3回目のデートでの女性と男性の心理13選!脈あり判断や告白のタイミングは?

勝負時といわれる3回目のデートは、告白や初キスの可能性がもっとも高まります。緊張と期待が高まる3回目のデートにおける女性と男性の心理についてランキングにまとめました。告白するのにおすすめの場所や、相手の心をつかみやすい服装、また心に響く告白の言葉についても調査しています。3回目のデートや付き合う前に見せる男女の脈ありサインについてもご紹介していきます。うれし恥ずかし3回目のデートにおける女性と男性の心理ランキング、ぜひ参考にしてください!

目次

  1. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング13選
  2. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング13位〜7位
  3. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング6位〜4位
  4. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング第3位:相手の気持ちを知りたい
  5. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング第2位:そろそろ告白したい/されたい
  6. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング第1位:早く付き合いたい
  7. 3回目のデートにおすすめの服装・コーデは?
  8. 3回目のデートでのおすすめプランは?
  9. デートで相手をがっかりさせないための注意ポイント
  10. 付き合う前3回目のデートで見える脈ありのサインは?
  11. 告白するのに最適な場所やタイミングは?
  12. 心に残りやすいおすすめの告白の言葉は?
  13. 3回目のデートが起こらない場合は何が原因?
  14. 3回目のデートでの女性と男性の心理ランキングのまとめ

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング13選

3回目のデートでの女性と男性の心理を紹介!

赤い糸で結ばれた男女の小指

それぞれの想いとは?

緊張の初デートからだんだんと打ち解けてくるのが、3回目のデートです。だいぶ親しくなり、けれども付き合う前の他人な2人は、3回目のデートでどんな心理に支配されているのでしょうか。

3回目のデートが重要視される理由は?キスや告白が起こる?

木で壁ドンされる女性

勝負といわれる3回目デート!

3回目デートは告白や交際が始まる大きなキッカケになるデートと言われています。3回目デートが重要視されるにはこんなワケがあるんです。

初デートの2人はただの他人同士で、楽しむことより緊張のほうが勝っています。ある程度の人となりを知った2回目のデートでは、相手を観察する余裕も出てくるでしょう。交際の有無を前提としている場合、付きあうかどうかはハッキリさせるべき事柄なので、人となりを知って余裕が出てきた3回目のデートで告白が起こりやすいのです。相思相愛だったなら、そのままキスやキス以上の関係にも進みやすいでしょう。

3回目のデートにのぞむ女性と男性はこんな気持ち!

桜並木を手を繋いで歩く男女

具体的な心理をランキングで紹介

3回目のデートが発生したとき、それぞれどんな心理が働きかけてくるのかをご紹介していきます。それでは3回目のデートのときの女性と男性の心理ランキング、スタートです!

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング13位〜7位

第13位:付き合うつもりはないけどデートは楽しい

手を重ねあう男女

男女共通の心理

ランキング13位は、単純にデート自体が楽しいという心理です。付き合うつもりはなく、遊び相手としかみなしていない場合に起こる、男性女性共通の心理です。

「もし相手が本気だったらどうしよう?」という一抹の不安もあるでしょう。また付き合うつもりはなかったけど、意外にウマが合って結局交際に発展するというケースもあります。とくに男性側はからだ目的の場合があるので、女性は慎重に相手の出方をうかがうことが大切です。

第12位:告白されるかもしれない

ピンクのスニーカーと桜の花びら

女性側の心理

ランキング12位は女性側の心理で、「今日は告白されるかもしれない」というものです。3回目のデートともなれば、やはり期待が高まるものです。

告白してほしいという期待と、されなかったらどうしようという不安がない交ぜになった、緊張MAXの心理といえるでしょう。また付き合う前から男性側の好意が明らかな場合、そろそろ付き合えるという高揚感をあじわうこともできます。どちらにしろ心臓がドキドキと高鳴り、なにをしていてもソワソワしてしまう落ち着かない心理状態にあります。

第11位:やっぱりナシかも…

携帯を手に悩む女性

主に女性側の心理

ランキング11位は「やっぱりあの相手とは付き合えないかも」という心理です。主に女性側に多く見られますが、男女共通の心理ともいえます。

3回目のデートをいちおうOKしたものの、交際にあまり乗り気でない場合におこる心理状態です。2回のデートで判断をつけることができなかったけれど、いざ3回目のデートが決まると途端に気持ちがしぼんでしまっています。とくに女性がこういう心理状態になると、3回目のデートで相手が挽回できる可能性はとても低くなります。

第10位:脈ありのハズだ

街中を手を繋いで歩く男女

男女共通の心理

ランキング10位は「3回もデートしてくれるんだからきっと脈ありのハズだ!」という気持ちです。交際にこぎつけられるという嬉しさと高揚感にあふれた心理です。

 

1回2回とデートを重ねて、3回目のデートをOKしてくれるなら、もちろん相手も自分を憎からず思っているととうぜん思うでしょう。

 

男女とも相手の気持ちが自分にあると判断し、告白してもいい/されるかもしれないという期待が高まります。

相手の気持ちが分からずに悩んでいた場合も、3回目のデートが決まると急に自信が出てきて、今までより積極的に振舞うことができるようになります。不安よりも喜びのほうが大きく勝った、ハッピーな心理と言えるでしょう。

第9位:本当に付き合ってもいい相手なのか?

車に乗る男女

男女共通の心理

ランキング9位は男女共通の心理で「本当にこの人と付き合ってもいいのか?」というものです。憎からず思っているものの、交際に踏み切れない迷いの気持ちです。

真剣な交際を考える場合、やはり結婚を視野に入れて相手を吟味するものでしょう。とくに付き合う前によく相手のことを知っておきたいというのは、男性女性に共通する当然の心理です。気は合うけれども交際・結婚になるとイメージがわかない、だから一歩を踏み出せないというときに、男女ともこういう不安な心理に駆られます。

第8位:私から告白すべき?

ベンチに座る男女

女性側の心理

ランキング8位は女性側の心理です。男性が煮え切らない態度の場合、「女性側から告白すべきなのか?」という心理になります。

こういう心理になる状況として、3回目のデートが始まる前と、終わったあとの2パターンに分けられます。2回のデートですでに男性が優柔不断だと見抜いていた場合、3回目のデートで女性から勝負を掛けるべきなのかと迷うパターンです。もう1つは期待していたのに3回目のデートでなにも起こらなかった場合です。後者では「彼に好かれていないかもしれない」という不安が大きくなっています。

第7位:告白してもいいかな?

花束を持つ男性の手

男性側の心理

ランキング7位は男性側の心理です。「もうデートも3回目だし、告白してもいいころ合いかな?」という気持ちになっています。

男性側が女性側に強い好意を持っているときにおこる心理です。本当はもっと早く告白したかったけど、あまりガッツきすぎると女性に嫌われるかもしれないと、3回目のデートまで我慢していたのです。3回目のデートともなると女性側も心の準備が出来てきますので、そろそろいいだろうとタイミングをうかがっています。「脈はあるハズなんだ」「でも断られたらどうしよう」という思いが混在している心理でもあります。

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング6位〜4位

第6位:キスかキス以上の関係に進みたい

帽子を抱えた女性

主に男性側の心理

ランキング6位は「気持ちを確かめあってキスかキス以上の関係に進みたい」です。主に男性側に多く見られる心理ですが、女性に共通する心理でもあります。

かなり相手に好意を持っている場合に起こる心理状態です。気持ちを確かめあうだけでは足りず、もっと恋人同士としてのコミュニケーションを取りたいと考えています。少数派ではありますが、単に相手のからだを目的としていて、そのステップとしてとりあえず告白をしたという場合もあるので、相手の出方に疑問を持ったら慎重に対応を考えましょう。

第5位:白黒つけたい/つけてほしい

くもりガラス越しの手

男女共通の心理

ランキング5位は「はやくケリをつけたい」という心理です。手探りの関係が不安、あるいは面倒という場合に起こる男性女性どちらにも共通する心理です。

3回目のデートともなればある程度は脈ありだと感じますが、ハッキリ口にしない以上相手の心理は分かりません。これ以上、不安な時間を無為に過ごしたくないので、先の見えない関係に白黒つけたいと思っているのです。こちら側は相手に好意を持っている場合が多く、だからこそ不安定な関係を続けたくないといえるでしょう。

第4位:素の自分を知ってほしい

男性の背中

主に男性側の心理

ランキング4位は「ありのままの自分を知ってほしい」という心理です。主に男性側に見られますが、もちろん女性にも共通する心理でもあります。

相手に好意を持っているときに起こる心理です。自分をよく思ってほしいので、1回目2回目のデートでは見栄を張っていい人を演じる場合が多いでしょう。相手を好きになると「この人には本当の自分を知ってほしい」と思うようになり、緊張がほぐれてきた3回目のデートでは少しずつ素の部分を見せるようになります。女性はわりと結婚するまで余所行き顔を繕う傾向がありますが、もちろんこういう心理になる人もいます。

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング第3位:相手の気持ちを知りたい

寄り添う男女

男女共通の心理

ランキング3位は「相手の気持ちを知りたい」という心理です。男性女性どちらにも共通し、不安に強く支配された心理状態と言えます。

相手に好意を持っている場合と言えるでしょう。「3回目のデートをOKしてくれたから脈ありなハズ」「でも単なる遊び相手なのかもしれない」「告白していいのか/してくれるのか分からない」という気持ちの流れになっています。自分は付き合いたいと考えている場合、相手の気持ちを知りたいと思うのは当然の心理です。

ヒマワリを抱えた女性

楽になりたいという心理も

ランキング5位の「白黒つけたい」という心理に共通する部分も大きいです。ただしこちらは、「あきらめたくない」という気持ちがより大きくなっています。

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング第2位:そろそろ告白したい/されたい

花を渡しあう男女

男女共通の心理

ランキング2位は「そろそろ告白したい/されたい」という心理です。付き合いたいという気持ちが大きい時に起こる男女共通の心理です。

先行きの見えない関係に終止符を打ち、3回目のデートをキッカケにあたらしい段階に進みたいと考えている場合に起こります。「付き合えるはずだ」「フラれたらどうしよう」という期待と不安半々といったところでしょう。ランキング7位と5位に共通する心理でもありますが、こちらはより「付き合いたい」というポジティブな気持ちが大きくなっています。

車から降りる女性とエスコートする男性

付き合える可能性が高い場合の心理

さらにいえば、相思相愛だとある程度分かり合っている場合の心理でもあります。「どうせ付き合うんだからさっさと付き合おう!」という積極性が隠れています。

 

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキング第1位:早く付き合いたい

ハートを作る男女

男女共通の心理

3回目のデートでの心理ランキング1位は男女共通の心理です。「はやく付き合いたい!」という前向きな気持ちにあふれたハッピーな心理状態です。

やはり3回目のデートが決まったカップルは、ある程度お互いの気持ちが分かっているので、失敗より成功を夢見るものです。「万が一が起こったらどうしよう」という不安はぬぐい切れないものの、「今日こそ付き合えるはずだ」「早く付き合いたい!」というポジティブな気持ちに支配されています。勝負時だと分かっているので服装にも力が入ります。ムードが盛り上がってキス以上の関係に進むカップルもいます。

夕暮れをバックに抱き合うカップル

情熱的な片思いの場合も…

肉食系の人なら、相思相愛かはお構いなしに「早く付き合いたい!」と思うこともあるでしょう。

こういう人の場合、緊張がほぐれてきた3回目のデートからアプローチが熱烈になるケースが多いです。その情熱で相手の心をつかむか、反対に空気の読めなさに引かれてしまうかは場合によります。

3回目のデートにおすすめの服装・コーデは?

自分らしい服装

キャメルのコートの女性

ありのままの自分を見せよう

3回目のデートにおすすめなのは、自分らしい服装です。とくに穏やかな関係を望む場合は、無理に背伸びをせず、ありのままの自分を伝える服装にしましょう。

お気に入りのTシャツでもデニムでもOK、窮屈さを感じない服装にしましょう。自分らしいと思うならパンクスタイルでもロリータでもいいでしょう。付き合う前にあまり自分を飾りすぎると、交際に発展したあと、素に慣れずに息苦しい関係になることがあります。ただしデート場所などのTPOは弁え、相手に失礼のない服装を心がけましょう。もちろん不潔は3回目のデートでなくてもNGです。

親しみのわく服装

ストライプのパンツと白いスニーカー

話かけやすい雰囲気づくり

告白のキッカケとなりやすい3回目のデートでは、相手も緊張しています。相手の気持ちをほぐしてあげられるような親しみのある服装を心がけると、デートの雰囲気もよくなるでしょう。

 

とくに男性の告白が予見される場合、女性側は彼を緊張させないような服装をするのがベターです。話しかけやすい雰囲気づくりをし、いつ告白されてもいいようにしておきましょう。

告白を成功させるポイントは、相手に「一緒にいて安らげる相手」だと思わせる服装にすることです。交際・結婚を視野に入れた3回目のデートの場合、居心地のいい相手かどうかは大切な要素になります。服装はその人の知性やセンスを感じさせる重要なツールであり、相手への印象を大きく左右します。付き合う前3回目のデートだからこそ、「この人なら大丈夫」と思わせるような服装を考えてみてください。

今までとギャップをつける服装

ブラックドレスの女性

「こんな子だったっけ?」という新鮮味を

主に女性におすすめの服装作戦になります。3回目のデートでは、彼の予想を裏切るような色気のある大人の女性を演出する服装にしてみましょう。

今までと真逆のセクシーな服装は、男性を動揺させるのに有効な手段です。夜のデートの場合は、大人っぽいブラックドレス、身体のラインを強調するタイトなワンピースなど、女性らしさをここぞとアピールしましょう。明るい時間のデートなら、ほどよく肌見せしたカジュアルな服装にチャレンジしてみましょう。透け感のあるブラウス、デコルテを出すオフショルダーのほか、鎖骨をきれいに見せるVネックがおすすめです。

身長差を考えてヒールの高さを調整しよう

ハイヒールで階段を上っている

彼の肩口に顔が来るとベスト

こちらも女性におすすめのコーデの一種で、3回目のデートではぜひ身長差についても考えてみてください。男性の肩口くらいに顔が来るように、ヒールの高さを調整するのがポイントです。

3回目のデートでは告白・キスなどの可能性が高いので、それらに備えて、キスしやすい身長差に調整するためです。キスはないとしても、男性はやはり女性にじっと見上げられることに弱く、勝負を決めたい3回目のデートではおすすめです。逆に3回目のデートにして初めてフラットな靴を履いていくと、キスはしにくくなるものの、男性側に「こんなに小柄だったんだ」「守ってあげたい!」と思わせることができます。

揺れるアイテムで視線を奪う

男性はユラユラ揺れるものを無意識に目で追う習性があります。3回目のデートでは、ロングピアスやイヤリングなどで彼の目線をさりげなく奪ってみましょう。大ぶりなものだと逆に不評になってしまうので、女性らしさをアピールする華奢なデザインがおすすめです。ロングヘアの女性ならポニーテールもいいでしょう。脚に自信がある!という女性は、フレアで風に広がるデザインのスカートも効果的です。

 

3回目のデートでのおすすめプランは?

盛り上がるイベントで一体感を演出

盛り上がるライブ会場

フェスやライブがおすすめ

「一緒にいると楽しい!」ということをとくに強く印象付けたいのが3回目のデートです。フェスやライブなど、一緒に盛り上がれる場所でのデートプランがおすすめです。

共通の趣味の場で親近感を感じる

カメラをのぞき込む男女

ハードルがグッと低くなる

共通の趣味があるなら、それを活かしたデートプランを立ててみましょう。「この人となら長く付き合っていけそう」と思わせることができたら、3回目のデートは勝ったも同然です。

協力しながら遠出してみる

カメラと麦わらとデニムとサングラスと果物

時刻表を見ながらなりゆき任せ!

距離をグッと縮めるのが目的の3回目のデートは、遠出をしてみるのがおすすめです。時刻表や地図を片手に2人で協力して遠出するようなプランなら、自然と親睦が深まるでしょう。

ドライブデートで2人の空間を確保

海辺を走る軽自動車

距離を縮めよう

3回目のデートでじっくり話し合ってお互いへの理解を深めたいなら、ドライブデートが効果的です。2人きりのプライベート空間を確保しつつ、非日常のプチ旅行気分も味わえます。

 

映画館や水族館などで落ち着きを演出

エイと魚の群れ

ゆっくり語り合おう

水族館などのちょっと薄暗い場所なら、落ち着いて話をしやすい雰囲気になります。暗くて静かな場所は自然に2人の距離を近づけてくれ、話も弾むようになります。

映画館をセレクトすると、上映中は話はできないので、その後ゆっくり話ができる場所に移動するといいでしょう。同じ映画を見ることで感情をシェアすることができ、会話も弾みやすくなります。映画の余韻を壊さないような店や場所選びが大切です。

一緒にアクティブになれる場所へ

ボウリング場

一体感で盛り上がろう

おもいきり体を動かすプランもおすすめです。ボウリングやバッティングセンターなど、一緒にスポーツを楽しめる場所を選びましょう。

スポーツ系のデートはわりとカジュアルな雰囲気になるため、緊張が強い初デートや2回目のデートでは敬遠されがちですが、気心が知れてきた3回目のデートにはおすすめです。また3回目のデートでは緊張がほぐれてきた分、肩の力を抜いてありのままの自分を出したいと思うようになります。一緒にアクティブに体を動かすと感情を素直に出しやすくなるので、おすすめです。

夜景がきれいな場所でロマンティックに

都会の夜景

ロマンティック気分は最高潮に

雰囲気づくりが大切になる3回目のデートでは、ぜひ景色がきれいな場所を訪れてみましょう。夜のデートなら、夜景がきれいな場所は外せません。

おしゃれなレストランやバーでムードを高めよう

青いカクテル

ほろ酔い気分でロマンティック

ムードを盛り上げたいなら、おしゃれなレストランやバーがいいでしょう。ロマンティックな気分になり、告白しやすい/OKしやすい雰囲気に自然となります。

どちらかの自宅で家デート

屋内で寝転んで本を読む女性

責めたいときはアリ

おもいきってどちらかの家に遊びにいくのもおすすめです。絶対に勝負を決めたい!という3回目のデートでは、ちょっと大胆になるくらいがちょうどいいでしょう。

デートで相手をがっかりさせないための注意ポイント

男女共通1:遅刻はしない

手を振り合うカップル

常識だけど絶対厳守!

当然ですが、デートのときは遅刻はしないようにしましょう。女性はすこし遅れるのがマナーという意見はかならずしも有効ではありません。

関係が深まって馴れ合いが生まれてきた関係ならともかく、付き合う前3回目のデートくらいでは、相手を待たせるのは失礼に当たります。「時間にだらしない人だな」と思われる事態にもなりかねません。集合時間はキッチリ守りましょう。どうしても遅れる場合は連絡をこまめにし、相手の時間を無為に奪わないようにしましょう。

男女共通2:相手の話に耳を傾ける

食べながらびっくりした顔をしている女性

付き合う前もあとも誠意をもって

付き合う前の3回目のデートくらいまではもちろん、交際に発展したあとも、相手の話に耳を傾ける姿勢を忘れないようにしましょう。無関心な態度はパートナーを傷つけてしまいます。

よくあるのが、食事に夢中になって相手の話を上の空で聞いているケースです。「この人、ガッツいてるな」という印象を与えます。また、自分の話ばかりをするのも止めましょう。好きな人に自分を知ってほしいというのは恋する人の当然の心理ですが、相手の反応をうかがいながら、相手の話も聞きだしてあげるのが、円満な関係を築く秘訣です。自慢話なら、なおさらホドホドにしておきましょう。

男女共通3:泥酔は失態をさらす原因

歩道橋で一升瓶を下げた女性

ほろ酔いくらいがベスト

適度な飲酒は緊張をほどき、会話を弾ませてくれますが、ベロベロに酔っぱらうのは絶対NGです。男性でも女性でも見苦しいことこの上ありません。

たとえ正気は保っていて、いざ真剣な告白!と思っても、酔っぱらった時点で相手が真剣に受け取らない可能性がすこぶる高いです。とくに付き合う前は「この人と付き合って大丈夫だろうか?」と相手を不安にさせてしまいます。失態を晒さないよう、上手に酒量をコントロールするのが大人のマナーです。告白を考えている3回目のデートでは、緊張を解くためとはいえ、お酒を頼りにするのはやめましょう。

男女共通4:過去の恋人と比べない

ベッドに横たわる女性

絶対のNG行為

男性も女性も、過去の恋愛をひけらかすような真似はやめましょう。たとえ前の恋人と比べて今の相手を褒めているつもりでも、聞いているほうは不安を覚えます。

「もし付き合って将来別れることになったら、自分のこともこんなふうに言われるのだろうか」という不安です。裏表のある人だという印象を与えます。また付き合う前3回目のデートくらいまでは、とくにモテ自慢は止めたほうがいいでしょう。比べられて品定めされているような印象を相手に与えます。また前の恋人と比べて今の恋人の欠点をあげつらうのは、付き合う前もあとも絶対にNGで、いい結果をもたらしはしません。

男女共通5:楽しそうな様子を見せよう

笑顔で腕を組むカップル

まだ手探り状態だと忘れないで

だいぶ気心が知れてきた3回目のデートといえど、相手を喜ばせることに気を抜いてはいけません。デートが楽しいということをアピールして、相手の好感を誘いましょう。

デート場所の感想を言ったり、デートのお礼を言ったりと、相手への気遣いは細やかに行いましょう。付き合う前はまだ他人同士で、ちょっとしたキッカケで心変わりする可能性もあります。本命のパートナーと思っているなら、楽しそうな笑顔で好意をアピールしましょう。

女性編1:デートを男性任せにしない

カフェで会話するカップル

積極的にデートに参加しよう

「どこに行きたい?」「なにを食べたい?」と尋ねられて「なんでもいい」と答えるような真似は避けましょう。女性としては気を遣っているつもりでも、男性に無関心だと受け取られることがあります。

デートプランについて意見を求められたら、なるべく自分の意見を出しましょう。「○○な気分なんだけど、あなたはどう?」のようにさりげなく相手の意見も聞きだすとベストです。本当になにも浮かばないなら「一緒にいるだけで楽しいからどこでもいいよ!」のようなポジティブな返答がおすすめです。3回目のデートでなくても、デート前にある程度自分の考えをまとめておくといざという時に発言しやすいです。

女性編2:リードは男性に任せる

破れたデニムの女性

プライドを傷つけないように気を付けよう

付き合う前や付き合い初めは、リードは男性に任せたほうが無難です。やはり男性はリードしたがるものなので、彼らのプライドを傷つけないように注意しましょう。

女性側がリードしすぎると男性は「頼りにされていない」と落ち込んでしまいます。自分の意見を言うことは大切ですが、押しつけすぎるのはNGです。どうしても自分の意見を通したいときは、よく話し合って妥協点を見つけましょう。とはいえ、まだまだ打ち解けていない3回目のデートくらいまでは、不満があっても彼にリードさせるほうが円満な関係を維持できるでしょう。

女性編3:してもらうのが当然はNG

ピンクの財布とユーロ紙幣

とくに財布関係に注意

付き合う前でも付き合ったあとでも、デートで男性が労力を割くのは当然という態度はやめましょう。とくに金銭面での依存はシビアに破綻の原因です。

大きな金額を払えないという時は、その後のお茶を奢ったり交通費を持ったりして、なるべく平等でいられるように心がけましょう。また男性側が気前よく奢ってくれる場合でも、笑顔やお礼を忘れないようにしましょう。男性は女性に喜んでもらうことをうれしいと感じるかもしれませんが、女王様みたいに尽くされて当然という顔をされると、百年の恋も冷めてしまいます。

付き合う前3回目のデートで見える脈ありのサインは?

(男女共通)脈ありサイン:物理的な距離感が縮まる

海辺に座る男女

パーソナルスペースがせまくなる

付き合う前であっても、物理的な距離が近くなっていると感じたら、相手が好意を持っているサインです。人は好きな相手には自然と近づいていく習性があるのです。

並んで歩いていて手が触れ合ったり、肩がぶつかったりする場合がそうです。ボディタッチなどのスキンシップが多くなると、好意は確実と言えるでしょう。パーソナルスペースが近くなると、香水やシャンプーが強く香るようになり、相手をそれだけでドキドキさせることもできます。逆にみょうに避けられていると感じると、相手の気持ちが離れている可能性が高いので、挽回するための作戦が必要です。

(男女共通)脈ありサイン:デートを断らない

笑顔で携帯を使う女性

嫌いなら来ないハズ

デートを断らないなら、まず嫌われてはいない証拠です。たとえ単純にデートだけを目的にされているとしても、相手からの好意は得ているでしょう。

嫌われてはいないハズなので、がんばって心の距離を近づけられるようにしましょう。相手にその気がなかったとしても、頑張り次第では振り向かせるチャンスは十分にあります。付き合う前は相手の好みを徹底的にリサーチして、デートプランを立てましょう。

(男女共通)脈ありサイン:一緒にいると楽しそう

レストランで会話する男女

ささやかなサインを見逃さないで

一緒に過ごしていると明らかに楽しそうという場合は、脈ありサインだと考えていいでしょう。よほどの演技派でない限り、相手は本当に楽しいと感じているハズです。

(男性編)脈ありサイン:デートに誘ってくる

窓辺で電話する男性

関係を進展させたいというサイン

主に男性側に見られる脈ありサインです。何回目でもデートに誘ってくる場合は、その女性に好意を持っていると考えていいでしょう。

たとえ告白やキスが起こらなくても、好意は持っているハズです。ちょっと頼りない面があるかもしれませんが、誘いがある限り焦らずに待ってあげましょう。十分な時間が取れずにデートとはいえないデートばかりが続いても、こまめに会いたがるなら、男性側はつながりを途切れさせたくないと考えている証拠です。脈ありのサインと考えてよいでしょう。

(男性編)脈ありサイン:2回目のあとすぐに3回目のデートが決まる

電話を使う男性の手

待ちきれないのかも!

2回目のデートの終わりや、別れてすぐに3回目のデートが決まるなら、好意は確実です。付き合う前は、デートに誘うのは男性からという場合が多いので、男性側の脈ありサインとしています。

2回のデートで女性を観察し、「この人で間違いない!」と直感した心理が見受けられます。男性は好きだと思った女性ははやく自分の恋人にしないと、誰かに取られるという焦りを感じることが多いので、3回目のデートを急ぎがちです。よって、2回目のデート後すぐに3回目が決まると、告白の可能性が一気に高くなります。とくに2回目のデートが楽しかった場合、3回目のデートではキスに発展する可能性も高くなります。

(男性編)脈ありサイン:恋愛観や恋愛事情を知りたがる

手を重ねる男女

具体的な交際をイメージするため

相手の恋愛観や恋愛事情を尋ねるのは、その人との恋愛を具体的に考えたいというサインです。主に男性側からが多いですが、女性にも共通する脈ありサインです。

具体的な質問を挙げると、いま付き合っている人はいないのか、交際相手にどんなことを望むか、どういうふうな恋愛・結婚を理想としているか、などに分類されます。価値観を知りたがるのは相手との親交を深めたいというサインです。もし3回目のデートでこういったことを尋ねられたら、そのまま告白が起きる可能性はかなり高いと考えられます。

(男性編)脈ありサイン:少し先の予定や将来について話す

階段を下りる男性

一緒にいたいというアピール

たとえば「春になったら○○をしよう」などという、すこし先の未来のことを具体的にイメージした誘いを受けることです。いうまでもなく、そのころまで交流が続いていることを示唆しています。

付き合う前3回目のデートでくらいまでは、おもに男性側がリードをして誘うことが多いでしょうから、男性側からの脈ありサインに分類しています。もちろん女性側から好意のアピールとして行われることもあるでしょう。不確定な未来でなのに具体的なイメージを提示するのは、ずっと一緒にいたいという分かりやすいサインと言えるでしょう。

(男性編)脈ありサイン:連絡がマメ

携帯を見る女性

心をつなぎとめておきたい証拠

一般的に女性は連絡がマメで、男性は連絡がマメではありません。男性側からの連絡がマメということは、その女性に関心を向けている証拠なのです。

返信が早いかどうかも、脈ありか否かをはかる重要なサインになります。「おはよう」「おやすみ」などの意味のないメールが頻繁なら、その男性は女性の興味をつなぎとめるために熱心になっていると言えます。またメールやSNSのメッセージだけでなく、電話での連絡の頻度が高いなら、3回目のデートでの告白・交際は濃厚になってきます。

(女性編)脈ありサイン:勝負服を着ている

帽子をかぶった女性の後ろ姿

明らかに気合充分

勝負時といわれる3回目のデートで、女性側が気合の入った服装をして来た場合、今日は告白してほしいという脈ありサインに他なりません。

いつもよりメイクが濃い、ヘアセットが入念など、3回目のデートではとくに女性のファッションに注意してみましょう。さらに言えば、たとえキス以上の関係にならないと分かっていても、下着も気合の入ったものをつけるのが女性の勝負コーデです。もちろん下着をチェックするわけにはいかないので、いつもより女の子らしいとか、ギャップのある服装をしているかなどから、女性側の脈ありサインを判断しましょう。

 

(女性編)脈ありサイン:デートを長引かせようとする

カメラを構えた女性の後ろ姿

帰ろうとしないときは…?

なかなか帰ろうとしないというのは、女性側に多く見受けられる脈ありサインです。デートを引きのばそうとするのは、やはり告白を待っているためなのです。

終電がなくなりそうなのに変える気配がない、駅でいつまでも立ち話をしたがる、もう一軒寄りたがる、などいろいろなパターンがあるでしょう。とくに勝負時といわれる3回目のデートで告白やキスなどの発展が起きないときに見受けられる行動です。期待していただけに落胆は少なからずあるでしょう。3回目のデートなのに煮え切らない態度の男性にやきもきし、決着を促す行動でもあります。

(女性編)脈ありサイン:隙を見せてくる

髪の長い女性

わざと酔っぱらってみたり…

おなじく女性側に多く見受けられる脈ありサインで、わざと隙だらけのように振舞うというものです。酒を飲みたがる、酔ったふりをしている、などが分かりやすい行動です。

 

「デートから帰ろうとしない」同様、男性に告白・キスなどへの発展を期待するサインと言えるでしょう。わざと隙を作ることで男性が告白しやすい雰囲気になります。付き合う前3回目のデートくらいまでは、やはり男性側がリードをすることが多くなりますので、女性側からのサインはどうしても受け身になりがちです。3回目のデートでこういうサインを受け取った男性は、熱烈な好意を持たれていると考えていいでしょう。

告白するのに最適な場所やタイミングは?

ムードのある場所

イルミネーションの教会

ロマンティックを意識して!

告白される、または告白してOKしてもらうために、ロマンティックなムードは強力な助っ人です。告白・キスに発展させたいときは、ロマンティックな場所にパートナーを誘導しましょう。

告白に相応しい場所は基本的に、明るい時間や場所よりも適度に暗い時間や場所、騒々しい場所よりも静かな場所と心得ましょう。あまり暗すぎたり静かすぎたりする場所では逆に不気味なムードになることがあるので、適度にというのがポイントです。告白を決めたい3回目のデートでは、夜景がきれいな場所や、イルミネーションの街角のほか、落ち着いた雰囲気のレストランをデート場所としてセレクトしましょう。

静かに会話ができる場所

水族館

映画館や美術館は不向き

静かな場所というのは、静かに会話がしやすい場所という意味です。静粛さが求められる図書館や美術館、もちろん映画館も、告白に向くスポットとは言えません。

美術館や映画館は単純に3回目のデート場所としてはおすすめなので、場所を移してから告白するという流れがベターです。静かに会話ができ、かつ告白に向くスポットとして代表的なのは水族館です。大きな水槽に囲まれると非日常感を味わえ、自然に気分も高揚して告白・キスに発展しやすくなっています。また植物園や公園は案外静かな上、一緒に散歩していると自然な流れで告白しやすくなるため、おすすめのスポットです。

食事ができる場所

ワイングラスで乾杯している

満足感を味方につけて

食後30分以内は告白が成功する確率が高くなります。そのためレストランやバーなどの飲食ができる場所は、告白をする3回目のデート場所として最適です。

食後は心もおなかも満足感に満たされ、ゆったりとリラックスした気分になります。結果、ポジティブな気分になりやすくなり、告白された側がOKを出す確率が高くなるのです。3回目のデートで告白する場合は、ぜひ雰囲気のいいレストランを候補に入れましょう。背伸びをして高級な店に入る必要はなく、話がしやすい雰囲気か、居心地がいいか、料理がおいしいかなどを基準に選ぶとよいでしょう。

一緒に遊べる場所

観覧車

楽しさをシェアしよう

一緒に体を動かして楽しめる場所は、会話が弾みやすくなり、告白への流れもスムーズです。告白を想定した3回目のデート場所では、体感型のスポットをセレクトしてみましょう。

ボウリング場やバッティングセンターのほか、遊園地がおすすめです。童心に返って遊ぶことができる遊園地は、お互いの心を素直に開きやすくなるので、告白につなげたい3回目のデートにはうってつけです。さらに、告白するときはすこし静かな場所が望ましいですが、遊園地には観覧車という最強の告白場所があるのです。きれいな景色を見つつ2人きりの密室を確保できる観覧車は、告白に最適なスポットと言えるでしょう。

デートの帰り道

明るい大通り

お互いに意識しあえる時間

告白を決めたい3回目のデートですが、必ずしも告白する場所に合わせたデートプランを立てる必要はありません。帰り道での告白は成功率が高いからです。

とくに別れ際の告白はとてもロマンティックです。女性にしたら、期待していた3回目のデートでなにも起こらず落胆していたのに、逆転ホームランが起こったようなものです。彼女を喜ばせたいなら、ぜひ告白は3回目のデートの帰り道にしてみましょう。駅の改札口や彼女の自宅前での告白ならドラマティックな印象を彼女に与えることができます。帰り道を一緒に歩きながらの告白もおすすめです。

心に残りやすいおすすめの告白の言葉は?

ストレートに好意を伝えるのが鉄則

草原で抱き合うカップル

「好きです」

女性は男性からの告白の言葉はストレートでシンプルなものを喜ぶ傾向が強いです。「あなたが好きです」という言葉は欠かさないようにしましょう。

まっすぐな言葉は女性に「男らしい」「いさぎよい」という印象を与えることができます。あまり回りくどい言葉は使わず、シンプルな言葉で勝負に出ましょう。また小さい声でムニャムニャ呟かれても女性の心には響きません。せっかく告白にこぎつけたのですから、「この人で大丈夫?」と思われないよう、頼りがいのある所を見せてください。告白はシンプルかつストレートな言葉で、ハッキリと伝えるのが鉄則です。

この言葉も忘れないで!

手を繋いで歩くカップル

「付き合ってください」

意外に大切なのが交際を申し出る言葉です。「好きです」だけでは「好きだから、なに?」という中途半端な展開でストップしてしまうことがあるためです。

「好きです」しか言われなかった場合、相手は「ありがとうございます」としか返せません。そうならないためにも、交際を申し出る言葉を必ず添えましょう。相手がYESかNOで答えられるような言葉選びが重要です。「付き合ってください」「恋人になってください」「ずっと一緒にいてください」など、バリエーションはさまざまです。「好きです」という言葉同様、シンプルかつストレートに伝えましょう。

好きな理由を伝える

手を繋ぐカップル

「○○なトコが好き」

「好きです」という言葉に添えるなら、その人のどういうところが好きなのかを伝えるといいでしょう。告白相手の魅力はたくさんあるはずです。

その魅力を伝えるときは、なるべく1つ、多くても2つくらいに絞りましょう。たくさん褒められたらもちろんうれしいでしょうが、肝心の告白の印象がぼやけてしまう可能性があります。「優しいから好き」「笑顔がかわいくて好き」など、告白の言葉はやはりシンプルなほうが、相手の心に響きやすいです。3回目のデートまでにパートナーの一番好きなところを決めておくといいでしょう。

意識し始めたキッカケを話す

複数で話をする男女

「○○の時いいなって思ったんだよね」

意識し始めたキッカケを話すのもいいでしょう。一目惚れの場合もあるし、デートを重ねるうちに魅力を感じるようになった場合もあるでしょう。

「○○なことがあったじゃない?」みたいに、意識し始めたキッカケから話を切り出すと、オチは「好きです、付き合ってください」となり、スムーズに告白することができるので、おすすめです。意識し始めたキッカケとはつまり相手の魅力を感じたときということなので、どうして好きなのかという理由も自然に伝えることができます。シャイや話下手な自覚がある人は、好きになったキッカケから話を始めてみましょう。

どう付き合いたいかを伝える

海辺でキスするカップル

「ずっと大切にする」

どう付き合っていきたいかを話すのも告白として有効です。「ずっと大切にする」「あなたを守ります」「笑顔が絶えないようにする」など、決意表明をしてみましょう。

とくに男性側からの告白の場合、これらの言葉を伝えると、女性をとても喜ばせることができます。男らしくて頼りがいがあると思わせることができるでしょう。また、これからの2人の関係を具体的にイメージすることができるので、交際に発展しやすくなります。男性は、自分と付き合うことで相手にどんなメリットがあるのかを、3回目のデートまでに考えておくとスムーズにいきます。

3回目のデートが起こらない場合は何が原因?

単純に忙しくて時間が取れない

デスクで困った顔のレゴ

催促しすぎるのはNG

3回目のデートが起こらない原因として、もっともシンプルなのは、単純にデートをする時間が取れないという場合があります。決算期や連休前などの場合が多いでしょう。

急に大きな仕事を任された場合や、突然のミスが発覚した場合など、多忙になるパターンはさまざまあります。本当に仕事に忙殺されている時は、3回目のデートをしつこく催促するのは気持ちが冷める原因になります。仕事が落ち着くまで焦らずに待つ態度を示すと、逆に好感を得やすいでしょう。連絡をしても返事が返ってこないときは不安なものですが、焦らずに、相手側の反応をすこし待ってみましょう。

これまでのデートが楽しくなかった

バイクに乗る男性

1人でいたほうがいいかもしれない…

2回目までのデートが楽しくなかった場合、当然ですが3回目のデートが起こる可能性は低くなります。

たとえば2回のデート中、相手の話をまったく聞こうとしない姿勢だったり、とてもワガママだったりなど、一緒にいるメリットを感じさせなかった場合です。たった2回のデートをする間に何度もドタキャンされて辟易したパターンもあります。さらにデート中楽しそうじゃなかった、デートの感想もお礼も言わない、などの言動が目立つ場合も3回目のデートは起こりません。互いに気配りを忘れないようにしましょう。

焦らしている

携帯を使う男性の手

駆け引きかも

どちらかが恋愛上級者な場合、3回目のデートが起こらないのは駆け引きかもしれません。わざと焦らすことで相手の関心をより引こうとしています。

「どうして誘ってくれないんだろう?」「どうして誘ってもOKしてくれないんだろう?」などという焦りが募ってくると、「早く相手を手に入れなきゃ!」という心理に強く支配されるようになります。さらに、いざ3回目のデートでは、相手に積極的にアプローチをするようになるでしょう。駆け引きを仕掛けているほうは、そういう心理状態にさせることで優越感を得ることができます。

気持ちが分からず踏み切れない

窓辺から外を見る男性

キッカケが必要かも

2回のデートの間ではかばかしい手ごたえがない場合、不安になって3回目のデートに踏み切れなくなります。この不安感は、とくに誘いをかける男性側に多く見受けられます。

「本当に交際する気があるのか」「本当は嫌われているのではないか」など、いろいろ考えすぎてしまい、3回目のデートを決めることができないのです。気の弱い男性なら、相手の好意が分かっているのになかなか告白する勇気が持てず、3回目のデートを先延ばしにしてしまうこともあるでしょう。主に女性がデートを楽しんでいない、男性に興味がなさそうに振舞うなどの言動を繰り返すと、このパターンにハマりこみます。

安らぐことができない

ジェンガをする男性

適度に隙を見せあうことが大切

この人と一緒にいると安らぐことができない、と感じている場合、3回目のデートは起こりにくくなります。そう思うのは過去2回のデートに原因があります。

最初の頃のデートでは、少なからず見栄を張りたいのはみんな同じです。しかし、相手があまりに完璧で隙が見えないと、一緒にいることを息苦しく感じるようになります。たとえばハイブランドで全身をかためていたり、話題が高度すぎてついていけなかったり、いろいろと原因はあるでしょう。相手に悪気はないと分かっていても、一緒にいると引け目を感じる場合、3回目のデートが起こる確率はうんとひくくなります。

なんとなく合わないと感じている

寄り添って本を読む男女

相性がよくなさそうと感じる

2回のデートで相性が合わないと思った場合、3回目のデートは起こりにくくなります。会話が弾まないや、なんとなくソリが合わない場合がそうです。

2回目のデートまではお互いに遠慮する気持ちがあるので、なんとかうまくいくでしょう。しかし、一緒にいて楽しいと感じているにも関わらず、食の好みが合わない、相手の趣味にまったく共感できないなど、ささいな違和感が積み重なってくると、いざ3回目のデートの前に「やっぱり合わないんじゃないかな?」と躊躇してしまいます。悪い人じゃないんだけどあんまりガッツきすぎて引く、などというパターンもあります。

デート代をビタ一文払わない

壁に寄り掛かっている男性

シビアな本音

主に男性側の本音です。女性が奢られることを明らかに期待している・当然だと思っている場合、デートは2回目までで打ち切りになる可能性が高いです。

シビアですが、男性は女性にもデート代を負担してほしいと思っています。デートは割り勘が基本だと思っておきましょう。たとえ奢ってもらえる空気であったとしても、払う意思を見せることは大切です。会計の時は、財布を鞄から出すくらいのアクションは必ず行いましょう。また、食事やデート代を奢ってもらったら、お茶をごちそうする、交通費を払うなど、ささやかなお返しの精神を忘れないようにしましょう。

3回目のデートでの女性と男性の心理ランキングのまとめ

赤いスニーカーと青いスニーカー

成功を掴んで!

3回目のデートはこれからの2人を決定づける運命の分かれ道です。相手への気配りを忘れないことが、成功のカギとなるでしょう。

あわせて読みたいデートに関するランキング記事はこちら

友達以上恋人未満な相手とのデート術11選!進展させる方法やおすすめの場所も! | ランキングまとめメディア
ドライブデートにおすすめの女子の服装27選!男ウケするコーデのポイントは? | ランキングまとめメディア
彼のおうちにお泊りデートする時の服装は?家デートのコーデ31選と注意点! | ランキングまとめメディア
水族館デートのコーデ25選!年代別の服装のポイントや水族館ならではの注意点! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ