情緒不安定な男の言動や心理的特徴29選!原因や改善法・対処や付き合い方は?

自分の身の回りに情緒不安定な男がいることでどのように対処したらよいか分からないという人は多くいるのではないでしょうか。職場に居れば、それが原因でトラブルになる可能性があり、恋愛においては彼氏が情緒不安定だったらストレスになります。情緒不安定な男の対処法から実際によくいる特徴をランキング形式で紹介します。ランキング後にも情緒不安定な男の原因や改善方法も紹介します。

目次

  1. 情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング29選
  2. 情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング29位〜11位
  3. 情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング10位〜7位
  4. 情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング6位〜4位
  5. 情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング3位〜1位
  6. 情緒不安定になってしまう原因は?
  7. 情緒不安定な男性に惹かれてしまう女性の特徴
  8. 情緒不安定な男との付き合い方!どう対処すればいい?
  9. 情緒不安定を改善するにはどうすればいい?
  10. 情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング29選まとめ

情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング29選

情緒不安定な男・彼氏の特徴は?職場や恋愛での対処方法も!

暗闇に浮かび上がる男性の顔

しっかりと特徴を把握することで被害を最小限に

情緒不安定な男性はどこのコミュニティにも存在します。情緒不安定な男性の特徴を理解することで上手に付き合っていくことができます。

学校や職場であまり関わり合いが無い人間関係においては、距離を置くことで必要以上のコミュニケーションを取る必要がありません。しかし、身近な友達やかかわり合いのある職場の人間の場合は、情緒不安定な男性の特徴を捉えてしっかりと理解して関係を築く必要があります。ましては、自分の彼氏であったらしっかりと自分でコントロールしなくはなりません。

情緒不安定とは?どういう状態を指す?

浜辺でしゃがみ込む男性

自分で自分の感情をコントロールできていない状態

情緒不安定というのは人にもよりますが、ちょっとしたことでイライラしたり、いきなり自信が持てなくなってしまったりという状態のことを指します。

恋愛においても情緒不安定というのは陥りがちな状態です。特に春先には統計的に見ても多くの人が情緒不安定な状態になりやすく、注意をしなくてはなりません。春先は心のバランスが崩れやすい時期でもあります。そのため感情が自分のコントロールから外れて、大きく出てきすぎてしまったり、全く出てこなくなってしまったりという状態が情緒不安定であると言えます。

情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング29位〜11位

第29位:想像力が弱く人の感情を考えられない

我慢できない顔をした男性

無意識の内に人を傷つけている可能性

情緒不安定な男性の特徴として、自分では知らないうちに人に対して傷つくようなことを言ってしまったり、もしくはやってしまうことで相手に嫌な思いをさせている場合があります。

本人も悪気が無いのですが、こういった人に対しては誰か身近な人が言葉を選びながらそっと伝えて上げる必要があります。基本的に誰も何も言わないと、一生その人は気づかずうちに誰かを傷つけていくことになります。自分の彼氏がそういった性格の場合は、自分が傷つくこともあるので、優しく伝えてあげましょう。気付けばそういった男性も改善することができます。

第28位:ストレスの発散方法を知らない

涙を拭う男性

ストレスを溜め込んでしまう

基本的にストレスと上手く付き合えないのが情緒不安定な男性の特徴です。抱えきれなくなったストレスを爆発させてしまって心のバランスを崩してしまいます。

一般的に人はストレスが溜まったらそれを発散させるために何かをしたり、時には何もしないことでストレスを発散させたりします。しかし、情緒不安定な人はそういう訓練を積んでこず、いつも好きなように感情をむき出しにしてきたので、ストレスとの付き合い方を知りません。自分の彼氏がそういったタイプの男性だった場合には、一緒にでかけたり、ストレスを少しでも発散できる手伝いをして上げる必要があります。

第27位:人に心配されたがる

窓をの外を見つめる人

かまってほしいという気持ちが強い

人に心配されたいがため何か問題などを自慢するかのように触れ回る男性は情緒不安定な場合がとても多いです。周りに危害が及ぶことは少ないです。

しかしあまりにもしつこく自分の話ばかりなので、周りの人は面倒に感じて距離を置いてしまうこともあります。自分が距離を置かれていると感じたら自分の話しばかりをするのは止めるべきでしょう。身の回りにそういった特徴の男性がいたら、言葉を選んで周りの人が感じていることを伝えてあげるのも良いことです。そういった特徴の男性は周りから言われないと気が付かないということが多いです。

第26位:朝早く起きるのが苦手

目覚ましを止める手

ストレスを感じることで朝起きられない

情緒不安定な男性の特徴として、朝早く起きるのが苦手であるというものがあります。ストレスを感じやすいので副交感神経が活発になり夜眠れないのも原因です。

単純にストレスが多い人は自律神経も乱れるため、そういった早起きなどをすることが苦手になります。職場にも情緒不安定な男性がいる場合、遅刻気味であっても頭ごなしに怒ったりせず、状況を詳しく確認するなどしてケアして上げる必要があるでしょう。事情も聞かずに叱ってしまうと、心のバランスを崩してしまうこともありえます。慎重に言葉を選んで話しをするのがベストです。

第25位:長く熱中でいるものが無い

何かを眺める猿

飽き性で趣味がコロコロ変わる

情緒不安定な男性の特徴として、好きなものが持続しないというものがあります。基本的に自分の中で確固たるものが無いためいつでもコロコロ変わります。

人に何かを勧められたらその瞬間からそれが自分の趣味になったり、テレビなどのメディアで何かが勧められていたらすぐに自分のやりたいことになったりと、気持ちがすぐにぶれます。そのため友人と一緒に何か趣味関係の約束があっても気付いたら反故になっていたりと友人が振り回されることになるでしょう。そういった人への対処法は指摘しても無駄なため距離を置くことがベストな方法です。

第24位:SNSでの更新頻度が高い

facebookが開かれたスマホ

承認欲求を満たしたい

情緒不安定な男性はSNSで自分の近況をよく投稿します。そしてそこにコメントなどをもらうことで自分の承認欲求を満たします。

自分の身近にあまり近況を報告できる友達がいないことが多いというのが情緒不安定な男性の特徴です。そのためSNSの上で投稿を頻繁にし、人にかまってもらいたいと感じています。そういう人が身近にいる場合には、その人が求めていることをやってあげると良いでしょう。無理なことを求めてくることは少ないので、少しかまってあげるとそれで満足します。

第23位:幼少期からの友人が少ない

一人で湖を眺める人

友達にも距離を置かれる

情緒不安定な男性は感情のコントロールが苦手なので周りの人間から距離を置かれがちです。そのため人間付き合いがあまり上手ではありません。

特に幼少期は理性がまだ少ないので、より感情的になってしまいます。大人になれば少しは備わる理性も、まだあまり無い状態ではなかなか自分をコントロール出来ないでしょう。そのため、そういった時期に知り合った人はあまり近寄らずに大人になってしまいます。結果、大人になってから幼少期の友達とあまり交友がありません。

第22位:恋人を束縛したがる

繋がれたチェーン

相手の気持ちを考えない

情緒不安定な男性の特徴で多いのが、自分本位に物事を考え、自分本位で恋人を束縛するということです。相手の心の状態を考慮することはあまりありません。

束縛とはすなわち相手の自由を制限するということです。基本的にはこういった男性の方から注文を取り付けるように束縛の約束を言い渡されます。仮にその言いつけを守らなかったら、情緒不安定な男性は感情のコントロールが難しいためときには激昂するでしょう。そういった状況にならないためには、言いつけは必ず守らなくてはいけません。このような男性と恋愛する場合にはある程度自由が無くなる覚悟が必要です。

第21位:精神的に弱くパニックになりやすい

ステージで頭を抱えてしゃがみ込む男性

感情のコントロールができない

少しでも自分の思っていたことと違う結果になると動揺して軽いパニック状態になってしまうという特徴です。多くの情緒不安定な男性に見られる特徴です。

職場でも仕事の配分をミスしたり、進捗状況が良くないと、見境無しに感情を表に出してしまいます。人前でも関係なくそういった状況になってしまうため、周りの人達は気を使います。部下や後輩にこのようなタイプの男性がいたらかなり気を使って仕事を振ってあげる必要があります。ランキング内でもかなり人に気を使わせるタイプの特徴です。

人に支えられなくては生きていけない

顔を抑えて座る男性

彼女は心の拠り所

パニックに陥りやすい人は、周りの人間が優しく理解し、支えてあげなくてはいけません。特に恋愛においては彼女がその役割の大部分を担います。

そういった特徴の男性と恋愛をする上では、ずっと変わらず支えていけるような覚悟が必要です。生半可な覚悟では少しのことでパニックに陥る男性を支えていくことは難しいでしょう。恋愛においては感情が理性を凌駕する場面が多くあります。そのため情緒不安定な男性はよりパニックになりやすいです。女性の支え無しに恋愛をうまくこなすことはなかなか難しいでしょう。

第20位:自分より立場の弱い人に強く当たる

バーベルを持つ男性

自分より上の立場の人には何も言えない

自分より弱い立場の人に対しては横柄な態度を取りますが、自分より強い人に何も言えないというものがあります。

これは多くの情緒不安定な男性に現れる一つの特徴です。原因は、自分に自信が無く、自分の意見にも自信がないため反論されたり反抗されるのが怖いというところから来ています。そのため職場でも自分より年下の後輩や部下に対してはいつも小うるさく言うけれど、自分より上司には媚びへつらう傾向にあります。ランキング内でも人にあまり迷惑を掛けないタイプの特徴です。

恋愛において女性は格下だと考える

にらみつける男性

常に上から目線で発言する

恋愛においても彼氏は彼女のことを上から見ているため、尊敬をせずに横柄な態度を取ることが多いでしょう。

女性によっては、彼氏のそういった態度に我慢ができず、喧嘩になってしまうという場合もあります。しかし、中にはそういった男性が好みという女性もいるので、お互いの好みによっては恋愛がうまくいく場合もあります。しかし基本的に事ある毎に喧嘩をしてしまうでしょう。

第19位:彼女を自分のモノだと思っている

待受表示のiPhone

彼女を敬うことができない

自分の彼女を敬わずに、物のように扱うという特徴があります。言葉遣いや扱いが人に対してとは思えないほどひどいことが多々あります。

彼女を物のように扱うことに対して一切引け目を感じないのもこの性格の特徴の一つです。周りから反対意見を受けても全く耳を傾けようとしません。ランキング内でも女性に対して良くない男性の特徴です。しかしそういった男性も彼女に対して恋愛感情が無いかと言えばそうではありません。恋愛の仕方が普通とは異なるということも理解しなくてはならないでしょう。

自分は彼女の上に立っていると考えている

王冠を被るKING

まるで王様のように振る舞う

女性の権利を完全に無視したその態度はまるで王様になったようなものです。しかし、自分の物であるという自覚から占有欲は必要以上にあります。

そのため彼女が友達とでかけたりすることにもイライラしたり、怒ったりします。常に自分のために存在することを求めることが多いので、女性からしたらかなりストレスになるでしょう。しかし女性の中にはそういった男性を好むという人もいます。しかしそうでない場合には、早急に距離を置いて別れたほうが良いでしょう。

第18位:遊び人を気取る

見下す男性

虚勢は自信のない性格の表れ

自分の自信のない情緒不安定な男性は人に自分を大きく見せようとします。その一環として、自分がさも遊び人のように振る舞うのです。

実際には遊び人でない人にこのような特徴が多くあります。必要以上の自慢や虚勢を張る人間の心理として、自分の本質に自信がということの証拠になります。しかし虚勢を張っていると実際には周りの人達はそれに気づき距離を置き始めます。そのため、職場でも孤立していくことが多いです。ランキング内でも悲惨な末路になる特徴の一つです。

後戻りができない

サングラスを掛けてジュースを飲む男性

一度虚勢を張るとずっと張り続けなくてはならない

一度の嘘はその後もずっとつき続けなくてはなりません。それはかなり精神的にストレスとなるでしょう。

その状態から抜け出す方法は、虚勢を張らずに、自分の本質をさらけ出すことです。しかし、情緒不安定な男性はそのようなことをすることができません。プライドが高く、もう戻れないのです。周りの人もなかなか助けるのが難しい性格の一つです。そういった男性よりもだいぶ上のポジションの人や、力を持った人が一度強く言ってあげないとなかなか改善できません。

第17位:自分は正しいと思っている

テストで回答する人

自分の間違いを認められない

どのような状況でも自分の間違いを認められず、人の意見に耳を貸しません。職場でも家の中でもどこでも同じように強情を張ります。

職場では話し合いなどで自分の間違いを認められないため、他の人達に迷惑がかかります。人の意見に耳をかさないため話し合いが長引いてしまいます。情緒不安定なため、そのような状況になると余計に心のバランスを崩すことになるので、話し合いがうまくいくことはありません。ランキング内でも職場にいたらかなり厄介なタイプの性格です。

彼女の意見を聞き入れない

女性と飛び散る本

恋愛においても人の意見を聞き入れない

彼女の意見は絶対に聞き入れず、自分のわがままばかりを通そうとします。いくら間違った意見でも決して曲げない強情さを見せます。

特に彼女のように親しい存在から間違いを指摘されることを嫌います。彼女や身内は説得するのがかなり大変でしょう。そのため、あまり交流のない年上の人など、否が応でも敬わないといけないような人がそういった部分を指摘してあげる必要があります。彼女もそういった男性に指摘する度に言い返されていい気持ちはしないでしょう。逆にストレスが溜まっていってしまいます。

第16位:嘘をよくつく

黙るポーズをする女性

罪悪感を感じない

情緒不安定な男性の特徴で嘘をつくことに全く抵抗が無いというものがあります。そういう人は罪悪感を全く感じません。

そして基本的に、私利私欲のための嘘をつきます。そのためその嘘によって人が傷ついてもあまり気にすることはありません。情緒が不安定なので嘘のつき方にも規則性などは無く、気分で嘘をつくことになります。ランキング内でも人に多大な迷惑をかける恐れのある特徴の1つです。

付き合っている女性が苦労する

口を抑えた子供

嘘をつくときに相手は選ばない

相手を選ばずに嘘をつくため、自分の大切なパートナーにも平然と嘘をつきます。嘘をつく種類も選ばないため、パートナーはその嘘に振り回されることでしょう。

恋愛関係で嘘が蔓延した場合、なかなか関係は良好にはなりません。そういった嘘が原因で争いが起き、別れに発展してしまうことも多いでしょう。情緒不安定な男性で嘘をよくつく性格の人にはあまり深い関係にはならないように気をつけましょう。

第15位:人の言うことをなんでも聞いてしまう

踏まれそうな人形

自分の意見や考え方が無い

人に言われたまま全てを疑わずに行動してしまう人が多いのも情緒不安定な男性の特徴の一つです。職場でも友人関係でも関係なく人の意見を聞きすぎてしまいます。

そういった特徴の男性は、職場では人に良いように使われてしまうことでしょう。良いように業務を言いつけられて、言われるがままに疑わずにやってしまいます。実際はやる必要のないことでも、自分で考えることをしないので、全てやってしまいます。それによって自分は疲弊しても何も疑いません。ランキング内でも他人から利用されやすい特徴の一つです。

人に騙される恐れもある

okと書かれたネオン

詐欺師にとっては良いカモ

人を疑わない性格のため、詐欺師や嘘つきの格好の的になってしまう可能性があります。自分では全く気がつくことはありません。

このタイプの人も、親しい人の助けを借りなくては、金銭トラブルに巻き込まれたり騙されたりと散々な目にあってしまうことでしょう。また心のバランスが取れていないときは余計に人を疑わないので、もし周りにこういった特徴の人がいたら、ときどき心配してあげる必要があります。

第14位:自分が人とは違うと思っている

服で顔を覆っている男性

自分は特別だと勘違いしている

情緒不安定な男性の特徴として、幼い頃は優秀な子供で努力をあまりせずに育ってきたため、今だに自分が特別だと勘違いしている場合があります。

そういう男性は、学生時代も勉強をしなくてもある程度の点数を取れると高をくくって来たため努力のやり方を知りません。そのため、大人になってからいざ大きな問題に直面した場合にその解決方法を見つけることができないのです。人に聞くのはプライドが邪魔するため、八方塞がりになってしまいがちです。

パートナーのフォローが必要

遠くを見つめる犬

一匹狼では生きていけない

プライドが高く、情緒不安定な男性は社会の中では生きていくのが大変です。ときには人の手を借りることも必要な方法の一つです。

人間関係を上手に構築できないため、良きアドバイザーとなるパートナーが必要です。親しいパートナーが話を聞いてあげて、アドバイスをしてあげることで男性も心のバランスを保てることでしょう。年上で包容力のある女性がそういった男性には合っています。

第13位:人に褒めてもらいたい

こちらを見つめるさる

誰にでもある欲求

実際には人に褒めてもらいたい欲求というのは誰にでもある欲求です。しかし情緒不安定な男性においては、それが強く出てしまいます。

情緒不安定であるため、その欲求も出たり出なかったりとランダムなので相手にするのが大変です。職場でも褒めてもらうために業務をするという傾向があるので、実際に褒めてもらえないとモチベーションが下がってしまう場合もあります。部下や後輩にこのタイプの人間がいると、自分が忙しく褒め忘れたらその後のフォローが大変になります。

褒めることで力を発揮する

自撮りする男性二人

力を発揮する場合はかなり有能

もし情緒不安定な男性のモチベーションが高い状態が続いたら、それは高いパフォーマンスを発揮することでしょう。

しかし基本的に心のバランスを取るのが上手ではないので自分でモチベーションを維持することは難しいです。そのため、彼女や妻などのパートナーが積極的にモチベーション維持の手伝いをしてあげることで仕事などで成果をだすことができます。

第12位:毎日言っていることが変わる

changeと書かれたネオン

自分の意見を持たないので周りに左右される

自分の考え方や人生の指針のようなものが全く無いため、少しでも人の意見に触れたら、それが自分の意見になります。

そのため毎日違うことを言っていることが多く、こういう男性が職場にいて、なおかつ上司や先輩であったならかなり大変でしょう。業務のやり方も、マニュアルを守らず自分でその時々の気分で変更するなど、苦労が絶えません。ランキング内でも、人に多大なる迷惑を掛けやすい情緒不安定な男性の特徴です。

約束や決めごとも毎回変わる

めくれる時計

恋愛においては細かい取り決めなども守らない

自分勝手に他人に触発されたり、本やその他の媒体から影響されることで毎回意見が変わるので大変です。

もしもそのような彼氏に付いていくと決めたら、毎回変わる彼氏の意見に反論せずに、柔軟に対応していく技術を身につける必要があります。波風を立てずに、彼氏の言動を軌道修正して上げる必要があります。

第11位:女性を見下している

横たわりながら顔を見合わせる男女

常に上から目線で話をする

情緒不安定な男性の特徴として、職場でも自分より立場の弱い女性の社員を見下したように接するというものがあります。

基本的に女性を見下しているので、何か物を頼む場合でも相手を敬うということがありません。そのため、多くの女性社員から嫌われてしまうことでしょう。人間関係が大切な職場において、相手を敬う気持ちが無いというのはかなり致命的です。ランキング内でも、人から蔑まれる恐れのある特徴です。

カップルでも上下関係がある

上から見下ろす気球

彼女を見下す彼氏

彼氏が情緒不安定だと、パートナーである彼女をも見下すため、常に彼女が精神的なストレスを抱えることになります。

そういう場合、男性は一切ストレスを感じず、それが当然だと信じて疑いようがありません。この場合彼女がすべき対処法は、自分がそうやって見下されることにストレスを感じていることを伝えましょう。そして距離を置くなどして彼氏にその言動による後悔をさせることが必要です。

情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング10位〜7位

第10位:気取ったようなことを言いたがる

スーツを着て立つ男性

カッコつけることで自分の弱さを隠す

情緒不安定な男性は常に心のバランスが取れていません。そのため、自分の弱い部分が露見することを大変嫌います。

自分の弱い部分を隠すために、少し気取ったことを言うなどしてカッコつけます。職場でも少し周りから見たら変だなあと思うような言動を常日頃から取っている人もいるのではないでしょうか。その原因を探ったら、もしかしたらその人の弱さを隠すための言動かも知れません。

彼女が我慢できれば問題はない

夕暮れに立つ男性

彼女からの理解が大切

恋愛においては、彼女が彼氏の気取った言動に慣れてしまうなどして気にしないでいられる場合はそれで全く問題がありません。

原因が自分の弱さを隠すためなので、それを理解してあげることで、彼氏のそういった言動を気にしないでいられることも可能です。ランキング内でもあまり人に迷惑を掛けない特徴です。

しかしそういったタイプの人は、心のバランスが一度崩れると何をし始めるか予想ができないという問題もあります。そのため、心のバランスを保つための言動には我慢してあげることが一番重要です。

第9位:自慢話が多い

クルーザーと犬

自慢話も自己中心的な心の表れ

自慢話も、許容範囲内であれば楽しい会話の一つとして友人知人からも喜ばれます。しかし度を超えた自慢話は相手に不快感を与えることになりかねません。

相手の気持を察するだけの心のゆとりのある人は、度を超えた自慢話が相手にとって全く興味が無いということにも気付くことができるでしょう。情緒不安定は男性はそのような心のゆとりが無いため、必要以上の自慢話をしてしまいます。原因ははっきりしているので、職場でこのような人がいたら遠慮なく伝えてあげることが大切です。

女性も度を超えた自慢話は好きでない

腕を組んで立つ男性

恋愛においても度を超えた自慢話はご法度

いくら話を聞くのが上手な女性でも、毎日毎日彼氏に自慢話ばかり聞かされていればさすがにいつかは飽きてしまうでしょう。

そうならないためにも、自慢話ばかりの彼氏がいる場合には、相手を傷つけないように伝えてあげることが大切です。またはもし親しい存在の人の中で自分の自慢話しか話題のない人がいたら、何気なく教えてあげることでその人の人生を豊かにしてあげることができます。ランキング内でもまだ改善の余地がある特徴の一つです。

自慢話が多いというのは、自分の劣等感の裏返しでもあります。常に劣等感があるため、少しでも自分を誇示していることで心のバランスを保持しているのです。それは周りの人が理解してあげなくてはならないことの一つです。

第8位:人に意見を押し付けたがる

サンドバッグを叩く男性

自己中心的な性格のため人の意見に耳を傾けない

自分の意見が世界で一番正しいと思っているタイプです。そして全ての人が自分の意見に賛同したいと思っていると勘違いしているフシがあります。

もしそういったタイプの情緒不安定な男性が起業したりして人の上に立つ立場であった場合、その下の人間はかなり苦労することになるでしょう。心のバランス状態によって意見をコロコロ変えるにもかかわらず、全ての意見に賛同しなくては叱咤されるといったこともあります。ランキング内でもかなり傲慢なタイプの特徴です。

恋愛においてはリードしてくれるタイプ

手を広げる男性

全てを決めてくれるので女性からしたら楽

自分の意見が正しいと思って疑わない男性は、全てを自分の思い通りにしようと強制してきます。そのため、女性からしたらついていけば良いだけということです。

このような場合の男性は自分の思い通りにならないときにはイライラしたり、少しのことで激怒したり、時には暴力を振るったりすることもあります。恋愛においてはメリットもデメリットもあるタイプです。彼氏としては、常にデートもリードしてくれるのでかなり女性にとっては楽なタイプでもあります。

人によっては情緒不安定であることを自分で省みて改めようと考えられる人もいます。しかし多くは人に指摘されるまでは気が付かないので、かなりたちが悪いです。そのため、そういう人に遭遇したら情緒不安定であることとや、その原因を伝えてあげることも良い関係を作るために必要なことの一つです。

第7位:亭主関白をやりたがる

自然の中に立つ男女

弱者にしか威張れない

情緒不安定な男性で、なおかつ弱者にしかいばることのできないタイプの特徴です。そのため亭主関白にして女性を上から管理したいと願っています。

女性を対等に扱うことを嫌うため、ときどき心無い物言いをしたりします。時代錯誤の亭主関白でないと受け入れられないタイプの性格です。そのため旦那を尻に敷きたいタイプの女性とはなかなかうまく関係を構築できないでしょう。原因はお互いが上に立ちたいと考えているので喧嘩が多くなるからです。ランキング内でも彼氏にしたらなかなか大変な思いをする特徴です。

職場でも亭主関白

辞書の上に置かれた指輪

職場でも弱者にしか威張れない

彼氏彼女の関係でなくても、自分より立場の弱い人に対してだけ積極性を出せるタイプです。自分より強い人には意見も言えないでしょう。

例えば会社内であれば、後輩や部下に対してはすぐに怒ったり嫌味を言ったりします。しかし自分より強い立場の人に対しては常にビクビクして小さくなってしまう小心者です。そういったところで得たストレスも、自分より弱い立場の人に対して発散するような形を取ります。

そういった性格の人は、相手に必要以上の気を使わせてしまうこともあります。そして周りが気を使っていることにも全く気が付かないので大変厄介です。

情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング6位〜4位

第6位:自分の意見が無い

道の間違いを示す看板

人の意見に流される

自分の意見が無いという特徴も、情緒不安定な男性には多くある特徴の一つです。そのため、周りに同調しているだけで積極性が養われにくいです。

自分の意見が無いため、複数名の話し合いなどでは全く発言することがなく終わる場合が多いです。学校などの中ではそれでも問題ないですが、社会人になって自分の意見をしっかりと伝えることを求められる環境ではかなり周りに迷惑を掛けます。歳を重ねることに一つ一つの意見の重みも変わっていきます。職場でそういった人がいたらなるべく意見を汲み取ってあげましょう。

恋愛においても周りの意見に流される

ディスプレイを指差す3人

彼女の好みも調べずに他人に意見を求める

このタイプの情緒不安定な男性は、彼女のプレゼントなども自分で決められず、友人などに意見を求めて失敗するなどの可能性もあります。

本来ならば自分の彼女のプレゼントは自分で選ぶものですが、そういうことも自分では決められません。また自分がどうしたいかということも分かっていないので、デートなどのプランも女性に任せきりになることが多いでしょう。女性からするとなかなか頼りのない男性に見えてしまいます。ランキング内でもかなり男らしくないタイプの特徴です。

外部から感化された意見が主となるので、意見がコロコロ変わります。そのため、意見を汲み取ろうとしてきた人にとってはなかなか厄介なタイプの性格とも言えます。

第5位:批判や否定が多い

砂浜に立つ少女

他人を認めることのできない人

情緒不安定な男性によくある特徴として、人のことを批判的な目でしか見られないというものがあります。大変器の小さい性格とも言えるでしょう。

例えばテレビなどを見ていても純粋に楽しむというよりも、何かしらのあら捜しをしてしまうので、一緒に見ている人にもストレスを与えてしまいます。また人との会話の中でも、否定的な意見が先行して出てしまうので、話をしている人もなかなか話を進めることができなかったり、不毛な説明を付け加えなくてはいけなかったりと時間がかかります。ランキング内でもやっかいなタイプの特徴です。

彼女を見下すような発言ばかり

駐車禁止のマーク

他人だけでなく自分のパートナーに対しても否定的

恋愛においても、常に否定的な目でパートナーを見ているため、相手を見下すような発言ばかりになってしまいます。

人間だれにでも承認欲求は少なからずあるので、毎度毎度否定ばかりされていたら自分の存在意義を疑ってしまいます。このようなタイプの情緒不安定な男性と恋愛する場合には、そういった批判的な意見ばかり聞かされていても動じないように慣れるしか無いでしょう。あまり深く受け止めていると、自分の精神をすり減らしてしまうことになるので注意しましょう。

情緒不安定な男性は人だけに対して否定的なのではなく、自分にも否定的な考えを持っています。そのため、偏屈になって話があまりストレートに通じないなどの弊害もあります。

第4位:普段は高いコミュニケーション能力

手を合わせて協力する人たち

心の浮き沈みによって性格が大きく変わる

精神的に安定していれば、人とのコミュニケーションも円滑にできて、職場などでも誰とでも話ができるようなタイプが実は情緒不安定であったということもあります。

普段は人見知りもせずに明るく元気に振る舞っていて、人間関係も良好なのですが、何かがきっかけで人が変わったように態度が変化する人も多くいます。原因は情緒不安定なため、感情の浮き沈みが激しいためこのようになります。職場でも、大きなミスや想像の範疇を超えた状況になった瞬間にスイッチが入る場合があるので注意が必要です。ランキング内でもあまり人にバレにくい特徴です。

恋愛においてはそのギャップに振り回される

向かい合わせで話し合う男女

好き嫌いの好みもときどきによって変わる

恋人関係において普段はとても紳士的で恋人を一番に考えてくれる良い彼氏でも、一度何か問題があれば豹変することもあります。

何も問題が怒らなければ、彼氏も普段どおり優しくて彼女を第一に考えてくれるいい人です。原因となる何か問題が起きると、彼女だけでは手に負えないような事態にも陥りかねないので注意が必要です。情緒不安定なためいつどのようにしてそのスイッチが入るかも分かりません。ひどい場合にはDVなどの事件にまで発展することもあります。ランキング内でもなかなか掴みどころのないタイプの特徴です。

普段は交友関係も広く誰とでも付き合いがあるので、情緒不安定であることがバレていない場合もあります。そのため、しっかりと自分をコントロールしなくては、急に友達が離れていってしまうということもあるので注意が必要です。

情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング3位〜1位

第3位:自己中心的

左手を上げて立つ男性

人の気持ちを考えることができない

自己中心的な人というのは自分のことばかり考えており、人の気持ちを想像し、理解することが得意でありません。ときには人を傷つけるような言動もしてしまうでしょう。

自己中な人というのは基本的に人を傷つけてもなんとも思わないでしょう。想像力が乏しいので、人の感情を理解することができないのです。しかしながら、自分の問題には人一倍反応し、救いを求めます。そのような態度で生きていると、多くの人から見放されてしまうでしょう。また職場でも爪弾き者にされてしまう可能性もあります。ランキング内でも人を傷つける可能性のある特徴です。

情緒不安定なのも全て自分のため

ダーツを投げる人

多くの自己中心的で情緒不安定な人は全て自分のため

自分の問題にしか注目しないため、いつも自分勝手な理由で心の浮き沈みがあるタイプの特徴です。職場でいると周りが常に迷惑するタイプです。

恋愛においては、女性がいつも振り回されることになります。デートの約束も平気ですっぽかし、女性が指摘すると男性が逆ギレするというのもこのタイプです。情緒不安定な男性で自己中心的な性格の人は大変多くいます。しかしそういった男性は自分の非に気が付かず、女性のせいだと罵ることさえあります。女性はちょっとやそっとでは揺るがない鉄の心を持っている必要があります。

女性の中にはそういった情緒不安定で自己中心的な男性を好む場合もあります。そういった男性と恋愛することを好み、自分の中で満たされる部分があります。情緒不安定な男性で自己中心的な人と恋愛する場合には十分に振り回される覚悟をして付き合うことをおすすめします。

第2位:ネガティブな思考しかできない

自然の中で顔を押さえる男性

二言目にはネガティブ発言

情緒不安定な男性の特徴として、事あるごとにネガティブ発言ばかりするというものがあります。人と比較しては自分を蔑み、人の功績を称えることができません。

ポジティブな思考に至らないため、何事もチャレンジをすることがありません。新しい何か趣味を見つけることも無く、常に暇や退屈と戦っています。仕事にもやりがいを感じることが多くありません。職場でも、楽しさを感じること無く仕事をしているため、モチベーションが無く昇進することも多くないでしょう。ランキング内でもかなりやる気の無いタイプの特徴です。

恋愛においても未来のビジョンが無い

白い壁際にある机

結婚までも時間が掛かる男性が多い

常にネガティブ思考なため、恋愛においても結婚を見据えて付き合うことが苦手です。原因であるネガティブさが邪魔するのでなかなか結婚に踏み切れないでしょう。

何年も付き合って同棲をしても、男性の方から結婚というキーワードはあまり出てこないでしょう。女性がリードして付き合っていくことが求められます。情緒不安定さが原因で喧嘩が起きたり、距離を置いたりとさまざまな問題があったとしても、長い目で見て付き合っていく覚悟が必要でしょう。ランキング内でも女性のカバーが求められるタイプの特徴です。

日頃からネガティブな考えしかできない人は、周りからも嫌われてしまいます。そして友人知人からも距離を置かれ、いずれ孤独になってしまうでしょう。また情緒不安定な人はネガティブなときと正常なときの差が発生します。そのムラにも愛想をつかす人が多くいるでしょう。

第1位:悲劇のヒーローになりたがる

顔にペイントをした少女

自分が世界で一番不幸だと勘違いしている

情緒不安定な男性の特徴は、自分がまるで誰よりも不幸な境遇にあると思っていることです。それに加えて、誰も助けてくれない悲劇のヒーローのように感じています。

さらにその勘違いをあらゆる物事の言い訳に使います。そのため、自分のネガティブさの原因は全てその境遇にあると勘違いしているという特徴があります。職場にこのような男性がいる場合には、あまり深く関わると、意味のない妄想話で時間を取られてしまうでしょう。ランキング内でも、人に危害は加えないですが、付き合うとなかなか厄介なタイプの特徴です。

甘やかされた過去が原因

東南アジアの町並み

人に否定されずに生きてきた証

幼い頃から親に甘やかされ、あまり怒られてきていない人にこの特徴があります。原因で一番に挙げるとしたら、家庭環境です。

彼氏にすると、事あるごとに他人と比較し自虐的な発言をするでしょう。このような特徴のある男性と恋愛をする場合には、普段から情緒不安定な部分を受け入れることはもちろん、そういった悲劇のヒーローを気取ったような発言もうまく聞き流すことが必要です。毎回反論していたら喧嘩が絶えないでしょう。ランキング内でも、まわりに地味なストレスを与える情緒不安定な男性の特徴です。

大切なのは、どれだけ情緒不安定な人の意味のない発言を受け流せるかというところです。聞き入れるだけ自分のストレスにもなり、損をします。情緒不安定な男性は、普通と違うということを理解して、受け入れなくてはならないです。

情緒不安定になってしまう原因は?

季節の変化

地面に落ちた枯れ葉

季節の変わり目は情緒不安定になりやすい

季節の変わり目というのは体調を崩しやすく、体調が優れないと心のバランスも近郊を保つのが難しくなります。

季節の変化でも春先の寒さとポカポカしている暖かさが入り交じる時期には、身体がその日々の気温の変化などに対応することができず、体調不良に陥ることが多々あります。そういった気温の変化に伴った体調不良などが原因となって精神に影響を与えます。そして情緒不安定になってしまうこともあります。季節の変わり目には気を配って体調を壊さぬように注意しましょう。

睡眠不足や生活習慣

寝ている女性

睡眠不足は想像を超えて危険

日々仕事が忙しく、睡眠を削ってまで働いている人も多くいるのではないでしょうか。そういう人には注意が必要です。自分が思っている以上に自分の精神を削っています。

睡眠というものは心の安定を作り上げる上でとても重要なことになります。毎日身体を使って疲労していても、または精神的に疲弊していても、しっかりと十分な睡眠を摂ることで心と身体を休ませてくれます。そうすることにより、翌日また頑張るための活力になります。普段の生活の中で食生活なども気を配っていないと急激な体重変化などで体調を崩すことになります。体調の変化は心の変化に繋がるので気をつけましょう。

生理や妊娠などのホルモンバランスの変化

お腹を押さえている妊婦

マタニティーブルー

女性は生理や妊娠によりホルモンバランスを崩すことがあります。男性には想像するのが難しいですが、本人でもコントロールできないほど心のバランスを崩します。

マタニティブルーという言葉もあるくらいホルモンバランスによう心のバランス崩壊は大きな影響を与えます。ホルモンバランスが崩れると、少しのことでイライラしたり、食べ物や匂いの好みが急激に変わったりと性格にも現れます。それによって情緒不安定になることが多いです。パートナーにはしっかりと理解してもらわないと、その状態で喧嘩などになっても良いことは無いでしょう。

飲酒によるアルコール摂取

陳列されたアルコール類

アルコールは適量を守って飲む

身体が疲れていたり、精神的に参っている時はアルコールを飲んで嫌なことを忘れたいと思うこともあるでしょう。しかし、適量を守らないと大変なことになる場合があります。

アルコールはその一瞬だけ辛いことを忘れさせてくれます。ストレスで寝付きの悪い夜に適量を飲んでぐっすり眠ることも可能です。しかしアルコールの作用をしっかり理解しておかないと、気付かないうちに情緒不安定になっていることもあります。

アルコールと睡眠の関係

横たわるワイングラス

寝酒が癖になっている人は要注意

寝付きが悪い夜は軽く一杯のお酒を飲むことでさっと寝付きたいという人もいるでしょう。しかし十分にお酒と睡眠の関係について知っておかないと知らない内に情緒不安定になっているかも知れません。

寝酒で適量を守りながらたまに飲む程度では大丈夫です。しかし、寝酒が習慣化すると身体もアルコールに対する耐性が付いてしまうので、最初は一杯ですぐに寝付けていたものが少しずつ量が増えていき、最終的にはアルコールが無いと眠れなくなります。睡眠の質的にもアルコールを摂取した場合には肝臓で分解する作業をしているため浅い眠りが多くなり、睡眠不足に陥ってしまいます。最後は情緒不安定になってしまいます。

アルコール依存

ウィスキーのボトル

アルコールの飲み過ぎ習慣化は危険

寝酒程度の飲酒では無く、毎日のように多くのアルコールを摂取する習慣がついてしまったら、アルコール依存になってしまう可能性もあります。

アルコールを摂取するのを習慣化するということが原因でアルコール依存になってしまいます。その場合、アルコールが無いと落ち着かなくなってしまったり、言動が普段より良くないものになってしまったりと情緒不安定になってしまいます。この状態の情緒不安定の特徴は、不安障害やパニック障害も併発する恐れのあるというところです。日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ストレスなどの精神的作用

パソコンの前で頭を抱える女性

日々のストレスには要注意

全ての人間は多かれ少なかれ日々の生活でなんかしらのストレスを抱えているでしょう。しかし中にはそのストレスと上手に付き合うことがあまり得意でない人もいます。

ストレスとの付き合い方を知らない人は日々のストレスを溜める一方で発散できません。そうなるとそのストレスが原因で情緒不安定になってしまう可能性もあります。特徴としては、本人も気付かないような好みの変化や、今までは気にもとめていなかったことでイライラして人に当たったり、物に当たったりしてしまいます。それによって人間関係が壊れてしまうこともあるので注意が必要です。

情緒不安定な男性に惹かれてしまう女性の特徴

承認欲求が強い

横たわって上を見上げる女性

自分を求めてくれる男性を求めている

情緒不安定な男性を好む女性の代表的な特徴として、自分を求めてくれる男性を求めるという承認欲求の強さが挙げられます。

自分を求めてくれる男性が好きなため、情緒不安定な男性を好みます。理由は、情緒不安定な男性は女性の存在お強く求める時期と全く求めない時期があり、その差が激しい分求める時はとことん求めます。その求める時期に女性は自分の欲求である承認欲を満たします。しかし男性は情緒不安定のため、いずれ全く求めてこない時期がやってきます。そのタイミングで喧嘩をするなどして別れてしまうケースが多いです。

母性本能が強い

子供をあやす女性

情緒不安定な男性に対して芽生える母性本能

母線本能とは赤子にだけ芽生えるものではありません。情緒不安定な男性の不安定な部分にも赤子に対して感じるような守ってあげたいという気持ちを抱きます。

そのため情緒不安定な男性の心が安定していない部分に対しても、あやすように世話をやきたくなります。これによってその女性は欲求を満たすのです。男性も自分が不安定な時期にそばにいて献身的に尽くしてくれる女性がいることで心の拠り所にもなり、関係はうまくいくでしょう。母性本能あふれる女性というのは、情緒不安定な男性の心が安定しているときも上手に相手をしてくれます。

共依存を求めている

コーヒーを飲みながら話す男女

自分の欲求を満たしてくれる相手に依存する

情緒不安定な男性を好む女性の心境として、自分の欲求を満たしてくれる人に依存するというものがあります。これはある意味利害関係が一致しています。

共依存とは、自分では相手が自分に依存しているから離れられないという意識の元に成り立っています。例えば女性側からすれば、男性の情緒が不安定なため、自分がいなくては駄目だと考えます。そして、そうしていることで自分の欲求も満たされているのです。蓋を開けてみると、女性の方が男性に依存していて、その男性はさほどその女性に依存していなかったというケースもあります。

情緒不安定な男との付き合い方!どう対処すればいい?

話の聞き役になってあげる

カフェで会話する男女

話を聞いてあげることでストレス発散の手伝い

情緒不安定な男の心のバランスが崩壊しているときには、しっかりと話を聞いてあげることが大切です。話を聞いてあげることで男性の心の支えになることができます。

情緒不安定な男性というのは、心の状態が安定しているときは何も問題ないのですが、一度バランスを崩すと、普段は論理的でも全くそうで無くなってしまいます。そのため、会話もあまりしっかりと成り立たない可能性もありますが、辛抱強く男性が話すのを待ってあげることが大切です。話の内容も支離滅裂であったとしても、否定をせずにただゆっくりと話を聞いてあげましょう。

一緒にストレス発散をしてあげる

ランニングをする男性

運動によるストレス発散効果

ストレスによる情緒不安定な男性にとって、一番必要なことはストレスを発散させることです。そこでかなりの効果を見込めるのがスポーツなど身体を動かすことによる発散方法です。

しかし情緒不安定な男性にとっては自分から運動などをしてストレス発散しようとはなかなかなりません。そのため、仲の良い友人やパートナーが積極的に声を掛け、企画をして運動をするために外へ連れ出すと良いでしょう。半ば強制的に連れ出すことでストレス発散方法を学ぶことができます。それにより今後、自分からストレス発散に出かけることができるようになるでしょう。

人に相談する

会話する男女3人

情緒不安定の男性と共通の友人に話を聞いてもらう

情緒不安定な男性を密な交流があると、自分も精神的に疲弊してしまうことがあります。そうなるといつも通りの冷静な判断ができなくなってくる可能性があります。

そうなることを防ぐために、情緒不安定な男性との共通の友人に相談し、客観的な意見をもらうことも良いでしょう。ときには他人の意見の方が客観的な見地から物事を見ているのでより全体を平等に見えている可能性もあります。あまり自分だけで抱え込まないように、人に相談するということも大切です。

可能であれば距離を置く

長い一本道

一時的に距離を置くことで頭を冷やす

情緒不安定な男性との付き合い方で一つ有効な手段は距離を置いて、お互いに気持ちの整理をすることです。頭が冷えることで、冷静な判断を下せるようになります。

しかしカップルの場合、距離を置くという判断は一歩間違えると相手に不信感を与えてしまうことにもなります。上手な話の進め方で提案する必要があるのと、ある程度の信頼関係がある中でないと、そのまま自然消滅という事態にもなりかねないので注意が必要です。また距離を置いている間にも何かしらのルールのようなものが無いと、そのまま別の人に乗り換えられて終わりということにもなりかねません。

できるだけ気にしないで受け流す

ヘッドホンをしている女性

聞き流すことも大切

情緒不安定の人の話は論理的でないことが多くあります。そのため、真に受けずに聞き流すことができればよりうまく関係を続けることができるでしょう。

情緒不安定な人が大切な人であっても、ときには話を聞くだけ聞いて受け流すということも必要です。うまく受け流さなければ、今度は自分がストレスを感じることになる可能性もあります。例え支離滅裂な話をされたとしても聞き流すことが必要です。場合によっては強く批判されたりと、ショックを受けるような発言をされる場合もありますが、真に受けないようにしましょう。

情緒不安定を改善するにはどうすればいい?

体調や生活習慣を改善する

血圧を測られている人

健康になることが情緒不安定から抜け出す第一歩

季節の変わり目などに体調不良を起こして情緒不安定になった場合、体調を整えて健康になることで情緒不安定から抜け出すことができます。

ワークアウトなどで日頃から健康に気を使い、強い身体を作り込むことで精神疾患や情緒不安定になることを防ぐとともに、改善することも可能です。また日頃の生活習慣を改めることも重要です。暴飲暴食を避け、飲酒もほどほどにすることで急激な体調変化などが起こりにくいため、健康維持に役立ちます。体調改善や、生活習慣を見直したい場合には、専門の医者などに相談することも有効な手段の一つです。

アロマテラピーなどリラックスできることをする

香りのするフレグランス

香りはリラックス効果がある

アロマテラピーなど専門の場所で受ける場合には効果は合っても料金が発生します。重度の情緒不安定な人には専門の場所で受けることが良いでしょう。

しかし、自分で良い香りのするフレグランスや、好きな香りのお香などを購入して自宅で使用するだけでも効果があります。疲れたとき、心が不安定だと感じたときにただただ家でリラックスをする時間を設けてはどうでしょうか。また、寝るときに使用したり、入浴中に使用するなど、何か体の力を抜く状態のときに併用するとより高い効果が期待できます。低価格でできるリラックス方法なのでおすすめです。

運動をしてストレス発散をする

階段をのぼる足

運動によるストレス発散効果は絶大

ストレスとは外部から受ける圧力に精神や肉体が対抗しようとしている状態のことを指します。そのため、それを発散させることでストレスを軽減します。

ストレスが溜まっていき、体が臨戦態勢の状態が長く続くことで耐えられなくなり、情緒不安定になったり精神疾患に陥ることになります。そのため、運動をして身体を動かすことでそのエネルギーを放出してストレスを発散します。特に効果が高いのが酸素を取り込みながらする運動で有酸素運動です。軽いウォーキングからジョギングのような運動までがそれになります。

人に話を聞いてもらう

相談する女性二人

恥ずかしがらずに人に伝えてみる

ときには恥を忍んで人に自分の異変を話すことで解決することもあります。情緒不安定に陥ったら、自分がどうしてこのような状態なのか理解に苦しむことでしょう。

基本的に情緒不安定な人は自分がどうして情緒不安定なのか、または情緒不安定なことすらも気付いていない場合があります。そのような場合に客観的にどのような異常があるのかを、知り合いに説明してもらうことで理解することができます。しかし、問題は情緒不安定なときに人からのアドバイスを素直に聞くのはなかなか難しいことでもあります。そのため、コンディションの良いときに試したほうが良いでしょう。

酸味の強いものを摂取する

テーブルに置かれたレモン

酸味を摂取することで心の安定を図る

情緒不安定なときに摂取すると良いものの中に酸味が含まれているものがあります。食べ物でも、香りでもどちらでも大丈夫です。

一番良いのは、料理に酸味のあるものを加えて、香りも楽しみながら、食事をすることでしょう。季節によっては、すだちやかぼすなどを料理に加えることで、料理のレパートリーが増えるので一石二鳥になります。柑橘系の香りはリラックス効果が強いため、情緒不安定なときに特別効果があります。また料理に使用して余った皮を湯船に浮かべれば、柑橘の香りのするお風呂になります。

情緒不安定な男の言動や心理的特徴ランキング29選まとめ

高いはしごと子供の銅像

情緒不安定な人の特徴をしっかりと知ることが大切

実際に職場や周りの友人、パートナーなどで情緒不安定な男性がいるということは大いに可能性があります。そういった男性についてよく知ることが一番重要です。

そういった男性の特徴を理解してあげることで、職場でも友人関係でも問題なく接することも可能です。ランキングを参考にまずは相手の特徴を理解し、ではどのように接するのが一番良いか考えましょう。また情緒不安定は改善することも可能です。どのように改善していけばよいのかもランキングを参考に探しましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

理想が高い男の心理や特徴23選!恋愛での落とし方や付き合う時の注意点も解説! | ランキングまとめメディア
ダメ男の特徴ランキング25選!駄目な男が好きな女性心理やモテる理由も解説! | ランキングまとめメディア
気持ち悪い男の特徴21選!好かれてしまう女性のタイプや困った時の対処法! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ