこともなくなります。褒める時は褒める、叱る時は愛情を持って叱ることが大事です。親が感情的に怒るのは、自己評価を下げる原因になってしまうので避けましょう。

靴が並んでいる画像

他の子と比較するのはNG

勉強ができたり、運動ができたりなど、優れている他の子と比較する発言をすると、自己評価をグンと下げてしまうので絶対に避けましょう。

小さい頃は特に親に褒められたいという気持ちで、勉強や運動を頑張っている子供も多いです。親に認められることによって、他人を妬むこともなくなるので、まずは努力したことに対してフォローしてあげることが大事です。うまくいかなかった時も怒鳴ったりせずに、一緒に原因を考えるなど寄り添ってあげるようにしましょう。

常に比較されて生きてきた子供は、同級生や将来社会人になっても常に人との能力の違いに苦しむことになります。勉強や会社での成績に勝てないと思ったら、力で相手をいじめて優位に立ちたいという心理が働きやすくなります。小さい頃に、親に比較されずにのびのび生きてきた人とは心理状態がガラリと変わることがわかります。

子供の隠しているSOSに気づく

フェンスにつかまっている人の画像

親にはSOSを出すことが多い

いじめっ子は、親や兄弟など周りに対していじめを起こす前に親に対してSOSを出していることが多いです。

いじめっ子は、親からの愛情不足だったり、悩み事があって情緒不安定になっていたりなどSOSを親が気づいてあげることで、いじめを起こさずに済む場合があります。悩み事があると言われて、忙しいからとあしらわずに子供を正面で向き合うことによって、素直な子供に育てることができるので意識しましょう。

いじめっ子に対して、どうしていじめたのか原因や心理を探ろうとしても大人に対しては警戒して話してくれない場合があります。言葉では隠していても、表情や行動にSOSが隠れていることがあります。大人はいじめっ子のトラウマや心理にもしっかり寄り添うことで、将来的にいじめから足を洗う人もいます。

悪いことはしっかり叱る

叱られている女性の画像

感情的に怒るのはNG

子供が何歳になっても、間違っていることを伝えることができるのは親のみです。悪いことをしたらしっかり叱ることが大事です。

子供は一見聞いていないように見えても小さい頃に親から言われた言葉は、しっかりと頭に入っていることが多いのでいざいじめを引き起こそうとした時にグッと立ち止まることができるようになります。悪いことは叱るのは大事ですが、親の機嫌が悪かったり、価値観の押し付けなど感情的に子供を怒るのは絶対にやめましょう。

小さい頃に悪い事を叱られずに育っている子供は、悪いことと良いことの線引きが曖昧に育つことが多いです。周りに嫌な思いをされても、指摘されることがないので人の気持ちを考えらないことが多いです。叱ることは難しいですが、ただ悪いと叱るのではなくなぜ悪いのかをしっかり説明するように優しく叱りましょう。

いじめっ子の特徴ランキング9選まとめ

落ち込んでしゃがんでいる女性の画像

いじめっ子には関わらない

いじめっ子の特徴やその心理をランキングで紹介しましたが、周りの人に特徴に当てはまる人は何人いましたか?

いじめをするいじめっ子にも、原因や心理がありますが関わらないことで、いじめの被害を減らすことができます。いじめっ子の特徴ランキングにたくさん当てはまる人がいる場合は、距離を置いて上辺だけの人間関係を作るように心がけましょう。

他の特徴ランキングに興味がある方はこちら!

引きこもりになってしまう原因13個!なりやすい性格の特徴や心理・解決法とは? | ランキングまとめメディア
お人好しな人の特徴27選!お人好しすぎて損することや得すること・改善方法は? | ランキングまとめメディア
メンヘラ女子の特徴37選!好きな服装のブランドや容姿など見た目でも分かる! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ