岡田准一のドラマ・映画おすすめランキングTOP35!歴代出演作で人気1位は?

ジャニーズ事務所に所属し「V6」のメンバーとして大人気の岡田准一(おかだじゅんいち)。グループとしての活躍はもちろんですが俳優として多くのドラマや映画に出演し、賞を取るほどの演技力の持ち主でもあります。そこで岡田准一のドラマや映画の歴代出演作品のおすすめランキングを紹介します。歴代の主演作品がたくさんあるので作品一覧も紹介します。ドラマのランキングで20位、映画のランキングで15位の合計でTOP35を紹介するのでお気に入りの作品を見つけてみてください。

目次

  1. 岡田准一ドラマ映画人気ランキングTOP35!
  2. 岡田准一ドラマ人気ランキング20~11位
  3. 岡田准一ドラマ人気ランキング10~4位
  4. 岡田准一ドラマ人気ランキング3~1位
  5. 岡田准一映画人気ランキング15~4位
  6. 岡田准一映画人気ランキング3~1位
  7. 岡田准一最新主演映画『散り椿』がおすすめ!
  8. 岡田准一ドラマ映画人気ランキングTOP35のまとめ

岡田准一ドラマ映画人気ランキングTOP35!

ジャニーズ初のアカデミー賞受賞俳優!

岡田准一永遠の0

映画「永遠の0」でアカデミー賞受賞の快挙

ジャニーズ事務所のV6というグループ活躍中ですが、今やドラマや映画でも欠かせない実力派俳優として名の知れる岡田准一。

 

実は2013年に公開された映画「永遠の0」では、2015年開催「第38回日本アカデミー賞」の最優秀主演男優賞を獲得しました。

 

この受賞は現役のジャニーズタレントでは初のアカデミー賞受賞となり、その実力の高さが評価されています。

岡田准一の出演したドラマや映画は、若い頃はジャニーズらしい元気な役柄が多くありましたが、年齢を重ねるにつれて貫禄のある難しい役柄もこなすようになっています。また出演している歴代映画では身体を使ったアクションのある作品が多く、鍛え上げた岡田准一のかっこいい身のこなしを観ることも出来ます。そこでまずは岡田准一のプロフィールと歴代の出演作品一覧を紹介します。

V6岡田准一(おかだ じゅんいち)のプロフィール

V6岡田准一

V6だけじゃない!実力派イケメン俳優

愛称:岡田くん

本名:岡田准一(おかだじゅんいち)

生年月日:1980年11月18日

現在年齢:37歳

血液型:B型

出身地:大阪府枚方市

身長:169㎝

体重:⁇?

活動内容:1995年にジャニーズ事務所に入所し同年V6としてデビュー。グループ主演のドラマで俳優デビューもしてアイドルとしてだけではなく俳優としても活躍中。

所属グループ:V6、Coming Century

所属事務所:ジャニーズ事務所所属

家族構成:2017年に女優の宮崎あおいと結婚

岡田准一の歴代出演作品一覧

岡田准一ドラマ作品

ランキングに入った主なドラマ出演作品一覧

1995年 Vの炎

1997年 D×D

1998年 PU-PU-PU-

1999年 新・俺たちの旅 Ver.1999

2000年 モナリザの微笑、オヤジぃ。

2001年 反乱のボヤージュ、忠臣蔵1/47

2002年 木更津キャッツアイ、恋愛偏差値

2003年 末っ子長男姉三人、演技者。

2005年 大化改新、冬の運動会、タイガー&ドラゴン

2006年 虹を架ける王妃

2007年 SP 警視庁警備部警護課第四係

2014年 大河ドラマ 軍師官兵衛

2015年 図書館戦争 BOOK OF MEMORIES

ドラマ出演作品一覧を見てみると岡田准一はほぼ毎年のようにドラマに出演していたことが分かります。一覧の最初の方はV6としての出演も多いですが、2000年に入ってからは単独で出演しているドラマも多く歴代のジャニーズ俳優の中でも出演本数が多くなっていることがわかります。

岡田准一映画作品

ランキングに入った主な映画出演作品一覧

2003年 木更津キャッツアイ

2005年 東京タワー、フライ,ダディ,フライ

2006年 花よりもなほ

2008年 陰日向に咲く

2009年 おと・な・り

2010年 SP THE MOTION PICTURE

2012年 天地明察

2013年 図書館戦争、永遠の0

2014年 蜩ノ記

2016年 エヴェレスト 神々の山嶺、海賊と呼ばれた男

2017年 追憶、関ヶ原

 

こちらは映画の出演作品一覧です。一覧から分かるように2000年に入ってからの出演でドラマ出演一覧と同じように毎年のように映画に出演していることが分かります。そこでV6の一員としてではなく俳優としての岡田准一の歴代出演してきたドラマと映画の人気ランキングをそれぞれ20位、15位に分けて計35作品紹介しますので、ランキングに入った作品の役柄や演技力を見比べてお気に入りの作品を見つけてください。

岡田准一ドラマ人気ランキング20~11位

20位:演技者。 寿司と祭壇(2003年)

作品のあらすじ

演技者。

ジャニーズメンバー×劇団のドラマシリーズ

ランキング20位の「演技者。」は、2002年4月から2004年3月までフジテレビにて放送されたテレビドラマです。

 

全17作品のドラマシリーズで、各ドラマの主演がジャニーズメンバーになっており、舞台などで活躍している劇団とタッグを組んだ作品になっています。

 

ランキング20位の寿司と祭壇は第7弾の作品で、岡田准一が主演を務めた作品になっています。上記一覧では演技者。と表記しています。

寿司と祭壇のあらすじは、雪の降るある夜に筒井家の長女である美雪が事故で亡くなり、通夜が行われている所から始まります。悲しみに暮れる家族をよそに弟である大輔は何故か淡白で悲しめず、自分の気持ちが取り残されている不思議さをおぼえるという淡々としたストーリーながらも、複雑な感情の波が観る人を引き付ける作品になっています。

筒井大輔役で主演

岡田准一

姉の死での複雑な感情を演技

ランキング20位の演技者。寿司と祭壇で岡田准一が演じたのは、姉である美雪を亡くした弟の筒井大輔役です。

 

大輔は姉の死をなかなか悲しめず取り残された気持ちや何故悲しめないのかという不思議な感情を持つ少年です。

ラストでの姉への家族愛を再認識した際に溢れてくるとめどない涙と感情の嵐を、岡田准一が見事に演じた作品になっています。

泣いている姿が美しい

演技者では物語の前半で大輔が見せる複雑な表情も魅力的ですが、ラストシーンでの涙を流す演技は多くのファンが心を掴まれるような引き込まれるようなものになっています。V6のデビュー当時はあまり演技が上手くなかった岡田准一ですが、この泣く演技はジャニーズとは思えないかなりの高評価であったそうです。

19位:Vの炎(1995年10月)

作品のあらすじ

Vの炎2

V6メンバー主演のバレードラマ

ランキング19位の「Vの炎」は、1995年10月から11月までフジテレビで放送されていたテレビドラマです。

 

1996年に行われるバレーボールアトランタオリンピックの世界最終予選のPR番組の中で、V6メンバーが合宿をして撮影した作品です。

Vの炎のあらすじは、高校バレーの地区大会で負けて廃部寸前になったバレー部を舞台にしたストーリーです。部員集めに奔走する林と三宅を中心に、それぞれの事情で坂本、井ノ原、長野、岡田がバレー部に入部してきます。どうにか廃部を免れた矢先、林が事故死してしまいますが、数日後には林と同じ顔をした森田がバレー部へ入部してきて新生バレー部として活動を始めるという作品になっています。

V6メンバーがそのままの名前で出演

デビュー当時のV6

バレー部に入部してきた少年役

ランキング19位のVの炎はV6の実際の名前のままで出演しています。

 

岡田准一も岡田准一という名前で出演しており、作品の中では様々な部活を転々としてきてバレー部に辿り着いた少年を演じています。

デビュー後すぐの初々しい演技

Vの炎で岡田准一が見せる演技はなかなかの酷さだったようで、TwitterなどのSNSでも酷評です。しかし上記の一覧からも分かるようにデビュー後すぐの出演、ましてやジャニーズ事務所にも入所してすぐの出演であったため酷いというよりも温かい目で見ているファンの方が多いようです。V6の他のメンバーと比べてしまうので特に演技の酷さが分かる作品となってしまっています。

18位:反乱のボヤージュ(2001年)

作品のあらすじ

反乱のボヤージュ

大学寮が舞台の小説がドラマに

ランキング18位は2001年10月にテレビ朝日で放送された、野沢尚の小説を原作とした「反乱のボヤージュ」というドラマです。

 

廃止の危機に陥った大学が舞台で、寮の存続に奮闘する主人公の坂下薫平を中心に学生たちと舎監である名倉との交流が描かれた小説になっています。

 

ドラマには「2001年の学生運動」というサブタイトルも付いていました。

大学寮に住む坂下薫平役で主演

反乱のボヤージュDVD

坂下薫平の苦悩や決意を熱演

ランキング18位の反乱のボヤージュでは岡田准一は医学部1年生の坂下薫平役で主演を務めています。

大学寮に住む坂下薫平が、大学寮存続のために配属された舎監に徐々に興味を持ち心を開いていく姿が印象的で、坂下自身の過去に向き合う姿も描かれたストーリなので感情や表情の演技が難しい役柄であるにも関わらず、岡田准一が見事にこなした作品となっています。

繊細な表情の演技が上手い

反乱のボヤージュで観ることが出来る岡田准一は、苦悩する主人公の特徴を上手くとらえていて感情表現がとても繊細な作品だと人気です。ジャニーズならではの細身でキレイな顔立ちですが、そこに苦悩がプラスされることで美しい演技となっていておすすめです。

17位:新・俺たちの旅Ver.1999(1999年7月)

作品のあらすじ

新・俺たちの旅

「俺たちの旅」のリメイク作品

ランキング17位は1999年7月から日本テレビで放送された土曜ドラマ「新・俺たちの旅Ver.1999」です。

 

1976年に放送された「俺たちの旅」のリメイク作品となっています。

 

 

 

新・俺たちの旅Ver.1999のあらすじは、津村浩介(カースケ)と中谷隆夫(オメダ)、そして熊沢伸六(グズ六)のお馬鹿でヘタレでグズな3人が織りなす青春を描いたストーリーです。

V6のComing Centuryの3人が主演

新・俺たちの旅

岡田准一はグズ六役

ランキング17位の新・俺たちの旅Ver.1999で岡田准一は何をしても上手く出来ないグズ男のグズ六を演じています。

 

就職をしてもクビになり、婚約者にも頭が上がらず両親に結婚の話も出来ないクズな役ですが、婚約者に見せる優しさや友達といる時の楽しそうな笑顔が可愛い役です。

 

友達のカースケを森田剛、オメダを三宅健が演じているのもあって、岡田准一も自然な演技になっている作品です。

関西弁の役が似合う

大阪出身の岡田准一ですが、普段は関西弁ではなく標準的な言葉を使っています。新・俺たちの旅が放送されていた当時は関西ジャニーズもまだあまりおらず、今でさえ関ジャニやジャニーズWESTなどが関西弁で話していますが、ドラマでも関西弁で話す岡田准一は新鮮だと話題になっていました。そのため関西弁で話すクズ六の役も自然な演技となっています。

16位:PU-PU-PU-(1998年10月)

作品のあらすじ

PU-PU-PU-

アメリカ留学で知り合った3人の友情ストーリー

ランキング16位は1998年10月からTBSで放送された「PU-PU-PU-」というテレビドラマです。

 

V6のComing Centuryの3人が初めて連続ドラマの主演を務めた作品になっています。

PU-PU-PU-のあらすじは、丹下隼人、楠木陸男、小峰和哉という面識のない3人の少年が、アメリカのロサンゼルスへの語学留学へ行く空港で知り合ったところから始まります。性格の合わない3人の成長と友情、そして恋愛、家族への反発や自由などを描いた青春もののストーリーとなっています

V6Coming Centuryの3人が主演

PU-PU-PU-

頭の良い小峰和哉役

ランキング16位のPU-PU-PU-では岡田准一は頭の良い小峰和哉役を演じています。

 

小峰は一橋大学に入学したにもかかわらず退学してアメリカ留学行きを選択した少年で、再婚した義理の父と上手くいかない家庭環境や恋愛模様などが描かれています。

今では見ることの出来ない岡田准一

PU-PU-PU-での岡田准一の役は頭は良いのにチャラいナンパ男役でした。今では見ることの出来ない岡田准一で演技のタイプが違いますし、上記の作品一覧から見ても分かるようにデビュー後すぐの作品となっていますが、10代でこの役を演じているのはかなり上手いと評価されています。

 

15位:オヤジぃ。(2000年10月)

作品のあらすじ

オヤジい。

頑固おやじの家族を描いた物語

ランキング15位は2000年10月からTBSで放送されていた「オヤジぃ。」というドラマです。

 

「オヤジぃ。」は開業医である神崎完一という頑固おやじを筆頭にした神崎家の家族の物語です。

 

次女の神崎すずが突然結婚すると言い出したことから始まる家族内での様々な騒動が描かれています。

神崎家末っ子長男の神崎正役

オヤジい。

医学部を目指す神崎家の末っ子

ランキング15位のオヤジぃ。での岡田准一は主人公神崎完一の息子役として出演しています。

 

開業医の父の跡を継ぐために医学部を目指して浪人中の少年ですが、自分を見つめなおして成長していく姿が描かれています。

可愛い弟役が似合う岡田准一

岡田准一が演じる神崎正はまさに弟タイプの可愛い性格です。V6でも一番年下の末っ子タイプなので上から可愛がられている姿が板についていて自然な演技になっているのが分かります。俳優として徐々に演技に磨きがかかってきている時期の役なのでおすすめの作品です。

14位:末っ子長男姉三人(2003年10月)

作品のあらすじ

末っ子長男姉三人

柏倉家が舞台のファミリードラマ

ランキング14位は2003年10月からTBSで放送された「末っ子長男姉三人」というテレビドラマです。

 

5歳年をサバ読んだまま結婚してしまった春子と、その夫となる柏倉一郎。そして一郎の姉である節子、和子、幸子と姉弟の母親である里子が登場する家族の物語です。

 

嫁である春子と小姑たち、そして一郎との新婚生活の展開が面白く描かれているドラマになっています。

 

 

 

 

柏倉家の末っ子長男である一郎役

末っ子長男姉三人

姉に頭が上がらない平和主義の弟

ランキング14位の末っ子長男姉三人での岡田准一は末っ子長男の柏倉一郎役で出演しています。

 

自由で元気な姉三人に押されながらも妻である春子には弟気質の甘えん坊で平和主義な性格が特徴で、春子にもよく怒られている役柄です。

まさに岡田准一ならではの配役

ランキング15位のオヤジぃ。と同じように末っ子長男姉三人でも兄弟の末っ子を演じている岡田准一ですが、さらに3年後の出演作品として演技がかなり上達しているのが分かります。姉三人に尻に敷かれている姿や妻にデレデレしている姿、さらには実はしっかりと姉対策をしている姿などがきちんと演じ分けられていて面白い作品となっているのでおすすめです。

13位:恋愛偏差値 燃え尽きるまで(2002年7月)

恋愛偏差値ドラマ

シリーズのリレー方式ドラマ

ランキング13位の「恋愛偏差値」は2002年7月からフジテレビで放送され、1クール(3ヶ月)に4話完結の物語を3シリーズ放送するというリレー方式のドラマです。

 

第一章の「燃え尽きるまで」、第二章の「Party」、第三章の「彼女の嫌いな彼女」という3シリーズがあり、ランキング14位は第一章で放送されたドラマです。

恋愛偏差値第一章の燃え尽きるまでのあらすじは、仕事も恋も順調であった山村怜子が彼氏に振られたことから始まる恋愛系ドラマです。彼氏からリュージを通して合鍵を返されたことから、怜子とリュージの関係や上手くいかない仕事のことなど仕事にも恋にも悩む怜子の姿が描かれたストーリーになっています。

主人公を慰めるバー店員のリュージ役

セクシーな岡田准一

クールでかっこいい岡田准一の演技

ランキング13位の恋愛偏差値での岡田准一の役は主人公の山村怜子に寄り添い慰めるリュージと言うバーの店員です。

 

彼氏にフラられた怜子を優しい言葉で慰めたり、さりげなく支えてあげている好青年ぶりがクールでかっこいい役柄で、岡田准一の初恋愛ドラマとなっています。

繊細で綺麗な演技が話題に

恋愛偏差値での岡田准一演じるリュージは男性が好きだというゲイの役でした。それでも怜子のことが気になる気持ちを自覚して悩んだり葛藤している姿が美しく繊細で綺麗だと人気となっています。

12位:ディア・フレンド(1999年11月)

作品のあらすじ

ディア・フレンド

老人と少年の友情を描いた物語

ランキング12位は1999年の11月にTBSで放送された「ディア・フレンド」というドラマです。

 

偏屈で頑固な老人と保護観察中の17歳の少年がボランティアに来たデイケアセンターで出会うことから物語が始まります。

素直になれない頑固な老人佐竹喜一と、そんな佐竹と喧嘩をしながらも心を通わせていく少年山村裕司の友情が描かれた作品になっており、平成11年度文化庁芸術祭優秀賞受賞作品にも選ばれました。

 

保護観察中の山室裕司役

ディア・フレンド

喧嘩っ早い不良少年

ランキング12位のディア・フレンドでの岡田准一の役は、保護観察中の不良少年である山室裕司です。

頑固な老人佐竹との言い合いの喧嘩で声を荒げたり、不器用で思ったことを言えずに苦悩する表情や仕草などが特徴的な少年です。主人公役の緒形拳の演技に負けず劣らず迫力のある演技をしている岡田准一が観れる作品になっています。

演技が絶賛された作品

ディア・フレンドでの岡田准一の演技は配役が良かったこともありますが、共演の緒形拳からも俳優としての才能を認められる演技となっています。裕司の不器用な性格が上手く表現出来ていておすすめの作品です。

11位:忠臣蔵1/47(2001年12月)

作品のあらすじ

忠臣蔵1/47

赤穂浪士の47人の1人にスポットを当てた作品

ランキング11位は2001年12月にフジテレビで放送された1夜完結の「忠臣蔵1/47」というスペシャルドラマです。

 

赤穂浪士の47人の内の1人堀部安兵衛が主人公のドラマで、唯一人を斬ったことのある彼の生涯を描いたストーリーとなっています。

 

史実とは少し違う部分もあるので歴史とは違う忠臣蔵を観ることが出来ておすすめです。

大石内蔵助の息子役

忠臣蔵1/47

大石主税として初の時代劇出演

ランキング11位の忠臣蔵1/47では、赤穂浪士筆頭家老・大石内蔵助の息子である大石主税を演じています。

 

赤穂浪士の47人の中では最年少で、討ち入り時には16歳と言う若さでした。繊細で難しい感情を上手く演じています。

初の時代劇で初々しさのある演技が可愛い

忠臣蔵1/47の岡田准一はあまり登場回数は多くないものの、大石内蔵助の息子として必死に頑張っている姿が特徴的な役柄でした。岡田准一も俳優としての活動で初めての時代劇出演だったので時代劇特有の言葉遣いなどが新鮮で初々しい演技が、父に認めてもらおうと頑張っている大石主税とリンクしていた作品となっています。

岡田准一ドラマ人気ランキング10~4位

10位:モナリザの微笑(2000年1月)

作品のあらすじ

モナリザの微笑

失われた2枚目のモナリザを追う物語

ランキング10位は2000年1月にフジテレビで放送された「モナリザの微笑」というドラマです。

モナリザの微笑はレオナルドダヴィンチの作品であるモナリザをめぐるパロディドラマとなっています。有名な微笑のモナリザの他に2枚目の悲しみのモナリザと言う作品があり、失われたその作品をめぐって巻き起こる問題を、主人公である立花雅之が解決していくストーリーとなっています。

オークションハウスの副支配人役

スーツの岡田准一

副支配人兼経理担当の岡島卓郎

ランキング10位のモナリザの微笑ではオークションハウス・ワイズの副支配人兼経理担当を務めている岡島卓郎と言う人物を演じています。

岡島卓郎は主人公の立花と協力してオークションに出される作品の贋作を見抜いたり、オークションハウスの存続に力を入れたりと若くして副支配人になっているだけあってしっかりとした性格の青年で、しっかりしているけどどこか頼りない姿や可愛い姿を上手く演じ分けられている作品になっています。

しっかりとした性格の板にハマった演技

モナリザの微笑での岡田准一はコメディでもなくシリアス過ぎない演技が定評の役でした。現在の岡田准一の落ち着いた雰囲気の演技と共通する部分もあり、共演の江口洋介や役柄の影響もあるのかもしれませんが、表情やふとした仕草などで見せる演技が人気となっていました。

9位:冬の運動会(2005年1月)

作品のあらすじ

冬の運動会

1977年放送のリメイク版ドラマ

ランキング9位は2005年1月に日本テレビの3時間ドラマで放送された「冬の運動会」というスペシャルドラマです。

 

1977年に「木下恵介・人間の歌シリーズ」の最終作としてTBSで放送されたドラマで、2005年にリメイクされた作品に岡田准一が出演しています。

冬の運動会は厳格な祖父や父親に囲まれた堅苦しい家庭に生まれた北沢菊男という青年が、憩いの場所である靴屋の夫婦のもとで日出子に出会い成長していく物語です。厳格なはずの祖父も父親もが家庭以外に憩いの場所を持っていて家庭環境が複雑なことや、将来や恋に悩む菊男の姿が描かれた作品です。

北沢菊男で主演

冬の運動会

ナイーブながらも成長していく主人公

冬の運動会での岡田准一は、厳格で冷たい祖父や父親のいる家庭に息苦しさを覚えて、家族以外の安らげる場所を見つけて成長していく青年を演じています。

 

岡田准一は主演としてナイーブで難しい菊男の感情と成長していく様を上手く演技しています。岡田准一の演技力が感じられる作品ともいえるでしょう。

シリアスな演技も抜群

冬の運動会はとてもシリアスでストーリーが心に刺さるドラマですが、ジャニーズの中でも岡田准一の演技は特に感情表現が豊かで見入ってしまうような自然なものなので、主人公菊男の心情や仕草がシリアスなストーリーに抜群に合っていておすすめの作品です。

8位:虹を架ける王妃(2006年11月)

作品のあらすじ

虹を架ける王妃

奇跡の夫婦愛スペシャルドラマ

ランキング8位は2006年11月にフジテレビで放送された奇跡の夫婦愛スペシャルの「虹を架ける王妃~朝鮮王朝最後の皇太子と方子妃の物語」というドラマです。

 

史実を基にしたフィクションドラマとなっており、実在する夫婦の愛を描いた作品になっています。

 

皇族梨本宮家の長女である李方子と李氏朝鮮第26代国王の皇太子である李垠との物語で、政略結婚ながらも真実の愛に生きた夫婦を描いています。

朝鮮王朝最後の皇太子李垠役

虹を架ける王妃

動乱の中で苦悩する皇太子を熱演

ランキング8位の虹を架ける王妃は史実を基にした作品なので岡田准一演じる李垠も実在する人物であり、動乱の世の中を生きた青年を演じています。

妻である方子との真実の愛を求めて生き、日本での関東大震災や太平洋戦争などの苦難な日々を生きる青年の難しい心情を上手く演じているだけではなく、皇太子としての凛とした立ち振る舞いやハングル語などの普段観ることが出来ない岡田准一を観ることが出来るのでおすすめです。

日本人役じゃなくても抜群の演技

虹を架ける王妃の岡田准一は在日朝鮮人の役でしたが、日本人役ではなくても本物の皇太子のように落ち着いた堂々とした立ち振る舞いの演技が出来ているのがすごいとファンの間でも人気となっていました。品があって優しい声で話す皇太子の姿はいつもの岡田准一よりも大人っぽく見ごたえのあるドラマとなっています。

7位:大化改新(2005年1月)

作品のあらすじ

大化改新ドラマ

大化の改新を基にした古代史ドラマスペシャル

ランキング7位は2005年の1月にNHKで放送された古代史ドラマスペシャルの第2作「大化改新」です。

 

史実の大化の改新前後の時代を背景にしたパロディ要素を含む作品になっています。

 

中臣鎌足の生涯を描いた作品で、歴史の教科書からは読み取れない彼らの心情や蘇我入鹿の友情と裏切りなどの波乱の人生が面白い作品ドラマになっています。

大化の改新を起こした中臣鎌足役で主演

大化改新ドラマ

波乱の人生を生きた中臣鎌足

ランキング7位の大化改新での岡田准一の役は、史実で実際に大化の改新を起こした中臣鎌足という役どころです。

蘇我入鹿との友情や考え方の違いによる裏切りなど苦悩の日々を過ごす中臣鎌足の難しい心情を、岡田准一が圧巻の演技で演じていると話題になった作品でもあります。

どんな役でも本気の演技がすごい

大化改新に関わらず岡田准一の役は苦悩したり葛藤したりする役が多く、その演技の上手さはいつも高評価です。特に泣く演技に関しては大化改新の際にも観ることが出来ますが、本気で全力で泣いているのが分かりますし、まさに脇目も降らず感情のままに泣くというところがすごい俳優でもあります。ジャニーズの俳優でも岡田准一の泣く演技に右に出る者はいないと言われているほどの実力です。

6位:図書館戦争BOOK OF MEMORIES(2015年10月)

作品のあらすじ

図書館戦争BOOK OF MEMORIES

映画に合わせて放送されたドラマ

ランキング6位の「図書館戦争BOOK OF MEMORIES」は2015年10月にTBSにて放送されたスペシャルドラマです。

 

映画版第2作の「図書館戦争 THE LAST MISSION」が公開されるにあたって作られた作品になっています。

 

図書隊として働く笹原郁と鬼教官である堂上篤を中心に、笹原の親との確執や聴覚障害を持つ少女の恋の物語が描かれた作品になっています。

図書隊として働く堂上篤役で主演

図書館戦争BOOK OF MEMORIES

主人公を支える鬼教官

ランキング6位の図書館戦争での岡田准一は主人公笠原郁を支える鬼教官の堂上篤としてW主演で出演しています。

部下を厳しく育てる傍らで時折見せる優しさや男らしい仕草が特徴的な人物で、身を鍛えている岡田准一にぴったりのかっこいい役どころになっています。

原作通りの鬼教官

図書館戦争の岡田准一は主人公の鬼教官である堂上篤と言う役柄ですが、この作品は有川浩の小説が原作になっており、岡田准一演じる堂上篤はまさに原作通りの鬼教官です。厳しい所もありますが時折見せる優しさや空回りする性格も原作通りの堂上を演じられており、岡田准一の演技力の高さが評価される作品となっています。

5位:D×D(1997年7月)

作品のあらすじ

D×Dドラマ

霊能力のある2人のゴーストハントの物語

ランキング5位は1997年の7月から日本テレビで放送された「D×D」というドラマです。

 

事故に遭ったことから霊能力が身についてしまった主人公の相沢悟と、同じく霊が見えるゴーストハンターの木原虎之介が怪事件を解決していく物語となっています。

自称私立探偵の木原虎之介役

D×Dドラマ

関西弁のゴーストハンター

ランキング5位のD×Dでの岡田准一は主人公相沢と行動を共にするゴーストハンターの木原虎之介役です。

 

コテコテの関西弁を話す探偵で、金に目がなく守銭奴。家族が事故で死んでしまい孤独に生きている青年です。

演技力の急成長

上記の作品一覧からも分かるようにD×Dが放送されたのは1997年でV6がデビューしてわずか2年後のことです。このころの岡田准一の演技は棒読みでお世辞にも上手だとは言えない者でしたが、先輩の長瀬智也の影響もあってかドラマ1クールが終わるころにはかなり上手くなっているのが分かります。

4位:タイガー&ドラゴン(2005年4月)

作品のあらすじ

タイガー&ドラゴン

落語が舞台の人情ドラマ

ランキング4位の「タイガー&ドラゴン」は2005年の1月に単発のドラマとしてTBSで放送され、その後続編が連続ドラマとして4月から放送されました。

 

やくざの主人公山崎虎児がひょんなことからどん兵衛の落語を聞いてその笑いに目覚め、どん兵衛の下で始業を始めるというストーリーです。

 

どん兵衛の次男である谷中竜二と出会い、落語家とやくざの二足のわらじをはきながら、人情や師弟愛、家族愛を深めていくコメディドラマとなっています。

どん兵衛の次男谷中竜二役でW主演

タイガー&ドラゴン

長瀬智也とのタッグ

ランキング4位のタイガー&ドラゴンでは主人公の虎児を長瀬智也、どん兵衛の次男である竜二を岡田准一が務めています。

コメディ系のやんちゃな役も

「D×D」に引き続き岡田准一と長瀬智也のタッグドラマで、長瀬に比べると演技はまだまだの岡田ですが、キャラの濃い竜二役を上手く演じていたと好評です。現在ではあまり見ることが出来ませんが、岡田准一のコメディ系の思わず笑ってしまうような表情や演技もおすすめです。

 

岡田准一ドラマ人気ランキング3~1位

3位:SP 警視庁警備部警護課第四係(2007年11月)

作品のあらすじ

SPドラマ

SPがテロリストと戦うアクションドラマ

ランキング位は2007年11月からフジテレビで放送された「SP 警視庁警備部警護課第四係」というドラマです。

警視庁警備部警護課第四係の機動警護班に所属するSPの井上薫を主人公に、推理をする刑事ドラマ要素と派手な立ち回りをするアクション要素が合わさってテロリストたちと対峙するというストーリーになっています。

井上薫役で主演

SPドラマ

巡査部長で準キャリア警察官

ランキング3位のSPで岡田准一が演じるのは五感が異常に発達した特殊能力を持つキャリア警察官です。

 

SPとしてテロリストと対峙した時にはその能力で犯人を捕まえたり、射撃や護身術の腕も高く派手なアクションを見せていました。

スタントなしの演技が話題で高評価

岡田准一はSPのドラマの企画段階から参加しており、ドラマの撮影が始まる1年も前からスポーツジムに通うなどの体力づくりを行っていました。さらにドラマが始まってからはカリやジークンドーなどの格闘技も習得していき、ドラマの撮影では過激なアクションでもスタントなしの撮影を行っていて話題となりました。演技力もさることながらアクションでも魅せる岡田准一が観れるのでおすすめです。

2位:大河ドラマ 軍師官兵衛(2014年1月)

作品のあらすじ

軍師官兵衛

戦国時代の大名黒田官兵衛を描いた歴史ドラマ

ランキング2位は2014年1月からNHKで放送された大河ドラマ「軍師官兵衛」です。

 

織田信長や羽柴秀吉などと同じ時代に軍師として名を馳せた黒田官兵衛を主人公としたドラマで、彼の波乱万丈な生涯を描いたストーリーとなっています。

黒田官兵衛役で主演

軍師官兵衛

16歳から59歳までを熱演

ランキング2位の軍師官兵衛での岡田准一は黒田官兵衛役で大河ドラマ初出演で主演をこなし、16歳から59歳までの官兵衛を演じました。

迫力のある繊細な演技が評判

岡田准一は、若いころから軍師として活躍していた頭の切れる官兵衛から、大名となった貫禄のある姿、晩年の姿などそれぞれの役を見事に演技しており、ランキング上位の背景にはジャニーズ好きの若者だけではなく大河ドラマを普段から見る年配の方にも高評価の作品となっていることがあるようです。

1位:木更津キャッツアイ(2002年1月)

作品のあらすじ

木更津キャッツアイ

草野球チームの青春ストーリー

ランキング1位は2002年1月からTBDで放送された「木更津キャッツアイ」です。

 

千葉県木更津市で結成された草野球の木更津キャッツというチームの青春ストーリーで、主人公のぶっさんこと田淵公平と彼を取り巻くメンバーの物語となっています。

 

実験的なドラマで1話を野球のゲームのように表と裏に分けて、表のストーリーの巻き戻したような裏話を入れた趣向を凝らした作品になっています。

田淵公平役で主演

木更津キャッツアイ

ドラマ初主演の作品

ランキング1位の木更津キャッツアイは岡田准一がドラマの初主演作品となっていて歴代のドラマの中でも特別な作品となっています。

 

岡田演じるぶっさん(田渕公平)は余命半年を告げられた木更津キャッツのキャプテンで、残りの人生に悩みながらも仲間との青春を楽しんでいる様が描かれています。

ぎこちなさが残る演技

木更津キャッツアイは岡田准一の初主演なのでまだまだ演技自体には固さやぎこちなさが出ている作品です。それでも脚本の面白さや仲間との楽しそうな岡田の笑顔が可愛いと評判の作品です。歴代の人気ランキング上位は新しい作品が多いですが、上記で紹介した一覧からも分かるように新しい作品ではないにもかかわらず現在でも根強いファンがいるおすすめのドラマです。

岡田准一映画人気ランキング15~4位

15位:花よりもなほ(2006年6月)

作品のあらすじ

ランキング15位は2006年6月3日に公開された映画「花よりもなほ」です。今から約300年前の元禄15年、父親の仇討ちを決めた武士の青木宗左衛門が主人公です。江戸で仇を探す毎日を送りますが、人情溢れる貧乏な長屋暮らしを続けるうちに仇討ちしない人生も考え始めるという歴史もののストーリーが魅力的な映画となっています。

青木宗左衛門役で主演

花よりもなほ

剣の腕がからきしダメな武士

ランキング15位の花よりもなほで岡田准一が演じるのは主人公の青木宗左衛門です。

 

父の仇討ちをするという目的で信州から出てきたにもかかわらず、剣の腕はからきしダメで敵前逃亡したりと仇討ちどころじゃない情けない姿が特徴の青年役です。

日刊スポーツ映画大賞の石原裕次郎新人賞を受賞

映画花よりもなほでの岡田准一は剣術が苦手な武士の役であったために歴代の時代劇作品に比べると珍しくアクションシーンはほとんどありません。だからこそのふとした仕草や着物を着ている佇まいが綺麗で武士らしいと評判になっており、映画大賞の石原裕次郎新人賞を受賞するほどの実力を見せてくれた映画になっているのでおすすめです。

14位:東京タワー(2005年1月)

ランキング14位は2005年1月15日に公開された映画「東京タワー」です。原作は江國香織による長編恋愛小説で、不倫関係にある2つの対照的な恋愛模様を描いた美しくも悲しいストーリーの映画となっています。

母親の友人を愛してしまった青年・小島透役

映画東京タワー

不倫ながらも純粋な愛を貫く青年

東京タワーで岡田准一が演じるのは自分の母親の友人である女性を純粋に愛してしまった美しい青年です。

 

 

遊びで不倫を始めた透の友人、大原耕二(松本潤)とは違って真剣に愛を貫く姿やもどかしさに悩む姿が綺麗な青年の役となっています。

濡れ場シーンもある美しい演技

映画東京タワーでの岡田准一はその役柄上綺麗で美しい青年であり、今では鍛えていてアクション俳優のような立ち位置にもなっていますが、この映画の際には細くて繊細な美青年を演じていました。ピュアで美しい心を持つ青年をその表情と仕草で上手く演じており、濡れ場シーンもある映画ですがジャニーズ俳優ながら抜群の演技でこなしていて歴代の作品の中でも特に大人っぽい作品となっています。

13位:おと・な・り(2009年5月)

ランキング13位は2009年5月16日に公開された映画「おと・な・り」です。カメラマンの野島聡と30歳独身の普通の生活を送る登川七緒がアパートの隣同士に住んでいることから始まる物語で、それそれの部屋の壁から聞こえてくる生活音が気になって恋に落ちていくというほのぼのとした日常を描いた映画になっています。

カメラマン野島聡役で主演

おと・な・り

夢を追うカメラマン役

おと・な・りでの岡田准一はカメラマン、野島聡役で主演を務めています。

自分が撮りたいものと求められるものの違いにもがく聡が、隣に住んでいる七緒の鼻歌や加湿器の音などに癒しを感じているほのぼのとした姿が特徴的な作品で、岡田准一の葛藤する演技も魅力的です。

物静かで大人っぽい演技もおすすめ

歴代作品の2000年前後のコメディ系の役柄や現在のアクションシーンが多い役柄ももちろん良いですが、おと・な・りで魅せる落ち着いた雰囲気の青年役もハマっていておすすめです。七瀬側の感情が多く、岡田准一演じる野島聡の感情があまり見えてこない映画ですが、だからこその細かい表情や仕草が重要で、岡田准一の繊細な演技が光る映画となっています。

12位:フライ,ダディ,フライ(2005年7月)

ランキング12位は2005年7月9日に公開された映画「フライ,ダディ,フライ」という作品です。原作は2003年2月に発行された金城一紀の小説で、娘に怪我をさせた相手へ父親である鈴木一が復讐するために計画を練っていくというストーリーの映画になっています。

復讐に萌える父親を助ける学生役

フライ、ダディ、フライ

復讐相手の隣の高校に通う学生・朴舜臣

フライ,ダディ,フライで岡田准一は娘の復讐を誓う父親に手助けをするという在日韓国人の学生を演じています。

無愛想で寡黙ながらも鈴木に強さを教える朴の姿を岡田准一がかっこよく演じており、精神面でも強さのある性格が特徴の少年となっています。

鍛えられた美しい身体を披露

この映画では岡田准一はかなり腕っぷしの強い学生を演じています。タンクトップ姿で鍛えられた肉体を披露しており、男らしいその姿に対して鈴木に体術を教えている際に見せる笑顔が可愛いと評判になっています。

11位:木更津キャッツアイ (2003年、2006年)

ランキング11位の「木更津キャッツアイ」は2002年にテレビドラマで放送された作品の映画で、2003年11月1日に「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」、2006年10月28日には「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」が上映されています。日本シリーズではドラマの半年後、ワールドシリーズでは3年後が描かれています。

ワールドシリーズでは蘇ったぶっさん

木更津キャッツアイ映画

蘇るほど人気の主人公

ドラマでは余命半年と言われていた田渕公平でしたが、映画の日本シリーズではドラマの半年後のストーリーで相変わらずの青春時代を送っています。

 

ワールドシリーズでは岡田准一演じる公平が死んだ3年後のストーリーとなっていますが、すでに故人なのに蘇って登場するほどの人気キャラとなっています。

映画になって徐々に演技も高評価に

ドラマの木更津キャッツアイではまたまだ演技も未熟だった岡田准一ですが、ドラマが終わって4年後に公開された映画木更津キャッツアイのワールドシリーズでは演技力もかなり上達し、高評価を受けるようになります。ジャニーズV6としてのアイドル面だけではなく、俳優業でもかなり勉強を重ねているようで歴代のジャニーズ俳優の中でも特に演技の上手い俳優となっています。

 

10位:陰日向に咲く(2008年1月)

作品のあらすじ

ランキング10位は2008年1月に公開された映画「陰日向に咲く」という作品です。2006年にお笑い芸人の劇団ひとりが書いたオムニバス形式の小説が原作で、映画ではその1作品に特にスポットを当てつつ全作品のストーリーが入った映画となっています。無償の愛とひとりじゃないという優しい気持ちがあふれるストーリーの映画となっています。

Over runと言う作品のシンヤ役

陰日向に咲く

ギャンブル好きのダメ人間シンヤ

陰日向に咲くで岡田准一が演じているのはオムニバスの中のOver runという作品の主人公であるシンヤです。

ギャンブルが大好きな多重債務者ですが実は小心者で心優しい性格の青年です。借金の返済に困ってオレオレ詐欺に手を出してしまいますが、そこで出会った老人からまた別のストーリーと繋がっていく縁の深さが温かみのある作品となっています。

情けないけれど目が離せない主人公

映画陰日向に咲くで岡田准一が演じるシンヤはギャンブル狂のダメ人間で、とても情けない姿が特徴的な主人公です。しかし岡田准一が演じることによってシンヤの心の温かさや葛藤する心の内がよく分かるので、どんなにダメな主人公でも目を惹き付ける魅力のある演技になっています。

9位:SP THE MOTION PICTURE(2010年、2011年)

作品のあらすじ

ランキング9位の「SP THE MOTION PICTURE」は2010年10月30日に公開された「野望編」と2011年3月12日に公開された「革命編」の2作品となっています。2007年に放送されていたドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画で、上司である尾形の野望と占拠された国会議事堂を舞台に繰り広げられるテロリストとの戦いを描いた映画になっています。

アクションに推理に活躍する主人公

SP野望編

野望編では華麗なアクションが見もの

ドラマのSPでも観ることが出来ましたが、映画のSPでも岡田准一の華麗なアクションを観ることが出来ます。

 

特に野望編では岡田准一演じる井上薫のスピーディーなアクションが魅力的で、鍛えている岡田准一ならではのかっこいい姿を観れるのでおすすめです。

 

革命編ではアクションもそうですが心理戦のような推理的要素も楽しむことが出来るので、岡田准一の表情の演技も魅力となっています。

ドラマよりさらに演技力アップ

作品一覧からも分かりますがSPがドラマで放送されていたのは2007年で、映画が公開されたのは2010年と2011年で少し時間が経ってからになります。ドラマでももちろん派手なアクションとクールな演技が評判でしたが、映画になるとより迫力のあるアクションと繊細な演技が目立つようになり、その演技力が格段に上がっていることが分かります。

8位:蜩ノ記(2014年10月)

作品のあらすじ

ランキング8位は2014年10月4日に公開された「蜩ノ記(ひぐらしのき)」という映画です。葉室麟による時代小説が原作の作品で、城内で刀傷騒ぎを起こした壇野庄三郎が3年後に切腹が決まっている戸田秋谷という男の監視役を命じられたことから、彼の家族との生活を通じて秋谷の人間性や切腹の陰謀を知り切腹の日までを見守るストーリーの映画となっています。

戸田秋谷を監視する壇野庄三郎役

映画蜩ノ記

役所広司とのW主演

蜩ノ記での岡田准一は役所広司演じる戸田秋谷を監視する壇野庄三郎役です。

 

切腹の時を待ちながらも武士なのに百姓とともに生きようとする生き方に感慨を覚えて秋谷を守ろうと、切腹となった事件の真相を暴いていく青年です。

仕草や歩き方まで本物の武士の様な演技

歴代の作品で時代劇にも多く出演している岡田准一ですが、映画蜩ノ記はその中でもかなり初めに出演した作品です。着物での撮影にはそこまで慣れていないと思いきや、映画の中での岡田准一の所作や佇まいはまさに武士の様だと絶賛されていました。役作りが本格的で演技力の高さが分かる映画となっています。

7位:天地明察(2012年9月)

作品のあらすじ

ランキング7位は2012年9月15日に公開された「天地明察」という映画です。冲方丁の著した時代小説が原作となっており、映画では原作や史実とは異なる部分もあるが評価の高い作品となっています。天体を観察して日本独自の歴を作ろうと試みた青年安井算哲が日本各地で北極星の位置を確認しに回ったり何年もかけて貞享暦を作成していくストーリーの映画です。

貞享暦の作成者安井算哲(渋川春海)役

天地明察

数学や暦法、神道を学んだ優秀な青年

天地明察で岡田准一が演じたのは実在する人物である安井算哲(渋川春海)という役で主演となります。

 

様々な学を学びその能力にも秀でており、日本に正しい暦を作ろうと奮闘していた人物でもあります。

映画で岡田准一が演じる安井算哲(渋川春海)は、学問に集中し過ぎて恋仲であるえんに3年も結婚を待たせたという根っからの学者気質でもあります。

表情がコロコロ変わる演技が抜群に上手い

映画天地明察での岡田准一の役は学者気質で真面目な性格でありながらも、どこか可愛らしい愛嬌のある主人公で、日本中を回って北極星の位置を確認するにしても真剣ながらも楽しんでいて表情がコロコロ変わる姿が印象に残ります。映画の中の主人公でも観る側からしても親近感のある共感出来るような演技になっているのがすごい所で人気のある映画です。

6位:エヴェレスト 神々の山嶺(2016年3月)

作品のあらすじ

ランキング6位は2016年3月12日に公開された映画「エヴェレスト 神々の山嶺」です。夢枕獏が著した「神々の山嶺」という小説が原作の映画で、登山家である羽生丈二と同じく登山家の深町誠がエヴェレスト登山中に遭難したジョージ・マロリーの遺品であるカメラを手にしたことから、2人でエヴェレスト登山を開始し、遭難の真相を追い求めるストーリーの映画となっています。

登山家でカメラマンの深町誠役で主演

エヴェレスト 神々の山嶺

登山を愛するカメラマン

エヴェレスト 神々の山嶺で岡田准一が演じるのは山岳カメラマンとして活躍している深町誠という青年です。

 

ジョージ・マロリーのカメラを見つけたことから彼のエヴェレスト登山時の遭難の状況を知るべく、登山中にそのカメラを見つけたとされ、ネパールで消息不明になっていた登山家の羽生丈二を追いかけてエヴェレストを登頂を目指す少し強引なところもある青年です。

実際のエヴェレストで撮影された過酷な映画

映画エヴェレストの撮影は実際にネパールのエヴェレストで行われています。標高5200mの地点でも撮影が行われ、酸素が薄く過酷な状態の中で演じる深町誠役は、岡田准一ではなく深町誠そのものになっているほど役への入り込みがすごい映画となっています。ジャニーズの俳優としてここまでの演技が出来るのはすごいことで映画自体も評価の高い作品になっています。

5位:海賊と呼ばれた男(2016年12月)

作品のあらすじ

ランキング5位は2016年12月10日に公開された「海賊と呼ばれた男」という作品です。百田尚樹が著した実在した出光興産創業者の出光佐三をモデルとした時代小説となっています。主人公国岡鐵造が国岡商店を大企業に成長させる様が描かれた作品で、原作は上下巻累計420万部とっぱのベストセラーとなっておりおすすめです。

主人公国岡鐵造役

海賊と呼ばれた男

国岡商店の創業者

海賊と呼ばれた男での岡田准一は主人公である国岡鐵造の役です。

 

激動の時代で自分の会社を成長させるために奮闘する青年となっています。

20代から90代までの幅広い役を演じきった

岡田准一演じる国岡鐵造は映画の中で20代から90代までの生涯が描かれています。そのすべてを岡田准一が演じていますが、どの年齢の役でも違和感なく1本筋の通った男らしい姿が特徴的でその演技のすばらしさも人気のある作品となっています。歴代出演作品の中でもいくつか歴史に関する作品に出演していますが、ここまで日本人の歴史背景を感じる役を演じられるのは岡田准一の演技力あってのものではないでしょうか。

4位:追憶(2017年5月)

作品のあらすじ

ランキング4位は2017年5月6日公開された映画「追憶」です。幼馴染だった3人の少年がある事件をきっかけに容疑者の田所啓太、被害者の川端悟、そして主人公の四方篤が刑事として再び会うことから始まるストーリーで過去の秘密に向き合うヒューマンサスペンス映画となっています。

敏腕刑事の四方篤役で主演

映画追憶

幼馴染の事件を追う刑事

追憶での岡田准一の役は敏腕の刑事で物語の中心となる3人の幼馴染の1人である四方篤です。

幼馴染の容疑者である田所啓太とのすれ違いを経て過去の秘密に向き合う青年で、上手くいっていない自分の家庭や過去の自分とも向き合い成長していく姿が描かれています。

 

悩みや葛藤がよくわかる演技

映画追憶での岡田准一は刑事としての物静かなしっかりとした動きと、それだけでは分かりにくい感情を繊細な表情で補っている演技が高評価を得ています。歴代のドラマや映画では激しいアクションやコメディ系の作品が多くありましたが、追憶では特に表情や繊細な仕草が特徴的でその演技を上手く使いこなす岡田准一が素晴らしいと人気となっています。

岡田准一映画人気ランキング3~1位

3位:図書館戦争(2013年4月、2015年10月)

作品のあらすじ

ランキング3位の「図書館戦争」は2013年4月27日に第1作、2015年10月10日に第2作が公開された映画です。有川浩が著した小説が原作の映画で、本の自由を守るために設立された図書館の自衛組織である図書隊に入隊した笠原育の本を守るための奮闘や上官との恋愛模様を描いた映画作品になっています。

堂上篤役で主演

図書館戦争映画

図書隊の鬼教官

図書館戦争で岡田准一が演じているのは主人公笠原郁の上官である堂上篤です。

 

鬼教官として厳しく主人公を育てる青年で、本に対する情熱と後輩想いの優しい面も持ち合わせた性格をしています。

原作に忠実で自然な演技

小説やアニメなどの原作がある映画はセリフが決まっているのでどこか不自然な演技になりがちです。岡田准一の歴代の出演作品でもその兆候はあり、特に俳優としてデビューしてすぐはビックリするほどセリフを読んだだけの演技もありましたが、図書館戦争に関しては不自然さは一切なく自然な演技が出来ていると高評価です。

与えられた役を原作に忠実に再現するだけではなく、岡田准一らしい堂上篤と言う役が作られていてその演技の上手さだけでなく役への作り込みも称賛されています。

2位:永遠の0(2013年12月)

作品のあらすじ

ランキング2位は2013年12月21日に公開された「永遠の0」という映画です。百田尚樹が著した小説が原作で、ある2人の兄弟が戦争で亡くなった実の祖父の宮部久蔵を調べるところから始まるストーリーです。臆病だと言われた宮部の生涯と家族を愛していた壮絶な生き方を描いた戦争ものの愛を描いた映画作品となっています。

宮部久蔵役で主演

永遠の0

家族のために生きた男

永遠の0での岡田准一は姉弟である佐伯健太郎と慶子の実の祖父で、戦時中に活躍した航空兵の宮部久蔵役です。

 

愛する妻と子供のために当時の日本の思想とは真逆の生きて帰ることを公言していた青年で、生きるために慎重な操縦をして臆病者と称されていました。

 

最終的には特攻して命を落とすものの、妻子の写真を持っていたことにより米兵らもその心中を察して亡骸は丁重に葬られました。

迫力のある繊細な演技が好評

映画永遠の0では岡田准一は報知映画賞で主演男優賞を受賞しています。岡田准一演じる宮部久蔵はまさに戦時中に生きた日本人ならではの人物で、その時代背景がよくわかる宮部の苦悩や葛藤が上手く表現されていました。映画の中では部下と口論になったり声を荒げるシーンもありましたが、生きるか死ぬかの真っただ中での鬼気迫る演技が素晴らしく観る価値のある映画となっています。

岡田准一演じる宮部久蔵は謎が多く誤解されやすい人物として登場しますが、映画ではその表情を観ることが出来るので岡田准一が見せるふとした時の表情などが宮部久蔵の感情を上手く表していて、ここでも演技力の高さを観ることが出来ます。

1位:関ケ原(2017年8月)

作品のあらすじ

ランキング1位は2017年8月26日に公開された映画「関ヶ原」です。司馬遼太郎の著した小説が原作になっており、石田三成と徳川家康が主人公の関ケ原の戦いの6時間の内容を描いた歴史ストーリーの映画となっています。

石田光成役で主演

映画関ヶ原

不器用で真っ直ぐな石田三成

関ヶ原での岡田准一の役は関ケ原の戦いで豊臣軍率いる西軍で家康の野望を阻止しようと奮闘していた主演の石田三成です。

 

数理に長けた優秀な頭脳を持ちながら客観的な現実をみることが出来ず自らの意見を押し通すこともあるのでへいくわい者(横柄者)とも呼ばれていましたが、勝利を信じひたすら突き進む姿がどこか健気に見える愛しさのある主人公となっています。

目で語る演技が抜群に上手い

映画関ヶ原で岡田准一が演じた石田三成は、石田三成一般的に史実で語られている三成よりも人間味があり、どちらかと言うと温かさもある人物です。岡田准一は司馬遼太郎の描いたその三成像を忠実に再現しており、ふとした仕草から迫力のある演技までを抜群に上手くこなしていました。

石田三成という人物は実は過敏性腸症候群を患っていたらしく、物語の中では一切出てこない裏の部分であるにも関わらず、岡田准一はその史実さえも演じていたそうです。話している時に時折目を伏せたりしているのはお腹が痛いんだと思いながら演じていたそうで、その腹痛の件もそうですが、セリフや立ち回りだけではなく目を使って演技しているのも抜群に上手いと評判になりました。

岡田准一最新主演映画『散り椿』がおすすめ!

圧巻の殺陣!思わず引き込まれる演技をお披露目

2018年9月28日に公開予定の「散り椿」という映画では岡田准一は主人公である瓜生新兵衛を演じ、圧巻の殺陣を披露しています。愛のために剣を振るう武士でかつては負け知らずの剣豪として知られていた役だけあって、その華麗な剣さばきは岡田准一が時代劇の出演で培ってきた殺陣の技術を集結した素晴らしいものとなっているようです。

岡田准一ドラマ映画人気ランキングTOP35のまとめ

岡田准一

演技は上手い下手に関わらず人気

岡田准一の出演作品をドラマと映画に分けてランキング化しましたが、それぞれ岡田の演技の上手い下手に関わらず出演するほぼすべての作品が人気となっています。

 

若い頃の華奢でまさにジャニーズという岡田准一が好きな方も、現在の筋肉質で男らしい岡田准一が好きな方も好みは様々ですが、その見た目や演技力に関わらず映画やドラマでの配役やストーリーもランキング順位に影響しています。特に映画は最新の映画になるほどランキング順位が高くなっており、ジャニーズV6としての岡田ではなく俳優としての岡田准一のファンが増えてきているのが影響しているのではないでしょうか。

ひらパー兄さん

最新映画も次々公開予定

ランキング外で紹介した散り桜以外にも、2019年に公開予定の岡田准一が出演する映画があります。

上記でドラマや映画の出演作品一覧を紹介しましたが、ランキングに入っているものだけを一覧にしたものなのでその他のドラマや映画、そして公開予定の映画によってはランキング順位が変わることもあります。ランキング内の作品はもちろんですが、ランキング外の作品もチェックしてお気に入りのドラマや映画を見つけてみてください。

関連するまとめランキングはこちら

松本潤のドラマ・映画人気ランキングTOP35!おすすめのラブシーンは?【最新】 | ランキングまとめメディア
大倉忠義出演のドラマ・映画総合TOP23!人気順にランキングで紹介【最新】 | ランキングまとめメディア
二宮和也ドラマ・映画ランキングTOP35!高評価な作品は?【最新】 | ランキングまとめメディア

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ