アラサーファッションの痛い例13選!30代女性のマストな着こなし術とは?

アラサーのファッションは、上品で素敵な印象の着こなしをしている人が多いですが、一歩間違えると痛いコーディネートになってしまいます。痛いファッションコーデの特徴は、様々なポイントがあるので注目となります。アラサーファッションの痛い例ランキング13選をご紹介します。ランキング以外には、30代女性の理想的な着こなしやコーデ、おすすめブランドを合わせてチェックしましょう。

目次

  1. アラサーファッション痛い例ランキング!
  2. アラサーファッション痛い例ランキング!第13位~7位
  3. アラサーファッション痛い例ランキング!第6位~4位
  4. アラサーファッション痛い例ランキング!第3位:派手な色のアイテム
  5. アラサーファッション痛い例ランキング!第2位:露出が多いアイテム
  6. アラサーファッション痛い例ランキング!第1位:ミニスカート・ひざ上丈のスカート
  7. ファッションが痛い30代女性がいるのはなぜ?
  8. アラサーのファッション以外の痛いと思われてしまうものとは?
  9. アラサーファッションが痛いと思われなくする方法
  10. アラサーファッションのおすすめブランドや雑誌をチェック!
  11. アラサーファッション痛い例ランキング!まとめ

アラサーファッション痛い例ランキング!

アラサーファッションの痛い着こなし・コーデ例をランキングでご紹介!

洋服を選んでいる女性

ランキングをチェック!

アラサー女性の方の中には、ファッション誌を見ていても、どのようなコーデをすればいいのか分からないといった方が多くいらっしゃいます。

自分の身の丈に合ったブランドや、若い世代の方がされるような着こなしとは、違ったコーデが必要なのかと不安になる方もいるようです。こちらの記事では、アラサーや30代の女性がすると、痛いと思われるファッションやコーデを、ランキング形式でご紹介します。それではランキングスタートです!

アラサーファッション痛い例ランキング!第13位~7位

ピンクのスカートを着ている女性

30代のコーディネートについて

自分が周りの方からどう思われているのかというのは、非常に分かりにくいものです。30代のアラサーという年代は、30代以下の若い世代よりも、少し高い年代となります。

 

そのため、若い世代の方は遠慮して、痛くても本心を言えないといったようなこともあるかもしれません。

 

アラサー女性の方が、自分が痛いファッションをしているかどうかということが認識しにくくなってしまいます。

ランキング13位~7位をご紹介します。30代以下の若い世代の方は、こちらのランキングを参考にして、アラサー女性の気持ちを理解することをおすすめします。アラサーの方は、こちらのランキングをご覧いただけば、どういったファッションが痛いと思われてしまうのかが理解できるかもしれません。

13位:ショッキングピンクコーディネート

痛いと思われてしまうカラーについて!

ショッキングピンクを着ている女性

若い活発なイメージがあるカラー!

ショッキングピンクでのコーディネートは、非常に活発で若いイメージを持たれる方も多いかもしれません。

 

10代の女性の中でも、ショッキングピンクが好きという方は、多くいらっしゃるようです。

 

しかし、こちらの色を取り入れたコーディネートをアラサー女性がすると、痛いと思われてしまうこともあるようです。

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第13位は、ショッキングピンクコーディネートがランクインしました。ショッキングピンクコーディネートは、若いイメージをもつ方が多いといわれています。しかし、アラサー女性がこちらのカラーを取り入れてコーディネートをしてしまうと、痛いと思われてしまいます。アラサー女性の中には、若いままでいたいと思われる方は多くいらっしゃいます。

ショッキングピンクのスカートを履いている女性

コーディネートに工夫をしよう!

ファッションで取り入れる配色を若くしても、年齢を誤魔化すことができません。

 

世間がアラサー女性に求めているのが、どのような雰囲気やイメージなのかを、しっかりと把握する必要があります。

 

また、そのうえでアラサーとして求められる配色を考える必要があるでしょう。

ショッキングピンクコーディネートについて

アラサー女性が、明るい色を使ってはいけないという訳ではなく、ビビッドカラーからモノトーンに移行するといった、コーディネートにおける工夫をする必要があるかもしれません。モノトーンカラーとパステルカラーの組み合わせで、上品さや大人っぽさを取り入れると、痛いと思われることも少なるようです。

12位:ショートパンツコーディネート

10代に人気のアイテム!

ショートパンツを履いている女性

露出度が多いアイテム!

ショートパンツは、ギャル系のファッションや、10代の女性の中では好まれるようなアイテムのようです。

 

比較的露出の多い着こなしや、コーディネートが求められるアイテムでもあります。

 

ショートパンツは、年齢を重ねることで、ファッションに取り入れづらいアイテムであるという認識があるようです。

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第12位には、ショートパンツコーディネートがランクインしました。アラサー女性のファッションには、上品さが求められているといいます。そういった観点から、脚部の露出範囲を広くしてしまうようなショートパンツは、30代の女性のファッションとしては好まれないという傾向があります。また、周りの方に痛いと思われることもあるかもしれません。

ショートパンツを履いている女性

着こなしにくいアイテム!

アラサー女性のファッションにおいて、ショートパンツというアイテムは着こなしにくいアイテムと言われます。

 

どうしても脚部の露出をされたいという方は、ミディアム丈のスカートがおすすめです。

ショートパンツコーディネートについて

ミディアム丈のスカートは、子供っぽさがなく、大人のアラサーファッションとして受け入れられやすいアイテムです。オフィスカジュアルとしても使用することができるので、職場とプライベートとしても兼用することができます。

11位:サイズの合っていない靴

上品さに欠けてしまう!

ヒールを履いている女性の後ろ姿

バランスが大切!

女性にとって、体の大きさの比率は非常に重要なものです。出来る限り顔が小さくなるようなメイクや、ヘアアレンジをされる方もいます。

 

そして、足が大きく見えることも敬遠されがちです。足のサイズが大きいと、バランスが悪く見られることもあります。

 

それにより、美しく見られにくいこともあり得るからです。サイズの合わない靴を選んで、きついまま履いている女性もいらっしゃいます。

そういった行動は、30代の女性がすると痛いと思われてしまうようです。アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第11位は、サイズの合っていない靴を履くということがランクインしました。自分の身の丈に合っていない服選びや、無理をするようなファッションをすることは、アラサー女性の痛さを増幅させてしまうようです。その理由は、アラサー女性には、大人っぽさを求められる傾向があるためです。

サイズの合っていない靴について

無理をすることによって、余裕の無さが表れてしまい、大人っぽいイメージが崩壊してしまう恐れもあります。アラサー女性のファッションは、自分の身の丈に合ったものを選んだ方が無難なようです。また、身の丈に合っていないアイテムを、ファッションに取り入れることも痛いと思われるかもしれません。大人の余裕や、上品さといったイメージは、ファッション全体のまとまりのなさにより、崩壊してしまうからです。

10位:ダメージ加工ジーンズ

まとまりがなくなる!

ダメージ加工ジーンズをはいている女性

抜け感をアピールできるアイテム!

ダメージ加工したジーンズは、多くのファッションブランドでも販売されているファッションアイテムです。

 

ジャケットとうまく合わせたコーディネートや着こなしをすることによって、抜け感をアピールすることもできる便利なアイテムと言われています。

30代のアラサー女性が履くことによって、相手に痛いイメージを与えてしまうこともあるようです。ダメージ加工ジーンズを履くことで、痛いと思われてしまう理由をご説明します。アラサー女性がダメージ加工ジーンズを履くことは、問題ないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際は痛いと思われる方もいらっしゃるようです。

ダメージ加工ジーンズをはいている女性

まとまりがなくなる服装!

ダメージ加工ジーンズをアラサー女性が履くことで、痛いと思われてしまう理由は、着こなしのまとまりがなくなってしまうという理由です。

 

アラサー女性のファッションにおいて、着こなしのまとまりを失ってしまうことは、清潔感や美しいコーディネートを損なってしまうということを意味しています。

 

こういった30代のファッションには、乱雑さを感じるという人もいます。

ダメージ加工ジーンズについて

そのため、アラサー女性がダメージ加工ジーンズを履くことを、痛いと思われる方がいるのです。30代のアラサー女性として、自覚あるブランドやコーディネートをする必要があるということになります。アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第10位には、ダメージ加工ジーンズがランクインしました。

9位:ピチピチなトップスやボトムス

30代に向いていないアイテム!

スキニーパンツをはいている女性

フレッシュさがあるアイテム!

街中では、ピチピチなトップスやボトムスを身に付けている方がいらっしゃいます。

 

そういった方の多くは、10代~20代の女性がほとんどです。30代の女性がそういったファッションをすると、痛いと思われることがあります。

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第9位は、ピチピチなトップスやボトムスを身に付けた、アラサー女性のコーディネートがランクインしました。ピチピチなトップスやボトムスは、若い女性のフレッシュさや、女性らしさを表現するためのコーディネートと言われています。しかし、アラサー女性に求められているのは、そういったフレッシュ感や女性らしさではないようです。

白シャツを着ている女性

上品らしさがないコーディネート

そういったイメージよりも、清潔感や上品さ、大人らしさといったイメージと考える方が多くいらっしゃいます。

 

もちろん、30代のアラサー女性がフレッシュ感や女性らしさを表現するような、ファッションをしてはいけないという訳ではありません。

アラサー女性が求められている、上品さや大人らしさといった観点から見ると、大きく外れたファッションとなってしまいます。求められているファッションのイメージから外れてしまうと、痛いと感じる方が多くなっていきます。

ピチピチなトップスやボトムスについて

ピチピチなトップスやボトムスは、上品さや大人らしさを損なうファッションなので、痛いと思われてしまうようです。今までこのようなファッションをされていたアラサー女性の方は、ご注意ください。また、これからアラサーに差し掛かるというような女性も、これからのファッションについて考えておくことをおすすめします。

8位:リボンが多いコーディネート

10代に人気のアイテム!

ピンクのブラウスを着ている女性

女の子らしさがあるコーディネート

リボンが多い服は、若い女性や、幼い女の子にぴったりのアイテムです。

 

リボンのアクセントが効いているので、どのようなアイテムと合わせても、女子らしさを表現できるようなコーディネートが可能です。

リボンが多いコーディネートが、アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第8位にランクインしました。先ほどもご説明しましたが、リボンが多いコーディネートは、女子らしさを表現するのに向いています。しかし、アラサー女性に求められているイメージは、女子らしさではなく、大人な女性らしさになります。

リボンが付いたワンピース

リボンのサイズや色について!

少量のリボンがついたような服は着用可能ですが、多くなると女子らしさが強まっていくので、おすすめできません。

 

どうしてもリボンが好きという方は、ブラックのリボンがついたアイテムを着用するようにしましょう。

 

そうすることによって、女子らしさが落ち着き、大人っぽさが表現されることがあります。また、リボンが多くついた服のみを作っているようなブランドも存在しています。

リボンが多いコーディネートについて

こういったブランドの服を買うことは控えた方がいいかもしれません。アラサー女性とはいえ女性です。コーディネートに、少量のリボンをうまく取り込むことによって、大人女子感を表現することも可能です。

7位:優帽コーディネート

カジュアルさがあるアイテム

女優帽コーディネートの女性

おしゃれアイテムの女優帽

ご存知の方も多いかもしれませんが、優帽についてご説明いたします。優帽とは、女優帽のことです。女優帽は、ガルボ・ハットと呼ばれることもあります。

女優帽とは、ツバの広い帽子のことです。カジュアルなイメージや、エレガントなイメージまで持っているので、どのようなコーディネートにもしっかりと合わせることができます。しかし、アラサー女性がこちらのアイテムをコーディネートに取り入れると、痛いと思われることもあるようです。アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第7位には、優帽コーディネートがランクインしました。

黒い女優帽をかぶっている女性

カジュアル感がある服装に!

アラサー女性のファッションには、上品さが求められることもあります。

 

女優帽は、上品さを表現することも可能なので、アラサー女性にはぴったりのアイテムだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、アラサー女性のファッションに女優帽を合わせることは、痛いと思われることが多いようです。

その理由は、カジュアル感も一緒に強まってしまうことと、ファッション全体のすっきりとしたまとまりを損なってしまうからです。カジュアル感が強まると、大人っぽさを損なってしまいます。

優帽コーディネートについて

頭に大きなアイテムを置くことによって、全体の着こなしのバランスを損ない、まとまり感を損なってしまいます。こういった理由により、アラサー女性が女優帽を被ることは痛いと思われてしまうようです。

アラサーファッション痛い例ランキング!第6位~4位

女優帽コーディネートの女性

求められているイメージ!

これまで、ランキング10位~7位までをご紹介してきました。これまでもご紹介してきましたが、アラサー女性にはしっかりと求められているイメージがあるようです。

 

それは、30代の女性としての、大人の責任感や、しっかりしたイメージです。

こういったイメージをいままで気にされてこなかったというアラサー女性の方は、こちらのランキングを参考に、お持ちのアイテムを考え直す必要があるかもしれません。それでは、ランキング6位~4位のご紹介です。

6位:フリル・ひらひらのレース

30代に向いていないアイテム!

フリルのついたトップス

女の子らしいアイテム!

フリルやひらひらのレースといったアイテムは、かわいらしさや、女子らしさを表現することができるアイテムです。

アラサー女性には、大人っぽさや、上品さを求められる傾向があります。フリルやひらひらのレースが多い服を、アラサー女性がコーディネートに取り入れてしまうと、大人っぽさではなく、女子らしさを強調してしまうことになります。そのため、求められたイメージから外れてしまうことになり、痛いと感じられてしまうこともあります。

レースがついた服を着ている女性

爽やかさがある服装

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第6位には、フリル・ひらひらのレースのコーディネートがランクインしました。

もちろん、フリルやひらひらのレースには、かわいらしさ以外のイメージも表現することができます。大人っぽい爽やかさを表現できる服にも、フリルがついている事もあります。そういった清潔感や爽やかさを表現できる服は、アラサー女性にはおすすめです。

フリル・ひらひらのレースについて

フリルがついているからといって、全ての服がかわいらしくはならないようです。ブランドイメージの把握や、服を試着することによって、アラサー女性に合うコーディネートができるかどうかを確認する必要があります。また、アラサー女性の方が、フリルやひらひらのレースがついている服を着る場合には、シンプルな色でのコーディネートを心がけた方がいいようです。

5位:花柄アイテム

派手な花柄はコーデに合わせにくい!

花柄のスカートを履いている女性

派手な花柄アイテム!

花柄のアイテムは、アラサー女性の方でも着用している方もいらっしゃいます。

 

しかし、そういった方の着ている服の多くは、落ち着いたイメージのものです。花柄と言っても色々なアイテムが存在します。

 

その中でも、30代のアラサー女性がコーディネートに取り入れて痛いと思われるのは、派手目な花柄アイテムです。

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第5位は、花柄アイテムを取り入れてのコーディネートとなりました。花の種類は多く、いろいろな花ことばもついている事から、その種類によって様々なイメージがついていると考えることもできるでしょう。その中には、カジュアルなイメージや、大人っぽいイメージを持つ花もあるかもしれません。

派手な花柄のワンピースを着ている女性

取り入れやすいデザイン!

アラサー女性だからといって、全ての花柄アイテムが痛いと思われる訳ではありません。

 

大人っぽいイメージを持つ花や、それに近い花柄のアイテムを、アラサー女性の方がコーディネートに取り入れることによるメリットもあります。

花柄アイテムについて

それは、清潔感や上品さを表現することができるということです。これまでのランキングでもご紹介してきましたが、アラサー女性の方には、上品さや清潔感といったイメージを求められることがあります。上品さや清潔感といったイメージを表現するためのコーディネートであれば、痛いと思われることも少なくなります。ブランドごとの花柄に対する認識も変わってきますので、ブランドで選ぶという方法もあります。

4位:オールファストファッション

全体が安っぽくみえる!

厚いコートを着ている女性

プチプラコーディネート!

プチプラという言葉を聞いた事がある方は多くいらっしゃるかもしれません。プチプラとは、プチプライスの略で、値段が安い服の事を指します。

 

また、ファストファッションも同様に、安い服や、そういった服を製造しているブランドを指す言葉です。

服が安いということは、ハイブランドの服一着分の金額で、いろいろな服を購入できることを意味します。そのため、プチプラのアイテムは、安い金額でコーディネートの幅を広げることも可能です。しかし、そういったファストファッションの服ばかりのコーディネートは、アラサー女性には似合いません。そのため、若い世代の方から痛いと思われてしまうこともあるようです。

Tシャツとスカートを合わせたコーデ

バリエーションが増える!

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第4位は、オールファストファッションがランクインしました。

 

服のバリエーションが多く、様々なコーディネートが出来ることは、おしゃれな女性にとっては嬉しい事かもしれません。

しかし、全てファストファッションの服でコーディネートを固めてしまうと、どうしても安物感が出てしまいがちです。こういった場合、どのようにすれば安物感を出すことなく、アラサー女性として適切なコーディネートをすることができるのでしょうか。それは、ハイブランドの服と合わせることによって解決します。

オールファストファッションについて

ハイブランドのアイテムは、質感やデザインが高級感を表現しているものが多いです。ハイブランドのもつ高級感は、安物感のあるファストファッションのアイテムと組み合わせることで、安物感を抑えてくれます。

アラサーファッション痛い例ランキング!第3位:派手な色のアイテム

若い世代が好むファッション!

黄緑色のサロペットを着ている女性

蛍光色を取り入れたコーデ!

アラサー女性のファッションは、落ち着いた色や、スモーキーなカラーを取り入れたものが多いです。

 

それは全て、大人な女性としての落ち着いたイメージや、上品さを表現するためのコーディネートです。

こういった上品なコーディネートには、派手な色のアイテムを合わせることは難しいと言います。無理に合わせることによって、痛いと思われる可能性も高くなってしまいます。これまでのランキングでも、アラサー女性がショッキングピンクのカラーをコーディネートに取り入れることによって、痛いと思われてしまうということをご紹介しました。派手な色のアイテムは、やはり避けた方が無難でしょう。

黄色のニットを着ている女性

目立つカラー!

派手な色のアイテムが表現できるのは、若々しさやフレッシュ感、元気な女子感です。

 

上品さや、大人っぽい女性のイメージを表現したいアラサー女性のコーディネートにとっては、派手な色というのは不要なカラーとなります。

30代のアラサー女性が派手な色のアイテムをコーディネートに取り入れてしまうと、上品さや大人っぽさを損なってしまいます。また、ファッションとしての統一感も失ってしまい、痛いと思われてることもあるようです。

赤いトップスを使ったコーデ

相性が合わないコーデ

派手色のアイテムは、ハイブランドとの組み合わせもおすすめできません。

 

その理由は、ハイブランドのイメージと、活発な派手な色のアイテムが合わず、ちぐはぐな印象を与えてしまうからです。

派手な色のアイテムについて

どうしても明るい色が好きという方は、ホワイトのカラーを取り入れることをおすすめします。派手な色のアイテムが、アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第3位にランクインしました。

アラサーファッション痛い例ランキング!第2位:露出が多いアイテム

上品らしさがないコーディネート

ショートパンツを履いている女性

夏に多いコーディネート

夏になると、露出度が高く開放的なイメージの女性が多くなる傾向があります。

 

しかし、夏らしい解放的なイメージと、大人っぽさや上品さといったイメージは、全く方向性が違うものになります。

露出度が多いアイテムをコーディネートに取り入れてしまうと、そういった上品なイメージとかけ離れてしまい、痛いと思われてしまう原因にもなりかねません。アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第2位には、露出が多いアイテムがランクインしました。

ショートパンツを履いている女性

上品な服がポイント?

上品なイメージを出すのは、簡単なように感じている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それは意外と難しいようです。

 

その理由は、上品さがファッションだけで表現するものではないからです。

上品な服を着ているからと言って、その方が上品かと言えば、そうではありません。上品さは、口調や素振りといった動作も含めて表現することができます。普段素振りが雑な方が、上品な服を着ても、上品さを感じることは難しいかもしれません。

白いトップスとショートパンツコーデ

上品らしさを感じられない服装

こういった理由があるため、30代のアラサー女性の方は、大人の女性としての強い自覚をもって、上品な行動を心がける必要があるようです。

露出が多いアイテムについて

アラサー女性の大人の魅力というのは、こういった日常からの心がけから生まれているのかもしれません。露出が多いアイテムを好んで着用するようなアラサーの女性は、上品に感じられず、痛いと思われてしまうこともあるので注意が必要となります。

アラサーファッション痛い例ランキング!第1位:ミニスカート・ひざ上丈のスカート

30代に向いていないアイテム!

チェックのスカートを履いている女性

短い丈のアイテムは痛い?

女性の中には、年齢を重ねるのが怖いという方もいらっしゃいます。それは、顔にシワが増えたり、気になるほどの肌のたるみが出てくるからです。

 

ファッションセンスでアラサーの雰囲気は隠せても、体の衰えを隠すことはできません。

そのような衰えを、あえて体を露出させて見える形にするのは、それを見る側としてはなんとも言えない痛々しい気持ちにななる事があります。

ショートパンツを履いている女性

衰えが関係している?

これまでのランキングでもご紹介しましたが、短い丈のアイテムは痛いと思われがちです。

 

その中でも、ミニスカートのような短い丈のスカートは、衰えがみられる肌を露出させるだけでなく、年齢に合った上品さも損なうようなアイテムになります。

たとえどれだけ美脚であったとしても、10代や20代の若い世代の方とは比べると、30代の女性は肌の衰えが感じられがちとなってしまいます。美脚に自信があるというには、落ち着いたカラーのスキニーをおすすめします。

ミニスカートを履いている女性

スキニーパンツがおすすめ!

足のラインをしっかりと出すことができ、肌の露出も抑えることができます。また、ブラックのスキニーを履くことで、足をさらに細く見せることも可能です。

 

アラサーファッションの痛いコーディネートランキング第1位には、ミニスカート・ひざ上丈のスカートがランクインしました。

ミニスカート・ひざ上丈のスカートについて

たとえ美脚でなくても、ミニスカートやひざ上丈のスカートは避けた方がよさそうです。周りにいる女性だけでなく、男性からの印象も非常に悪くさせてしまう可能性があります。これまで、何も気にせずミニスカートを履かれていたというアラサー女性がいらっしゃれば、この機会に断捨離することをおすすめします。

ファッションが痛い30代女性がいるのはなぜ?

若いままでいたい願望がある!

チェックのスカートを履いている女性

なぜ痛いが分かっていない!

アラサー女性の方には、アラサーと言えど、気持ちはおしゃれな若い女性でありたいという願望があるからです。

 

もちろん、落ち着いていて、上品である女性でありたいという気持ちもあるようです。

そのため、アラサー女性の方は、着こなしについて非常に難しく考えている方が多くいらっしゃいます。30代のアラサー女性は、20代の若い世代と、40代という大人の女性の丁度中間の時期にいらっしゃいます。ファッションにおいても、日常生活においても、大人な女性の移行期間とも言うことができるかもしれません。こういった時期にいることと、若いままでいたいという願望が混在している方が多く見受けられます。

アラサーのファッション以外の痛いと思われてしまうものとは?

態度や素振りが痛い!

顔に手を当てている女性

痛々しいぶりっこについて

ファッション以外で痛いと思われてしまう内容をいくつかご紹介します。まず1つ目は、ぶりっこです。

20代の女性でも痛々しく感じることもありますが、30代の女性がぶりっこをすると、さらに痛々しさが増します。まして、年下の女性から、年上の女性へ痛いとお伝えすることは難しいので、いつまでもぶりっこをしてしまうということにもなりかねないので、ご注意ください。2つ目は、一人称を自分の名前で話してしまうという行為です。こちらについても、ぶりっこに近いイメージを感じる方もしれません。

女性が本を読んでいる姿

小さい頃からのクセ?

一人称を自分の名前で話してしまうのは、20代でも許せるか許せないかといった議論も見られます。

30代の方がこちらの行為をされると、非常に痛々しく見られてしまうこともあります。一人称が自分という行為が許されるのは、小学生までといったような認識しておく必要があるかもしれません。このように、アラサー女性がファッション以外でも痛いと思われてしまう行動もあるのでご注意ください。

アラサーファッションが痛いと思われなくする方法

アラサーファッションが痛いと思われなくする着こなしポイント

白いトップスをきたコーデ

シンプルなコーデがポイント!

ランキングの中でも多少ご紹介しましたが、1つ目はモノトーンカラーを多く取り入れるということです。

 

たとえ明るい色が好きであったとしても、ボトムスをホワイトやブラックといったカラーにしておくことをおすすめします。

モノトーンカラーでの着こなしを押さえておけば、酷く痛々しい印象を与えることを避けることがるかもしれません。2つ目は、身の丈に合ったアイテムを身に付けるということです。ランキングでもご紹介したように、スカートやボトムスの丈、靴のサイズなどが該当します。無理に若さを表現しようとするのではなく、自然な上品さや大人っぽさを目指してコーディネートされる事をおすすめします。

アラサーファッションの理想的な着こなし・コーデ例

緑のワンピースを着ている女性

すっきりとしたコーデに!

ホワイトのニットやもこもこしたセーターなどで上品さを表現する方法です。こちらはデニムなどを合わせてしまうと、少し子供っぽい印象になってしまいがちです。

 

ワインレッドやブラックなどの、すっきりとしたデザインのスカートと合わせることで、上品な印象を与えることができるかもしれません。

若い世代の方からは敬遠されがちな色のパープルですが、アラサー女性にしか出来ない着こなしがあります。トップスに明るいパープルを使用し、ボトムスはモノトーンに落ち着かせることで、大人っぽい印象を与えることができるコーディネートになります。パープルをコーディネートに取り入れるのは、難しいと言われることもあります。しかし、年齢を重ねることによって、合わせやすくなるカラーもあるようです。

アラサーファッションのおすすめブランドや雑誌をチェック!

アラサーファッションのおすすめブランド!

モノトーンコーデの女性

30代に人気のブランド

おすすめのブランドは、GALLARDAGALANTEです。若いころには金額的にもデザイン的にも挑戦しづらいと感じていた方もいらっしゃるかもしれません。

GALLARDAGALANTEは、大人っぽさや、伝統を守りつつ、ラインを少し崩したようなデザインのアイテムを多く作っています。こういったアイテムは、大人っぽさと若さの丁度中間にいる、アラサー女性の方にはぴったりのアイテムとなります。

アラサーファッション雑誌のおすすめ!

雑誌を読んでいる女性

役立つ情報が豊富!

おすすめのファッション誌は、CLASSY.です。CLASSY.は、ファッションや美容、ライフスタイルなど、アラサー女性にとって役に立つ情報が詰まったファッション誌です。

アラサー女性のためのバイブルと言っても過言ではないかもしれません。大人っぽい着こなしや、40代に向けた美容情報などが掲載されています。また宝島社が刊行するSPRiNGも、おすすめです。SPRiNGは、大人カジュアルな着こなし情報を提供してくれるファッション誌になります。少し値段が張りますが、アラサー女性へおすすめできる付録もついています。

アラサーファッション痛い例ランキング!まとめ

白いスカートを履いている女性

30代のファッションについて

30代前後のアラサー女性にとって、アラサーという時期はメンタル的にもファッション的にも難しい時期ということが、理解できた方もいらっしゃるかもしれません。

アラサー女性は、相手に痛々しく思われたいがために痛い着こなしをするのではないようです。自身の葛藤や、周囲の目などを意識した結果、そのような痛いと思われてしまう着こなしをしてしまうのかもしれません。また、そういった葛藤という理由から、ファッションにおいても迷走している可能性もあります。

その他のランキングが気になる方はコチラ!

遊園地デートのおしゃれコーデ29選!服装や髪型のおすすめを年代別に解説! | ランキングまとめメディア
スポッチャデートの大人女子の服装23選!動きやすいおしゃれコーデや持ち物も! | ランキングまとめメディア
【スマートカジュアル】女性のおしゃれコーデ37選!季節や年代別での着こなし! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ