Original

アメリカで代理母出産

高田延彦の妻である向井亜紀は2000年に子宮頚癌が見つかっており、その際には妊娠していますが、子供を諦め子宮全摘出手術を受けています。

 

2002年に「優秀な夫の遺伝子を残したい」という思いで日本からアメリカへ渡り代理母出産を試みています。

 

代理母出産は難航を極めましたが、無事に子供を授かる事ができました。

https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/093000039/100700137/?P=2

この記事に含まれる他の画像

MediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMediumMedium

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。