子供嫌いな人の心理や特徴15選!子供が苦手な理由のあるある話や克服法も紹介!

ニコニコした笑顔がかわいい子供ですが、そういった子供が苦手で嫌いという人もいます。そういった子供が嫌いな人の心理にはどのようなものがあるのでしょうか。子供嫌いな人の心理や特徴をランキングで紹介します。子供が苦手になった理由のあるあるや、そういった子供が苦手なひとが苦手克服するための対処法も紹介します。ランキングを参考に、男性や女性が子供が嫌いになる原因やその性格を知ることで適切な関わり方を持てるようになりましょう。

目次

  1. 子供嫌いな人の心理や特徴ランキング15選
  2. 子供嫌いな人の心理や特徴ランキング15位〜11位
  3. 子供嫌いな人の心理や特徴ランキング10位〜7位
  4. 子供嫌いな人の心理や特徴ランキング6位〜4位
  5. 子供嫌いな人の心理や特徴ランキング3位〜1位
  6. 子供嫌いになってしまう原因・理由は?
  7. 子供嫌いと言われている芸能人・有名人は?
  8. 子供嫌いが子育てするときの注意点
  9. 子供嫌いな性格を克服するには?
  10. 子供嫌いな人の心理や特徴ランキング15選まとめ

子供嫌いな人の心理や特徴ランキング15選

子供嫌いな女性・男性の心理やあるあるな特徴を紹介!

悩み事を抱える女性

子供嫌いは難しい問題

子供は国の宝という言葉はありますが、それでも子供が苦手とか嫌いという人がいるのも事実です。

 

誰しも自分にとって得意なことがもあれば苦手なこともあり、人に対する好き嫌いもあります。

子供嫌いな人は男性にも女性にも一定数居て、様々な理由から子供嫌いになっているようです。そういった子供が嫌いな人の特徴や心理、またその原因について注目してみましょう。嫌いになった原因のあるあるなエピソードに注目すると同時に、どのように子供と接していくかも考えてみましょう。それでは子供が嫌いな人の心理や特徴ランキングのスタートです!

子供嫌いな人の心理や特徴ランキング15位〜11位

どんなにかわいい存在で大切な存在でも苦手なものは苦手、というのが人の本音かもしれません。そういった部分は子供嫌いの人にも同じ心理が考えれそうです。子供嫌いになったあるあるなエピソードを含めて、男性も女性もその原因を考えると、子供嫌いな理由に納得出来るかもしれません。

第15位:嫉妬してしまう

ちやほやされているのが気に食わない

不満げな女性

自分が注目されたい

男性も女性も自分が一番という性格の人が居ますが、そういった心理の人はたとえ子供であっても、ちやほやされているのが気に食わないという人がいます。

子供がいるとみんなが優しく接して世話を焼くことが多いですが、そういった姿を見て「子供だからって甘やかされている」という風に感じるのが、子供嫌いな人の心理のようです。ランキングの中でも、子供に対して嫉妬するなんておかしいという反対意見を持つ人も居るでしょうが、嫉妬心が強い人は子供にまで嫉妬してしまうようです。

第14位:トラウマ関係

子供に対して何か失敗経験がある

網を掴む手

関わりたくない

過去に子供に対して何らかの失敗を経験していたり、子供のトラブルに巻き込まれたことでトラウマを抱えている人がいます。

ランキングにおいてトラウマというものが、人間の心理に与える影響の大きさもポイントといえます。親戚の子供と遊んでいて、偶然コケて怪我をしてしまったのが自分のせいにされたとか、自分の子供時代を思い出すから子供に関わりたくないという理由の場合もあります。

第13位:服を汚される

潔癖症が原因

いろいろな掃除道具

汚れた手で触られたくない

ランキングにおいて子供に服などを汚されたくないという理由で、子供嫌いな人もいます。

砂場などで遊んでどろんこになった子供に近寄られたくないというのは、潔癖症な心理が原因といえるでしょう。子供と関わる中では、少しぐらいは服を汚されるのは当たり前ですし、子供にも悪気はないといえます。しかし、それ以上に自分の潔癖症な気持ちや高い服を汚されたくないという気持ちが原因で、子供嫌いになる場合があります。

第12位:単純に興味がない

良さがわからない

水遊びをする子供

興味を持てない

男性でも女性でも、必ずしも子供を好きになるわけではなく、そもそも子供に対して興味がないという人もいます。

何事も他人からすればその価値がわからない事柄というものが存在します。そのため、ランキングのように子供嫌いというよりも、そもそも子供に対して興味が無いという気持ちが強い人もいます。道を歩いていても、子供がどういう風に生活しているかということに視線がいかないタイプで、私には関係ないという心理が強いタイプといえるでしょう。

第11位:子供の自由さが羨ましい

自分の我慢している気持ちが辛くなる

花を掴む女の子

自分も自由になりたい

ランキングの中で子供の自由な姿を見ていて、毎日の生活に追われている自分が嫌になってしまう人がいます。

ブラック企業が一般的な言葉になり、かなり無理を強いられる仕事が話題になっています。そういった中で、子供の自由な姿を見ていると、どこか羨ましくて自分の毎日の生活が嫌になるから、子供が嫌いという心理があるようです。ランキングの嫉妬に近い心理ですが、頑張っている自分の気持が揺らいでしまうほど追い詰められているといえるでしょう。

子供嫌いな人の心理や特徴ランキング10位〜7位

子供嫌いな人の心理や特徴ランキングを見ていると、子供に対して嫉妬したり羨ましがる気持ちを持つというのも、どこか納得出来る部分があるかもしれません。楽しそうに遊んでいる子供を見て、自分も子供時代に戻りたいというあるあるなエピソードもあるだけに、そういった複雑な感情が子供嫌いにつながるのかもしれません。

第10位:言って良いことと悪いことがわからないから

こちら側が傷つけられる可能性がある

木を見つめる子どもたち

純真な子供の発言

あるあるなエピソードとして、子供に「どうして○○なの?」という風に、聞かれたくないことを子供に言われてしまったという経験があるかもしれません。

大人になれば自然と相手が聞かれたくないことや触れられたくないことがわかりますが、子供からすればそういったことは分かるのは難しいことです。自分のトラウマの部分にズケズケを踏み込まれてしまうというのは、子供と接するときのあるあるな出来事といえるでしょう。

ランキングに関するあるあるなエピソードとして、最近はニートと呼ばれる人たちが注目されていますが、そういった人にも子供嫌いは多いようです。「どうしてお兄ちゃんはいつも家に居るの?」と聞かれてしまったら、心理的にはなかなかグサッとくる質問だといえるでしょう。

第9位:自分が精神的に未熟だから

子供に対して理解することが出来ない

ゆで卵を割る子供

同じように見られるのも嫌

子供嫌いな人の心理に自分が精神的に未熟で、子供のことを理解してあげられないことが嫌という考えや、比較されることも嫌という理由があるようです。

両親などに「あんたは、あそこの子供より子供っぽい考え方ね」などと言われることで、自分の精神的な未熟さを痛感してしまうという人もいるようです。「あんたまるで幼稚園児ね」という風に、子供に例えられるのが我慢できないという人も居て、子供嫌いになることもあるようです。

ランキングにおいて子供嫌いになるという原因には、どこか同族嫌悪のようなものがあるのかもしれません。嫉妬であったり羨ましいという気持ちと同様に、自分の子供っぽい部分は意識したくないという心理が働いているといえます。

第8位:周囲の目が気になるから

子育ての中で悩むことも

夫婦で子育てをする家庭

子供と関わる難しさ

子供嫌いの中で周囲の目が気になるというのには、大きく分けて二つのパターンが考えられます。

それは子供と接しようとすると不審者に間違われたという経験から子供嫌いになるパターンと、子育てをする中で泣き出した子供に対して周りが理解を示してくれなかったというパターンです。前者は現代社会では非常に難しい問題ですし、後者も社会的な理解が必要なだけに理解出来る部分がある理由かもしれません。

口コミでは海外の子育てに対するコメントもありますが、子供が騒ぐのは親の教育がしっかりと出来ていないからという考えを持つ人も多いです。しかし、現実的には子供は親の思い通りになるものではないだけに、どんなに頑張っていてもトラブルを起こすことがあります。そういったことに疲れて子供嫌いな性格になることがあります。

第7位:干渉されたくない

自分の時間は誰にも邪魔されたくない

景色を眺める人

息苦しさを感じる

男性も女性も子供嫌いな人の性格の中に、子供がいると自分の時間が無くなったり、なにかと干渉されることが疲れるという理由があります。

子供が居ると「何してるの?」という風に質問攻めにあうこともあるでしょう。そういった自分の時間が減るとか、何をするにもついてくるということに疲れてしまう場合があります。もともとは子供嫌いではなかったけど、結婚して子供が生まれてから子供嫌いになってしまう原因ともいえるでしよう。

ランキングに関係する口コミの中では、そういった子供に対する切実な気持ちも確認することが出来ます。心の底から子供嫌いというわけではないけど、誰しも自分だけの自由な時間が少しで良いから欲しいというのが本音といえます。男性も女性も子供は可愛いと思うけどランキングのような理由から、子供嫌いになるという人は多いといえるでしょう。

子供嫌いな人の心理や特徴ランキング6位〜4位

ランキングのような心理や特徴を持つ人の多くは、もともと子供嫌いだったわけではないという人も多そうです。いろいろな経験をしたり、実際に子育てを始めてから自分が子供嫌いだと感じるようになったという人も居るでしょう。夫婦や周囲の理解や助けがどれだけあるかということも、そういった感情に大きく関係するといえそうです。

第6位:子供に対する親の態度が気に入らない

親の態度が気に食わないから子供嫌いになる

読み聞かせをするお母さん

子供に責任を押し付けている

あるあるなエピソードとして「子供のすることだから許してよ」という風に、子供であることを免罪符になんでも押し通そうとする親がいます。

しかし、いくら子供だからといってなんでも許されるわけではないですし、子供が粗相をしないように気をつけるのも親の責任です。そういった無責任な親の態度から、子供嫌いになるというパターンもあります。いくら子供に責任は無くても、子供に近寄るとろくなことがないという理由から子供嫌いになる人も多いようです。

口コミでもランキングのような、子供の行動は親の行動を真似ているという意見も多いです。子供が悪いことを真似ないように親が配慮すれば、子供が他人に迷惑をかけることは減らせるはずという考え方だといえます。時にはこちら側が悪者にされてしまうこともあり、それが原因で子供嫌いになることもあるでしょう。

第5位:扱い方がわからない

怪我などをさせたくない

子供をあやすお母さん

子供に接する機会がなかった

男性も女性も子供嫌いな人の性格の中に、どういう風に子供と接したら良いわからないという意見もあります。

たとえば一人っ子の家庭で育った人や、後輩などの面倒を見るということがないまま大人になると、子供にどのように接したら良いかわからないという風になりやすいようです。また、もし怪我をさせてしまったらどうしようという不安な心理が働いており、繊細すぎて子供が苦手と感じる人も居るでしょう。

どんなに子供のご機嫌を取ろうと怪していてもいきなり泣き出すことがありますし、どう遊んであげたら良いか分からないとストレスになってしまう人もいます。女性の場合は本能的にうまく関われる人も多いですが、男性の中には子供は女性に押し付けたいという気持ちになってしまう人もいるようです。

第4位:体力的にしんどいから

元気あふれるパワーについていけない

走り回る子供

年齢や運動不足でしんどい

子供はあの小さな身体の中に、どれだけエネルギーを秘めているのかと思うほどパワーにあふれています。

そのため、子供の面倒を見るときに体力がついていかないから子供が嫌いという人も多いようです。普段から運動不足であったり年齢的に体力がついていかないから、子供と一緒に居ると疲れるという正直な理由と言えそうです。

特に晩婚化が進んでいる昨今、30代を超えてから子育てを経験すると、体力的な面で子育てに疲れてしまうという声は多いです。女性はもちろんですが男性も、仕事と合わせて子供と遊ぶのは体力的に辛いと感じる人も多いでしょう。共働きの家庭では女性の体力的な不安から、子供嫌いに繋がる原因になっているといえます。

子供嫌いな人の心理や特徴ランキング3位〜1位

子供嫌いな性格になってしまった原因は、あるあるなエピソードから分かるように止むに止まれぬ理由で子供嫌いな性格になってしまったということも考えられそうです。また、現代社会が抱える様々な問題が子供と関わりにくい状況を作っており、腫れ物に触るよう状況が子供嫌いな性格を作ってしまっている原因になっているようです。

第3位:わがままだから

子供の自由奔放な行動に付き合いきれない

泣き出す子供

自分勝手すぎると感じる

子供は自由奔放で自分のしたいことを我慢出来ないことが多いです。そういった性格の特徴を受け入れられないというのも、子供嫌いな人の気持といえます。

子供だから仕方ないと割り切ることが出来る人もいますが、どうしても子供の自分勝手な行動を我慢できない人もいるわけです。何でも受け入れてあげることは甘やかすぎてわがままな子供に育つ原因ですし、かといって厳しくしすぎるのも虐待と言われてしまうのが現代社会の難しいところです。

言うことを聞いてくれないのが困る

特に多くの親を悩ませるのが、子供のいやいや期と言われる時期です。何をしても「いやだ!いやだ!」と反抗するようになって、常時ご機嫌斜めという感じになってしまう状態です。ご飯を食べさせるのも「これは食べたくない」と言うようになって親も子供相手に本気で怒ってしまうこともあるでしょう。

子育てに疲れている時期にそういったいやいや期が訪れてしまうと、親も追い詰められて子供を育てる自信を失ってしまうこともあります。どの家庭でもあるあるな出来事なだけに、夫婦がしっかり協力することが必要ですし、祖父母の協力してもらったほうが良いときもあるでしょう。

第2位:子供に好かれないから

なぜか子供に泣かれてしまう

お願い事をする子供

好かれたいのに嫌われる

ランキングの中で子供嫌いな性格になった原因として、こちらは子供に好かれたいのに、いつも嫌がられたり泣かれてしまうという理由の人がいます。

子供嫌いだったわけではないけど、そういった心理を持つようになったのは、なぜかいつも子供に好かれないということが続いたからという人も多いようです。子供を抱っこしてあげると、自分のときだけ泣かれてしまったとか、近所の子供になぜか馬鹿にされてしまったというような、トラウマのようなものが原因になっていることがあります。

自分の力ではどうしようもない

本人は子供を可愛いと感じていても、そういった出来事が続くと自分自身が傷つくことが増えてしまいます。子供に嫌がられるぐらいならもう近づきたくないと考えるのも理解できるといえるでしょう。こういったあるあるな出来事は、自分の性格を変えてしまう原因といえます。

また逆に、自分は子供嫌いな性格や心理の持ち主だったけど、たまたま親戚の子と触れ合ったことで子供嫌いを克服したというパターンもあるあるなエピソードです。純粋な子供の言動を見ている中で、いままでの子供が嫌いという心理が変わることも珍しいことではありません。

第1位:うるさいから

とにかく騒がしい

泣き出す子供

泣き声がうるさい

ランキングの中で子供嫌いな人の性格の中で、とにかく子供の泣き声などが我慢できないという人が多いようです。

近所の家の子供がいつも泣いているとか、電車などの狭い空間で子供が大声で泣くのがうるさくて我慢できないというのは、あるあるな理由です。子供が泣くのは仕方ないとい割り切ることが出来る人もいますが、人の泣いている声を聞くと、自分の気持が不安定になってしまうという人もいます。

正直な気持ちかも

ランキングに関係する口コミでも、どうしてもうるさい子供や子供が泣いている声は我慢できないという人は多いです。特に甲高い声で泣く子供が苦手という声は多く、生理的に受け付けることが出来ないという声は正直な意見といえるかもしれません。

子供が泣くのを我慢できないというのを理解出来ない人もいれば、本能的に無理なものは無理という考えを理解している人も多いです。最近は、幼稚園を作ろうとしたものの「子供の泣き声がうるさいから」という理由で、幼稚園の設立に反対したというエピソードもあります。子供の言動を騒音と捉えるかどうかというのは、難しい問題と言えます。

子供嫌いになってしまう原因・理由は?

トラウマ的な経験が大きな原因

膝に子供を乗せるお母さん

嫌な気持ちになる経験

子供嫌いになる理由が原因として、過去に子供から嫌な気持ちになることをされてしまったというのが大きな理由と言えるでしょう。

大人であっても子供から嫌なことをされれば傷つくのは当たり前です。それだけに、そういった経験から子供に関わると嫌な思いをするということから、子供嫌いな性格になることが考えられます。子供のしたことだからという理由で納得出来る人ばかりといえないわけです。

落ち込む女性

幼少期の嫌な経験

また、こういった子供嫌いになる原因として、自分の幼少期の経験が関係していることも考えられます。

子供を見ていると自分の子供の頃のトラウマを思い出してしまうから、子供とは関わりたくないという心理になる人もいるようです。子供が嫌いというのは嫌悪感よりも自己防衛のような心理が強く働いている可能性もあるといえるでしょう。

子供嫌いと言われている芸能人・有名人は?

子供を作らない芸能人も多い

カラオケのマイク

小泉今日子

昔からかなり自由奔放な性格だったと言われている小泉今日子ですが、その小泉今日子はテレビ番組などで子供嫌いなことを公言していたそうです。

そして、以前結婚していたときの夫である永瀬正敏も子供嫌いだったようで、二人は子供を作るということは考えなかったそうです。二人が離婚した理由には、芸能界を引退して家庭に入りたかった小泉今日子と、仕事を続けることを薦めた永瀬正敏との考え方の違いが大きかったようです。

テレビとリモコン

草なぎ剛

元SMAPとして国民的アイドルとして活動していた草なぎ剛ですが、かつては子供嫌いだったそうです。

子供嫌いだった詳しい理由は不明ですが、そういった自分の性格を改善したいと考えて、テレビの企画で子供と何日間か生活するという企画も行ったそうです。現在も結婚していない草なぎ剛ですが、国民的アイドルとしての活動以外にも、子供が苦手という理由で結婚に踏み切れない理由があったのかもしれません。

子供嫌いが子育てするときの注意点

注意点を理解しながら接すること

キスをされて喜ぶ子供

子供を持つべきか考える

子供嫌いな人が子育てをする上の注意点として、まずは子供を本当に持つべきなのかを考えましょう。

生まれてくる子供は親を選ぶことは出来ません。そのため、子供嫌いな自分が本当に子育てを出来るかということをよく考えた上で、子供を持つかどうかを考えましょう。子供が誕生してからやっぱり子供は嫌だということで無かったことにすることは出来ません。特に男性は子供を持つ実感が湧きにくいこともポイントといえます。

仲の良さそうな夫婦

夫婦で理解することが大事

子供を育てるのは男性だけでも女性だけに押し付けるものでもありません。夫婦が協力しあって子育てをすることを理解しましょう。

子供が苦手だから女性に押し付けるのもおかしいですし、男性ばかりが体力を使う遊びに付き合うというのもおかしいことです。子供嫌いな人が子育てをする上で、パートナーに子供のどういった部分が苦手かということをしっかり理解してもらいましょう。

手を繋いで歩く夫婦

気持ちにゆとりを持つ

子供嫌いな人が子育てをするときは、心理的に余裕が無い状態で接しないようにしましょう。

自分の苦手なことに取り組むときに、精神的に余裕がないときは危険です。うまく気持ちをリフレッシュして、心にゆとりがある状態で接するようにしましょう。直接子供に接するのが苦手という場合は、パートナーが子供にメインに接して、そのことをサポートする側にまわると言う風な工夫もおすすめです。

子供嫌いな性格を克服するには?

苦手意識を改善していく

困っている子供

一緒に子供に接する

子供嫌いな性格を克服する上では、子供に接することが慣れている人と一緒に取り組んでみましょう。

例えば祖父母に協力してもらったり、すでに子育てをある程度経験している友人に、どのように子供に接すればいいかアドバイスを受けましょう。自分の不安は子供にも自然を伝わってしまって、相手も素直な気持ちで接するのが難しくなってしますようです。

小さな赤ちゃんが居る夫婦

子供の目線になってみる

子供の行動の多くを理解するには、自分が子供になったような気持ちで接することが大切です。

 

まずは、子供と接するときは自分が立ったまま接するのではなく、しゃがんで子供と同じ目線になって接するようにしましょう。

視線が下ることによって子供も安心しますし、子供の目線の高さでは物事がどのように見えているかということを知ることが出来ます。男性も女性も、子供に接するのが上手な人は、子供の目線の高さに合わせて自分もしゃがんで目を合わせて話すことが出来る人といえます。

子供嫌いな人の心理や特徴ランキング15選まとめ

寝てしまった双子の赤ちゃん

子供嫌いな気持ちも理解しよう

子供嫌いな人の性格や特徴をランキングで紹介しました。子供が好きな人からすれば、そういった子供嫌いな人の気持ちがわからない人も居るかもしれません。

しかし、ランキングの心理や特徴、またあるあるなエピソードを知ることで、男性にも女性にも子供嫌いな人が居るというのが理解出来る部分も増えたかもしれません。自分の価値観だけで物事を見るのではなく、なぜその人が苦手と感じるかを知ってあげることで、お互いの誤解を減らしていくことが出来ます。

仲良し三人家族

お互いの理解を深めよう

大人になっても人間同士の合う合わないというのがあると同じで、子供に対しても同じ心理があるといえます。

ランキングのような心理と合わせて、その人が苦手としている子供はどういったタイプかということを知ってあげるのも大切でしょう。子供嫌いや子供が苦手という気持ちは、一方的な感情とは言えないことが大切な部分と言えます。ランキングを参考に、子供嫌いな人の考えも尊重してあげながら共存していく方法を模索していくことが大切といえそうです。

その他のおすすめ人気ランキングはこちら

子供っぽい人の性格&特徴21選!恋愛や仕事での対処法・直したいと思ったら? | ランキングまとめメディア
夫婦仲が悪い原因と特徴19選!子供への影響や冷めてる夫婦間の改善方法とは? | ランキングまとめメディア
愛情不足で育った大人や子供の特徴19選!子供が出すサインや愛情不足の解消法! | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ