人の話を聞かない人の心理と特徴9選!改善する方法や聞いてもらえる対処法は?

あなたの周りに人の話を聞かない人が1人や2人いるのではないでしょうか。人と人のコミュニケーションは会話がいちばん大切です。友達との会話でも自分の話ばかりしていたり、割り込んで入ってきたり、、人の話を聞かない人は早とちりするだけでなく、周囲からも敬遠されてしまいます。ここでは、そんな話を聞かない人の心理や特徴をランキングでご紹介します。ランキングの後では、そのような心理や特徴を分析し、改善方法や対処法についてもまとめて解説しています。是非、人に話を聞いてもらえる方法の参考としてご覧ください。

目次

  1. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9選
  2. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9位〜7位
  3. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング6位〜4位
  4. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング第3位:疲れている
  5. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング第2位:落ち着きがない
  6. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング第1位:自己主張が強い
  7. 人の話を聞けないのはなぜ?理由は?
  8. なぜ人の話を聞くべき?人の話を聞くメリットとは
  9. どうすれば聞いてもらえる?人の話を聞かない人への対処法は?
  10. 人の話を聞けるように改善するには?
  11. 人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9選まとめ

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9選

あなたの友達にもいる?人の話を聞かない人の心理と特徴を紹介!

話を聞かない人のイメージ画像

人の話を聞かない人が増えている

身の周りにも人の話を聞かない人、自分の話ばかりする人が、少なからず1人や2人いるのではないでしょうか。話を聞いていない人とは話が噛み合わず、不快な気持ちになることも多いでしょう。

夫婦や友達関係でも、話を聞かない人が多くてすれ違いが生じたり、誤解を招いたりと関係が悪化してしまうことがあります。ここでは、そんな話を聞かない人の心理と特徴をランキング形式でご紹介します。ランキングの後には、その改善策や対処法についても詳しく解説しているので、話を聞かない人のことで悩んでいたり、話を聞いてもらいたい人は是非参考にして下さい。それではランキングスタートです!

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9位〜7位

第9位:忘れっぽい

忘れっぽい人のイメージ画像

そもそも話を聞いていない

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9位は、忘れっぽいです。きちんと伝えたつもりなのに、相手から「え?全然聞いてない」と言われた経験はありませんか?

それは、単純に忘れやすいのではなく、人の話を聞いていないことが大半です。聞いていないというよりも、聞いているけど上の空なので頭に入っていません。以前と同じ話を振られて、「それ前に話したよ」と伝えて「あ、そうだった」と思い出す人はただの物忘れですが、まったく記憶にない人は恐らく話を聞いていないと思っていいでしょう。

信頼関係を崩壊させることもある重大な問題

頭に手をやり忘れたことに気付く女性

約束を守らない人と思われる

きちんと伝えているはずなにい相手は忘れている「言った」「言わない」論争は、夫婦や友達関係だけではなく、ビジネスの現場で起こると信頼関係にも支障が生じます。

友達関係では、約束した待ち合わせに来なかったり、ビジネスでは、納期に間に合わなかったり、言われたことを守らなかったり、これらは信頼関係を崩壊させることもある重大な問題と言えるでしょう。笑ってすませることができる事柄であればいいですが、特にビジネス上であれば、それがミスにつながり、大きな損失を生むこともあります。信用を失わない為にも、人の話を聞くことはとても大切なことなのです。

第8位:生返事が多い

スマホに夢中で生返事をする女性

反応が薄い

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング8位は、生返事が多いです。話を上の空で聞いている人は、話していても反応が薄く、「へー」「そうんなんだ」と生返事ばかりします。

スマホやゲームに夢中になっている人に多い特徴です。頭の中が、手元に夢中で話が入ってこないのです。深刻な話をしていても、一言のシンプルな返事しか返ってこない人は、人の話を聞いていない人だと判断できます。話のタイミングを見計らって、適当に返事をしているだけなので、「返事」というよりも「反射」に近いです。話が早く終わらないかな……という心理も伺えます。

倦怠期の夫婦によくある特徴

口をきかないカップルのイメージ画像

男性よくありがちなこと

生返事は、倦怠期の夫婦にありがちな特徴です。男性、つまり旦那の方がありがちで、面倒なので適当に返事をして早く会話を切り上げたい心理があります。

女性は基本的におしゃべり好きです。今日あった些細な出来事でも、旦那さんに話したいものです。それを生返事で返されては、「面倒くさい」が全面に出ていて、悲しなってしまいます。実はこれは離婚原因に多い特徴でもあります。仕事で疲れていても、奥さんの話をちゃんと聞いてあげることが夫婦円満のコツといえるでしょう。

第7位:早とちりをする

疑問に思っている人のイメージ画像

少しの情報で動いてしまう

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング7位は、早とちりをするです。早とちりしがちな人は、人の話を最後まで聞かないことが多いです。話半分で聞いた気になっているのです。

ある程度話を聞くと、「だいたいわかったから、もういいよ」と話を切り上げようとします。最後まで話を聞かないので、ちょっとした情報から推測による解釈をしてしまいます。そうなると、本来の内容とは大きくズレていき、早とちりや勘違いも多くなるのです。

説明書を最後まで読まない人も特徴のひとつ

取扱い説明書を見ながらパソコンを触る人

読まなくても分かった気でいる

早とちりをする人は、人の話を最後まで聞かない、と同様で取扱い説明書を最後まで読まないのも特徴のひとつと言えます。わかっているつもりだから大丈夫という根拠のない心理があります。

説明書を最後まで読まず、ちょっとの情報でわかった気になっているので、早とちりをして間違えたり、分からなくなったりするのです。大半はその人の勝手な想像です。人の話を聞かない=説明書を読まないは同じ特徴を持つ人といえるでしょう。

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング6位〜4位

第6位:興味がない

人の話に興味がない女性

興味がなければ話は聞かない

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング6位は、興味がないです。相手の話に興味がない時も人の話を聞かないことがあります。これは誰もが持っている特徴ともいえるでしょう。

友達に、彼氏や旦那などの自分だけが興味のある話をしても、興味がない友達は話を聞かないでしょう。例えば、学生時代、朝礼等で校長先生が話している内容をどれだれの人がきちんと聞いているでしょうか。人の話を聞かない人の心理は話に興味がない、つまらない、話を聞いても無駄、と思っている場合が多いのです。

そもそも他人に興味がない人も話を聞かない

彼氏との関係に悩んでいる女性

親密になりたい感情がない

人の話に興味がなくだけではなく、他人に興味がないのも特徴にあげれます。他人に興味を持つという心理は、その人が好き・尊敬している・仲良くしたいといった感情から生まれます。

他人に興味がない人は、そういった感情を抱くことがないので、話を聞かないのです。自分が1番大切で、コミュニケーション能力に欠けている人にありがちな特徴です。興味がないので、人の話を聞かない、話を聞かないので内容も覚えていません。このような特徴のある人は、人の話を聞くようにすることよりも、もっと根本的な改善が必要です。

第5位:共感できない

友人の話をつまらなそうに聞く女性

共感力を欠く無関心

共感力に欠けるひとは、他人の心配をしない、人を信じない、思いやりがないという特徴を持っています。人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング5位は、共感できないです。

これらの特徴を持っている人は、ランキング6位に準じますが、他人に対して無関心な為、人の話に共感できません。共感できない為に、人の話を聞かないのです。人と人との会話が円滑に進むひとつの方法がこの「共感」ですが、それに欠けている為、コミュニケーションもうまくいきません。どうでもよいという雰囲気を醸し出している為、友達や周りからも嫌われやすいです。

自分の意見がいちばん正しいと思っている

プライドが高い人のイメージ画像

プライドが高い

自分の意見に自信を持っているというのも、人の話を聞かない人の特徴の1つです。人の意見よりも自分の意見が1番正しいと思っているので、共感できず、人の話を聞かないことが多いです。

プライドが高く、自分のやることが全て正しいと思っている人は、人の話を聞かないのではなく、聞いても響かないというのが正しいかもしれません。ビジネスマンでこのような上司を持つと、仕事が思うようにはかどらなくイライラします。人の話を聞かない上司は、人の苦労や成果に対して共感できるような感性を持ち合わせていないので、人の功績や実績を正当に評価することができません。

第4位:軽く見ている

腕組をして偉そうにしている男性

相手のことを見くびっている

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング4位は、軽く見ているです。人の話を聞かない人は、相手の事を見くびっているいる可能性があります。自分よりも下と思っているのかもしれません。

相手を軽く見ているので、相手の話も軽くとらえてしまうため話を聞かないのです。年齢の違いや、仕事上での上下関係によくあることですが、家庭内や友達関係など、親しい間柄でも起こりうることです。態度に出ることも多い為、見くびられていると感じて話を聞かない人にイライラするのではないでしょうか。

人の話を聞かないで他のことをしている

スマホを触って人の話を聞かない男性

軽く見ているから他事をする

ランキング8位の「生返事が多い」と同様、人の話聞かないでスマホやゲーム等、他のことをしていることが、相手を軽く見ているのです。それはまた、見くびりの成せる業かもしれません。

これは夫婦やカップル、友達関係でよく起こりうることです。相手とコミュニケーションを取りたいと思っていれば、人が話をしている時に、他のことをしないはずです。初対面の人や、好意を寄せている人に対しては決してしない行為でしょう。他のことをしていれば、もちろん人の話は耳に入ってきません。相手は、他のことをして人の話を聞いていない人にイライラして仕方ないでしょう。

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング第3位:疲れている

疲れがたまっている人のイメージ画像

人の話が上の空

人と人とのコミュニケーションは、意外と体力がいるものです。疲れている人は、コミュニケーションをとる力が足りません。人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング3位は、疲れているです。

疲れていると、頭の中がボーっとしてしまい、人の話を上の空で聞いてしまったり、返事ができなくなるので、話を聞いていないと思われてしまいます。実際に、話を聞いていない、疲れて聞くことができないので、全く人の話が頭に入りません。もし、家族や友達、周りの人に明らかに疲れている人がいたら、無理に話したりせず、疲労が回復するのを待ってみましょう。

いつも忙しくしている人は疲れている

忙しい人のイメージ画像

会話を楽しむ余裕がない

いつも忙しくしている人は、疲れがたまっています。今やるべきことに常に一生懸命で、人との会話を楽しむ余裕がありません。忙しい時に話されても、人の話を聞いている暇がないのです。

やっと一息ついたところで話かけても、疲れがたまっていて、話を聞ける状態ではありません。労働で疲れているのに、話題があまりにも興味のないことだとしたら、聞いてるだけでも大変な労力がかかり、全く耳に入ってこないでしょう。夫婦や付き合っている人、友達等、身近な人が忙しさを理由にコミュニケーションが取れないと、気持ちのすれ違いになり、関係性を大きく崩してしまうこともあります。

自己嫌悪に陥ることがある

疲れている、忙しいが理由で、人の話が聞けないのは子育て中の母親にもよく見られることです。初めての育児、家事で手がいっぱいで、ゆっくりと子供の話を聞いてあげられていないのです。耳で子供の問いかけを聞いていても、適当に答えたり、生返事をした経験がないでしょうか。そのことで自分を責め、涙する母親も少なくありません。家事は適当で構いません。子供とゆっくり話す時間を作ることが大切です。

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング第2位:落ち着きがない

頭を抱えている女性の後ろ姿

別の事を考えている

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング2位は、落ち着きがないです。話を聞きながらも、落ち着きがなく、別のことを考えソワソワしているので、人の話を聞かないのです。

落ち着きがない人の思考は、先走って次自分が話そうとする話題のことを考えたり、まったく違うことを考えたりと、常にいろんな事を考えています。それを早く話したくて「この話早く終わらないかな……」という心理があり、ソワソワしています。落ち着きがない人は「せっかち」ともとれます。友達や身の周りの人にも、ソワソワして目線もキョロキョロで落ち着きがない人が1人位はいるのではないでしょうか。

集中力がないので人の話が聞けない

集中力がない人のイメージ画像

途中で飽きてしまう

落ち着きがないということは、「集中力がない」ともいえます。正確にいえば、初めはきちんと聞いていても、集中力がないので最後まで人の話が聞けず、途中で飽きてしまうのです。

人の話を聞くというのは意外に労力を必要とします。集中力がないと最後まで理解しながら人の話を聞くのは難しいのです。飽きてくると、始めからつまらない話だとか、どうせ大した話じゃないなどと決めつけてしまうことも多いです。自分が落ち着きがなく、集中力に欠けてるいることを棚に上げ、人の話のせいにしがちです。

子供時代からみられる特徴でもある

参観日などで、他の子供が集中して授業を聞いているのに、何人かは落ち着きがなくソワソワしていたり、他のことをしている子供がいます。大抵、授業は聞いていないので、内容を理解していません。落ち着きのなさは、子供の頃からみられ、成長してもも改善されず、人の話を聞かない大人になっていることが多いです。大人になってから改善するのは難しいので、子供の頃から意識することが大切です。

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング第1位:自己主張が強い

自己主張が強い人のイメージ画像

常に会話に中心にいたい

人の話を聞かない人は、自己主張が人一倍強いです。常に会話の中心にいないと気が済まない性格です。人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング1位は、自己主張が強い人です。

自己主張が強すぎる人は、自分の意見を言うことに必死で、人の話を聞く余裕がありません。また、このような性格の人は、基本的に自分の話しかしたくありません。人の話を聞くと、とたんに興味がなくなり大人しくなります。頃合いを見て、自分中心の話を始めるでしょう。基本はおしゃべりですが、人の話を聞くのが苦手で、自分の話だけをしたいのです。

突然会話に割り込んで自分の話をする

外でお茶を飲んでいる3人の女性

自分の話したい話題へ変える

自己主張が強い人は、友達が会話をしている中に突然入り、自分の話したい話題へ変え、自分だけの話を続ける人が多いです。今までどんな話をしていたかなんて気になりません。

人の話などを聞かないで、人が会話している間にも自分の次の話したいことを考えています。「相手がどう思うか」ではなく、「自分はどう思うか」を主張したいのです。これでは、当然友達からも、「わがまま」「自分勝手」と思われてしまい、敬遠されてしまいます。友達関係を続けたいならば、自分の話ばかりせず、人の話に共感して、会話のコミュニケーションを取りましょう。

友達関係にも支障がでる

友達と食事に言って愚痴ばかりを聞かされたことはないでしょうか。そのような人は、話を変えても、すぐまた自分の話に戻し話し続けます。愚痴を言いたい気持ちも分かりますが、どちらか一方の話を聞いてばかりでは疲れてしまいます。友達関係を長く続けたいならば、お互いに話を出来る間柄でないと難しいです。

人の話を聞けないのはなぜ?理由は?

人の話を聞かない人にも言い分はある?

耳に手を当てて聞こうとする人

その人の気持ちを理解する

人の話を聞かない人の心理と特徴をランキングでご紹介しました。自分もランキングにあった特徴をもっていたり、周りにも、思い当たる人がいるのではないでしょうか。

人の話を聞かない人にも、理由や言い分があるかもしれません。言い訳に聞こえるかもしれませんが、人の話を聞かない人の気持ちを理解することで、少しはイライラも収まったり、対処法がみつかるかもしれません。ランキングにあった特徴を頭に入れながら、その理由を見ていきましょう。

言っていることが理解できない

理解できない人のイメージ画像

内容が全く意味不明

自分が全く興味がない、知らない趣味の話だったり、専門用語を使った話だったりすると、何を言っているのかさっぱり分からず、聞けない状態になってしまいます。

聞くつもりはあっても、理解ができないので聞いていないように見えてしまいます。例えば、全くゲームに興味がない人に、ゲームの素晴らしさや面白さを熱弁しても、全く理解できないでしょう。ましてや、その攻略法を自信たっぷりに語られても、知らないので共感できません。これは、人の話を聞かない人に問題があるのではなく、話し手の方に気遣いが足りません。

自分の方が正しいと思っている

自信がある人のイメージ画像

目上の人にありがち

ランキング5位の「共感できない」で少し解説しましたが、自分の方が絶対に正しいという絶対的な自信を持っている人は、人の話を聞けません。上司や親など誰かの上に立つ人にありがちです。

部下や子供が何かを伝えようとしても、最後まで言わなくても答えは分かっているとばかりに話を遮ります。例えば、子供が突拍子もない夢を語ったとしましょう。それでも、話を聞いてあげるのがいちばんですが、そんなの叶う訳ないと思っている親は、子供の話を最後まで聞くことはしないでしょう。叶うわない、失敗すると思う、自分の意見が正しいと思っているからです。

わがまま

ネコの顔のフェイスペイントをしている子供

人の話を聞きたくない

わがままで人の話を聞かないのは、子供に多い理由ですが、大人でも少なからずそのような人はいます。そもそも、話を聞いていないのではなく、聞きたくないのです。

実際は、話を聞いていて、正しい意見と理解しても、わがままでそれを受け入れたくありません。誰かに注意されたり、お説教やアドバイスをもらう事を嫌います。意地っ張り、あまのじゃくという言葉も当てはまるでしょう。誰かに言われたことに従いたくないという心理が働き、聞いていないフリをするのです。

感情のコントロールができない

起伏が激しい女性

起伏が激しい

感情のコントロールができない為、人の話を聞かないということもあります。、やたら感情の起伏が激しく、思い通りにいかないことが許せないタイプです。

人は多かれ少なかれ、自分の思い通りになりないと、イライラしてストレスを感じることもあるでしょう。自分の話を聞いてもらえてないと感じると、さらに激しく会話での自己主張を始める人もいます。感情的になり相手の話を聞けないため、トラブルに発展するケースも少なくありません。また、会話に熱くなってしまい、相手に話す機会を与えず、人の話も聞けない状態になることもあります。

なぜ人の話を聞くべき?人の話を聞くメリットとは

人の話を聞かない人は知らず知らずのうちに損をしている

会議で自分の意見を述べる女性

「話を聞く人だね」は褒め言葉

話を聞かない人の心理と特徴のランキングを見ても、まずいい印象を持つ人はいないでしょう。人の話は聞いた方がいいというのはよく言われることです。

「話を聞く人だね」は褒め言葉ですが、「話を聞かない人だね」は批判的な言葉です。人の話をには実はメリットが沢山あり、話を聞かない人は知らず知らずのうちに損をしています。人の話を聞くメリットについて、ご紹介するので、何が損をなのか考えてみましょう。

知識や情報を仕入れることができる

ソファーで楽しそうに話す2人の男性

相手のことを知ることができる

話を聞くことで、知識や情報が得られ、相手のことをよく知ることができます。話すスピードやトーン、声の大きさなどからも、相手の性格を推測することができます。

話している内容から、何に興味を持っている人なのか、どんな価値観なのかが分かり、自分との共通点や類似点、相違点も発見できます。初対面でも、たくさん話を聞いて、話をすることで、相手に興味が湧き、仲良くなれることも多いです。他にも、自分が知らない知識や情報を得ることで、自己啓発にもつながります。

忍耐力がつく

川辺てヨガをしている女性の後ろ姿

話を聞くには忍耐力が必要

人の話を聞くことで忍耐力をつけることもできます。人の話を聞くには、ある程度の忍耐力が必要です。自分が話したいと思う気持ちを抑え、まず相手の話から聞くからです。

その話が、自分に全く興味がない話だとしたら、聞くのか苦痛で、「早く話を終わらせてほしい……」と思うでしょう。それを我慢して聞くことで、忍耐力がついていきます。適切に自制できるようになるので、感情のコントロールも上手くできます。

人間関係が良くなる

楽しそうに話す2人の女性

好感を持たれる

話を聞くことで、相手との人間関係が良くなります。話を聞いてくれる人に対しては好感を持ち、逆に、話を聞かない人は嫌われてしまいます。

話をきちんと聞いてくれる人は、親身になってくれる、大事に思ってくれてるという印象を受ける為、好感を持ち、信頼してくれるでしょう。ビジネスでも、上司の話をメモを取りながら聞いている部下は、好印象で、もっと色々教えてあげようという気持ちになります。良い人間関係を築くためには、まず相手の話をしっかり聞くことから始めてみましょう。

自分の話を聞いてもらえる

楽しそうに会話をする3人の女性

話したいときは聞くことが先決

相手の話を聞くことで、自分の話も聞いてもらうことができます。自分の話を伝えるためには、まずは、相手の話を聞くことが先決です。

ランキング1位の「自己主張が強い人」でも述べましたが、自分の話がしたくてたまらない人は、相手の話を上の空で聞いてしまいがちです。そうならない為にも、まずはしっかりと相手の話を聞いてみましょう。そうすることで、相手は話せたこと、聞いてもらえたことに満足感を得られるので、話を聞く余裕ができるのです。

どうすれば聞いてもらえる?人の話を聞かない人への対処法は?

対処法を実践して話を聞いてもらおう!

顎に手をあてて考える綺麗な女性

5つの対処法

人の話を聞かない人の特徴や心理、理由を解説してきましたが、人の話を聞かない人に、話を聞いてもらうための対処法はあるのでしょうか。時にはこれだけは絶対聞いてほしいこともあるはずです。

パートナーや友達、子供が話を聞いてくれず、悩んでいる人も多いです。人の話が聞けない人への対処法を5つご紹介します。もし、周りに話を聞かない人がいる場合は、この対処法を参考にしてみて下さい。きっと改善に向かうはずです。それでは、人の話を聞かない人への対処法を早速チェックしていきましょう!

繰り返し伝える

上司に自分の考えを伝える男性

無理やりにでも記憶させる対処法

話を聞いてくれない人に対しては、繰り返し何度も伝えることも1つの対処法です。どうしても伝えておきたいことがある場合、相手と話す時間を惜しんではいけません。

話を聞かないといっても、全く何にも耳に入ってこないというわけではありません。最初は話を聞いていなくても、何度も何度も伝えるうちに、だんだん自然と頭に入っていくでしょう。人の話を聞かない、聞く意思がない人に無理やりにでも記憶させる対処法です。

話を聞ける環境をつくる

お茶をしながら話す2人の女性

話に集中させる対処法

話を聞かない人は、状況に左右されやすいです。例えば、賑やかなところだったり、テレビがついていたり、スマホを触っていたり、普通の人はこれらをシャットアウトして話を聞く体制に入ります。

しかし、話を聞かない人は自ら話を聞く体制に入るのが苦手です。その為、話を聞いて欲しい時は、これらを排除し、気を散らせることを防ぐことが重要です。静かな場所で、手を止め、相手の話を聞くだけの状況を作れば、話を聞くしかすることがなくなります。話に集中させる対処法と言えるでしょう。

重要な話をすると前もって伝える

真剣な表情で話をする女性

話の要点をまとめて伝える対処法

上でも述べましたが、話を聞かない人は、話を聞く体勢を自らとれない人です。まずは、これから重要な話をするということを、前もって伝えてみましょう。

「今から大切な話をするから聞いてね」と伝えれば、相手は、どんな話か興味が湧きます。姿勢を正したりこちらに注目を向けたりした場合は、聞く体制が整っています。そうでなければ、こちらに関心が向くまで、根気よく呼びかけてみましょう。話を聞かない人は、集中力がないので長い話は飽きてしまいます。重要な話は、なるべく簡潔に、要点をまとめて伝えましょう。

文書にして伝える

手紙を書いている手元の画像

自分のタイミングで読ませる対処法

話を聞かない人には、無理に話をするよりも紙に書いて伝えることも、おすすめの対処法です。話で済むことをわざわざ文字にするのは面倒ですが、重要な話ほど万全をとりましょう。

話を聞かない人は、他人のタイミングでとっさに話をされるのが苦手です。文書での対処となると、自分のタイミングで読むことができる為、とても有効な手段です。ただし、伝えたい内容を簡潔に書くようにしましょう。集中力に欠けているので、長々と文書を書いて手渡したところで、見ただけで読む気がなくなったり、流し見程度になってしまうので意味がありません。

伝え方を考え直してみる

肘をついて何かを考えている男性

伝え方を変えてみる対処法

もしかすると、相手は話を聞かないのではなく、意味が理解できていない可能性もあります。自分の話たことが、適切だったのか確認してみましょう。

自分の伝え方が悪かったと言う事も十分あり得ることです。自分では当たり前のことでも、他人はそうでないこともあります。自分の知らない専門用語を並べて話されても、全く意味が理解できないでしょう。話を聞いてほ欲しければ、伝える側も分かりやすく話さなければいけません。相手が聞いてないと感じたら、同じ話を今度は違う言い回しで伝えてみましょう。

人の話を聞けるように改善するには?

話が聞けないことを改善して好印象を与える人になろう!

耳に手を当てて聞き返す子供

5つの改善策

人の話を聞くのが上手い人に対して、多くの人が好意的な気持ちや、親近感を抱くことになります。話を聞かない人に対しては、悪いイメージを抱き、信用もされないでしょう。

果たして、話を聞けないことは改善できないのしょうか。そんなことはありません。これからご紹介する改善策を意識すれば、話を聞くことができるようになります。まずは、ひとつずつチャレンジしてみて下さい。繰り返していけば、それがクセになり無意識にできるようになるはずです。そして、話が聞けないことを改善して、好印象を与える人になりましょう!

相手の目を見て聞く

タートルネックで口元を隠している女性

話は目で聞く

人の話を聞く姿勢として、相手の目を見ながら聞くことは基本中と基本です。「目は口程に物を言う」とはよく言うものです。目を見ることで、相手は真剣に聞いてくれていると感じとります。

そして目を見ていれば、話しの内容だけでなく、相手の「感情」も読み取る事ができ、より感情移入できるようになります。気持ちを理解することで、相手の立場になって話を聞くことができます。ですから、恥ずかしがらずに目を見て相手の話を聞くことを心がけましょう。徐々に話が聞けるように改善されていくはずです。

相槌を挟みながら聞く

外で座って話し込む2人の女性

短くうなずくように

相槌をしながら話を聞くことも、話を聞けるようになる改善策のひとつです。ずっと黙って固まった状態で聞いていても、相手はちゃんと伝わっているのか不安になってしまいます。

相槌を打つときは、適度にタイミングよく、小さくうなずくように相槌を挟みましょう。大袈裟にしすぎてしうと、逆にバカにされていると思わることもあるので注意しましょう。あくまで「短い」相槌に留めておくことが大切です。相槌を挟むことで、相手の話に耳を傾けることもできます。

合間をみて質問してみる

外国人女性と話す日本人女性

質問は短くがポイント

話を聞いている時、タイミングを見て、合間合間に質問をしてみるものおすすめの改善方法です。じっと黙って聞いているだけでは、話を聞いていないと思われてしまいます。

話の区切りのいいところで、タイミングを見計らって質問をしてみましょう。質問することで、話の内容を再確認でき、理解することもできます。「それは○○って事?」等、質問をなるべく短くし、相手YES、NOで簡単に答えられるようにするのがポイントです。長い質問をすると、話がそれてしまい、自分の話に方向転換してしまう可能性があります。

リアクションを大きくして聞く

リアクションが大きい女性

ボディーランゲージを挟む

改善方法として、リアクションを大きくして話を聞くこともおすすめです。体を使って共感や同調を示すことで聞き上手なれ、相手にも好印象です。

相手が悩み事を言ってきた時は、「大丈夫?」と優しく腕に触れたり、成功した話をしたきた時は、「やったね!」とガッツポーズをしたり、ハイタッチをしたり、時には大きくびっくりして見せたりと、ボディーランゲージを挟むことで、相手の喜びや悲しみを一緒に分かち合うことができます。

とりあえず最後まで聞く

男性の話を真剣に聞いている女性

否定しないこと

最後にご紹介する改善策は、否定せずに、とりあえず相手の話を最後まで聞くことです。話している途中で、否定の言葉を発してしまうと、話を中断させてしまいます。

そして、何故否定するか説明するため、結局は自分の意見、自分の話になってしまいます。すべて否定するなとは言いません。どう考えても間違っている話というのも、中にはあるでしょう。「話を聞ける人になりたい」と思うなら、とりあえず相手の話が終わるまで、その気持ちをグッと抑えましょう。全て話を聞いた後に、間違っているという自分の考えを伝え、意見交換しましょう。

人の話を聞かない人の心理と特徴ランキング9選まとめ

両手で耳を抑えて聞くのを嫌がる女性

聞き上手な人になろう!

人の話を聞かない人の心理と特徴を中心に、それに対しての対処法や改善策等をご紹介しました。人の話を聞くという事は、簡単なようで難しい課題でもあります。

もし自分が、ここでご紹介した「人の話を聞かない人」の特徴にいくつか当てはまることがあったら、今一度自分を見つめなおしてみて下さい。話を聞かないことは決してプラスにはなりません。人の話を聞く行動は、人がコミュニケーションを取る上でとても大切な行動です。是非、記事内にある改善策を参考にして頂き、聞き上手となり、周りから信頼されるような人になりましょう。

その他「人の話を聞かない」に関連するランキング記事はこちらから

必ず否定から入る人の心理&特徴27選!否定癖への対処法や直し方はある? | ランキングまとめメディア
人を見下す人の心理&特徴ランキング19選!上手な付き合い方・対処法も解説! | ランキングまとめメディア
目を合わせてくれない女性の心理15選!好意のあるなしを見極める方法とは? | ランキングまとめメディア
人を惹きつける人の特徴15選!魅力的な話し方やカリスマ性を身につける方法は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ