残念な美人といわれる理由は?もったいない行動や性格の特徴17選&あるある話!

美しい容姿を持ち合わせていてスタイルも抜群なのに、なぜか男性からモテない残念な美人という存在があります。芸能人にも少なくないこうした残念な美人について、ランキングで性格や行動の特徴を紹介します。ランキングをチェックする事で、残念な美人の特徴を知る事ができるでしょう。また、ランキングを見れば、身の回りにいる残念な美人の、あるあるにも気が付くのではなでしょうか。

目次

  1. 残念な美人ランキング!残念な美人の行動や性格の特徴17選!
  2. 残念な美人ランキング!残念な美人の行動の特徴9位~4位
  3. 残念な美人ランキング!残念な美人の行動の特徴3位~1位
  4. 残念な美人ランキング!残念な美人の性格の特徴8位~4位
  5. 残念な美人ランキング!残念な美人の性格の特徴3位~1位
  6. 残念な美人にまつわるあるあるエピソードをご紹介
  7. 残念な美人と言われてしまっている女性芸能人とは
  8. 残念な美人に待ち受けている悲しすぎる未来とは
  9. 残念な美人から脱却するためにおすすめの方法とは
  10. 残念な美人ランキング!残念な美人の行動や性格の特徴まとめ

残念な美人ランキング!残念な美人の行動や性格の特徴17選!

美人なのに男性を遠ざけてしまう残念な女性とは

ベッドの上で膝を抱えている女性の画像

モテない残念な美人

美しい容姿があり、スタイルもそこそこな女性なのに、なぜか男性からモテない存在というのがあります。こういったタイプの女性の事を、残念な美人と表す事も少なくないでしょう。

男性の多くは美しい女性に惹かれます。また、男性の中には、女性は美貌だと言い切る人もいるでしょう。一方で、女性の中にも美しい女性に憧れを抱いている人は少なくありません。そして、美しい姿を手に入れるために、多くの努力をしている人もいるでしょう。しかし、美しい女性なのに、男性からも女性からもモテないタイプの女性がいるのです。こういったタイプが、美人なのに残念だねと言われてしまうのです。

ランキングにて残念な美人の特徴を行動・性格に分けて発表

髪の長い女性の後姿の画像

ランキングで特徴に迫る!

残念な美人というのは、どういったようなタイプの事を言うのでしょうか。分かりそうで分からないこのタイプの女性について、ランキングで特徴を紹介していきます。

ランキングでは、残念な美人の行動と性格の二つに分けて紹介します。それぞれのランキングをチェックする事で、傾向が見えてくるとともに、どういったところで残念だと感じるか理解できてくるでしょう。ランキングを見てあるあるだなと感じる部分もあるかもしれません。そうした観点も含めてランキングをチェックしていきましょう。それでは、残念な美人ランキングスタートです!

残念な美人ランキング!残念な美人の行動の特徴9位~4位

石に座って本を読んでいる女性の画像

行動をチェック

まずは行動の特徴からランキングします。どの行動もあるあるな行動ですが、改めてどういった行動が特徴として見る事ができるかチェックしていきましょう。

9位:無頓着

顔をペイントしている女性の画像

自分を磨いていない

自分を磨かず無頓着な女性は、残念な美人となる可能性があります。自分の美しさに気が付いておらず、ましてや性格がズボラなため、自分に対して無頓着になるのです。

美しい人というのは、自分に対するメンテナンスも欠かしません。しかしながら、容姿は美しいのに、その美貌を生かさないばかりか無頓着で磨ききっていないタイプもいます。こういったタイプは、本質に気が付いている場合は少なく、多くの場合で残念な美人として認識されるのです。スカウトをされた芸能人の中にも、こういったタイプの女性がいるのは有名な話で、スカウトはこういった女性を見抜く力が必要なのです。

無頓着なタイプですから、自分の髪の毛などにも無頓着です。染まりきっていない髪の毛や伸びに伸びている髪の毛などは、無頓着を通り越して不潔だと感じられてしまいます。美しい姿を手に入れられるのに、その無頓着な性格から、美貌を逃してしまっているのです。こういったタイプには、多くの人が残念な美人だと感じます。また、こういったタイプは好きな人ができると、見違えるように美しくなるのもあるあるなのです。

8位:姿勢が良くない

猫の背中の画像

猫背やがに股など

姿勢が良くなく、猫背やがに股といった姿は、残念な美人としての傾向だとも言えるでしょう。姿勢が良くないので、スタイルが良くても不格好な姿に見えます。

例え背が高く美貌をもちあわせた女性であったとしても、姿勢が悪いだけで幻滅してしまいます。モデルが姿勢を正すためにウォーキングレッスンなどを受けるのは、こういったマイナスの要素をなくすためのあるあるなのです。芸能人ではない一般人でウォーキングの練習をしている女性というのは少ない事でしょう。姿勢を直すというのは非常に難しいもので、自分だけで直すのは不可能なのかもしれません。

猫背で歩いていたりすると、どこかうつむき加減な姿がダサくかっこ悪いと感じます。こうした姿がせっかくの美貌を台無しにしてしまい、残念な美人となってしまうのです。このことから、美しい人というのは姿勢が正しいというのも大切な要素だというのが分かります。美貌溢れる顔や、誰もが羨むスタイルも大切ですが、その基本となるものは、普段からの姿勢の正しさだと言えるのではないでしょうか。

7位:ダサい

フードをかぶっている人の画像

センスがない

美しい顔と素晴らしいスタイルを持っているのに、着ている服がダサいなどの場合も、残念な美人だと言えるでしょう。素材が良いだけにもったいないとも感じられます。

ダサいのはセンスがないからです。センスというのは、周りの環境で変わる事もありますし、自分が持っている本質的な部分でもあります。センスを磨こうとすれば改善はされるのですが、ランキング7位のタイプの場合は、自分からセンスを磨こうとしません。自分に似合う服装も知らなければ、自分の年齢に合わせた服装を着るといった考え方もないのです。美しい姿とのギャップ萌えもありますが、多くの場合は残念です。

もちろん、こういった残念な美人は、女性からみても残念だなと感じられる事が多くあります。せっかく美しい姿を持っているのに、それを活かすセンスの良さがないのです。周りの友達などが改善に向けて協力してくれる事もありますが、中にはその美貌にやきもちを妬いて、わざと放っておく人もいるのです。センスが身についた時に生まれ変わる程の美しさになる事もあり、芸能人の原石としてはあるあるだとも言えます。

6位:優しくされるのが当然

手を振る女性の画像

人には優しくしない

優しく接された人は「ありがとう」という気持ちを持つものです。男性は特に美しい女性には優しく接するものです。しかし、残念な美人は、優しくされて当然という意識があります。

優しくされて当然だと感じているので、「ありがとう」という言葉も出ません。「ありがとう」という一言があったとしても、それは表面上の気持ちでしかありません。本心で「ありがとう」と言わないのが残念な美人のあるあるなのです。最初は男性もこういった感情や心理に気が付かずに優しくするのですが、時間が経つにつれて、ランキング6位のタイプの性格や行動も見えてくるので、結果的に離れていってしまいます。

芸能人の中にも残念な美人というのは少なくありません。芸能人の場合は特にテレビなどでその美しさを理解しているからこそ、小さな行動でも残念だと感じてしまうのです。人に優しくされるのが当然だと考えていると捉えられるだけではなく、芸能人だから調子に乗っていると見られる事も多く、芸能人で美貌を売りにしているタイプは、特に行動に気を付けないと人から誤解される事も少なくないでしょう。

5位:愛想が悪い

横を向いている女性の画像

挨拶もできない

愛想もなく挨拶もできないタイプも、残念な美人だと言えるでしょう。愛想の悪さはどんな美しい女性であっても、美しくない表情に見せてしまうのです。

愛想がないので愛嬌もありません。そして、挨拶もできないので常識知らずとして認識されてしまいます。しかも、愛想が悪いと自分の美貌を鼻にかけていると認識される事が多く、大体の場合で嫌われてしまいます。いくら美しい顔立ちがあったとしても、表情が豊かでなければ心の底から美しいと言えません。この心の底から美しいと言えないという心情が、結局は残念な美人としての認識となってしまうのです。

愛想がないタイプは、場面によっては一番嫌われるタイプです。それは、人とのつながりがある商売や環境だと、愛想のなさは人付き合いの致命傷となるからです。反対に言えば、例え美貌を兼ね備えていない女性であったり、とてもイケメンとは言えない男性であったとしても、愛想があれば誰からも好かれるのです。こういったことから、美貌がありながらも愛想が悪いタイプは、心から残念な美人だと感じられてしまうのです。

4位:言葉遣いが悪い

人差し指を前に出す長い髪の女性の画像

横暴な態度も

いくら美貌を持っている女性であっても、言葉遣いが悪ければ幻滅してしまいます。しかも、横暴な態度もするようであれば、なおさら残念な美人だと言えるのではないでしょうか。

美しい顔立ちから発せられる言葉が、耳も覆いたくなるような汚い言葉だった場合、受けるショックは大きいはずです。社会人などでは、言葉遣いを知らないだけでトラブルになる事も多く、ランキング4位のこの特徴は、美しい人でもそうでない人でも関係なく、人からは残念なタイプだと感じられてしまうのです。言葉遣いに合わせたような横暴な態度も良く見られるタイプで、こうした行動が残念な美人だと言われるのです。

ランキング4位のタイプの残念な美人は、多くの場面で嫌悪感を示されてしまいます。それは、言葉遣いの悪さは教養のなさを感じるからです。そしてもう一つ、言葉遣いの悪さは、自分の美貌に驕り高ぶっていると感じられるからです。その他にもいろいろな感情がありますが、こういった多くのマイナスイメージを抱えられてしまうのがあるあるで、このあるあるな感情は、残念な美人だという認識につながってしまうのです。

残念な美人ランキング!残念な美人の行動の特徴3位~1位

3位:行儀が悪い

床に座っている女性の画像

マナーが悪い

行儀が良くなくマナーが悪い場合も、残念な美人にはあるあるだと言えるでしょう。見た目が美しいだけに、行儀の悪さがより一層目立ってしまうというのが傾向としてあります。

見た目が美しく行動がスマートであればあるほど、行儀のない行動は残念な美人だと感じられてしまいます。行儀が悪いのは、育ちが悪いという風にも捉えられ、残念な美人の本質が見えてしまった気分になるのです。美しい顔立ちでスラッとしたスタイルを持っているからこそ、ちょっとした行儀の悪い姿が目についてしまうのです。その美貌とスタイルがマイナス要素に対して、強い嫌悪感を持たせる要因となっています。

箸の持ち方が悪い

行儀の悪い人のあるあると言えるのが、箸の持ち方です。箸の持ち方が悪いと、食事中などは気になってご飯も食べられないという人もいるほどです。このように、食事中のマナーというのは、気にする人が非常に多いものです。特に箸の使い方は、家庭で教えられる事が多く、そうした教えを習っていないと行儀が悪く見られます。そして、行儀が悪い姿だけが強く印象に残ってしまい、残念な美人となってしまうのです。

足を投げ出すのも行儀が悪い

また、車などでダッシュボードに足を投げ出したりする人もいます。その他にも、机の上に足を投げ出したりなど、美しい人であっても行儀の悪さは素行の悪さに見られる事があるのです。行儀が悪くマナーがない人とは、一緒にいたとしても恥ずかしい思いをしてしまう事もあります。こういった、恥ずかしい思いをしたくないからこそ、マナーのない人からは距離を置いてしまうのです。

2位:金がかかる

ショッピングバッグを持っている女性の画像

金遣いが荒い

金遣いが荒く、金のかかるタイプも残念な美人です。いくら美貌があったとしても、金目の物に弱く、金がかかる物に目がないタイプは、どうしても残念な女性として認識されます。

ブランド物が大好きで、彼氏からのプレゼントもブランド物ではないと気が済まないというのがあるあるだとも言えます。芸能人などを見たとしても、姿よりもブランド物に目がいってしまい、どうしても自分で手に入れたくなるタイプも、ランキング2位のタイプだといえるでしょう。自分が芸能人なのではというぐらい高価なブランドを身にまとっていて、その姿を見ていると、残念な美人だなと感じざる負えないのです。

見境がない

ランキング2位のタイプの残念な美人は、見境なく男に金を使わせようとします。その対象が、人の旦那さんであったとしても、自分の美貌であれば落とせると考えているのです。しかし、大体の場合はこういった浅はかな行動は見破られます。せっかくの美貌があるのに、こうした浅はかな行動が目につくようになると、残念な女性だとして認識されてしまうのです。どんなに美しい女性であったとしても、これでは嫌われます。

残念な美人ではない場合も

美しく華やかな女性の誰もが、金を求めて男と付き合っているわけではありません。ランキング2位の特徴は、あくまでも残念な美人としての特徴です。こういった傾向が見られるからこそ、残念な美人として認識され周りから避けられるのです。ですから、美しい女性は誰でも金遣いが荒いとは考えてはいけないのです。というよりも、見た目が美しい女性は、性格や内面も美しいタイプの人が多いのもあるあると言えるのです。

1位:品がない

足を投げ出している女性の画像

下品だと感じる

残念な美人だと感じる行動のランキング1位は、品がない女性となりました。美しい姿からは想像できないほどの品のなさは、残念を通り越して引いてしまう事もあるようです。

美しい姿である女性には、やはり品の良さを感じてしまいます。しかし、実際の行動が品のなさを感じてしまうと、下品だと感じてしまいます。美貌は間違いないのに、品のなさから表情や行動についても品を感じられなくなり、結局は残念な美人となってしまうのです。反対に言えば、容姿は美しくないとしても、品のある姿を感じる人は、上品さもあいまって美しく見えるという事です。品のない女性はモテないのです。

笑い方などで感じる事も

品のなさを感じる行動は、普段の生活の中にあると言います。例えば笑い方が下品だったり、食べ方が汚かったりなど、生活のちょっとした瞬間に品のなさを感じてしまうのです。見た目の美しさからは想像できな下品さが、残念な美人として認識されてしまうのです。実際、美しいなと感じている女性だったのに、品のなさを感じて幻滅してしまい、美しいと感じなくなってしまったというあるあるネタも、少なくはないよです。

女性も残念と感じる

こうした残念な美人の行動については、女性も残念だと感じているようです。せっかくの美貌が台無しになっていると感じるのは女性も一緒で、美しいと尊敬をしていた人であればなおさらです。女性にとって女性の行動に引くというのは、女性の中でも品がない行動は非常識だからです。こういった品のない行動を見て男女ともに性別なく引いてしまうのを見ると、一般的な常識は人として必要な要素だと言えるのです。

残念な美人ランキング!残念な美人の性格の特徴8位~4位

葉っぱの後ろに女性が隠れている画像

性格をチェック

ここからは、性格的な特徴を紹介します。言葉にしずらい内面的な特徴を知る事で、どういった傾向があるか理解できるはずです。それではランキングをチェックしていきましょう。

8位:自意識過剰

赤い服を着たサングラスをつけている女性の画像

自信がある

残念な美人は自意識過剰です。自分の容姿を周りから褒められる事が多く、そういった経験があるあるとなって自信を持ちます。そして、自意識過剰な性格が作られていくのです。

美人が自信をもつ事は当然です。それは、容姿が美しいというのは自分の武器だからです。しかし、その美人であるという特徴に、過信しすぎるのがランキング8位のタイプです。また、周りから美人だと言われているとしても、それはお世辞である場合もあります。それは、「美人でしょ」というオーラを自然に出しているからです。こういったオーラに対して、周りは気を使って「美人だね」と声をかけてあげているのです。

しかし、自意識過剰な美人は周りの気遣いや心遣いに謙遜する事はありません。謙遜するという心理が働く前に、自分に自信を持ちすぎてしまうのです。もちろん、美人であるのは間違いないですが、人に自慢するほとではないのがほとんどです。それは、自慢をしているという行為自体が美人ではないからです。そして、自意識過剰な態度や性格、そして行動がもたらす結果は、残念な美人として周りから認識されるのです。

7位:内面には興味がない

肘をついているフードをかぶった女性の画像

自分の内面も磨かない

容姿に重きを置いている残念な美人の場合、内面は意味がないものだと感じている人もいます。そして、内面を磨かないというのも残念な美人のあるあると言えるのです。

残念な美人は、外面については努力を怠らず、興味を持って取り組んでいます。しかしながら、内面については感心がないのです。残念な美人の性格としてランキングされている全ての特徴があったとしても、それはあまり気にしていません。それよりも、外面を磨けば人からは魅力的に写ると信じているのです。こういった事から、残念な美人は外面は常に美しくあるのに、内面がイマイチ残念だという状態になるのです。

美人が内面を磨いた場合は、飛び抜けた美人となるのは間違いありません。こういった、内面まで磨かれた美人こそが、本物の美女と言われるのです。しかし、残念な美人はそういったところに気が付きません。気が付くどころか、人から内面がどう見られているようが、関係ないのです。それは、他人に対しても同じです。残念な美人は、他人に対しても内面より見た目を求めているのです。

6位:知性が低い

机にうつ伏せている女性の画像

魅力が低下する

例え美人であったとしても、知性を感じられないと魅力は半減します。美人だからこそ知性的であって欲しいという思いもあり、知性を感じられないと残念だと考えてしまうのです。

美人に対しては、多くの人が知的であって欲しいという思いがあるといいます。それは、話をしていると知性がある人は面白みがあるからです。また、美人は容姿だけで世を渡っていると見られがちです。しかしながら、知性があると分かれば、それは容姿だけではなかったと気が付くわけです。そして美人な容姿により魅力を感じてしまうのです。こうした心理的状況から、知性を感じない美人はつまらないと感じてしまいます。

結局は美人であっても、周りがその人の人間性を判断するのは中身です。そういった部分で知性を感じられない美人は周りが美人とは認めません。残念な美人として周りから見られてしまうというわけです。もちろん、ランキング6位の特徴は、一般的な人であっても備えていて欲しい特徴です。性格や容姿そして行動などと同じように、知性というのも人間の魅力として見られる事は少なくないというわけです。

5位:主観的

カバンを机において座っている女性の画像

客観的に自分を見る事ができない

主観的に自分を見てしまっている場合も、残念な美人だと見られている傾向があります。客観的に自分を見る事ができないので、周りから理解されない事も多いようです。

主観的に物事を見てしまうので、自分が綺麗だというのも主観的な場合があります。美人ではあるのは間違いないのですが、そこまで美人ではないといった場合でも、客観的に自分を見る事ができないのです。ランキング5位の特徴は、自分の事を美人だと勘違いしているタイプに多くみる事ができる性格的特徴です。この場合、自分が思っているほど周りが美人だと見ていないので、結果的に残念な美人に仲間入りしてしまいます。

美人という見方は主観的

「あの人は美人だ」といった心理も、見た人の主観性によるものです。ある人は美人だと感じたとしても、ある人は美人だと感じていない場合もあります。結局は美人というのは、それぞれの主観性に関わるところが大きいいのです。そして、その主観性で美人だと感じる人が多いほど、一般的に美人だと言われるというわけです。この心理状態と考え方が、一般的に言われる残念な美人にも共通する考え方かもしれません。

4位:人の悪口を言う

耳打ちをしている女性の画像

話題は悪口ばかり

口を開けば人の悪口ばかりを言う人がいます。美人であってもランキング4位のタイプの場合、決して美人だとは認められません。悪口を言う心理が残念な美人として判断されるのです。

話題といえば人の悪口ばかりで、発展的で建設的な会話がありません。相手の何がどうだとか、あの時の言い方がああだったとか、口を付くのは悪口ばかりです。特に残念な美人は、人の容姿を悪口に出す事があります。自分が美人だと分かっているからこそ容姿を悪口にするわけで、その心理的な特徴が周りの人から性格が悪いと見られ、残念な美人としての立場が作られていくのです。

悪口を言う残念な美人は、多くの人から美人だとは認められていません。いくら容姿が良くても、美人として見られる事はないのです。むしろ、人の悪口ばかり言う人というのは、顔の表情も変わってきます。何か言いたそうな顔をしており、周りの人から警戒されてしまうのです。特にあちらではこの人の悪口を言い、向こうではあちらの人の悪口を言うといった、いない人の悪口を常に言う美人は信頼も得る事がありません。

残念な美人ランキング!残念な美人の性格の特徴3位~1位

3位:新参者は敵

指をさしている女性の画像

逆パターンも

会社や部活など新人の女性が入ってくると、どうしても周りからチヤホヤされるものです。その状況を気に食わないと感じてしまうのが、残念な美人というものです。

会社などの環境で、新たな女性が就任した時というのは、どんな人であってもチヤホヤされるものです。もし、その女性がかわいかったり美人だったりすれば、男性陣のチヤホヤはオーバーなものの場合もあります。こうした状況に、残念な美人が黙っているはずがありません。自分がチヤホヤされていない状況を良しと考えるはずもなく、大体の場合は敵としてみなす心理が働いてしまうのです。何かにつけて敵視してしまいます。

先行して忠告する

敵視をしてしまった相手に対しては、男性からチヤホヤされすぎないように、事前に釘を刺すなどの先制攻撃を行動する場合もあります。これは、「あまり目立った行動するな」という忠告であり、自分を差し置いて周りに気に入られるなと言う意味あいがあるのです。こうした状況に新人は恐れを感じてしまうのは、職場あるあるだと言えるでしょう。残念な美人がお局タイプだった場合は、職場に対する影響力もひとしおです。

新参者から敵視される事も

新人から敵視される場合もあります。これは、美人が美人を敵視するのと同じです。残念な美人の場合、自分よりも美人だと感じた場合は、どうしても敵視してしまうようです。このように、新参者は美人から敵視される事が多いのと同時に、美人な新参者といのは、すでに存在する美人を敵視してしまうのです。もちろん、全ての美人がこういった特徴や性格があるわけではありません。一部の残念な美人のみ敵視するのです。

2位:人を見下す

顔を少しかしげている赤い服の女性の画像

人間に優劣を付ける

人を見下し優劣を付けるのも残念な美人の特徴です。しかも、見た目だけに優劣を付けるので、気分が悪い上に人間性を疑ってしまう場合もあります。

美人は自分が美人だという事を理解しています。そして、自分よりも容姿が下であると判断した相手に対しては、見下した心理状態になるのが残念な美人です。このタイプの美人は、人間に優劣を付けることによって、自分の価値を上にしようとしているのです。マウントタイプの美人に多いあるあるな心理状態で、無意識の内に人を見下してしまいます。そして、それは心理に留まらず発言として表に出てしまうのです。

見下す人は見下される

人を見下す態度は、心理だけではなく行動としても表れてしまう事があります。意図的に発言するタイプもいるなど、性格的に残念なタイプも少なくありません。美人であるからと言って、人を見下すような事は許される行動ではありません。そして、一般的には人を見下している人ほど、人から見下されています。こういった特徴があるので、ランキング2位のタイプの残念な美人は、実は周りの人から見下されているのです。

理解できない価値観

また、周りにランキング2位のようなタイプの人がいなかった場合、価値観を理解する事は難しいはずです。人を見下したり優劣を付けるというのは、本来であれば意味のない行動です。自分に対してのメリットも少ない上、見下したり優劣を付けたからと言って、何かのプラスになるわけでもありません。なので、ランキング2位のような考え方を理解するのは難しい場合があるのです。価値観や心理は人それぞれなのです。

1位:見た目で判断

口を両手で押さえている女性の画像

人は見た目

性格として見ることができる特徴のランキング1位は、見た目だけで人を判断するという心理です。美人でありながらも、人を見た目だけで見下したりするので残念でなりません。

ブランド品を身に着けていないとか、乗っている車がなんだとか、そういった人の外的要素だけでその相手の価値を決めつけるタイプは、例え美人であったとしても残念でなりません。自分との釣り合いを考えているのは分かりますが、それは心の中にしまっておくべき心理です。残念な美人というのは、こういった心理を言葉として発してしまいます。または、表情に思い切り出してしまうのです。美人なのに本当に残念です。

嫌われる要素

こういった人を見た目だけで判断するというのは、残念な美人が嫌われる理由のあるあると言えるでしょう。こうした素振りは一般の人だけではありません。芸能人の中にもテレビを通じて、ランキング1位のような感情を感じる事があるはずです。そして、こういった感情を表に出してくる芸能人は、大体の場合嫌われていると言えるでしょう。残念な美人の中でも、人に対する考え方が小さいなと感じる部分だと言えるでしょう。

人は人を見た目で見てしまう

自分たちを考えたとしても、人を見た目で判断してしまう事は少なくありません。見た瞬間に怪しい人だと決めつけたり、この人はだらしないと決めつける事もあるでしょう。そういった意味合いからすれば、ランキング1位のこの特徴は、人間的なあるあるだと言えるかもしれません。しかし、残念な美人はこの感情を、表に出してしまうからこそ、残念だと感じられてしまうのです。ある意味正直な性格だとも言えるでしょう。

残念な美人にまつわるあるあるエピソードをご紹介

ケース1:チヤホヤされて何も残らない

両手を顔の近くに上げている女性の画像

美貌だけだと後が大変

美貌があるだけでチヤホヤされてしまって、結局は中身がなかったというのが、残念な美人の特徴でもあります。ここではあるあるなエピソードを紹介します。

あるあるエピソードとしては、若いうちはその美貌で周りからチヤホヤされていた女性が、努力をしてこなかったために、経験も知識もついていないという話です。どんな美貌溢れる女性であっても年齢には勝てません。結局は若い美しい人には勝てないのです。そうした事から、何も努力をしてこなかったがために、晩年は誰にも相手にされずに寂しい思いをしたという事です。美貌におごってしまったのです。

ケース2:常識がないのでブスに見える

ツイッターからのエピソードとして紹介するのは、女性が女性に対して感じた感情です。電車の中で強引に席を立っているのに、すいませんの一言もない女性がいて、その女性は例え綺麗だとしてもブスだという痛烈な一言です。女性同士であっても男性が相手であっても、常識がない人は心が美しくありません。心の美しさがない人は結局はブサイクだと言わざる負えないのです。

残念な美人と言われてしまっている女性芸能人とは

どういった観点で、芸能人を残念と感じるかは人それぞれです。有名どころで言えば、沢尻エリカさんは、性格の悪さが残念だと言われていますし、ダレノガレ明美さんはしゃべり方が残念だと言われています。しかし、これはテレビから受けた印象ばかりで、実際芸能人と相対したわけではありません。また、残念な芸能人だと感じていてもファンだという人も少なくありません。

また、男性であっても女性であっても歯並びとは重要な要素だと言えます。芸能人は特に歯を見せる機会が多く、歯に気を使っている人が多いようです。このように、芸能人に対する残念と感じる気持ちは人それぞれです。また、男性芸能人であっても女性芸能人であっても、残念だなと感じる要素は似たところもあります。

残念な美人に待ち受けている悲しすぎる未来とは

髪をあげている女性が横を向いている画像

年には勝てない

どんなに美貌溢れる存在であったとしても、時の流れというのは残酷なものです。肌の張りやツヤ、その他多くの要素を年数とともに失っていきます。

歳を重ねている美人には、確かに趣や風情があります。しかし、多くの場面では若い美人には敵わないのです。容姿やスタイルはお金をかければ改善できます。年齢だけはお金をいくらかけても改善できないのです。このように、美貌があるだけでチヤホヤされていると、年齢を重ねた時に中身が何もない人間になりかねません。これは、あるあるエピソードでも分かるように、多くの場面で見る事ができる現実なのです。

しかも、一般的な美女であったとしても、年齢によりニーズがなくなっていくのに、残念なタイプの美女がニーズがあるわけがありません。ずっと勘違いして何も努力せずに過ごしてきたのが、年齢とともにボロとなって表れてしまうのです。しかし、年を取ったからといって悲観する事はありません。思い立てば変わる事ができるというのも事実なのです。本気になるのに遅いという事はないのです。

残念な美人から脱却するためにおすすめの方法とは

ノートとペンを持っている女性の画像

抜け出して本物になる

それでは、残念なタイプから本物へ生まれ変わるのには、どういった事を注意すれば良いのでしょうか。ここでは、数点のポイントについて簡単に解説します。

客観的に自分を見る

双眼鏡を覗いている女性の画像

自分を見つめる

まず最初に行いたい方法は、自分を客観的に見直すという事です。チヤホヤされている自分の美貌やスタイルなどから、周りが自分へどのように対応していたか考え直しましょう。

自分を見つめ直すのは、自分というのが本質的に何なのかを見る事です。美女だともてはやされたりしたとしても、それは容姿だけを言われている場合か、それとも内面まで言われているのかを見極めます。容姿だけだと分かった場合は、その発言の意図も考えます。すると、自意識過剰であったなどの欠点が自分で見えてくるはずです。まずは、こういった自分の意識改革を行う事が大切なのです。

内面を磨く

崖の上に座っている女性の画像

見た目だけを追わない

外見だけを追っていると、見た目だけの美貌になってしまいます。美貌というのは、本来は内面から感じ取られるものなのです。それに気が付けば、自分の内面を磨く意味がわかるはずです。

本当に美しいと言われる人は、内面からの美しさを感じ取られている人です。残念だと感じられているという事は、外見ばかり良くて、中身がないと言われているのと同じです。見た目ばかりを気にせず、中身を気にするように気持ちを変化させると良いでしょう。そして、内面からの美しさを取り戻すために、人に親切に接し、何でも率先して自分から行動するように意識してみると良いでしょう。

行儀やマナーを覚える

手を前にかまえている女性の画像

態度を改める

美しさというのは、行儀やマナーといった作法からも感じます。ランキングにもあるように、行儀やマナーが悪いと、だらしがなく品がないと見られる傾向があり、残念なタイプに見られてしまいます。

行儀やマナーは気をつけるだけで覚える事ができます。また、人から注意された場合も素直に聞けばマナーは改善される事があります。さらには、マナー教室などマナーを学べる場所もあり、こういったサービスを利用してマナーを改善すると良いでしょう。中にはお金がかかるし意味がないと感じる人もいるでしょう。しかし、こういった小さな努力が本物の美貌を手に入れる手法だという事を認識しましょう。

謙虚になる

白い布で顔を隠している女性の画像

過信しない

謙虚になる事は、改善する時に非常に大切な要素です。人から注意された事を受け入れたり、自分を見つめ直した時に受け入れたりと、謙虚という気持ちは過信をする気持ちを制御してくれます。

多くの場合は、過信した気持ちが残念な存在にしています。例え周りが注意したとしても、聞き入れなければ残念な人のままです。改善したいのであれば、常に謙虚である必要があります。人から注意されたらそれを受け入れる謙虚さが必要です。人からかわいいねと言われたら、それを真に受けない謙虚さが必要なのです。謙虚な心があれば、過信する心を制御できますので、結果的に本当の美しい心を手に入れられるのです。

センスを磨く

洋服がたくさんかけられている画像

自分にマッチしたスタイルを

美しい女性であったとしても、自分にマッチしたファッションなどを取り入れていないと、結局はダサい人になってしまいます。また、年齢に合わせた服装というのも重要な要素です。

ファッションセンスなどを磨くというのも、重要なポイントだと言えます。自分の容姿やスタイルにマッチした服装はもちろんの事、年齢に合った服装を選ぶようにしましょう。マッチしていないスタイルは美しさを半減させてしまいます。美しい自分を取り戻すためにも、常に年齢を意識したスタイルを心がけましょう。また、今まで服装に無頓着だった場合は、誰かのマネから始めて見ると良いでしょう。

残念な美人ランキング!残念な美人の行動や性格の特徴まとめ

女性がベランダでタバコを吸っている画像

残念から卒業しよう

ランキングで残念な美人について紹介しました。美女でありながらも、男性にモテないのには、ランキングのような特徴が影響しているのが分かったはずです。

せっかくの美貌があったとしても、ランキングにあるような特性を持っていては、本物の美女とは言えません。本物の美しい存在というのは、内面が輝いている人です。内面が輝くからこそ外面でそれが表れ、結果として美女となるのです。外側だけを磨いていてはせっかくの美貌も台無しです。残念だと言われる存在から本物へ変わるためにも、ランキングを参考にして自分を見つめ直す事が大切だと言えるでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら

美人なのに男にモテない理由ランキング21選!彼氏ができない美女の特徴とは? | ランキングまとめメディア
なぜかモテる女の特徴31選!美人でもないのにモテる魅力や心がけている事とは? | ランキングまとめメディア
雰囲気で美人になれる条件17選!雰囲気美人になるには特徴を押さえればOK! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ