一緒にいて疲れる友達あるある15選!好きなのに会うと疲れてしまう原因とは?

好きなのにどこか会うと疲れるという友達のあるある特徴や性格をランキングにして紹介していきます。自分の気持ち的にはその友達を大切に思っていて好きなのに、一緒にいて不快な気分を味わってしまったり疲れる気持ちを感じてしまうには共通点があります。また一緒にいて疲れる友達との付き合い方やリフレッシュ方法についても紹介しているので、ランキングと一緒に参考にしてみてください。

目次

  1. 一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】15選!
  2. 一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】15位~11位
  3. 一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】10位~7位
  4. 一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】6位~4位
  5. 一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】3位~1位
  6. 友達といて疲れる原因は自分にあるのかもしれない!
  7. 一緒にいて疲れる友達とはどう付き合えばいい?
  8. 疲れてしまった時はリフレッシュして気分転換しよう!
  9. 一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】15選まとめ

一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】15選!

好きなのに会うと疲れてしまう原因とは?

寝そべっている友達の画像

疲れる友達には共通点がある

好きなのに会うとどこか一緒にいて疲れるという友達には、それぞれ特徴や性格に共通点があることが多いです。

人間関係で知り合い程度なら距離を置くことができますが、好きだからこそ友達との関係を切れないと悩んでいる人も多いです。一緒にいて疲れる友達は、自分自身もストレスを溜めたり、悪い気持ちに引っ張られることも多いので、付き合っていくのに注意が必要になります。会うとどうして疲れるのか原因をまずは知ってみましょう。

一緒にいて疲れる友達の特徴&性格あるあるをチェック

ベッドに沈んでいる女性の画像

疲れる友達の特徴をランキングで紹介!

一緒にいて疲れる友達の性格やあるあるな特徴をランキングで紹介していきます。周りの友達に当てはまるかチェックしてみてください。

また会うと疲れる友達は相手だけに原因があるわけでなく、自分にもある場合があります。疲れる友達と合わない原因やストレスが溜まった時のリフレッシュ方法、会うと疲れる友達との付き合い方についても紹介しているのでランキングと一緒に参考にしてみてください。それでは、一緒にいて疲れる友達の特徴ランキングスタートです。

一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】15位~11位

15位:土足で心に踏み込む

嫌がっている女性と男性の画像

パーソナルスペースが狭い

一緒にいて疲れる友達の特徴として、そこまで親しくない友達やその人が聴かれたくないことに関して土足で心にに踏み込んでくる人が多いです。

人によってはパーソナルスペースというものは違いがあり、本人は全てさらけ出すのが好きなタイプだとしても接している友達はあまり自分のことを話したくないという人ももちろんいます。相手の顔色を見て話すことができず、知りたい欲だけで相手に入り込んでいくので、その結果会うと疲れると思われる原因になっています。

ひそかに傷ついている人も多い

ランキングの中でもこのタイプと接していて疲れる人は、人に嘘をつけず真面目に接してしまったり、相手の気分を害するのが嫌で嫌な気持ちを我慢している人が多いです。本人は気持ちよくコミュニケーションを取っているつもりでも、土足で心に入られた人はひそかに傷ついたり、疲れるという気持ちを抱いていることも多いです。

14位:優柔不断

遠くを見ている男性の画像

物事が決められない

お店でのメニューをすぐに決められなかったり、予定を決めるのが遅かったりなど優柔不断な特徴を持つ人も一緒にいて疲れると思われることが多いです。

このタイプは自分の意見があまりないので、人から決断を迫られた時にすぐに答えられず相手をイライラさせてしまうこともあります。ランキングの中でもこういうタイプは、事前に約束をせずに突発的に会うと優柔不断な部分があまり現れないのでおすすめになります。好きなのに優柔不断な性格の相手にはおすすめの対応になります。

遊びの段取りも決められないことが多い

遊びの段取りを決める場合でも、会うと急に意見が変わったり、相手に決断を任せたりなどどこか人任せな発言も多いのでたまにはスパッと決断して欲しいと思っている人も口コミランキングで多く見受けられます。ランキングの中でもこのタイプは大勢の中でもリーダーシップを取らないので幹事もやりたがらないことが多いです。

13位:上から目線

上から見下ろしている男性の画像

態度が大きいところも特徴

友達同士の発言の中で人を見下したような上から目線で接してくる友達も、会うと一緒にいて疲れる特徴の一つです。

一緒にいて疲れる特徴ランキングの中でもこのタイプは、自分が偉いような発言を繰り返すだけでなく、「〇〇してあげたのに」など自分がしてあげたことをいつまでも根に持つ性格の人が多いです。親切な性格をしているように見えても、見返りを求めて接するところも疲れてしまいます。対抗するのは余計疲れるので避けましょう。

上から目線により信頼関係が崩れることもある

相手の顔色を見ずにズケズケ発言を繰り返したり、上から目線で相手を馬鹿にしたような発言を繰り返す人は、気がついたらいろんな人から避けられていることもあります。友達だからといって何でも言ってはいいわけではないので、つい相手に上から目線で発言してしまう人も発言前に心の中で確認してから発言するようにしましょう。

12位:人の意見に否定的

話し合いをしている友達同士の画像

まず否定から入ることが多い

友達が出した意見や話など、相手の発言すべてに否定的に入る性格の人も一緒にいて疲れる友達の特徴になります。

 

相手の話を聴かずに自分の意見を押し付けることも多いので、話し合いが成立しないことも多いです。

またタチが悪いのは、友達に相談をしておきながらアドバイスを貰った時も否定をする性格のタイプの人です。ランキングの中でもこのタイプは、最初から答えが出ているので共感を求めていることが多く面倒くさいなと思われることも多いです。好きなのに、否定ばかりされてしまうと意見を言いづらくて疲れてしまうこともあります。

無意識に否定をしている場合が多い

人の意見に否定から入る性格の人は、意識してやっているわけでなく無意識に否定してしまっていることが多いです。ランキングの中でもこのタイプは特定の人のみに否定するわけでなく全ての人にやっているので、否定されたからと言ってあまり気にせずに聞き流すことでストレスが溜まりにくいのでおすすめになります。

11位:マナーが悪い

散らかっているゴミの画像

常識がない人が多い

道端に平気でゴミを捨てたり、お店でのルールを守れなかったりなどマナーを守れずに常識がない人も、一緒にいて疲れる特徴の一つになります。

性格的には好きなのに、マナーが守れない人は一緒にいて恥ずかしいと思ったり、不快な気分になり疲れるという場合がとても多いです。無意識にマナーが守れていない場合は、注意することによって直すことができますが、マナーを守らないことがかっこいいと思っている場合はいっても直すことができないので距離を置きましょう。

育った環境によって変わることもある

一般的なマナーの認識は、育っている家庭環境や世代によってかなり変わります。自分が非常識だと思っていることも相手によっては、常識だったりすることもあるので自分が我慢できるところは我慢するのもうまく付き合っていくコツになります。好きなのにここだけは許せないという場合は、一度話し合いするのもおすすめになります。

一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】10位~7位

10位:人によって態度が違う

落ち込んでいる友達を慰める友達の画像

異性で態度を変えることもある

好きな友達、気になっている異性と同性で喋り方や態度などをガラっと変える人は、一緒にいて疲れる傾向にあります。

ランキングの中でもこのタイプの人は、意中の異性の前では全く違う性格に見えることがあります。一見、いい子だなと思っても仲良くなっていくうちに態度の切り替えに気づかされることが多いです。会社や学校などコミュニテイの中でも、付き合ってメリットのある人の前ではいい子を演じることが多いのでタチが悪いタイプです。

本性がバレると避難されることもある

コミュニテイの中で人によって態度を変えることで、人の優劣を自然につけてしまっていることになるので本性がバレた場合失礼な人という印象をつけられることが多いです。実際に仲の良い友達でも、礼儀は必要なので気がつかないうちに人によって態度を変えてしまっていないか一度確認するのもおすすめになります。

9位:デリカシーがない

下を向いて落ち込んでいる女性の画像

人の傷つくことを平気で言う

人が気にしていることや傷ついてしまうことを平気で言ってしまうなど、会話の中でデリカシーのない発言をする人も一緒にいて疲れる友達の特徴になります。

ランキングの中でもこのタイプは、相手のプライバシーに関わることだったり、見た目を貶したりなど、自分では面白いと思って発言している人も多く無意識に人を傷つけている人が多いです。相手の顔色が変わっているのにも気づかないので、知らないうちに恨まれていることもあります。無意識にしていないか自分でも確認しましょう。

大勢の中では空気が凍ることもある

空気が読める人は、大勢の中で無意識に言ってはいけない言葉を避ける傾向にありますがこのタイプは、言ってはいけないことと言っていいことのラインが曖昧なのでデリカシーのない発言をして場の空気を凍らせてしまうことがあります。言った方は覚えていませんが傷つけられた人は、いつまでも覚えているので注意が必要です。

8位:情緒不安定な人が多い

涙を耐えている女性の画像

感情の起伏が激しい人が多い

好きなのに長時間一緒にいて疲れる、面倒な人と印象を抱かれる人は、泣いたり怒ったりなど感情の起伏が激しく情緒不安定な人が多いのも特徴とされています。

ランキングの中でもこのタイプの人は表情に感情が出やすく、さっきまで笑っていたのに急に怒り出したり、相手の気持ちを考えずに一方的に意見をぶつけることが多いです。ランキングの中でもこのタイプは特に大勢の中にいる場合、周りが気を使ってしまうことが多いので一緒にいて浮いてしまうこともあります。

情緒不安定な人がいる場合は思い切って距離を置く

情緒不安定な人が仲が良すぎる関係になってしまうと、感情の起伏によっては友達である自分が傷つけられてしまうことが多くなります。どちらにとってもよくないので、情緒不安定な人がいる場合は相手も気を使える距離で接するようにするのがおすすめの方法になります。情緒不安定になったら、さっと距離をおける距離で接しましょう。

7位:場の空気が読めない

飲み会で笑っている女性の画像

会話の流れを切ることもある

一緒にいて疲れる友達は、場の空気を読めないという特徴を持っている人も多いです。会話の流れが読めないので会話を急に切ることもあります。

 

特徴ランキングの中でもまた場の空気を読めずに会話を自分の話に持っていくこともあり、大勢の中では浮いた存在として認知されることもあります。

特徴ランキングの中でもこのタイプの性格の友達は、お世辞や相手を立てるように会話の流れを進めていくことを苦手とする場合も多いです。好きなのに空気が読めないことで一緒にいて負担を感じてしまうことも多いです。飲み会や女子会など、長い間話す場に出向く場合は悪い特徴が出やすいので注意が必要になります。

大勢グループで会うと疲れるタイプの友達も多い

このタイプは二人や三人などの少人数の場合の時に会うと、特に気にならない友達が大勢のグループに入った時に空気を読めないことによって周りに気を遣わせてしまうことも多いです。一緒にいて、会話の流れが読めないので空気が読める人がフォローをする場合も多く、場の中で浮いてしまうところもあるあるになっています。

一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】6位~4位

6位:時間にルーズ

腕時計をしている女性の画像

マイペースが人が多い

一緒にいて疲れる人は遊びの約束をしている場合でも、マイペースに行動する人が多いので決めれらた時間を守れずにルーズな人もかなり目に付きます。

 

遅刻する際に、連絡をしなかったり毎回大幅な遅刻をしてきたりと相手の気持ちを考えないことで、一緒にいて疲れる原因を作ってしまいます。

 

遅刻するということは相手を待たせてしまっていると認識がかなり薄いので、嫌われる原因になることもあります。

時間にルーズな人と接する場合は、その人が遅れてくることを前提として待ち合わせ時間を伝えるのが最善になります。二人きりではなく、大勢で待ち合わせをしている場合は一人の遅刻により場の空気が悪くなってしまうこともあります。友達だけでなく、時間を守ることは常識なので自分自身も気をつけてみてください。

真面目な人ほど振り回される

時間や約束をしっかり守る人にとっては、時間を守らないタイプの人と一緒にいると時間が奪われるだけでなく、振り回されてしまうことも多いです。遊ぶ約束の中に、電車での移動や映画の時間など最初から決まっている時間の場所に行く予定がある場合は、一緒に遅刻してしまうこともあります。ルーズな人とは距離を置きましょう。

5位:卑屈っぽい

カーテンを被っている女性の画像

自己評価が低い

一緒にいて疲れる友達は、自己評価がかなり低く、自分を貶すような発言をよくしたり、うまくいっている友達に対して妬み嫉みを言うことも多いです。

会うと疲れる友達は「どうせ自分なんか」と自分を繰り返し下げることで、相手に励まして貰おうとする特徴もあるあるなので、卑屈なことを言われる度に一緒にいて疲れてしまいます。ランキングの中でもこのタイプは卑屈っぽい性格をしているので、相手の成功を素直に応援したり、喜べなかったりと弄れた部分も疲れる原因になっています。

低すぎる自己評価は相手を疲れさせる

また自己評価が低いからといって、腰が低いわけでなく承認欲求がかなり高い人が多いのも会うと疲れる原因の一つになります。ランキングの中でもこのタイプは、人に気を使ってフォローをしてしまう人と相性が悪くストレスが溜まってしまいます。謙虚すぎる発言は返って、あざとく見えてしまうので嫌われることも多いです。

4位:人の話を聞かない

笑い合っている女性同士の画像

話を無理やり変えることもある

一緒にいて疲れる友達の共通点として自分の話が好きな人が多く、せっかく話してくれている人の話をあまり聴かずに自分の話ばかりしてしまう傾向にあります。

一連の話の流れを無視して、自分の話に無理やり変えたり、友達がしてくれているアドバイスを無視したりと友達の気持ちを考えないで行動する人が多いので大勢の場でも浮きやすいです。また話し合いをしている時も人の話を最後まで聞かないので、話の論点がズレてしまい話していて疲れるという人も多いタイプになります。

会話のキャッチボールができないと疲れてしまう

話の筋がズレていってしまったり、話を最後まで聞かずに否定的な意見に入ったりなど、会話のキャッチボールがうまくできない友達が身近にいる場合は一緒にいて疲れるという人が多いです。最後まで聞かないことによって話の本質が理解できないので、意見の交換などもする意味がなくなってしまうところも欠点になります。

一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】3位~1位

3位:気分屋

したを向いている女性の画像

コロコロ気分で意見が変わる

約束の当日になって気分が変わってドタキャンしたり、急に帰ってしまったりなど気分で意見が変わるタイプも疲れる友達のあるあるになります。

また気分によって優先順位を変えるので、約束当日になって違う友達から誘われた場合そっちに行ってしまうということも多いです。気分が変わる度に気を使っていると、一緒にいて疲れるという人も多くランキングの中でもタチが悪いタイプになります。自己中心的な性格の人が多いので、大勢の中で過ごすのが苦手な人も多いです。

気分屋に振り回されている人は多い

機嫌が急に悪くなると、ふてくされてしまったり、急に怒り出したりなど感情を顔に出すことが多いので一緒にいて疲れるという口コミランキングも多く見受けられます。友達の中でも気分屋は一緒にいてあまりいい印象を与えません。また友達自身が気を張っていて気分がいい時は周りを盛り上げることもあり、好かれることもあります。

学校生活で最低限関わりを持たなければいけない友達が気分屋の場合は、話しかけて無視されたり、日によって仲良くしてくれたりなど振り回される人も多いです。気分がいい時は好きなのに、気分が悪い時は疲れるといった印象も多く口コミランキングでも苦労している人が多く見受けられます。気分が悪い時は関わらないのがベストです。

2位:愚痴が多い

愚痴を聴いている女性の画像

マイナス発言は避ける

悩み事や世間話を友達に相談する人も多いですが、会うと常に他人の愚痴や不満を言い続けている人は、一緒にいる人を疲れさせてしまう原因になります。

いつもは明るくたまに言う愚痴なら友達は快く聴いてくれますが、愚痴しか話さない人は周りの空気を悪くしてしまうので注意が必要です。特に人を蹴落とすような愚痴や、共有の友達の愚痴の場合は相手に気を使わせてしまったり、反応に困る場合も多いです。ランキングの中でも人から距離を置かれてしまうタイプになります。

無意識に愚痴をこぼしている場合もある

明るい話はなく基本的に愚痴が多いだけでなく、仲のよい友達でも自分より幸せになっている人がいるとどこか気に食わない態度や発言を繰り返す性格をしている人が多いです。自分では無意識に愚痴やネガティブな発言を繰り返していることが多いので、会話をさっと切り替えることで不快な思いをせずに済むのでおすすめです。

つい愚痴っぽくなってしまう性格だと自分自身で自覚している場合は、仲の良い友達に話す前にその友達にとって不快な話ではないか、いつの間にか愚痴になってしまっていないかを確認すると発言を減らすことができます。好きなのに、話す内容が好きではないと思われてしまわないために発言には気をつけましょう。

1位:自慢話が多い

向き合って話をしている女性の画像

自分の話をするのが好き

一緒にいて疲れる友達のタイプとして一番多いのは、常に自分の話をする人や自分の自慢話をするなどの特徴を持っている人です。

自分自身の自慢だけでなく、自分の彼氏や旦那の自慢、友達の自慢など、常に自分の周りの人や能力を話して相手に羨ましがって貰うことで喜びを得ていることが多いです。またタチが悪い性格の人は、自分で自虐をしているように見せかけて相手に褒めて貰おうとするタイプもいます。好きなのに自慢話ばかりされると周りも疲れてしまいます。

人の自慢話は聴きたくない人が多い

友達の幸せな報告は嬉しいものですが、マウントを取るような自慢話は聴きたくないと思っている人が口コミランキングでも多く見受けられます。また特徴ランキングの中でもこのタイプの人は、相手の表情を見ずに永遠に自分の話ばかりを繰り返している人が多いので、真面目な性格の人は気疲れしてしまうことも多いです。

自慢話やマウントを取るタイプの性格の人は、プライドが高く自分自身に自信がないことがとても多いです。自慢話をして相手に褒めてもらうことによって、自分の評価をあげたり、安心していることが多いので広い心で見てあげることが大事になります。好きなのに自慢話が多い人には、適当に相槌を打つのがおすすめになります。

友達といて疲れる原因は自分にあるのかもしれない!

内向的な性格だと友達といても疲れてしまう

暗闇で立っている女性の画像

気を使いすぎるのもNG

好きなのに友達といるとどうしても疲れてしまうという人は、相手の性格だけでなく自分自身の性格にも関係している可能性が高いです。

一緒にいて疲れる友達だとしても他の人は楽しそうに接しているのに、自分だけがどっぷり疲れてしまうなどといった他の人と明確な差がある場合は、自分の性格に向き合ってみることをおすすめします。人間関係で会うとどうしても疲れてしまう人に多い特徴を紹介していくので、当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

相手の気持ちを考えすぎてしまう

寄り添って話している友達の画像

意見を折ることが多い

意見や話し合いの中で、相手は今どう思っているか相手が今悪い気をしていないかなど顔色を見て過ごしてしまう性格の人も疲れやすい傾向にあります。

自分はそう思っていなくても、相手に不快な気分をさせないように場合によっては意見を折って相手に賛同することもあります。相手の意見に合わせすぎるあまり、一緒にいて疲れてしまう原因を作っていることが多いです。自分の意見をぱっと言えるような関係になることで、快適な人間関係作ることが出来るのでおすすめになります。

一人で過ごすことが好き

読書をしている女性の画像

熱中できる趣味を持っている

普段から友達と過ごすよりも、一人で完結することができたり熱中できる趣味を持っている場合は単純に人といると疲れる傾向にあります。

一人で過ごすことがで好きなマイペースな性格をしている場合は、誰かに合わせることでストレスを無意識に感じていることが多いです。普段は好きなタイミングで過ごしている人は、友達と関わる時間を少し減らすことによってストレスを軽減することができます。また似たような趣味を持った友達がいると接しやすいです。

自分の気持ちを表現するのが苦手

遠くでたそがれている女性の画像

人見知りをすることもある

自分の気持ちを言葉して表現することを苦手としていたり、人見知りをしてしまうことにより友達と一緒にいて疲れてしまうということが起きやすいです。

 

相手を否定しない意見だったり、周りの空気を悪くしない発言以外は、友達ならば聞き入れてくれる人は多いので勇気を持って発言することで気が楽になります。

 

また友達に対して気持ちを直接言えない場合は、手紙やSNS、LINEなど他の連絡手段を使って自分の気持ちを伝えるのもおすすめになります。

すぐに自分の気持ちを言葉にできない場合は、日頃からノートに自分の気持ちを書くようにしたり、仲の良い友達や家族から気持ちを伝えることを中心に始めてみるのがおすすめになります。気持ちをパッと伝えられるようになると、コミュニケーションや会話のキャッチボールが取りやすくなるので意識してみるのがおすすめです。

相手の気持ちに共感しすぎてしまう

海を見てたそがれている画像

共依存になりやすい性格は注意

友達から相談をされてしまったり、負担に感じるほど頼られた場合は相手の気持ちに入り込むことによって、共依存してしまう傾向にあります。

ネガティブな相談な時は自分も気分が落ち込みすぎることによって、好きなのに友達と一緒にいて疲れてしまうということが多くなります。相談を受ける場合は、自分の問題として考えずに切り離して相手の問題に寄り添うように接していくとストレスが溜まりにくくなるのでおすすめになります。入り込み過ぎに注意しましょう。

一緒にいて疲れる友達とはどう付き合えばいい?

友達といて疲れるときにおすすめの対処法

うなだれている女性の画像

負担がかかりすぎないように意識する

会うと一緒にいて疲れる人とは長時間いるとストレスが溜まってしまいます。そこで一緒にいて疲れる人とうまく付き合っていく方法について紹介していきます。

友達のことは心から信頼していたり、本当は好きな友達なのにどこか一緒にいて疲れると思っていて、これ以上友達のことを嫌いになりたくないという人は、一度友達との付き合い方を見直してみるのもおすすめの方法になります。人間関係に悩んでいる人は、いろいろ試してみて自分の一番いやすい環境を作ってみてください。

接しやすい距離感を保つ

向き合っている靴の画像

入り込みすぎない

一緒にいて疲れる友達には、心が疲れるほどの距離は避けて仲良くなりすぎず接しやすい距離感を保って付き合っていくのがおすすめの方法になります。

疲れる友達と深く関わりすぎることによって、相手も自分に依存してしまい結果一緒にいる時間を増やしてしまうこともあります。相手から必要とされた時に最低限で接していくといい距離で相手と仲良くすることができるのでおすすめの方法になります。また相手のペースに流されすぎないように注意することも大切になります。

二人きりは避ける

男女で盛り上がっている画像

大勢で会うのがベスト

二人きりで会うと、友達対して気を使ってしまったり負担をすべて追ってしまうことで余計に疲れてしまう人は大勢で遊ぶのがおすすめの方法になります。

一緒にいて疲れるタイプの友達とは二人きりで遊ばずに、グループで遊ぶ場合のみその友達と会うようにするのもおすすめになります。また大勢の前では面倒くさい特徴を出さないタイプの人は、二人きりで会うのを避けるだけでストレスが軽減されるのでおすすめの方法になります。グループでフォローできるところもいいところです。

関わらなくていい相手は関わらない

手を伸ばしている女性の画像

思い切って距離を置く

一緒にいて疲れる友達とは、思い切って距離を置いて関わらないようにする方法になります。必要な時のみ関わるようにするとストレスが溜まりにくいです。

いきなり無視して距離を置くのは、相手を傷つけてしまうので相手から話しかけられた場合はしっかり対応すると相手に嫌な気分を与えないので意識しましょう。性格的に距離が置きづらいという方は、遊びの誘いを3回に1回断ったり、SNSやメールの返信を遅めにしたりなど少しずつ距離を置いていくのがおすすめの方法になります。

疲れてしまった時はリフレッシュして気分転換しよう!

心の疲労を癒すおすすめのストレス解消方法

胸に手をあてている女性の画像

気分転換はとても大事

好きなのに疲れる友達と一緒にいることが続いた場合は、思い切って自分の気分をリフレッシュすることでストレスが溜まりにくいです。

ストレスが溜まることによって、逆に友達を気遣わせてしまったり、機嫌が顔に出てしまうこともあるので注意です。そこで、疲れてしまった時にリフレッシュすることができるおすすめの方法を紹介していきます。ストレスの発散方法や気分のリフレッシュ方法が見つからないという人は参考にしてみてください。

大声を出してリフレッシュできるカラオケ

照明に照らされているマイクの画像

好きな曲を思いっきり歌う

大声を出すことができるカラオケで、好きな曲を思いっきり歌うことで気持ちをリフレッシュすることができる方法になります。

ストレス発散のためにカラオケで選曲する時は、歌いなれている曲だったり自分の声質に合っている曲を選ぶと、心地よく歌うことが出来るのでおすすめになります。一人が好きな人は一人カラオケをすることで、好きな曲を好きなだけ歌うことができるのでストレス発散になるという人も多く、人気の高いリフレッシュ方法になっています。

一緒にいて楽な友達や家族と過ごす

友達同士で手をあげている女性同士の画像

気を許せる人といるのがベスト

気を使って無理して会話をしなくても一緒にいて気が楽な友達や家族と過ごすことで、人間関係で疲れた気分をリフレッシュする方法になります。

言いたいことが言い合える、無言でいても咎められたり嫌な気分にならない人といることが大事です。一人でいるのは寂しいけれど、気を遣う友達といると疲れてしまう人にはおすすめの方法になります。相談事がある場合は、愚痴を言い過ぎないように相手に相談することで嫌な気持ちを軽減することができるのでおすすめです。

ひたすら寝ることでリフレッシュする

布団に潜っている女性の画像

余計なことを考えなくて済む

誰かといるととにかく疲れてしまったり、一人でいても余計なことを考えすぎてしまう人は思い切って寝ることでリフレッシュする方法がおすすめです。

睡眠時間が足りないと、心に余裕がなくなるので人に対して否定的なことを言ってしまったり、無性にイライラしてしまうことが多いのでストレスが溜まりやすい人は睡眠時間を増やしてみるのもおすすめになります。寝る時に遣うベッド、布団、枕などにこだわると快適な睡眠時間を過ごすことが出来るので意識してみてください。

好きな音楽を聴く

音楽を聴いて頭をふっている女性の画像

ライブに行くのもおすすめ!

ストレスが溜まった時に聴く曲や、自分が聴くと幸せな気分になれる曲などを聴くことで疲れた気分をリフレッシュすることができるのでおすすめです。

手をあげたりジャンプしたりと音楽を聴きながら身体を動かすことができる、ライブやフェスなどもリフレッシュすることができるのでおすすめになります。音楽を選ぶ時は、気分の落ちるようなものではなく気分が明るくなるようなアップテンポの曲を選ぶようにするとより気分をあげることができるのでおすすめになります。

映画を見る

誰もいない映画館の画像

物語に入りこむことでリフレッシュ

映画を見ることで、自分とは違う人生や物語を追体験することができるので、気分をリフレッシュすることができるのでおすすめです。

映画館で見てもいいですし、家でまったりDVDを借りてみるのもおすすめになります。いつもと違う追体験をすることで、違う目線から人間関係を捉えることができるところもメリットになります。お気に入りの映画を見つけておくと便利です。

一緒にいて疲れる友達ランキング【あるある】15選まとめ

花冠をつけて遠くを見る女性の画像

友達と疲れない距離を保つ

一緒にいて疲れる友達の特徴あるあるをランキングで紹介しましたが、自分自身の人間関係の周りにこの特徴に当てはまる友達は何人いましたか?

好きなのに疲れてしまうという友達が周りにいる場合は、深く関わりすぎず自分が疲れてしまわない距離を保って接することでうまく人間関係を築くことができます。また自分自身も他の友達と振り回してしまっていないか、一度特徴ランキングを見て見直してみるのもおすすめになります。いい距離感で楽しく過ごすのがベストです。

他のあるあるランキングに興味がある方はこちら!

男女の友情は果たしてあるのか?男女それぞれの本音15選&あるある話も紹介! | ランキングまとめメディア
インスタ女子のあるあるな痛い特徴27選!その心理と闇に潜む仰天事情とは? | ランキングまとめメディア
片思いあるあるの共感ランキング131選!好きな人がいる中学生から大人まで! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ