木村カエラの人気曲ランキングTOP25!1位になった名曲は?【動画】

木村カエラは、日本を代表する人気女性シンガーだ。9枚のアルバムを出し、シングルの代表曲は、リクルート「ゼクシィ」のCM曲として制作された「Butterfly」(バタフライ)で、着うたフルランキング1位になった人気曲である。また、「Butterfly」は、おすすめ動画として人気が高く、結婚式で聞きたい曲1位の定番曲であり名曲である。歌詞も手掛けるシンガーソングライターで、歌唱力にも定評があり、バラードの名曲も歌いこなす木村カエラの人気曲ランキングを発表したい。

目次

  1. 木村カエラの人気曲ランキングTOP25!1位になった名曲は?
  2. 木村カエラ人気ランキング25位~18位
  3. 木村カエラ人気曲ランキング17位~10位
  4. 木村カエラ人気曲ランキング9位~4位
  5. 木村カエラ人気曲ランキング3位~1位
  6. 歌姫たちが歌う泣けるバラードの名曲
  7. 木村カエラ人気曲ランキングTOP25!まとめ

木村カエラの人気曲ランキングTOP25!1位になった名曲は?

木村カエラのプロフィールやアルバムやシングルの紹介

愛称:キム

本名:永山カエラりえ

生年月日:1984年10月24日

現在年齢:33歳

出身地:東京都足立区

血液型:A型

身長:155センチ

体重:42キロ前後

活動内容:歌手、作詞家、ファッションモデル、女優

所属グループ:???

事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

家族構成:夫は俳優の瑛太、一男一女

木村カエラがリリースしているオリジナルアルバムは現在9枚で、カバーアルバムは1枚、ベストアルバムは2枚である。一番売れた人気アルバムは、2010年2月3日発売のベストアルバム「5years」で人気バラード曲「Butterfly」が収録されている。一番売れた人気シングル曲では、「リルラ リルハ」で、ボーダフォンの日本法人のCMソングであり、木村カエラの代表曲であり、おすすめ曲である。

おすすめの歌詞やバラードの名曲や代表曲を紹介

木村カエラの人気曲「リルラ リルハ」の歌詞“忘れないで 見つめることを” “忘れないで 感じることを”が心に響く。木村カエラのバラードの名曲であり、代表曲はやはり、「Butterfly」ではないだろうか。現在も結婚式で使われる人気曲であり、名曲といわれている。

歌唱力がありCMにも出演

ドコモ携帯のCMソングの人気曲「Ring a Ding Dong」の楽しくなる浮き浮きする歌詞が好評で、木村カエラの歌唱力の高さがわかるおすすめ曲だ。ドコモの新キャンペーン「ひとりと、ひとつ。walk with you」のCMソングで、木村カエラは堀北真希演じる女性の“携帯電話”の役でCMにも出演している。耳に残るCM曲の代表曲である。

木村カエラ人気ランキング25位~18位

25位:「BANZAI」

2009年5月8日に発売された木村カエラのメジャデビュー14作目の人気シングル曲。初回限定盤と通常盤ではジャケットが異なる。初回限定盤に木村カエラがMCをしていたテレビ神奈川の人気音楽情報番組『sakusaku』のスペシャルロケDVDが付いていた。

「BANZAI」の動画

木村カエラは日本人の母とイギリス人の父を持つハーフで人気女性シンガーだ。子供の頃は、英語をしゃべれたが今は忘れて話せないらしい。所々の英語の歌詞は、さすがに発音がよい。木村カエラの人気曲「BANZA」は、TBS系『S☆1』のテーマソングであり、また、TNCテレビ西日本『ゴリバラ見聞録』の初代テーマソングに起用された。

24位:「Level 42」

「Level 42」は、木村カエラがテレビ神奈川(TVK)の人気音楽情報番組「sakusaku」にMCとして出演していた時、番組の企画でインディーズからリリースされた人気曲である。

木村カエラの「Level 42」は、1枚390円で390枚限定で、神奈川の新星堂で販売したが、2000人以上が殺到し、3分で完売した人気曲。1ヶ月後の2004年6月23日、この曲でメジャーデビューした。後に木村カエラは、10年間歌い続けるという思いで、「Level 42」の歌詞を書いたとインタビューで語っているというおすすめ曲であり、代表曲である。

「Level 42」の動画

木村カエラの人気曲「Level 42」の42は、TVKのアナログチャンネル番号に由来しているそうだ。この曲が木村カエラの音楽人生を開いたといっても過言ではない。この動画は木村カエラが19歳当時のもので、まだ初々しさが新鮮だが、新人とは思えない歌唱力で、代表曲といってもよい曲だ。

23位:「どこ」

木村カエラの「どこ」は13枚目のシングル曲であり、人気のある代表的なバラード曲である。日本テレビ系人気番組『音楽戦士 MUSICFIGHTER』の2009年1月度オープニングテーマで、作詞を音楽プロデューサーの渡邊忍が手掛けている。

「どこ」の動画

2009年1月28日に発売された「どこ」は、木村カエラにとっては、2004年にデビューして、初のバラードシングルとなり、初回限定盤のみ、FLASHゲームダウンロードカードが付いていた。しっとりしたバラードに歌唱力の高さが伺える人気のおすすめ曲だ。

22位:「Happyな半被」

日本テレビ系人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』の公式ホームページでテーマソングを募集したところ、木村カエラが「Happyな半被」を本気で提供した。2016年9月4日、木村カエラが人気番組「世界の果てまでイッテQ!」に出演した。木村アエラが宮川大輔の〝お祭り男〟企画のテーマソングに応募して、全力で歌唱して反響が集まり、「名曲」「可愛すぎる」と話題になり、ランキング22位になった。

「Happyな半被」の動画

木村カエラは、人気番組『イッテQ』の宮川大輔お祭りテーマソング募集に、番組あてに直筆の手紙を書いて、この曲を提供した。2016年10月19日に発売されたアルバム「PUNKY」に収録されていて、歌詞も宮川大輔のお祭り男を応援した元気ソングで、ファンからも「ガチで良い曲だ」と評判がいい人気おすすめ曲である。

21位:「喜怒哀楽plus愛」

2011年8月3日に発売された人気カネボウ化粧品「KATE」のCMソングで、PV撮影に木村カエラが自己最高の26時間をかけたそうだ。

「喜怒哀楽 Plus 愛」の動画

木村カエラが、メジャーデビュー17枚目のシングル曲で、唯一2011年に発表した曲。初回生産盤には、「カエラ・ナイス扇子」が当たる応募用チラシが入っていた。ファッショナブルなPVの代表曲であり、見どころいっぱいの人気おすすめ曲だ。

20位:「チョコレート」

木村カエラの「チョコレート」はメジャーデビュー6枚目の人気オリジナルアルバム「8EIGHT8」に収録されたバラードの名曲で、ランキング20位になった。

「チョコレート」の動画

「8EIGHT8」は2012年10月に発売された人気アルバムで、出産後初のアルバムである。アルバム曲の「チョコレート」は、男性にも共感できる歌詞になっている代表的な人気バラード曲である。木村カエラの澄んだ歌声は、歌唱力の証である。初回限定盤には、人気シングル曲のミュージックビデオDVDがついている。

19位:「マミレル」

「マミレル」は木村カエラが歌うテレビ朝日系の人気ドラマ『都市伝説の女』の人気主題歌。ジャケットは、全身ピンクにまみれている。

「マミレル」の動画

木村カエラがメジャーデビューして18枚目のシングル曲「マミレル」の初回限定盤には、2011年に開催されたオンナ祭(女性限定ライブ)のDVDが付いている。このシングル曲が決まる前から、木村カエラは、まっピンクの世界にまみれたいと思っていて、ちょうど「マミレル」の歌詞を書いていた時だったので、ぴったりだと思い、ピンクの世界にまみれたそうだ。

18位:「memories」

木村カエラが2008年9月10日に発売した12枚目の人気シングル曲で、両A面である。「memories」は、人気映画『パコと魔法の絵本』の主題歌になっている。

「memories」の人気動画

ミュージックビデオでは、人気映画『パコと魔法の絵本』のヒロインのアヤカ・ウィルソンと木村カエラが共演していて、映画の監督をしている中島哲也がディレクションをしている話題作だ。まるで、絵本の世界が広がっているような子供も楽しめる歌詞もあり、おすすめの人気曲だ。

木村カエラ人気曲ランキング17位~10位

17位:「Jasper」

木村カエラの「Jasper」というタイトルには、「人は誰でも輝ける宝石を持っている」という意味が込められているそうだ。

「Jasper」の動画

木村カエラが2008年2月6日に発売した、メジャーデビュー11枚目の人気シングル曲。人気テクノミュージシャンの石野卓球とコラボレーションしていて、木村カエラ初めてのテクノ楽曲という人気代表曲で、おすすめな楽曲である。PVでは、テックトニックというフランスの若者の間で流行っている人気のダンスを取り入れている。木村カエラオリコン売上ランキング6位。

16位:「You」

「You」は木村カエラが2006年1月18日に発売した、メジャーデビューして5枚目の人気シングル曲。バックバンドの渡邊忍が初プロデュースした作品である。

「You」の動画

木村カエラの「You」は、ネスレコンフェクショナリー「キットカット」のCM曲。B面の「PIONEER」は、森永乳業「エスキモー」のCMソングでもある。歌詞の中に「独りでは生きてゆけるわけないから つないでいたいんだ YOU」があり、元気づけられる歌の代表曲であり、おすすめ曲だ。木村カエラオリコン売上ランキング8位。

15位:「Honey B~みつばちダンス」

木村カエラの「Honey B ~みつばちダンス」は、9枚目のシングル曲「samantha」のカップリング曲で、2007年7月18日に発売された。木村カエラが「子供たちが楽しく踊れるダンスがあればいいな」との思いで作った楽曲であり、楽しい振付の人気曲である。

「Honey B ~みつばちダンス」の動画

この木村カエラの「Honey B ~みつばちダンス」の振付DVDを全国の幼稚園、保育園にプレゼントするという企画で、応募を募ると大人気になり、大反響を呼んだらしい。運動会などで、みつばちダンスが広まったそうで、子供達には振付曲としておすすめ曲であり、代表曲になっている。

14位:「A winter fairy is melting a snowman」

木村カエラが2010年に第1子を出産して最初の作品で、メジャーデビュー16枚目の人気シングル曲。NTTドコモの人気CMソングで、木村カエラの代表曲であり、名曲である。

「A winter fairy is melting a snowman」の動画

木村カエラの「A winter fairy is melting a snowman」は、2010年一番人気のウインターチューンといわれている。また、2017年には「LINE MUSIC」の人気CMソングにも起用されている。木村カエラの女の子が浮き浮きするようなリズム感のある楽しい楽曲が好評で、表題の英語の歌詞を歌いこなす歌唱力は素晴らしい。

13位:「Sun shower」

木村カエラの「Sun shower」は、19枚目の人気シングル曲で、2012年10月24日の木村カエラ自身の28歳の誕生日に発売された。

「Sun shower」の動画

木村カエラの「Sun shower」は、キャノンミラーレスカメラ『EOS M』の人気CMソングである。木村カエラの前作「マミレス」以来5か月ぶりの新曲で、優しさと包容力に溢れた楽曲と評判の人気おすすめ曲である。

12位:「BEAT」

「BEAT」は2005年10月5日に発売された木村カエラのメジャーデビューから4枚目の人気シングル曲で、奥田民生がプロデュースしている話題曲である。

「BEAT」の動画

木村カエラの「BEAT」は、奥田民生がプロデュースしたことで、「奥田節が入っている」と『JAPAN COUNTDOWN』で共に語っている。木村カエラは、変わった感じを出すために、少し低く歌っているらしい。少し今までの曲と違う雰囲気をだせる歌唱力を持っていて、人気のおすすめ曲である。木村カエラオリコン売上ランキング10位。

11位:「EGG」

木村カエラが、2015年9月2日に発売した、メジャーデビューして22枚目の人気シングル曲「EGG」は、蓮沸美沙子主演TBS系人気ドラマ『37.5℃の涙』の挿入歌だ。カップリングには、ピアノロック「SHOW TIME」とNHKの『おかあさんといっしょ』や『みんなのうた』で放送された「お化けなんてないさ」のカバー曲を収録している。

「EGG」の動画

木村カエラの「EGG」の人気シングルCD曲の特典として2015年9月9日渋谷公会堂でのフリーライブへの応募抽選券が入っていたり、初回限定盤には、『木村カエラ ライブハウスTOUR 2015「MITAI KIKITAI UTAITAI」at 下北沢シェルター 2015.6.23』のライブとドキュメント映像のDVDが付いていた。木村カエラの透明感がある歌唱力と心に響く名曲のバラードだ。

10位:「おどるポンポコリン」

『ちびまる子ちゃん』TV放送20周年で、2010年の人気主題歌をリニューアルということで、木村カエラの「おどるぽんぽこりん」が1年間特別限定バージョンとして放映された。

「おどるポンポコリン」の動画

木村カエラの「おどるポンポコリン」のアレンジをしているのは、人気テクノミュージシャンであり、電気グループの石野卓球。木村カエラはコメントで、「おどるポンポコリン」は小さい頃からカラオケで絶対レパートリーに入れていた曲だそうで、歌うことができて嬉しいようだ。2010年2月3日に発売された人気ベストアルバム「5years」に収録されていて、楽しい歌詞が魅力の曲だ。

木村カエラ人気曲ランキング9位~4位

9位:「Magic Music」

「Magic Music」は、木村カエラが2006年6月28日発売したメジャーデビュー6枚目の人気シングル曲で、木村カエラ本人がいうには、「夏フェス」の為の楽曲だそうだ。

「Magic Music」の動画

木村カエラの「Magic Music」は、東芝デジタルオーディオプレイヤーである「gigabeat」の人気CMソング。また、テレビ神奈川の人気音楽情報番組『sakusaku』の2009年4月第1週エンディングテーマである。前向きな明るい曲調の歌詞で元気になる人気の楽曲だ。木村カエラオリコン売上ランキング5位。

8位:「Snow dome」

木村カエラが2007年1月17日メジャーデビューしてから、8枚目の人気シングル曲。ストレートのラブソングなのだが、作曲を担当したBEAT CRUSADERS(日本のロックバンド)の曲に木村カエラが詞をつけたら、せつないラブソングになってしまったらしい。

「Snowdome」の動画

木村カエラの「Snowdome」のジャケット写真は、水中を横から撮れるプールが必要だったが、ピッタリだったホテルのプールを使用したそうだ。JR東海「JR SKISKI」人気CMソング。木村カエラオリコン売上ランキング4位。

7位:「Yellow」

木村カエラがメジャーデビューして10枚目の人気シングル曲。発売日の2007年10月24日は、木村カエラの23歳の誕生日である。

「Yellow」の動画

木村カエラの「Yellow」は、日本テレビ系『スポーツうるぐす』の人気テーマソング。疾走感溢れるPVも魅力だが、「カエラ節」の歌唱力が素晴らしく、コンサートでも盛り上がる人気の代表曲である。木村カエラは、23歳の誕生日の同日に発売された奥田民生のトリビュートアルバム「奥田民生・カバーズ」の「マシマロ」をカバーしている。

6位:「マスタッシュ」

木村カエラのメジャーデビュー12枚目の人気シングル曲。人気商品マンダム「LUCIDO-L」の人気CMソングである。

「マスタッシュ」の動画

木村カエラの「マスタッシュ」の意味は、「口ひげ」という意味だが、本人は、響きが良かったということで名付けていて、歌詞との関連はないらしい。「memories」と両A面である。この曲のギターソロは木村カエラが演奏していて、人気の代表曲であり名曲である。木村カエラオリコン売上ランキング9位。

5位:「happiness!!!」

「happiness!!!」は、2004年10月27日に発売された、木村カエラのメジャーデビュー2枚目の人気シングル曲である。初回限定盤には、CD発売イベント応募券が入っていた。

「happiness!!!」の動画

木村カエラの「happiness!!!」のCD発売イベントは、オープン前の横浜BLITZで行われた。この「happiness!!!」のPVは、とても人気が高く、ファンの間では、最高のPVだといわれている名曲であり、シンプルな人気楽曲だからこそ高い歌唱力がわかる曲である。木村カエラオリコン売上ランキング7位。

4位:「Ring a Ding Dong」

木村カエラが2010年6月9日、メジャーデビューして15作目の人気シングル曲。曲名を直訳すると「鐘をゴンゴンと鳴らす」という意味らしいが、「馬鹿騒ぎ」との俗語もあるらしい。

「Ring a Ding Dong」の動画

木村カエラの「Ring a Ding Dong」は、シングルCD曲として、初めてオリコン初の1位を記録した人気曲で、本人にとっても思い出深い曲であり、名曲であり、シンプルな歌詞でありながら、高い歌唱力が必要な楽曲である。木村カエラオリコン売上ランキング2位。

木村カエラ人気曲ランキング3位~1位

3位:TREE CLIMBERS

木村カエラが2006年9月6日に発売した、メジャーデビューして7枚目の人気シングル曲で、モード学園のCMソングである。

「TREE CLIMBERS」の動画

木村カエラの「TREE CLIMBERS」は、サザンオールスターズの桑田佳祐が、かつて放送されていたフジテレビ系の人気音楽バラエティ番組『桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~』で、「寅さんが選んだ21世紀ベストソング20」の第1位に「TREE CLIMBERS」を選んだというおすすめの一曲であり、名曲である。木村カエラオリコン売上ランキング3位。

「TREE CLIMBERS」についてのツイッター

「TREE CLIMBERS」は、ロック調の曲で、ライブではかなり盛り上がり、人気定番曲になっているそうだ。

2位:「リルラ リルハ」

木村カエラが2005年3月30日発売したメジャーデビューして3枚目の人気シングル曲。ボーダフォン日本法人(現在のソフトバンクモバイル)のCMソングに起用された。

2位:「リルラ リルハ」の動画

木村カエラの「リルラ リルハ」のタイトルの意味はサビのフレーズ「REAL LIFE/REAL HEART」の略らしい。このボーダフォンCMに木村カエラ自身も出演していて、人気の高い曲であり、歌唱力がないと歌いこなせない曲でもある。木村カエラオリコン売上ランキング1位。

「リルラ リルハ」についてのツイッター

木村カエラが、忙しくて寝る時間もないほど忙しい時、自分を取り戻す時間がなかった時にできた曲だが、自身最高のヒット曲になった。「リルラ リルハ」という言葉が出て、個性の確立が広がったと、後に語っている。

1位:「Butterfly」

「Butterfly」は木村カエラの人気配信限定楽曲で、2009年6月1日に配信されている。

「Butterfly」の動画

「Butterfly」は、木村カエラが親友の結婚式の為に書き下ろした曲で、リクルートが発行している結婚情報誌『ゼクシィ』の人気CMソングでもある。iTunes Music Storeとレコチョク、moraで配信され、各配信サイトでチャート1位を獲得。第60回紅白歌合戦に初出場した。

「Butterfly」についてのツイッター

木村カエラの「Butterfly」は、結婚式や披露宴でおすすめの人気曲ランキングで、常に定番曲として人気があるバラードの名曲である。歌詞に「Butterfly 今日は今までの どんな君より美しい」「白い羽ではばたいてく 幸せと共に」というフレーズと透明感のある歌声に感動する人気曲である。

歌姫たちが歌う泣けるバラードの名曲

三大歌姫といわれる安室奈美恵

いま、三大歌姫といえば、安室奈美恵、浜崎あゆみ、宇多田ヒカルではないだろうか。その中でも注目をあびる歌姫は、2018年9月16日に引退した安室奈美恵である。安室奈美恵のバラードの代表曲といえばやはり結婚式や披露宴の人気曲の「CAN YOU CELEBRATE?」ではないだろうか。

フジテレビ系の幼児番組『ポンキッキーズ』に鈴木蘭々とのコンビでシスターラビッツとしてお茶の間の人気者になった。小室哲哉と出会い、数々のヒット曲を出し、歌姫といわれていたこの時、41歳という年齢で芸能界を引退した安室奈美恵。

2017年11月8日、デビュー25周年と引退発表を受けて、デビュー曲「ミスターU.S.A」から最新曲「Just You and I」までの厳選したシングル曲と未発表曲が収録された「Finally」を発売。

「Finally」は、発売初週111.3万枚を売り上げ、ミリオンを達成した。このアルバムで、10代、20代、30代、40代で前代未聞である4年代連続ミリオンセラーを達成した。バラードからアップテンポの曲を歌いこなす歌唱力とダンサブルなステージが魅力の歌姫であり、引退は残念である。

木村カエラ人気曲ランキングTOP25!まとめ

木村カエラは、日本人の母とイギリス人の父との間にハーフとして生まれて、「SEVENTEEN」のモデルをやりながら、バンド練習をしていたそうだ。

18歳の時から3年間、テレビ神奈川(TVK)の音楽情報番組「sakusaku」でMCをしていた時に、番組の企画でインディーズからシングル「Level42」を390枚限定で販売し、3分で完売したことをきっかけにメジャーデビューするという幸運の持ち主の木村カエラ。そのキュートな容姿も素晴らしいが、モデルをしながら、バンドの練習をしていた努力が、歌唱力アップに繋がった。

木村カエラの楽曲のプロデュースをしたり、ライブのバックバンドを担当する渡邊忍や、奥田民生との出会いなどを通し、刺激を受けて、更に色々な経験や、歌唱力などの実力をつけていく。

木村カエラは、ポップなサウンドの「リルラ リルハ」や、結婚式定番曲になったバラード曲「Butterfly」をヒットさせることができた。そして、透明な歌声やモデルとしてのキュートさで数々のCM会社から、タイアップを受けて、更に知名度をあげて、ヒットに繋がるという強運と努力の歌姫、木村カエラにこれからも注目したい。

「他にも人気曲ランキングを見たい方はこちら」

コブクロ人気曲ランキングTOP35!優しく寄り添うような名曲【2018年版】 | ランキングまとめメディア
back number人気曲ランキングTOP28!歌詞分析も【最新】 | ランキングまとめメディア
2018槇原敬之の人気曲ランキングTOP35!カラオケで歌いやすい曲は? | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ