頑張ってる人の特徴17選!頑張り過ぎないための注意点や頑張り続けるコツは?

周りに頑張ってる人はいるでしょうか。仕事や勉強など、頑張ってる人は目標に向かって努力しているので周囲からも「頑張り屋」だと評価されていることが多いでしょう。ランキングではそんな頑張ってる人の心理や特徴、かけるべき応援の言葉などを紹介しています。また反対に頑張れない人の心理や特徴、頑張りすぎることで起こるリスクもまとめています。ランキングをチェックして頑張ってる人を応援しましょう。

目次

  1. 頑張ってる人ランキング!頑張ってる人の特徴17選!
  2. 頑張ってる人の特徴ランキング!17位~11位
  3. 頑張ってる人の特徴ランキング!10位~7位
  4. 頑張ってる人の特徴ランキング!6位~4位
  5. 頑張ってる人の特徴ランキング!3位~1位
  6. 正反対に頑張らない人に共通している特徴とは
  7. 頑張っている人が抱えてしまいがちのリスク
  8. 頑張ってる人が頑張り過ぎないための注意点
  9. 頑張ってる人のように頑張り続けるコツとは
  10. 頑張ってる人の特徴ランキング17選まとめ

頑張ってる人ランキング!頑張ってる人の特徴17選!

男性の後ろ姿

真面目な人

日本人は気質的に真面目なので頑張りすぎる傾向があるといわれています。頑張ってる人は応援したくなりますし素敵ですが頑張りすぎには注意が必要です。

仕事など周りで頑張ってる人を見ると応援したくなる

拍手する手

集中して頑張れる

仕事など目標に向かって1つのことに集中して頑張ってる人は応援したくなります。何かに打ち込める人はそれだけでかっこいいと思われることもあるでしょう。

人は何かを始める時に目標を設定するものです。目標に向かって頑張ることで達成感を味わい、それが自己肯定感に繋がり自分に自信を持つことが出来るのです。仕事や夢など、目標に向かって頑張ってる人はとても素敵ですし、応援したくなるでしょう。しかし、頑張ってる人は頑張りすぎて心が疲れてしまうこともあるのです。そのため、かける言葉を間違えると爆発してしまうこともあります。

頑張ってる人の行動や言葉などの特徴・心理をチェック

黒板と電球

頑張ってる人ランキング

ランキングでは頑張ってる人の特徴や心理について紹介しています。また、頑張りすぎることについても詳しくまとめているのでチェックしてみましょう。

ランキングでは頑張ってる人の心理や特徴などを詳しく説明しています。かけるべき言葉やかけてはいけない言葉についてもまとめていますので参考にしてみてください。また、頑張れない人の特徴や、頑張ってる人のように頑張るために必要なことについてもまとめています。頑張りたいのに頑張れない、やる気が出ない…という人はコツを実践してみましょう。それではランキングスタートです!

頑張ってる人の特徴ランキング!17位~11位

17位:頼られやすい

指キリする手

相談されやすい

人からよく相談されるタイプの人は頑張ってる人になりやすいといえます。頼られてやる気が出るタイプの人なら人のために頑張ることが出来るでしょう。

誰かに頼りにされることを原動力にして頑張れる人は、周りの人からも「人のために頑張れる人」と評価されていることが多いです。そのため、何かあった時には相談されたり頼られることも多くなります。それが本人の負担になっていなければ、頼られて頑張ることは悪いことではないでしょう。こういった心理の人は応援の言葉よりも、感謝の言葉をかけられるのを喜びます。

16位:前向き

笑顔の男性

ポジティブ

頑張ることが出来る人はポジティブな性格をしていることが多いでしょう。ネガティブな人はやる前から諦めてしまったり途中で投げ出してしまいがちです。

頑張ってる人の心理の特徴としてポジティブであるという事が挙げられます。やる前から諦めたりはせず、とりあえずやってみる行動力もあります。そのため頑張ってる時に「ダメだったらどうしよう」と不安になることも無いでしょう。前向きに目標に向かって頑張ってる人というのは周りからの信頼も厚く評価も高いでしょう。応援してくれる人もたくさんいるといえます。

15位:人の話を聞かない

ヘッドフォンをする女性

視野が狭くなる

頑張ってる人の中には人の意見を聞かないタイプの人もいます。頑張ってる時というのは目の前のことだけに夢中になっています。そのため周りの声が聞こえなくなってしまうこともあるのです。

基本的にどんな人でもがむしゃらに頑張ってる時は、周りからの言葉が聞こえなくなってしまうものです。頑張れる人というのは特に集中力が高い人が多いものです。集中力が切れやすい人はすぐに周りの言葉に反応してしまいます。そのため、頑張ってる人というのは人の話や意見など言葉を聞いていない人が多いといえるでしょう。

14位:強引

スーツの男性

頑張ってる時ほど

本人は気付いていないことが多いですが、何かを一生懸命頑張ってる時は普段よりも周りに対して強引になってしまっていることもあります。

自分が頑張ってることを何とかしようとして、周りを巻き込んでしまったり手段を選ばなくなってしまう場合もあります。1人で頑張ることならそれで良いですが、チームや組織など共同で1つのことをしなければならない時は大きなデメリットになってしまいます。そんな人がチームにいる場合は周りと協調して頑張れるように言葉をかけてあげましょう。

13位:一生懸命

デスクに座る女性

何事にも全力を尽くす

自分に出来る限り、全てのことをして頑張る人もいます。ただひたすらに目標に向かって一生懸命になれる人も周りから「頑張ってる人」だと認識されるでしょう。

何事にも一生懸命になれる人は勉強や運動、仕事など様々な分野で一生懸命頑張る人が多いでしょう。周りから見れば手を抜いても良いようなことでも一生懸命になってしまうのが特徴です。頑張り屋だと周りに評価されることも多いですが、「融通が利かない人」と思われることもあるかもしれません。応援したい時は肩の力を抜いても良いと教えてあげると良いでしょう。

12位:後先を考えない

クッションに埋もれる子供

目の前のことしか見えていない

頑張ってる人の心理として、目の前のことだけに必死になってしまって周りや後先のことが見えていないタイプの人もいます。1つのことに集中できるのは素晴らしいですが視野は広く持ちましょう。

ランキングにもあるように、何か1つのことを頑張ってる人というのは視野が狭くなってしまいがちです。目の前のことだけに集中するあまり他のことを考えられなくなっているのでしょう。頑張りすぎている場合もこういった状況に陥りやすいです。協調性を乱してしまう可能性があるので、頑張っていても周りの声には耳を傾けるようにしましょう。

11位:コンプレックスが強い

顔を隠す男性

自信が持てない

コンプレックスを抱えていてそれが原因で自分に自信が持てないという人も頑張り屋になりやすいでしょう。コンプレックスを払拭するために仕事に打ち込むことも多いようです。

コンプレックスが強いという心理の人も頑張る人の中には居ます。頑張って働くことで昇進や給与アップなど目に見える形で評価されることに安心するのです。ランキングにもありますが、コンプレックスが強く自己評価が低い人はまず自分を認めてあげる必要があります。無理をしてでも頑張りがちなので応援したい時は素直に頑張ってることを評価する言葉をかけてあげると良いでしょう。

頑張ってる人の特徴ランキング!10位~7位

10位:努力家

握りこぶし

無意識に頑張ってる

本来の性格が努力家だという人は1つ1つ真面目に目標に向かって頑張ることが当たり前だと思う人が多いでしょう。それが普通であり無意識に頑張ってる場合が多いのです。

努力家タイプの人は、目標のために苦労したり頑張ることは当たり前だと思っていて、褒められるべきことだとは思っていません。本人に頑張ってるという意識が無い場合もあります。努力の過程を褒められるよりも努力して自分が得たものに対して褒められる方が好きなのです。また、こういったタイプの人は努力している自分が好きだという人も多いでしょう。努力家はなかなか真似できない立派な才能です。

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。何かをがむしゃらに頑張ったことがある人というのは、周りの人の頑張りにも気付いてあげられる人が多いでしょう。大切なのは「頑張れたこと」です。結果的には失敗してしまっても、目標に向かって頑張れた自分を褒めてあげましょう。

9位:融通が利かない

落ち込む男の子

臨機応変が苦手

融通が利かないタイプの人は、頑張ってることに対してやり方を変えてみたり状況に合わせて臨機応変に対応することが苦手です。途中で投げ出すことも出来ません。

一生懸命頑張ってることを途中で方向転換したり、やり方を変えることができない不器用なタイプです。頑張れば頑張るほど融通が利かなくなってしまいます。そういったことからトラブルを起こしたり、周りに迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。頑張るのは素敵ですが人の意見を取り入れて柔軟に動けるようにしましょう。

融通が利かない人は要領が悪いとも言われます。そうした人は、自分が要領が悪いことに気付いていることも多いでしょう。要領が悪いのは良く言えば真面目だからなのです。目標に向かって真面目に頑張りすぎているせいかもしれません。融通が利かなくなっている、と感じたら少し息抜きをしてみましょう。

8位:プライドが高い

手を広げる女性のシルエット

周りの評価を気にする

仕事をする上でプライドを持って何かを頑張ることはとても素晴らしいことです。しかし周りの評価を気にして頑張りすぎてしまうこともあるので疲れてしまわないように注意は必要です。

周りにすごいと認められるために頑張るタイプの人はプライドが高いといえます。このタイプの人は結果にとてもこだわるのも特徴的です。結果が良ければ良いのですが、周りから評価されなかった場合、一気に自信を失ってしまう場合もあるでしょう。このタイプの人を応援したい時は、頑張ってることを評価してあげると良いでしょう。

プライドが高い人というのは、周りや他人の頑張りも認められる人のことを言います。周りを蹴落としてまで自分のプライドを守る人はプライドが高いのではなく、ただの自己評価が高いだけの人です。自己評価は高いのに実力が伴わないため、他人を蹴落とし自分が1番でありたいのです。

7位:負けず嫌い

YOUWINYOULOSEの文字

負けたくない

負けたくないという気持ちが原動力となり、頑張ってる人もいます。目標に向かうために頑張ってる人は素敵ですが勝つためには無理をして当然だと勘違いする場合もあるので注意が必要です。

ランキングにもあるように、頑張ってる人というのは自分が頑張るだけの動機や原動力があります。その中でも負けず嫌いな人は頑張りやすい傾向にあるでしょう。基本的に他人に負けることが嫌いな負けず嫌いタイプの人は、競争心が強いのです。自分が1番になるために頑張れるので苦労しても時間がかかっても諦めることはないでしょう。

ランキングでは「他人に負けるのが嫌い」と言いましたが、負けず嫌いの矛先が自分に向くこともあるようです。自分に負けたくないから頑張るというのはとてもかっこいいことです。自分で自分を追い込まないように気を付けましょう。

頑張ってる人の特徴ランキング!6位~4位

6位:自己評価が低い

座っている女性

人に評価されたい

自己評価が低いタイプの頑張ってる人は、頑張ることで人に評価されたい、人の役に立ちたいと思っています。そのため頼まれると無理をしてでも引き受けてしまうこともあります。

ランキングにもあるようにコンプレックスがあったり、自己評価が低いといった心理の人も頑張ってる人の中には居ます。無理をしてでも頑張って人に評価されたいと思っているのです。相手が喜んでくれるなら…と頑張りすぎてしまうこともあります。

まずは自分を認めてあげて

顔マーク

無理はしない

この心理から頑張ってる人は、コンプレックスを払拭するために期待されると無理をして引き受けてしまう場合があります。最初は良くてもそれが続くと辛くなってしまいます。

自己評価が低い原因は様々ですが、認めてもらうために頑張れる人というのはとても素敵です。何か1つのことを頑張れるという魅力が自分にはあると、自分で自分を認めてあげましょう。周りの評価も大切ですがまずは自分で自分を評価し応援してあげることが大切なのです。無理をして心が疲れてしまわないように注意してください。

自己評価は高すぎても低すぎても良くありません。頑張ることで人の評価を得ても、自己評価が低いままだと満たされることは無いでしょう。ランキングにもあるようにまずは自分自身を認め、評価してあげることが大切です。自分で自分を褒めるというのは頑張る人にはとても大切なことです。

5位:頼るのが苦手

ピアノを触る男の子

何でも1人でやろうとする

頑張ってる人の中には、人に頼れないために1人で頑張らなければならない状態になっている人もいます。迷惑をかけたくないという気持ちから人に頼れないのです。

基本的に何でも1人でやろうとするので、頑張らなければならなくなっている人もいます。チームや組織でやればすぐに終わる仕事でも、自分1人で抱え込んでしまうことも珍しくないでしょう。頑張ってる姿は周りから評価されますが、どれだけ大変でも人に頼ろうとしない姿は周りを不安にさせてしまうこともあります。

1人で抱え込んでしまう

膝を抱える人

頼れない

ランキングにもあるように頑張る人の心理として「人に頼れない」という特徴があります。何でも1人で抱え込んでしまうので疲れてしまうこともあるかもしれません。

非効率でも、時間がかかってしまっても1人でやるのが気楽、人に頼るのは申し訳ないと様々な理由で人の手を借りないのが、この心理の人の特徴です。自分のやり方や仕事に自信があるタイプの人も何でも1人で抱え込む人が多いといえるでしょう。抱え込み過ぎた結果、頑張りすぎてしまうことも珍しくありません。こういった人を応援する際は「手伝おうか」とさりげなく手を貸してあげるのが良いでしょう。

頑張っていても「まだまだ」と自分を追い込むタイプの人は頑張りすぎている人になりやすいです。人は頑張りすぎることは出来ません。いつか必ず限界が来ます。そうならないためにも追い込み過ぎているかもしれないと思ったら、頑張ってることから少し目を背けてみましょう。

4位:完璧主義

パソコンを触る女性

妥協しない

完璧主義な人は自分が納得するまで諦めたり投げ出すことが出来ません。中途半端な状態で諦めなければならない方が強いストレスになってしまうのです。

完璧主義の人は何でも完璧にこなしたいので、何か1つのことに頑張る人が多いでしょう。例えば仕事などで1から10まで指示を受けたら、時間がかかっても1から10までのことを指示通り納得いくまでこなそうとします。それだけ1つのことに時間をかけ、頑張ってる姿は周りから「頑張り屋」という評価を受けることも多いです。しかし、完璧にこだわりすぎて融通が利かなくなってしまうこともあります。

行き過ぎると疲れてしまう危険もある

疲れた女性

完璧を求めすぎないように

完璧主義なタイプの人は仕事でもプライベートでも、自分が決めた目標に100%到達しなければ気が済みません。自分で自分を追い込みやすいとも言えます。

完璧を求めすぎるあまり頑張りすぎる傾向も強いです。周りが良しとしていても本人は納得していないこともあるでしょう。そうして自分を追い込み過ぎると頑張ることが辛くなってしまいます。ランキングの最後にも頑張ってる人が陥りやすいリスクをまとめているので、そちらもチェックしてください。完璧主義で頑張りすぎている人が居たら「完璧じゃなくても良い」と言葉をかけてあげましょう。

ランキングにもあるように、完璧主義な人は周りから評価を受けていても、自分が目指した形になっていなければ納得出来ません。そういった人はついつい自分を追い込みがちです。何でも完璧にこなせる人はいないのです。少し手を抜くことも覚えると良いでしょう。

頑張ってる人の特徴ランキング!3位~1位

3位:面倒見が良い

抱き合う3人の女性

姉御肌・兄貴肌

頑張ってる人の心理や特徴ランキング3位は「面倒見が良い」です。ランキングにもあるように人から頼られるタイプの人が多いようです。人のために動くので中途半端で投げ出すことはしません。

面倒見が良い姉御肌や兄貴肌タイプの人は人から頼られやすいとも言えます。そして面倒見が良いので頼られることが苦痛だとは思いません。他人のためだからこそ頑張れるという人もいます。そういった人はボランティア精神が強いとも言えます。頑張ってる人の大半は仕事や自分の目標のためですが、面倒見が良い人は無意識に人のために動いてしまっているかもしれません。

ボランティア精神が強い

色とりどりの手

他人のために頑張れる

頑張ってる人の中には自分のためだけではなく、他人のために頑張れる人もいます。誰かに頼られることで力が湧き、感謝の言葉や笑顔だけを見返りにして頑張れる人もいるのです。

ランキングでも紹介しましたが、人のために動き、その見返りに感謝の言葉をもらうことで自尊心が満たされるタイプの人がいます。こういう人はヒーロータイプかもしれません。1度手を差し伸べたからには中途半端に投げ出さず、最後まで責任を持って面倒を見てくれます。周りから「面倒見が良い」と言われる人はこういう人が多いでしょう。

頑張りすぎている人にかける言葉

頑張ってる人に対しては頑張ってることを評価してあげることが1番ですし、応援する言葉は喜ばれるでしょう。しかし、頑張りすぎてしまっている人は周りからの応援や言葉が逆に負担になってしまうこともあります。そういった人にかけてあげる言葉を考えてみましょう。

頑張りすぎている人には応援よりも心配していることが伝わる言葉が良いでしょう。「大丈夫?」や「手伝うよ」という言葉が効果的かもしれません。頑張りすぎている人というのは、その状況に気付いていないことも多いものです。しかしふとした時に限界が訪れます。そうならない為に頑張りすぎていると思う人には一息付けるような言葉や環境を作ってあげるのが良いでしょう。

2位:責任感が強い

握手する手

責任感を持って行動する

ランキング2位は「責任感が強い」です。どんなことに対しても責任感を持ってキッチリ行動することが正しいと分かっています。

責任感が強いだけで頑張ってるつもりはない、という人もいます。しかし、そういう人は多くの人から「頑張り屋」だと思われていることが多いでしょう。責任感が強いので、苦労をしても最後までやり遂げなければ気持ち悪いのです。どんなことにおいてもそういった性格なので仕事以外でもキッチリと最後まで責任を持って行動する人が多いです。

意思が強い

ジョギングをする男性

役割を果たす

頑張ってる人の特徴や心理として、自分の役割は果たそうという意思を強く持っていることも挙げられます。ランキングにもあるように人に頼られると強い責任感を持ってそれに答えようとするのです。

ランキングにもあるように面倒見が良い人も責任感が強いと言えるかもしれません。誰かに指示をされたり頼み事をされることがやる気に繋がるという人も多いでしょう。自分の役割はしっかり果たすという意思の強さを持っているので最後まで気を抜くことなく努力することが出来ます。こうした人は周囲からの応援も力になるタイプなので「頑張ってね」と言葉をかけてあげると喜びます。

思い込みはほどほどに

頑張ってる人が頑張りすぎている人になるのは、自分の中で「自分がやらなければいけない」という心理が強くあるからかもしれません。「しなければならない」という考えは否定しませんが、あまりにその思いが強すぎると無意識に自分を追い込むことになるのです。

ランキングにもあるように、人に頼れないタイプの人や自己評価が低いタイプの人は周りに迷惑をかけたくないといった気持ちが強いのでしょう。しかし、仕事でもプライベートでも人は必ず支えてくれる人が居るものです。意識はしていなくても自分の存在が誰かを支えていることもあります。上手に人に頼ることも、目標に向かって頑張るためには必要なことです。

1位:真面目

握手を求める男性

頑張ってる人の1番の特徴

ランキング1位の特徴は「真面目」です。頑張ってる人のほとんどに当てはまる特徴でしょう。気持ちが浮ついたりサボりコツを心を持つことがありません。真面目でコツコツと努力します。

周りから見て頑張ってる人は、ほとんどの人が「真面目」であるといえます。不真面目な人は頑張ろうと思っても自分を甘やかしてしまったりサボり心が芽生えてしまうものです。集中力も続かないでしょう。しかし、真面目な人はサボらずコツコツやることで成果は得られるものだと考えます。真面目なのは素晴らしい長所ですが自分を追い込んでしまいすぎることもあるので注意しましょう。

手を抜くのが苦手

パズルの最後のピース

やるのが当然になっている

頑張ってる人の心理として「やるのが当然」「頑張って当たり前」だと無意識に自分を追い込んでしまっていいる時があります。真面目でいることが1番評価をもらえると思っているのです。

ランキング1位でも触れましたが、真面目に努力することで結果が出ると思っているので辛くても手を抜くことが出来ない人も多いようです。このような人に「頑張って」という応援の言葉は逆効果になります。真面目な人にはそうした言葉が重荷になってしまうのです。応援したい時は「少し息抜きしよう」など、頑張ってることから離れて気分転換になるようなことに誘ってあげるのが良いでしょう。

息抜きも大切

「逃げても良い」という言葉は頑張ってる人にほど届かないものです。しかし根気強く言ってあげることが大切です。頑張りすぎている人は目の前のことから逃げ出せずいっぱいいっぱいになりやすいです。気付いた時には頑張ることも出来ないくらい心が疲れてしまうのです。

上にもあるように仕事が全てではありません。真面目な気質を持つ日本人は仕事のためだけに頑張りすぎていると言えます。仕事はあくまで自分の人生を豊かにするための1つの手段です。大切なのは自分自身だということを忘れないようにしましょう。

正反対に頑張らない人に共通している特徴とは

頭を抱える男性

頑張れない人もいる

頑張ってる人がいる一方で頑張れない人もいます。必死になることがカッコ悪いと思っていたり、頑張りたくても気力が湧いてこなかったりするようです。頑張れない人の特徴を紹介します。

諦めやすい

犬のぬいぐるみ

すぐに諦める

頑張れない人の特徴1つめは諦めが早いことです。少し頑張っても結果が出ないとすぐに諦めてしまったり「どうせできない」とネガティブになったりするのです。

全力で頑張れない人というのは諦めやすい人が多いようです。ネガティブに考えてしまったり、自分に甘い考えを持っていると諦めやすくなってしまいます。頑張ってみないと結果は誰にも分かりません。ですのでネガティブに考えずに、がむしゃらに頑張ってみるのも良いのではないでしょうか。思うような結果にならなかったとしても頑張った分だけ身に着くものはあるはずです。

飽きっぽい

あくびをするヒョウ

冷めやすい性格

飽きっぽい人というのは熱しやすく冷めやすい人が多いです。集中力が続かなかったり終わらせる前に別の何かに興味が移るなどするため、1つのことをがむしゃらに頑張ることが出来ません。

熱しやすいので最初はやる気満々で取り組みますが、時間が経つと集中力が切れて飽きてしまうということはよくあることです。熱しやすく冷めやすいタイプの人は冷めてしまう前に物事を終わらせる必要があります。大きな目標を掲げるよりも、すぐに出来る小さな目標をたくさん立てて1つずつクリアしていくのが、長く頑張れるコツでしょう。面倒くさがりなタイプの人もこれに当てはまります。

向上心がなく口だけ達者

カエルの人形

目標が無い

「こうなりたい」という目標が無ければ頑張ることは難しいでしょう。また、願望や目標を口にするだけの口だけ達者で行動しないタイプの人も全力で頑張ることはしません。

向上心が無いということは明確な目標が無いということです。目標や目的もなく、ただ頑張れる人は居ないでしょう。向上心があるからこそ何かを始めてみようという気持ちになるものです。まずはなりたい自分を思い描いてみましょう。また、口では「あんな人になりたい」「目標のために頑張りたい」と言って行動しない人も頑張れない人の特徴です。口よりもまず体を動かすことから始めましょう。

頑張ってる人を否定する

NOのカード

頑張ってる人に批判的

多くの人は頑張ってる人に対して好意的な印象を抱くものです。しかし頑張ってる人に対して批判的な人というのも中にはいます。同じように頑張ることが出来ないからかもしれません。

頑張ってる人と同じように頑張ることが出来ない、頑張ってる人のように情熱ややる気を持てない人は、頑張ってる人に対して批判的になってしまいがちです。自分が出来ないからといって頑張ってる人に難癖付けるのは良くありません。頑張ることはとてもかっこいい事です。頑張れない人というのは頑張りたいと思える何かにまだ出会っていないだけかもしれません。頑張ることを否定するのはやめましょう。

頑張っている人が抱えてしまいがちのリスク

泣いている男の子

ストレスに注意

頑張ってる人は仕事やプライベートなど何か1つのことに対して一生懸命です。そういった生活を続けているとストレスが溜まり心身に疲労が蓄積してしまいます。それによって起こるリスクを見てみましょう。

燃え尽き症候群になりやすい

疲れた男性

起こりやすいリスク

頑張ってる人は『燃え尽き症候群』になりやすいでしょう。仕事などではサービス業や接客業をしている人なども当てはまります。心が疲れてしまいやる気が起こらなくなってしまうのです。

仕事を頑張ってる人で、サービス業や営業、教育関係、医療関係に就いている人に多いと言われています。他人に合わせて感情をコントロールしなければならない仕事が多いです。人と関わるということは機械と違って自分の思うように動いてはくれません。頭では分かっていても心は知らず知らずストレスを抱えているものなのです。仕事以外でも頑張ってる人に多く見られる症状です。

燃え尽き症候群とは

寝ている犬

どういった特徴があるのか

頑張ってる人が陥りやすい『燃え尽き症候群』とはどのような症状があるのか紹介します。心当たりがある人は注意してください。頑張ってる人は無理をしないようにしましょう。

「心身共に疲れ果てた感じがする」「何をしてもやる気が起きない」といった症状や気分が表れたら注意が必要です。ずっしりとした重たい疲れが襲ってきたら、それは休まなければならないという体からのサインです。それでも頑張ってしまうとイライラしたり、自分は無力だと思い込むようになってしまうこともあります。最終的にはうつ病になるケースもあるので、無理をせずに休める時は休みましょう。

燃え尽き症候群を防ぐ方法

電球の中にいる女の子

リスクは回避しよう

燃え尽き症候群にならないようにするためには「頑張りすぎない」「気分転換」が大切です。頑張れることがあるのは素晴らしいですがストレス発散も必要です。

燃え尽き症候群になってしまう人は、目標を決めたらがむしゃらに頑張りすぎてしまう人です。オンとオフの切り替えは必ず必要になります。1日中頑張り続けるのは体は平気でも心が疲れてしまいます。休日は何も考えずリラックスできる場所へ出かけたり、息抜きも上手にしましょう。お金を使ったり、遠出をしなくてもただ散歩をするだけでストレスを軽減することも出来ます。

頑張ってる人が頑張り過ぎないための注意点

頭を抱える少年

自分を甘やかそう

何かを頑張ってる人というのはとても素敵です。しかし頑張りすぎてしまうと先述の通りリスクもあります。頑張りすぎてしまうという人に力を抜く方法を紹介します。

労働環境を見直す

金色の時計

長時間労働や休日出勤

まず労働環境を見直してみましょう。残業は当たり前で休日出勤もあり、長時間労働が続くという職場は普通ではありません。無理をして頑張っても質の良い仕事も出来ないでしょう。

明らかに1人で抱える仕事量が多すぎる場合は会社側に問題があるかもしれません。上司に言われるがまま大量の仕事を1人で頑張らなければいけない状況はおかしいのです。自分が頑張れる範囲に留めて、それ以上の仕事は自分のためにも会社のためにも断るのが頑張りすぎないコツです。そうは言っても簡単に断れない、という人は思い切って転職を考えることも必要かもしれません。

人に頼る

手を握る

人を信頼することでもある

何でも1人で頑張りすぎてしまう人というのは人に頼ることが苦手な人が多いです。しかし誰にも頼らないで生きていける人はいないのです。頼ったり頼られたりして信頼関係が生まれることもあります。

手が空いている人や同じ組織、チームの仲間などに手伝ってもらうということも頑張りすぎないコツです。人を頼るということはその人を信頼しているということでもあります。人を信頼できない人は自分のことも信頼してもらえないでしょう。人に頼るのはカッコ悪いことではありません。頼った分、頼られることもあるのです。普段から頑張ってる人なら少しくらい人に頼っても罰は当たりません。

人の助言は素直に受け入れよう

内緒話をする女の子

労わってくれる言葉

頑張りすぎている時は、その状況を心配している人がいるものです。そんな人からの助言や言葉には、意地を張らずに耳を傾けるようにしましょう。

周りの人に「頑張りすぎないで」と言われるときは、自分でも無意識のうちに頑張りすぎてしまっているのかもしれません。全然頑張れてない、まだまだやらなきゃいけない、と意地にならずに素直に聞き入れるようにしましょう。自分を気遣ってくれる言葉は大切にしなければいけません。「手を抜いてもいい」という言葉を言われたら素直に少し気を抜いてみても良いでしょう。

完璧じゃなくても良いと思う

親指を立てる女の子

100点じゃなくても良い

ランキングにあるように頑張ってる人というのは完璧主義でもあります。完璧を求める人はつい自分に厳しくなりがちです。そしてそれを周りにも同じように求めてしまうこともあります。

完璧を求めると失敗やミスを恐れるようになってしまいます。結果的に心の余裕がなくなり、責任感や「やらなければいけない」という気持ちだけで動いている状態になってしまうのです。ミスや失敗は繰り返すことで反省し、成長できるものです。「失敗は許されない」という固定観念にとらわれていないでしょうか。もし、そういった気持ちがあるなら「ミスをしない人間はいない」と言い聞かせてください。

人の目や評価を気にしない

塗り絵をする子供

期待に応えすぎない

頑張りすぎてしまう人は周りから評価を得ることが素晴らしいことだと思い込んでしまっているかもしれません。そのため人の目ばかり気にしてしまうのです。

頑張ったことで高い評価を得るのは素晴らしいことです。しかしそれだけが全てではありません。高い評価を得ることだけが頑張ったことに対する報酬ではないのです。自分の目標実現のために頑張る過程で評価を得るのなら構いませんが、評価を得るために頑張るというのは無理をしてしまうかもしれません。頑張りすぎず自分の現状を良く見ることが大切です。

頑張ってる人のように頑張り続けるコツとは

階段を上る人

頑張るためのコツ

頑張ってる人や、頑張りたい何かを見つけた時、無理なく頑張り続けるコツを紹介します。頑張ることは心にも体にも負担になりますので自分のペースで1つずつ頑張ってみましょう。

毎日目標を立てる

ボードに描く男性

小さな目標

人は短期的な目標のためなら頑張ることが出来ますが、長期的な目標になると頑張り続けることが負担になってきます。毎日小さな目標を立ててみましょう。

人は、毎日成功体験や達成感を味わえるものではないでしょう。日々の小さな成長を自分で感じることも難しいものです。しかし大きな目標に向かって漠然と頑張り続けるのは辛いですし、心が折れてしまうかもしれません。そんな時は、毎日小さな目標を作り達成していきましょう。必ず達成できるような小さいもので構いません。そうすることで毎日達成感を味わえますし日々の成長も感じやすいでしょう。

PLANの文字

自分に合った目標

目標は、朝が苦手な人なら「朝〇時までに起きる」といった些細なことで構いません。1つ1つ達成していくことが次第に楽しくなってくるはずです。

会社が終わってからジムで1時間運動するといったプライベートなことから仕事のことまで、その日1日で必ずやっておきたいことを目標にしてみましょう。最初は小さなことでも慣れてくると少しずつ大きな目標に近付いていけるかもしれません。理想が強すぎたり大きすぎる目標は、やる前から諦める原因にもなってしまいます。小さな目標をクリアすることを日課にしてみてください。

完了リストを作る

チェックリスト

仕事の終わりなどに

毎日の小さな目標を立てたら、目標を書いた完了リストを作りましょう。そして1日の終わりに達成したものをチェックしていきます。視覚的に目標達成を見ることでやる気にも繋がります。

毎日小さな目標を達成することで、達成感を感じることができ、それが自信につながります。もし達成できなかった目標があったとしてもそれを次にいつやるのかを書いておきましょう。やり残しがあったからといって頑張らなかったわけではありません。小さな目標でも達成しようと思う時点で既に頑張ることは出来ているのです。

頑張った自分を褒める

ハートマークの手帳

自分をしっかり褒める

毎日寝る前には、1日頑張った自分を褒めてあげましょう。頑張ってる人は自分を労わることを忘れてしまいがちです。頑張ることは当たり前のことではありません。褒められることなのです。

頑張りたいことがある時は「まだまだ」と自分を追い込んでしまいがちです。それが力になることもありますが、24時間自分を追い込むと頑張ることが辛くなってしまいます。頑張ったことは事実ですから寝る前くらいは自分をしっかりと褒めてあげましょう。頑張ってる人は素敵ですし、応援したくなるものですが自分で自分を追い込み、辛い思いをしてまで頑張る必要はありません。

頑張ってる人の特徴ランキング17選まとめ

草木と女の子

頑張ってる人はかっこいい!

ランキングでは頑張ってる人の心理や特徴について紹介しました。目標に向かって頑張る人はとてもかっこいいですし応援したくなるものです。

頑張れないと悩んでいる人もランキングにある心理や特徴を参考にしてください。頑張ることはメリットもたくさんあります。1つのことを頑張ることで結果がどうあれ、努力したことは事実なのでそれは自信に繋がるでしょう。頑張る人に触発されて周りも頑張れることがあるかもしれません。息抜きや気分転換をして「頑張りすぎている人」にならないようにしましょう。

おすすめのその他のランキング記事はこちら!

2018離婚原因ランキングTOP17!性格の不一致が1位の理由は? | ランキングまとめメディア
おしゃれでかっこいい男の子の名前一覧!名付け人気ランキング81選! | ランキングまとめメディア
一人暮らし向けプレゼントTOP35!男性・女性向け引越し祝いで喜ばれるのは? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ