ふてぶてしい人の特徴15選!そんな人への対処法やふてぶてしい態度の直し方!

ふてぶてしい人は、どこにでもいるものです。そのようなふてぶてしい人の特徴や心理を、ランキング形式で15選紹介していきます。どうしてふてぶてしくなってしまったのか、身近にいるふてぶてしい人への対処法もまとめましたので、参考にしてみてください。ふてぶてしい態度を直す方法もお知らせしますので、少しでも自分がふてぶてしいのでは?と思うことがあったら、態度を改めていくのも重要です。それでは、早速ランキングをチェックしていきましょう。

目次

  1. ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15選
  2. ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15位〜11位
  3. ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング10位〜7位
  4. ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング6位〜4位
  5. ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング3位〜1位
  6. ふてぶてしい人にも良い面がある?
  7. ふてぶてしい態度をとってしまう原因は?
  8. ふてぶてしい人が周囲から嫌われる理由は?
  9. ふてぶてしい人への対処法・上手に付き合う方法は?
  10. ふてぶてしい態度を直すにはどうすればいい?
  11. 人間だけじゃない!?ふてぶてしい動物のエピソード・画像
  12. ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15選まとめ

ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15選

ふてぶてしい人に共通する特徴や心理を紹介!

腕を組んで電話している女性

人に与えるイメージが悪い!

職場や学校、近所、いたるところにいる可能性のあるふてぶてしい人には、どのような特徴・心理があるのでしょうか。

 

 

人に与えるイメージが悪く、できるのなら関わりあいたくない人ですが、職場などの場合、無視をするわけにもいきません。ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15選を紹介しますので、少しだけ理解して、上手に付き合っていきましょう。対処法についても紹介するので、参考にしてみてください。

ふてぶてしいの意味は?どういう態度のこと?

手を広げて額にしわを寄せている男性

よく使う言葉だけれど意味をよく理解していないことも

「あの人ってふてぶてしいよね。」とか、「なんかあの人ふてぶてしくない?」など、という言葉を使っている人も多いのではないでしょうか。

何気なしに使っているふてぶてしい、とはいったいどういう意味なのでしょう。ふてぶてしいとは、漢字で書くと「太々しい」です。この漢字からも分かるように、精神が太っている、という意味なのです。神経が図太くて、どんなことがあっても動じない精神を持っている人の事を表しています。

ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15位〜11位

おでこに付箋をつけている髭の生えた男性

ふてぶてしい人の特徴・心理・態度を探ろう!

ふてぶてしい人には、いくつかの特徴・心理があります。一般的な特徴としてよくあげられるのが「図々しい」ということです。

しかし、それ以外にもいろいろな特徴・心理・態度があるので、そのような人のことを少しでも理解して対処法を身につけましょう。それでは、さっそくふてぶてしい人の特徴・心理ランキング15位~11位を見ていきましょう。

第15位:興味のない人には無口

裏表があるのも特徴

ベンチに座って湖を眺める男性

空気を読むことを知らない

ふてぶてしい人は、興味のない人の前では無口だという特徴・心理があります。

興味がある人には横柄な態度を取ったり、偉そうにしてきますが、興味のない人とは話をしなくてもいいや、という態度に出る特徴があります。例え2人で食事をしたとしても、沈黙なんて気にせずにまるで一人でいるかのように装う人なのです。

第14位:周囲から距離を置かれる

浮いた存在になってしまう

チェックのシャツを着ている男性と犬

ふてぶてしい人には関わりたくない

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング14位は「周囲から距離を置かれる」ということです。

最初は変わっていて面白い人だな、と思われていたとしても、時間が経つにつれて、あまりにも身勝手な態度が鼻についてきます。そんな人と一緒にいたいと思う人がいるはずもなく、周囲から距離を置かれて浮いた存在になってしまうのも特徴です。

第13位:周囲から評価されない

チームワークが取れない

話している2人の男女と一人で座っている男性

自分勝手な振る舞いが多い

ふてぶてしい人は、周囲の人とチームワークを取ることができない、という特徴があります。

大きなプロジェクトを任された時、一人だけ勝手な行動をして周囲に迷惑をかける人なのです。常に自分が一番できるのだ、などと思っている心理状態なので、一人で勝手に先走りミスをすることもあります。そのため、仕事はできたとしても、周囲から評価されず職場でも浮いた存在になってしまうこともあります。

第12位:倍にして言い返してくる

自分が悪くても倍返し!

メガホンを持って怒っている女性としかめっ面の男性

自分が一番正しいと思っている

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング12位は「倍にして言い返してくる」ことです。

どう考えても、おかしなことを言っているのにも関わらず、それに対して意見されると、これでもかと言わんばかりに倍に言い返してくる、という特徴もあります。このような人には何を言っても無駄だと、周囲の人は思ってしまいます。その態度を直す努力をしない限り、周囲の人からは距離を置かれてしまいます。

第11位:利己的

損得ばかりを考えている

不機嫌な顔をして電話をしている男性

自分の手柄にしがち

周囲の人はおかまいなしで、自分の利益だけ優先して、損得ばかりを考えているのがふてぶてしい人の特徴・心理ランキング11位に選ばれました。

上司にこんな人がいたら、せっかく頑張って取った仕事も横取りされてしまいます。自分の利益だけを考えて周りを陥れる人は、周囲から煙たがられてしまうので、利己的な態度を直す努力をした方が良さそうです。

ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング10位〜7位

一点を見つめている眼鏡をかけた男性

確実に嫌われる!

ふてぶてしい人がいるだけで、居心地が悪く気が置けません。そのような人は、自分が悪いとは全く思っていないので、態度を直す努力もせずのうのうとのさばり続けます。

そんな厄介な存在であるふてぶてしい人の特徴・心理ランキング10位~7位の発表です。周囲にランキング入りする人がいたら、態度を直すことを求めずに上手に対処していきましょう。

第10位:自信過剰

自信過剰はほどほどに

あごに手をやっているスーツ姿の男性

行き過ぎる自信に周囲はイラつく

ふてぶてしい人は、常に過剰すぎる自信を振りまく、という心理状態・特徴があるので「自信過剰」が、ランキング入りしました。

自分に自信を持つことは、次へのステップにもつながるので良いことなのですが、度を越した行き過ぎる自信過剰は、周囲をイラつかせるものです。直す努力をしない限り、周囲からそっぽをむかれてしまうことにもつながりかねません。

自信がありすぎて怖い

ランキング10位を獲得した、自信過剰の人は、自分が間違っていることをも自信にしてしまう恐ろしい存在です。自信がありすぎて、表情もふてぶてしく感じてしまうような人は、自分の間違いを周囲に責任転嫁することもあります。このような人は、直す努力もできないことがほとんどなので、周囲は大迷惑です。

第9位:強気な態度

逆境に強い

男性を指でさしている女性

間違っていても強気!

ふてぶてしい人の心理・特徴として「強気な態度」が、ランキング9位を獲得です。

例え自分が間違っていても、常に強気で、意見されても自分の都合良くとらえるのが、ふてぶてしい人なのです。そんな強気な態度の人は、常に自分ならできる、という自信にみなぎっているので、逆境に強く困難を乗り越えることも多々あります。

強気な態度に周囲はイライラ

ふてぶてしい人は、周囲のことはおかまいなしで常に強気な態度に出てきます。どう考えても、間違っているのに謝らず、しまいには人のせいにする強気な態度が周囲の人をイライラさせます。自身過剰で常に強気な態度のふてぶてしい人は、その態度を直すことができないので、こちらで対処法を見つけるしかないのです。

第8位:ぶすっとしている

周囲を不快にする表情

相手を見つめて話しているスーツ姿の男性

話しかけにくい雰囲気

ふてぶてしい人は、常に周囲に対して不満を抱えているので、表情が乏しくぶすっとしていることが多いようです。

皆が笑っているのに、一人でぶすっとしていることが多いので、その場の空気が重くなってしまいます。一緒にいて深い極まりない態度のふてぶてしい人は、自分がぶすっとしていることさえも気づかない自己中心的な人なのです。

ぶすっとしている人には近寄りたくない

ふてぶてしい人の心理・特徴ランキング8位は「ぶすっとしている」ことです。ぶすっとしている人には近寄りたくない、と誰しもが思うはずです。常に機嫌が悪そうで、話をしていてもまるっきり楽しくなそうな人には誰も近寄りません。

第7位:命令口調

上から目線の嫌な人

ワンピースの女性とスーツの男性

人を見下している

ふてぶてしい人の特徴・心理として「命令口調」ということもあげられます。

常に人を見下し、上から目線で人に対して「〇〇しろ」「〇〇しておけよ」など、命令口調ばかり使っている人は、周囲から煙たがられて当然です。自分の思い通りに物事や人を操れると思っているから手に負えません。

言葉遣いは人間関係に影響を与える

常に命令口調で、上から言われて楽しく感じる人はいません。言葉遣いは、人間関係を築くのにとっても重要なことです。上司だから命令口調でいいんだ!とか、自分より仕事ができないからいいんだ、と相手を思いやらず命令ばかりしていては、嫌われて当たり前です。

ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング6位〜4位

指をさして怒っているスーツ姿の男性

とんでもない心理・特徴ばかり

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング15位~7位まで見てきました。ランキング入りしただけあって、どの特徴もどんでもないものばかりです。

ここからは、ランキング6位~4位までの発表に移ります。またまたとんでもない特徴・心理ばかりですが、腹を立てずに最後まで読んでみてください。

第6位:憎たらしい

性格が悪すぎて憎たらしい

不吉な笑みを浮かべているスーツ姿の男性

周囲からの印象が最悪!

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング6位を獲得したのは「憎たらしい」です。

常に上から目線で、相手を思いやることもせず、自分勝手な態度ばかりのふてぶてしい人は、周囲からの印象が最悪です。嫌味っぽい笑みや、人を見下す言葉遣いは、人から憎たらしいという印象を持たれます。

顔も見たくない憎たらしさ

ふてぶてしい人は、人から好かれることはまずありません。一緒にいて疲れる人には、憎たらしさを感じるものです。本人は、何も悪いことをしていないと思っていますが、周囲に与えている影響は半端ありません。人から恨まれる前に、その態度を直す必要があるのではないでしょうか。

第5位:反省しない

反省しないから同じことの繰り返し

サングラスをかけた白いTシャツの男性

ミスをしても人のせいにする

完璧な人などこの世にはいません。誰しもが、ミスをし反省をして自分を前進させていくものです。

しかし、ふてぶてしい人は「反省しない」という特徴もあるので、周囲を困らせます。その場をうまく切り抜けるために「ごめんなさい」という言葉だけの償いはするのですが、心から反省していないので、職場でも同じミスを繰り返し、周囲から迷惑がられています。

自分は間違っていないと思っている

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング5位に選ばれたのは「反省しない」ということです。自分のせいで、周りを振り回したとしても、自分は悪いと思っていないので、反省せず同じことを繰り返します。反省していれば、周囲もそれを読み取れますが、ふてぶてしい人は反省の色がまるっきり感じられないので、周囲の人をイラつかせます。

第4位:上から目線

知ったかぶりも日常茶飯事

スーツの男性の胸倉をつかんでいる眼鏡の男性

人を小ばかにした態度

常に上から目線で人に接することが、ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング4位を獲得しました。

そんなことも知らないの?などと自分が知っているからと、人を見下すその態度に腹を立てている人もいらっしゃることでしょう。また、自分が知らない事に対しては、知ったかぶりをして「なんでも知っているんだぞ」と息巻いている腹立たしい人です。

どれだけ偉いのか?

自分が素晴らしくて、人より勝っていると感じても、普通の人であれば上から目線で接することはありません。しかし、ふてぶてしい人は周囲の目をまるっきり気にしないため、平気で上から目線で人を見下します。どんだけ偉いのか分かりませんが、大した人間でもないのに常に上から目線で対応されたら面白いはずがありません。

ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング3位〜1位

両手を広げている女性と耳をふさいでいる女性

お待ちかねランキング3位~1位の発表!

ふてぶてしい人は、人に対して物凄く迷惑な行為をしています。人が迷惑している、それに気づかない鈍感さを兼ね揃えているのも特徴の一つです。

ランキング3位~1位には腹立たしい特徴がずらりと並びますので、周囲に当てはまる人がいないか、チェックしてみてください。それでは、ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング3位~1位の発表です!

第3位:図々しい

厚かましい存在

耳から煙を出して怒っている女性

周囲のことはお構いなし

図々しい人は、どこにでもいるものです。この「図々しい」人が、ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング3位を獲得しました。

空気を読まずに、自分勝手な行動や言動をする図々しさで、周囲の人に嫌な気持ちを感じさせます。自分は誘われていないのに、図々しく混ざってきたり、人が会話しているのに割り込んできたり、と迷惑極まりありません。

浮いているのに気づかない

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング3位は「図々しい」ことです。スーパーのレジに割り込んできたりするのも図々しい人です。謝ればいいんだ、と思っているふてぶてしい人は、周囲からの目など気にせず自分がやりたいようにやる自分勝手極まりない人なのです。

自分が良ければすべてよし

腕を組んでいるスーツ姿の女性

いずれ人が去っていく

ふてぶてしい人の特徴・心理として「図々しい」がランキング入りしました。人に対して配慮・気配りができず、自分のことだけを考えるのがふてぶてしい人です。

約束を平気ですっぽかしたり、時間を気にせず話し込んだり、と相手のことを全く考えないため、いずれ人が去って一人ぼっちになってしまいます。図々しい人は、自分が浮いていることにも気づかないある意味幸せな人です。

第2位:デリカシーがない

人を平気で傷つける

メガネをかけた女性を追う男性

人の気持ちを理解できない

ふてぶてしい人の特徴・心理ランキング2位は「デリカシーがない」ことです。

人の気持ちを理解できないので、人が傷つくことを平気で言ったりします。自分は冗談で言ったのかもしれませんが、センスの悪い冗談は相手を傷つけるだけです。

それ言っちゃうの?

「それ言っちゃう?」という不謹慎なことまで言ってくるのが、ふてぶてしい人です。自分は何を言われても図太く傷つかないため、人にも平気でデリカシーのないことを言ってきます。言われた一言にひどく傷ついても、それにさえ気づかない鈍感さも兼ねそろえている人なのです。

嫌われて当然!

口を開けて笑っている女性とうつむいている女性

人の痛みが分からない

デリカシーのかけらもなく、人の痛みが分からないふてぶてしい人は、周囲の人たちから嫌われて当然です。

 

自分勝手な言動や行動で、周囲の人を傷つけていることさえ気づかない、デリカシーのなさを反省することもできません。

このようなデリカシーのないふてぶてしい人には、こちらが上手に対処していくしか方法はないようです。自分が傷つく前に、このような人とは関わらないようにしていきましょう。

第1位:偉そうな態度

小心者なのに偉そう

ソファに手を広げている男性

お説教や知ったかぶりばかり

ふてぶてしい人の心理・特徴ランキング、堂々の1位に輝いたのは「偉そうな態度」です。

鼻につく偉そうな態度は、周囲の人を嫌な気持ちにさせるものです。大して知ってもいないのに、知ったかぶりをして、いかにも自分は偉いんだアピールしてくる人は、腹立たしい存在です。

偉ぶって自分を守る

実は小心者なのに、偉ぶって自分を守っているのが、ふてぶてしい人の特徴です。弱い部分を周囲に見せたくないので、常に強気で偉ぶっているのがふてぶてしい人なのです。知ったかぶりをしてお説教をしてきたり、仕事のやり方にいちいち文句をつけてくる人は、本当に厄介です。

内心バカにされている

指を立てて怒っている男性とそっぽを向いている男性

人に見透かされている

ランキング1位に輝いた「偉そうな態度」のふてぶてしい人は、周囲の人から見透かされ、内心バカにされている可能性もあります。

偉ぶっているけれど、密かに見せるたどたどしい態度に、周囲の人たちは笑いが止まりません。本当に偉くもないのに、偉ぶって人を嫌な気持ちにさせる人とは、距離を置くことをおすすめします。

ふてぶてしい人にも良い面がある?

遠くを見つめる髭の生えた男性

ちょっとだけ良い面もある

ふてぶてしい人は、周囲から嫌われてそっぽを向かれてしまいます。しかし、そのような人にだって、良い面はあるものです。

どのような良い面があるのかを紹介していきますので、自分がふてぶてしいかも?と思っていたら、良い面を知って前向きにとらえていきましょう。また、良い面は残しつつ悪い点を直していく努力もしてみてください。

逆境に強い

こぶしを握っているスーツ姿の男性

常に強気で頑張れる

ふてぶてしい人は、常に強気で逆境に強いという良い面があります。他の人が「もうダメだ」と思う逆境にも立ち向かっていき、解決していく人なのです。

普段は、周囲から煙たがられてしまうふてぶてしい人ですが、いざという時は、人一倍頼りになる存在なのです。仕事上でのトラブルや、緊急時に素早く対応・心強い味方になってくれる、という良い面があるので、人から頼られる時もあります。

時には人を引っ張って行ってくれる

夕日を前にジャンプしている人

周囲がついていく

いざという時に頼りになるのが、ふてぶてしい人です。常に強気で絶対に自分は負けない、と思っているので、緊急時の行動力がすごいのです。

そのため、緊急時などに、周囲の人はふてぶてしい人に自然とついていくようになります。本人は周囲を引っ張って行っているつもりはないのですが、強気の行動力についていく人が多いようです。

異性にもてる

3人の女性に抱き着かれているスーツ姿の男性

意思が強いから頼りになる

ふてぶてしい人は、意思が強くよっぽどのことがない限り、意見を曲げません。

意思が強く、はっきりとした性格のため、頼りにされることもあります。恋愛においても、浮気や他の人に目がいくことがないので、異性からもてるというメリットがあります。

かっこよく見える

白いコートを着ている女性と荷物を持つ男性

自信に満ち溢れている姿

ふてぶてしい人は、権力に屈したりせず、常に自信に満ち溢れています。その頑なな態度にひかれる異性も多いようです。

間違っていても凛として胸を張って歩くふてぶてしい人の姿は、どこかかっこよくも思えます。周囲に気を遣うことをせず、自由奔放に立ち振る舞う人に心を寄せる人も多いのです。

任されたことは最後までやり遂げる

パソコンを操作している眼鏡の女性

強い精神力を持っている

ふてぶてしい人は、自分に自信を持っているので、途中で仕事を投げたして自分の評価が下がるのを恐れています。

そのため、任されたことは、最後までしっかりやり遂げるという良い面があります。逆境にも強いので、ちょっとやそっとの困難には、めげずに立ち向かっていき、解決していく人なのです。

へこたれない精神力

ガッツポーズをしている男性

ちょっとやそっとじゃへこたれない

ふてぶてしい人は、ちょっとやそっとじゃへこたれない強い精神力をもっています。

常に強気で、自分に対して過剰なまでに自信をもっているので、頼まれたことは最後までしっかりやりとげます。途中で投げ出すなんて、言語道断自分のプライドが許しません。自分のミスを認めないなど、悪い面もありますが、最後までやりとげる精神力は認められているようです。

一人で何でもできる

コーヒーと新聞を持っている女性

人任せにしないのがふてぶてしい人

仕事でもプライベートでも、人任せにしないで、自分でどうにかするのがふてぶてしい人です。

大抵のことは、一人でできるので、環境が変わっても上手に立ち振る舞っていけます。自信過剰で自分が一番だと思っている人ですが、どんなことにも対処できるという実力も兼ねそろえています。

一人でも生きていける!

海を見ながら旗を持っている女性

人との関りはなくても構わない

人との関りを持たなくても良い、と思っているのがふてぶてしい人です。

複雑な人間関係で、ストレスを抱えている人も多いこの世の中ですから、ある意味羨ましい人ともとらえることができます。人に頼らず、一人で問題を解決できるふてぶてしい人は、強い精神力の持ち主ですから、一人でも生きていけるのです。

ふてぶてしい態度をとってしまう原因は?

うつむいている眼鏡の男性

何らかの原因があってふてぶてしくなってしまった

ふてぶてしい人は、生まれた時からふてぶてしかった訳ではありません。

何らかの原因によって、ふてぶてしい人になってしまったのです。もともとは素直だったのかもしれない人が、どうしてそのような人になってしまったのか、その原因について見ていくことにしましょう。

わがままに育った

シーソーに座っている女性と男性

なんでも思い通りになると思っている

ふてぶてしい態度をとってしまう原因は「わがままに育った」ことが考えられます。

 

甘やかされて育ち、なんでも許される環境にいたとしたら、ふてぶてしくなってもおかしくはありません。

怒られることもほとんどなかったため、社会に出て怒られてもなんで怒られているのかわからず、自分は悪くないと思っています。わがままなので、自分が悪くて怒られているのに、逆ギレしてしまう人もいるようです。

自分は特別!

話をしている女性と嫌がっている女性

なんでも許されると思っている

ふてぶてしい人は、わがまま言いたい放題の環境で育てられ、それが大人になっても身についているため、自分はなんでも許される・自分だけは特別だと、変な勘違いをしています。

相手のことを考えず、わがまま言いたい放題のふてぶてしい人は、小さいころから可愛がられ、欲しいものは何でも手に入るという環境にいたため、自分は特別なんだから、と勘違いしている場合も多いようです。

自分が一番だと思っている

手を広げて怒っている女性とパソコンを眺める男性

他人を否定ばかりしている

自分が一番正しいと思っているふてぶてしい人は、常に他人を否定ばかりして、上から目線です。

誰かを評価することもなく、自分が一番だと思っているため、ふてぶてしくなってしまったのです。自分以外の人の意見など聞きいれるはずもなく、過大な自己評価をしている人は、周囲にとって大迷惑です。

話を聞かない独りよがり

石に座っているチャックシャツの女性

間違っていても常に一番

ふてぶてしい人は、たとえ自分が間違っていたとしても、自分は正しいのだ、と思い込み周囲に迷惑をかけます。

また、人の話を聞かず独りよがりのところもあるので、周囲との会話がかみ合わないことも度々あります。どこからくる自信なのか、自分が一番で他の人の話に耳を傾けない、その態度を改めないと周囲の人から嫌われてしまいます。

人に頼ることをせず生きてきた

手をつかんで上ってくる青いシャツの女性

自分だけを信じてきた

ふてぶてしい態度になってしまったのは、人に頼らずに生きてきたことも原因の一つです。

人に頼ることをせずに生きてきたので、常に自分が正しいと思い、人の意見やアドバイスを聞き入れません。人に頼らないイコール人のことを認めていない、ということなので、常に自分が正しく上から目線になってしまうのです。

今更人に頼れない

ヘルプのダンボールを目につけているストライプシャツの女性

自分より劣っている人に頼りたくない

ふてぶてしい人は、人に頼ることを知らずに生きてきたので、常に自分が一番正しいと思っています。

また、自分が一番なので、劣っている人に頼りたくない、という心理も働いているようです。今更人に頼るなんて、とも思っているので、社会人になっても自分勝手な行動で周囲を振り回してしまいます。

人と関わりをもってこなかった

楽しそうに話している5人の男女

思いやる心を知らない

人と関わりをもってこなかったのも、ふてぶてしい態度になってしまう原因の一つです。

 

 

いろいろな人と関わることで、自分以外の意見や考えがあることを知り、他人を認めることにもつながります。しかし、ふてぶてしい人は、人との関わり合いをほとんど持ってこなかったため、自分の意見のみが正しいという考えになってしまったのです。協調性もなく、相手を思いやることもできない人なのです。

人を認めることができない

海に向かってジャンプする6人の男女

人との関り合いが面倒

ふてぶてしい人は、人との関わり合いを持たずに生きてきたので、人との関わり合いを面倒だと感じている人が多いです。

常に優劣をつけているので、自分より劣っている人たちとは話をしたって無駄だとも思っています。そのため、いつも一人のことが多く、周囲からも自分勝手だとか、人付き合いが悪いと思われています。

自信がない

四角い部屋に座っている男性

強がってふてぶてしい態度に!

ふてぶてしい態度になってしまう原因に、自信がないこともあげられます。

本当は、自信なんてまるっきりないのに、強がって無理をして自分を強く見せるため、周囲からはふてぶてしい人だと思われてしまいます。弱い面を見せたくない、その一心でついふてぶてしくなっている人も中にはいるようです。

自信をつけることが改善策

ベンチに座って顔を覆っている女性

強がっても何の得にもならない

自分に自信がないからという理由でふてぶてしい態度に出ているという人も、中にはいるようです。

自信がないから強がれば周囲は認めてくれる、と感じたとしてもおかしくはありません。しかし、自信がなくてふてぶてしくなっているのであれば、自分に自信をつけてその態度を直すことも必要です。

ふてぶてしい人が周囲から嫌われる理由は?

スマホを操作している眼鏡の男性

周囲への配慮にかけるふてぶてしい人

ふてぶてしい態度をしていて、好かれるはずがありません。周囲への配慮にかけ、自分勝手な行動や言動ばかりをしている人は、嫌われて当然です。

でも、どうして嫌われるのか、周囲に与えているイメージなどを詳しく見ていくことにしましょう。ふてぶてしい人が嫌われる原因を知って、自分もそのような態度をしていないかをチェックしてみましょう。

偉そうな態度が鼻につく

煙を吐いているサングラスの男性

横柄で身勝手

ふてぶてしい人が嫌われる原因は、偉そうで横柄な態度が鼻につくからです。

ふてぶてしい人は謙虚さにも欠けているため、自分が間違っていても偉ぶって、上から目線で言ってくるものです。そんな身勝手な態度にイライラしている人も多く、そのような人には関わりたくないと誰もが思っています。

自分が一番だと思っている

親指を上げてウインクしている男性

根拠もないのに自信満々

ふてぶてしい人は、常に自分が一番で根拠もないのに自信満々なので、周囲から嫌われてしまいます。

間違っているのに、堂々と自分が正しいと言うし、絶対間違っていない、と変な自信を持っている厄介な人です。このような人は、周囲の意見に耳を傾けることもしないので、本当に厄介です。自分が一番なのだから、何を言っても話が通じることはありません。

ふてぶてしい人への対処法・上手に付き合う方法は?

女性を見つめる男性と目をそらしている女性

上手に対処してストレスを減らそう

どこにでもいるふてぶてしい人は、自分が悪いと思っていないので、こちらが対処法を身につけるしかありません。

ふてぶてしい人への対処法や上手に付き合う方法を紹介しますので、身近にそのような人がいたらさっそく実践してみてください。上手に対処することで、自分のストレスも減らせることでしょう。

距離を置く

男性を見つめている白いシャツの女性

無理して付き合う必要はない

仕事上、どうしても付き合わなくてはならない相手でなければ、距離を置いてできるだけ関わらないことも、上手な対処法です。

無理して付き合っていては、自分の身が持ちません。ふてぶてしい人の身勝手な態度や、偉そうで傲慢な態度に腹を立てるより、距離を置いてみることも上手な対処法なのです。

張り合おうとしない

女性の腕をつかんでこっちを見ている女性

張り合っても無意味

ふてぶてしい人に張り合っても無意味です。図々しく傲慢な態度が頭にくるから、張り合いたくなる気持ちも分かります。

しかし、ふてぶてしい人は、そもそも自分が一番だと思っており、周囲を自分より下だと見下しているので、張り合ってもらちが明かないのです。張り合う時間や精神がもったいないので、そのような人とは決して張り合わないことが、上手な対処法です。

同じ目線で話をしない

赤ちゃんを見て笑っているお母さん

子供を相手にする感覚で

ふてぶてしい人への対処法として「同じ目線で話をしない」ことがあげられます。同じ目線で話してしまうと、話が通じず自分が疲れてしまいます。

自分のことだけ考えている人と、同じように話をしようとしても無理なので、子供を相手にする感覚で接することも上手な対処法だといえます。相手は子供なのだから仕方がない、と思って接するだけで心が軽くなるものです。

優しい言い回しをする

コーヒーを飲んでいる2人の女性

命令や指図はしない

ふてぶてしい人の対処法として「優しい言い回しをする」ことも、おすすめです。

 

 

常に自分が正しい、と思っている人ですから、命令や指図をされたとしたら、素直に聞き入れるはずがありません。頼みたいことや、指摘する点があったら、頭ごなしに言うのではなく優しい言い回しをすることで、少しは耳を傾けてくれるかもしれません。対処法を頭に入れて、ふてぶてしい人と付き合っていきましょう。

褒めてみるのも対処法

親指を立てている男性を見つめる女性

褒められるのが好きなふてぶてしい人

ふてぶてしい人への対処法として、褒めることもおすすめです。常に自分に自信がある人は、人の褒められることが大好きです。

やっぱり、みんなが自分のことを認めているのだ、と思わせるだけで、ふてぶてしい態度が緩和する可能性もあります。また、自信がないから強がって、そのような態度をしている人にも、褒めるという行動は効果的な対処法だといえます。

ふてぶてしい態度を直すにはどうすればいい?

口をへの字にしている眼鏡の男性

対処法の次は直す方法!

ふてぶてしい人の特徴や心理、そして対処法などについても見てきました。対処法の次は、その態度を直す方法についてチェックしていきましょう。

ふてぶてしいと言われたことがある方や、もしかして自分ってそう思われているのかな、と感じている方は、参考にして態度を改めていくことをおすすめします。

どこが悪いのか直接聞いてみる

手帳を持っている男性とスマホを持っている男性

周囲に与えている自分のイメージを把握

ふてぶてしい態度を直す方法として、自分のどこがふてぶてしく感じさせているのかを、周囲の人に聞くこともおすすめです。

自分では良かれと思ってやっていたことが、実は周囲は迷惑がっていた、なんていう意見を聞くことができたら、直す努力ができそうです。話し方がそっけないとか、表情がない、などいろいろな意見が出てきたら、笑顔を作る練習をするとか、話し方について学ぶなど、改善して態度を見直していきましょう。

自分を磨く努力をする

花柄のスカートを履いている長い髪の女性

本当に自信をつければ変われる

ふてぶてしい態度を直すのに、自分を磨く努力をすることもおすすめです。

自分に自信がなくて、強がっているせいでふてぶてしく感じさせている人もいるので、そのような人は自分を磨いて、本当の自信をつけると自然にふてぶてしさが消えてくることもあります。自分が自信をもてる何かを探すことで、自分の態度を改めて見直していくことにつながります。

相手の良いところを見つける

白い羽と天使を輪をつけている女性

自分以外の人に目を向ける

ふてぶてしい人は、常に自分のことだけを考えている節があるので、自分以外の人に目を向けることも重要です。

人に目を向けて、相手の良いところを見ることも、ふてぶてしい態度を直す方法です。自分以外の人にも良いところがあったのだ、と気づくことで、これまでの自意識過剰や上から目線を改善できます。

他人に優劣をつけない

天秤にかけられている6人の男女と1人の男性

対等に付き合うには優劣をつけない

ふてぶてしい態度を直す方法として「他人に優劣をつけない」ことがあげられます。自分と比べて、あの人は劣っているから、などと常に他人に優劣をつけるのはやめましょう。

優劣をつけて、常に自分と比較していては、対等な立場で付き合うことができません。自分より劣っているかもしれない相手でも、別な点ではすごく勝っているのかもしれません。優劣をつけてしまうと、人を見下した態度になってしまうので、人と自分を比べずに直す努力をしていきましょう。

自分がされて嫌なことを他人にもしない

頭を抱えているスーツ姿の男性

人から嫌われないためにも

ふてぶてしい態度を直す方法「自分がされて嫌なことを他人にもしない」ことは、相手に対して思いやりをもつことにもつながります。

ふてぶてしい人は、相手の悪いところばかりを突っついて、自分の悪いところには目をつむるという特徴があります。自分が突っつかれたら嫌なはずですから、他人だって嫌だと感じています。自分がされたら嫌だな、と感じることを考えて、そういう行動や言動を慎むことも重要です。

素直に謝ることも大事

髭が生えている男性に謝る男性

謝らない人は最悪!

自分がミスをしたのにも関わらず、謝らないのがふてぶてしい人の特徴です。そのような人が周囲に与えるイメージは最悪なものです。

自分のプライドを守るために、ミスをしても謝らず人のせいにするふてぶてしい人は、その態度を改めないと周囲から嫌われてしまいます。自分が悪いことをしたのであれば、素直に謝る、という最低限のことをしていく努力をしてみてください。素直に謝る習慣が身に付けば、自分の発言や行動にも自信が持てて、態度が改善されるはずです。

良い面を活かして悪い面を直していこう

青空を眺めているスーツ姿の男性

良い面もたくさんある!

直さなくてはならないところは、素直に直し、良い面はそのまま活かしていくことで、周囲から厚い信頼をおかれることでしょう。

人には悪いところも良いところもあるので、ふてぶてしい人も、自分のことを反省して良い部分を活かしていきましょう。謙虚な気持ちで人と接すれば、自信満々の態度も、強い精神力も周囲から認められること間違いありません。

誰でもなってしまう可能性がある!

うつむいている長い髪の女性

嫌われないように注意しよう!

ふてぶてしい人は、周囲から白い目で見られたり煙たがられてしまいます。

 

自分はそのような態度はしていないつもりでも、見る人によってはそう見えていることもあります。

ふてぶてしい人の特徴・心理を頭に入れて、図々しいとか偉そうだと思われないよう注意していくことも必要です。中には、そのような人を好きだという人もいますが、嫌われることも多いので自分の行動や言動を今一度見つめ直してみましょう。

人間だけじゃない!?ふてぶてしい動物のエピソード・画像

偉そうにしているパンダの画像

動物のふてぶてしい姿が可愛らしい

人間のみならず、ふてぶてしい動物もいるとのことで、少しだけ紹介していくことにします。

 

人間とは違って、動物たちのふてぶてしさは可愛らしく見えるでしょう。

 

もちろん、動物ですからわざとふてぶてしくしているわけではないので、その姿に癒される方も多いことでしょう。いろいろな動物のふてぶてしい姿を、画像と共にご紹介していきます。

まるで人間!

ふてぶてしい猫の写真

絵になるふてぶてしさ

こちらの猫のふてぶてしさは、絵になります。ベンチに偉そうにのけぞっている姿は、まるでおじさんのようです。

体形も表情も、どこか余裕の可愛らしい猫が見つめる先はどこなのでしょうか。足をしっかり伸ばして堂々としている姿に、道行く人も立ち止まります。

どこを見つめているの?

座って遠くを見つめるサル

どこか悲しげなサル

遠くを見つめて座っているサルの姿は、まるで人間のようです。座り方もどこか不思議で、手を組んでいる姿が人間の子供のようにも感じられます。

 

遠くを見つめる表情が無表情なのも、どこか面白く感じられるふてぶてしいサルの画像です。

おデブの可愛い2匹の猫

白と茶色の眠っている猫

2匹とも同じ表情が面白い

同じ表情をしている2匹のふてぶてしい姿は、微笑ましい限りです。兄弟なのか、親子なのか分かりませんが、こんな2ショットはなかなかお目にかかれません。

ふてぶてしい動物のエピソード

横たわっている2匹のカンガルー

どんな時ふてぶてしいと思うの?

犬や猫などペットを飼っているお宅も多いことでしょう。そんな動物好きの人たちが、どんな時にペットがふてぶてしいと感じるのか調べまとめていきます。

 

どのような時にふてぶてしいと感じるのか、早速エピソードを見ていくことにしましょう。エピソードを見て、自分のペットがふてぶてしくないのか、再確認してみるのもおすすめです。

大人になった時

手を出して口を開けているリス

体が大きくなるとふてぶてしい!

猫や犬を飼っている飼い主さんは、ペットが大人になった時にふてぶてしいと感じるようです。

 

 

体が大きくなって寝どこから体がはみ出していたり、陣取って我が物顔でソファに眠っている時などに、ふてぶてしくなったな、と感じるようです。

飼い主のことはお構いなし

白と茶色の猫の画像

邪魔を平気でしてくる

ペットがふてぶてしいと感じるエピソードとして、平気で邪魔をしてくることもあげられます。

ペットは、飼い主に甘えたくて、相手にされたくて邪魔していることもあります。猫や犬にはわざとしている意識がないので、しょうがないのですが、飼い主は作業を邪魔されて困惑してしまうこともあります。

警戒心がなくなった時

ゲージに入っているグレーの猫

好き放題し出す

ペットを家に招き入れた当初は、初々しくどこか不安そうな表情を見せています。しかし、飼い主と家への警戒心が解けてくると、次第にふてぶてしくなってきます。

飼い主が寝ているのに、無理やり割り込んできたり、お腹を見せてグーグー眠っている時などに、ふてぶてしいと感じてしまうようです。全然憎たらしくはないのですが、たまには「どきなよ~」と言いたくもなる人も多いようです。

ふてぶてしい人の特徴や心理ランキング15選まとめ

紙をぐしゃぐしゃにしている眼鏡の男性

ふてぶてしくならないように!

ふてぶてしい人の特徴や心理、態度などについてランキング形式で紹介してきました。

 

 

人に嫌われることが多いふてぶてしい人は、図々しくて偉そうで、と悪い面ばかりが露出しています。でも、良い面もあるので、良い面を活かし、悪いところを直す努力をすることが重要です。

頭を抱えている青いネクタイの男性

ふてぶてしい態度を取っていないかチェック!

身近にふてぶてしい人がいて、多大なるストレスを感じている、という方は、対処法を頭に入れて、上手に対処していくことをおすすめします。

また、自分がふてぶてしい人ではないのかチェックして、これからの人間関係をより良いものにしていきましょう。例えそのような人になってしまったとしても、自分の考え次第で道は切り開いていけます。

他にも読みたい人の特徴のランキング記事はこちら

知ったかぶりする人の心理と特徴19選!うざい時の対処法とあるあるネタも紹介! | ランキングまとめメディア
頑張ってる人の特徴17選!頑張り過ぎないための注意点や頑張り続けるコツは? | ランキングまとめメディア
素朴な人の特徴21選!意味と人柄や見た目・素朴な芸能人・素朴は褒め言葉? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ