群れる人の心理と特徴11選!群れることのメリットや群れない人との違いとは?

女性は特に群れることが好きだと言われています。しかし、世の中には群れることが好きな人もいれば嫌いな人も居ます。群れる人は「精神的に未熟」であるとも言われることがありますが、本当にそうなのでしょうか?この記事では群れたがる人の心理的特徴をランキング形式でご紹介します。群れない男性の理由や、集団で居ることのメリット・デメリットについてもランキングで一緒に見ていきましょう。

目次

  1. 群れる人の心理&特徴ランキング11選!
  2. 群れる人の心理&特徴ランキング11位~7位
  3. 群れる人の心理&特徴ランキング6位~4位
  4. 群れる人の心理&特徴ランキング3位:集団でいることの強み
  5. 群れる人の心理&特徴ランキング2位:自尊心が低い
  6. 群れる人の心理&特徴ランキング1位:不安を共有できる
  7. 群れない人とはどのような差があるのか?
  8. ただ群れるのではなく本当の仲間がほしい!
  9. 群れる人の心理&特徴ランキング11選まとめ

群れる人の心理&特徴ランキング11選!

仲間

日本人は群れるのが好き?

世の中には群れるのが好きだという人がいます。特に日本人は群れるのが好きだという人が多いと言われています。群れるのが好きな人の心理的特徴とは何なのでしょうか。

世の中には群れることを好む人たちが多い

木の人形

集団への所属欲求

人間は社会的な動物ですので、集団への所属欲求があります。集団行動をしていると落ち着くわけです。しかし、その欲求には個人差があります。

人と群れないと落ち着かない人がいる一方で、群れることを嫌う人もいます。最近では「おひとり様」という言葉が世の中に定着しており、1人で何かにチャレンジする若者が増えていますので、日本人特有の群れるのが好きという性格も少しずつ変わってきているようにも見えますが、まだまだ集団行動が好きだという方は多いようです。

群れたがる理由を特徴や心理から迫っていこう

友達

群れる人の心理的特徴とは

ランキングでは群れるのが好きな人の心理的特徴をご紹介します。日本人が群れるのが好きだと言われる理由についても探っていきましょう。

ここで言う「群れる人」とは集団に属しているか属していないかという基準ではなく、学校やサークル、友達関係などで群れたがる人のことを指しています。群れることは決して悪いことではありませんが、必要以上に群れたがる人の心理とは何なのでしょうか。また、群れることによるメリット・デメリットも一緒に見ていきましょう。

群れる人の心理&特徴ランキング11位~7位

11位:仲間外れにされたくない

犬

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング11位は「仲間外れにされたくない」という心理です。これは本能と深く関わりがあるという説もあります。

ランキング11位の「仲間外れにされたくない」という心理は女性としての本能でもあるという説もあります。昔から家族という群れを守るのは女性の仕事であり、自分の群れを守るためには周囲との連携や情報交換が必要不可欠だったため、女性は現在でも群れることを好む傾向があるそうなのです。

群れることが正しいと思い込む

女性の友達

群れることで安心する

仲間外れにされたくないという気持ちが強い人は男女問わず一定数居ますが、そういった人は集団に身を置くことで安心します。

群れることが好きな人は1人で居るのに慣れていないので、友達やグループと離れるのを嫌がります。子供の頃から集団行動を当たり前にしてきた日本人は、群れないということが良くないことだと勘違いしている人も多いです。

群れると大胆になってしまう人も

群れることで強気になったり、普段と性格が変わってしまったりする人は敬遠される傾向があるそうです。人によっては友達に嫌われないために特定の誰かを貶したりしてしまう人もいます。そのため、集団に苦手意識を抱いてしまう人も多いです。

10位:独占欲が強い

パソコン

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング10位は「独占欲が強い人」です。特定の友達を独占したいという気持ちが強いので、その友達と離れるのを嫌がります。

ランキング10位は「独占欲が強い人」です。こういった人はその場を支配したいという気持ちも強いので積極的にグループを作ります。独占欲が強い人は無自覚でそういった行動を行っている人も多いようです。

友達を独占したい

女性の横顔

友達にヤキモチを妬く

独占欲が強い人は女性に多いといったイメージがあります。群れない男女にとって友達に対する独占欲というものは理解しにくい感情です。

独占欲が強い人は、友達が他の誰かと話しているという状況にもヤキモチを妬く人が居るのだそうです。女性ならそういった友達の話や実際に目にしたこともあるのではないでしょうか。特定の友達を独占したいがためにグループを作るという人もいます。

群れるイメージは女性が強い?

群れるイメージはやはり女性が強いようです。女性の集団特有の縄張り意識のようなものが苦手だという方も多いです。友達に対して独占欲が強いのも女性が多いかもしれません。

9位:批判が怖い

顔を隠した女性

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング9位は「批判が怖い」人です。これには集団心理による怖さもあります。集団心理とはどういったものなのでしょうか。

ランキング9位は「批判が怖い」人です。集団は似たもの同士の人間が集まりやすく、同じ考えや行動、性格を持った人で作られていることが多いです。群れることで自分1人ではなく「集団の意見」に変わるので、批判を受けることも少なくなります。ここで恐ろしいのは「責任」も無くなってしまうことです。場合によっては集団の他の誰かに押し付けることが出来てしまいます。

極端な行動に発展することも

女性

集団心理でブレーキが効かなくなる

集団で行動していると、周りの目に鈍感になりすぎてしまうこともあります。時には自分の感情も分からなくなり暴走してしまうこともあるようです。

1人で行動するよりも群れて集団で行動する方が、自分1人に対する批判や非難は少なくなり、恐怖感も感じなくなります。「集団心理」とも言います。「周りがみんなそうしているから」という理由で極端な行動に対するブレーキも効かなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

信頼できる友達がいればいい

不必要に群れなくても自分を大切にしてくれる、大切にできる友達が少数でも居てくれれば幸せです。団体行動や協調性を重んじるあまり、大切な人を蔑ろにしないように気を付けましょう。

8位:孤独感が強い

女の子

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング8位は「孤独感が強い」人です。1人でいることに慣れていない人や、1人が嫌いな人が集団を作って群れることがあります。

ランキング8位は「孤独感が強い」人です。集団行動を好む人の中には、単に1人で居るのは寂しいからといった理由で群れる人が居ます。1人で居るということに強いストレスを感じる人がこういった傾向にあるようです。

寂しいから群れる

女の子

孤独感に弱い

孤独感が人一倍強く、1人が苦手な人は集団行動をすることで安心します。特定の友達ではなく、ただ誰かと一緒に居られれば良いと感じる人もいるようです。

孤独感に耐えられないから群れるという人は、特に目的もなく誰かと一緒に居る、という人がほとんどです。寂しさを理由に集団行動をしたがるので、「集団に居る」というそれだけで安心します。人間は孤独には弱い動物ですが、孤独感が人一倍強い人に多いです。

環境によっても孤独を感じる

こういった環境によっても孤独感を感じるときはあります。どうしても1人でいると虚しい時というのは誰しもあるものです。自分だけが孤独を感じているわけではありません。

7位:自己主張が苦手

足を抱える

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング7位は「自己主張が苦手」な人です。自分の意見を誰かに言うことが難しいので周りの意見に合わせたり従ったりします。

ランキング7位は「自己主張が苦手」な人です。自分の意見を誰かに対して発言したり、話し合うことが苦手なため、集団に溶け込むことで誰かが変わりに言ってくれる、やってくれると思う人もいます。また、自己主張をして余計な批判を受けるくらいなら、誰かの意見に従っていた方が楽だと感じる人もいます。

自分の気持ちを伝えるのが苦手

女の子

自分の気持ちを大切にして

自分の意見を言わないで流されることがクセになってしまうと何も自分で決められないようになってしまいます。自分の気持ちは大切にしましょう。

自己主張が苦手な人の心理には「批判されたくない」「間違いを指摘されたくない」といったプライドの高さもあります。人間は人との摩擦で成長していくものです。自己主張をし、同じ意見も違う意見も聞くことによって人間的に大きく成長できるとも言えます。自分の気持ちを伝えることは悪いことではありません。

自己主張が強すぎる人も

逆に自己主張が強すぎて、集団の中で浮いてしまうという人も居ます。自己主張するのは悪いことではありませんが、自分だけ主張して人の意見を聞かないとなるとただの「嫌な人」になってしまうので気を付けましょう。「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」といった会話ができるのが理想です。

群れる人の心理&特徴ランキング6位~4位

6位:目立ちたくない

泣く女の子

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング6位は「目立ちたくない」人です。1人で行動すると目立つことも、集団ですれば目立ちにくく、人の目もそこまで気になりません。

群れる人の大きな特徴として「友達がいないと思われるのが嫌」という心理があります。1人で行動し、そういうレッテルを貼られるくらいなら集団の中にいる方がずっと安心するのです。

集団行動が必要な場がある

座る女の子

協調性も大切

集団行動が必要な場所というのが必ずあります。そんなときに協調性を発揮できないと周りから浮いてしまうこともあります。

学校の教室などでは、誰かといることが自然な場合がほとんどです。目立ちたくない人は、1人だと周りの視線が気になるため集団に溶け込もうとします。学校でなくても集団行動が必要な場所で敢えて単独行動をとる人は少ないでしょう。

個性が無くなる

目立ちたくないという理由で集団行動に身を置く人は、その集団のカラーにできるだけ染まろうとしてしまいがちです。人はみんな感じることや意見が違って当たり前なのですが、みんな一緒でなければいけないといった強迫観念に駆られてしまう人もいるようです。

5位:大勢と盛り上がるのが楽しい

ライブ

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング5位は「大勢と盛り上がるのが楽しい」です。単に社交性があり、友達や仲間たちとワイワイ賑やかにしているのが好きな人もいます。

ランキング5位は「大勢と盛り上がるのが楽しい」です。仲間や友達と一緒に行動することで何気ない日常が大切な思い出に変わったり楽しい経験が出来たりもします。集団でないと出来ないことも世の中には多いのです。

集団で楽しめるゲームが多い

グループ

大切な思い出を作れる

集団でないとできないことはたくさんあります。群れる理由の1つとして集団で楽しむスポーツやゲームが好きだからという理由もあるようです。

サッカーや野球などのスポーツや、将棋などのテーブルゲームも1人で遊ぶことが出来ないゲームはたくさんあります。また、仲間と共に1つの目標に向かって行動するというのは、1人では感じることの出来ない達成感も与えてくれます。人が群れる理由として、1人ではできないことに挑戦するためということもあります。

仲間が居ないと楽しめない

集団行動でも、本当の友達同士であればどんなことをしていても楽しいですし、嫌なことは嫌と言い合うことが出来ます。そういった関係なら何をしても良い思い出になります。

4位:1人で居ることを悪いことだと思っている

NOの文字

群れる人の心理

群れる人の心理&特徴ランキング4位は「1人で居ることを悪いことだと思っている」人です。幼い頃からの集団行動が理由となり、このように考えてしまう人もいます。

ランキング4位は「1人で居ることを悪いことだと思っている」人です。これは上でも説明したように、日本人は子供の頃から集団行動が当たり前の環境で育っているので、群れを作らずに1人で居るということを間違ったことだと勘違いしてしまっている人が多いのです。本来、群れを作ることも、1人で居ることも決して悪いことではありません。

1人は悪いことじゃない

1人の女性

1人を満喫して

1人でいることは悪いことではありません。1人で楽しく過ごしている人もたくさんいます。必ず誰かと一緒に居ないといけないということは無いのです。

世間のルールに縛られる人や真面目過ぎる人に多い特徴だといえます。優柔不断で世間の声に流されやすいので1人ぼっちで居ることは悪いことだという考えになってしまうのです。子供時代から、学校でグループを作らされたり、1人で過ごしていると「友達が居ないのでは?」という心配をされたりした経験はありませんか?そうした経験が群れる理由となっている人も多いようです。

学生も社会人も群れる人は群れる

群れるという行為は学生が多いというイメージはありませんか?社会人も群れる人は群れます。そして群れる人たちは群れない人を快く思いません。しかし、大人になれば学生時代に比べればまだ自由です。

群れる人の心理&特徴ランキング3位:集団でいることの強み

集団でいることで自分を守っている

手の星

群れることで自分を守る

群れる人の心理&特徴ランキング3位は「集団でいることの強み」を知っている人です。群れることで自分を守れるといった状況が生きていれば必ずあるものです。

活発な人が多いグループや、人数の多いグループの中にいると、目を付けられにくいので「いじめ」の対象にならないといった利点があります。これは学生だけの話ではなく社会人でも同じことです。集団でいる強みを知っているからあまり気の合わないグループでも我慢して所属している…という人も多いようです。ある意味世渡り上手とも言えます。自分を守ることは悪いことではありません。

集団でしかできないことも多い

女の子

同じ目的意識を持つ仲間

世の中には1人ではどうしてもできない事や、どうにもならない事があります。そんなときに同じ価値観や感情を持つ仲間は大きな味方になります。

また、自分1人では太刀打ちできないことを相手にしている場合、同じ目的意識や考えを持つ人同士で集団を作ることもあります。代表的なのが「デモ隊」や「活動家」などのグループです。1人だけの意見では動かせないことも集団の意見となると聞いてもらえる場合もあり、自分の意見や主張を通すためにグループを作るという方法もあります。

群れるのは男性も同じ

群れるのは男性も同じです。男女問わず群れる人は群れますし、群れない人は群れません。決して女性だけではないのです。男性は群れない女性が好きだという情報もありますが、女性も群れない男性が好きなのだそうです。「群れる」ということに極端に嫌悪感を感じる人も多いようです。

群れる人の心理&特徴ランキング2位:自尊心が低い

自己肯定が出来ない

落ち込む女性

群れることで安心感を得る

群れる人の心理&特徴ランキング2位は「自尊心が低い」人です。こういった人は群れることで自己肯定感と安心感を得る人が多いようです。

自尊心が低い人というのは「自己肯定感」や「自信」が無い人のことを言います。自尊心とは自分に価値があると思ったり、自分のことが好きだという気持ちとイコールです。それが低いということは周りから認めてもらえないと安心出来ないという特徴があるのです。1人では何もできないと思い込んでいるので集団を作り、群れることで安心します。

自尊心が低い人は要注意

座る女性

自分を認めてあげよう

自分を自分で認めてあげ、肯定することが大切です。自分に否定的な感情を持ったままでいるとそれだけで生きにくくなってしまいます。まずは自分を認めてあげましょう。

自尊心が低い人は周囲に見放されることに強い恐怖を覚えます。自分で自分を認められないので周りに認めてもらいたいのです。結果的にそういった人は集団の中で嫌われないように周りに合わせてしまい、個性のない人だと言われることも多いようです。自尊心が低いと集団の中にいても良い友達関係は築きにくいです。まずは「自分にはできない」という気持ちを変える必要があります。

人間は1人では生きていけない

人間は1人では生きていけないので、集団行動の中で協調性を発揮できる人は素晴らしいです。協調性は無さすぎても問題です。しかし1人が嫌だからという理由で友達を作ったり、グループを作ったりして、それが本当の友達と呼べるでしょうか?自分を助けてくれる人やピンチのときは助けてあげられる人と友達になることが幸せです。

群れる人の心理&特徴ランキング1位:不安を共有できる

話すことで前向きになれる

話し合う男性

悩みや不安を話せる

群れる人の心理&特徴ランキング1位は「不安を共有できる」です。群れる人は常に周りに人がいます。そのため、何かあった時に話すことで心を楽にすることができます。

ストレスの多い現代社会では誰しもが「不安」や「悩み」を抱えて生きています。こういったものは1人で抱え込んでいるよりも誰かに話すことで楽になる場合がほとんどです。誰かといれば不安が解消されるといった直接的なものではありませんが、そうして話したり聞くことによって気持ちが前向きになり、解決策も冷静に考えられるようになることも多いです。

弱みを見せられる友人関係

3人の女性

信頼関係が大切

友達関係や恋人関係など、良い人間関係には信頼がとても大切です。友達を大切にすることで誰かに大切にしてもらえる人間へとなっていくものではないでしょうか。

不安を話すことで、相手に「信頼している」という気持ちを伝えることも出来ますし、相手も「信頼してもらっている」と思えるので更に仲が深まるというメリットもあります。自分の弱い部分を見せられる友達がいる人はそれほど多くありません。ですので、そういった友人がいる場合はその人を大切にしてください。

”群れる”も”群れない”も加減が大切

群れる人の心理的特徴をランキングでご紹介しましたが、集団を作って群れるということに嫌悪感を持つ人が多い理由は「1人では何もできない」「群れると強気」といったイメージが強く付いてしまっているからだと思います。集団の中でも健全な友情関係を育むことはできます。四六時中一緒に居ることが、本当の友達というわけではありません。

群れない人とはどのような差があるのか?

友達

群れない男女の特徴とは

群れることが嫌いな男女と、群れることで安心を覚える男女の違いとは何なのでしょうか。群れない理由について詳しく見ていきましょう。

群れる人たちと群れない男女との違いとは

1人の男性

群れない男女の特徴

群れない男女は「自立している」といったイメージがあります。一方で内向的で人と接するのが苦手だというイメージを持たれることもあるようです。

群れない男女は単独行動が好き

1人の女性

協調性の必要が無い

単独行動は集団行動と違って協調性の必要がありません。他にも、単独行動のメリットは自分の行きたいところ、やりたいことだけを考えることが出来るところです。

群れない男女の特徴として「単独行動が好き」だということがあげられます。集団で行動すると周りに合わせる必要があり、自分の意見だけで自由に行動が出来ません。集団行動には「協調性」が必ず必要とされてしまいます。しかし、単独行動であれば集団行動よりも気軽ですし、自分の思うままに行動することが出来ます。

自立心が強いことも理由の1つ

ヨガの女性

群れない男女は自立心が強い

群れない男女の二つ目の特徴は自立心が強いことです。自分ルールが徹底している人やこだわりが強い人も多いのかもしれません。周りに合わせることを苦痛に感じる人も多いようです。

群れない男女は「自立心が強い」ということも特徴です。自分のことは自分でするといった考え方をしている人が多いようです。そういった考えの根底には「周りに迷惑をかけたくない」という責任感の強さもあります。責任感が強い人は集団行動が苦手だという特徴があるようです。自分のせいで周りに迷惑をかけるくらいなら1人の方が気楽だという理由なのでしょう。

群れることでのメリット・デメリット

チームの文字

集団行動によるメリット・デメリット

集団に属することのメリット・デメリットをご紹介します。群れることも群れないこともどちらも悪いことではありませんが、必要に応じて集団行動も単独行動も出来るのが理想です。

群れることでのメリット

仲間

問題を共有できる

集団行動のメリットの1つは問題を共有できることです。1人だと寂しくなったり、孤独感を感じることでその場が嫌になってしまう人も居ますが集団なら安心感があります。

集団で居ると心強さがあります。自分が抱える問題を集団で共有し、解決策について話し合うことも出来ます。1人で問題に直面するとネガティブになったり解決策が見つからなかったりすることも、他の人の意見を聞くことで解決することも多くあります。何より、親身になってくれる人が居るということが心を前向きにさせてくれます。

群れることでのデメリット

握手する男女

自分よりも周りを優先

集団行動でのデメリットは自分よりも周りを優先しなければならない時があるということです。周りの行動や考えが正しいと思い込んで流されてしまう危険もあります。

集団行動は誰かと一緒に同じことをするので、自分の意見よりも周りの意見が優先される時が多くあります。自分の好きなように動けないのは集団行動のデメリットと言えます。他にも周りの意見が正しいと思い込み、自分を見失ってしまう危険性もあります。集団行動の中でも「自分の考え」というものを持つことが大切です。意見として言うか言わないかは別として考えまで流されないようにしましょう。

群れないことのメリット・デメリット

1人の女性

単独行動によるメリット・デメリット

続いて単独行動のメリットとデメリットをご紹介します。人付き合いが苦手で群れない男女も多いようですが集団行動でしかできないこともあります。

群れないことのメリット

笑顔の女性

自由な発想が出来る

群れないことのメリットは周りに気を使わなくていいので自由な発想が出来ることです。集団のルールに縛られないので行動や発言も自分の責任で自由に行うことが出来ます。

群れない男女のメリットは自分が良いと思ったものだけを取り入れることが出来るところです。不要だと思ったものは切り捨てることも出来ます。自由に動きたいと考える人にとって単独行動や1人の時間はとても大切なものです。自分に合った人と好きなように交流することも自由です。周りに気を使わなくても良いというのは群れない男女の大きなメリットです。

群れないことのデメリット

考える女性

コミュニケーション能力が衰える

単独行動に慣れてしまうと他人とコミュニケーションを図る機会が減ってしまうので人付き合いが苦手になってしまう場合もあります。考えも偏ってしまいがちです。

集団で行動していると、色々な人の色々な意見を聞くことが出来ます。それに合わせて柔軟に対応するといったスキルも身に付きますが、単独行動が多いとどうしても自分1人だけの意見や考えに偏ってしまうので、集団行動が必要な場所で柔軟に対応出来なかったり、自由な行動で周りとの輪に入れなかったりすることがあります。

ただ群れるのではなく本当の仲間がほしい!

女友達

信頼できる仲間は大切

人は1人では生きていけません。友達や仲間は自分で選ぶことが出来ます。かけがえのない仲間や友達を手に入れるために必要なマインドをご紹介します。

かけがえのない仲間を手に入れる方法とは

女性友達

群れるための存在は必要ない

ただ群れて愚痴や悪口を言い合う相手は友達ではありません。本当の仲間とは良いところも悪いところも認め合い、信頼し、互いに切磋琢磨出来る存在のことです。

ただ寂しいからという理由で一緒に居る人は友達とは呼びません。本当の仲間や友達というのは必要以上の気遣いをしなくても傍にいてくれるものです。何でも包み隠さず言い合える、時には喧嘩も出来るような相手が自分にとって本当に信頼している仲間なのです。喧嘩しても「仲直りしなくちゃ」と思える相手が本当の友達です。

誰かのために怒れる・喜べる関係

男友達

人間的成長が一緒に出来る人

本当の仲間や友達とは、一緒に成長できる人です。間違ったことをすれば怒り、お互いの成長や成功を心から喜べる友人があなたにとって本当の友達です。

女性同士なら姉妹のような、男性同士なら兄弟のような関係を作れる友達が理想的です。たとえ喧嘩になってしまうと分かっていても、自分が間違ったことをすればそれをちゃんと怒ってくれる友達というのは、かけがえのない存在です。そういう友達は自分が成功したときには一緒に喜んでくれるでしょう。年を取っても環境が変わっても変わらない関係で居てくれる友人を大切にしてください。

群れる人の心理&特徴ランキング11選まとめ

女友達

友達は大切な存在

友達や仲間はかけがえのない存在です。相談したり励まし合ったり、自分のために怒ってくれたりする友達はそうそう出会えるものではありません。

群れる人の特徴や群れない男女の特徴や理由などについてご紹介しましたが、ランキングを参考により良い人間関係を築いてくれたら幸いです。「大切な友達」と聞いて誰かの顔が浮かんだら、きっとその人があなたにとって大切な友達です。その人を大切にしてください。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ