知ったかぶりする人の心理と特徴19選!うざい時の対処法とあるあるネタも紹介!

知ったかぶりをする仕事場の同僚や友達など、身近にいて対処法に困っているというのは誰もが抱えるあるあるです。ここでは、ランキングで知ったかぶりをするタイプの特徴を紹介します。ランキングをチェックする事で、いつもイラッとしてしまう知ったかぶりをするタイプについて、どういった心理が働いているのか理解する事ができるでしょう。そして、心理的に楽になる対処方法などの参考にもなるはずです。

目次

  1. 知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】19選!
  2. 知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】19位~11位
  3. 知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】10位~7位
  4. 知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】6位~4位
  5. 知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】3位~1位
  6. 知ったかぶりする人のあるあるネタ&体験談
  7. 知ったかぶりする人がうざい時の対処法とは
  8. 知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】19選まとめ

知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】19選!

仕事など知ったかぶりする人に共通すること

メガネを持って目を細めている男性の画像

イラッとくる知ったかぶり

知ったかぶりをするタイプの人を見ると、イラッとする事があります。どんな状況であっても、知ったかぶりだと気が付くと、なんだかイライラとしてしまうのです。

知ったかぶりに対してイライラしたり、呆れたりしている人も多い事でしょう。知ったかぶりをする人は共通の特徴があると言われています。共通の特徴を知っておけば、知ったかぶりへの対処法を考えている場合は有益だと言えるでしょう。

知ったかぶりする上司や同僚の心理&特徴をチェック

顎を触っている男性の画像

ランキングで迫る!

仕事の同僚などが知ったかぶりの場合は、仕事に支障をきたす事もあります。また、友達ではない同僚という立場上、対処法に困っている人も少なくないはずです。

ランキングで知ったかぶりをするタイプの特徴に迫ります。仕事場の同僚や友達など、身近な知ったかぶりの特徴と比べてみて、どういった共通点があるか理解すると良いでしょう。それでは、知ったかぶりをするタイプのあるあるな特徴ランキングスタートです!

知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】19位~11位

19位:プライドが高い

赤い服を着ている男性の画像

自分が無知はありえない

プライドが高く、自分が無知だという事はありえない状態だと考えています。知らないという自分は存在せず、全てにおいて知っているのが自分のプライドとなっているのです。

知らない事があっても別に大した事ではありません。しかし、知ったかぶりをするタイプの中には、知っている事に異常にプライドを感じてしまうタイプがいるのです。

18位:見ただけで知った気になる

紙を見ている女性の画像

経験がない

インターネットの情報やワイドショーの情報など、自分の言葉ではない人の知識だけで、さも自分が知った風な気になってしまっているのが、ランキング18位の知ったかぶりです。

その情報や知識のバックボーンもあやふやで、知識の中身が全くないというのもあるあるなのです。本当は、聞いた話だとか見た話だとか言えば良いだけなのですが、知ったかぶりをするタイプは、そういった枕詞を使わないのがあるあるです。

17位:話しの流れを止めたくない

爪を指さしながら話をしている女性の画像

タイミングがつかめない

会話をしている時に、話の流れというのがあります。話の流れによっては非常に盛り上がっていたりする場合もあり、流れを切りたくないという心理が働く事もあります。

本当は知らないと言いたいのに、タイミングも分からないまま、知った素振りをし続けてしまう場合があるのです。仕事などでは同僚と話をしている時というよりも、顧客と話しをしている時に多いはずです。

16位:怒られると思っている

頭を抱えている男性の画像

立場的に弱い

知ったかぶりをしてしまうのは、知らないと言うと怒られると感じている場合もあります。仕事場などでは同僚の中でも立場が弱い存在なのかもしれません。

本当は聞きたいのに、知らないと言うと怒られると感じてしまい、知ったかぶりをしてしまっているというのが、ランキング16位の傾向です。この場合、立場的にも弱い存在の事が多く、怒られる事を恐れて嘘も付く事が往々にしてあります。

15位:失敗を恐れている

電話をしながらパソコンを触っている男性の画像

ミスが許せない

失敗をする事を恐れている可能性があります。ランキングでも紹介したプライドの高さから、ミスをする事自体も許せないというタイプが多いのが特徴です。

しかし、知ったかぶりをするので、失敗は数多く発生しますし、ミスも複数に繰り返します。こういった状況であるにもかかわらず、知ったかぶりを繰り返し、さも失敗やミスではなかったような素振りをみせるのも、あるあるだといえる傾向でしょう。

14位:質問をしない

こめかみを押さえている女性の画像

知識が付かない

知ったかぶりは質問をしません。それは、知らないという事を言いたくないからです。質問をしないので、知識も全くといってよいほど付きません。

仕事場においては致命的とも言えるのが、ランキング14位の特徴と言えるでしょう。質問をしないのでミスも多く、知識が付かないので後輩に追い抜かれてしまう事も少なくありません。しかし、プライドだけは高いので、後輩に対しても知ったかぶりをしてしまうのです。

13位:認められたい

口を押さえている男性の画像

バカにされたくない

人から認められたいという心理が働いている場合もあります。仕事場などでは、知識がある事が一定のステータスとなる場合があり、同僚の中でも一つ頭が抜きん出ていると思われたいのです。

また、バカにされずに認められたいがために、知ったかぶりになってしまうのです。しかし、多くの場合は知ったかぶりをしている姿をバカにされてしまいます。仕事場で同僚などに認められたいのであれば、知ったかぶりな態度ではなく、行動で示す事が一番良いのは言うまでもありません。

12位:偉ぶりたい

クビを傾げている男性の画像

下に見られたくない

偉ぶりたいために知ったかぶりをする人は多いと言われています。知識があり経験も豊富だと言わんばかりに、知りもしないのに知った風な口調で話をするのです。

本当は知らない事でもさも知っているように話をします。それは、偉ぶりたいからというのと、相手から下に見られたくないという心理からだと言われています。知ったかぶりをする事で、相手が知っている以上の知識を自分は持っているように見せるのです。仕事の場面などでは、同僚にバレる形で仕事場の多くの人に呆れられています。

11位:聞き下手

紙を指さしている女性の画像

自分が話すので精一杯

知ったかぶりをするタイプは聞き下手です。人の話を聞いていられず、自分が話す事に精一杯になるタイプが多く、話をべらべらとしたいので、知ったかぶりになってしまうというわけです。

また、聞き下手なので間違えや新たな知識を受け入れる余裕がありません。善意で知識を教えても吸収しないので、知ったかぶりの人と話した後はなんだか疲れているのがあるあるだと言うわけです。

知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】10位~7位

10位:ミーハー

サッカーボールを置いて両手を広げている女性の画像

流行りものが好き

知ったかぶりに多いのがミーハーです。流行りものに目がないので、流行った事柄にすぐに飛びつきます。下調べや知識がないので表面だけの知識になり知ったかぶりとなるのです。

ミーハーの多くが知ったかぶりをするタイプだとも言われています。それは、ブームになったところで物事に飛びつくタイプだからです。その瞬間だけで好きになり知識を付けるので、知ったかぶりになりやすいのです。そしてなぜか、昔から知っていましたという態度を取るのがあるあるでイラッとくるのです。

物事を好きになるのにはキッカケが必要で、それがミーハーという心理であっても問題はありません。しかし、多くのミーハーはブームと共に興味をなくしていくのです。そして、今までの知ったかぶりの知識が嘘のように、何も知らなかった事を当然の如く話し出すというのもまた、あるあるだと言えるストーリーです。

9位:目立ちたがり屋

片手を後ろに向けている男性の画像

注目されたいだけ

周りから注目されて目立ちたいだけのために、知ったかぶりをするタイプもいます。嘘でもそれらしい知識をひけらかせば、話の中心になりやすいというのが理由となります。

知りもせずに会話に入っていけば、それはただの聞き役になります。ランキングでも紹介したように、聞き役にはなれないタイプなので、話をべらべらとし始めます。しかし話をしだしても、大した知識がないので話が途切れてしまいます。話を途切らせずに自分へ注目を集めておきたいので、知ったかぶりをするのです。

目立ちたいだけの知ったかぶりはハッキリ言って迷惑です。仕事場であれば、貴重な休憩時間を同僚のムダな知ったかぶりで潰されるからです。仕事のストレスを発散する休憩のはずが、余計にストレスを抱えて仕事に取り組まなければならないのです。知ったかぶり同僚との休憩を避けるために、わざと仕事を遅らせる事もあるのですが、ずらしたのになぜか休憩が一緒になっているというのもあるあるなのです。

8位:仲間に入りたい

飲み物を持ちながら立ち話をしている女性の画像

寂しがり屋

知ったかぶりをしてしまうのは、会話の中に入りたいとか仲間になりたいといった気持ちが働いているのかもしれません。寂しがり屋という可能性も大いにあるのです。

知ったかぶりをするのは、自分を仲間に入れて欲しいからです。知ったかぶりをすれば、自分に色々と話題が集まるという、ランキングでも紹介した目立ちたがり屋という特徴もリンクしています。しかし、知ったかぶりの人が話しをしだした瞬間に、会話を終わらせてしまうというのも、あるあるだと言えるのではないでしょうか。

会話の中身に興味があるのであればまだ良いのですが、知ったかぶりをしているだけで、興味がない状態の場合もあります。素直に知ったかぶりをせずに会話に入れば良いものの、会話への入り方がわからない上、目立ちたがり屋という性格も相まって、どうしても知ったかぶりをしてしまうのです。

7位:人格も知ったフリ

耳打ちをしている女性の画像

分かりもせずに決めつける

仲良くもなく、そこまで性格も知り合えていない仲なのに、なぜか人格についても知ったふりをしてきます。こういったタイプは非常にウザったく迷惑なのがあるあるなのです。

知りもしない個人の性格や好みなどを、さも知っていますよという態度で人に話します。ひどい場合には、実際と逆の人格を周りに伝えている事もあり、大きなトラブルになってしまう事もあるのです。仕事場でこういったタイプが同僚にいると厄介な事になる場合が多く、最悪の場合は仕事を辞めなければならないといった場合もあるのです。

知りもしないのに知ったかぶりをするのは、誰にでも理解力がある姿を周りに見せたいとか、どんな人の性格もお見通しだという自分の特徴をアピールしたいとか、そういった心理が働いていると言われています。しかし、実際は間違えだらけです。本当に迷惑で指摘するなどの対処法を取り入れる場合もありますが、改善される事は非常に少ないと言えるでしょう。

知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】6位~4位

6位:間違いを認めない

耳を塞いでいる女性の画像

逆ギレも

知ったかぶりの知識をひけらかしていると、当たり前ですが間違えがたくさんあります。周りの人は、間違えを指摘しているだけなのですが、知ったかぶりの人は攻撃されていると勘違いします。

周りの人は知識を正しているだけなのですが、知ったかぶりで話していた人は、自分のウィークポイントを攻撃してきたと勘違いします。そして、間違えを認めず逆ギレをするのです。知識がないので間違えているのは当たり前の事です。しかし、一つの間違えを認めてしまうと、知ったかぶりで話をしている全てが崩れてしまう可能性があり、どうしても間違いを認められる心理にならないという事なのです。

逆ギレされると、当然ですが指摘した人もキレます。間違えを認めるだけで良いのですが、先に述べたほころびとなってしまう理由に加えて、ランキングでも紹介したプライドの高さが仇となり逆ギレするのです。こういった態度を繰り返されてしまうと、間違えを指摘するのもバカみたいになってしまい、結局は知ったかぶりをしている人を、放おっておくという行動になるのはあるあるだと言えるのです。

5位:自信がない

電話をしながら拳を上げている男性の画像

威嚇にも似た行動

自分に自信がないがために、知ったかぶりをするタイプがいます。これは、自信がない自分を強く見せるための威嚇のような行為だとも言われています。

自分に自信がないのですが、周りにはそういった態度を見せたくない時、知ったかぶりをしています。知ったかぶりをして知識があるような素振りをする事で、自分の自信のない心理を隠しているのです。また、相手より自分のほうが博学だと見せたりするなど、相手に対して心理的に威嚇をしている意味合いもあり、弱い自分を強く見せている行為だとも言われているのです。

知ったかぶりをする時に声が大きくなってしまうタイプもいます。こういったタイプは、まさにランキング5位で言うところの威嚇をしているのです。声を大きくして相手をビビらせ、そして心理的に恐怖心を与えているのです。この状態ではまともに会話をする事ができない状態になる事もあり、相手をしているのがバカらしくなる事もあります。

4位:負けたくない

指を差している女性の画像

知らないと負けだと感じている

一般的な人であれば、知識がなくても負けとはなりません。しかし、知らないという状態は負けだという心理が働いているため、知ったかぶりになってしまうのです。

負けたくないという心理は、多くの人が抱える特徴です。しかし、知らないという事と勝ち負けはそこまでリンクしていません。知らないのであれば後からでも知れば良いだけですし、先に知っていたからといって、それが偉いわけでもないのです。ランキングで紹介した幾つかの要素にも影響している考え方で、知識を勝ち負けで見てしまうという、悲しい特徴だとも言えるのではないでしょうか。

負けず嫌いで知ったかぶりをしたとしても、周りの人は知ったかぶりをしているだけだと見限っているのはあるあるです。こういった態度を取ると、知ったかぶりをした人は負けてないと心理的に考えているのかもしれませんが、対面している人は見下している場合があるのです。そもそも勝ち負けで人との関係を構築しようとするのが間違いです。知らなければ知らないと言って、教えてもらう人間関係のほうが建設的です。

知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】3位~1位

3位:知識が浅い

顎のあたりを触っている男性の画像

知識がないのはバレバレ

知ったかぶりとなってしまうのは、知識が浅いからです。深い知識があれば知ったかぶりとは言われません。浅い知識なのに知識をひけらかすから、知ったかぶりという存在になってしまうのです。

知識の浅さは少し話をしているだけで伝わってきます。仕事などでは知識が浅いままで業務をこなすので、ミスも少なくありません。しかし、本人はランキングでも紹介したように、ミスを極力認めないので、結局は成長をしないというのがあるあるなのです。多くの場合は同僚に迷惑をかけていますが、そういったところまで気がまわらないのは、ある意味空気が読めない性格だからとも言えるでしょう。

言っている事が深くない

知識が浅いので言葉が深くありません。言っている事に深みがなく、薄っぺらい会話に終始してしまうのがあるあるなのです。聞いている周りの人の方が知識がある話であっても、なぜか知ったかぶりを止めないので、呆れてしまう事もしばしばあるようです。また、こういったタイプの知ったかぶりは、ランキングにもあるようにミーハーな場合が多く、知識をさらに得ようといった心理にはならない場合が大体です。

謙虚であれば知ったかぶりは改善できる

知ったかぶりという特徴は、謙虚であれば改善できる特徴です。知らない事を知らないと伝え、教えてもらう気持ちがあれば良いだけなのです。ランキングでも紹介したプライドが邪魔をしているのかもしれませんが、そういったプライドは捨てるべきでしょう。浅い知識のままで物事に対面しても、何も面白みを感じない事もあるはずです。本当に楽しみたいと考えるのであれば、知識はある程度掘り下げるべきだと言えます。

2位:知ってる風な口調をする

ネクタイを触りながらのけ反っている男性の画像

さも知ってます感を出す

知っているような口調で話すのは、知ったかぶりをする人のあるあるです。知ったかぶりをするのに、知った口調をするのは必須とも言えるでしょう。

さも知ってますよといった感じの雰囲気で話を始めます。初対面の人などは、本当に知っているのかなと勘違いするほどの知ったかぶりです。しかし、付き合いが深くなればなるほど、知ったかぶりをしている態度が見えてくるのがあるあると言えるのです。そういった心理に周りがなっているのにもかかわらず、さも知っている風で話を続けるので、段々と聞いている人もイライラとしてきてしまうのです。

専門用語を使う

あるあるなのが専門用語を使うタイプです。知ってる風な口調をする中に、恐らく意味までは知らないものの、ある程度それらしく聞こえる専門用語を交えてきます。浅い知識はありますので、専門用語の表面上の意味は知っていますが、大体がちゃんとした意味を知らないのはあるあるだと言えるでしょう。恥ずかしいぐらいに専門用語を並べるので、聞いている周りの人の方が専門用語を避けてしまう事もあるのです。

業界用語も使う

さらには、業界用語も使います。さもその業界を知っている風な口調で業界用語を使うのですが、その業界に携わった事がないといったのもあるあると言えるでしょう。結局は、ランキングでも紹介したように、見聞きした情報だけが頼りなのです。経験や体験をした知識ではないので、表面上の言葉だけでも専門的にそれらしく言いたいという心理なのでしょう。あまり理解しがたい心理だとも言えるでしょう。

1位:一目置かれたい

腰に手を当てて女性と対面している男性の画像

何でも知っていると見せている

周りからすごい人だと一目置かれたいと考えているため、知ったかぶりをするという心理になっています。ランキングにある要素の中にも、こういった心理が影響している特徴もあるでしょう。

一目置かれるためには、言動や行動で態度を示すしかありません。しかし、知ったかぶりをするタイプの人は、知りもしない知識をひけらかし、何でも知っているふりをするのです。周りからは浅はかだと思われているのは、あるあるだとも言える特徴でしょう。知ったかぶりをする人は、仕事などでも同僚などから一目置かれたいと考えてしまい、知りもしない事でも知っているような素振りをしてしまうのです。

カッコつけてるのがうざい

また、一目置かれたいのはカッコつけたいだけかもしれません。しかし、知ったかぶりでのカッコつけがうざいのはあるあるだとも言えます。周りの人からも知ったかぶりしているのは、口調からも分かるので、ただただカッコ悪い姿を晒しているだけなのです。しかし、知ったかぶりをしている本人は、そういった状態で周りから見られているとも知らずに、長々とカッコつけながら知ったかぶるのです。

多くの人に良く見せたいだけ

知ったかぶりをするのは、一目置かれたい上に、多くの人に良く見せたいだけです。良く見せたいのであれば、仕事で頑張ったり思いやりを持ったりすれば良いのですが、ランキング1位のタイプの知ったかぶりは、どうしても自分が知識があるという素振りを見せたくなるのです。これでは誰からも良いと思われないのはあるあるなのですが、先にも述べた通り、本人だけがそういった状態だと気が付かないのです。

知ったかぶりする人のあるあるネタ&体験談

知ったかぶりには笑えるエピソードがたくさんあります。編曲しただけ作曲者のクレジットが変わると思っていたり、アメリカの首都がニューヨークだと思っていたりと、常識的で誰もが知っているはずの知識を間違えている知ったかぶりの姿は、多くの笑えるエピソードを作り出してくれるのです。

知ったかぶりする人がうざい時の対処法とは

頬杖を付いている女性の画像

対処法は人それぞれだが

対処法というのは、実は知ったかぶりの個性それぞれです。知ったかぶりがどういうタイプかで、微妙に対処法が変わってくるのです。それでも、ある程度の共通した対象法はあります。

対処法として考えられるのが、知ったかぶりを認める事です。知ったかぶりをしている態度を指摘していると、相手もムキになってしまい対処法にならない場合があるからです。知ったかぶりの態度を見ているとイライラしてしまいますが、あえて気のない返事という対処法を取り入れてみると良いでしょう。小さな返事をすれば、相手も話す気が失せてくるはずです。対処法としては効果が見込める方法です。

知ったかぶりする人ランキング【心理&特徴】19選まとめ

敬礼をしている女性の画像

対処法を考えて良い付き合いを

ランキングで知ったかぶりを紹介しました。同僚などの知ったかぶりに対して、対処法を考えてあまりトラブルとならないようにしましょう。また、対処法を実践してもイライラは収まらないと知りましょう。

知ったかぶりは、対処法を実践しても直らない場合が多いものです。それであれば、知ったかぶりを受け入れて、知ったかぶりとの良い関係と距離感でいるようにしましょう。知ったかぶりにイライラしているばかりではなく、少ない対処法を試すのも良いでしょう。仕事場の同僚であれば、関係があまり悪くならないような対処法を取り入れると良いでしょう。

合わせて読みたいランキング記事はこちら

計算高い女の心理と特徴13選!計算尽くな言動の見抜き方と付き合い方も伝授! | ランキングまとめメディア
計算高い男の特徴と心理11選!計算の裏側にある本音の見抜き方と落とす方法! | ランキングまとめメディア
考えすぎる性格の人へすすめる改善方法17選!考えすぎてしまう原因から探る! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ