リュックベッソン監督の映画10選!おすすめ作品を紹介【最新】

センセーショナルでファッショナブルなフランス映画を世に送り出し続けているリュックベッソン監督。数ある彼の作品の中から、人気や評価が高く、絶対に見ておくべき10本を、あらすじやおすすめポイントを添えてランキング形式でご紹介します。心震えて涙が止まらない映画から、アドレナリンが出っ放しの映画まで、リュックベッソン監督の真骨頂が見られるランキングTOP10をお届けします。更に、彼の最新作「Taxi5」の主演俳優・女優は一体誰?出演者はどんな人?など気になる情報を大公開します!

目次

  1. リュックベッソン監督の映画10選!おすすめ人気作品を紹介【最新】
  2. リュックベッソン監督の映画ランキング!10位~4位
  3. リュックベッソン監督の映画ランキング!3位~1位
  4. リュックベッソン監督の人気カーアクションTaxiシリーズ最新作「Taxi5」が日本で2019年1月公開予定!
  5. リュックベッソン監督の映画ランキング!まとめ

リュックベッソン監督の映画10選!おすすめ人気作品を紹介【最新】

名作映画を生み出すリュックベッソン監督

・愛称:???

・本名:リュックベッソン

・生年月日:1959年3月18日

・現在年齢:59歳

・出身地:フランス パリ

・血液型:???

・身長:???

・体重:???

・活動内容:映画監督、脚本家、映画プロデューサー

・所属グループ:???

・事務所:???

・家族構成:妻、5人の子ども(うち2人は離婚した妻との子)

・受賞歴:「ニル・バイ・マウス」英国アカデミー賞 英国作品賞(1998)、「フィフス・エレメント」セザール賞 監督賞(1998)他

スキューバーダイビングのインストラクターだった両親のもとで、自身も海に親しみ将来は海洋学者を目指していましたが、潜水事故に遭いその道を断念、映画製作の道を進むことになりました。リュックベッソン監督の作品は、それまでのフランス映画界に一石を投じるもので、フランス映画界に「新しい波」をもたらしたと言われています。

かわいい女優・有名俳優が出演する最高傑作と評価されているあの作品は何位なのか⁈

映画のカチンコ

一世を風靡したこの映画は?

日本でも大ヒットしたこの映画。知られざる裏話もご紹介します!

リュックベッソン監督の映画には、たくさんの名作がありますので、彼が監督をした、あるいは脚本や製作などに携わった作品の中から特におすすめのものをランキングでご紹介します。「リュックベッソン監督の映画と言えば?」と聞けば、多くの人が挙げるであろう最高傑作と名高いあの映画は、ランキング何位に入るでしょうか?

リュックベッソン監督の映画ランキング!10位~4位

リュックベッソン監督の映画ランキング第10位:「サブウェイ」(1984年公開)

「サブウェイ」のあらすじ

公開日:1986年12月20日(日本)

上映時間:102分

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:イザベル・アジャーニ

その他出演者:クリストファー・ランバート、リシャール・ボーランジェ、ジャン・レノ他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、U-NEXT

風変わりな人物たちが棲むパリの地下鉄構内で、その中の一人フレッドは、美しき人妻エレナの屋敷で開かれたパーティーで重要書類を盗み出し、地下へと逃げ込みます。二人は出会い、フレッドとエレナは惹かれ合うようになります。地下の住人たちと触れ合ううちに、フレッドは昔からの夢だったコンサートを開きたいと思うようになります。コンサートは成功するのか、そして二人の愛の行く末は気になるところです。

「サブウェイ」をみなければリュックベッソンは語れない!

ファンの間で人気があり評価も非常に高いこの映画には、若かりしリュックベッソン監督のセンスがこれでもかというほど詰め込まれています。イマドキの小ぎれいにまとまった映画とは違い、荒唐無稽なストーリーで粗削りながらも煌めくような生命力にあふれているのです。人生に迷い始めた大人のための映画でしょう。主演女優イザベル・アジャーニの美しさは必見です!

リュックベッソン監督の映画ランキング第9位:「フィフス・エレメント」(1997年公開)

「フィフス・エレメント」のあらすじ

公開日:1997年9月13日(日本)

上映時間:126分

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:ブルース・ウィリス

その他出演者:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ゲイリー・オールドマン他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、U-NEXT、ビデオマーケット

2214年、地球に邪悪な反生命体が迫ってきます。その危機から地球を救うため火・水・土・風4つの要素の石をもって宇宙からモンドシャワン人が現れますが、武器商人ゾーグによって撃墜されました。その遺体の一部から美しい女性リールーが再生されます。地球を救うためには4つの要素ともう一つの要素が必要で、リールーこそがその5つ目の要素(フィフスエレメント)の鍵を握ると分かってからが見どころです。

リールーの美しさとアクションは必見

この映画のおすすめポイントはなんと言ってもモデルのミラ・ジョヴォヴィッチ。女優としての演技は初々しく評価は分かれますが、その美しさに観客は目を奪われました。そしてもう1つがディーヴァのコンサート。およそ人間技ではないその歌声はトリハダもの!一度聴いたら忘れられないものになります。あまりに壮大であまりにバカバカしく、そしてあまりに美しいこの映画、一見の価値ありです。

リュックベッソン監督の映画ランキング第8位:「フルスロットル」(2014年公開)

「フルスロットル」のあらすじ

公開日:2014年9月6日(日本)

上映時間:91分

監督:カミーユ・ドゥラマーレ

製作・脚本:リュックベッソン

主演俳優・女優:ポール・ウォーカー

その他出演者:ダヴィッド・ベル、トレメイン・アレクサンダー他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、U-NEXT、ビデオマーケット

無法地帯と化したデトロイト。潜入捜査官ダミアンは、デトロイトを壊滅させるほどの大量破壊兵器の情報を入手します。タイムリミットは10時間。そこで犯罪者だが身体能力抜群で、マフィアに恋人を拉致されたリノと共に、犯罪者に立ち向かいます。しかし実は、その背景には巨大な陰謀が渦巻いていたのです。

ゼロGアクションから目が離せない

この映画の見どころはゼロG(無重力)アクション!近年人気が高まっているパルクールの第一人者ダヴィッド・ベルを迎え、同じ人間とは思えない重力を感じさせないような技がさく裂し、高い評価を得ています。時間が少し短めなので、冗長にならずに最後までハラハラドキドキ楽しめます。この映画が遺作となった俳優ポール・ウォーカー最後の主演作です。

リュックベッソン監督の映画ランキング第7位:「96時間」(2009年公開)

「96時間」のあらすじ

公開日:2009年8月22日(日本)

上映時間:93分

監督:ピエール・モレル

製作・脚本:リュックベッソン

主演俳優・女優:リーアム・ニーソン

その他出演者:マギー・グレイス他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、FOD、TSUTAYA TV、ビデオマーケット

離婚した妻の元で暮らす娘が友人とパリへ行きたいとおねだりしたものの、子煩悩の父は反対しますが娘の涙にしぶしぶOKします。ところが娘は旅先で友人とともに拉致されてしまったのです。元CIA工作員の父は娘を救うべくパリへいき、誘拐された人間が無事にいられるタイムリミットといわれる96時間だそうです。父は娘を奪還するためありとあらゆる手段を尽くします。果たして娘を救い出せるのでしょうか?

無敵のパパ!無双状態

この映画の見どころは、リーアム・ニーソン演じる父親の過激な鬼人っぷりです。愛する人を取り戻すために奮闘する主人公を描いた映画は数多くありますが、これほど容赦なくバッサバッサと切り捨てていく主人公もなかなか…。それでもリーアム・ニーソン演じるパパを応援したくなってしまう不思議。彼の渋い演技は高い評価を得て、シリーズで3作品作られています。

リュックベッソン監督の映画ランキング第6位:「The Lady アウンサンスーチー」(2012年公開)

「The Lady アウンサンスーチー」のあらすじ

公開日:2012年7月21日(日本)

上映時間:135分

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:ミシェール・ヨー

その他出演者:デヴィッド・シューリス他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、TSUTAYA TV

英国で夫と幸せに暮らしていたスーチー。ある時、母国の母の看病のためビルマに帰るとそこは、民主主義運動者が武力で制圧されている国でした。「ビルマ建国の父」と慕われたアウンサン将軍を父に持つスーチーは、国民に熱狂的に支持され民主化運動のリーダーになりました。しかしそれを危険視した軍部は彼女を15年の長きにわたって軟禁していたのです。国民を見捨てられず、愛する人と引き裂かれたスーチー女史の半生を描いています。

彼女の愛に涙があふれる

アジア女性として初めてノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー女史。彼女の激動の人生の裏には、夫と引き離された深い悲しみの日々がありました。そんな史実をしっかりと踏まえながらも、エンターテインメント性もあり、ドキュメンタリーや歴史映画が苦手な方でも、最後まで楽しんで観ることができます。

リュックベッソン監督の映画ランキング第5位:「LUCY/ルーシー」(2014年公開)

「LUCY/ルーシー」のあらすじ

公開日:2014年8月29日(日本)

上映時間:89分

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:スカーレット・ヨハンソン

その他出演者:モーガン・フリーマン、アムール・ワケド他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、TSUTAYA TV、ビデオマーケット

ルーシーはどこにでもいるごく普通の女性でしたが、中国マフィアによって体内に危険なドラッグを埋め込まれ、運び屋にされてしまいます。そのドラッグの袋が破れ、体内に大量にドラッグが流れ出ると、彼女の体は細胞レベルで変化を始め…。通常10%しか使っていないといわれる人間の脳ですが、ルーシーの脳は20%、30%と覚醒をし、様々な能力に目覚め始めます。100%覚醒した時、一体何が起こるのでしょうか…。

彼女は神になるのかそれとも…

ハリウッドの人気女優、スカーレット・ヨハンソンがどんどん人間味を失っていく女性を演じています。目つきや表情だけでなくちょっとした首の動きなども人間ではないようで、後半はゾッとするほど。映画のストーリーは「脳が100%覚醒したらどうなるか」ということに焦点が当てられています。

リュックベッソン監督の映画ランキング第4位:「Taxi」(1998年公開)

「Taxi」のあらすじ

公開日:1998年8月15日(日本)

上映時間:86分

監督:ジェラール・ピレス

製作・脚本:リュックベッソン

主演俳優・女優:サミー・ナセリ

その他出演者:フレデリック・ディーファンタル他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、U-NEXT、hulu、TSUTAYA TV、ビデオマーケット

スピード狂のダニエルは、自前の改造タクシーでタクシー運転手を始めますが、相変わらずのハイスピードでマルセイユの街を走り回ります。ある時、ひょんなことで乗せた客エミリアンはなんと刑事!当然逮捕…となりますが、エミリアンはダニエルを使って、ドイツ強盗団を捕まえようと考えつき…。マルセイユの街中で行われたCGなしのカーチェイスは圧巻の一言です!

タクシーの改造っぷりがトンデモナイ!

ノンストップカーアクション映画かと思いきや、ちょっとおまぬけな2人のやり取りが面白いコメディ仕立ての映画です。ストーリーは、フランス映画らしく「ワケワカラナイ」ところもありつつ、テンポの良さと痛快なカーアクションで吹っ飛んでしまうほど!肩の力を抜いて楽しめる映画です。また、強くてセクシーなヒロインも人気です。

リュックベッソン監督の映画ランキング!3位~1位

リュックベッソン監督の映画ランキング第3位:「ニキータ」(1991年公開)

公開日:1991年1月26日(日本)

上映時間:115分

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:アンヌ・パリロー

その他出演者:ジャン=ユーグ・アングラード、チェッキー・カリョ他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、U-NEXT、ビデオマーケット

「ニキータ」のあらすじ

クスリ欲しさにパリの薬局に押し入った麻薬中毒の少年少女達にその中の一人の少女ニキータは警官3人を射殺し終身刑になりました。しかし彼女は政府の秘密警察から暗殺者として生きることを提案されます。数年の訓練を受け暗殺者として活動を始めたニキータは、マルコと知り合い愛し合います。愛を知ることで、暗殺者の仕事に苦しみ葛藤し始めるニキータ。彼女は自分の人生を手に入れられるのでしょうか。

殺し屋ニキータが愛を知る時

DVDのインタビューで、「『ニキータ』は僕にとって、自分を壊して飛び出した作品。僕の作品は『ニキータ』以前と『ニキータ』以後で分けられる」

この映画は、リュックベッソン監督にとって節目の作品だったそうで、このように語っています。過去に一度この映画を観た方も、この言葉を胸にもう一度観てみると、感じ方が昔と異なるかもしれません。

真っ黒な涙も可愛い

泣いている女性

「泣き虫の殺し屋」

ニキータは、その純粋さゆえに残酷で、その純粋さゆえに苦しみます。そんな彼女の流す涙はマスカラで真っ黒でも愛おしく感じられるのです。

アンヌ・パリロー演じるヒロイン・ニキータがとにかく素晴らしい映画です。そしてもう一人、大女優ジャンヌ・モロー。彼女は元殺し屋でニキータに大人の女性としての知恵をレクチャーするのですが、アンヌ・パリローよりもはるかに老いたジャンヌ・モローがにこりとするだけで「女の美は無限」という彼女の言葉がグッと胸に迫ります。彼女らの演技がこの作品の評価を高めているといっても過言ではありません。

リュックベッソン監督の映画ランキング第2位:「グラン・ブルー」(1998年公開)

「グラン・ブルー」のあらすじ

公開日:1998年8月20日(日本)

上映時間:168分(完全版)

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:ロザンナ・アークエット

その他出演者:ジャン=マルク・バール、ジャン・レノ他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、U-NEXT、hulu

フリーダイビング世界チャンピオンのエンゾは、ある男を探しています。その男の名はジャック・マイヨール。エンゾが幼い頃から唯一勝てなかった相手で、勝ちたいと思っている男です。ようやく見つかったジャックは、イルカだけが心の支えの孤独な青年になっていました。再会したエンゾとジャックはダイビング競技で勝負を繰り返しますが、常にジャックの勝利でしたが、そしてとうとう悲劇が…。

深く深く深く…そこにあるものとは?

見終わったらすぐにでも海へ行きたくなる、そんな映画です。子どもの頃からガキ大将で尊大で、でもママには敵わないエンゾと、父の死で心に大きな穴が開いて、普通に人間同士のかかわりが持てない孤独なジャック。そんな正反対の2人をも虜にする海。海は大きく、強く、恐ろしく、そしてどこまでも優しいのです。そのことを美しい映像美で伝えてくれる作品です。

フランスでの評価は高かったが日本では…

人間と関われなかったジャックですが、ジョアンナと出会い少しずつ変わります。ですが、彼の心はやはり海に捕らわれていて…。

この映画がフランスで公開された時は、若者を中心に熱狂的な人気がありましたが、日本公開時はなんと1~2週間で打ち切りという結果に。その後、フランスでの人気が口コミで広まると翌年には日本でも注目を浴び、大ヒット作品となりました。また、アメリカ公開版の「The Big Blue」というものもありますが、実はラストが大きく違うのです!その結果、アメリカ版の評価は惨憺たるものでした。

リュックベッソン監督の映画ランキング第1位:「レオン(完全版)」(1995年公開)

「レオン(完全版)」のあらすじ

公開日:1995年3月25日(日本)

上映時間:133分(完全版)

監督:リュックベッソン

主演俳優・女優:ジャン・レノ

その他出演者:ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン他

視聴可能なサービス:Amazon Prime Video、FOD、ビデオマーケット

複雑な家庭で育つ少女マチルダはある日、父親のせいで闇組織が家に押し入り家族を惨殺されます。たまたま外出していたマチルダは難を逃れますが、自分の身も危ないと察し、無口な隣人の男に助けを求めます。隣人レオンは実は孤独で一流の殺し屋で、仕方なく彼女を受け入れ、二人の奇妙な共同生活が始まります。徐々に互いが大切な存在になっていく中、スタンフィールドの魔の手がすぐそこまで迫ってきていました。

殺し屋と少女がはぐくむ優しい愛

大人びた少女と無口で不器用な殺し屋の生活は、ぎこちなくてスリリングで愛おしくて、そして儚い夢のようです。二人がものまねあてっこゲームをするシーンは、殺し屋のレオンがとても愛おしくて感じますし、そんな彼が「仕事」の時やマチルダを守るために闘うシーンではカッコよくってたまりません。キュンキュンするポイントだらけの映画です。

ファッショナブルなスターたちも人気の理由

「レオン」はリュックベッソン監督の最高傑作と言えるでしょう。リュックベッソン監督作品の常連だったジャン・レノと、この作品が映画デビューだったナタリー・ポートマンは、一気に世界的なブレイクを果たしました。マチルダのこの髪形は、「マチルダボブ」と呼ばれ女子たちに大人気になり、ジャン・レノ演じるレオンは「ちょいワルおやじ」の発信源となった雑誌「LEON」発刊のきっかけになりました。

「レオン」裏話をこっそりご紹介

映画ではかなりのイカレた悪役だったゲイリー・オールドマンですが、本当はとってもお茶目な方なのです。

リュックベッソン監督作品ランキングの中でも圧倒的に最高傑作だとの評価を得ている「レオン」ですが、実は監督が「フィフス・エレメント」を製作するための資金を稼ぐために作った作品で、リュックベッソンがたった2日間でシナリオを書き上げたのだそう!そんな映画が世界的に高評価となるとは…リュックベッソン監督の力量のすごさを思い知らされます。

リュックベッソン監督の人気カーアクションTaxiシリーズ最新作「Taxi5」が日本で2019年1月公開予定!

今度の主演はフランク・ガスタンビドとマリク・ベンタルハ!

公開日:2019年1月公開予定(日本)

上映時間:133分(完全版)

監督:ジェラール・クラヴジック

脚本・原案:リュックベッソン

主演俳優・女優:フランク・ガスタンビド

その他出演者:マリク・ベンタルハ、ベルナール・ハルシー他

視聴可能なサービス:???

前作「Taxi4」から約10年、大人気シリーズ「Taxi」の第5弾がとうとう公開されます!しかし続編とは言っても、1~4でバディを組んでいたダニエル(サミー・ナセリ)とエミリアン(フレデリック・ディーファンタル)は出演せず、新たなバディが登場。お馴染みのキャストも出演するようなので、シリーズのファンなら絶対に楽しめます!

「Taxi」5のあらすじ

「Taxi5」では凄腕ドライバーのマロ(フランク・ガスタンビド)とマヌケなタクシードライバーのエディ(マリク・ベンタルハ)がバディを組んで、フェラーリを乗り回すイタリアの強盗団から、ダイヤモンドを取り返すというお話です。ですので邦題は「Taxi ダイヤモンドミッション」。ちなみにテーマ曲は、「Taxi」シリーズではおなじみの大人気の「あの曲」です!

カッコ悪くてカッコイイ?愛すべき男たちにメロメロ

新たなバディや他のキャラクターたちが、とにかくおバカでカッコイイのが本作品です。どこまでもマヌケな警察官たちと、マルセイユの街を疾走する高級車のコラボレーションが癖になります!

リュックベッソン監督の映画ランキング!まとめ

リュックベッソン監督のすごいところは、「美しく才能ある女優を見出す力」とも言われています。リュックベッソン監督の映画ランキングでは、「監督」作品にこだわらず、「製作」「脚本」など様々な形でリュックベッソン監督が関わったものの中から、選りすぐりの10作品をご紹介しました。ランキングに選んだ映画の中には評価が分かれるものもありますが、いずれも特に彼の才能や思いが詰まったものばかりです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ