同窓会へ行きたくない理由ランキングTOP13!複雑な心理とうまい断り方まとめ

久しぶりに高校時代の同窓会のお知らせが来たものの、どうも同窓会に行きたくないという心理になる人も多いようです。そんな同窓会に行きたくない理由ランキングを紹介します。同窓会に行きたくない人はどのような気持ちや心理からそういったことに悩んでいるのでしょうか。また、同窓会に行きたくない人の断り方にも注目です。そして、そんな同窓会に行きたくない人に朗報ともいえる、同窓会から交際した独身の人の割合にも注目です。ランキングを参考に同窓会に対する本音に迫ってみましょう。

目次

  1. 同窓会へ行きたくない理由ランキングTOP13!
  2. 同窓会へ行きたくない理由ランキング!13位〜7位
  3. 同窓会へ行きたくない理由ランキング!6位〜4位
  4. 同窓会へ行きたくない理由ランキング!3位:会いたくない人がいる
  5. 同窓会へ行きたくない理由ランキング!2位:学生時代に良い思い出がない
  6. 同窓会へ行きたくない理由ランキング!1位:現在の自分に自信がない
  7. 行きたくないなら行かなくてOK!上手な断り方を伝授
  8. 独身の方に朗報!実は同窓会は出会いの場でもある
  9. 同窓会に【行かなくてor行って】後悔したエピソード
  10. 同窓会へ行きたくない理由ランキングTOP13!まとめ

同窓会へ行きたくない理由ランキングTOP13!

行きたくない心理や理由とは?上手な断り方もご紹介

シャンパンを注ぐ男性

同窓会は行きたくない?

同窓会といえば、懐かしい友人たちに会えたり、昔気になってた異性の変化が楽しみなイベントです。

しかし、実は同窓会に行きたくないと考える人も多いようです。どうして楽しいはずのイベントである同窓会に行きたくない心理になるのでしょうか。その理由や同窓会に行きたくないときの断り方にも注目です。

仲良し同級生

参加しない人が増えている?

実際に同窓会に参加した人も多いでしょうが、年々同窓会に参加しない人も増えているようです。

同窓会という楽しそうなイベントでありながら、最近は同窓会に参加しないとか、そもそも開催されないという場合も増えているようです。開催されない理由は様々ですが、そういったイベントに関心がない人が増えていたり、会いたい人は個別で会うという考え方が強くなっているのかもしれません。

そもそも開かれない同窓会

女性三人でカラオケ

幹事役を誰も受けない

同窓会が開かれない理由として考えられるのは、幹事役を誰もしたくないという人が増えているようです。

最近では同窓会などを開くときに、幹事を代行するというビジネスを行っている会社もあり関東と関西をあわせただけでも30社以上あるようです。規模が大きい同窓会を開くのは大変ですし、幹事役としてみんなに連絡するのも面倒だと感じている人が増えている証拠かもしれません。

美味しそうなビール

男女別というパターンも

最近では同窓会専用のクローズドSNSの「同窓会グラフ」という物が存在したり、男女別で同窓会を開くというパターンも増えているようです。

個人情報の管理が厳しくなったり、個々の考えが尊重される時代になったこともあり、同窓会の形も大きく変わってきています。変に揉めるぐらいなら同窓会自体を開かないという考えも増えており、小さな集まりが同窓会代わりになっているというのが現状のようです。

同窓会で盛り上がる女性たち

同窓会は出会いの場になるのか

そんな同窓会に行きたくないと考えている人に朗報といえるのは、同窓会は出会いの場になる割合も高いということです。

同窓会で恋人が出来たり結婚に至ったという割合も決して低くないようで、同窓会は一つの出会いの場として期待する人も多いようです。独身でなかなか出会いがないという人は同窓会から独身卒業を狙って見るのも一つの手段かもしれません。それでは同窓会へ行きたくない理由ランキングのスタートです!

同窓会へ行きたくない理由ランキング!13位〜7位

同窓会もどのようなタイミングで催されるかというのも重要なことです。高校を卒業して数年ぐらいなら久しぶりという軽い気持ちで参加出来るかもしれませんが、10年ぶりや20年ぶりとなれば結婚や仕事など様々な状況が変化しているといえます。

13位:キャラクターが変わりすぎてて行きたくない

陽気だった頃の自分ではない

話が盛り上がる三人組

ギャップが強すぎる

学生時代はクラスの中心として陽気なキャラクターだったけど、年齢を重ねて仕事などの苦労もあり、キャラクターがすっかり変わってしまった人も多いようです。

昔のノリで話しかけられても今の自分はそれに答えられるか分からないという不安が、同窓会に行きたくないという心理になってしまうようです。ランキングの中で同窓会に行きたくない人は、その変化が大きな理由になっているといえます。

たとえば地元から引っ越してまったく違うところで数年生活してしまうと、方言がうつったり性格にも大きな影響を与えることがあります。そういったときに、なんとなくいじられるのも嫌という心理になったり、そもそも自分がどんなキャラクターだったか思い出せないという人もランキングで多いといえるでしょう。

12位:独身が恥ずかしいので行きたくない

独身の割合は多い?

グラスで乾杯

独身を気にする時期

ランキングの中で独身という状況を理由に行きたくないと考える人も多いようです。独身の割合も同窓会に与える影響が大きいようです。

20代ぐらいの同窓会であれば独身の割合も多いようですが、30代ぐらいになるとどんどん独身の割合のほうが減っていくようです。自然と会話も家族や子供の話なども話題に出やすく、独身は少し肩身が狭いと感じることもあるのかもしれません。

ランキングに関する口コミでは、独身を気にして同窓会に行きたくないと感じるのは女性のほうが多いのかもしれません。割合的にも30代を超えると6割近くの人が結婚していたという口コミもあり、その割合によって気持ちもかなり変わるようです。変に気を使われるのも嫌というコメントも多く独身の割合は理由に影響するといえます。

11位:気を使いたくない

成功者と失敗した人間との関係性

教室の机とイス

同じ目標の結果

同窓会に行きたくないと考える人の中で、気を使うのが面倒だから行きたくないという理由もあります。

これは同じ目標を持っていた人が成功した人とそうでない人がいる場合です。就きたい職業につけた人とそうでない人が同じ場に同席すると、なんとも気まずい雰囲気になることもあります。また、先程の独身の割合と同じく結婚している人とそうでない人や、離婚や子供がいないなど様々な状況が気疲れすると考えるわけです。

ランキングのような心理になる人の多くは、少し神経質だったり深読みしすぎるタイプは、どうしても心理的に行きたくないという気持ちになりやすいようです。成功した人間からすれば同窓会は自信満々に自慢できる場になりますし、逆の立場であればなんとも劣等感を感じる場所になってしまうようです。

10位:お金がかかるので行きたくない

すでに地元を離れているという理由

スタイリッシュな新幹線

無駄に高い参加費

断り方を考えたくなる理由として、同窓会の参加費や移動のお金がかかるのが嫌という理由があります。

普通の飲み会のほうが安いと感じるほど無駄に参加費が高いというのも、同窓会の一つの特徴かもしれません。また、困るのは地元から離れていて同窓会が行われる場所までの移動費がかかるというパターンです。結婚式などはお車代が出ますが、同窓会ではそういったことは稀なだけに高いお金を出してまで行きたくないという理由が挙げられます。

口コミの中でもランキングのような理由を挙げている人が多いです。会費としては5000円ぐらいを超えると高いと感じる人も多く、そのことから断り方として会費の高さで行かない人が多いようです。全体的なバランスを考えて集まることが一番の目的だから会費は出来るだけ安いものを考えて欲しいのが本音のようです。

9位:面倒という理由

シンプルだけど納得できる理由

寝っ転がる太った男性

いろいろ考えるのが面倒

同窓会に行きたくない人の理由ランキングの中で、誰もがあるあると感じるのは、単純に面倒だから行きたくないという理由です。

プライベートな時間や仕事などが忙しく、同窓会に誘われても面倒と感じるのもあるあるな感情です。そもそも、今だと同窓会のためのLINEグループに参加したり、予定を調整したりというのが面倒だと考える人は多いと言えます。そして参加した先での会話の内容を考えたり、話を合わせるのも面倒だといえるでしょう。

ランキングに関する口コミの中では、同窓会関係の連絡がこないように連絡先を削除したりブロックしているという人もいます。そもそも、今でも仲良くしたい友達とは普段から連絡を取っているから同窓会に参加する理由はないと考えているようです。断り方を考えるのも面倒なので連絡をつかないようにするというのも一つの断り方といえます。

8位:女子トークが苦手

女性ならではの理由

内緒話をする女性たち

馴れ合いが苦手

ランキングの中で女性特有とも言える行きたくない理由の中に、女子トークがしたくないという理由を挙げている人も多いです。

女子トークといえばお世辞だったり馴れ合いというものがあり、そういったものをするのは嫌という女性も多いようです。特に同窓会という場になると自分のことだけでなく旦那のことでマウンティングを取り合うというのもあるあるなシチュエーションです。

同じようなランキングの理由から同窓会に参加したことを後悔している声も多いようです。人の愚痴や妬みなどで盛り上がることに嫌気が差しという声も多く、同じような職業でマウンティングを取り合うなど、楽しい時間ではなかったという声も多いようです。

7位:今の環境が壊されそう

久しぶりに会ったことが今を壊してしまう

浴衣の女性

詐欺まがいの被害にあう可能性も

同窓会に行きたくない理由として、昔の知り合いに会うことで今の生活に変化が生まれてしまうと考えるパターンです。

昔の知り合いに会うというのは決して良いことばかりとは限りません。昔の話を持ち出して言いがかりをつけられたり、久しぶりに会って話が盛り上がったと思ったらマルチ商法の誘いだったりと危険な誘いが無いわけではありません。また、昔の人に会うことで良くない思い出をフラッシュバックしたりとリスクを考えて断る割合も多いようです。

マルチ商法に絡んでいる人からすれば、同窓会のような人がたくさん集まる場所はまさに狙い目です。「最近使ってる製品がすごいおすすめなの」という風に話がスタートすれば、どうしても疑いたくなるものです。そういったものの断り方を考えるのも面倒なので、同窓会には行かないという人も多いのかもしれません。

同窓会へ行きたくない理由ランキング!6位〜4位

ランキングの中で学生時代をどう過ごしたかというのが、行きたくない理由に大きく関わっているようです。また、現在の自分の状況や落ち着いたいまの生活に満足しているという声も多いと言えます。その断り方も含めて、同窓会というイベントの連絡自体を拒否している割合も多いと言えます。

6位:前回参加してつまらなかった

二度目の参加はない

秋模様と女性

期待度が高いとなりやすい気持ち

以前、同窓会の誘いがあり参加したものの、行ったらまったく楽しめなかったことで同窓会に行きたくないと考えるようになった人もいます。

同窓会の断り方を考えたくなる理由として、以前の同窓会で失望したという経験が影響していることが考えられます。せっかく参加したのに昔の友達はまったくイメージが変わっており、あの頃の楽しい思い出が崩れ落ちたという人も多いのではないでしょうか。

独身の人の中には、昔憧れだった人とチャンスがあるかもと思って参加したものの、お世辞にもイケメンや美人とは言えない状態になっていたというのもあるあるな展開です。あの頃の思い出のまま素敵な存在のままにしておけば良かったと後悔したこともあり、今後の同窓会の断り方を考えてしまうことも多いでしょう。

事前に参加者がどうなっているかわかりにくい同窓会も多く、当たり前のように来るだろうと思っていた友達が参加していなかったといいうこともあるあるなパターンです。思ったよりも参加人数も少なくて盛り上がりに欠けたというものや、幹事の進行が悪くて疲れたということから、もう同窓会に行くのはやめようと感じてしまうわけです。

5位:そもそも呼ばれていない

連絡先を教えていない

SNSのアイコンが書かれた小物

意外と多い理由

ランキングの中で自分が行きたいかどうかという心理よりも多いのが、そもそも同窓会があったことすら知らないというパターンです。

あるとき友達に「同窓会の連絡返事した?」と聞かれたときに「えっ、そんな連絡きてないけど」というのもあるあるなエピソードです。自分が連絡先を教えていないこともあれば、なぜか自分にだけ来ていないというパターンもあるかもしれません。断り方を考えるよりも寂しい理由であり、意外とこの割合も多いようです。

最近増えている割合として、個人情報の保護の観点から昔のような連絡網を学校自体がしなくなっていることも関係しています。昔なら家の電話番号が書かれた連絡網をもらっていた人も多く、それを使って同窓会の連絡を入れたという人も多いかもしれません。最近はLINEなど意外では連絡を取れないという場面も増えています。

ちなみに、口コミの中では同窓会が開かれていることは知っているけど、自分が誘われていないことに気づいてしまったという悲しい口コミも多いです。最近はSNSで同窓会が開かれた後の写真がアップされているのを見て「自分にはお誘いがかかってないんだよな…」知ってしまう人も多いと言えます。

4位:忙しすぎる

仕事が忙しくて参加出来ない

仕事に追われる女性

行きたくてもいけない

ランキングの中で同窓会に行きたくないというわけではないけど、行けない人の割合の中に仕事が忙しくて行けな人もいるでしょう。

社会人となれば仕事が忙しくて休みを自由に取れない人の割合も多いです。特にいわゆるブラック企業関係では有給を取るのも白い目で見られるということがあるでしょう。また、接客業の場合は土日に休みが取れないこともあり同窓会に参加できない場合もあります。

そして、忙しすぎるためとても同窓会に行くような気持ちにならないという心理から、行きたくないと考えてしまうこともあるでしょう。気持ち的に余裕がないと行きたくないという考えになるのも納得出来るかもしれません。無理にスケジュールをあけて行ったのに楽しくなかったらと考えると、行きたくないと決断するかもしれません。

また、同窓会が開かれることの多い成人式のタイミングですが、このときに同時のタイミングで複数の同窓会から誘われるというパターンもあります。このときにどれかは断らなければならないという悩みを抱える人もいます。さすがに全部に顔を出すのは厳しいので、泣く泣く断るということもあるでしょう。

同窓会へ行きたくない理由ランキング!3位:会いたくない人がいる

元カレや元カノの存在

男性に問い詰められる女性

こじれる原因になる

同窓会に行きたくないの心理の中には、会いたくない人がいるから断り方を考えている人も多いでしょう。

同窓会で起きるトラブルとして元カレや元カノに会いたくないとか、昔ケンカしたままの友達に会いたくないという理由が原因の場合があります。せっかく楽しい場所なのに苦い思い出を思い出してしまうというのは避けたいわけです。

驚いて叫んでしまった男性

何年経っても苦手な相手

学生時代の友人と現在も繋がりがあったものの、その友人とケンカしてしまったことが原因で同窓会に行きたくないという人も居るでしょう。

「あいつが来るなら俺も行かない」というのは、少し子供っぽい行動かもしれませんが、意固地になって譲れないのも理解できる部分です。自分が参加することでその相手と気まずい雰囲気を出してしまうことを避けたいという配慮ともとれます。また、昔から偉そうだったあいつに会いたくないという積年の恨みがあるというパターンも考えられます。

仲の良い人に誘われると困る

ランキングに関係する口コミの中で、同窓会の中で会いたくない人が居ることで行かなかったという声はあるあるのようです。他のランキングにもありましたが、仲良くしている人は同窓会で会わなくても会えるし、昔の友達は気になるけど、それ以上に会いたくない相手が居るということが理由のようです。

また、やはり昔のイメージのままにしておきたいからという複雑な心理が関係しているようです。久しぶりに会う期間が空いていればあいているほど複雑な心理になるといえそうです。あまりにも期間が空きすぎると「この人だれだっけ?」となるのもあるあるなエピソードです。

同窓会へ行きたくない理由ランキング!2位:学生時代に良い思い出がない

いじめを受けていた経験

ケンカをした男の子と女の子

された側は忘れていない

学校時代にいじめを受けた割合は意外と多く、その内容もさまざまで明らかないじめから、ふざけていたつもりがいじめだと思われていたなどさまざまです。

いじめを受けていた人の心理として、今現在でもそのいじめのトラウマに苦しんでいる人や、同窓会で再会してまたいじめられることを恐れているという理由が考えられます。いじめはした側は忘れている場合が多く、自分では冗談のつもりだったという人も多いです。しかし、された側にとっては消えない傷になっているといえます。

噂をされて傷つく女性

フラッシュバックする

心理的なトラウマというのは、何十年経っても同じような状況になるとフラッシュバックしてしまうことがあります。

同窓会に参加して忘れいてたトラウマが再発するということは珍しいことではありません。直接いじめを受けていたということばかりではなく、その頃に自分の周りで起きた辛い出来事を思い出してしまうことがあります。現在も精神的に不安定な面があるということが理由で、同窓会の参加を見送ることもあります。

深刻な問題

ランキングに関係する口コミの中では、自分の中で抱えている過去のいじめのトラウマを、同窓会で解消したいという人もいました。いまの自分が勇気を出して会うことで、あの頃の辛い気持ちを乗り越えたいという心理のようです。同窓会で過去のいじめを謝罪したという人も居て、年月を経て仲直りする場合もあるようです。

同窓会の断り方の中では同窓会だけでなく、会ったときにいろいろ誘われて、それの断り方に悩む人も多いです。過去の嫌な思い出が蘇る原因になることも多く、そういった人が幸せに生活しているのを見て復讐心を抱くことも無いとは言えません。

同窓会へ行きたくない理由ランキング!1位:現在の自分に自信がない

同窓会で比較してしまう

ママ友と子供

結婚や収入の比較

ランキングにあった独身という状態もそうですが、結婚して子供が居るなどの状況をどうしても比較したり、比較されることが嫌という意見もあります。

同窓会においてお互いの現状を比較して、どちらが幸せというのは意図していなくても起きてしまうことがあります。特に自分がうまくいっていない場合では、幸せな生活を送っている人を見ると比較してしまうのは仕方ないかもしれません。

お肉がついた肝臓

体型の不安

ナイーブな問題として自分の体型があまりにも変わってしまっていて、それを見られるのが不安という場合もあります。

 

学生時代はスタイルが良くて人気だったけど、いまはたっぷり脂肪がついてしまっていかにもおばちゃんなのを見られたくない乙女心もあるでしょう。

男性の場合は頭髪が気になって見られたくないということもあります。ポジティブな考えが出来る人は、そういった変化をお互いで笑い飛ばすことが出来るものですが、なかなか同窓会という大きなイベントでは勇気が出ないこともあります。特に地元を離れて昔の仲間と直接会っていなかった場合は深刻な悩みです。

嫌でも現在の自分を認識してしまう

同窓会に行くと本当にいろいろなパターンの人に出逢うことになります。素敵な人と結婚したのは良いことですが、そのことをひたすら自慢するような人もいます。また、逆にどう慰めたら良いのかと思うような辛い経験をしている人にも出逢うでしょう。

また、同窓会に参加したことで何となく気持ちが下がってしまって、しばらく体調不良のような状態になってしまう人も多いようです。嫌でも自分の現状を見せつけられるような感覚になり、自分はどうしてこんな状況になってしまったのだろうと鬱のような状態になってしまうのかもしれません。

同窓会では妙に年収に関する質問をしてくるというパターンも多いかもしれません。自分の仕事や結婚した相手の年収を聞いて、どこかマウンティングを取るような人も居るでしょう。そして、さきほどのような独身の割合が減っている場面では、自分の年齢と独身という状況を振り返って複雑な気持ちになってしまうようです。こういった理由が同窓会に行きたくないという心理にさせるといえそうです。

行きたくないなら行かなくてOK!上手な断り方を伝授

断り方で相手の反応も変わる

はがきと鉛筆

どんな招待方法なのか

まず、同窓会に行きたくないときはその断り方を考えると同時に、どういう風に誘われたのかということを考えましょう。

現在ではかなり減ったようですがはがきで同窓会の招待が来るというパターンもあれば、LINEなどでグループLINEが作られるというパターンもあります。参加でも不参加でも返事をしなければならないという場合は断り方を考える必要があるだけに、行きたい人だけ反応するという形になっている方が喜ばれるようです。

電話対応する女性

仕事を理由に断る

一番断りやすいのは仕事が忙しくて参加できないという断り方です。仕事の場合は相手方も理解してくれることも多く、有休を使ってまで来いと言われることは少ないでしょう。

ランキングでも触れたように仕事で同窓会を断る人も多いです。また、接客業関係は土日に休みが取れないということで断りやすいといえるかもしれません。ただし、それほど忙しい仕事をしていないとか仕事をしていないのに断ると、別の誰かが同窓会先でバラすという余計なお節介があるかもしれません。

詳しく説明しなくても大丈夫

子供に読み聞かせをする家族

家族関係で断る

こちらも同窓会の断り方としては理由にしやすいので、堂々と家族のことで今回は参加できないと説明するのが良いでしょう。

その理由としては「子供がまだ小さいからごめんね」というものや「両親が高齢で家をあけるのが心配だから」という風に子育てや介護という形で断るのがおすすめです。家庭の事情はあまりしつこく聞くのも失礼なので相手側も引き下がってくれやすいです。

盛り上がるライブ

すでに予定が入っている

招待されたときに日付が決定している場合は、すでに予定が入っているということで断るのも方法です。

もともと予定していたイベントと重なっているので断るというのは決して悪い断り方ではありません。ライブのイベントだったり友人の結婚式、海外旅行などイベントが重なっていることを理由に断るというのもおすすめです。相手からすればそれが本当かどうかは調べるようなしつこいこともないでしょうし、嘘でも予定があることにするのも選択肢です。

お葬式の場所

冠婚葬祭は定番

普段の生活でも、どうしても仕事を休みたくて冠婚葬祭の嘘をついてあとあと困ったという笑い話のようなこともあります。

冠婚葬祭は約束を断る常套手段だといえますが、仕事場と違って証明書を出しなさいということにもならないので、同窓会を断る手段として冠婚葬祭はおすすめです。先程も結婚式というものがありましたが、お葬式なども断るための手段になります。両親がとなると大事になるので、親戚のおばちゃんが亡くなったというぐらいの嘘で断るのも方法です。

最終的な断り方

ごめんなさいと謝る手

お詫びの言葉だけは忘れずに

どのような理由であれ招待されたものを断るときは、お詫びの連絡だけは入れておきましょう。

断り方として即答で断る場合も、少し時間を置いて謝る場合でも必ずお詫びの言葉は大事です。自分がどのような理由で断るにしても最低限のマナーとしておすすめの対応です。「今回は参加できないけど、次も同窓会をすることがあったら声をかけてね」というのは社交辞令であってもしておくのが大人の対応といえます。

無視される男性

完全無視をする

逆にまったくもう学生時代の人と関わる気がないという場合は、同窓会の連絡が来ても完全無視に徹するという方法もあります。

自分が居たことはもう忘れて欲しいというぐらい、学生時代の思い出とは縁を切りたいという人は、同窓会の連絡があっても反応すらしないという方法もあります。断ってもしつこく誘ってくる幹事もいますし、変な噂をされるのも面倒という場合は、無視や連絡をブロックするのも方法とはいえます。

独身の方に朗報!実は同窓会は出会いの場でもある

同窓会で再会したのちに交際・結婚に発展した人の割合

ハートを渡される手

同窓会から付き合うことはあるのか

同窓会に行きたくないと感じている人の中に、自分が独身だからということを気にしている人もいるかもしれません。

ドラマや漫画の世界では、同窓会で再会した相手と付き合ったり不倫をするというシーンがありますが、決してフィクションの世界の出来事ではないようです。同窓会で恋愛に発展するという割合はそれほど多いわけではないですが20%ほどの割合で存在するようです。

手を繋ぐカップル

仲良くなる確率は高い

実際に交際にまで発展することは20%程度の割合のようですが、仲良くなるところまでいったというのを合わせると40%ほどに割合は増えるようです。

少なくとも同窓会でのチャンスは4割近くあると考えると、独身の人でも参加するのは一つの理由になるかもしれません。普段はなかなか出会いのチャンスが無いと考えている人も、ある意味で街コン状態なので昔話に花を咲かせながら、連絡先を交換する機会を伺っても良いかもしれません。

白いパズルのピース

楽しかったころを思い出せる

同窓会から恋愛に発展する中には、やはり自分の人生で一番楽しかった時期を思い出せるという点が関係しているのかもしれません。

昔に戻って少し無茶をしたりバカなことをしたりするのは、大人になってからはなかなか出来ないことです。仕事仲間や友達の中から恋愛に発展するよりも、少しリフレッシュした関係から仲を発展出来る点も魅力といえます。昔、ちょっと恋心を抱いていた相手と再会して、その気持が再熱するというパターンもあるようです。

恋愛以外の出会いの意味もある

ノートパソコンで仕事

仕事につながる出会い

実は同窓会での出会いは恋愛関係とは限りません。そこには仕事につながる出会いの可能性もあります。

何気なくお互いの仕事の話をしていると業界が近い場合もあり、そこから仕事の話に発展するということもあり得る話です。自分が予定している仕事で協力してくれる人を探していたというときに、ちょうど良い相手となることもあり、ぜんぜん知らない人間よりも昔仲良かった相手と協力するのも一つの方法です。

青空の下で伸びをする男性

元気をもらう

また、仕事の話などを聞いていると自然と元気をもらうこともあるかもしれません。決して自分だけが苦しいのではなく、頑張っている友達の話を聞いて励まされることもあるでしょう。

年齢を重ねてくると家族の介護だったり子供の成長だったり、いろいろな話が出てくるのも同窓会の特徴です。昔話を楽しみながら、みんなで思いっきり盛り上がってストレスを発散するというのも同窓会の楽しみ方です。いろいろな出会いがその後の転機に繋がる可能性もあるので、今の自分に自信が無くても顔を出してみるというのは変化に繋がるかもしれません。

仲間と乾杯

趣味仲間が出来るかも

意外と大人になってから困るのは、自分の好きな趣味を共有出来る相手です。同窓会でたまたま趣味の話をしたら、共通の趣味をしている人に出会えるかもしれません。

年齢を重ねてダイエットを考えてウォーキングやハイキングを初めたというときに、誰か一緒にやってくれる友達が欲しいと感じたことがあるかもしれません。そういったときに「俺も最近、山登りにハマってる」という風に近い趣味を持っている友人に出逢うことが出来ることもあります。趣味仲間が増えるというのも良い出会いといえます。

同窓会に【行かなくてor行って】後悔したエピソード

後悔した人は多い?

後悔する男性

同窓会での失敗談

ランキングで紹介してきた同窓会というテーマですが、その中で同窓会に行かなくて後悔したとか、行ったけど後悔したというエピソードにも注目してみましょう。

同窓会に行きたくないと感じている人がたくさん居ることがわかりましたが、やっぱり行っておいたほうが良かったかも?と後悔している人も多いようです。しかし、迷いながらも行ってみたらやっぱり行かなければよかったという体験談もあるだけに、どちらのエピソードも確認していて損は無いです。

行かなくて後悔するパターンとして、後から行った人の話を聞いてかなり盛り上がったという話を聞いたときかもしれません。また、行かなくて後悔する中には担任の先生も参加してくれたという場合です。自分の人生の中であの先生にはお世話になって影響を受けたというときには、先生だけでも良いので会いたかったと後悔するパターンもあるでしょう。

同窓会関係のコメントの中では「行かなくて後悔するより、行って後悔するほうがいい」という意見が多いです。特に同窓会が一生で一回だけのイベントになったという声も多く、あのときの同窓会だけは行っておけばよかったと後悔する人も多いようです。そのため、中学校のは断ったけど高校の同窓会には参加したという風に、次のチャンスで参加している人も多いです。

行ってみないと分からないことは多い

口コミの中で同窓会に行かなかったことを後悔している人の中に、出会いの場になったという話を聞いて後悔している人も割合として多いようです。友達だけ参加して、そこで連絡先を交換して付き合ったという話を聞いて後悔するというパターンです。また、実際に行ってよかったのは本当に交際に発展した人たちの声です。

同窓会に行かなかったことをを後悔するのは、昔の友達との連絡先を交換できないという点です。同窓会に参加して、やっぱり昔の友達は昔のままであの頃に戻れたという声は多いです。連絡先を交換してまた遊ぶようになったとか、昔の友達と会ったからこそ、いまの生活に対して向き合えるきっかけになったという声も多いです。

あの頃のままではいられなかった?

物思いに耽る女性

行って後悔する人のパターンとは

行かなくて後悔する人も多いですが、逆に行って後悔するというパターンもあります。せっかく同窓会に参加したのに何に後悔してしまうのでしょうか。

ランキングのような同窓会に行きたくないという心理になっている人からすれば「やっぱり行かなければよかったー!」と思ってしまうような出来事が、実際に起きてしまうというのが同窓会の怖さかもしれません。そういった行って後悔した人のエピソードもチェックしてみましょう。

ある意味では現金な性格と言えるかもしれませんが、やはり会費が高いわりに大したものが出なかったという気持ちがあるようです。この会費を他のところに回したかったという気持ちがあるようで、仲良くしている知り合いだけで集まるほうを選べばよかったという声もあります。

同窓会に行って後悔したという意見の中には、今の自分の現実を突きつけられた感覚になったというパターンです。まわりの友達は成功して大成しているのに、自分は視野が狭くなって固定観念が強くなっていたと感じる人もいるようです。学生時代を思い出して、もっといろんなことをしていたら良いと過去を後悔する流れになってしまうようです。

理想とは違うかもしれない同窓会

行って後悔した気持ちになるのは、自分はもちろんだけど、周りが思っていたよりも老けていたという現実です。どこかみんなキラキラ輝いているのをイメージして参加した場合に、後悔した気持ちになる理由かもしれません。この状態を楽しめるような人も多いだけに「おまえ太ったねー」とか「おまえこそハゲたな」と笑いあえるようなユーモアが必要かもしれません。

断りきれずに参加した人の中には、行ったもののまったく話すことが無くて後悔したという意見です。自分が同窓会に居ることに場違いだと感じてしまうようで、これなら最初から参加しなければよかったと後悔するわけです。何となくみんなが話している話題についていけないという状態になると、同窓会も辛い思い出になってしまうようです。

同窓会と結婚という大きなテーマ

ランキングでも重要なポイントになっていましたが、同窓会と結婚というのは楽しめるかどうかの大きなテーマになるようです。特に30代ぐらいを境に、結婚していないことを理由で同窓会に参加をしないというコメントが多く見られます。参加しても夫婦に関する話題や子供の話しばかりで、自分は浮いてしまって後悔したという意見が多いです。

同窓会に参加しないからといって友達がいないというわけではなく、同窓会という場所では独身の自分を気遣われるのがしんどいと感じる意見も多いです。仲の良い友達と集まるだけならいいけど、同窓会という場所でそういったことをツッコまれるの居心地が悪いようです。同窓会に参加するために、頑張って婚活に励む人も居るかも知れません。

学生時代の生活が後悔に関係する

黒板と机

過去と現在

こういったエピソードを見ていると、同窓会に行かなくて後悔する人と行って後悔する人は、やはり学生時代の生活が大きく関係しているようです。

学生時代の楽しい思い出があれば参加したいという気持ちになる人が多く、辛い思い出が多い人は参加したくないと感じるようです。少なくとも学生時代に楽しい経験が少ない人は、現在の生活に満足出来ていても同窓会に行かなくても後悔しないと言えそうです。

口コミの中でも同窓会は何だかんだ参加したら楽しいという意見も多く、行って後悔することに驚く人もいます。しかし、自分の性格をよく考えて気を使いすぎる性格の人や、気持ちが不安定になりやすいという人は行って後悔してしまうことも多いようです。少なくとも誰か仲の良い友だちと一緒に参加するという形を取るのが理想的といえます。

同窓会へ行きたくない理由ランキングTOP13!まとめ

いろんな同窓会の参加者

無理に参加するイベントではない

同窓会に行きたくない人の理由をランキングで紹介しました。ランキングの理由や行って後悔した人のエピソードから重要なポイントも見えてきたのではないでしょうか。

大事なことは同窓会は強制的に参加しなければならないというイベントではないことです。自分が参加したいと素直にそう感じたら参加するべきですし、参加しないからといって誰かに批判される理由はありません。今の自分の生活を楽しんでいるとか、余計なことに巻き込まれたくないと考えていたら参加しないのも選択肢といえます。

カラオケで打ち上げ

別の集まりを企画しても良い

口コミの中では、無理に同窓会に参加するのではなく、今でも連絡を取っている仲の良い友だちと少人数で集まるほうが良いという意見もあります。

話題や会費で後悔することもあるので、そういったことを考えればお互いの事情をある程度把握している仲間と集まったほうが、気を使わなくて楽しめるのも事実です。また、自分に何か強い刺激が欲しいと考えている人は同窓会に参加するというのも一つの方法です。ランキングを参考にしながら、同窓会への参加を検討してみましょう。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

友達が少ない人の特徴&性格27選!少ない原因や悩み・メリットとデメリットは? | ランキングまとめメディア
仲直りしたい友達と関係を修復する方法11選!友達と喧嘩した時にすべきことは? | ランキングまとめメディア
友達以上恋人未満な相手とのデート術11選!進展させる方法やおすすめの場所も! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ