ゴールデンボンバー人気曲ランキングTOP28!2018年のおすすめは?

「女々しくて」で大ブレイクした人気ビジュアル系エアーバンド、金爆ことゴールデンボンバー。面白いイメージが強い彼らですが、実は名曲や泣ける歌も多いんです。そこでこちらでは、いままでのシングル・アルバムから、ゴールデンボンバーのおすすめ人気曲ランキング2018年度版をご紹介していきます。ランキングと合わせて、面白いと話題のPVや動画もご紹介しますので、ぜひお気に入りの曲を見つけてみてくださいね。

目次

  1. ゴールデンボンバー人気曲ランキング2018年TOP28!
  2. ゴールデンボンバー人気曲28位〜17位【最新】
  3. ゴールデンボンバー人気曲16位〜4位【最新】
  4. ゴールデンボンバー人気曲3位〜1位【最新】
  5. 面白いだけじゃない!金爆の泣ける歌
  6. ゴールデンボンバー人気曲ランキング2018年TOP28!まとめ

ゴールデンボンバー人気曲ランキング2018年TOP28!

ゴールデンボンバーってどんなバンド?

「金爆(きんばく)」ことゴールデンボンバーは、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二の4人からなるビジュアル系エアーバンドです。

金爆はエアーバンドとして日本の音楽シーンに確固たる地位を築きました。ライブやステージではボーカルの鬼龍院翔以外は演奏するフリをしているだけですが、楽曲中にみせるメンバーの個性あふれる楽しいパフォーマンスも魅力です。メンバーは音楽に興味がない、楽器の練習は嫌いと言っていて、エアーバンドなのは演奏できるのにしないのではなく、実際に演奏ができない・下手だからのようです。

「女々しくて」で一躍有名に!紅白や歌番組で披露

ゴールデンボンバーはふざけているイメージが強いかもしれませんが、実は名曲が多く、楽曲の良さも大きな魅力です。

楽曲はボーカルの鬼龍院翔がひとりで作詞作曲を務めており、編曲は事務所の先輩でありバンドeversetのギタリスト・tatsuoと共同作業で行っています。鬼龍院翔は「日本レコード大賞」作曲賞を受賞したこともある実力派で、金爆には笑える面白い曲もありながら、泣ける歌もたくさんあるんです。そこでこちらでは、2018年おすすめのゴールデンボンバーの人気曲を、PV動画も交えてランキングでご紹介していきます。

どんなシングル&アルバムがあるの?

08.05.01 抱きしめてシュヴァルツ/童貞が! 

08.06.01 咲いて咲いて切り裂いて/まさし

08.07.01 ごめんね、愛してる/亀パワー

08.08.01 トラウマキャバ嬢/元カレ殺ス

08.09.01 ホテルラブ/いつもと同じ夜

09.06.17 Blow Wind/タイムマシンが欲しいよ

09.10.21 女々しくて

09.11.25 もうバンドマンに恋なんてしない

金爆の人気曲ランキングの前に、まずいままでリリースされたゴールデンボンバーのシングルとアルバムをチェックしておきましょう。2008年から2009年には、シングルを8タイトルリリースしています。

2010年~2015年リリースシングル

10.10.06 また君に番号を聞けなかった

11.06.01 僕クエスト

11.08.24 女々しくて/眠たくて

11.11.23 酔わせてモヒート 

12.11.07 DT捨テル/レッツゴーED

13.01.01 Dance My Generation

14.01.01 101回目の呪い

14.08.20 ローラの傷だらけ

15.05.29 死 ん だ 妻 に 似 て い る

金爆は2010年から2015年までにシングルを9タイトルリリースしています。金爆の中で一番有名と言える「女々しくて」も2011年にシングルでリリースされていますね。

2016年~2017年リリースシングル

16.04.27 水商売をやめてくれないか

16.11.09  おどるポンポコリン

17.04.05  #CDが売れないこんな世の中じゃ

17.11.08  やんややんやNight ~踊ろよ※※~

18.09.01 タツオ…嫁を俺にくれ

2012年~2017年には9タイトルシングルをリリースしています。国民的テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」のオープニングテーマ曲「おどるポンポコリン」が2016年にリリースされています。2018年9月発売シングル「タツオ…嫁を俺にくれ」は、なんと樽美酒研二が作詞作曲をしています。

2009年~2010年リリースアルバム

09.01.01 イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜

09.07.29 剃り残した夏

10.01.06 ゴールデンベスト〜Pressure〜

10.01.06 ゴールデンベスト〜Brassiere〜

10.07.21 ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜

2009年から2010年まで、金爆のアルバムは5タイトルリリースされています。オリジナルアルバムのほか、ベストアルバムも多くリリースされています。

2011年~2018年リリースアルバム

11.01.06 ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜

12.01.04 ゴールデン・アルバム

12.06.18 The Golden Best

13.04.24 ザ・パスト・マスターズ Vol.1

15.06.17 ノーミュージック・ノーウエポン

16.12.21 フェスベスト

18.01.31 キラーチューンしかねえよ

2011年から2018年まで、金爆のアルバムは5タイトルリリースされています。2018年1月には最新アルバム「キラーチューンしかねえよ」が発売されています。

ゴールデンボンバー人気曲28位〜17位【最新】

28位:かっこいいな英語って

2009年10月21日発売のゴールデンボンバー7枚目のシングル「女々しくて」の2曲目に収録されています。人気曲ランキング28位の「かっこいいな英語って」は、とにかくテンポがよくノれる曲なので、ゴールデンボンバーのライブでも定番の人気の楽曲になっています。

「かっこいいな英語って」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング28位「かっこいいな英語って」の作詞作曲はボーカルの鬼龍院翔です。鬼龍院は英語が苦手ということで、歌詞はひたすら英単語を羅列していて、洋楽っぽく歌っているのが面白い曲です。

振りが楽しい!ライブで盛り上がる!

英語が苦手、でもなんとなくあこがれる、というこの曲は共感できる人も多いのではないでしょうか。とにかく楽しめる楽曲で、ファンにもライブでやってほしいと人気の高い曲です。

27位:トラウマキャバ嬢

2008年8月1日発売のゴールデンボンバー4枚目のシングルです。人気曲ランキング27位「トラウマキャバ嬢」は、キャバ嬢とあるように曲調がキャバクラっぽく、ファンの間でもテンションが上がる楽曲として人気です。

「トラウマキャバ嬢」のおすすめ曲!PVつき

ゴールデンボンバー人気曲ランキング27位の「トラウマキャバ嬢」は、鬼龍院翔が作詞作曲を担当しています。楽曲全体がストーリーになっており、歌詞を聴きながらストーリー展開にも注目ですよ。

ライブでは一緒に振り付け!

「トラウマキャバ嬢」は、「1.2.3フォー!」と盛り上がる部分や、振り付けも面白いのでライブでも盛り上がる曲です。一緒に振り付けをするのも楽しいとファンに人気です。

26位:†ザ・V系っぽい曲†

2010年7月21日発売のアルバム「ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜」の2曲目に収録されています。人気曲ランキング26位「†ザ・V系っぽい曲†」は、ビジュアル系バンドのファン、いわゆる「バンギャ」の気持ちを歌った楽曲です。デスボイスやギターフレーズもビジュアル系っぽく、ライブでも盛り上がります。

「†ザ・V系っぽい曲†」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング26位「†ザ・V系っぽい曲†」の作詞作曲も鬼龍院翔がしています。タイトル通り、曲調や歌詞がビジュアル系っぽく、ネタ曲っぽくありながら、鬼龍院翔のビジュアル系への尊敬のようなものも感じます。

素直にかっこいい楽曲

ビジュアル系っぽいメロディーは聴いていて素直にかっこいいです。ビジュアル系でよく使われそうな歌詞のフレーズも面白く、また中盤の自虐的歌詞はゴールデンボンバーらしく、2018年おすすめの曲です。

25位:レッツゴーKY

2010年7月21日発売のアルバム「ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜」の1曲目に収録されています。アルバム1曲目にふさわしい、盛り上がる曲で、「レッツゴーKY(ケーワイ)!」という歌詞も面白いです。タイトルを見るとふざけているように思えますが、実は勇気をくれる名曲です。

「レッツゴーKY」のおすすめ曲!PVつき

ゴールデンボンバーの人気曲ランキング25位「レッツゴーKY」の作詞作曲は鬼龍院翔です。「KY(空気が読めない)」は悪い意味として使われることが多いですが、空気を読みすぎる、周りに合わせる日本人に対し、自分らしくやればいいじゃん、と勇気づけてくれます。

楽しく励ましてくれる名曲!

遠慮してしまったり、周りと違うことをするのをためらってしまうことってありますよね。この曲は空気を読まずに自分がやりたいようにすればいい、と励ましてくれる楽曲で2018年おすすめです。

24位:ultra PHANTOM

2009年1月1日発売のアルバム「イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜」の4曲目に収録されています。様々なアーティストのヒット曲のパロディ曲を収録したアルバムの収録曲で、これも大物人気アーティストB'zのパロディ楽曲です。タイトルもB'zの名曲を彷彿とさせますね。

「ultra PHANTOM」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング24位「ultra PHANTOM」も、鬼龍院翔が作詞作曲しており、B'z愛あふれる楽曲になっています。単にB'zをパクっているだけではなく、ゴールデンボンバーらしく作りこまれていて、鬼龍院翔のセンスを感じる人気曲です。

金爆の面白い曲の代表!B'z愛あふれる笑える曲

B'zっぽい曲がやりたくて作っただけあり、曲調だけでなく歌い方までB'zに寄せています。歌詞やライブパフォーマンスも面白いので、笑える楽曲としても人気です。カラオケでも盛り上がりそうです。

23位:あの日君を傷つけたのは

18年1月31日発売の金爆の3枚目のオリジナルアルバム「キラーチューンしかねえよ」の12曲目に収録されています。人気曲ランキング23位「あの日君を傷つけたのは」は、女性ファンだけでなく男性ファンにも人気の楽曲です。恋愛の後悔を歌った曲ですが、後悔を通り越しているくらい強い思いが歌われています。

「あの日君を傷つけたのは」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング23位の「あの日君を傷つけたのは」の作詞作曲は鬼龍院翔です。歌詞もメロディーも心に刺さるようで、泣ける歌としてゴールデンボンバーのファンにも人気です。

金爆の名曲!泣ける歌

ラブソングで「守るよ」や「守ってあげるよ」という歌詞はよくありますが、この曲では「守らせて」となっている部分がリアルで共感を呼びます。ライブでは4人が横並びになって揺れたり肩を組み、そんな場面もファンが涙する楽曲です。

22位:ローラの傷だらけ

2014年8月20日に発売された、金爆の15枚目のシングル曲です。人気曲ランキング22位「ローラの傷だらけ」のタイトルは、見ての通り西城秀樹のシングル「傷だらけのローラ」をもじったものです。しかし曲調は「傷だらけのローラ」と違いビジュアル系ぽくなっています。

「ローラの傷だらけ」のおすすめ曲!PVつき

ストーカーがローラを追いかけ、最終的に逮捕されるという、なんとも衝撃的な楽曲で、作詞作曲は鬼龍院翔です。過去に好きになった女性の名前や特徴を言っていくシーンが印象的で、ストーカーの歌でありながら切なさもあり共感できるという口コミもあります。

カラオケもおすすめ!笑えて盛り上がる

人気曲ランキング22位「ローラの傷だらけ」は、PVがストーリー仕立てになっており見ごたえがあって面白いです。カラオケでPVが流れると盛り上がりそうですね。

21位:ドンマイ

18年1月31日発売の金爆の3枚目のオリジナルアルバム「キラーチューンしかねえよ」の13曲目に収録されています。人気曲ランキング21位「ドンマイ」は、ついてないことがあっても、「そんなときもあるよ」「元気出して」と背中を押してくれる楽曲です。PVでも散々な目に合う女性が出てきますが、よくあるようなことで共感できる内容になっています。

「ドンマイ」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング21位「ドンマイ」の作詞作曲も鬼龍院です。PVでは月になった鬼龍院翔が弾き語りをしています。ギターの喜矢武豊ではありません。PVではほかのメンバーは笑わせ役になってい手面白いです。

面白いPVだけど、元気の出る名曲!

面白くて笑えるPVは見ていて元気をもらえます。楽曲も「ドンマイ」と繰り返す歌詞で、ついてなかった日に聴くと明日からも頑張れそうです。この曲は聴いても見ても笑顔になれる力がある名曲です。

20位:広がる世界

2012年1月4日発売のアルバム「ゴールデン・アルバム」の最後に収録されている楽曲です。テレビ番組で披露したこともあり、ファンに人気の高い名曲です。

なんとなく生きている若者へ向けたメッセージ性の高い壮大なバラードです。メロディーは優しい印象ですが、「明日が来ることが当たり前だと思ってはいけない」「一日一日は大切な人生の1ページ、大切に生きろ!」というメッセージが心に刺さり、生きることを考えさせられます。

「広がる世界」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング20位「広がる世界」の作詞作曲は鬼龍院翔です。人生の限られた時間の中で、時間を無駄にしていないか、やり残していることはないか問いかけています。最後は「明日も生きようね」で締めくくっていて、疲れた時や悩んだときなどに聴くと、頑張ろうと前向きになれる楽曲です。

明日への元気がもらえる名曲

単なる励ましメッセージではなくリアルな歌詞が多くの共感を呼んでいます。生きること、生き方について深く考えさせられる曲ですが、重たいのではなく、元気や希望をもらえる名曲で、この曲に救われたというファンも多いようです。

19位:あしたのショー

2010年7月21日発売の「ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜」7曲目に収録されています。タイトルは某有名漫画をイメージさせますが、ゴールデンボンバーのオリジナルバラード曲です。壮大な曲調で、美しいメロディー、生き方を考えさせられる歌詞に感動します。

「あしたのショー」のおすすめ曲!PVつき

人気曲ランキング19位「あしたのショー」は、鬼龍院翔の作詞作曲です。新しい環境の中で、周りと比較したりして不安や焦りを感じることは誰でもありますよね。そんな人にゴールデンボンバーが贈る歌で、葛藤や悩みをストレートに表現したリアルさに共感し、泣ける歌として人気があります。

心に響く、ゴールデンボンバーの泣ける歌!

「あしたのショー」は、落ち込んでいるときや自分を見つめなおしたいときにおすすめです。ライブではギターの喜矢武豊の、段ボールで作ったサックスによるソロが見ものです。

18位:らふぃおら

2011年6月1日発売のシングル「僕クエスト」のカップリングで、2013年4月24日発売の「ザ・パスト・マスターズ vol.1」7曲目にも収録されています。この曲のタイトルは、歌詞に出てくる「Life is all right」を初音ミクに歌わせたところ、「らふぃおら」となったことが由来になっています。恒例のホワイトデー企画のために作られた曲です。

「らふぃおら」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、元気をなくしてしまった人を元気づけるための歌として作られました。この曲で救われたというファンも多く、高い人気があります。歌詞が心に響き、ライブでも涙するファンが多い泣ける歌です。

つらいときに勇気づけてくれる名曲

曲自体は東日本大震災前に作られていますが、震災の直後にデモ版を動画サイトにアップし話題になりました。震災を意識した曲ではないですが、ファンに限らず辛いときこの曲で元気をもらった、勇気づけられたという声がたくさんある名曲です。

17位:毒グモ女

2009年11月25日発売のゴールデンボンバーのシングル「もうバンドマンに恋なんてしない」のカップリング曲です。2010年1月6日発売のアルバム「ザ・ゴールデンベスト~Brassiere~」2曲目にも収録されています。初期の頃の楽曲ですが、ライブでは定番で、振り付けも楽しい楽曲です。

「毒グモ女」のおすすめ曲!PVつき

人気ランキング17位「毒グモ女」の作詞作曲は鬼龍院翔で、メイド喫茶の女の子にはまっていく男を歌った曲です。テンションが上がる1曲で、PV動画も面白いです。

ビジュアル系な振りが楽しい!

手扇子や咲き、ヘドバンなど、ビジュアル系バンドのライブでよくやる振り付けが詰め込まれていて、ライブでみんなで踊って盛り上がります。バンギャの基本の振りをマスターしたい人にもおすすめです。

ゴールデンボンバー人気曲16位〜4位【最新】

16位:イヤホン

2011年1月6日発売のアルバム「ゴールデン・アワー ~下半期ベスト2010~」1曲目に収録されています。ゴールデンボンバーの人気ランキング16位の「イヤホン」はゴールデンボンバーらしい激しい曲調で、ライブでも盛り上がる、テンションの上がる人気の1曲です。イントロからかっこいいです。

「イヤホン」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔です。歌で「君」を励まそうとする「僕」の思いを歌った曲で、歌詞は切ない内容です。ノれる曲調と寄り添うような優しい歌詞で、バラードではなくても泣ける歌です。

名曲はバラードだけじゃない!

ライブの定番曲でもあり、ライブではお客さんがワンフレーズ合唱する部分があり、会場の一体感が高まる人気の曲です。名曲というとバラードのイメージが強いかもしれませんが、この曲はのれる楽しさもあるのが魅力です。

15位:元カレ殺す

2008年8月1日に発売された、ゴールデンボンバー4枚目のシングルです。2010年1月6日発売のアルバム「ザ・ゴールデンベスト~Brassiere~」3曲目にも収録されています。かなりインパクトのあるタイトルですが、決して殺人の歌ではありません。曲も「元カレ殺す」というフレーズで始まります。

「元カレ殺す」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、物騒なタイトルの反面、メロディーはさわやかなロックなのが印象的です。恋人への愛の歌で、恋人の元カレ、元カノに嫉妬してしまう気持ちを歌っています。

リアルな嫉妬心が共感できて面白い!

誰でも嫉妬してしまうことがあると思いますが、その気持ちをストレートに歌っていて多くの共感を得ています。嫉妬というと重たいイメージですが、さわやかなメロディーで盛り上がれる人気の1曲です。

14位:さよなら、さよなら、さよなら

2015年6月17日発売のアルバム「ノーミュージック・ノーウエポン」13曲目に収録されています。ゴールデンボンバーの人気ランキング14位の「さよなら、さよなら、さよなら」は、のれる曲の多いゴールデンボンバーには珍しくバラード調の失恋ソングです。静かなメロディー、過去の恋愛を淡々と歌う楽曲は泣ける歌として人気があります。

「さよなら、さよなら、さよなら」のおすすめ曲!PVつき

人気ランキング14位の「さよなら、さよなら、さよなら」は、過去の恋愛を引きずっている人には特に心に響くのではないでしょうか。かっこつけたり飾らない歌詞がゴールデンボンバーの魅力の1つで、この曲もリアルな歌詞が、なんか疲れたな、と思った時に聴くとぐっときます。

シリアス寄りだけどゴールデンボンバーらしい1曲!

失恋ソングということでシリアス寄りの楽曲ではありますが、「なんか、やってられないなー」など、ゆるめのリアルな歌詞が多くの共感を得ている人気の名曲です。モノクロのPV動画も曲の雰囲気にぴったりです。

13位:泣かないで

2012年8月18日に配信された配信限定シングルで、2013年4月24日発売のアルバム「ザ・パスト・マスターズ Vol.1」12曲目に収録されています。

ゴールデンボンバーの人気ランキング13位「泣かないで」は、ギターの喜矢武豊主演の映画「死ガ二人ヲワカツマデ…」の主題歌です。鬼龍院翔本人による「演奏してみた」動画も人気です。別れる恋人に贈る切ないラブソングです。

「泣かないで」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、楽曲の題材はよくあるテーマではありますが、表現方法が鬼龍院のセンスたっぷりで、ものすごく共感できるという声も多いです。語り掛けるように始まり、さわやかでテンポのよい曲調にのせて、別れる恋人への思いが痛いほど伝わり、また自分にも「泣かないで」と言い聞かせて、泣ける歌です。

共感できる切なさ!まさに泣ける歌

ゴールデンボンバーの人気ランキング13位「泣かないで」は、別れの言葉を前向きに伝えようとしたり、最後に格好悪いところを見せたくないという強がるところが切なく、心が動かされます。

12位:もうバンドマンに恋なんてしない

2009年11月25日に発売された、ゴールデンボンバー7枚目のシングルです。ゴールデンボンバーが贈る人気のクリスマスソングです。タイトルが槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」のパロディーになっているのもゴールデンボンバーらしいですね。

「もうバンドマンに恋なんてしない」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、王道の切ない失恋バラードになっています。PV動画が面白いと話題で、JR東海のクリスマスCMのパロディーになっています。PVはメンバーがまだ若く、鬼龍院と喜矢武が恋人同士の役なところが面白いです。

クリスマスにおすすめの名曲!

ゴールデンボンバーのファンの間ではクリスマスソングと言えばこの曲です。PVのギターソロの部分では、喜矢武が手袋をしたままギター演奏しているなどネタが満載です。

11位:#CDが売れないこんな世の中じゃ

2017年4月5日に発売された、ゴールデンボンバーの19枚目シングルです。タイトルからして面白い楽曲で、歌詞やPVも面白いですが、曲はゴールデンボンバーらしいかっこよさがあります。タイトルにちなんでか、QRコードでダウンロードできてしまう、画期的な曲でした。

「#CDが売れないこんな世の中じゃ」のおすすめ曲!PVつき

鬼龍院らしい風刺も面白く、永遠のテーマともいえる題材を歌っています。作詞作曲は鬼龍院翔で、疾走感のあるメロディーとキャッチーなサビがクセになる人気曲です。

ゴールデンボンバーらしい思い切った曲

無料で曲がダウンロードできてしまうなんて、ゴールデンボンバーらしい実験的な試みも面白いですね。この曲はライブでも盛り上がる楽曲で、タオルを回したり投げたりします。

10位:101回目の呪い

2014年1月1日にリリースされた、ゴールデンボンバーの14枚目のシングルです。人気ランキング10位「101回目の呪い」は、呪いというタイトルになっていますが、おどろおどろしい曲ではなく、むしろ元気をもらえる名曲です。

「101回目の呪い」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、意味深なタイトルや奥深い歌詞でファンの間でもさまざまな解釈をされている楽曲です。「女々しくて」ばかりをテレビで歌わされるゴールデンボンバー自身をネタにし、しっかり新曲アピールもしているPVも面白くかっこいいので注目です。

2018年おすすめの実は優しい歌

聴くと、元気になってほしいという思いが伝わってきて、守ってくれるような優しさも感じます。疲れているときに聴いて涙するファンもいる、泣ける歌でもあり2018年おすすめの曲です。

9位:欲望の歌

2015年6月17日発売のアルバム「ノーミュージック・ノーウエポン」6曲目に収録されています。人気ランキング9位「欲望の歌」はかなりアップテンポな曲で、いままでにない新しさとゴールデンボンバーらしさが詰まった楽曲になっています。

「欲望の歌」のおすすめ曲!PVつき

この曲の作詞作曲は鬼龍院翔ですが、なんといってもPVが面白いのでファンの間で大人気です。PV動画を見ると、その世界観は90年代V系ゴシックで、メンバーはマリスミゼルやラレーヌのような出で立ちです。

90年代ビジュアル系好きにはたまらない!

衣装だけでなく、PV構成もV系のPVあるあるをとことん表現していて、90年代V系のファンだった人にはたまらなく、またそうでない人が観ても面白いです。

8位:酔わせてモヒート

2011年11月23日に発売された、ゴールデンボンバーの11枚目シングルです。人気ランキング8位「酔わせてモヒート」は、カラオケでも人気の曲で、歌っていて気持ちが良く盛り上がります。振り付けもあるので、ライブでも一緒に踊れます。

「酔わせてモヒート」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、好きな人の前でうまくふるまえないことを歌っています。誰もが経験しそうなことをテーマにしているので、共感できます。PV動画もかっこよくて笑えて、また相手の女性役の渡辺直美がいい味を出しています。

女々しい男が可愛い!

歌詞は、好きな人と付き合うかどうかというデートで、自分を出せず、身の丈に合わないことをしようとする男の姿を描いていて面白いです。

7位:水商売をやめてくれないか

2016年4月27日に発売されたゴールデンボンバーの17枚目シングルです。人気ランキング7位「水商売をやめてくれないか」は水商売で働く彼女が心配な男の嫉妬心を歌っています。彼女が心配でいてもたってもいられない様子が可愛らしくもあります。

「水商売をやめてくれないか」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、その歌詞は他の男性アーティストから褒められるほどだったそうです。歌詞のストーリーを忠実に再現したPVも見もので、彼女を心配して土下座までする鬼龍院翔の熱演が面白いです。

どこか懐かしいメロディーが覚えやすい!

90年代J-POPが好きだという鬼龍院翔のメロディーはどこか懐かしく、耳に残ってつい口ずさんでしまいます。覚えやすく親しみやすいメロディーなので、カラオケにもおすすめです。

6位:やさしくしてね

2018年1月31日発売のアルバム「キラーチューンしかねえよ」3曲目に収録されています。明るいメロディと軽快なリズムの楽曲ですが、なんとブラック企業に勤める人へ向けた応援歌です。ただそれだけではなく、言いたいことを言えずに我慢する葛藤を言葉にしているので、歌詞に多くの共感を得ています。

「やさしくしてね 」のおすすめ曲!PVつき

この楽曲も作詞作曲は鬼龍院翔です。PV動画では鬼龍院がブラック企業に勤めるサラリーマンを演じ、ぐっと耐えている一方で他のメンバーは笑顔で演奏しているフリをしています。動画では、普段はあまり見られないメンバーのスーツ姿を見ることができます。

前向きになれる歌!

ブラック企業に勤めるサラリーマンの感情を歌っていますが、聴いていると暗くなるというよりも前向きな気持ちになれます。仕事をしている人や周りに冷たくされていると感じている人におすすめです。

5位:Dance My Generation

2013年1月1日に発売されたゴールデンボンバーの13枚目シングルです。鬼龍院翔がバブルをイメージして作った曲で、のれてテンションが上がる、まさにバブルっぽい楽曲になっています。CDもなんと懐かしい8センチCDという徹底ぶりです。

「Dance My Generation」のおすすめ曲!PVつき

作曲は鬼龍院翔ですが、編曲は何と浅倉大介で、PV動画にはヒロイン役として山田邦子が出演しています。PV動画ではメンバーがカラフル肩パットいりスーツを着て札束を持ち、女を口説くというバブリーな世界観です。

爆笑のPV!ダンスはマネしたくなる楽しさ

人気のPVは、しっかりゴールデンボンバーらしいオチもあって面白いです。メンバーが踊るダンスも楽しく、簡単なのでマネしやすく、みんなで歌って踊れるのでカラオケでも盛り上がりそうです。

4位:僕クエスト

2011年6月1日発売の10枚目のシングルで、テレビアニメ「遊☆戯☆王ZEXAL」のエンディングテーマにもなりました。自分の未来のために何かを捨てる覚悟を歌った曲で、迷っている人の背中を押してくれます。ふざけていることが多いゴールデンボンバーですが、この曲は実はとても説得力があり、一歩踏み出せずにいる人におすすめの人気の名曲です。

「僕クエスト」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、歌詞にはゲームのような表現が多く出てきます。PV動画もゲームを攻略していくストーリーになっていて、コスプレをしているメンバーが出てきて面白いです。

PVも歌詞も面白い!

ご人気ランキング4位「僕クエスト」は歌詞は鬼龍院らしい面白い表現が多く、またメロディーはかっこよくて、ライブでも盛り上がるファンに人気の1曲です。

ゴールデンボンバー人気曲3位〜1位【最新】

3位:死 ん だ 妻 に 似 て い る

2015年5月29日に発売された16枚目シングルです。どんな曲なんだ、と思ってしまうようなタイトルが印象的ですね。ゴールデンボンバーの人気ランキング3位「死 ん だ 妻 に 似 て い る」のPVは動画サイトYoutubeで先行公開され、振り付けはラッキィ池田が担当しており、また花嫁役に菊地亜美が出演しています。

「死 ん だ 妻 に 似 て い る」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、新しい花嫁が、死んでしまった元妻にどんどん似て見えてしまうという内容を明るく歌っています。PVでは新しい花嫁を菊地亜美、死んだ元妻をメンバーの喜矢武豊が演じており、絶妙に似ている二人が面白いです。

お経やサビのダンスが楽しい!

タイトルに反して、この楽曲はとにかく楽しいとファンに人気です。お経のようなフレーズ、サビのダンスも面白くてマネしたくなります。面白いだけでなく、曲自体もしっかり作りこまれ良い曲になっているのがゴールデンボンバーらしいです。

2位:また君に番号を聞けなかった

2010年10月6日に発売された9枚目シングルで、「第35回全国高等学校クイズ選手権」の応援ソングでした。ゴールデンボンバーの人気ランキング2位「また君に番号を聞けなかった」は、オリコン週間チャートでゴールデンボンバーが初めてトップ10入りした人気曲で、カラオケでも人気です。

「また君に番号を聞けなかった」のおすすめ曲!PVつき

鬼龍院翔が作詞作曲をしており、思春期の葛藤を鬼龍院翔ならではの表現でポップなメロディーにのせて歌っています。PVもストーリー性があって楽曲を表現していて面白く、制服姿のメンバーが見られます。

共感度MAXの恋愛あるある!?

人気ランキング2位「また君に番号を聞けなかった」は、好きな女の子の電場番号を聞きたいけど聞けない、話したいのにうまく話せないなど、ピュアな青春の恋を描いていて、共感したり自分の学生時代を思い出す人も多いようです。

1位:女々しくて

2009年10月21日に発売された7枚目シングルで、2014年JASRAC賞を受賞しています。この曲でゴールデンボンバーを知った人も多いでしょう。2009年リリースながら、少したってから大ブレイクし2012年から4年連続でNHK紅白歌合戦で歌っています。オリコンカラオケランキングでは歴代1位記録となる50週連続1位を獲得しているゴールデンボンバーの人気曲です。

「女々しくて」のおすすめ曲!PVつき

作詞作曲は鬼龍院翔で、どこか懐かしい歌謡ロックな雰囲気、振り付けが楽しくライブやカラオケで盛り上がる人気曲です。多くの歌番組でも披露され、また「K-POPバージョン」や、同じメロディーで歌詞を変えた「眠たくて」という曲もあり、またハウス食品「メガシャキ」のCMソングにもなりました。

聴いた人を元気にする名曲!

人気ランキング堂々1位の「女々しくて」は、ゴールデンボンバーを一躍有名にした曲で、動画配信サイトにアップしたPVが面白いと話題になったのがきっかけでした。聴いたりPV動画を見ると笑えて、元気がもらえるゴールデンボンバーの名曲で、2018年もおすすめの1曲です。

面白いだけじゃない!金爆の泣ける歌

ゴールデンボンバーは明るくノリの良い曲が多く、とにかく面白いイメージが強いですが、実は泣ける歌も多くあります。

バラードの名曲もあれば、バラードではなくても歌詞が心に響く泣ける歌もあるんです。ゴールデンボンバーの作詞作曲を手掛ける鬼龍院翔の独特な表現方法、ストレートで飾らない言葉が共感を呼び、また元気をくれたり勇気づけてくれます。ここまでランキングに入った中にも泣ける歌が多くありましたが、それ以外にも名曲があります。

名曲動画つき

「さよなら冬美」という曲の動画です。しっとりとした失恋バラードです。忘れたいけど忘れられない、会いたいけど会えないという失恋後の心情をリアルに表現しており、イントロのオルゴールも切なく、失恋後に聴くと涙が止まりません。

「片思いでいい」はシングル「ローラの傷だらけ」のカップリングで、王道の片思いソングですが、センスの光る少し強がりで切ない歌詞や鬼龍院の泣きそうな歌声に泣ける歌です。このほか、「忙しくてよかった」や「春が来る前に」、「男心と秋の空」「ごめんね、愛してる」なども泣ける歌としておすすめです。

ゴールデンボンバー人気曲ランキング2018年TOP28!まとめ

ゴールデンボンバーの人気曲ランキング2018年最新版をご紹介しました。ゴールデンボンバーは楽曲の良さ、面白いパフォーマンスが大きな魅力で、彼らの曲を聴いてみたくなったのではないでしょうか。

ゴールデンボンバーは盛り上がる曲、元気をもらえる曲、泣ける歌など楽曲のバリエーションも豊富で、常に楽しませてくれます。ビジュアル系エアーバンドという確固たる地位を築いたゴールデンボンバーは、大ブレイクした後も自分たちのスタイルを貫いて活躍を続けています。ゴールデンボンバーの今後の活動にも目が離せません。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ