とっつきにくい人の特徴17選!とっつきにくいと思われてしまう原因と改善方法!

どこか近寄りにくいとっつきにく人というのが、周りに一人や二人はいる事でしょう。とっつきにくい人とどういった距離感で付き合っていけば良いか悩んでいる人もいるはずです。また、自分のとっつきにくとされる特徴を改善したいと考えている人もいるでしょう。ランキングでとっつきにくい人の特徴を紹介します。見た目だけではないとっつきにくさを、男性と女性に分けてランキングで紹介しています。

目次

  1. とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい特徴17選!
  2. とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい男性の特徴9位~4位
  3. とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい男性の特徴3位~1位
  4. とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい女性の特徴8位~4位
  5. とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい女性の特徴3位~1位
  6. とっつきにくい印象がある芸能人をピックアップ
  7. とっつきにくいと思われてしまう原因とは
  8. とっつきにくい印象を改善するための方法とは
  9. とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい特徴17選まとめ

とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい特徴17選!

独特の雰囲気があってとっつきにくい人たち

手のひらを前に出している男性の画像

とっつきにくいは近寄りがたい

とっつきにくい人というのは、どこか近寄りがたい人だとも言えます。見た目や行動から、性格といったところまで、とっつきにくい人にはいろいろな理由があります。

男性には男性の、女性には女性のとっつきにくさがあると言われています。それぞれの性別で見たとっつきにくい人と言うのは、どういったところにあるのでしょう。また、共通して見る事ができる特徴というのはどういったところなのでしょう。さらには、とっつきにくい人を避けてばかりいられない場合もあります。そういった時には、どういった付き合い方をすれば良いかというのも、悩みの種の場合もあるでしょう。

男性・女性別にとっつきにくい人の見た目など特徴をご紹介

メガネをかけたブロンドヘアーの女性の画像

ランキングで迫る!

ランキングでとっつきにくい人の特徴について紹介します。見た目や行動はもちろんの事、性格などの特徴についても、ランキングでチェックする事ができるでしょう。

ランキングは男性と女性に分けて紹介します。男性と女性でどう違いがあるのか、気にしながらランキングを見てみるのも楽しいかもしれません。また、ランキングを参考にして、とっつきにくい人への対処法や、自分がとっつきにくい人かどうかもチェックしてみると良いでしょう。まずは、男性のランキングを紹介し、その後に女性のランキングを紹介していきます。それでは、とっつきにくい人ランキングスタートです!

とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい男性の特徴9位~4位

9位:集中しやすい

パソコンに触っている男性の画像

黙々と物事をこなす

物事に集中しやすく、黙々と作業をこなすタイプは、とっつきにくい人だと捉えられる事があります。あまりの集中力に、話しかける事すらできないからです。

仕事や勉強など、黙々と作業をこなすタイプというのは、集中力があり周りが見えなくなる場合もあります。周りの人から声をかけられたとしても気が付かない事が多く、話しの輪に入れない場合も少なくありません。また、集中している人に声をかけるというのも、周りの人は避ける傾向があるので、どうしても会話がしにくい状況を生み出すのです。その結果が、とっつきにくい人として定着してしまうというわけです。

黙々と作業をこなしているので、暗いイメージを持たれてしまう事もあります。すると、勝手に常に暗いという印象になってしまい、よりとっつきにくい人として周りからは扱われるのです。もちろん、集中して作業をしている時は、話しかけられたくないとも考えていますので、話しかけるなオーラは出している場合がほとんどです。とっつきにくいのはある意味、自分から発信しているオーラが影響しているとも言えるのです。

8位:忙しそう

スマホとタブレットを持ってパソコンの前に座っている男性の画像

何かと用事が入っている

常に忙しそうな人というのもいます。いつも予定が入っていたり、誰かから常に連絡が入っていたりと、日常的にいろいろな付き合いから忙しそうなタイプの事です。

こういったタイプの男性は、いろいろな人や物事に対して、短い時間で対応をします。また、一箇所にいる事も少なく、ゆっくりと話しをしている時間もないのです。そのため、周りの人は、常に忙しい人の邪魔をしてはいけないと考えます。連絡をするタイミングが段々と分からなくなり、結局はとっつきにくい人だと感じられてしまうのです。忙しいあまりに、周りとのコミュニケーションが上手く取れていないのです。

忙しい人の中には忙しぶっている人もいます。このタイプもとっつきにくい人だと言われています。例えば、予定を合わせようとしてもいちいちスケジュールをチェックしたりします。本当はガラガラのスケジュールなのに、なぜか忙しぶるので、話が進みにくく面倒だなと感じられてしまうのです。そして、どうせ暇なくせに声をかけるのが面倒だとなっていき、とっつきにくい人になってしまいます。

7位:否定から入る

両腕でバツを作っている男性の画像

何を言っても否定

会話の始まりは否定というタイプも、とっつきにくい人だと言えるでしょう。何の話をしていても、常に否定されるので、会話が面倒だと感じ、とっつきにくい人として認識されます。

否定から入ってくるというのは、会話をする上で非常に面倒です。特に相手に同意を求めたりしていないのに、とにかく否定をしてくるのでたまったものではありません。否定をしてくるのには、自分の自慢話をしたいという心理も含まれている場合があります。この場合は、さらにとっつきにくいと感じられる事は間違いありません。何を話しても否定し、時には自慢話を織り交ぜてくる男性と話をしたいとは思わないのです。

常に否定をする人というのは、何を言っても否定します。例えばこちらの考えを伝えると否定をして、自分の考えを喋りだした時に、「まさにその通りですね」と相手の考えを認める発言をしたとしても、「そうとは言えません」という自分の意見すら否定をするのです。話をしていても意味が分からなくなってしまい、会話が成り立たず、とっつきにくい人だなとなってしまうというわけです。

6位:見下している

親指を下に向けている男性の画像

上から目線

常に上から物を言って見下してくるタイプは、とっつきにくい人と感じられても当然と言えるかもしれません。何をする時にも誰に対しても上から目線なので、素直な気持ちになれない時もあります。

会社の上司などの立場上、上から目線をするのは当然です。しかし、そういった関係性であったとしても、見下してくる場合はとっつきにくいと感じてしまいます。上から目線で見下してくるタイプは、自分が常に偉いそして自分が常に正しいと考えているタイプが多いのが傾向です。こういった男性を相手にすると、自分の意見も聞き入れてもらえないだけではなく、精神的にイライラとしてしまい、どうしても素直になれません。

また、こうした見下してくるとっつきにくい人と話しをしていると、自分が嫌われているのではと錯覚してしまう事もあります。実際に嫌われている場合もありますし、そうではない場合もありますが、どちらの場合でもよりとっつきにくい人だと感じてしまうのです。見下すという行為はとっつきにくい関係を作り上げるだけではなく、お互いの人間関係まで悪くしてしまう特徴だと言えるのです。

5位:話が通じない

口を尖らせている立っている男性の画像

会話も成り立たない

ランキングですでに紹介している要素も、話が通じないに含まれる特徴があるでしょう。話が一方通行になってしまい、会話が成り立たないととっつきにくい人だと感じてしまいます。

こちらが話している事を理解してくれなかったり、トンチンカンな回答が返ってきたりなど、言葉のキャッチボールができないタイプがいます。こういったタイプは、特定の人にだけ話が通じないタイプと、誰に対しても通じないタイプがいます。どちらにしても、とっつきにくい人である事は変わりがありません。会話が成り立たないので、お互いを理解する事も難しく、どうしてもとっつきにくい関係性になってしまうのです。

社会に出ると、こういったタイプに不安を感じる事があります。会話が成り立たないとっつきにくい人といのは、物事の判断も鈍くミスも多いのも特徴の一つです。また、人付き合いの中でもトラブルが多いなど、ランキングにある特徴の中でも、周りに迷惑をかけやすい特徴だと言えるでしょう。ただし、多くの人と話が通じないと感じている場合は、もしかしたら自分が会話のできない、とっつきにくい人なのかもしれません。

4位:堅い

手にタブレットを持っている男性の画像

冗談が通じない

お堅い人というのはとっつきにくいタイプが多いものです。冗談が通じにくく、いつでも堅い表情と話に終始してしまい、どこかとっつきにくいと感じてしまうのです。

堅いというのは見た目もそうですが、性格的な部分も影響しています。会話をしていてもユーモアがあるわけでもなく、冗談を言っても本気で捉えられてしまうので軽い会話が成り立ちにくく、とっつきにくい人となってしまうのです。見た目が堅そうだけど中身は正反対だったというタイプもいますが、ほとんどの場合は見た目と中身が一緒です。そのため、初対面からとっつきにく人だなという印象を与えてしまいます。

職場での関係の場合、冗談が通じないとっつきにくい人というのは、非常に難義をしてしまいます。冗談を言ったとしても、それが本気に捉えられてしまうと、職場内で大きなトラブルになってしまう場合もあるのです。そのため、ランキング4位のタイプの男性には、うかつな事を言えないなという感覚になり、どうしてもとっつきにくいと感じてしまうというわけです。

とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい男性の特徴3位~1位

3位:キレる

パソコンに向かって両腕を上げている男性の画像

すぐに怒る

話をしていて気に障る事が少しでもあると、すぐにキレたり怒ったりするタイプも、とっつきにくい人だと言えるでしょう。さっきまで普通なのに突然キレて怒り出します。

どんな状態であってもキレるという時点で、周りの人は扱いづらいなと感じているはずです。それだけでもとっつきにくいという感覚になりますが、突然キレたりするタイプであれば、よりとっつきにくい存在と言えます。それは、どの言葉にキレるスイッチがあるか分からないからです。何が気に障ってしまうのか分からないので、言葉に気を使いながら会話をする事になってしまい、ストレスとなってしまうのです。

言っている事が正しい場合も

キレたり怒ったりするのでとっつきにくものの、言っている事自体は正しいというタイプもいます。正論で怒ったりするので言い返す事はできませんが、それでもやはりとっつきにくいタイプとして嫌われてしまうのです。キレずに普通の態度で教えてくれれば良いだけなのですが、こういった性格が改善されるのは難しいようです。正論で怒られてしまうと、つけ入る隙きがない場合も多く、よりとっつきにくいと感じるのです。

暴力は近寄りがたくなる

言葉で怒ったりキレたりするのであれば良いのですが、中には暴力に訴えかけるタイプも存在します。こういった存在は、よりとっつきにくいタイプで、近寄りがたくなってしまいます。悪いイメージを多くの人に与えてしまうので、立場や状況によっては大きな損失を生む事があるのです。そもそも、暴力という行動自体が間違っています。そうした行動は改善して、建設的な討論ができるようにするべきだと言えるでしょう。

2位:口数が少ない

ヒゲを生やした男性が髪の毛をかきあげている画像

愛想が悪く感じる

口数が少なく愛想が悪いタイプも、とっつきにくいと言えるでしょう。話をしていても、一言あるかないかで、ムスっとした表情のままでいるので気難しく感じます。

大勢で楽しい会話をしている時もムスッとして口数が少なかったりするタイプが、ランキング2位の特徴です。表情があまり変わらないので、冷静でクールに見える反面、話しにくくとっつきにくい存在になってしまうのです。ベラベラと喋る男性もあまりウケは良くありませんが、口数が少ないタイプよりはとっつきやすいと言えるでしょう。笑顔も少なく気持ちが読みにくい見た目というのも、とっつきにくさに影響しています。

気まずい時も多い

口数が少ないので、二人きりになると気まずい空気が流れます。本来であれば、こういったとっつきにくいタイプと二人きりになるのは嫌なのですが、仕事や立場上どうしてもという場合もあるのです。無理して会話をしようとしても、会話が長続きする事はありません。それどころか、より変な空気感を作ってしまい、いづらい状況になる事もあります。とっつきにくいだけではなく、一緒にいたくないとすら思われるのです。

カッコつけているだけ

男性の中には、カッコつけて無口でいる人もいます。口数が少なければミステリアスな印象が付いたり、クールなイメージが付きやすからです。しかし、その印象付けが失敗した時には、とっつきにくいタイプとしてのイメージが残ってしまうのです。こうなってしまうと、イメージを改善するのは簡単ではありません。地道に素の自分を出していき、周りに本当の性格を分かってもらえれば、イメージも改善できる事でしょう。

1位:強面

アーケードにフードをかぶった男性がいる画像

近寄りがたい

いかつい見た目だったり、怖い顔だったりする場合は、初対面であれば特にとっつきにくいと感じます。話すのも躊躇してしまい、近寄りがたくどうしてもとっつきにくくなるのです。

見た目だけで判断をしてしまうのは間違いですが、初対面はどうしても見た目で判断をしてしまいます。そういった時に、強面というのはとっつきにくい人になりやすいのです。また、いかつい体格だったり表情をする人も、その見た目からとっつきにくい人だと印象づけされてしまうのです。強面なタイプは服装などもいかつい人が多く、そういった見た目からもとっつきにくいと感じられてしまうのです。

関係が構築できると少しうれしい

強面でとっつきにくい人だと感じていた男性と、少しだけでも関係が構築されるとなぜか嬉しいものです。強面であって近寄りがたいというのはあまり変わらないかもしれませんが、見た目だけでは判断していない自分というものに、自信を持てる瞬間だとも言えるでしょう。少しの会話で少しずつ関係が構築されていけば、見た目だけでとっつきにくいと考えていた人の、本当の一面に触れる事も難しくないはずです。

話しかければ意外に良い人かも

強面という見た目だけで判断をしている場合は、勇気を持って話をしてみるのがおすすめです。見た目とは違う性格の男性は意外にも多く、そのギャップに萌えてしまう事もあるはずです。ランキングにあるような性格や行動からとっつきにくい人になっているのとは違い、見た目からのとっつきにくさであれば、そこまで卑屈にならなくても良いのです。人は見た目だけでは判断できないのが、話しかけてみれば分かるはずです。

とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい女性の特徴8位~4位

8位:無口

口を押さえている女性の画像

怖く感じる

男性のランキングであった口数が少ないという特徴と同じです。女性であっても無口で口数が少ないタイプに対しては、どこかとっつきにくいと感じてしまいます。

女性はおしゃべりな人が多いイメージがあります。そういったイメージと一線を画しているのが無口なタイプの女性です。話しかけてムスッとした表情のままなので、どこか怖いと感じてしまい、とっつきにくい人となってしまうのです。人見知りの場合もあり、そういった時には付き合いが深くなるに連れて、会話を楽しむ事ができるはずです。しかし第一印象としては、やはりとっつきにくい人だと感じられてしまうのです。

無口なタイプはどこか堅いイメージも持たれてしまいます。無口なだけで、見た目以外であまり良くないイメージを付けられてしまうと、それを払拭するのは難しくなります。しかし、これは性格的な特徴なので、なかなか改善できないのは言うまでもありません。一方で、周りとの接点を持ちたくないという理由から、無口になっている人もいます。この場合は、自ら望む形でとっつきにくい人になっていると言えるでしょう。

7位:声が大きい

メガホンを持っている女性の画像

強いイメージがある

声が大きいタイプの女性をとっつきにくいと感じる人は少なくありません。声が大きいので、どこか強く怖いという印象を感じてしまうからです。

声が大きいので、どこか態度も大きく強い口調に感じてしまいます。すると、気が弱いタイプなどはどうしてもとっつきにくいと感じてしまうのです。また、声が大きいタイプの女性を苦手な男性も多く、男性からとっつきにくい人だと感じられるパターンも多くあるようです。声が大きい女性の場合、その声の大きさからどこにいるのか分かります。そのため、その声を避けながら行動を取る人も多くいるのです。

また、声が大きい人は、どこか悪そうなイメージが持たれる事があります。また、リア充のようなイメージも持たれるようです。これは、自分が言っている事をアピールしたいという無意識な心理が、声を大きくしているためです。こういったイメージを感じ取ってしまうので、よりとっつきにくい人だと感じてしまうのです。声が大きいだけというタイプもいますが、周りからはこういったイメージを持たれてしまうのです。

6位:気分屋

目を細めている女性の画像

すぐに機嫌が変わる

気分屋の女性もとっつきにくいタイプだと言えるでしょう。さっきまで笑っていたと思えば、突然泣いていたり、感情の起伏が激しすぎてついていけない時があるのです。

どの言葉やどういった行動が、感情のスイッチを入れているか分からないので、とっつきにくい人だと感じられてしまいます。また、機嫌が良いなと感じていた次の瞬間に機嫌が悪くなっているなど、つかみにくいという部分もあるでしょう。一緒にいて疲れてしまうタイプだとも言われており、その場の空気が気分屋の感情の起伏に左右されてしまう事もあり、近寄りがたくとっつきにくいと感じられてしまうのです。

気分屋の場合は、初対面からとっつきにくいと感じられる場合もあります。自分が気分屋だと気が付いている人は、気分屋であるというのを隠す事もあります。しかし、多く場合は周りの人に気が付かれているのです。気分屋と一緒にいると、自分の気分も起伏が大きくなってしまう時もあります。また、今がどういった気分の状態なのか読み取るのも難しく、どうしてもとっつきにくい人となってしまうのです。

5位:よそよそしい

体の前で手を重ねている女性の画像

親しくなりにくい

常に敬語だとか、砕けた場所でも一歩距離をとっているなど、どこかよそよそしい態度をとる人は、どうしてもとっつきにくいと感じられてしまいます。

社会人であれば、敬語であるのは当たり前です。そして、敬語というのは相手との一定の距離を保つのに有効的なのです。しかし、同僚や友達そして恋人など、親しい仲になってもおかしくない、もしくは敬語を使う必要のない間柄というが存在します。こういった間柄であっても、常に敬語で一歩距離を置いている女性は、親しい関係になりにくいという傾向があり、どこかとっつきにくい人だなと感じられてしまうのです。

一定の距離感を作り出してしまう敬語を、わざと日常的に取り入れている女性もいます。誰からも親しくされたいと思っておらず、心を開こうとしないタイプなのです。こういったタイプの女性であれば、とっつきにくい人だと思われるのは当然です。そして、こういった態度を取っている女性自身も、とっつきにくい存在に成りたいと考えているのです。ランキングの他の要素よりも、自ら望んでいる可能性が高いと言えます。

4位:口が悪い

指を差している女性の画像

言い方が厳しい

口調が悪かったり、言い方が厳しい女性というのも、どこかとっつきにくい人だと感じられてしまいます。常に強い言葉で話しかけられるので、気が弱い人は精神的にストレスを受ける事もあります。

姉御肌の女性に多い特徴で、口が悪く口調が厳しいのが傾向として見る事ができます。男性で口が悪いよりも、女子の厳しい口調の方がよりとっつきにくい印象を与えるのです。本人は、意識をして口を悪くしている場合があります。それは、自分がぶっきらぼうで気が強い女性だと見せたいためだとも言われています。男性らしい自分はサバサバ系だとアピールしているのですが、とっつきにくいと感じる人も一定数はいるのです。

ただし、ランキング4位の姉御肌タイプの女性は、取り入るのは実は難しくありません。下手に出たり頼ったりするだけで、取り入れられる可能性が高いのです。もちろん、その状態にたどり着くまでの過程では、数多くの厳しい言葉を投げられます。しかし、一度懐に入ってしまえば、人情味あふれるタイプが多いというわけです。一方で、気が弱い人の場合は、懐に入る前にギブアップする事が多いと言われています。

とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい女性の特徴3位~1位

3位:プライドが高い

スーパーで腰をおろしている女性の画像

非を認めにくい

プライドの高さを感じてしまう女性は、とっつきにくい人だと判断される事があります。見た目からプライドの高さを感じてしまう時は、初対面からとっつきにくさを感じてしまうのです。

プライドが高い女性は、男性のランキングで紹介したような、人を下に見るタイプも多く、どうしてもとっつきにくい存在となってしまうのです。また、自分の間違えや非を認めないタイプも多く、会話がしにくいという傾向もあります。そのため、とっつきにくい人としての印象づけがされるだけではなく、頑固で融通が利かないといった印象までもが付けられてしまうというわけです。

成長をしにくい

間違えを認めにくく非を受け入れないタイプが多いので、成長をしにくいという傾向があると言われています。せっかく周りが忠告や指導をしてくれていたとしても、それを受け入れる度量がないというわけです。こうした態度が、さらに周りからのとっつきにくい人だという印象を強めてしまうのです。素直になれば改善できるのですが、プライドの高さを改善するのは簡単ではありません。

人間関係が難しくなる

プライドが高すぎてとっつきにくい人になってしまうと、人間関係が難しいものとなってしまう場合もあります。プライドが邪魔をしてしまい、どんな場所でも周りの意見や言葉を認められないのです。特に新しい場所に所属した場合、こういった性格はとっつきにくい人と感じられるだけではなく、嫌われてしまう原因ともなります。プライドの高さを改善できるかどうかが、人生においても大きなキーポイントとなるのです。

2位:表情が堅い

喉を触っている女性の画像

目が笑っていないなど

愛想の良い女性というのは、非常にウケがよくモテる傾向があります。一方で、表情が堅い女性というのはとっつきにくい人だという印象が付けられやすいと言います。

見た目だけで判断されてしまうのが表情という物です。表情というのは見た目ではあるものの、結局はその人の心の中を表現しています。また、表情に感情を表してくれないと、周りからは感情を読み取る事ができません。どんな時にも表情が堅い女性であれば、感情を読み取る事が難しく、結局はとっつきにく人になってしまうのです。また、笑っている時に目が笑っていないなども、表情の堅さを感じてしまう時があるのです。

暗い表情で損をする事も

表情が堅いという事は、どこか暗いイメージが持たれてしまいます。暗い表情をしているとあまりメリットはありません。周りからとっつきにくいと感じられるだけではなく、覇気がないと感じられやる気がないと思われるなど、見た目以上に内面を悪く言われてしまうのです。表情だけで判断するのは間違いかもしれませんが、それでも硬い表情というのはデメリットが少なくないと言えるでしょう。

表情だけで性格は分からない

見た目の表情だけで判断する事は少なくありません。しかし、それだけで性格の全てを決定づけるのは間違いです。表情が堅いのは特徴の一部分であり、その人の全てではないのです。とっつきにくいと感じている相手であったとしても、会話をしてみると違った印象を持つ事もあります。これは男性のランキング1位と同じ状態です。見た目だけで判断をするというのは、間違いを生みやすいというのは覚えておきましょう。

1位:高飛車

腕を組んでいる女性の画像

威圧的な態度

高飛車な女性はとっつきにくい人です。威圧的な態度と感じてしまい、下に見られている気分になるからです。また、自分が一番という印象を受けてしまうのも原因の一つと言えるでしょう。

高飛車な態度を取る女性は、自分に自信がある場合がほとんどです。そして、周りの事を見下している事も少なくありません。高圧的に人に接してくる傾向があるので、どうしてもとっつきにくい人だと感じてしまうのです。気が強いタイプとは争いになりやすく、気が弱いタイプであれば威圧的な態度に屈してしまいます。どちらのタイプでも、とっつきにくい人だと感じられる事は、少ないくないというわけです。

美人に多い

高飛車な態度を取る人の多くは、美人であると言われています。また、美人には高飛車が多いのは、やはり自分の見た目へ対する自信の表れだと言えるでしょう。美貌は武器です。その美貌に自信を持つのは仕方ありません。しかし、本当の美しさとは見た目だけではありません。心の中身が美しい人こそが、本当の美人だと言えるのです。そのため、見た目が美人な人というのは、あまりモテない場合が多いのです。

気にしている人も

自分が高飛車だと気が付いているタイプは、周りからとっつきにくい人だと感じられている事に、悩んでいるタイプだとも言えるでしょう。改善できるのであれば改善をしたいところですが、今まで築き上げた立ち位置というのもあり、なかなか改善できないのが本音というところだと言います。高飛車でとっつきにくい人の中にも、こういったタイプもいるので、話かけてみると意外に違った表情を見る事ができるかもしれません。

とっつきにくい印象がある芸能人をピックアップ

とっつきにくい芸能人として名前が上がりやすいのは、どこか一匹狼でそして喧嘩っ早いタイプだと言われています。土田晃之さんや有吉弘行さんなどは、近寄りがたくとっつき難いタイプだと言われる事が多いようです。

とっつきにくいと思われてしまう原因とは

別途の上で膝を抱えている女性の画像

疑い深さと気の強さ

とっつきにくい性格になってしまうのは、疑い深さと気の強さだと言われています。これは、ランキングの特徴を見てもなんとなく理解できる部分だと言えるでしょう。

見た目であれば強面だったり、気の強そうな態度が原因として挙げられます。また、話しにくいオーラをだしていたり、近寄りがたい空気を作っているタイプは、そういった雰囲気が原因となってしまいます。

とっつきにくい印象を改善するための方法とは

笑顔の女性の画像

柔らかい表情を意識する

とっつきにくさを改善したいのであれば、柔らかい表情を心がける事が大切です。内面は話をすれば分かってくれるはずですから、見た目から改善して、とっつきやすさを作りましょう。

硬い表情や強い口調を使わずに、物腰の柔らかい表情や言葉を使うように改善しましょう。表情を変えるだけで、とっつきにくさは改善されていくはずです。そして、自然と多くの人が近寄ってきて、気が付けばとっつきやすい人に改善されているはずです。

とっつきにくい人ランキング!とっつきにくい特徴17選まとめ

手元を見ている女性の画像

とっつきやすさを作ろう

ランキングでとっつきにくい人について紹介しました。とっつきにくい人への対処法をランキングを参考にして考えるのも良いでしょう。また、とっつきにくい性格を改善するのにも役立ててみましょう。

あわせて読みたいランキング記事はこちら

知ったかぶりする人の心理と特徴19選!うざい時の対処法とあるあるネタも紹介! | ランキングまとめメディア
考えすぎる性格の人へすすめる改善方法17選!考えすぎてしまう原因から探る! | ランキングまとめメディア
計算高い女の心理と特徴13選!計算尽くな言動の見抜き方と付き合い方も伝授! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ