警戒心が強い人の特徴15選!警戒してしまう原因と仕事や恋愛での解きほぐし方!

普段接していると、なぜか人に対してとても警戒心が強い人がいます。そんな警戒心が強いはどのような原因で警戒心が強い人になってしまったのでしょうか。また、普段の生活の中で警戒してしまう原因や仕事や恋愛面での警戒心の解し方もランキングで紹介します。警戒心の強いひとの性格的特徴や、仕事や恋愛面での接し方の注意点にも注目してみましょう。ランキングを参考に警戒心が強い人の心理を理解して自分に対する警戒を解いて接してもらいましょう。

目次

  1. 警戒心が強い人ランキング【特徴】15選!
  2. 警戒心が強い人ランキング【特徴】15位~11位
  3. 警戒心が強い人ランキング【特徴】10位~7位
  4. 警戒心が強い人ランキング【特徴】6位~4位
  5. 警戒心が強い人ランキング【特徴】3位~1位
  6. 逆に警戒心がない人の特徴もチェックしてみよう!
  7. 警戒心が強い人とはどのように付き合えばいい?
  8. どうすれば警戒心が強い性格を直すことができる?
  9. 警戒心が強い人ランキング【特徴】15選まとめ

警戒心が強い人ランキング【特徴】15選!

警戒してしまう原因と仕事や恋愛での解きほぐし方!

怯える女性

ちょっとしたことで警戒する

例えば警戒心が強い人の隣で少し動くだけでビクッとされてしまうことがあります。なぜ、これほどまで警戒心が強くなってしまうのでしょうか?

自分自身が少し警戒心が強いと感じる人も多いかも知れませんが、そんな警戒心とはどんな気持ちが影響しているのでしょうか。時に警戒心が強いことで仕事や恋愛にも影響を及ぼしてしまうこともあります。そういった警戒心をほぐすことも大切なことと言えるのではないでしょうか。

なぜ警戒心が強くなってしまうのか

木の影に隠れる男性

男性と女性でやや異なる原因

そもそも警戒心が強い人は、どういった理由で警戒心が強い状態になってしまうのでしょうか。その傾向を知ることが大切です。

例えば何らかのトラウマや大きな裏切り、また女性の場合は本能的に男性に対して警戒心が強い心理になりやすいといえるようです。どうしても男性のほうが力があるため、動物的な本能が警戒心が強い状態を作る可能性もあります。そして、恐怖心なども警戒心が強い状態になりやすい原因といえるでしょう。

ランキングで警戒心が強い性格の人の特徴をチェック

壁ドンされて警戒する女性

特徴や心理を理解してあげよう

警戒心が強い人は一度壁を作ってしまうと、その人や状況においてはなかなか警戒心を解くことが出来ません。

そのため仕事や恋愛などで円滑な関係を送るためにも、ランキングを参考に警戒心が強い人のことをしっかりと理解してあげましょう。それでは警戒心が強い人の特徴ランキングのスタートです!

警戒心が強い人ランキング【特徴】15位~11位

自分自身が警戒心が強いという場合はその原因を一つずつ紐解くことで、自分自身に向き合うことが出来るようになります。仕事や恋愛でどこかうまくいかない原因がその警戒心が強いことが影響しているかもしれません。

15位:偽名や匿名を使う

プライベートのことは明かさない

会社の名刺

SNSなども偽名

警戒心が強い場合、例えば飲み屋などで親しくなった飲み仲間に対して、自分の本名を教えなかったり偽名を使うことすらあります。

 

場合によってはまったく違った経歴や職種をしているという風に設定を作る人も居るようです。

また仕事のなどもかなり大雑把な職種程度に留めておき、詳しいプライベートな部分は明かさないことがあります。そのため、いつも飲み屋で顔を合わせるような間柄になっても連絡先を交換してくれることはなく、SNSなどでも偽名を使って極力プライベートを明かそうとしません。

また、海外ではSNSの一つであるFacebookは本名と顔写真を使って登録する人が多いですが、日本においては偽名であったり顔写真を使わない人が多いです。そういったことを考えるとランキングにおいて日本人は元から警戒心が強い人種といえるかもしれません。

14位:仮面を被りたがる

素の自分を出したがらない

ビジネスマンの表と裏

もうひとりの自分を演じる

ランキングのように警戒心が強い人は、初対面の人や赤の他人の前では、自分を偽って仮面を被ったように別の自分を演じることがあります。

そのため仕事場の仲間と呑むときも、酔っ払って自分を見失うような酔い方もしないように気をつけるという特徴があるでしょう。また、恋愛関係に発展しても最初はなかなか本音を言ってくれないため、警戒心が強い人の真意が分からないと困ることもあるかも知れません。

口コミの中でもランキングのように普段は仮面をかぶって生活をしているという人は多いです。時には相手に合わせてわざとオーバーリアクションを取ったり、相手に話を合わせたりと息苦しさを感じている人も多いと言えそうです。ランキングにおいてこういった日々の生活における警戒心が強いという特徴はストレスも多いことでしょう。

13位:自分から連絡は取らない

必要最低限の交友関係に留める

スマホを操作する指

限られた連絡先

先程のランキングとも共通する特徴ですが、基本的に警戒心が強い人は自分から連絡を取ろうとはしません。

警戒心が強い性格の場合、仕事や恋愛においても自分から連絡を取るのは苦手という特徴があるようです。必要最低限の連絡に留めるだけでなく、連絡先を交換することも最低限に留めます。せっかく恋愛関係に発展しても、あまり頻繁に連絡を取ってくれないということが原因で関係が破綻することもあるでしょう。

性格的に警戒心が強い人は、過去に大きな失敗やトラウマを抱えるような出来事を経験しており、そういったことから友人や職場の人と必要以上に連絡を取らないようになることが多いです。「また同じような失敗をしたらどうしよう」という気持ちが強いため、なかなかその問題を乗り越えることが出来ないというのもランキングのポイントです。

12位:環境が変わるのが苦手

同じことを繰り返している方が安心できる

みんなで仕事の話し合い

仕事で苦労することも多い

警戒心が強い性格の人は、環境が変わることに対して警戒心が強いため、仕事場の新しいプロジェクトなどが立ち上がることも苦手なタイプです。

逆に同じ作業を繰り返すのは得意だったり、落ち着いた環境を好むため無理に変化させることは避けようとします。警戒心が強いことで新人が入ってきたり新しい担当が自分に就くのも苦手としています。

また、服装などもあまり変化をつけることがないため季節が変化しても、基本的なコーディネートには変化が無いため季節感がない人という雰囲気を与えるかもしれません。ランキングにおいて警戒心が強い性格の人は、とてもオーソドックスな生活を好むタイプだといえるでしょう。

11位:どこかいつも怯えている

漠然とした不安感が付きまとう

不安そうな女性

言葉にできない不安感

性格的に警戒心が強いと、どこかいつも怯えているような不安感が付きまとうことがあります。

警戒心が強い人は、何か理由があるというわけで無くても「このままで良いのかな?」とか「嫌な予感がする」という風に漠然とした不安感を感じています。特に季節の変わり目や天候の変化などに影響されやすかったり、普段から利用しているものなどが変わってしまうことから警戒心が強い状態になりやすいといえます。

例えば、仲の良かった友達が結婚したという風に大きな変化が起きた時に、警戒心が強い人はその影響を受けてしまうことがあります。将来的な不安を抱えることもあり、現状がそれほど悪い状態でなくても警戒心が強いと不安感に襲われるという心理は理解してあげることが大切です。

警戒心が強い人ランキング【特徴】10位~7位

下位のランキングから警戒心が強い人の心理的な特徴や性格の特徴を少なからず感じることが出来たかもしれません。警戒心が強いことは仕事や恋愛でも、人よりかなり慎重に行動したくなるというのは多くの特徴を知れば理解出来る部分も増えてくるといえます。

10位:気を使いすぎる

遠慮していると思われることが多い

スマホを操作しながら不安な男性

相手の反応を気にしている

警戒心が強い性格の場合、とても相手の反応を気にしており気を使いすぎる性格だといえます。

例えばLINEなどで相手と連絡を取っていても、自分が返信を送ってから相手の返事が来るまでの間の時間に不安感を覚えることもあります。自分が送った内容が相手の気分を害していないかなど気を使いすぎる性格だと言えます。

同様に相手の返信に対しても内容を深読みしすぎて、なかなか返信出来ないなど警戒心が強いことで円滑な連絡を取れないことも弊害だといえます。仕事や恋愛でもそういった気を使いすぎる部分から、相手に警戒心が強い人だと悟られてしまうことも多いようです。

9位:信頼関係を築くのに時間がかかる

なかなか仲の良い友だちを作れない

仲良しの友達

仲良くなると固い絆

ランキングのような性格の特徴を持っていると、警戒心が強いことからなかなか信頼関係を築くのに時間がかかってしまいます。

友達作りをすることすら警戒心が強いためなかなか困難なことから、仕事仲間や恋愛相手もなかなか作りにくいタイプです。相手が根気よく自分との交流を続けてくれることで、信頼関係が構築されていくタイプです。そして、そういった時期を無事乗り越えることが出来るととても強い絆が生まれて、その友人のためなら積極的に行動出来るタイプです。

警戒心が強い人のランキングでは、以前は他の人と同じように信頼関係築くのに時間がそれほど関わったわけではないというタイプもいます。しかし、仕事や恋愛において他人に裏切られた経験や何らかの理由で信頼関係を壊れたという経験をしたことから警戒心が強いタイプになり、現在のような性格に至るタイプが多いようです。

8位:必要以上に書類や説明書をチェックする

レシートなどの内容もしっかり確認

シンプルな契約書

細かな規約もチェック

よくネットやゲームなどをするときに、最初に表示される規約などをしっかりと読み込むのが警戒心が強い人の特徴です。

 

また、レシートなども打ち間違えや買い忘れなどが無いか、しっかりと確認するという特徴もあります。

こういった警戒心が強い人のランキングに見られる特徴として、自分以外は誰も信用できないという気持ちが強いことが影響しています。仕事や恋愛面でも他人の意見よりも自分が目で見たもの以外は信用しないという心理が影響しているといえそうです。

こういった特徴は性格的に感覚派タイプと堅実派で分かれる特徴といえます。やりながら覚えるというタイプに比べて警戒心が強い人は、何かが起きてからでは遅いという気持ちが事前準備をしっかりするところにつながっています。

7位:目を合わせない

自分のことを知られるのが怖い

大きな目の女性

気持ちを読まれるような感覚

ランキングにおいて、他人と話している時に自分のことを知られることが怖いことから、目を合わせることを苦手としているタイプです。

人と話している時に目を見てじっくりと話されると、嘘をつけないという気持ちになったり自分を見透かされるような感覚になる人はいませんか?警戒心が強い人は自分のことを知られたくないという気持ちが強いため、他人と目を合わすことを好みません。

普段相手と話している時に、相手がなかなか目を合わせてくれないというときは、その原因に警戒心が強いということが影響しているかもしれません。ランキングを参考にしながら、相手の不安を一つ一つ取り除いてあげることや、時間をかけてあげることで少しずつ目を見て話をしてくれるようになるかもしれません。

警戒心が強い人ランキング【特徴】6位~4位

警戒心が強い人の原因にはランキングのような様々な特徴が関係しているのが見えてきました。せっかく仲良くなりたいと思って接していても、どこか心を開いてくれなかった原因には警戒心が強いことが関係しているかもしれません。

6位:恋愛は奥手

なかなか自分から恋愛に取り組めない

ハートの形をした入れ物

警戒心が邪魔をしてしまう

警戒心が強い人ランキングの特徴として、恋愛に関してかなり奥手だと感じることが多いかも知れません。

恋愛において奥手な原因として、相手に自分のことを知られることが怖いという警戒心が影響している場合が多いようです。「ホントの自分を知られたら相手にどう思われるだろう」という不安感が原因となって、恋愛において進展がしにくいといえます。

口コミの中では、やはり恋愛において警戒心が強いことが足かせになってしまうというパターンが多いと感じている人が多いです。しかし、恋愛においては相手ばかりが自分の心を開くというのはバランスが悪く、どうしても不満を感じられてしまうことが多いでしょう。警戒心が強い人もゆっくりでも良いので自分をさらけ出して行くことが必要です。

5位:新しいことにチャレンジするのが苦手

転職や配置換えは怖い

TRYと書かれた小物

新しい習い事などを初められない

ランキングに出た環境が変わることが苦手という部分と共通する特徴として、新しいことにチャレンジするのが苦手というのも大きな特徴です。

自分を変えるきっかけとして新しい習い事を初めたり趣味に取り組むという方法があります。しかし、警戒心が強い人の場合はそういった、新しい事にチャレンジすることが苦手なことが原因でなかなか自分を変えることが出来ない原因になっています。

今のままではダメと感じている人でも、自分を変えることが難しい性格の特徴に警戒心が強いことが関係しているのは、なかなか厄介なことです。こういったときは自分の中で信頼出来る人に協力してもらって、安心感がある中で新しいことにチャレンジしてみるのがおすすめです。

4位:神経質

ちょっとしたことが気になる

お腹が痛くなったサラリーマン

警戒心と神経質

ランキングにおいて警戒心が強いことと神経質な人というのは、とても近い特徴を持っていると言えます。

物事を何度も確認してから行動するような人は神経質な人だと言われますが、これは見方を変えれば警戒心が強い人とも言えます。そういったことが原因で体調を崩すことも多く、仕事をしようとするとお腹が痛くなるなどの弊害が起きてしまうこともあるでしょう。

口コミのようにまったく知らない番号から着信があると、そのことが気になって他の用事が手に付かないというような状態になってしまうこともあります。警戒心が強いと折返しの電話で確認して謎を解きたくでも、どうしても警戒心が強いことが原因でその行動を取れないというような八方塞がりになってしまうタイプです。

警戒心が強い人ランキング【特徴】3位~1位

ランキングを確認していると自分もこういった特徴に思い当たる節があるという人も居るのではないでしょうか。同時に先程のように自分は神経質すぎるという人は、同時に警戒心が強い人と同じ特徴を持っている可能性も高いのかも知れません。

3位:自分に自信がない

自信を持てるようになることで変われる

パソコンの前で頭を抱える女性

成功経験が少ない

自信がないということは、様々なマイナスの性格の特徴に繋がりやすい原因です。そのため警戒心が強い人にも自分に自信がない人が多いといえるでしょう。

自分に自信があれば他人と比較したり他人を警戒する必要はかなり薄れると言えます。自然と自分を過小評価してしまうこともあり、恋愛や仕事面でも積極的に行動できない原因となってしまうでしょう。

どこかを見つめる女性

変化を生みにくい

ランキングのように新しい環境が苦手だったりチャレンジ精神が生みにくいというのも、こういった自信がないことが大きな原因になるといえます。

自信がないと現場を維持することに手一杯になり、変化を生みにくい環境になります。そういった生活がマンネリ感を生んでしまい、ポジティブな気持ちが生まれにくいことにも繋がります。小さなことで良いので自信が生まれるような成功経験を積むことが理想と言えます。

時には攻撃的な気持ちになってしまうこともある

口コミでは自信がないことが攻撃的な性格につながる原因になると考えている人もいます。自分に自信がないことで警戒心が強い状態が高まり、これ以上自信を失いたくないということから人を遠ざけるような行動を取ってしまうというわけです。

自信をつけるというのは容易なことではありませんが、口コミのように身体を動かして肉体的な部分で自信をつけたり、ちょっとした趣味をはじめて自分の可能性を広げることがおすすめといえそうです。

2位:いつまでも敬語

敬語を使うことで壁を維持する

とても腰の低い男性と女性

タメ口は心を許した相手だけ

ある程度付き合いが長いはずなのにずっと敬語を使ってくるという友人はいませんか?そういった人は警戒心が強い人でありタメ口を使えるのは、本当に心を許した一握りの相手だけということがあります。

これは敬語を使うことで、相手との関係性を線引するような壁を維持したいという気持ちが強く関係しているといえます。

また、警戒心が強いとなかなか敬語はやめるタイミングが見つからないというものもあります。そのため警戒心が強いことから、急にタメ口にしたら相手にどう思われるだろうという不安感や心配があるのかもしれません。

初対面の接し方が影響しやすい

この敬語を使う人の特徴として、初対面のときの接し方がかなり影響するようです。ネットの世界でもそういった気持は変わっておらず、SNSなどで絡む時に最初からタメ口の人とは以降も警戒心をなかなか緩めないということも多いです。

敬語は相手に対する敬意を示すという意味合いが強く、少しずつその警戒心を解いていくということが大切です。逆に最初で印象が悪くなったり不信感を抱かせてしまうと、なかなか警戒心が強い人の気持ちを変えることは難しいということを忘れないようにしましょう。

1位:極度の人見知り

出来ればあまり人と関わりたくない

隠れてこちらを見ている女性

恥ずかしがり屋なところもある

自分を見せることが苦手な警戒心が強い人の場合は、とても人見知りで恥ずかしがり屋な傾向が強いようです。

人見知りになる人は、元から警戒心が強い性格を持っていることや恥ずかしがり屋な特徴から、あまり人と関わりたくないという気持ちが強いです。また、人前に出ることは好まないため、仕事でも黙々と自分の作業に没頭しているタイプです。

恥ずかしがり屋で輪に入れない人

シミュレーションすることも多い

そういった性格傾向の人は、人と接する時に事前にシミュレーションをしてから行動を取るようなことも多いです。

いわゆる妄想癖があるとも言えますが、こういったシミュレーションをするときもネガティブな考えになりやすく、「どうせ行動しても相手に嫌な顔をされるだけ」という風に考えてしまうことも多いと言えるのではないでしょうか。

なかなか距離を縮めることが出来ない

頭の中で考え事をする男性

触れられるのも怖い

よくポジティブで明るい性格の人にボディタッチが多い人がいます。警戒心が強い人は最も苦手なタイプといえるかもしれません。

自分は距離を取りたいのにボディタッチが多い人は、かなりフランクに距離を縮めてくるタイプといえます。こういった真逆な性格が良い風に作用して仲良くなることもありますが、一気に精神的に疲れてしまうこともあり難しい相性といえます。

人見知りな性格を治したいという人は口コミでも多いです。警戒心が強い人も必ずしも人との関わりを持ちたくないというわけではなく、楽しそうに話しているグループに参加したいという気持ちを持つことは多いです。

人見知りは意識的に治そうと努力する人も入れば、年齢を重ねるうちに自然に改善されていく人も多いようです。それでも人との付き合いは狭く浅くということになりやすく、どこか心寂しいという気持ちを持ちやすいようです。信頼できる友達を通じて、少しずつ輪を広げていくことが理想的な方法だといえます。

逆に警戒心がない人の特徴もチェックしてみよう!

警戒心が強い人と警戒しない人との違いとは

手を挙げる女性と風船

楽天的な性格の持ち主

警戒心が強い人の真逆と言えるのは楽天家と呼ばれるタイプの性格の人です。どんなときもなんとかなるという心理の持ち主です。

警戒心が強い人は物事を考える時に様々なシミュレーションをして、もっとも安全な形を選ぼうとします。逆に警戒心がないタイプの人は「やってみなきゃわからない」という気持ちが強く、たとえ失敗しても仕方ないと気持ちを切り替えることが出来る楽天家なタイプです。

笑顔の爽やかなサラリーマン

気持ちに余裕がある

気持ちに余裕がないとどうしても焦ったり警戒心が強くなりやすいです。気持ちに余裕のある人は、もしものときに慌てずに行動できるゆとりを持ち合わせています。

この性格の特徴として仕事や恋愛でも、とても物事を順調に進めることが出来ます。何か揉め事が起きても「そういうときもあるからさ」という風にまわりを落ち着けてなだめる事もできるタイプでしょう。また、お金などの金銭的な余裕があるとより余裕が生まれやすくなります。

スマホでお買い物

スマホなどをロックしない

自分の周りの人にスマホにロックをかけなかったり、スマホを置いたまま机を離れる人はいませんか?

このように人を信用している気持ちが強かったり、元から警戒心が弱いタイプの人はセキュリティ面でもゆるい部分が多いです。スマホをロックしていなくて人に見られても困らないと考えていたり、人の物を盗るような悪い人は居ないという心理が影響しています。

日頃の生活の仕方で警戒心がないかわかる

散らかったソファー

部屋が汚い

警戒心がない人の特徴として部屋が汚いとか片付けていないというのも特徴の一つです。こういった日頃の生活の特徴からも警戒心がないかどうかは感じ取りやすいです。

警戒心が強い人の場合は物がなくなったり、どこにあるのか分からないという状況は我慢出来ないと言えます。しかし、警戒心が無い性格の人からすれば、そこまで気にする必要はないとか後で見つかるという気持ちがあり部屋が散らかったままの人も多いでしょう。

話しかけやすそうな上司

明るく話しかけやすい

職場において相談しやすい人がいますが、そういった人は警戒心が無く、こちら側が話しかけやすい雰囲気を作ってくれる明る人です。

基本的にこのような明るくコミュニケーション能力が高い人は、警戒心が無いかそういった気持を表に出さないように出来る人といえます。仕事のときに相談しやすい上司として人気になりますし、恋愛面でも相談に乗ってもらったところから関係が発展して仲良くなるということも多いでしょう。

ベッドの上でのんびりする女性

大雑把で軽率

しかし、あまりに警戒心がないとデメリットも存在します。その特徴として大雑把な性格で軽率な行動を取る人だと思われてしまうことです。

仕事の計画を組み立てるときも、あまり後先を考えないでスケジュールを組み立ててしまうこともあり、後々のトラブルにつながってしまうということもあるでしょう。その点では警戒心が強い人のほうが、シミュレーションをしっかりとして慎重に仕事を進めてくれるので安心できる性格だと言えます。

警戒心が強い人とはどのように付き合えばいい?

仕事や恋愛での警戒心の解きほぐし方

手を繋いで歩く男女

距離感が大切

まず、警戒心が強い人の警戒心を解くためには相手が安心できる距離感を維持することが大切です。

例えばランキングに出たような警戒心が強い人に対して、初対面の段階からタメ口を聞くような行動はNGです。警戒心が強い正確にはお互いの信頼関係をゆっくりと築きながら距離感を保ちながら仲良くなりましょう。そのため、相手のプライベートに踏み込むような質問なども避けたほうが良いです。

敬礼をする男性

発言に責任を持つ

信頼関係を築くためには有言実行が大事であり、自分が口にしたことは責任を持つことが大切です。つまり、口だけの人の場合は信用できない人だと思われてしまって警戒されてしまうわけです。

特に約束を破るようなことはNGなので、時間などもきっちりと守って行動することが必要になってきます。他人の悪口を言ったり否定したりということは「自分も裏では同じようなことを言われているのかも」という不信感を生んでしまう行為です。

友人や同僚としての接し方

笑顔の仲良しグループ

共通の趣味がおすすめ

自分と同じ世界感を持っている人に安心しやすい傾向があるため、共通の趣味を持っていると心を開きやすくなります。

趣味に没頭しているとついつい警戒心が下がって饒舌になるということもあるため、その人の好きな趣味を自然と知ることが出来ればベストです。いきなり一緒にその趣味をチャレンジするというよりも、その趣味を初めたのでアドバイスが欲しいというような感じゆっくりと共通の趣味を話題にするのがおすすめです。

露骨に褒めてくる男性

自信を持たせる

警戒心が強い人の特徴ランキングで紹介したように、警戒心が強い人は自分に自信がない人が多いです。

そのため、警戒心が強い場合は小さなことからで良いので自信を持たせてあげることがおすすめです。自分を過小評価している部分を改善してあげることが大切なので、一緒に寄り添って経験値を積ませてあげることが良いでしょう。

どうすれば警戒心が強い性格を直すことができる?

強い警戒心を克服するための方法とは

お酒を飲みながら談笑

仲の良い人を大切にする

警戒心を克服するのはなかなか簡単なことではありません。まずは仲の良い人と大切にして、その人に協力してもらうことが大切です。

自分にとって安心できて信頼出来る存在を作ることで、新しいことにチャレンジしやすい状況になります。警戒心が強い場合でも、もう少し人と接する機会を増やしたいとか、新しいグループに参加したいということを助けてもらうことがおすすめです。

手を広げた女性

自己開示に挑戦する

そういった状況を作りながら同時に自己開示する努力をしましょう。つまり自分の事を少しずつで良いので開示していくことです。

警戒心が強い人は自分の弱い部分を見せても、そのことが必ずしもマイナスがことに繋がるわけではないという経験が大切です。自分では重い話だと思っていたり引かれる趣味だと思っていることでも「俺も同じ経験したことあるよ」とか「実は私も同じ傾向あるかも」という風に共感してくれる人に出逢うことが出来ます。

あくびをするワンコ

動物から学ぶ

自分がペットを飼っている場合は、ペットとの関係づくりを参考にしてみると良いでしょう。ペットを飼ったときに初めから動物は人間に懐いてくれるとは限りません。

また、公園などに居る野良猫と接するときも同様です。相手のテリトリーに侵入することはとても警戒される理由です。しかし、相手に無害であることが分かれば少しずつですが心を開いてくれる存在になります。自分自身もそういった警戒心が強い性格と同じであると知ることも大切です。

変化を起こす

トランクを持ってあてのない旅にでる女性

旅行などで違う環境を経験する

新しい環境に身を投じてみるということは、警戒心が強い性格を改善することにつながります。そういった方法としては旅行というのも一つの方法です。

信頼できる友達と旅行を重ねたり一人旅に挑戦してみるのも方法といえます。また、習い事や新しい趣味を始めることも大切です。同世代は緊張するという場合は、おじいちゃんおばあちゃんのような存在と触れ合える年輩な方が多い習い事を選んでも良いでしょう。

いろんな服

服装を変えてみる

こういった環境を変える方法に近いのが、普段とは違う服装をしてみるというものです。最初は色を変えてみることから挑戦すると良いでしょう。

普段は落ち着いた黒っぽいカラーの服を着ている人は、明るい色の服に挑戦してみるのがスタート地点です。そこからいろんな服装にチャレンジするようにして、成功体験を積んでみることが重要です。この行為のメリットとして、良い意味で人はそんなに他人のことに興味がないと感じることもあるでしょう。自分が警戒していたのば馬鹿らしいと笑ってしまうような経験ともいえます。

丁寧にお辞儀する男性

自分から声をかける

こちらも挑戦しやすい改善方法ですが、何かアクションを起こす時に自分から声をかけるようにすることです。

 

仕事場に出社したら自分から朝の挨拶をするということを繰り返すだけでも、今までの自分に変化を生み出すきっかけになります。

こういった行為を繰り返していると「最近、自分から挨拶してくれるよね」とその行為に気づいて褒めてくれる人も現れる可能性があります。また、仲の良い友達と連絡を取るときは自分から予定などの連絡を取るようにしてみると良いでしょう。

警戒心が強い人ランキング【特徴】15選まとめ

なにかに悩む女性

自信を持てるように経験を増やそう

警戒心が強い人ランキングでは様々な特徴を紹介しました。仕事に関してはその警戒心から慎重に仕事に取り組むことが出来るなどメリットも存在します。

しかし、慎重に慎重を重ねてという行動は周りの人にとって警戒心が強いと煩わしさを感じさせてしまうこともあるでしょう。そのため警戒心が強いことは悪いことではないですが、もう少しバランスを取れるように成功経験を増やして自分に自信を持てるようにしましょう。

手を繋ぐ家族

円滑な人間関係を築こう

警戒心が強いという性格から、少しバランスの良い性格に改善することが出来れば円滑な人間関係を築くことが出来ます。

今まで人付き合いが狭く寂しい気持ちを抱えていた人も、いろいろな知り合いが出来ることで考え方に柔軟性が生まれて、より円滑なコミュニケーションを身につけることが出来ます。共通の趣味などを通して自分の可能性を広げることは人生を充実させてくれることでしょう。ランキングを参考に警戒心が強い性格の特徴を見直して、その改善方法に取り組んでみましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

シャイな人の心理と特徴27選&克服方法!シャイな性格の人を好きになったら? | ランキングまとめメディア
落ち着いてる女性の特徴・性格11選!振る舞いで落ち着きを出すことができる? | ランキングまとめメディア
嫉妬深い人に共通する心理&特徴27選!嫉妬する原因や性格を変える方法は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ